J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『REVERSI』(UVERworld)の音域

 こんにちは。今回はUVERworldの『REVERSI』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『REVERSI』(UVERworld)


【地声最低音】mid1D(D3)  ※ラップパート

★sound m1D[聴かせてやる]

※ラップパートを除くと、mid2Aが最低音です。

【地声最高音】hiA(A4)  ※楽曲全体を通して頻出

★そm2F[の]手で すhiA[べ]m2G[て][ぇ]色あるものを[変]えれるG[な]A[ら]
★不安とまm2F[よい から見つ]け出した生hiA[き]m2G[か][たも]
★やm2F[す]らぐ[方]hiA[に行こう]m2G[として]F[ぇ]
★いhiA[ご]m2G[こ]m2F[ちにも慣れ]てきて
★大人の仲間入hiA[り]m2G[す]m2F[る][の][か?]

★がんじがhiA[ら]m2G[め]の社hiA[会]]G[で]幾度手を伸ばし
★じhiA[ぶ]m2G[んは]少し終わってくhiA[気がし][て]G[た]
★うhiA[し]m2G[なっ]てしまったら
hiA[respective yeah]


※ラップパートにもhiA,mid2Fなどの場面があるのですが、ここは音程よりもリズミカルに歌いこなせることの方が重要ですので、今回は割愛します。





【補足】mid2F(一部のみ)mid2G#の注意箇所

★Listen tempt provi-[-dence]m2F
★きたm2F[ない]F[界]でい[き]を止[め]

★掴m2G#[も]m2G[う][し][た]G#[の]G[は]G#[れ]G[じゃ]ない
★不安と迷いのなm2F[か]m2G[きか]F[たを]見つF[け]だす
『REVERSI』(UVERworld)









 まず、『REVERSI』についてです。この楽曲は、2012年にロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。厳密にはアルバム『THE ONE』に収録されていた楽曲ですが、リスナーなどの要望もありリカットされました。CDが売れなくなって久しいですが、2010年代にシングル曲としてリカットされるのは珍しいのではないかと思います。同名漫画を原作としたアニメ映画『青の祓魔師 -劇場版-』の主題歌としてタイアップが付きました。

 ちなみに、『REVERSI』(リバーシ)とは、日本ではオセロとして知られているゲームのことです。オセロになぞらえて、自分の夢や目標、勝負などにおける迷いを乗り越えていく前向きな歌詞内容になっています。こうした点はアニメの主題歌としても非常にピッタリなのではないかと思います。

 『REVERSI』の歌メロディーの音域的な特徴についてです。ラップパートを除くと、メロディーは1オクターブで構成されており、音域自体は決して広くありません。ただ、ロックバンドなどによるこうした作品はキーが狭くて歌いやすいのではなく、メロディー全体を通して高音域が頻出してことが多いです。『REVERSI』も歌メロディー部分の音域は広くありませんが、楽曲全体を通してhiAを中心とした高めの音階が頻出します。全体として、持続力が要求されます。



 さて、『REVERSI』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域より少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音はhiAと一般的な男性の音域より少し高い程度です。ただ上述するように、このhiAが楽曲全体を通して、嵐のごとく頻出します。よって一曲分丸々歌い切るだけの持久力が必要になります。見た目以上に難易度が高いと思います。

 一般的な男性の場合、まずは少しキーを下げた状態で歌唱するのが良いと思います。例えば、原曲よりも2つ程度キーを下げて、最高音をmid2G辺りに設定すると、少し楽に歌唱できるはずです。

 一方、歌い慣れていない人の場合は、原曲キーから2つ下げた状態でも少ししんどいと思います。『REVERSI』はラップ部分を除けば、音域自体は広くないですので、もっとキーを下げて歌唱することも可能です。カラオケ等でも盛り上がりやすい楽曲だと思います。
 

『ラストソング』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『ラストソング』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『ラストソング』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVが公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『ラストソング』(Official髭男dism)


【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロおよびサビ

★こんな時だけ あっという間に過ぎ去るなんm1E[て]
★まだあm1E[そ]びたりないm2F[よ](サビ)


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※Cメロで登場

hiA#地[ぼ]hiA[く]m2G[は][ら][ご][を]A[て]G[る]
★ちG[きゅう]hiA#[さい]hiA[ごの]  [日]m2G[だ]としA#[て]A[も~]G[ぉ]


【裏声最高音】hiC(C5) ※Cメロで登場

★このhiC裏[ハッ]ピーm2G[を]絶やC裏[さ]ないG[よう]




【補足】mid2FhiAの注意箇所

★幕が下りれば僕ら お互いに離れm2G[ば]m2F[れ](Aメロ)
★ひと夏のきらめきが アイスを溶m2F[かし]ていく(Bメロ)
★それによく似たやるせm2G[な]m2F[さ]F[は] 
★ほんm2F[のす]hiA[こし]m2G[だけ]
★刹m2F[那のあ]m2G[じが] 甘F[く混ざ]G[りあう]

★悲F[しい][ら] 朝日m2F[よ]2度と出て[こ]ないで[と](サビ)
★とけm2F[い]F[ぎゅっ]と つねったら

★君と つm2G[く][上][た][も]G[出と](Cメロ)


※煩雑になるため、mid2Fは全ては記載してません。
『ラストソング』(Official髭男dism)









 まず、『ラストソング』についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『Traveler』に収録されているナンバーです。タイトルから何となく想起させられますが、アルバム14曲中13曲目に収録され、終盤を彩ります。タイアップなどはありません。

 『ラストソング』はゆったりとしたテンポの楽曲です。イントロではホーン隊などが加わり、タイトルが示すようにどこか別れを感じさせます。個人的に面白いと思ったのは、別れを感じさせるナンバーでありながら、『ひと夏のきらめき』、『アイス』、『手持ち花火』など「夏を想起させるフレーズ」が多い点です。日本では基本的には春が出会いや別れの季節になります。しかし、夏を想起させるフレーズを多く使うことにより、楽曲から見えてくる景色が少し違って見えます。こうした工夫は面白いと感じました。

 『ラストソング』の大まかな音域の特徴についてです。この楽曲はサビの最高音がmid2Fとヒゲダン作品の中ではかなり低めです。mid2Fは一般的な男性の音域の範囲内です。BメロやCメロでhiA,hiA#といった音階も登場しますが、全体として低音部が目立つ楽曲になっています。



 最後に『ラストソング』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音はhiA#で、Cメロで4回登場します。この辺りのキーは一般的な男性より少し高いですが、hiB,hiCといった音階が頻出するヒゲダンの楽曲群の中で低めなのではないかと思います。ここは出来れば地声で確実に発声したいところです。

 一方で、サビではmid2Fが最高音になります。上述の【補足】の部分を見て頂ければわかりますが、基本的にmid2G,mid2Fといった音階が楽曲の高めの音階になります。よって、『ラストソング』はある程度歌い慣れている男性であれば、手を出しやすい楽曲なのではないかと思います。これまで当ブログが取り上げたヒゲダンの楽曲の中では歌いやすい部類なのではないかと思います。

 『ラストソング』は最低音がmid1Eですので、キーを下げて歌うこともある程度は可能です。歌い慣れていない人は、高音が辛く感じられる方は、少しキーを下げて歌唱しても良いと思います。『ラストソング』はヒゲダン作品の中でもチャレンジしやすい楽曲と言えます。

『city』([ALEXANDROS])の音域

 こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『city』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『city』([ALEXANDROS])


【地声最低音】mid1D(D3) 

★Light  m1D[光る][ま]ちにこうギラギラとした
★君のなm1D[みだを疑って] 言葉の中確かめた


【地声最高音】hiD(D5)  

m2G[こ]とば[が]hiD[お]hiB[ぼ]hiA[れ]G[て](サビ)
m2G[こ]ころ[が]hiD[そ]hiB[れ]hiA[を た]hiB[すけられ]G[ずに]
★would m2G[like to] hiA[a-]hiB[-ccom-]hiC[-plish] hiD[before] G[going to hell!]

※この英語の部分は厳密に分解すると英単語がバラバラに分解され、煩雑になります。各々楽曲を聴いて微調整してください。音程は恐らく合っています。




【補足】mid2GhiC辺りの注意箇所

hiB[僕はな]にを言いたくて (サビ)
★この場所をえm2G[らん]hiA[だ][の]A[だ]G[ろう?]
★また 振m2G[り出]hiA[し]hiB[に][も]どっG[た]

★嘘hiB[ばっ]m2G[か] [ばっ][か] [たっ][て](Cメロ)
★I m2G[know it's hard and stiff,severe] the [wall] in [front]hiA[of] G[you] 

★この街にいすhiC[わっ]hiB[て]m2G[ん]hiA[だ]G[ろう](ラストサビ)
★こm2G[こ][ど][です]hiB[か]m2G[たし][誰]hiA[です][か] 

『city』([ALEXANDROS])









 まず、『city』についてです。この楽曲は、2010年に4人組バンド[ALEXANDROS]によりリリースされたシングル作品です。ドロスの記念すべきメジャー1枚目のシングル曲です。ちなみに、[ALEXANDROS]は2014年3月まで[Champagne](シャンペイン)として活動していました。フランス・シャンパーニュ地方特産のスパークリングワインであるシャンパンとのブランドの関係もあり、現バンド名の[ALEXANDROS]に改名いたしました。シングル曲の『city』は[Champagne]の頃の作品になります。

 『city』の音域的な特徴について大まかに述べると、AメロBメロは中音から低音部中心のメロディーラインになります。そして、サビに入り、急激にキーが上がります。

 補足と一つ申し上げます。上述の【地声最高音】でも言及しておりますが、Cメロの英語の歌詞の部分は、より正確に細かく記述すると、英単語のつづりがバラバラに分解されて、表記が非常に混沌としたものになります。「accomplish」についてはどうしても必要なので分解してありますが、それ以外の部分は少し正確性を欠いております。ただ、音程自体は間違っておりませんので、各々楽曲を聴いて微調整してください。

 

 さて、『city』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、先述しましたが、AメロBメロは低音部分が中心のメロディーラインになります。その後、サビになり急激にキーが上がります。

 地声最高音hiDはサビを中心に登場します。この辺りの音域は男性には非常に高く、中々手を出し辛いです。一般的にはキーを下げるのが定石なのですが、今回は少し別の話をしてみたいと思います。

 ハードロックやメタルなどの楽曲では声を強く張ることで高い音階の発声をすることが当たり前のように見られます。私自身知識が拙いため、このブログで細かく技術的な指導は出来ないのですが、一般的なポップス、キーがメチャクチャ高くないロックなどと比べて、もう少し強く声を張るイメージです。上手く声がコントロールできれば、意外と高いキーまで声が出ると思います。
 日本では住宅事情などもあり、家で練習するのは難しいかもしれせんが、ある程度歌い慣れた人はチャレンジしてみると良いと思います。私自身はandroidのスマホを使っておりますので、ボーカル音程モニターというアプリを入れています。iOSでも似たようなアプリがあると思います。こうしたアプリを併用しつつ、カラオケ店などでチェックしたり、練習してみるのもいいかもしれません。


 ちなみに、キーを下げて歌唱する場合は、原曲キーから5つ下げると地声最高音がhiAに設定されます。この辺りを目安にして、微調整してみてください。ただ、キーを下げ過ぎると低音部分が逆に辛くなる可能性があります。

管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索