J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『さよならの今日に』(あいみょん)の音域

 こんにちは。今回はあいみょんさんの『さよならの今日に』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『さよならの今日に』(あいみょん)、Sayonara no Kyou ni(Aimyon)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  ※AメロとBメロ

★泥まみれm2F[の]過去がまとわりつく日m1G#[々だ] (Aメロ)
★あしm2F[た]m2G#[が]来ることはわm1G#[かる](Bメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  ※Cメロとラストサビ

★そんな声が聞hiA#[こ]hiC[え]A#[ぇ]m2G#[る](Cメロ)
★分かっhiA#[てい]hiC[る]A#[のにな]m2G#[ぁ](ラストサビ)

※通常サビの最高音はhiA#です



【補足】mid2F#(一部略)hiA#の注意箇所

★きのうm2G#[が]戻らhiA#[ない]G#[のも]m2F#[っ]てる (Bメロ)

★切りhiA#[捨]m2G#[て]m2F#[な]にかで今があるなら(サビ)
★もm2F#[う]m2G#[一度]hiA#[だ]G#[な]んて
★求hiA#[め]m2G#[ているも]m2F#[の]F#[あ]
★ふm2F#[め]m2G#[つ]のロックスター 永遠のF#[キン]グは

m2G#[吹く風]m2F#[に]任せ 目を閉G#[じ]hiA#[て]踊れ(Cメロ)
★甘いm2F#[カ][テ][い]ろの空m2G#[をあ]hiA#[おげ]G#[ぇ]

★それhiA#[で]m2G#[も]どこm2F#[か]m2G#[で](ラストサビ)
★伝説のプロボクサー 謎にm2F#[満ち]F#[あい]m2G#[は] 
『さよならの今日に』(あいみょん)









 まず、『さよならの今日に』についてです。この楽曲は、2020年にシンガーソングライターのあいみょんさんにより配信リリースされた作品です。現在のところ配信のみであり、フィジカルのリリースはございません。この楽曲は、日本テレビ系のニュース番組『news zero』のエンディングテーマとして書き下ろされたものであります。

 『さよならの今日に』についてですが、ニュース番組のエンディングテーマということもあり、やや暗めのゆったりとしたテンポの楽曲となっていますヒットしたシングル曲などと比べて落ち着いた印象です。歌詞に「不滅のロックスター」、「伝説のプロボクサー」辺りが登場するのがあいみょんさんらしいと思います。この2者について具体的には言及されていませんが、ジョン・レノンとモハメド・アリではないかと私は推測しています。ジョン・レノンは政治的な抗議を込めたプロテストソングでも名曲を残しています。モハメド・アリは人種差別への抗議やベトナム戦争への徴兵拒否など、プロボクサー以外の活動でも大きな影響を与えました。

 『さよならの今日に』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、配信限定の楽曲ということもあり、やや落ち着いた楽曲になっています。そのため、音域も少し高音を抑え気味に歌っておられます。一番高い場面はhiCなのですが、楽曲全体で2回しか登場しません。通常のサビはhiA#であり、女性曲としてはやや低めの音階です。高音域が苦手な女性でも原曲キーで歌いこなせうる楽曲なのではないかと私は考えております。



 さて、『さよならの今日に』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCは楽曲全体で2回程度登場します。回数としては少なめです。サビではhiA#が最高音ですので、シングル曲などと比べてキーは少し低めです。高音域が苦手な人などにも手を付けやすい作品ではないかと思います。もし、高音が歌いにくい場合、1つ程度下げると歌いやすくなります。

 『さよならの今日に』は音域的には広いわけではないので、キーの調整もある程度可能な作品です。普段歌い慣れていない人のキーの調整もある程度可能です。この楽曲はカラオケなどで盛り上がる類の作品ではありませんが、女性の練習曲としては比較的使いやすい方なのではないかと私は考えております。

 『さよならの今日に』は、高音域が得意な男性は原キーでも歌唱できるかもしれません。高音域が得意な方はチャレンジしてみても良いと思います。一方、一般的な男性の場合は、当然キーを下げた方が歌いやすいと思います。また、声質的にも下げた方が合いやすいです。

『どろん』(King Gnu)の音域 / 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』主題歌

 こんにちは。今回はKing Gnuの『どろん』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『どろん』(King Gnu)、Doron


【地声最低音】mid1A#(A#2)  ※Aメロ

m1A#[ぼ]くらA#[な]にを大A#[事]
m1A#[に]ぎりしめ切れているんだろうか


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビで登場

★みm2G[か]m2F[たは]何処にhiA#[い]m2G#[るん]G[だ?]

※サビが繰り返される楽曲ですので、hiA#が何度も登場します




【補足】mid2Fmid2G#の注意箇所

★いつだm2F[っ]m2G[て]期限F[付]G[き]なんだ(サビ)
★血m2G[ば]m2F[しっ]て噛G[み]F[付]いた 

★白黒で単純に割り切m2G[れ]m2F[やし]ないよ(Aメロ)
★人生にガードレールは無いよm2G[な] (Bメロ)

★駅前m2F[を]流れる 人々を眺めてる(Cメロ)
★会話さえ やけにわずm2F[ら]わしくて
★ここはm2G#[ど]m2G[こ]、私はG#[だ]G[れ] 
★日常へ吸い込m2F[ま]れ、おやすみ

※楽曲ラストに登場するシャウトのロングトーンはhiGです

『どろん』(King Gnu)









 まず、『どろん』についてです。この楽曲は、2020年に5人組のロックバンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『CEREMONY』に収録されているナンバーです。アルバムの2曲目ですが、同アルバムは1曲目がインストですので、歌メロディーがある作品としては『どろん』がアルバムのオープニング曲になります。
 『どろん』は映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の主題歌として書き下ろされました。アルバムの発売から1か月後にYouTubeで『どろん』のMVが公開され、再生回数を伸ばしております。最近のミュージシャンは、アルバムの発売後に何曲かMVを公開することが増えているように感じます。

 『どろん』は疾走感のあるバンド曲です。少し前に取り上げたTeenager Foreverもアップテンポのバンド曲でしたが、サウンドや歌メロの色合いとしては『どろん』の方がやや暗めであります。イメージとしては、『Teenager Forever』よりも『どろん』の方がKing Gnuのパブリックイメージに近いのではないかと思います。

 『どろん』の歌メロについてですが、テンポがサビやCメロなどで特にテンポが速く、呼吸を入れる隙間が少ないです。高音を担当されているボーカルの井口さんは非常に大変なのではないかと思います。地声最高音もhiA#ですので、男性ボーカルとしては高めです。

 ボーカルの音域については、低音部分を担当する常田さんがmid1A#~mid2G辺り高音を担当する井口さんがmid2A#~hiA#辺りです。高音域が得意な歌い慣れた男性であれば一人で歌唱することも可能でありますが、2人でツインボーカルにするのも良いと思います。音域的には高音部分を女性が担当するのもアリだと私は考えております。





 さて、『どろん』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#2)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#についてですが、サビで複数回登場します。ラストのサビでは【しないんだ】の部分が繰り返されますので、見た目以上に難易度は高いです。サビメロのテンポも速く、大変です。一般的な男性の場合、キーを少し下げることも選択肢に入れておいてください。原曲キーから2つ程度を目安にすると良いと思います。
 
 一方で、音域とは異なりますが、この楽曲はサビやCメロのテンポが非常に大変な部分があります。歌詞とリズムをしっかり覚えておくというのも非常に重要です。基本的なことですが、テンポが速い楽曲では特に気を付けてください。

 『どろん』は音域が広めの楽曲であるため、キーの調整は行いにくいです。ある程度歌い慣れた人であれば少しキーを下げることは可能であります。ただ、普段歌い慣れていない人向けのキー調整が難しいです。その点は留意しておいてください。別の曲で歌い慣れた上で歌唱するのが良いのではないかと思います。
 King Gnuはツインボーカルのバンドであり、高音と低音を上手くパート分けしております。その分、カラオケなどで歌唱する難易度も高くなります。可能であれば、2人でボーカルを担当する方が、対応しやすいです。

 ※ラストのシャウトについてですが、音階としてはhiG(G5)になります。B'zやワンオクなどハードロック系のミュージシャンが参考になります。興味を持たれた方は調べてみても良いと思います。

『Run Away』([ALEXANDROS])の音域

 こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『Run Away』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 この楽曲はリクエスト10曲から漏れた作品なのですが、調べるのが比較的容易だったので、合間に調査しました。いつか、「調査が楽な曲と、難しい(手間がかかる)曲」について記事にしても面白いかもしれません。簡単な曲だと、難しい作品1曲分の間に5曲ぐらい調査できます。


『Run Away』([ALEXANDROS])


【地声最低音】mid2A(A3)  ※楽曲全体で所々登場

m2A[眠れ]m2F#[ない] 眠れない(Aメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※Cメロ

m2F#[結]hiA[局最]hiB[後]A[は] m2F#[み]んな消m2A[えて]くんだ

※通常サビではhiAが最高音になります


【裏声最高音】hiF#(F#5) ※サビで複数回登場

★ちゅhiD[うとはん]hiC#[ぱ]D[な]hiF#[満]hiE[足]D[で]
★こhiD[れから先もな]hiF#[まい]hiE[き]hiD[で](ラストサビ)




【補足】mid2F#hiD辺りの注意箇所

★mid2E[Run] Away Run Away(Aメロ)
★もうm2F#[一]手っm2A[て] 前へ前m2F#[へっ]て(Bメロ)
★自覚のないままに酸素が染m2F#[み]渡って

★タhiD[ラリララ]hiC#[リ]hiB[ぼ]hiA[く]ら」は(サビ) 
★事足りるhiA[様]m2G[に]m2F#[なっ]ていった 過去を悔やむ
★1番になったって 2番になっm2G[たっ]m2F#[て](Cメロ)

『Run Away』([ALEXANDROS])









 まず、『Run Away』についてです。この楽曲は、2013年に4人組ロックバンド[ALEXANDROS]([Champagne]名義)にリリースされたシングル作品です。アルバム『ALXD』に収録されています。タイアップなどはありませんが、MVは、ナイキのリストバンド型活動量計とのコラボレーションのようです。このシングルでドロスは初のチャートトップ10を記録します。MVは2020年2月現在、2000万回以上の再生回数を記録しています。

 『Run Away』は打ち込みが使われたバンド曲です。報道資料などにはエレクトロ曲との紹介がされていますが、個人的にはエレクトロ感はあまり感じず、バンド曲としての印象が強いです。アルバムでは終盤に収録されており、アルバム後半の盛り上がりを支えております。
 歌メロについては、【霧雨タタタタ淡々】、【タラリララリ】、【 僕はタラララと】等、擬音語多く用いられております。リズム感が心地よいバンド曲でもあります。反面、サビメロは裏声などが多用されており、壮大さや美しさも感じさせられます。

 『Run Away』の音域的な特徴についてです。図にも示すように、女性のような高めの音域で歌メロディーが作られております。また、サビでは裏声もかなりの部分を占めております。地声部分の音域はあまり広くありませんので、キーの調整は行いやすいのではないかと思います。




 さて、『Run Away』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。地声部分は一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見てきます。

 まず、地声最低音についてですが、mid2Aと男性ボーカルとしては少し高めです。AメロBメロはmid2A~mid2F#で歌メロディーが構成されていることになります。

 さて、地声最高音hiBはCメロで登場します。一方、通常のサビではhiAが最高音になります。hiBが上手く発声できることが理想ですが、hiAくらいが安定的に出せれば、ある程度形になるのではないかと思います。その場合、原曲のニュアンスとは少し変わりますが、CメロのhiBは裏声でも良いのではないかと思います。

 『Run Away』のサビでは裏声が多用されております。上手く地声と裏声を使い分けたいところです。この辺りは、少し前に取り上げた『SNOW SOUND』と似ている部分でもあります。

 『Run Away』は地声の音域自体はmid2A~hiBとあまり広くありません。よって、キーの調整などは行いやすいといえます。よって、歌い慣れていない人がキーを大きく下げて練習することも可能です。ただ、『Run Away』は裏声部分が多く登場するため、歌い慣れていない人にとっては難しい部分も多いです。その点は留意しておいてください。