J-POPの音域を調べる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『異邦人』(TAK MATSUMOTO featuring ZARD)の音域

 こんにちは。今回はTAK MATSUMOTO featuring ZARDの『異邦人』(2003)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。

 同曲は、1979年にシンガーソングライター久保田早紀(現:久米小百合)さんにより歌唱された原曲のカバーになります。キーについては原曲と同じになります。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、tabatie1119さんのギターカバー動画を添付いたします。ご了承ください。



『異邦人』(TAK MATSUMOTO featuring ZARD)、Ihoujin


『異邦人』(TAK MATSUMOTO featuring ZARD)










【地声最低音】mid2A#(A#3)  

★そm2G[ら]と大地m2A#[が] [ふ]hiA[れ][う]彼方(Bメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  ※楽曲全体で多く登場します

★鳥や雲やゆhiC[め]hiA#[まで]m2G#[も](Aメロ) 
★なm2G[に]も知ら[な]G#[い]hiA#[わた]hiC[し]
hiC[あ]hiA#[な]m2G#[た]A#[に こ]hiC[の]G#[ゆ]m2G[び]G#[が]
hiA[過]m2G#[去][か]hiC[ら]hiA#[の]たびびC[と]A#[を](Bメロ) 


【裏声最高音】hiC(C5) ※Aメロ

m2G#[つ]m2G[か][う][ぅ][と] G#[し]hiA#[て][い]hiC裏[る]


【補足】mid2GhiA#の注意箇所

★こm2G[ど]m2G#[も][た]ちが空に向い (Aメロ)
★両m2G[手]m2G#[を]hiA#[ひ]ろげ
m2G#[と]hiA#[ど]m2G[く][し]G#[ん]A#[じ]G[て]いた

hiA[呼]m2G[ん]でる道(Bメロ)


 まず、TAK MATSUMOTO featuring ZARDについて少し説明します。TAK MATSUMOTOは2人組音楽ユニットB'zでギタリストとして活躍する松本孝弘さんのことです。一方、ZARD(ザード)は坂井泉水さんを中心に結成された音楽ユニットです(ZARDについての詳しい説明は、また別の機会に行います)。『異邦人』をカバーするにあたって、B'zの松本孝弘さんとZARDがコラボレーションすることになりました。

_____

 さて、『異邦人』についてです。この楽曲は、1979年に女性シンガーソングライターの久保田早紀(現:久米小百合)さんによりリリースされたシングル作品です。原曲のタイトルは、『異邦人 -シルクロードのテーマ-』となっています。久保田早紀さんの代表的な作品であり、今もなお多くの人にカバーされるなどしております。まさに、時代を超えた名曲の1つなのではないかと思います。

 『異邦人』は2003年にB'zのギタリスト松本孝弘さんと、音楽ユニットZARDのコラボでカバーされました。原曲ではストリングスなどが担当していた印象的なイントロは、松本孝弘さんのギターにより再現されております。TAK MATSUMOTO名義の作品ということもあり、ロック色が非常に強くなっております。ボーカルは坂井泉水さんのエバーグリーンな歌声が印象的です。

 『異邦人』の歌メロについてです。同曲は、歌メロがAメロとBメロ(もしくはサビ)で構成されており、シンプルです。最近の作品では、こういう作品は非常に少なくなりましたが、90年代前半くらいまでのヒット曲には時折見られたイメージです。よって、曲を覚えるのも比較的容易です。
 音域についてはそこまで広くなく、キーの調整なども行いやすいです。練習曲としてもかなり使いやすいのではないかと思います。先にも述べましたように、構成もメロディーテンポも難しくないので、曲も覚えやすいです。



 さて、『異邦人』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3) ~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC楽曲全体を通して登場します。この辺りは一般的な女性の音域の範囲内といえます。ただ、高音域が苦手な女性などもおられると思います。場合によっては、キーを少し下げてもよいです。また、歌い慣れていない女性などもキーを少し下げても良いかもしれません。比較的努力が報われやすい作品なのではないかと思います。

 『異邦人』は音域自体は、そこまで広くなく、キーの調整も行いやすいです。歌い慣れていない女性が歌いやすいキーを見つけることも可能だと思います。非常に融通が利きやすい楽曲です。hiCなどが多く登場するため、高音が苦手な方はキーを下げてもよいと思います。個人的には、練習曲として非常に向いている作品の一つではないかと考えております。




 『異邦人』は多くのミュージシャンによりカバーされております。例えば、男性ではロックバンドJanne Da Arcとしても活躍していたAcid Black Cherryがカバーしております。ABCのyasuさんは原曲キーから3つ下げたキーで歌唱されており、音域はmid1G~hiAになります。この音域だと、一般的な男性には少し高いですので、少しキーを下げた方がよいと思います。

『lovin'』(Mrs. GREEN APPLE)の音域  / 『めざましどようび』テーマソング

 こんにちは。今回はMrs. GREEN APPLEの『lovin'』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『lovin'』(Mrs. GREEN APPLE)

『lovin'』(Mrs. GREEN APPLE)











【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★彩る Morning m1D#[カ]タチ様々ね


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※転調サビ(+2)で1回

hiC#地[めくるめ]hiB[く]hiA[時]B[代のな]

※ここを除くと、hiBが最高音になります


【裏声最高音】hiE(E5) ※転調サビで登場

hiE[ど]hiC#[う]hiB[か] hiC#裏[づ]B[く]hiA[と]B[い]いな

ここ以外では、hiDが最高音になります


【補足】mid2GhiD辺りの注意箇所

★煌めm2F#[く] hiB[Cur-]tain(Aメロ)
★お出かm2F#[け]をしたり
★好きなm2G#[よう]に過[ごし]hiA[心満た]hiB[し]A[て]

★人m2G[だ]hiA[か]hiB[ら]A[そ]りゃ(Cメロ)
★ダメにもG[な]るんだ タメになm2G[る]hiA[ね]
hiA[か]hiD裏[ん]hiC#[た]hiB[ん]A[なん]かじゃm2G[ない]けど
★今日はせっかくの hiA[ho-]liday さ
☆むhiB[ずかしいことは置いと]hiA[い]m2G#[て]

m2G#[そんなな]かで lo-[-vin’]hiC#裏 hiB[you] (転調サビ[+2])
m2G#[た]hiA[ねを植え]G#[て]みる
★あなたに降m2G[り]m2G#[そ]hiA[そ]hiA#[ぐ]hiB[あ]いの
m2G[す]hiB[て]A[ぇ]m2G#[ぇ]

※☆ここで転調します




 まず、『lovin'』(ラヴィン)について説明します。この楽曲は、2019年にロックバンドMrs. GREEN APPLEによりリリースされたアルバム『Attitude』に収録されています。アルバムの発売に先立ち、先行配信されました。
 『lovin'』はフジテレビ系の情報番組『めざましどようび』のテーマソングとして書き下ろされました。歌詞も休日をテーマにしたようなフレーズが登場します。同曲は、Mrs. GREEN APPLEのYouTube公式チャンネルでもMVが公開され、2020年5月現在、500万回を超えております。シングル曲のような派手さは無いですが、人気の高い楽曲だと思います。

 『lovin'』は軽快なテンポのポップナンバーです。いわゆるシャッフルのリズムが使われていると思います。この楽曲は、編曲がMrs. GREEN APPLE名義になっているという点で非常に特徴的です。これまで、ミセスの作品はフロントマンである大森元貴さん名義でアレンジが行われていました。Mrs. GREEN APPLEがバンドとしてチャレンジしていく姿がうかがえます。

 


 さて、『lovin'』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#についてです。この楽曲は、ラストのサビ付近で転調が行われ、キーが2つ上がります。つまり、通常サビではhiBが最高音になります。この辺りは、一般的な男性の音域よりも高いです。多くの男性にとって、キーを下げた方が歌いやすいのではないかと思います。

 『lovin'』は広めの音域で歌メロが作られています。低音部分には余裕があり、キーを下げることも可能です。ある程度歌い慣れた人であれば、キーを下げればある程度歌いやすい部分が見つかるのではないかと思います(楽に歌えるというわけではない)。ただ、歌い慣れていない人などは、難しい部分も出てきうると思います。軽快で可愛らしいナンバーですが、そこまで易しい楽曲ではありません。キーを調整した上で、難しい部分があると感じられた方は別の曲と並行して練習すると良いのではないかと私は考えております。
 

『Revival』(スキマスイッチ)の音域 / ドラマ『おっさんずラブ』主題歌

 こんにちは。今回はスキマスイッチの『Revival』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Revival』(スキマスイッチ)、Revival(Sukima Switch)

『Revival』(スキマスイッチ)










【地声最低音】lowG#(G#2)  ※Aメロで登場

★九月の終わりの晴れm1B[間は] lowG#[な]m1B[つ]がまだ残っB[てい]


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※サビを中心に登場

m2D#[揺]m2E[れ]る揺れる 心とm2G#[こ]D#[こ]m2F#[ろ]が(サビ)
★手が届かないとm2G#[こに]m2F#[か]m2E[く]m2D#[す]ようにして 

★歩き出せたなm2G#[らま]m2F#[た]m2E[記]憶のな[か]で(ラストサビ)


【補足】mid2D#mid2F#の注意箇所

★にゅうm2D#{ど]うぐも指さした(Bメロ)
m2D#[き]m2E[み][に]m2F#[会い]D#[た]いなぁ

★受け入れm2F#[たつ]m2E[もり]F#[で]m2D#[い]たのD#[に](サビ)
★はm2F#[ぐ]m2E[ら]かしてm2D#[た]


 まず、『Revival』(リバイバル)についてです。この楽曲は、2人組音楽ユニット・スキマスイッチによりリリースされたアルバム『新空間アルゴリズム』に収録されています。
 『Revival』は元々アルバムの楽曲として制作された作品ですが、後にテレビドラマ『おっさんずラブ』の主題歌として起用されました。ドラマをきっかけに、この楽曲を知った人も多いと思います。

 『Revival』はミディアムテンポのバンドナンバーです。AメロBメロサビといった馴染みやすい形で歌メロが作られております。歌詞については、「終わった恋愛への未練」が描かれております。スキマスイッチらしい切なく爽やかなナンバーです。

 『Revival』は爽やかなナンバーですが、音域自体はかなり広めであります。よって、一般的にはキーの下げるなどの調整は行いにくいです。最高音はmid2G#とそこまで高くはありませんが、普段歌い慣れていない人には辛い場面が多く登場するのではないかと思います。難易度自体はそこまで高いわけではないですが、初心者に練習曲としてお奨めできる楽曲はありません。



 さて、『Revival』の音域についてですが、【地声最低音】lowG#(G#2)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な男性の音域か、やや高いといったところです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowG#についてです。この辺りは一般的な男性の声域より少し低めでありますが、歌い慣れた人であれば、届きうるのではないかと思います。少しずつ練習を重ねてください。

 地声最高音mid2G#についてです。このmid2G#辺りから、一般的な男性にとって難しくなるキーになります。場合によっては、キーを下げてもよいと思います。

 『Revival』は音域自体が広めであり、キー調整の融通は利きにくいです。ある程度歌い慣れた人が微調整として上下させることは可能だと思います。ただ、歌い慣れていない人が、歌いやすいキーに合わせるのは意外と難しいと私は考えております。「原曲キーだと高音がしんどく、キーを下げると逆に低音部分が辛くなる」類の曲だと思います。一方、歌い慣れた一般的な男性にとっては、楽しめる作品なのではないかと思います。 
 普段歌い慣れていない人の場合、別の難易度の低い曲と並行して練習するなどした方がよいのではないかと私は考えております。スキマスイッチの作品群には、比較的音域が狭く、最高音も高くない楽曲もあります。そうした楽曲を選択肢に入れてもよいのではないかと思います。

管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索