J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

【下書きの記事が公開されていた件】についてのおわび


【下書きの記事】がアップされていた件についてのおわび

 記事が『下書き段階』でアップロードされておりました。

 期待してアクセスされてい方も多くいらっしゃったらっしゃたようで、ガッカリされたと思います。
 
 この場でお詫び致します。記事は夕刻にはアップする予定です。


『ゴーゴー幽霊船』(米津玄師)の音域と感想【加筆】

(2019/02/13)初投稿
(2020/01/14)mid2Dmid2G辺りまで詳細に記載しました。

 ※米津玄師さんの音域について、当ブログではこれまでに、『アイネクライネ』『爱丽丝(アリス)』『打上花火』(DAOKO×米津玄師)『打上花火』(米津玄師ソロver.)『馬と鹿』『海の幽霊』『orion』、『かいじゅうのマーチ』『恋と病熱』『春雷』『Nighthawks』『ナンバーナイン』『灰色と青 ( + 菅田将暉)』『飛燕』、『LOSER 』『ピースサイン』、『砂の惑星』米津玄師作詞作曲『パプリカ』(Foorin)『パプリカ』(米津玄師セルフカバー)『Flamingo』『フローライト』、『メトロノーム』『マトリョシカ』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。

『ゴーゴー幽霊船』(米津玄師)、Go Go Yuureisen(Kenshi Yonezu)
2012年5月16日にリリース(インディーズアルバム『diorama』収録)


【地声最低音】mid1A#(A#2)

枯れたインクペンでを描いて

【地声最高音】 mid2G(G4) ※☆は曲全体を通して計12か所

m2D[電光板の]m2G[こ]D[と]ばになD[れ]
あんまりm2D[急に]m2G[わ]D[ら]うので(1番サビ)

(注)ラストのサビ終了後、「あんまりな嘘とf知るのさ(あんまりな嘘【
知るのさ)」のカッコの部分が裏声でhiA#となります。


【裏声最高音】hiA#(A#4)  ※楽曲全体で1回

★あんまりm2D[な嘘]hiA#[と]D[知]るのさ(ラストサビ)




【補足】mid2Dmid2Fの注意箇所

継いで接いでまたマザーグース 夜はm2D[何][も]泣いてまた明日

それゆけm2D[幽]かな言葉捜せ(サビ)
沿線上の扉壊せ 見えないm2D[僕を信]じてくれ
なら全部忘れて m2F[ワアワアワアワア](2番サビ前)

『ゴーゴー幽霊船』(米津玄師)








 
 こんにちは。今回は米津玄師さんの『ゴーゴー幽霊船』(2012)を取り上げます。よろしくお願いします。米津玄師さんはに続き、6度目の登場になります。
 
 『ゴーゴー幽霊船』は2012年2月に米津玄師さんのyoutubeの公式チャンネルに投稿され、同年5月にインディーズアルバム『diorama』の収録曲としてリリースされました。
 『ハチ』名義でボカロPとして活躍していた米津玄師さんのですが、本人名義としてのデビュー作となります。2019年2月現在、youtubeでの再生回数も3800万回を超えており、この頃の作品では非常に人気の高い作品となっています。世界観としてもボカロP時代の作品と地続きにあるような世界観であると思います。



 さて、この『ゴーゴー幽霊船』ついてです。「幽霊船」というのは2つの意味があると思います。1つは主人公の影の薄さ、社会からの隔絶といった意味です。これは

「ずっと病欠のセブンティーン」
「僕は幽霊だ 本当さ 君の目には見えないだろうけど」

といったフレーズに象徴されています。

更に「幽霊船」の2つ目の意味として「夢も目標もなく、当てもなく夜をさまよう私
の暗喩」でもあると思います。つまり、米津玄師さんの代名詞でもあるどこにも行けない私」が「幽霊船」として表現されているのです。

 漂う幽霊船と聞くとポルトガルの海を漂う
メアリー・セレスト号を思い出します。ミステリー作品などでもしばしば題材にされます。また、ドラゴンクエストⅢにも目的なく漂う幽霊船が登場しました。
 ちなみ「幽霊船」というフレーズを使った音楽で個人的に印象的なのは、日本のロックバンドTHE HIGH-LOWS(ザ・ハイロウズ)の『ハスキー (欲望という名の戦車)』です。この楽曲の中で「幽霊船が」以下のように登場します。

★枯葉のような舟で ユーレイ船にあった
★そしてもう戻らない もう二度と戻らない
★うたおうハスキーボイス

 ハイロウズの場合の幽霊船はかなりポジティブな使い方をしていると思います。

  
 『ゴーゴー幽霊船』のサウンド面では、まずイントロですぐに楽器によるサウンドに入らず、タメを作っている点、サビの前の「デデデ電光板」といった点、サビの最後の歌詞を異なるメロディーで繰り返す点などが特徴的です。個人的には、Aメロの後ろで入るギターサウンドが非常に面白いと思いました。
 また、歌メロディーについてはサビを中心にヨナ抜き音階になっております。



 さて、最後に『ゴーゴー幽霊船』の音域について述べます。この楽曲の音域は地声最低音mid1A#(A#2)~
地声最高音mid2G(G4)で構成されています。低音がややきついかもしれませんが、全体として、一般的な音域の男性でも歌いやすい作品だと思います。逆に声が高い人は少しキーを上げた(#1~2程度)方がいいかもしれません。

 mid2Gに次ぐ高い音階としてmid2Dという音階が多く登場します。そうした意味で、『ゴーゴー幽霊船』は比較的歌いやすい高さなのではないかと思います。mid2Gが多く登場しますので、その点のよい練習台にもなります。

 一方で歌詞が非常に独特であり、あまり一般的でない漢字も使われています(例:発条【ゼンマイ】)。歌詞をちゃんと覚えておくというのは米津さんの楽曲を歌う上で非常に重要です。
  
 この楽曲を女性が歌う場合、キーが高い人と低い人では対応を変えた方が良いです。キーが低い女性は原曲キーから6程度(#6程度)上げると良いと思います。逆にキーが高い人はキーを4つ程度下げて(♭4)1オクターブ上を歌うと良いと思います。個人差がありますので、色々試してみてください。

 

『恋音と雨空』(AAA)の音域

こんにちは。今回はAAAの『恋音と雨空』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回も自選曲になります。当ブログでAAAを取り上げるのは今回が初めてです(西島隆弘さんについては過去に2曲トリコまだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRLを取り上げております。)。


『恋音と雨空』(AAA)、Koioto to Amazora 


【地声最低音】mid1E(E3)  

m1E[キ]ミと離れてからm2E[数]日 (Aメロ)
m1E{こ]んな日はかm1E[な]らず傘を取りに行った


【地声最高音】mid2G#(G#4)  サビとCメロで登場

★好きm2G#[だ]m2F[よ]と伝えればいいF[のに](サビ)
★好きだよがm2G#[つ]m2F[の]っては溶けていF[く]
m2F[ね]がいかけるこm2G#[い]おとF[と]雨空

m2F#[このまま気]m2G#[持]F[ち]F[かめ]F#[たく]て(Cメロ)




【補足】mid2Emid2G辺りの注意箇所

★かじm2E[かんだ手をあた]  ためることが(Bメロ)
★始まりの時まで戻m2E[り]m2F[た]m2G[ぁい]

★好きという事実通りすぎm2F[て今ではもうあ]m2F#[い]F[し]てる(Cメロ)
☆失って数日間m2F[でやっと知ったほんと]m2F#[うは]


『恋音と雨空』(AAA)









 まず、AAAについて少し説明します。AAA(トリプルエー)は2005年に結成された男女混成のダンスボーカルグループです。ジャンルとしては、ポップ、ダンス、ユーロビート、テクノ、エレクトロニカなどに属します。これまで、ミュージシャンとしてのみならず俳優やモデルなど幅広く活動を続けております。最近はソロでの音楽活動なども増えており、当ブログでは西島隆弘(Nissy)さんのトリコまだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRLを取り上げています。今回の『恋音と雨空』を含め、『さよならの前に』などがYoutube公式チャンネルで非常に多くの再生回数を記録しています。

 さて、『恋音と雨空』(こいおととあまぞら)についてです。この楽曲は、2013年にAAAによりリリースされたシングル作品です。作詞作曲は岡村洋佑さんによりなされています。AAAは過去に出場した紅白歌合戦の中で、これまで2回この楽曲が歌唱されております。Youtube公式チャンネルでの再生回数も9000万回を超えており、非常に人気の高い楽曲の一つであると言えます。

 『恋音と雨空』はミドルテンポのポップなラブソングです。歌詞にもあるように、「好きだよ」と伝えることが出来ず、迷っている主人公の姿が共感を誘います。
 一方、歌メロディーはサビがいわゆるヨナ抜き音階で作られており、キーを変えればピアノの黒鍵盤のみで歌メロディーをなぞることが出来ます。意図していたわけではないですが、昨日取り上げたB'zのLOVE PHANTOMも歌メロディーがヨナ抜きです。当ブログにおいても多くのヨナ抜き作品が取り上げられていますが、このメロディーは日本の古来の音階であり、どこか懐かしさを誘います

 『恋音と雨空』の音域的な特徴についてです。歌メロディーについては一般的な男性の音域で作られていますが、やや高めではあります。歌唱するAAAのメンバーはただ歌メロディーをなぞるだけでなく、その中に様々な表現が盛り込まれており、できればそこまで表現したいところです。ある程度余裕をもって歌いこなしている印象ですので、キーが高いと感じられる方は、キーを下げて調整することもお勧めします。



 さて、『恋音と雨空』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】mid2G#(G#4) で歌メロディーが構成されています。おおよそ、一般的な男性の音域であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はサビを中心に登場します。このmid2G#あたりは一つのボーダーラインになり、一般的な男性の音域がギリギリ出るか出ないかくらいの音になります。よって、人によっては難しいこともありますので、ある程度歌い慣れた上で発声がスムーズにいかない場合は、キーを下げてください。一つの目安として、原曲キーから1~2程度下げるとよいと思います。
 一方で、普段歌い慣れていない人も、スムーズは発声が損なわれやすい場面があると思いますのでキーを下げてもよいと思います。

 『恋音と雨空』は音域自体はそこまで広くなく、キーの調整などは行いやすいです。よって、キーを上下させて歌唱したり、練習曲にしたりすることにも向いています。融通が利きやすい曲だと言えます。普段歌い慣れていない人はキーを3つ程度下げてもよいと思います。歌メロディーもミドルテンポで取っつきやすいと思いますので、個人的にはお勧めしたい一曲であります。

 一方、女性が歌唱する場合、少しキーを上げた方が歌いやすいのではないかと思います。AAAには女性のメンバーもおり、サビなども歌唱しております。ただ、歌い慣れた人であれば、もう少し高音域の方が声質が活かされやすいのではないかと私は考えております。