J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『character』(Co Shu Nie)の音域

 こんにちは。今回はCo Shu Nieの『character』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。Co Shu Nieの作品を取り上げるのは、『asphyxia』(過去記事)以来、2度目となります。


『character』(Co Shu Nie)

『character』(Co Shu Nie)









【地声最低音】mid1F(F3)  ※曲全体で2回

★ねえ どうしm1F[て](Aメロ)


【地声最高音】hiD(D5)  ※曲全体で1回

hiD地-hiC-hiF[com][pul][sive] hiE-hiC[de][sire] hiD[to] cry(2番Aメロ)


【裏声最高音】hihiA#(A#5) ※曲全体で4回

hihiA#[ぼ]hiD#[く]hiG#[を]hiF[す]hiC#地[く]えるC#[の]は(ラストサビ)

※転調前のサビではhihiAが最高音になります。


【補足】hiChihiAの注意点

★ぼhiE裏[く]hiC#[ら]の 【イントロ】
hihiA[か]hiG#[け]hiF#[ら]hiE[を] C#[踏]G#[む]F#[な]

★張り付けたhiC地[仮面] hiC[に]せものだって言える?【Aメロ】
★抜け出したい このhiC[ふ]ざけたルー[プ]から

hiC[こ] おった海打C[ち]砕け idola【2番Aメロ】
hiD[も]hiC[う]hiF[な]hiE[み]C[だも]D[出]ない

hiF#[空っ]ぽだ とF#[らわ]hiG#[れ]F[て]F#[いる]【ラストの転調サビ】

※☆の部分はhiE辺りが地声裏声判定に迷ったところです。


 まず、『character』(キャラクター)についてです。この楽曲は、2018年にロックバンドCo Shu Nie(コシュニエ)によりリリースされたEP作品『Aurora』に初収録されました。翌年にリリースされたフルアルバム『PURE』にも収録されております。同アルバムには『東京喰種トーキョーグール:re』のOP曲となった『asphyxia』(過去記事)、『約束のネバーランド』のED曲となった『絶体絶命』『Lamp』など、アニメの主題歌となった作品も多く収録されております。

 『character』はアップテンポのマスロックナンバーです。テクニカルな演奏が印象的で、演奏時間も3分弱と非常に濃密です。ラストのサビでは転調が行われ、キーが1つ(#1)上がります。

 歌メロについては、イントロやサビでhihiAといった非常に高い音階が登場します。3分弱の短いナンバーでありながら、hihiA以上の音階が計7回登場します。地声最高音はhiD辺りで、でたらめには高くないですが、高音域の裏声が求められる作品になっております。



 さて、『character』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hihiA#(A#5)で歌メロディーが構成されております。地声音域については、一般的な女性の音域よりも少し高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDは、2番Aメロで2回程度登場します。地声裏声の判別が難しく、私自身非常に迷った点もあるのですが、地声部分についてはでたらめには高くないです。ただ、裏声音域なども含めて考えると、一般的にはキーを下げた方が歌唱しやすいのではないかと思います。

 『character』は上述のように、裏声音域が非常に広い作品であり、器用な裏声の発声が求められます。声の高い女性でもhihiAなどを有効に歌いこなすにはある程度訓練が必要になると思います。ただ、裏声は地声より広がりやすいですので、少しずつ練習を重ねてください。曲のテンポを落として練習するのも良いと思います。

 『character』は音域自体が広く、低音部分も低めです。よって、キー調整の余地は少ないです。フルコーラスで歌唱する場合は、少しのキー調整程度になるのと思います。その点で、フルコーラスで歌唱する場合は、歌い慣れた人向けの作品であります。
 この楽曲は裏声が広い作品でもありますので、「低音部分はあまり気にせずに、キーを調整しながら高音域のみの練習をする」といった使い方をしても良いと思います。



『鳥の詩』(Lia)の音域

こんにちは。今回はLiaの『鳥の詩』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。リクエストの際に、地声と裏声の部分について解説してほしいと要望が出ましたので、その点について可能な限り触れたいと思います。ライブやリミックスバージョンなどの歌唱などについても触れます


『鳥の詩』(Lia),Tori no Uta
『鳥の詩』(Lia)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★消えるhiA[飛]行機雲 僕A[た]ちは見送っm1F#[た](サビ)


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビとラストサビ

★いつhiA[だ]A[て]hiD裏[よ]hiC#[わ]hiB[く]て(サビ)
★あのhiA[日]hiB{か]hiC#[ら]変わらず いつまでも変わらずm1F#[に]
★悔しくてhiD裏[ゆ]hiC#地[び]hiB[を  は]C#[な]B[す]
☆悔しくてhiD裏[ゆ]hiC#地[び]hiB[を  は]C#[な]D[す](ラスサビ)


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビとラストサビ

★いつhiA[だ]A[て]hiD裏[よ]hiC#[わ]hiB[く]て(サビ)
★悔しくてhiD裏[ゆ]hiC#地[び]hiB[を  は]C#[な]B[す]
☆悔しくてhiD裏[ゆ]hiC#地[び]hiB[を  は]C#[な]D[す](ラスサビ)


【補足】hiAhiBの注意点

★あの鳥はまだうhiA#[ま]hiB[く]A#[飛]べないけど(Aメロ)
★願いだけ秘めて見つhiB[め]hiA#[て]


 
 『鳥の詩』は、2000年に発売された恋愛アドベンチャーゲーム『AIR』(エアー)の主題歌であります。『AIR ORIGINAL SOUNDTRACK』などのアルバムに収録されており、歌唱はLiaさんによりなされています。
 『AIR』は2005年にアニメ化もなされ、京都アニメーションが制作を担当しました。アニメ版でも『鳥の詩』が主題歌となっております。歴代アニソンランキングなどでもトップにランクインすることが多いナンバーです。

 さて、『鳥の詩』はミディアムテンポの切ないポップなナンバーです。アレンジ歌メロ・歌詞等、全体として非常に美しいナンバーです。反面、歌メロはAメロBメロサビとそれぞれで転調しており、歌い慣れていない人などは音程が取り辛いかもしれません。しっかり覚えておきたいところです。


 ※リクエストの受けた際、『鳥の詩』の裏声と地声の境目が分かりにくいとコメントがありました。今回、同曲を分析してみたのですが、hiC#が主に地声で発声されており、hiDの部分は裏声で発声しているように私自身は判断しました。ただ、この辺りはコーラスが強調されているので、本当に微妙です。
 裏声か地声かを区別する際は、私自身は、hiD以外の周りの音(hiA~hiC#)などと比較して、hiDの部分の発声が変化しているか否かで判別しています。今回は、hiDの部分は若干変化しており、声の芯が少し弱められていると判断し、裏声としました。私自身が男性ということもあるかもしれませんが、女性の場合は地声と裏声の区別が難しいです。
 
 『鳥の詩』については、『鳥の詩 2004 summer version 〜Relaxin' with lovers mix〜』というバージョンがあります。アレンジなどがかなり異なるのですが、こちらは主旋律が強調されており、Liaさんの声がくっきりしております。こちらだと、hiDの部分は地声で歌唱されております。
 
 ちなみに、ライブの動画なども複数分析したのですが、ライブ動画では基本的にhiD部分は地声で歌唱しております。比較的最近のライブ(2010年代半ば頃)では、上述の【地声最高音】の★の部分は裏声で発声していますが、ラストサビの☆の部分【(hiB[は]C#[な]hiD[す~~~]】のhiDは、私が確認したライブ映像では全て地声でした。

 カラオケなどで歌唱する際は、おそらくソロでの歌唱になりますので、もしhiDが地声で柔らかく発声できるのであれば、地声で歌唱した方が良いのではないかと思います(ライブ動画などが参考になります)。一方で、自分のボーカル意外に周りにコーラスがあるのであらば、裏声でも良いと思います。また、hiDを地声で発声するのが難しい場合は、裏声でも問題ないです。





 さて、『鳥の詩』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロが構成されております。おおよそ、一般的な女性の音域の範囲内です(hiDを地声で歌唱する場合は少し高いです)。以下、見ていきます。

 地声最高音hiC#(もしくはhiD)については、サビで登場します。この辺りは一般的な女性の音域の範囲内ですが、声が出しにくい場合は、少しキーを下げても良いと思います。低音部分などを考慮すると、原曲キーから1~2つ程度の下げで調整した方がよいです。

 『鳥の詩』は音域がやや広めであり、サビはアップダウンが激しいです。キーを下げる余地がないわけではないですが、大きなキー調整には向きにくいです。その点で、歌い慣れていない人にとってはハードルになる部分があります。キー調整しても難しい場合は、別の曲と並行して練習してください。

 私なりの解釈なのですが、この『鳥の詩』は音域的には比較的手を付けやすい作品なのではないかと判断しました。メロなども美しいですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。アニメなどが好きな方は特にお奨めしたい楽曲です。




『キンモクセイ』(オレンジスパイニクラブ)の音域

 こんにちは。今回はオレンジスパイニクラブの『キンモクセイ』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『キンモクセイ』(オレンジスパイニクラブ)、Kinmokusei(Orange Spiny Crab)

『キンモクセイ』(オレンジスパイニクラブ)










【地声最低音】mid1D(D3)  

★ 無邪気がm1D[過ぎ]た僕をD[叱っ]て(イントロ)
★襟をつm1D[まん]で ゆらしてる(Aメロ)
★香りまで妄想しm1D[ちゃう]なんてバカね(サビ)


【地声最高音】hiA(A4)  ※曲全体で2回

m2F[あんた]F[右手]m2G[だ] hiA[オール] G[ライト](2番Bメロ)
m2F[グッ][き][心臓弾]m2G[け]hiA[飛ん]G[だ](ラストサビ前半)

※☆の【オールライト】の部分は歌詞表記はありません


【補足】mid2Fmid2G辺りの注意点

★やっぱビビッときm2E[てる]m2F[よ] (サビ)
m2F[気][ち][とっく][のせ]m2G[て][た]
★最m2F[高あん]た最F[高]  

★ゴミで溢れた部屋m2F[で]m2G[もっ][た](2番Bメロ)
m2F[握っ][たい]のは[スマホ]じゃF[ない] 


 まず、オレンジスパイニクラブについて少し説明します。オレンジスパイニクラブは2012年より活動する4人組ロックバンドです。現在のバンド名になったのは2019年頃で、2020年現在、メンバーの年齢は全員23歳である若いバンドです。ジャンルとしては、インディーロック、ポップロックなどになると思います。
 オレンジスパイニクラブの知名度が大きく上昇させたのは、2019年初頭にリリースされた『キンモクセイ』です。同曲が、ショートビデオアプリTik Tokなどで注目され、チャートなどで上位にランクインするようになりました。
 
___
 
 さて、『キンモクセイ』についてです。この楽曲は、2020年にリリースされたミニアルバム『イラつくときはいつだって』に収録されています。MVなどは2018年には公開されておりました。先にも述べ撒いたように、Tik Tokで注目を集めたことをきっかけにチャート成績が大きく上昇し、オレンジスパイニクラブの代表的な楽曲として知られるようになりました。公開されているMVは1000万回を超えております。

 『キンモクセイ』は爽やかなバンドナンバーです。歌メロについてはAメロBメロサビといった形で作られております。反面、ボーカルのスズキユウスケさんの声はややハスキーがかっており、そうしたギャップも一つの魅力なのではないかと思います。

 音域については、高音域はmid2F,mid2G辺りが多く登場します(最高音はhiAです)。、また、サビでは最低音のmid1Dも登場するため、意外とアップダウンが大きいです。難曲という類の作品ではないと思いますが、歌い慣れていない人にはややハードルになる部分があるかもしれません。
 



 さて、『キンモクセイ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも少し高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAについては、2番のAメロとラストのサビで登場します。曲全体で2回なので、登場回数としては多くないです。この辺りは一般的な男性の音域よりも少し高いですが、楽曲のニュアンスなどを考えると少し擦れたりしても良いのではないかと思います。
 同曲は、サビではmid2F,mid2G辺りが主体になっております。このmid2G辺りの音階が安定してくると、形になりやすいと思います。高音域が得意でない人などは、少しキーを下げても良いです。原曲キーから1~2つ程度を目安にしてみてください。歌い慣れた人であれば、キーを調整すれば比較的手を付けすいと思います。

 『キンモクセイ』の最低音部分はmid1Dですが、図で示す程余裕は無いように感じます。また、Aメロなどでは少しリズムが取りにくい部分もあります。よって、歌い慣れていない人の場合、キー調整しても意外と難しい部分も出てくる可能性があります。難しい楽曲というわけではないですが、手軽に歌える曲というわけでもありません。練習曲として適した曲は他にもあります。もし「キーを調整しても難しい」と感じた場合は、別の曲と並行して練習しても良いと思います。

 『キンモクセイ』はカラオケなどでも歌いやすいナンバーだと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。




管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー