J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『Ref:rain』(Aimer)の音域 / テレビアニメ『恋は雨上がりのように』エンディングテーマ

 こんにちは。今回はAimerさんの『Ref:rain』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

  ちなみに、『Ref:rain』はAimerさんの公式チャンネルで公開されている動画は歌メロについてはフル尺で確認できますが、アウトロがカットされております。


『Ref:rain』(Aimer)


【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロ

★そっと口付けた あの季節にm1E[ま]だ焦がれている


【地声最高音】hiC(C5)  ※サビで複数回登場

★まだhiA[消]hiB{え]hiC[な]B[く]m2G[て](サビ)
★重ねhiA[た]手のひA[ら]からおhiB[さ]hiC[な]B[さ]hiA[が]B[ぁ]




【補足】mid2GhiB辺りの注意箇所

★まだhiA[足]hiB[り]m2G[な]G[て]  (サビ)
hiB[What a] hiA~hiB[goo-d] m2G[thing] we G[lose?]
★そんなhiA[フレー]ズに濡A[れ]てく雨の中
★触れられhiA[ず]にいA[た]ら笑A[え]たかな?

m2G[も]う少しくらい おとhiA[なで]hiB[い]A[れ]m2G[たら] G[な]んて

『Refrain』(Aimer)









 まず、『Ref:rain』(リフレイン)についてです。この楽曲は、2018年に歌手のAimerさんによりリリースされたシングル作品です。2019年にリリースされたアルバム『Sun Dance & Penny Rain』、『Penny Rain』に収録されています。『Ref:rain』は、眉月じゅんさんの漫画を原作とするテレビアニメ『恋は雨上がりのように』のために書き下ろされた楽曲であります。

 『Ref:rain』は恋愛アニメのエンディングテーマ曲ということもあり、ゆったりとした美しいバラード曲です。作詞はAimerさん、作曲は飛内将大さん、編曲は飛内将大さんと玉井健二さんによりなされています。この辺りはAimerさんの楽曲ではお馴染みのメンバーになります。
 タイトルの『Ref:rain』は英語の『refrain』から由来しているのだと思います。意味としては「控える、断つ、やめる、我慢する」といったネガティブものであり、恋に対する迷いのようなものが歌詞にも描かれております。ちなみに、『Ref:rain』という表記にしたのは、アニメのタイトルにある「雨(rain)」を意識たものなのだと私は考えております。

 


 さて、『Ref:rain』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内ですが、低音部分がやや低めといえます。以下、見ていきます。
 
 まず、地声最低音mid1EはAメロで登場します。女性の音域としては低めのなのですが、歌いにくい場合は別の高い音階に置き換えても良いと思います。低音部分は、基本的にはmid1Gくらいまでの音階が要求される感じだと考えてください。

 一方、地声最高音hiCはサビで多く登場します。『Ref:rain』はAメロBメロは高い音階は登場しませんが、その分、サビで高めの音階が登場します。hiCは一般的な女性の音域内でありますが、サビが長めであり、持続力が要求される楽曲でもあります。体力が続かない等の場合、少しキーを下げるというのも選択肢であります。歌い慣れた女性の場合、非常に楽しめる楽曲なのではないかと思います。

 『Ref:rain』は音域がやや広めであり、とりわけ低音部が低いです。先にも述べましたが、最低音のmid1Eはmid1Gなどに音階に置き換えても良いです。キーを下げる余地は少ないですが、高音部分はそこまで高くないので、歌い慣れない人にも比較的対応しやすい方なのではないかと思います。ただ「歌い慣れてない人にも練習曲として強くお奨めできる」という程ではないです。

  

『GOOD NIGHT BABY』(あいみょん)の音域と感想【加筆】

(2019/02/15)初投稿
(2019/03/20)音域の解説記事の追記を行いました
(2020/02/19)mid2G#hiA#辺りの音階まで詳細に記載しました

 

 
※1)あいみょんさんの音域について、当ブログでは、これまでに『マリーゴールド』『今夜このまま』『愛を伝えたいだとか』『君はロックを聴かない』『満月の夜なら』『夢追いベンガル』『ふたりの世界』『○○ちゃん』、『ナウなヤングにバカウケするのは当たり前だのクラッ歌』『恋をしたから』『プレゼント』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。

『GOOD NIGHT BABY』(あいみょん)、GOOD NIGHT BABY(Aimyon)



【地声最低音】mid1F(F3) ※2番で1回

★耳にタコな話して ふたりきりm1F[で]どうだ


【地声最高音】hiC#(C#5) 

★恋しhiC#[く]hiC[て]hiA#[こ]m2G#[の]A#[ま](サビ)
★たいhiC#[せ]hiC[つ]m2G#[さ] hiC#[Ah] hiD#[Ah]’(ラストサビ)

hiD#部分は歌詞表記されていませんが、一応記載します。



【補足】mid2G#hiA#辺りの注意箇所

★キスは我慢しておこう m2G#[goo-]-dなnightにしなよbaby
★君が手を振る 今日が終わっhiA#[てく]m2G#[ぅ]

★ほらもうhiA#[き]m2G#[み]に会いたくて(サビ)
★はhiA#[し]m2G#[り]A#[は]G#[じ]めた スタート地点に戻って
★まm2G#[た] G#[恋]hiA#[す]るのさbaby

★強くうなhiA#[ずい]m2G#[た] G#[き]A#{み]G#[が]A#[好]G#[きだ](2番サビ)
m2G#[これか]らの僕らの 未来に期待したい(Cメロ)
★とりあえず君と過ごしhiA#[た]m2G#[い]

★こm2G#[れ]からもずっとG#[ずっ]と (ラストサビ)
m2G#[恋す]hiA#[る]G#[のさベ]hiA#[イベ]G#[ー]
『GOOD NIGHT BABY』(あいみょん)












 こんにちは。今回はあいみょんさんの『GOOD NIGHT BABY』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。あいみょんさんは過去に『マリーゴールド』『今夜はこのまま』『愛を伝えたいだとか』『君はロックを聴かない』『満月の夜なら』を取り上げています。


 まず、『GOOD NIGHT BABY』についてですが、Reebok CLASSICのコラボレーションでMVが2018年10月に公開されていました。2019年の2月に発売されたアルバム『瞬間的シックスセンス』に収録されています。同アルバムには、同じく『夜』をテーマにした楽曲で『今夜はこのまま』、『満月の夜なら』が収録されています。



 



 さて、『GOOD NIGHT BABY』ですが、歌詞の内容としては「恋人に触れ合いたい気持ちを抱えながらも、結果として後ろ姿を見送るという場面が歌われています。

「キスは我慢しておこう」
「手を引き寄せても いいかななんて考える」

と考えなら、結局、主人公は相手の女性を「後ろ姿の君を 見るだけでもいいのさ」見送ってしまします。
 同じ男性目線の物語であるシングル曲『愛を伝えたいだとか』では男性の「煮え切らない情けない場面」が描かれていました。一方で、『GOOD NIGHT BABY』では、一線を越えられずに見送る主人公に情けなさや女々しさはあまり感じられないように思われます。恋愛の場面で言うなら、付き合い始めて間もない時期で、相手との距離を上手く計っている段階ではないでしょうか。

 さて、楽曲として感じたことは、ボーカルの発声や言葉遣いにandymoriの小山田壮平さんの影響を感じることです。高音域での少年性を帯びた声色、低音部の「GOODなNIGHTにしなよBABY」といったあたりです。
 同じアルバムの曲で『夢追いベンガル』という楽曲があり、andymoriの影響をあいみょんさん自身も公言しています。サウンド面については必ずしもそうではありませんが、この『GOOD NIGHT BABY』においてもandymoriっぽさが色濃く出ているように思えます。高音域で、優しさが強く押し出されたボーカルが展開されるというのはこれまでのあいみょんさんではあまり見られなかったように思えます。そうした意味ではあいみょんさんの新しい一面を見ることが出来る楽曲でもあると思います。



 さて、『GOOD NIGHT BABY』の音域についてですが、地声最低音mid1F(F3)~地声最高音hiC#(C#5)、フェイクhiD#(D#5)でメロディーが作られています。
 
 ややキーが高いですが、優しい歌声ですので歌い慣れている人であれば、ある程度選択肢に入りやすい楽曲だと思います。ただ、声の高くない人はキーを下げた方がいいかもしれません。2程度下げる(♭2)と歌いやすくなると思います。低音部分についてはmid1G辺りがよく登場しますので、少しであれば、キーの調整はしやすいです。
 
 ボーカルは比較的優しい声色で歌われていますので、女性が手を出しやすい楽曲であると思います。一方で、個人的にはこの楽曲は男性にはあまり合わないと感じます。男性でも声が高く、少年性を帯びたような声質の人ならば、非常に合うのではないでしょうか。


『SNOW SOUND』([ALEXANDROS])の音域

 こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『SNOW SOUND』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『SNOW SOUND』([ALEXANDROS])


【地声最低音】mid1D(D3)  

★泣きあかm1D[し]た 季節が去ってm1D[ぇ] (Aメロ)
m1D[つ]めたいか1D[ぜ]


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビで複数回登場

m2F#[僕]hiA地[等]F#[出]F#[う]
m2F#[ゆ]きがF#[や]m2G[わ]hiA[ら]G[か]F#[く]G[つ]F#[つ]んでいく


【裏声最高音】hiE(E5) ※サビで登場

★雪をm2F#[な]hiA[が]hiE[め]hiD[ていた](サビ)




【補足】mid2F#hiDの注意箇所

★Oh, maybe I'm preteding 無関心なふm2G[りし]m2F#[て](Bメロ)
★生きてきた僕を あm2F#[な]たは溶m2G[かし]F#[た]

★しhiD裏[ろい]hiC#[街]hiB[の]hiA[か]B[た]A[す]みで(サビ)
m2G[ま]m2F#[だ]F#[だ]F#[ど]m2G[な]m2F#[い]


『SNOW SOUND』([ALEXANDROS])









 まず、『SNOW SOUND』についてです。この楽曲は、2017年にロックバンド[ALEXANDROS]によりリリースされたシングル作品です。アルバム『Sleepless in Brooklyn』に収録されています。
 『SNOW SOUND』はJR東日本『JR SKISKI』のCMソングとして、書き下ろされたものです。JR東日本の『JR SKISKI』キャンペーンはこれまで、多くのヒット曲を生み出しているCMでもあります。最近では、SEKAI NO OWARIの『スノーマジックファンタジー』、back numberのヒロインなどが有名です。

 『SNOW SOUND』は[ALEXANDROS]の激しいサウンドとは少し異なり、バンド以外の音色も目立つひんやりとした冬っぽいナンバーになっております。これまでバンドがあまり取り入れてこなかったシンセサイザーが「冬っぽさや雪」の演出に一役買っております。[ALEXANDROS]らしさとは少し離れたサウンドかもしれませんが、これまでドロスに縁が無かった人にも届きうる美しい楽曲だと思います。

 『SNOW SOUND』の音域的な特徴についてです。上図の赤い丸で囲まれた部分が地声で、それ以外に色が付いた鍵盤部分が裏声になります。そこにあるように、サビを中心に裏声が多く登場する楽曲です。裏声と地声の使い分けが要求される楽曲であり、それらの練習にも使いやすいと思います。ただ、裏声部分が広く、音域も広めであるため、ある程度歌い慣れた人向けの楽曲だと言えます。



 さて、『SNOW SOUND』についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。地声部分は、一般的な男性の音域よりも少し高いです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiAはサビで登場します。キーの調整をする際、この地声最高音を基準にすると良いと思います。このhiAは一般的な男性の音域よりも少し高めです。ある程度歌い慣れた人であっても、場合によってはキーを少し下げても良いのではないかと思います。原曲キーから2つ程度下げると、mid2Gに設定され、歌いやすくなります。

 『SNOW SOUND』は裏声が多用されている楽曲です。裏声と地声を上手く切り替えて歌唱することが求められます。ただ、サビ冒頭の「しhiD裏[ろい]hiC#[街]hiB[の]hiA[か]B[た]A[す]みでm2F#[僕]hiA地[等]F#[出]F#[う]」は声の切り替えが難しいのではないかと思います。慣れないうちは、裏声だけで歌唱するのも良いかもしれません。
 一方、同じ1番サビの「あふれた言葉が 胸に届く」というフレーズは呼吸を入れるタイミングがあるため、地声と裏声の切り替えをしやすいです。こちらのフレーズで声の切り替えの練習をしてみても良いと思います。

 『SNOW SOUND』は音域が広めであります。地声部分だけで見ても、低音部分が意外ときついので、大きなキーの調整はしにくいと思います。ある程度歌い慣れた人であれば苦労は少ないでしょうが、歌い慣れていない人は少し辛いのではないかと私は考えております。

 『SNOW SOUND』は広くは知られていませんが、メロディーが美しい良い曲です。興味を持たれた方は練習してみても良いと思います。