J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『Trailer』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『Trailer』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。今回は最低音の箇所について自信がありません。後々修正が入るかもしれません。

 なお、『Trailer』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、添付動画はありません。ご了承ください。


『Trailer』(Official髭男dism)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビで登場

hiA[最後]m2G[のペー]A[ジ]m2F#[を 読]G[み]F#[終え]たら
☆どんなこm2F#[ど]くよりもマシF#[さ] m2G[ah] F#[ah] [ah] hiA[ah]
hiA[最後]m2G[のペー]A[ジ]m2F#[が と]G[お]hiA裏[く]F#[な]ぁる

※☆のhiAは歌詞表記はありません

【裏声最高音】hiB(B4) ※サビで登場

★まちm2F#[がっ]てもhiB裏[いい]
m2F#[こ]F#[ど]F#[す]hiB裏[る]hiA[よ](ラストサビ)





【補足】mid2E(一部のみ)hiAの注意箇所

m2F#[ぼ]m2E[く][待っ]てる(Aメロ)
★滑りm2F#[台の上]、こ[し掛け]m2E[て]F#[待]ってる
★つm2F#[き]m2E[が]E[らっ]F#[て]
★それでm2F#[も気付けばうん]m2E[めい]E[う][れえ]hiA裏[て]F#[る]


★ 次はm2F#[ど]こに行こF#[う]m2G[か]hiA裏[な?]
★どんなこm2F#[ど]くよりもマシF#[さ]

★ぶm2F#[あ][い]m2G[や]F#[つ]

『Trailer』(Official髭男dism)









 まず、『Trailer』(トレーラー)についてです。この楽曲は、2017年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『レポート 』に収録されているナンバーです。ミニアルバムの最後を飾る一曲になっています。

 『Trailer』はゆったりとしたテンポのナンバーです。歌詞は少し抽象的であり、様々な解釈が出来そうな楽曲です。個人的には非常に好きです。また、2番Aメロでやや不協和音的に登場するキーボードも非常に好きです。楽曲の性質上、カラオケで盛り上がる類の歌では無いですが、歌詞内容にもあるように夜に聴きたい作品です。

 『Trailer』の音域的な特徴についてです。地声最高音がhiA程度であり、またごく一部を除くと低音部はmid2A辺りになります。全体として音域も狭めです。よって、キー調整などは行いやすいといえます。

 
 さて、『Trailer』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiB(B4) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはサビの冒頭に登場します。この辺りの音階は一般的にはやや高いキーになります。キーを下げるのも選択肢の一つですが、登場回数は少ないですので頑張って歌唱してみるのもアリだと思います。キーを下げる場合は、原曲キーから1~2程度下げるとよいのではないかと考えております。Official髭男dismの作品の中では比較的易しい部類の曲なのではないかと思います。

  
 『Trailer』は一部を除くと、mid2A辺りが低音として頻出します。よって、キーの調整なども行いやすいといえます。普段歌い慣れていない人は、原曲キーから3~4つ程度下げて、mid2F(#)辺りに設定するのも良いです。Official髭男dismのボーカル藤原聡さんは歌唱力が非常に高いのですが、アクの強い発声などは多くないと思います。よって、変にしゃくりを入れたりせずに、ある程度真っ直ぐな発声をしていれば、原曲のニュアンスに近づけるのではないかと思います。

 

『傘』(King Gnu)の音域

 こんにちは。今回はKing Gnuの『傘』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『傘』(King Gnu)、Kasa


【地声最低音】mid2A#(A#3)もしくはmid1A#(A#2)  

★3 m2F[か]m2G[い]めのアラーm2A#[ム]で(Aメロ)
A#[よ][や][起][上]がれm2F[そう]な朝


※Bメロで常田(低音)パートを歌唱する場合は、mid1A#になります。


【地声最高音】hiA#(A#5)  ※サビで頻出

m2G[さよ]hiA[な]hiA#[ら] hiA[ハイ]m2G[に]なった


【裏声最高音】hiD(D5) ※楽曲全体で2回

★もう何もm2F#[と]m2G#[どいちゃ]hiA[い]hiB[な]hiC#[いん]hiD[だ]

※2番サビ終了後にフェイクが入る(最高音hiF)





【補足】mid2F(一部略)hiBの注意箇所

★土砂降りだm2F[よ] F[傘]m2G[も]F[持た]ずにどこへ行くF[の?]
★曇りガラス越しのあm2G[な]たには
★m2D#[もう何]m2E[も]m2F#[と]m2G#[どいちゃ]hiA[い]hiB裏[ない]

★顔を洗ってコーヒーをなm2F#[が]m2G[し]hiA[込]hiA#裏[め]
☆運命なんてm2F[ハナ]から 信じきれやし[ない]よな(Bメロ)
☆深読みのし過ぎm2F[ばか]m2G[り]じゃ 満たされやしなF[く]
☆遠くで眺めていたm2F[く]m2G[無い]よな

★頼りないせなm2F#[か]m2G#[を]hiA[見]G#[た]

※☆の部分は低音パートを歌う場合は1オクターブ下のキーになります

『傘』(King Gnu)









 まず、『傘』についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングル作品です。この楽曲はブルボンの菓子「アルフォート」の新しいCM曲としてを書き下ろされたものだそうです。2020年1月に発売されるアルバム『CEREMONY』にも収録される予定です。

 『傘』は失恋が歌われた切ないナンバーです。ただバラードなどのような楽曲では無く、やや歌謡的なAメロ、韻を踏んだラップパートのようなBメロ、ややアップテンポ気味のサビと「楽曲のカラー」がパートごとにそれぞれ異なります。

 音域的な特徴についてです。この『傘』ですが、サビの途中で転調しており、メロディーが取りづらいです。具体例としては、【m2D#[もう何]m2E[も]m2F#[と]m2G#[どいちゃ]hiA[い]hiB裏[ない]】の部分です。サビは歌メロのテンポがやや速いなため、、少しのミス程度ではあまり目立たないと思います。ただ、音程がズレて、hiB,hiDなどの部分にミスが出ると、違和感がかなり大きくなります。楽曲をしっかり聴き込んでおきたいところです。




 さて、『傘』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3)もしくはmid1A#(A#2) ~【地声最高音】hiA#(A#5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid2A# もしくは mid1A#についてです。King Gnuはツインボーカルの方式が取られており、Bメロは1オクターブ異なる同じメロディーが歌唱されています。どちらのメロディー歌っても良いですが、個人的には井口さんの高音パートを歌唱した方が難易度が低いのではないかと思います。個人差がああると思いますので、各々試してみてください。mid2F,mid2Gがある程度使いなせる方であれば、音域が狭くなる分、井口さん(高音)のパートの方が楽だと思います。

 地声最高音hiA#についてはサビで登場します。一般的には高い音階ですので、場合によってはキーを下げることを考えてください。原曲キーから2つ程度下げるとmid2G#に設定され、歌いやすくなると思います。

 『傘』の難しい点はやはり、サビメロなどの音程です。楽曲をしっかり聴いた上で、上手く音程を取れるように心がけてください。『傘』は音域が必ずしも広くないため、King Gnuのシングルの中では比較的歌いやすい音域なのではないかと思います(逆に、常田さんのパートと井口さんのパートを一人で歌唱する場合はしんどいと考えています)。King Gnuを歌いたい人にとってはねらい目の一曲なのではないでしょうか。

 

『サル』(MUCC)の音域

こんにちは。今回はMUCCの『サル』(2005)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『サル』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、添付動画はありません。ご了承ください。


『サル』(MUCC)、Saru


【地声最低音】mid1A(A2)  

m1A[ひ]かり無き人造月夜 響くように鳴m2B[け](Bメロ)

※mid2Bは決して高い音階では無いですが、サビの前で力強く表現されているのが耳に残ったので、記載することにしました。

【地声最高音】hiB(B4)  ※サビを中心に登場

m2G[こ]hiA[の]G[の][どち]hiB地[ぎ]A[れ]G[る]まで(サビ)
★心m2G[か]m2F#{き]むしって叫べ m2G[届く]hiA[よう]hiB地[に](ラストサビ前)
m2G[ひどくち]hiA[っ][ぽ]A[け]G[な]A[せ]hiB[い]A{め]Gい]m2F#[た]

※☆は通常サビと同じようなフレーズですが、一応記載します。

【裏声最高音】hiD#(D#5) ※サビで登場

★涙なm2G[が]hiA[す] G[だ]hiA[れ]hiB裏[が]hiD裏[為]hiD#[に]





【補足】mid1Bおよびmid2F#hiA辺りの注意箇所

☆世界の果てまで m1B[生]きるこm2D[と]だけに

★気のふれたm2F#[う]m2G[た] 歌いつF#[づ]G[け] (サビ)
★あなたのたm2F#[め]m2G[に] [う]hiA[た]G[う]


※『サル』はmid1Bが低音部として頻出します。

『サル』(MUCC)









 まず、MUCC(ムック)について少し説明します。MUCCは1997年に結成、2003年にメジャーデビューした4人組のヴィジュアル系バンドです。ジャンルとしては、ニューメタル、メタルコア等に分類されます。
 シングル曲の中にはアニメのタイアップ等もあり、思い入れのある方もおられると思います。また、海外でもコンサートも多く行っており、メタル系のフェスにも出演しているそうです。


 さて、『サル』についてです。この楽曲は、2005年にMUCCによりリリースされたアルバム『鵬翼』(ほうよく)に収録されています。アルバム曲ですので、タイアップ等は無いようてす。

 『サル』はメタル色の強いバンドサウンドです。また、楽曲自体が3分半程度と短く、メロディー構成等も比較的簡素です。一方で、バンドらしく楽器による演奏時間の割合が高い点もアルバム曲らしい点かもしれません。

 『サル』の音域的な特徴についてです。『サル』は地声最高音がhiBなどに目が行きがちですが、サビ手前までの低音域の低さ等も特筆すべき点だと思います。そこからサビで一気に高音域に展開されていきます。
 上述する音域調査ではmid1B,mid2Dなどあまり高音域でない音階を記載しています。これは、低音域でありながら、ボーカルの逹瑯さんが非常に迫力のある発声をしており、私自身非常に耳に残ったからです。高音域のみならず、低音部分においても注目すべき点が多いように感じました。いい意味でのアクの強さが心地よいです。



 さて、『サル』の音域についててすが、【地声最低音】mid1A(A2)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音についてですが、hiBです。一般的には高いキーです。こうした場合、キーを下げるというのが定石なのですが、この『サル』についてはやや苦しめでも頑張って高音域を発声する方法を模索してもよいと思います。ボーカルの逹瑯さんもかなり苦しめに歌唱しています。ただ、それが上手く表現に結び付いています。
  
 例えば、高音域が辛い場合、hiBをmid2G辺りに設定するのではなく、頑張ってギリギリhiAやhiA#辺りに持っていく方向で考えると良いと思います。ただ、こうしたチャレンジをする場合、ある程度歌い慣れている方が形になりやすいです。歌い慣れていない人は練習を重ねた上でチャレンジしてみてください。

 『サル』の音域についてですが、図にも示すようにかなり広めです。よって、キー下げなどはしづらい楽曲と言えます。下げるにしても2つ程度だと思います。また、ボーカルの歌い方は特徴的であり、ビギナーの練習曲としてもやはり向いていないと思います。普段歌い慣れていない人は、別の曲で歌い慣れた上で、この楽曲にチャレンジすると良いと、私は考えております。