J-POPの音域を調べる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『あなただけ』(長谷川白紙)の音域

 こんにちは。今回は長谷川白紙(はせがわはくし)さんの『あなただけ』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『あなただけ』(長谷川白紙)、Anata dake(Hasegawa Hakushi)

『あなただけ』(長谷川白紙)










【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★m2G[ま]m2G#[ぼ]ろしのm1D#[か]らだになる


【地声最高音】hiA#(A#4)  

hiA#地[か]らだをm2G[か]m2G#[こ]G[う](サビ)
★虹のhiD裏[い]hiC[と]hiA#[が]
★おもっm2G#[た]hiA#地[と]きできた(Aメロ)


※裏声にも聞こえるのですが、今のところ地声と判定しました


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※Aメロで登場

★肌から臓が m2G#[着く]hiD#[ず]hiA#[れ](Aメロ)


【補足】mid2GhiC辺りの注意箇所

★見えてm2G[い]m2G#[る]G[の]はあなただけ

hiA#[文]m2G#[字]m2G[を]待つ(Aメロ)
★そこら中 m2G#[嫌]われそうな
★暗いたまりを m2G#[ひ]hiC[る]m2G[が]えして
★また重m2G[ね]るゆG[び]m2G#[の]
★わたしも少しm2G[は]hiB[ち]B[ぁ]hiA#[づ]ぅけG[る]のかな

m2G#[そ]m2G[れ]でも 触れてみたい
★わたしのこと m2G#[か]
★わたしたち m2G[ぶ]m2G#[つ]かる

★ 生きれm2G[る]m2G#[場]m2G[所]




 まず、長谷川白紙(はせがわはくし)さんについて簡単に説明します。長谷川白紙さんは2016年頃から音楽活動を開始したシンガーソングライターです。現在、音楽大学に通っているそうです。2018年に10代最後の音楽活動としてリリースされた『草木萌動』が話題を呼びました。ジャンルとしては、エレクトロニカ、ブレイクコア、ジャズ、現代音楽などに分類されると思います。前衛的な作品でありながらも、ポップスとしての心地よさがあります。私自身は、コーネリアスなどが想起させられました。

_________

 さて、『あなただけ』についてです。この楽曲は、2019年に男性シンガーソングライターの長谷川白紙さんによりリリースされたアルバム『エアにに』に収録されております。アルバムの1曲目に収められており、MVも公開されておりますので、リード曲のような位置づけになると思います。同アルバムは長谷川さんの初のフルアルバムになります。

 『あなただけ』はアップテンポのジャズナンバーです。ジャズといってもポップ色がしっかり表現されております。変拍子などが用いられており、とりわけAメロ辺りは歌メロをつかむのが難しいのではないかと思います。長谷川さんの愁いを帯びた少年性のある声も特徴的です。


 『あなただけ』の音域的な特徴についてです。図にも示すように音域自体は広めでありますが、低音部分に余裕があるのでキーの調整は可能です。ただ、歌メロのテンポが取り辛いなど難しい点もありますので、歌い慣れた人向けの作品といえると思います。「声を張る」というよりも「裏声寄りの地声」を上手く出せると原曲のニュアンスに近づけるのではないかと思います。




 最後に『あなただけ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#についてです。ここは私自身少し迷ったところです。地声のようにも聞こえますし、息漏れの少ない裏声のようにも聞こえます。私自身実際口ずさんでみて、どちらで歌唱しても違和感は少ないように感じました。便宜上、hiA#を最高音としておきますが、息漏れの少ない裏声などを用いても違和感は少ないと思います。

 ただ、mid2G#辺りは明確に地声だといえる場面がありますので、mid2G辺りまでは地声で発声できると良いのではないかと考えております。

 『あなただけ』は音域自体は広めでありますが、低音部分に少し余裕があります。よって、キー調整などは可能です。ただ、同曲は、歌メロが取り辛い場面などがあり、初心者にはハードルが高いです。歌い慣れていない人の練習曲としてはあまり向いていないと思います。
 
 『あなただけ』はテンポが取り辛い楽曲ではありますが、歌いこなせるとカッコいいのではないかと思います。楽曲自体も私自身非常に耳を惹きました。興味を持たれた方は是非チャレンジしてみてください。

『Wherever you are』(ONE OK ROCK)の音域と感想【加筆】

(2019/03/04)初投稿
(2020/05/24)mid2F#(一部略)hiBまでを詳細に記載しました。
 
こんにちは。今回はONE OK ROCKの『Wherever you are』(2010)を取り上げます。この楽曲はアルバム『Nicheシンドローム』(2010)の収録されいる楽曲です。よろしくお願いします。

 また、この楽曲は現在youtubeの公式チャンネルでは公開されておりません。代わりの動画として、ゴミさんのギターカバー動画を添付いたします。

 ONE OK ROCKについては、以前に『Change』、『Stand Out Fit In』『Taking Off』『Eye of the Storm』『In the Stars(feat. Kiiara)』を取り上げました。興味を持たれた方は、そちらもどうぞ。



『Wherever you are』(ONE OK ROCK)
2010年6月9日発売【アルバム『Nicheシンドローム』収録】


『Wherever you are』(ONE OK ROCK)










【地声最低音】mid1G#(G#3)

★m1G#(To)night, tonig(ht) You are my angel (Aメロ)


【地声最高音】hiC#(C#5)   ※

★1ばhiC#[ん]hiB[め]C#[の][記]念すm2G#[べき]hiA[日]G#[だね]ぇ(Cメロ)


【補足】mid2F#(一部略)hiBの注意箇所

m2G#[あ]いしてるG#[よ] ふG#[た]りはひhiB[とつ]G#[に]G#[ぃ](Aメロ)

★Wherever you are, I always ma-[-ke you smile]m2F#(サビ)
★Whatever you say, 君を思う気m2F#[持ち]
★I pro-G#[-mise you]hiA~m2G#[for-e-]ver"right now

hiB[死]m2G#[ぬ]m2F#[ま] B[Stay] m2G#[wi-th]F# me
★ We carry m2F#[on…]

★I never say m2F#-hiB-m2G#[goodby-e-e-e-e](2番サビ、ラストサビ)

★ぼm2G#[く][が][逢った][は] m2G#[ふ]hiB[た]りにとって

★心から愛しいm2F#[人]m2G#[ぉ](ラストサビ)




 さて、『Wherever you are』についてですが、この楽曲はアルバム『Nicheシンドローム』(2010)の収録されいる楽曲です。この楽曲の知名度上昇に大きく貢献したのは、2016年のNTTドコモのCMソングとしてのタイアップだと思います。ONE OK ROCKについてほとんど知識がない人でも「この曲は知ってる」という人も多いかもしれません。シングル曲ではないにも関わらず、非常に人気の高い作品であります。

 楽曲については、ポストハードコアサウンドのラブバラードであります。メロディーの美しさもさることながら、2番のサビ以降に厚みの増したバンドサウンドが非常にエモーショナルです。楽曲の力強さを引き立てます。特にCメロの「僕らが出会ったひは二人にとって」以降の部分が印象的です。

 ライブなどではアコースティックアレンジで披露されることもあるようです。これは『Wherever you are』のメロディーの美しさによるものだと思います。しっとりとしたアレンジは、楽曲の世界観を引き立てると思います。




 『Wherever you are』の音域についてですが、地声最低音mid1G#(G#3)~地声最高音hiC#(C#5)   でメロディーが構成されています。一般的な男性の音域と比べて、非常に高いです。
 
 ちなみにONE OK ROCKのライブでは半音下げて(♭1)で歌われることも多いようです。半音下げても地声最低音mid1G(G3)~地声最高音hiC(C5)で一般の男性が歌うには非常に高い音域です。

 さて、この『Wherever you are』ですが、原曲キーはおろか、半音下げても歌えないという男性はかなり多いと思います。原曲キーなどにあまりこだわらない方がいいと思います。

 まず『Wherever you are』の特徴としては、

①音域自体はそこまで広くない
②美しいラブバラード

という点が挙げられます。

 よって「キーを思い切り下げて自分に合った音域で【しっとり】歌う」というアレンジも十分にあり得ます実際にONE OK ROCKのライブでは、アコースティックなアレンジで歌われることもあるようです。もしカラオケなどでアコースティックのアレンジがあれば、そちらで歌うと良いと思います。キーを下げても全然問題ありません。この美しいメロディーに寄り添うような発声を心がけてください。

 ちなみに女性が原キーのまま歌うというのもアリだと思います。Takaさんのように力強く歌うのも、逆に優しく歌うのもありえます。自由度が大きな楽曲です。

 もし、1つ気を付ける点があるとすれば、英語の美しい発音を心がけることです。ネットで検索すれば、英語の発音について解説しているサイト等が見つかると思います。また、英語辞典(ネットでも紙でも可)などでも「発音記号」をチェックしてみてください。英語にはそれぞれ「発音記号」があり、それに従って声を出せば美しい発音に繋がります。

 注意点としては、音や耳だけに頼らない」ということです。『口の形』『舌の位置』といったイラストが記載されているサイトや書籍なども参考にしてみてください。非常にイメージが掴みやすくてお奨めです。

『ハルジオン』(YOASOBI)の音域

 こんにちは。今回はYOASOBIの『ハルジオン』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲ですが、私自身もリストアップしていた曲です。


『ハルジオン』(YOASOBI)、Harujion

『ハルジオン』(YOASOBI)










【地声最低音】mid1G(G3)  

★過ぎてゆく時間の中 あなたを思m1G[い]出す(Aメロ)
★ただ過ぎる日々にm1G[呑]み込まれた[の](Bメロ)


【地声最高音】hiE(E5)  ※転調サビ(+1)

★あhiE地[の]hiD#[日]hiB[の][な]hiC#[たの] (転調サビ)
★うhiB[つ]hiC#[く]hiE[し]hiD#[い]B[と][きと]
hiB[失]くしたはhiC#[ず]hiC[の]C#[み]D#[ら]hiE地[を]D#[つ]B[ない]C#[でいく][ぅ]

※ラストのサビで転調。通常サビは最高音がhiD#


【裏声最高音】hiE(E5) ※転調サビで登場

★これからhiC#[も]hiC[あ]C#[な]hiD#[た][い]hiE裏[な]D#[く]hiB[て]


【補足】hiA#hiC#辺りの注意箇所

★物憂げに眺めhiA#[る]画面に[う]つったA#[ふ]たり(Aメロ) 
★「現実は」って見hiA#[ない]フリをしていた(2番Aメロ)

★二人でhiC#[過]hiB[ご]したあの景色が(転調サビ)
hiB[あ]の日の二人に手をB[振]れば 確かに動き出しhiB[た] 未来へ


 まず、『ハルジオン』についてです。この楽曲は、2020年に2人組音楽ユニットYOASOBIによりリリースされました。YOASOBIは小説を原作に曲を作り上げる独特のスタイルでありますが、本作は橋爪駿輝さんの短編小説『それでも、ハッピーエンド』を元に楽曲を書き上げております。

 『ハルジオン』はエレクトロなニュアンスを持ったダンサブルなバンドナンバーです。『夜に駆ける』ではエレキギターのストロークが登場しましたが、『ハルジオン』はアコースティックギターのストロークになっております。ボーカルのikuraさんはアコギの弾き語り配信など行っておりますので、実際にライブなどでどのように演奏されるかが気になるところです。ちなみに、タイトルの『ハルジオン』は「追想の愛」といった花言葉があり、この辺りは歌詞とリンクしているように私には感じます。

 『ハルジオン』の歌メロについてです。同曲はAメロBメロサビといった馴染みやすい展開がなされますが、AメロBメロ辺りはそこまでキーが高くありません。サビに入ると一気に高音域が登場するるタイプの楽曲です。
 同曲は、ラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。この時、最高音がhiE(転調前はhiD#)となり、一般的な女性の声域より高くなります。低音部分に少し余裕があり、キーの調整は可能です。ただ、音域自体が広めであり、歌い慣れた向けの作品といえます。ただ、音域的には、人気曲『夜に駆ける』(最高音hiF)よりも手を付けやすいかもしれません。




 最後に、『ハルジオン』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEはラストのサビで登場します。先にも述べましたが、同曲はラストのサビで転調が行われますので、通常のサビでは最高音がhiD#になります。この辺りは一般的な女性の音域よりも高いですので、キーを下げることも選択肢に入れておいて良いと思います。また、裏声が器用に扱える人は、hiE,hiD#などの部分で裏声を駆使しても良いかもしれません。

 『ハルジオン』は音域自体が広めの作品であります。キーの調整は可能ですが、歌い慣れていない人向けにキーの調整を行うのは難しいです。別の楽曲などと並行しながら練習するのが良いと思います。例えば、当ブログでも多く取り上げいるヨルシカ辺りの作品は練習曲としては扱いやすいです。

管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索