J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『夜の踊り子』(サカナクション)の音域と感想【修正】

(2019/04/03)初投稿
(2019/11/11)地声最高音が間違っていたので修正しました(mid2G→hiA)。


 こんにちは。今回はサカナクションの『夜の踊り子』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『夜の踊り子』(サカナクション)、Yoru no Odoriko(Sakanaction)


【地声最低音】mid1D(D3)  ※Aメロ

★f跳ね[た] 跳ねた 僕[は]跳ねた 小学生みたいに


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビで登場

★逃m2G[げ]m2F#{る]G[よ] G{げ]hiA[る]G[よ] 


【裏声最高音】hiB(B4) 

★mid2G[今泣いて何分か後] hiA裏[に行] hiB[く]




【補足①】2番以降のサビ(歌詞の無い部分)でhiD(D5)

★今泣いて何年か後の自分 hiD[oh] hiC[oh] hiB[oh] oh

【補足②】その他の注意箇所

★どm2G[こ]mid2F#[へ][行こう] こ[こ][に][居よう][と][してる]?
★わ[らっ]てい[たい][ろう] (大サビラスト)
m2G[今泣いて何分か後] hiA裏[に行]  hiB裏[く]
『夜の踊り子』(サカナクション)










 まず、『夜の踊り子』についてです。この楽曲は、2012年にサカナクションによりリリースされたシングル作品です。2013年に発表されたアルバム『sakanaction』にも収録されております。学校法人モード学園の2012年度CMソングとしてのタイアップが付きました。
 『夜の踊り子』はレコード会社のビクターエンタテインメント、サカナクションのYouTube公式チャンネルでそれぞれ公開され、2019年4月現在で合計2300万回以上の再生回数を記録しております。サカナクションの作品の中でも人気の高い楽曲の一つだと思います。

 『夜の踊り子』のサウンドについては、サカナクションらしいエレクトロニカとロックサウンドが融合された楽曲だといえます。『踊り子』とあるようにダンスロック的なアプローチでもあると思います。サカナクションの楽曲群の中では非常にポップな作品の一つです。

 歌詞についてです。サカナクションは歌詞が非常に短く、様々な解釈が出来る作品だと思いますが、いわゆるラブソングだと解釈しております。同時に、夢に向かった応援ソングのようにも解釈できます。
 ラブソング的な解釈をすると、「君」に思いを伝えることが出来ず、夜に逃げてしまった主人公の話です。最終的に「今泣いて何年か後の自分 笑っていたいだろう」と思いを伝えようとする結末です。

 一方、夢に向かった応援ソングとしては「明日を素通り (ヨルニニゲタダケ) 朝を素通り」とあるように、自分の夢や目標を見つめずに、今を楽しむ姿のような解釈です。ここでは、「僕」とともに夜を楽しむ友人として「君」が登場します。その「君」もいつの間にか居なくなってしまいます。そうした中で「僕」も自分を見つめ直し、夢や目標に向かって進んでいく決意をするという解釈です。

 歌詞についてはそれぞれ見方があると思いますが、山口一郎さんらしい詩的な歌詞だと思います。





 さて、『夜の踊り子』の音域についてですが、【地声最低音】 mid1D(D3)~【地声最高音】hiA(A4) 、【裏声最高音】hiB(B4)、フェイクhiD(D5)でメロディーが構成されております。上に貼られた図を見ると、高音部分が高く見えますが、フェイクhiDや裏声hiBによるものです。地声の部分は一般的な男性の音域よりもやや高いです。


 まずは、『夜の踊り子』はサビの一部で登場するhiAを除くと、mid2G,mid2F#が非常に重要な箇所になります。mid2Fやmid2Gといった中高音域を確実に発声できるように練習を心がけてください。歌い慣れている人や声の高い人は、この辺りのキーはこなせると思います。一方、歌い慣れていない人はぎこちない発声になりがちです。ただ努力で克服しうる音階ですので、少しずつ慣れていってください。最初は少しキーを下げても良いと思います。

 地声最高音hiAはサビの一部に登場します。この部分は場合によってはスムーズな発声が難しい人もいると思います。その場合は、最初のサビのフレーズ【どm2G[こ]mid2F#[へ][行こう] こ[こ][に][居よう][と][してる]?】と同じキーで歌唱するのもアリと思います。ただ、同じフレーズの繰り返しになるので、原曲のニュアンスが少し崩れます。
 器用に裏声が使える方は、地声最高音hiAの部分を裏声で歌唱しても良いかもしれません。このように歌い慣れていく中で、原曲の地声のhiAに声が届いていくこともあります。長い目でチャレンジしてみてください。

 裏声についてですが、私は地声を少しずつ弱くしていくイメージで裏声を出しております。少しずつ弱くしていく中で、地声よりも高い音が、出やすくなります。裏声であれば、家などでも練習しやすいと思います。

『いつか』(Saucy Dog)の音域

こんにちは。今回はSaucy Dog(サウシー・ドッグ)の『いつか』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『いつか』(Saucy Dog)、Itsuka


【地声最低音】mid1D(D3)  ※Aメロ等で多く登場

m1D[さかみ]ちを登った先の暗がり


【地声最高音】hiC(C5)  ※通常サビ、ラストサビ

hiA[あ]ぁ君を[わ]hiB[す][れ]B[ら]hiC地[れ]B[ん]A[な]

★わhiB[ら]hiA[う][か]hiC[お]B[に](ラストサビ)
hiA[う][は見]hiB[当][た][ら]hiC[な]B[い]A[ぃ]


【裏声最高音】hiE(E5) ※通常サビ

★しhiA[て]hiE裏[た]hiD[かっ]hiA#地[た]A[ん]




【補足】mid2G(一部のみ)hiD#の注意箇所

★あm2G[お]むけになって見た湖 宙に浮いてるみたいってさ(Bメロ)
m2G[き]み[見]るけG[し]hiA[き]hiB[を]hiA[ぜ]G[ん]B[ぶ](サビ)
m2G[ぼ]hiA#[くの]hiA[も]G[のに] 

★いつもよりちょっと 寂しそうな気m2G[がした](2番Bメロ)

★こhiA[う]A[い]じゃなにhiA[も]hiB[か]A[い]けつしB[ないさ](Cメロ)
★忘れらhiB[れ]hiA[ない]のは 受け入れらhiA#[れ]A[ない]のは
m2G[き]G[を]G[もい出にできる]hiB[ほ]hiA[ぉどぼ]G[くは]
★つhiA[よ]hiA#[は]hiC裏[な]hiD[い]hiD#[か]D[ら]C[ぁ]

hiA[あ]ったかいココ[ア]hiB[を][ぉひ]B[と]A[く]ち(ラストサビ)
hiB[じゃ]m2G{あね] B[じゃ]G[あ]hiA[ね]
★またhiD裏[どっ]hiA[か]hiA[く]hiB[で] hiA[いつ]A[ぁ]B[ぁ]
『いつか』(Saucy Dog)









 まず、Saucy Dog(サウシードッグ)について少し説明します。Saucy Dogは2013年に結成されたバンドです。メンバーチェンジなどを経て、3人組のバンドとして現在に至ります。ジャンルとしてはインディーロック、パワーポップ、インディーポップなどに当てはまるのではないかと思います。
 今回取り上げられる『いつか』がYoutube公式チャンネルで1200万回(2019年11月現在)を超えるなど、注目を集めています。個人的には特に歌詞が非常に良いと感じました。

 さて、『いつか』についてです。この楽曲は、2016年に発売されたEP作品『あしあと』に収録されているナンバーです。全国流通版としては、2017年のミニアルバム『カントリーロード』に収録されています。

 『いつか』はゆったりとしたテンポのバンドサウンドです。歌詞内容としては失恋がテーマとなっております。バンドサウンドですので、メンバーの楽器の音色がそれぞれ活かされています。個人的にはドラムが要所要所で非常に耳に残ります。ベースもサビを中心に非常に好きです。また、歌詞については、非常に情景が思い浮かぶような描写がなされています。

 『いつか』の音域的な特徴についてですが、AメロBメロが準備段階として、サビが非常に高音域になります。当初はmid2Gの箇所も全て記載する予定でしたが、表記が乱雑になりそうだったので、一部カットいたしまいた。それほどにサビやCメロなどで高音域が頻出します。



 さて、『いつか』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCはサビで登場します。また、楽曲全体を通して、hiBなどの音階が頻出し、非常にキーが高いです。『いつか』はサビ等を中心にボーカルの石原慎也さんのハイトーンが非常に生かされています。故に、ファルセット(裏声)で対処するといった方法も取りにくいです。

 一般的な男性の場合、キーを下げるのがよい選択肢なのではないかと思います。原曲キーから4つ程度下げると、地声の最高音がmid2G#に設定されます。この辺りを中心に、各々微調整すればよいのではないかと思います。サビ等ではボーカルがエモーショナルに歌唱していますので、自分が得意なキーより少し高めに設定しても良いと思います。音程の正確さも重要ですが、感情が上手く込められているかという点を意識することも肝要だと言えます

 『いつか』は裏声も含め音域が広めであり、またサビ等はエモーショナルに発声されています。そうした点を踏まえると、普段歌い慣れていない人などは手を出しにくいのではないかと思います。別の曲で歌い慣れた上でチャレンジした方が良いと私は考えています。





『楓』(スピッツ)の音域

 こんにちは。今回はスピッツの『楓』(1998)を取り上げたいと思います。以前、星野源さんの『Friend Ship』を取り上げた際に、「キーがそこまで高くないのに歌いづらい曲」という話をし、『楓』について少し話題にしました。そうしたこともあり、今回ちゃんと取り上げよう思います(以前、上白石萌歌さんのカバーについて取り上げましたが、オリジナルはまだでした)。よろしくお願いします。


『楓』(スピッツ)、Kaede(Spitz)


『楓』(スピッツ)










【地声最低音】mid1F(F3)  

m1F[い]たずらなやりとりや
★心のトゲさえも 君が笑えばもm1F[う] 
m1F[か]m2F[る]がわるのぞいた穴から

【地声最高音】hiA#(A#4)  

m2G#[抱]m2G[い]G#[て]hiA#[あ]G#[る]G[いて]G#[いく]


【補足】mid2Fmid2G#の注意箇所

★さm2F[よ]m2G[な]m2G#[ら] G#[き]G[み]F[の]声を
m2F#[まば]m2F[たき]するほど長い季節が来て




 まず、『楓』についてです。この楽曲は、1998年に4人組バンドのスピッツによりリリースされたアルバム『フェイクファー』に収録されているナンバーです。その後、『スピカ』という楽曲とともに両A面シングルとしてシングルカットされました。
 『楓』はスピッツのYoutube公式チャンネルでもMVが公開されており、2019年11月現在、約4600万回もの再生回数を記録しています。ファンのみならず、非常に人気の高い作品で、多くのアーティストにカバーされております。最近では、女優の上白石萌歌さんが清涼飲料水のCMでカバーし大きな話題となりました。

 『楓』はピアノと4人のバンドサウンドが中心となったバラード曲です。歌詞は別れがテーマになっております。個人的にはボーカルの草野マサムネさんの声質が最も活かされている楽曲の一つではないかと私自身は考えております。
 ちなみに、歌詞の中には『楓』という言葉は全く登場しません。こういう点もスピッツらしいと思います。私自身は、「楓の葉が人の手のひらの比喩になっている」のではないかと解釈しています。楓の葉が散るときに、同じ木の元から、それぞれ離れ離れになっていく様が描かれているように感じます。また、エレキギターの憂いを帯びた音色は、風に吹かれ葉が落ちてゆく様を上手く表現しています。




 さて、『楓』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiA#(A#4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は各サビで2回登場します。一般的にhiA#くらいの曲だとある程度、高音域が得意な人であれば届きやすいのですが、この楓ではmid2G,mid2G#などのロングトーンが続く中でhiA#が登場します。【m2G#[抱~~]m2G[い]G#[て~~]hiA#[あ]G#[る]G[いて]G#[いく~]】といった具合です。そうしたこともあり、見た目以上に非常に難易度が高いです。
 
 以前、「ハードロックなどでは声を強く張り、コントロールすることで高音域を出すことがある」ということについて言及いたしました。そうした歌唱が出来る方であれば、この『楓』も歌いこなしやすいのではないかと思います。ただし、ボーカルの草野さん自身はハードロックのような発声ではなく、かなり柔らかく歌唱しております。ハードロックのように声を張るという方法では原曲のニュアンスは壊れてしまいやすいと思います。ただ、草野さんのような発声は非常に難しいと思いますので、ロックテイストのような発声も選択肢に入れてみても良いかもしれません。

 一般的な男性の場合、キーを下げた方が歌唱しやすいと思います。原曲キーより2つ程度下げると、最高音がmid2G#になります。ただ、この辺りでも少し高いかもしれませんので、各々微調整してください。

 ちなみに、『楓』は音域自体は広くなく、キーを大きく下げて歌唱したり、練習したりすることにも適しています。ただ、テンポが非常に緩やかなため、少し歌いにくいかもしれません。その点は留意しておいてください。
 スピッツ作品はメロディーは音域が広すぎず、キーを調整して歌唱するのに適したものが多いです。普段歌い慣れていない人は、スピッツの楽曲のミディアムテンポぐらいの作品をキーを調整して、練習曲にしてみても良いのではないかと思います。

 
管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索