J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『サママ・フェスティバル!』(Mrs.GREEN APPLE)の音域

 こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『サママ・フェスティバル!』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『サママ・フェスティバル!』(Mrs.GREEN APPLE),Samama Festival!


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★灼熱の日々にめげない 一年にm1C#[い]ちどの季節さ
m1C#[は]なびへC#[連]れてって


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビで頻出

★遊hiC#[ぼ]hiB[う] C#[サ]B[マ]hiA[マ]m2G#[マ][マ][フェス]ティバル


【裏声最高音】hiE(E5) ※楽曲全体で1回

★二度と戻れhiB[な]hiA[いこ]m2G#[の]A[い]B[ま]hiE[を](Cメロ)

※地声にも聞こえるのですが、息漏れの少ない裏声とします。




【補足】mid2G#hiC#辺りの注意箇所

★大好きなものがどんどん増hiA[え]m2G#[て]

★メグリメグルm2G#[な]か 君hiA[を見]G#[つ]けた(サビ)
★hiB[運命の]出会いを信じてm2G[みま]しょう
hiA[ギラギ]hiB[ラ]A[浴]m2G#[び]
★ワクm2G#[ワ]hiA[ク][し]ちゃうよね

★日に焼けたhiB[は]hiA[だこ]m2G#[そ][な]B[つ]A[だ]{ね] (Cメロ)
★メグリメグルm2G#[な]か 君hiA[を見]hiB[つ]G#[け]G#[た]
★わhiB[すれ]hiC#裏[ない][で]m2G#[よ] 胸に抱くエネルギー(ラストサビ)
『サママ・フェスティバル!』(Mrs.GREEN APPLE)









 まず、『サママ・フェスティバル!』についてです。この楽曲は、2016年に5人組バンドMrs.GREEN APPLEによりリリースされたシングル作品です。2017年にリリースされたアルバム『Mrs. GREEN APPLE』に収録されています。

 『サママ・フェスティバル!』はそのタイトル通り、夏をテーマとした楽曲です。11月に取り上げるには少し時期がずれているかもしれませんが、アップテンポのバンドサウンドです。バンドにキーボードが編成されているということもあり、前奏や間奏などでキーボードも存在感を示します。2番終了後の間奏でギターとキーボードの掛け合いのようなソロが見られるのも面白いです。

 『サママ・フェスティバル!』の大まかな音域的な特徴についてです。大森元貴さんは全体として地声裏声ともに高音域が多く登場するボーカリストですが、この『サママ・フェスティバル!』においてはサビを中心に地声の高音域が非常に目立ちます。hiB,hiC#等です。これらの音はミセスの作品では裏声で発声されることも多いのですが、今回については地声で発声しています。そうした点が難易度を高めているのではないかと思います。大森さん自身は楽に発声しているように聞こえますが、非常に高いキーです。




 さて、『サママ・フェスティバル!』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、地声最高音hiC#はサビの後半で頻出します。上では表記はしていませんが、【wow hiC#[wo]w】の部分もhiC#です。バンドなどで演奏する場合は、この部分はバンドメンバー全員で歌唱したりしても良いかもしれません。可能であれば、オーディエンスなどに歌唱してもらうのもアリだと思います。全てボーカルが担当すると非常にしんどいです。また、カラオケなどでも周りの人に歌ってもらうのも一つの選択肢です。

 ミセスの楽曲は基本的に高音域が連発されます。一般的な男性の場合、原曲キーから4~5程度下げると歌いやすくなると思います。5つ下げると、最低音がlowG#なるのですが、歌い慣れている人であれば、この辺りはギリギリ出るのではないかと思います。

 普段歌い慣れていない人は別の曲で歌い慣れた上でチャレンジするのがベストだと思います。『サママ・フェスティバル!』は音域が広めの曲なので、キーを大きく下げるのは難しいです。

 このように『サママ・フェスティバル!』はややハードルが高い作品なのですが、上手く歌いこなせればカラオケなどでも盛り上がりやすい楽曲だと思います。


『まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL』(Nissy(西島隆弘))の音域

 こんにちは。今回はNissy(西島隆弘)さんの『まだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRL』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。当ブログでは、Nissy(西島隆弘)さんは以前に『トリコ』を取り上げて以来、2回目の登場です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がほぼフル公開されているのですが、アウトロ部分が省略されています。当ブログにおいても、公式チャンネルの動画を添付いたします。その点については、ご了承ください。


『まだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRL』(Nissy(西島隆弘))、Mada Kimi ha Shiranai


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★ソワソワしながm1F#[ら] 現れた君は


【地声最高音】hiA(A4)  楽曲の要所要所で登場

★「m2F#[あ]の子は誰な[の?]hiA[って] F#[oh] no(Aメロ)
m2F#[そ]の笑[顔以外] [欲]しく[なん]hiA[か][ない](サビ)
m2F#[き]hiA地[み]hiB裏[が][お]もうより
m2F#[あ]りの[ままの] [き]みで[いいん]hiA地[だ]F#[よ](Cメロ)


【裏声最高音】hiD(D5) ※ラストサビで2回

m2F#[き]hiA[み]hiB[の]hiD裏[み]hiC#[りょ]hiB[くに]A[~] 





【補足】mid2F#hiB辺りの注意箇所

★まだ君は知m2F#[ら]ない [My] prettiest girl(冒頭・サビ)
★Pretty pretty, prettiest m2F#[girl] 
★みんなが話m2F#[し][た]噂のGirl(Aメロ)
☆何も恥じるものなんてm2F#[ない] hiB[oh] hiA[oh] m2F#[oh] oh

★顔m2F#[上]げて Don't be m2F#[shy](m2F#[シャ][アイ])(サビ)
m2F#[ずっ]hiA裏[と]hiB[す][て]きなのに

★俺のことでm2F#[いっぱい][ろう?] m2G[oh] [oh] oh(Cメロ)
★俺の目を見てよm2F#[ ba-]-by から[かっ]てるつ[も]りなんてない
★受m2F#[け]止めて こ[の]全て
★うまm2F#裏[く]hiA[いえない]hiB[け]A[ど][き]みに むF#[ちゅ]うなだけ

※☆の部分のhiBは歌詞に無い部分ですが、重要なので表記してます。
※アウトロの「Pretty pretty, prettiest girl」の部分にもhiBが登場しますが、重要度は低いと考え記載しておりません。アウトロも音源に忠実に歌唱すれば、地声最高音はhiBになります。
『まだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRL』(Nissy(西島隆弘))









 まず、『まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL』についてです。この楽曲は、2016年に歌手のNissy(西島隆弘)さんによりリリースされたシングル作品です。2017年にリリースされたアルバム『HOCUS POCUS 2』(ホーカス ポーカス ツー)に収録されています。また、ベストアルバムにも収録されました。レコード会社のYoutube公式チャンネルではMVが公開されており、2019年11月現在、3300万回以上の再生回数を記録しています。非常に高い人気を誇っております。

 『まだ君は知らない』の音域的な特徴についてですが、以前『トリコ』でも取り上げたように、mid2F#という音階が非常に多く登場します。この辺りの音階は一般的な男性の音域の範囲内なのですが、そうした音階を確実に歌いこなせるかが試されます。
 
 『まだ君は知らない』の楽曲の特徴としては軽快なテンポのポップソングで、ドゥーワップ (doo-wop)のようなアレンジがなされております。
 ドゥーワップはゴスペルなど黒人音楽にルーツを持つか合唱スタイルです。日本のミュージシャンで言えば、ラッツ&スターや山下達郎さんなどがそうしたものを取り入れているイメージが強いです。『まだ君は知らない』では、西島さんの声質を活かした爽やかな形でドゥーワップが取り入れられています。カラオケなどでも歌いやすいのではないかと思います。



 さて、『まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiA(A4) 、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。また、楽曲のニュアンスに重要なフェイクなどを加えると地声最高音はhiBになります。一般的な男性の音域よりも高いです。 以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAについてですが、楽曲全体の要所要所で登場します。場合によっては裏声でも良い場面もありますので、高音が苦手な人は上手く調整してください。例えば、【m2F#[き]hiA地[み]hiB裏[が][お]もうより】というサビのフレーズは無理して地声hiAで歌わなくても良いと思います。その他の場面については、出来れば地声で歌唱した方が原曲のニュアンスが残りやすいと思います。

 原曲キーで歌唱すると、高音域が出にくい男性も多いと思いますので、キーを下げて歌唱するのも選択肢の一つです。原曲キーから1つか2つ程度下げると、mid2G(#)辺りが最高音に設定されるため、歌いやすくなります。

 『まだ君は知らない』は先にも述べましたように、mid2F#という音階が非常に多く登場します。この辺りの音階は一般的な男性の音域の範囲内ですが、普段歌い慣れていない男性はスムーズな発声が損なわれやすいです。歌に慣れていない人は、キーを下げて練習しても良いと思います。

 
 ちなみに、少し前に取り上げた『トリコ』(【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiD(D5))もそうですが、『君は知らない』は音域的には女性が歌唱することも可能だと思います。声質に個人差があり、一概には言えないのですが、原曲キー、もしくは少しキーを上げると歌いやすいのではないかと思います。



『ロストワールド』(ELLEGARDEN)の音域

 こんにちは。今回はELLEGARDENの『ロストワールド』(2004)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、この楽曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『ロストワールド』(ELLEGARDEN)、Lost World


『ロストワールド』(ELLEGARDEN)










【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★ただそれだけで 僕はm1G#[笑]う(Aメロ)


【地声最高音】hiA(A4)  ※楽曲全体で8回

hiA[き]m2E[み]の手に 上手く馴染むもの(Aメロ)


【補足】mid2E~mid2Fの注意箇所

m2E[いら]m2F[い]E[もの] m2E[重]F[い]E[もの] (Bメロ)
★君m2E[だけ]が足をm1G#[止]めた そういうこ1G#[と]

★One day m2E[I] saw You hit m1G#[the] ground
m2E[そ]ういうことさ(楽曲の終盤)





 まず、ELLEGARDENというバンドについて少し説明します。ELLEGARDENは1998年に結成された日本の4人組バンドです。ジャンルとしてはパンクロック、エモーショナルハードコアなどに属します。そうした背景もあり、1曲あたりの演奏時間が非常に短く、3分程度で終わる楽曲がほとんどを占めております。2008年に活動休止を発表しましたが、2018年に10年ぶりに活動再開を表明し、話題を呼びました。

 さて、『ロストワールド』についてです。この楽曲は、2004年にELLEGARDENによりリリースされたアルバム『Pepperoni Quattro』(ペパロニ・クアットロ)に収録されているナンバーです。10曲中8曲目に収録された疾走感あふれるギターロックです。
 先にも述べましたように、ELLEGARDENはパンク色が強く、演奏時間が短い作品が多く見られます。この『ロストワールド』についても、演奏時間が3分17秒程度と非常にタイトに仕上がっております。

 歌メロディーについては、Aメロサビというよりも、洋楽にあるようなヴァースとコーラスのような形に近いと思います。明確にサビというものを定義しにくいですが、敢えて言うならばBメロがサビに近いのではないかと思います。洋楽ロックなどをよく聴いている人には非常に馴染みやすいかもしれません。
 
 『ロストワールド』の音域的な概要について述べます。『ロストワールド』は図にも示しますように1オクターブと少しの音域で歌メロディーが作られております。音域自体はあまり広くありません。hiAなどが登場するため、決して原曲キーが低いわけではありませんが、キーを下げて歌唱するということにも非常に適しています。 



 ☆最後に、『ロストワールド』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3) ~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAについてですが、楽曲の冒頭にいきなり登場します。こういう冒頭からいきなり美味しい部分が登場するのが非常に洋楽っぽい展開だと私は感じます。難しい音階はこの場面がメインなのですが、楽曲全体で8回も登場します。
 このhiAについては、一般的な男性の音域よりも高いです。ただ、1フレーズに1回ですので、頑張って声を張り発声してみても良いかもしれません。声を強く張ると意外と高い声が出るものです。カラオケなどで試してみてください。
 『ロストワールド』は一般的には少しキーが高いですので、原曲キーから2つ程度下げて歌唱すると歌いやすいと思います。ただ、先にも述べましたように、難しい局面はhiAの場面【hiA[き]m2E[み]の手に 上手く馴染むもの】が中心になりますので、原曲キーで頑張ってみるのもよいと個人的には思います。当然ある程度歌い慣れている必要があり、普段歌い慣れていない人はキーを下げるなどして練習しておいてください。
 
 『ロストワールド』は疾走感あふれるギターロックですので、カラオケなどでも歌いやすいと思います。音域も広くないのでキー調整なども行いやすいです。ぜひチャレンジしてみてください。

 
管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索