J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『憂一乗』(ヨルシカ)の音域

 こんにちは。今回はヨルシカの『憂一乗』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、うとくんさんによるドラム、パーカッションの動画を添付いたします。こちらであれば、suisさんのボーカルがフル尺で確認できます。


『憂一乗』(ヨルシカ),Yuuichijou


【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※Aメロで登場

m1D#[呼]吸の一つ1D#[がの]どに絡んだ(Aメロ)
★やっと足m1D#[が着]いた 柔らかな泥の感触がした


【地声最高音】hiC(C5)  

★君を追っていhiA#[る]hiC[だ]A#[け]m2G#[で](Bメロ)
★水hiC#[圧]hiA#[で]m2G#[透]A#[明]G#[だ](サビ)
m2G#[この]hiA#[まま]hiC[遠]A#[く]G#[に行きたい](Cメロ)


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※Cメロで1回だけ登場

m2G#[思い]hiA#[出の]hiD#裏[外]hiA#[に]G#[触り]A#[たい](Cメロ)




【補足】mid2GhiA#の注意箇所

★ずっm2G#[と]ずっG#[と]ずっ[と]ずっ[と]ずっ[と] (Bメロ)

m2G#[どうしようもないことばかり言いた]m2G[か]G#[た](サビ)
★適当でもいいから 目的とかm2G#[いい]m2G[か]

m2G#[こんな自分なら]m2G[いら]G#[ない] (Cメロ)
★おm2G#[金も名声も愛も称賛も何にもいら]hiA#[ない]


『憂一乗』(ヨルシカ)









 まず、『憂一乗』(ゆういちじょう)についてです。この楽曲は、2019年に2人組音楽ユニットヨルシカによりリリースされたアルバム『エルマ』に収録されています。MVなどは公開されておらず、シングル曲やリード曲などではありません。ちなみに、ヨルシカには『藍二乗』という楽曲があり、前作の『だから僕は音楽を辞めた』に収録されています。
 
 『憂一乗』はゆったりした柔らかなニュアンスの楽曲です。1コーラス目はアコースティックギターを中心にサウンドが作られ、2番以降にバンドサウンドが加わっていきます。歌メロディーはAメロBメロサビで構成されます。ボーカルのニュアンスとしては序盤は雲と幽霊パレードなどに近いかもしれませんが、楽曲の進行とともに力強さを帯びていきます。

 『憂一乗』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、とりわけAメロの低音部分が低いです。また、それ以外でも比較的低音域が多く登場します。そのため、音域はやや広めであり、キーの調整などは行いにくいです。歌メロ自体は決して難しいものではありませんが、音域の広さが1つのハードルになります。



 さて、『憂一乗』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。地声に関しては女性の音域よりもやや広めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音ですが、mid1D#がAメロで多く登場します。この辺りの音階は女性キーとしてはかなり低めです。また、mid1G辺りがサビ等でも登場します。低音部分も意外としんどい曲です。

 一方、地声最高音hiCについてはBメロサビCメロで登場します。BメロサビのhiCについては少し裏声気味に歌唱しても良いと思います。ただ、【m2G#[この]hiA#[まま]hiC[遠]A#[く]G#[に行きたい]】の部分は地声で発声できた方が良いです。

 『憂一乗』は音域が広めであり、キーの調整は行いにくいです。高音部分は女性の音域の範囲内といえますが、低音部分は低いです。普段歌い慣れていない人などは別の曲で練習した上でチャレンジするのも選択肢です。

 『憂一乗』はサウンドやメロディー、テンポなどを考えると、カラオケなどで盛り上がる類の作品ではありません。ただ、メロディーが非常に美しく、儚い歌詞も魅力的です。ある程度歌い慣れた人はチャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

『千本桜』(初音ミク)の音域

 こんにちは。今回は初音ミクの『千本桜』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。当ブログでは、これまでシャルル『からくりピエロ』『恋愛裁判』ドーナツホール『マトリョシカ』『砂の惑星』でボカロPのセルフカバーバージョンを取り上げてきました。ただ、今回は初音ミクということで初めてボカロ名義の作品になります。

 動画としては、初音ミクver.と、和楽器バンドver.も添付いたします。どちらもキーは同じです。


『千本桜』(初音ミク)、Senbonzakura(Miku Hatsune)


【地声最低音】mid1G(G3)  ※Bメロ

★環状線を走り抜m1G[け]て 東奔m2G[西]走  なんのその


【地声最高音】hiE(E5)  ※転調後サビ

★千hiA[本ざ]hiB[くら よ]hiD[る]hiE[に]A[ま]B[れ]
★さあhiC[光]hiB[線]hiA[銃]A[撃]ちhiB[ま]hiD[く]hiE[れ]




【補足】mid2G(一部略)hiDの注意箇所

★大胆不敵m2G[に] ハイカラ革命 (Aメロ)
★らいらいらくらm2G[く]hiA[反]G[戦]国家
★少年少女戦国無双 浮世のまにm2G[ま]に(Bメロ)

★千m2G[本ざ]hiA[くら よ]hiC[る]hiD[に]m2G[ま]A[れ](通常サビ)
★そのhiA#[光]hiA[線]m2G[銃]G[打]hiA[抜]hiC[い]hiD[て]
★そのhiA#[断]hiA[頭]m2G[台]G[飛]A[び]G[降]A[りて](転調直前)

★君hiA[がう]hiB[たい ぼ]hiC[く]B[は]A[おどる](転調後サビ)

『千本桜』(初音ミク)









 まず、『千本桜』についてです。この楽曲は、2011年に黒うさPにより制作、リリースされたボカロ作品です。演歌歌手の小林幸子さんが紅白歌合戦でカバーしたり、CMで使用されるなどお茶の間でも多く流れた楽曲です。もはやボカロファンのみならず、一般の方にも広く知られているボカロ曲の1つなのではないかと思います。
 『千本桜』は原曲のみならず、カバーも人気が高いです。原曲はYouTube公式チャンネルで1000万回超、和楽器バンドのカバーバージョンは1億回以上の再生回数を記録しています。

 『千本桜』は疾走感あふれるロックナンバーです。ピアノのイントロが非常に印象的です。ラストのサビで転調、歌メロがヨナ抜き音階、AメロBメロサビのメロディー構成など多くの人に馴染みやすい要素が詰められていると思います。

 『千本桜』の音域的な特徴についてです。先にも述べましたが、この楽曲はラストのサビで転調し、キーが2つ上がります。その点は歌唱の際に注意してください。一方、ボカロ曲としては比較的抑え気味の音域で制作されております。女性キーとしては少し高い部分もありますが、原曲キーで歌唱できる女性も一定数居るのではないかと思います。ちなみに、和楽器バンドは原曲キーでカバーしております。





 さて、千本桜の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、AメロBメロについてはあまり高い音階は登場しません。大体hiAが一番高い部分です。この辺りも丁寧に歌唱していきたいところです。

 地声最高音hiEは転調後のラストサビで登場します。転調によりキーが2つ上がるので、通常サビではhiDが最高音になります。高いキーが得意な方ならば歌唱できると思いますが、高音域が難しい方の場合キーを下げても良いのではないかと思います。原曲キーから2つ程度下げると、地声最高音がhiDに調整されます。

 『千本桜』は女性の作品としては声域が広めです。キーの調整は可能なのですが、大きくキーを下げたりすると、低音部分が歌いにくくなる可能性もあります。よって、普段歌い慣れていない人などは、キー調整を行ったとしても歌いにくい部分が出てきます。その点では、融通が利きやすい曲とはいえませんので、留意しておいてください。

 『千本桜』は滅茶苦茶に難しい曲では無いですが、多くの人が手軽に歌いこなせるような難易度ではありません。ただ、多くの人に知られている作品の一つでもあり、TPO関係なく歌いやすい楽曲なのではないかと思います。

『ツキマシテハ』(Mrs.GREEN APPLE)の音域

こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『ツキマシテハ』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『ツキマシテハ』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『ツキマシテハ』(Mrs.GREEN APPLE)、Tsukimashiteha


【地声最低音】mid1D(D3)  ※ラストサビの前

★口かm1D[ら]不意に出た言1D[葉]


【地声最高音】hiE(E5)  ※転調後(+1)のサビ

hiE地[焦]hiD#[げ]hiC#[て]hiA#[ゆ]hiB[く]

※通常のサビでは裏声(hiD#)になっています。ラストサビだけ地声になります


【裏声最高音】hiF#(F#5) ※転調後のサビ

★m2G#[真]hiA#[っ]hiB[し]A#[ろ]B[な]hiD#[こ]hiF#裏[こ]hiB[ろが]




【補足】mid2G辺りからhiFの注意箇所

★学ぶ事もキhiA#裏[リ]m2G#[な]いな ああ だからか(Aメロ)
★あのm2G[と]hiA[き] hiA#[ぼ]A[く]A#[か]ら不意m2G[に](通常サビ)
hiD裏[こ]hiF[まっ]hiA#[たの]hiD#[は] D[だ]hiC地[か]hiA[ら]A#[か]

★きm2F[らい]m2G[な]ひF[と]G[は]正直たくさん居る(Cメロ)
★きm2F[み]m2G[は]hiA#[あ]hiA[ま]G[え]F[す]ぎている

hiB[あ]hiA#[い]B[が]麻m2F#[痺っ]ていく(転調後サビ)
★僕はm2F#[あき]hiD#地[れ]hiC#[て]hiB[ぇ]hiA#[い]B[る]

※すべて着色するとゴチャゴチャしますので、一部は色を付けていません。
『ツキマシテハ』(Mrs.GREEN APPLE)









 まず、『ツキマシテハ』についてです。この楽曲は、2016年にロックバンドMrs.GREEN APPLEによりリリースされたシングル『In the Morning』に収録されているカップリング曲です。タイアップなどは確認できません。また、現在までにアルバムには収録されていないようです。

 『ツキマシテハ』はバンド色の強いアッパーなロックナンバーです。一般的なミセスのイメージとは少し異なりロック寄りで、印象としてはインフェルノと近いかもしれません。ただ、ボーカルラインが非常に力強く、キーも非常に高いです。この辺は『インフェルノ』とは少し異なるところです。

 『ツキマシテハ』の音域的な特徴についてです。図に示すように、音域が非常に広いのですが、とりわけ高音部が非常に高いです。裏声と地声を上手く駆使し、hiF,hiEといった高い音階も登場します。男性の場合、低音部分に下げる余地が少しあるのですが、それでも高音域はかなり高めです。高音域が得意な歌い慣れた人向けの楽曲と言えます。

_____________


 『ツキマシテハ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の声域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEはラストのサビで1回だけ登場します。その他に同じラストのサビでhiD#も登場し、全体として非常に高い音階が登場します。この辺りの音階は男性が歌唱するには非常に困難を極めます。
 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱するのが1つの選択肢です。ただ、例えば、原曲キーから5つ下げても、【地声最低音】mid1A(A2) ~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)となり、かなり高めで音域も広いです。キーを大きく下げたとしても一般的な男性が歌唱するには非常に高いキーです。

 『ツキマシテハ』は音域が広いのですが、低音部分に下げる余地があります。ただ、先にも述べましたように、キーを下げたとしても地声hiB辺りの音階は求められますので、やはり難易度は高いです。普段歌い慣れていない人は、別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いと思います。ただ、それでもかなりハードルが高く、練習したからといって歌唱できるとは限りません。

 『ツキマシテハ』はキーを下げれば歌唱でいる人もいますが、原曲キーの場合は、難易度としては非常に高いです。歌う人を選ぶ楽曲といえます。その点で、限られた人がチャレンジできる作品といえますが、上手く歌うことが出来たならば、非常にカッコイイと思います。