J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『LOVE PHANTOM』(B'z)の音域

(2020/01/12)ラストサビの音域表記に一部ミスがありましたので修正しました(m2F#hiA)。

 こんにちは。今回はB'zの『LOVE PHANTOM』(1995)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。

 なお、『LOVE PHANTOM』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、替わりにtabatie1119さんがギターを演奏している動画を添付いたします。こちらならば、歌メロディーおよびVo稲葉さんの歌声が大よそフル尺で確認できます。


『LOVE PHANTOM』(B'z)


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

※ラップパートの部分で登場。そこを除くと、mid1F#が最低音です。カラオケなどでは後者が最低音として記述されているようです。

【地声最高音】hiB(B4)  ※各サビで1回ずつ、ラストは2回

★がまんm2F#[で]hiA[き]hiB[ない] m2F#[ぼ]くを全F#[部あ]げよう
m2F#[ぼ]くを全hiA[部][あ]げ]F#{よ]hiB[う]




【補足】mid2F#hiAの注意箇所

★いらm2F#[ない]F#[も] 捨てF#[て]hiA[し]F#[ま]おう (サビ)
m2F#[き]みを探し彷徨F#[う] hiA[MY] F#[SOUL]

★せわしい街のカンジがいやだm2F#[よ] 君はいないかm2F#[ら]
★「途m2F#[中]]の人」F#{は]F#[いね]ぇ(Aメロ)

『LOVE PHANTOM』(B'z)









 まず、『LOVE PHANTOM』についてです。この楽曲は、1995年にロックユニットB'zによりリリースされたシングル作品です。元々は、シングル曲としてのリリース予定は無かったそうです。アルバム『LOOSE』に収録されており、ベストアルバムなどにも収録されております。ヒット曲の多いB'zですが、この『LOVE PHANTOM』は知名度の高い代表作の一つと言えるのではないかと思います。

 さて、『LOVE PHANTOM』についてですが、歌メロディー自体はAメロとサビの2つしか存在しない比較的シンプルな作りのロックナンバーです。音域分析をやっていて初めて気付いたのですが、歌メロディーは基本的にヨナ抜き音階で作られています。シンプルな歌メロディーでありながらどこか懐かしさや親しみやすさを感じさせるのは、こうした仕掛けがあるのではないかと思います。

 さて、『LOVE PHANTOM』の音域的な特徴についてです。B'zの楽曲は基本的に高音域が高い作品が多いのですが、これはその中では少し抑え気味に作られています。以前、「B'zは初期の作品の方がポップで、音域が低めなので取っ付きやすい」といったようなことを私自身言及した記憶があります。hiBが最高音なので基本的には高いのですが、ラップパートを除けば、キーの調整もしやすいです。B'zを歌いこなしたいと考えている方は、初期の作品に注目してみてもよいかもしれません。 『LOVE PHANTOM』以前だと、更に取っ付きやすい楽曲が多く見られます。




 さて、『LOVE PHANTOM』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiB(B4) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。
  
 まず、先にも述べましたように、地声最低音mid1C#はラップパートで登場します。Aメロとサビの2つの歌メロディーではmid1F#が最低音です。その点に気を付けておくと、キーの調整の際に役に立ちます。

 地声最高音hiBはサビの【がまんm2F#[で]hiA[き]hiB[ない]】の部分です。この辺りの音階は、歌い慣れた高いキーの得意な方であれば、克服可能だと思います。ただ、やはり一般的な男性の場合は少しハードルが高いですので、キーを下げることも選択肢に入れてください。例えば、原曲キーから2つ程度下げて、hiA辺りに設定すると難易度は少し下がります。
 B'zはハードロック系のボーカルですので、高音域をエモーショナルに発声した方がニュアンスが表現しやすいです。原曲に近づけたい場合、余裕を持って歌唱するよりは、少しギリギリぐらいのキーを上手く歌いこなしたいです。よって、今回はhiAを例にしてみました。各々キーが異なりますので、ひとつの参考にしてください。

 先に述べたように、『LOVE PHANTOM』は歌メロの部分だけだと、音域自体はそこまで広くありません。よって、キーの調整なども行いやすい楽曲と言えます。ただ、稲葉さんのような表現を目指したい場合、キーを下げるにしてもしっかり歌い慣れておく必要があります。よって、キーを下げれば、原曲に近い表現が出来るわけではありませんので、しっかり練習を重ねてください。

 ちなみに女性が歌唱する場合、歌い慣れた人であれば、少しキーを上げた方が歌いやすいと思います。歌メロがヨナ抜きで懐かしさを感じさせますので、必ずしもハードな歌声を目指す必要はないと思います(これは男性にも言えます)。

『THE OVER』(UVERworld)の音域

こんにちは。今回はUVERworldの『THE OVER』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『THE OVER』(UVERworld)


【地声最低音】lowG(G2)  

★m1C[いつか]らか僕はもう lowG[逃]げようとしてた

※大手カラオケチェーンではlowGがmid1Cと判定されているようですが、私はlowGだと判断しました。

【地声最高音】hiC(C5)  サビとCメロ、ラスト

hiC[僕]はいつかうしhiA[なっ]てしまう (サビ) 
★ 君をhiA[ま]hiA#[ん]hiC[ぞく]させれるだろう  
★そしてしあhiC[わせ]にもするだろう

★未hiA[来]G[を想]像すA[れば]G[ぁ] だいたい幸せhiC[だっ]A[た]
★さあ すhiA[べ]m2G[て]hiC[を]超える G[OVE]R(ラスト)

【裏声最高音】hiC(C5) ※サビで登場

hiC裏[つ]hiA[たえ]m2G[よう]として




【補足】mid2GhiA#の注意箇所

★大切な君hiA[だけ]m2G[は] 失いたくないから
★隠hiA#[し]hiA[て] m2G[ま]hiA[た]G[つく]ろって行A[く]
★分かってるかhiA[らもどかしいよ]G[ぉ]

★テレm2G[ビ]hiA[の]hiA#[な]A[か]G[の俳]優や (サビ)
★大富A#[豪]A[や]G[ビッグスター]なら
★そm2G[ら]をなG[が]め立G[ち]hiA[止]hiA#[ま]A[る]
★かhiA[さ]m2G[を]A[す]G[か]A[うか]G[ぁ]
★おhiA[も]m2G[い]A[り]G[の]A[さ]G[は] 僕のようG[だった]

★つG[た]G[たい]気持G[ち]はあG[ふ]れてG[くる]hiA[のに] 

★未hiA[来]m2G[へ]向かうA{ボー]G[トに乗っ]
★僕にhiA[は]A[す]m2G[むさ]G[は]G[え]ない
★でも hiA[き]m2G[みが]向A[かい]G[にすわっ]
★見hiA[ててくれ]hiA#[る]A[だろ]m2G[う]
★どm2G[こ]hiA[に]hiA#[た]A[ど]G[り着い]たって
hiA[ああ] m2G[好き]だよ
★ひhiA[とりに]m2G[なん]てさせやしないよ G[O-]A[-VER]
 
『THE OVER』(UVERworld)









 まず、『THE OVER』についてです。この楽曲は、2012年にロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。タイアップとして、TBS系金曜ドラマ『黒の女教師』の主題歌として起用されました。アルバムの『THE ONE』に収録されています。また、2018年にリリースされたベストアルバム『ALL TIME BEST』ではファン投票で1位に輝いた人気の高い作品でもあります。UVERworldのYoutube公式チャンネルで公開されたMVは1200万回、ライブ映像は500万回近くの再生回数を記録しています。

 『THE OVER』は序盤はゆったりとしたテンポの楽曲ですが、サビに向かうに従い、UVERworldらしい疾走感のある力強いロック色が強くなっていきます。また、Cメロもしっとりとした場面から少しずつ、ボーカル・演奏が激しさを増していきます。そうした意味でメリハリのある楽曲だと思います。また、ラストのサビの後に、別のメロディーが付加されており、楽曲がドラマティックにフィナーレを迎えていきます。

 『THE OVER』の音域的な特徴についてです。上図を見るように音域が極めて広いです。ただ、lowGの部分はmid1Cに置き換えても違和感は少ないです。ちなみに、カラオケチェーンの採点ではlowGの部分がmid1Cで判定されているようです。音域が広すぎると感じられた方は、mid1Cに置き換えてもよいと思います。ただ、それを考慮しても、かなり難易度が高いです。

 

 さて、『THE OVER』の音域についてですが、【地声最低音】lowG(G2)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音はlowGで、Aメロで登場します。ここはカラオケチェーンの採点ではmid1Cで判定されていました。ただ、私自身が楽曲を視聴したところ、lowGの方が近いと感じました。よって、lowGと判定しているのですが、mid1Cに置き換えても違和感は少ないと思います。低音が辛い方はmid1Cに置き換えてもよいです。

 一方、地声最高音hiCはサビなどで登場します。また、上述のようにmid2G~hiA#といった高めの音域が楽曲全体を通して乱舞します。キーの高さと体力が必要とされる楽曲です。
 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱するのがオーソドックスな方法なのではないかと思います。例えば、キーを4つ程度下げてmid2G#あたりに設定すると、かなり歌いやすくなると思います。この場合、最低音lowGの部分はmid1C(キーを変えた後はlowG#)で歌唱することになると思います。このあたりの音階であれば、例えば、Mr.Children、back numberなどを歌唱できる人はチャレンジしやすいのではないかと思います。ただ、ミスチルやバックナンバーも歌いやすいミュージシャンではないですので、キーを下げても難易度は高いです。

 『THE OVER』は先にも述べましたように、音域が広いため、キーの調整にはあまり向きません。歌い慣れていない人にはあまり向かないといえます。この曲にチャレンジしたいときは、別の曲で歌い慣れる必要があると思います。

 『THE OVER』はこのように、難易度が高い楽曲ですが、曲の展開がドラマチックです。歌いこなせると非常に盛り上がるのではないかと私は考えております。カラオケが得意な方などはチャレンジしてみてください。






『Rain』(秦基博)の音域/アニメ映画『言の葉の庭』(新海誠)主題歌

 こんにちは。今回は秦基博さんの『Rain』(2013)を取り上げたいと思います。この楽曲はシンガーソングライター大江千里さんのカバーになります。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『Rain』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、動画の添付は致しません。ご了承ください。


『Rain』(秦基博)、Rain(Motohiro Hata)


【地声最低音】mid1C#(C#3)  ※

★人前でm2D[は]やさしく生きていm1C#[た](Aメロ)
m1C#[しわ]m1D[よ] せで こm2D[ん]なふうに雑に
★雨の夜m1C#[に]m1D[き]みを抱きしめてた
★激しさを m1C#[か]m1D[く]m2C#[せな]m2D[い]ぼくのほうさ

★Lady きみは雨m1C#[に]m1D#[け]むる (Bメロ)

【地声最高音】mid2E(E4)  ※サビで連発

★言葉にできm2E[ず]凍えたままで (Aメロ)
m2E[どしゃぶりでもか]まわないと(サビ)
m2E[しぶきあげるき]みが消えてく m2D[oh] oh




【補足】mid2D,mid2D#の注意箇所とフェイク

★すいた駅を少m2D#[し]走った
★行m2D[か]ないで 行m2D[か]ないで そう言うよ m2D[oh] oh
hiB[Fu] hiA[Fu] m2F#[Fu] m2E[Fu](サビ)

☆の部分は歌詞表記の無い部分ですが、重要と考え記載しました。

『Rain』(秦基博)









 まず、『Rain』についてです。この楽曲は、2013年にシンガーソングライターの秦基博さんによりリリースされたシングル作品です。『言ノ葉』との両A面シングルです。『Rain』は新海誠監督の長編アニメ映画『言の葉の庭』の主題歌に起用されました。また、『言ノ葉』もイメージソングとして起用されております。

 『Rain』は、1988年にシンガーソングライターの大江千里さんによりリリースされた楽曲のカバーであります。大江さんにより作詞作曲がなされ、大村雅朗さんによりアレンジされました。秦基博さんのバージョンも落ち着いてオシャレですが、原曲の大江千里さんのバージョンはシティポップ色が非常に強いです。興味を持った方は聴き比べてみても良いと思います。
 
 秦基博さんの『Rain』はイントロのピアノなどを含め、しとしとした雨のようなサウンドアレンジになっております。歌メロディーはAメロでカノン進行が用いられるなど切なさと爽やかさを感じます。一方で、Bメロなど曲の中で転調が行われており、歌詞の内容も含めて場面転換がされます。『Rain』は歌メロは比較的狭い音域で作られておりますが、歌詞や転調等の工夫により色彩豊かに楽曲が進行していきます。

 『Rain』の音域的な特徴についてです。先にも述べましたように、音域自体はそこまで広くありません。また、キー自体も高くないので、声が高くない男性には個人的にお奨めしたいと考える楽曲です。やや落ち着いたメロディーの楽曲ですので、カラオケで盛り上がる類の作品では無いですが、個人的には非常に好きです。

___________

 さて、『Rain』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】mid2E(E4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内であると言えます。以下、見てきます。

 まず、地声最高音mid2EはAメロの冒頭から登場します。また、サビでは【m2E[どしゃぶりでもか]まわないと】のように連発されます。比較的高い音が連続的に登場すると、やはり難易度が少し上がります。ただ、mid2Eあたりの音階は比較的克服しやすいです。

 地声最低音mid1C#は上述のようにAメロ、Bメロで頻出です。

 『Rain』は音域自体は比較的狭めであります。よって、キーの調整等も行いやすいです。原曲キーは一般的な男性には歌いやすい範囲でありますが、声が出にくい人はキーを上下させてよいと思います。

 『Rain』は一般的な男性には歌いやすい音域です。練習曲としても使いやすいですので、普歌い慣れていない人にもお勧めしたい作品です。