J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

午後の紅茶CMソング[2017]『楓』(上白石萌歌)の音域と所感【加筆】

(2019/02/07)初投稿
(2019/11/03)mid2G#hiB辺りを含め詳細に記載しました。解説も加筆しております。

『楓』(上白石萌歌)【原曲】スピッツ
kaede (Moka Kamishiraishi) [original] Spitz

※CMでのカバーのため、2019/02/07現在発売や配信はありません

楓(上白石萌歌)









【地声最低音】
mid2G#(G3)


[い]たずらなやりとりや(Aメロ)
心のトゲさえも 君が笑えばもm1G#[う]
m1G#[か]m2G#[る]がわるのぞいた穴から(Bメロ)


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※曲全体を通して計8回

hiB[抱]hiA#[い][て]hiC#[あ][る]A#[いて]B[いく]

【補足】mid2G#~hiB辺りの注意箇所

★さm2G#[よ]hiA#[な]hiB[ら] [き]A#[み]G#[の]声を(サビ)
hiA[まば]m2G#[たき]するほど長い季節が来て(Cメロ)

※原曲のスピッツ【 mid1F~ hiA#】よりもキーが3つ上(#3)です。




 こんにちは。今回は2017年の午後の紅茶のCMソングである女優・上白石萌歌さんの『楓』について取り上げます。よろしくお願いします。上白石萌歌さんは、前々回『366日』のカバーでも取り上げました。
 『楓』は、言わずと知れた国民的バンドのスピッツの楽曲であり、1998年のアルバム『フェイクファー』に初収録されました。彼らの代表的な楽曲の一つであると言っていいと思います。
 一方、上白石萌歌さんが歌うバージョンはCM曲であり、今現在リリースの予定はありません。2017年の年末にCMとして放送され大きな話題を呼びました。結果、オリジナルであるスピッツのバージョンが配信チャートで上位にランクインするなど、セールスにも反響がありました。
 CMの中では、田舎の若い男女の別れが描かれています。都会に出た男子(井之脇海)と田舎に残された女子(上白石萌歌)が互いに相手のことを想い続けるシーン。その背景に、上白石萌歌さんの歌う『楓』が流れます。こうした場面は10代のみならず、幅広い世代の共感を呼んだのではないでしょうか。
 ちなみに、私は「上京で田舎の男女が別れる」という場面と聞くと、太田裕実さんの『木綿のハンカチーフ』(1975)を思い出します。この曲のリリース当時、私は生まれてはいないのですが、こちらも広い世代に知られる名曲中の名曲です。『木綿のハンカチーフ』では最終的に、男女は完全に別れてしまうのですが、「午後の紅茶」では男性が故郷の阿蘇に帰ってきます。その辺の対比も面白いかもしれません。



youtubeではフル尺ではなく、ごく一部ですが、上白石萌歌さんが歌う場面が公開されています。

 
原曲のスピッツの『楓』。人気曲ではありましたが、CMにより更に知られるようになりました。





 さて、上白石萌歌バージョンの『楓』の音域についてですが、地声最低音 mid2G#(G3)~地声最高音hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性のキーの範囲内に収まる感じです。また上白石バージョンは原曲のスピッツのバージョンよりも3つ高いキー(#3)で歌われています。以下、見ていきます。

上記した通り、地声最高音はhiC#ですが、サビが全体を通して高いです。
具体的には


m2G#[よ]hiA#[な]hiB[ら] [き]A#[み]G#[の]声を hiB[抱]hiA#[い][て]hiC#[あ][る]A#[いて]B[いく]

の場面です。
前回の『なんでもないや』でも言及しましたが、周囲を含め全体的に高い音域が続くと、最高音が高くなくても歌うのは非常に難しくなります。これと同じフレーズが全体を通して計8回半も登場します。
  歌うのが得意な人はそのままチャレンジしてみて良いと思います。スピッツの楽曲はメロディーが美しく、この『楓』も例外ではありません。高音域が得意な人は非常に気持ちよく歌えると思います。

 一方で、高音を歌うのが苦手な人はキーを下げて歌唱するのがよいと思います。場合によっては、原曲のスピッツバージョンの音域の方が歌いやすい人もいるかもしれません。
 
 スピッツの楽曲の一つの特徴とも言えるのですが、『楓』は音域自体は広くありません。よって、普段歌い慣れていない人がキーを下げて練習したりすることも可能です。ただ、『楓』はテンポがゆったりしたバラードですので、そうした点で歌いにくく感じるかもしれません。歌が苦手な人は別の曲で歌い慣れるか、テンポを上げて練習しても良いと思います。


『Friend Ship』(星野源)の音域

 こんにちは。今回は星野源さんの『Friend Ship』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、この楽曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はショートバージョンになります。ご了承ください。


『Friend Ship』(星野源)、Friend Ship(Gen Hoshino)


【地声最低音】mid1D(D3)  

m1D[いつ]かまた 会える[か]


【地声最高音】mid2G(G4)  ※曲全体で1か所

m2G[い]m2F#[っ]m2E[ぽ][み][出]すさま(2番Aメロ)


【裏声最高音】hiA(A4) ※曲全体で1か所(Cメロ)

★何処まm2F#[で]m2E[も][づ]{く]hiA裏[旅]m2G[の]F#[す]E[み]




【補足】mid2Emid2F#の注意箇所

★景色がm2E{ひ]m2F#[と]つ [水][の]F#[こ]E[に]消えた(Aメロ)
m2E[き]m2F#[み][の]手をに[ぎ][る]E[た]F#[に] (サビ)
m2F#[わ]m2E[か]F#{な]E[い]まま

★何時まm2F#[で]m2E[も] [み][の]E[ぉ]ことで笑う(Cメロ)

『Friend Ship』(星野源)









 まず、『Friend Ship』についてです。この楽曲は、2015年にシンガーソングライターの星野源さんにより発売されたアルバム『YELLOW DANCER』に収録されているナンバーです。アルバムの最後の曲であります。同名の漫画を原作とする映画『森山中教習所』の主題歌として、タイアップが付きました。
  
 『Friend Ship』はミディアムテンポのダンスナンバーです。ピアノのイントロから始まりますが、それにマリンバの演奏が重なります。ピアノは楽曲を通して終始流れ続けますが、個人的には、マリンバの音色の方が印象に残りました。ダンスミュージックではあるものの、楽曲全体を通して落ち着いております。また、楽曲の終盤に電子音楽が持ち込まれており、YMOなどを想起させられました。歌メロディーは切なさを帯びたポップな旋律です。カラオケなどでも歌いやすいかもしれません。





 『Friend Ship』はリクエストにより選曲したものですが、その際に「『Friend Ship』はキーが少し高くないように見えて、少し歌いにくい」とコメントがされていました。そのことついて、私なりに分析してみました。

 上述の【補足】☆部分にあるように、『Friend Ship』のサビではmid2E,mid2F#といった音階が多く登場します。mid2E,mid2F#は一般的な男性の音域の範囲内ですが、その中でも高めの音域であります。一方で、『Friend Ship』のサビのフレーズは☆の箇所でほぼ全部です。つまり、サビ全体を通して、mid2E,mid2F#が連発されます。

 通常の楽曲では、サビであっても高い部分と少し低い部分があり、低い部分などでは少し力を抜けます。①hiB,hiCといった高音域が登場する楽曲であっても、サビの中で低い部分があると、少し力を抜くことが出来るため、どうにかなることがあります

 一方で、②あまりキーが高くなくない楽曲でも、サビの中で休める場所が少ないと、難易度が高くなりやすくなります。以前に申し上げましたかもしれませんが、私はスピッツの『楓』あたりはそうした例としてすぐに想起させられます。『楓』はhiA#が地声最高音の曲ですが、サビではmid2G#のロングトーンなどが連発され、hiA#が地声最高音の楽曲としては非常に難易度が高いです。

【さm2F[よ]m2G[な]m2G#[ら~~~] G#[き]G[み]F[の]声をG#[だ~]G[い]G#[て~]hiA#[あ]G#[る]G[いて]G#[ゆく~]


 『Friend Ship』が「キーが高くない割に、歌いにくい理由」は、

①サビ全体を通してmid2E,mid2F#といった中高音域の音が連発される
②力を抜ける場所も少ない
 

ことにあると私は考えました。また、歌メロがゆったり気味な点も難易度を上げていると思います(音をキープするのが大変であり、また音を外すと目立ちやすいです)。逆に「歌メロディーのテンポが速い」等の楽曲だと、少し音が外れてもミスが目立ちにくい印象です。最近は後者のような楽曲が多いです。


※リクエストされた方の質問のおかげで、今回、非常に面白い分析が出来きました。スピッツの『楓』は近いうちにちゃんと取り上げようと思います。上白石萌歌さんがカバーした『楓』も加筆したいと思います。


 さて、最後に『Friend Ship』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】mid2G(G4) 、【裏声最高音】hiA(A4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 多くの部分は先ほど触れましたが、『Friend Ship』はとりわけmid2E,mid2F#辺りの音が非常に重要になります。これらは一般的な男性の音域の範囲内の音階でです。ただ、サビでこれらの音が連発されますので、mid2F#の音を安定的に発声することが出来るかが試されます。見た目以上に難易度は高いと考えてください。

 普段歌い慣れていない人は、サビの部分でつまずく可能性が高いです。キーを少し下げた方が良いと思います。『Friend Ship』は低音部にも余裕がありますので、キーを2つ程度下げて練習してみてください。歌い慣れると、原曲キーで歌いこなせる可能性も高いです。努力が報われやすい楽曲であると思います。ただし、地声が元々低い方はやはり無理せずにキーを下げてください。
 

『レーゾンデートル』(Eve)の音域

 こんにちは。今回はEveさんの『レーゾンデートル』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。


『レーゾンデートル』(Eve),Raison d'être


【地声最低音】lowG(G2)  

★強がりに嫌気がさしていlowG[る]


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビで登場

★ 期m2F[待なん]てもうして[ら]hiA#[れ]hiA[ない]m2G[か][ら] G[ah] F[ah] A#[ah] A[ah]
★生hiA#[ま]hiA[れ 変]m2G[わ][る][ま]で 終わらないゆm2G[めを]


※[ah]の部分は歌詞に表記されていませんが、重要と考え記述しました。


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビで登場

hiC裏[こんな気]hiD裏[持ち]hiA地[さえ]G[も捨て]きれないのなら




【補足】mid2GhiCの注意箇所

m2F[だ]けど 夢に目覚めた君は何をみるの(サビ直前)

hiA地[最低な日]hiC裏[を]m2G[超]m2F[えて](サビ) 
m2G[最善]m2F[の][成]hiA地[る]G[方]F[へ]
★その時をじっとm2G[待]hiA[っ][て]hiC裏[い]A[る]G[ぅ]

★もう僕の心は壊れてしまm2F[う]から(Cメロ)
★その先のきhiA[みを](ラストサビ)

mid2Fについては、表記が煩雑になるため一部省略しています。
『レーゾンデートル』(Eve)









 まず、Eveさんについて少し説明します。Eveさんは2009年に、歌い手として音楽活動を開始いたしました。その後、2015年ごろから自らも作詞作曲活動を行うようになります。2016年にはボカロPとしても活動しています。代表的な楽曲としては『ドラマツルギー』(4500万回)、『ナンセンス文学』(2600万回)、『お気に召すまま』(3500万回)あたりが多くの再生回数を記録しております(2019年11月現在)。Eveさんの音楽についてですが、ロックのテイストが強く、日本のバンドで言えば、RADWIMPS、米津玄師さんなどに近いものを感じます。

 さて、『レーゾンデートル』についてです。この楽曲は2019年にシンガーソングライターのEveさんによりリリースされたシングル作品(配信限定)です。2020年にリリース予定のアルバム『smile』に収録される予定です。CMソングとしてのタイアップが付きました。作詞作曲はEveさん自身が行い、編曲はNuma(沼能友樹)さんによりなされています。NumaさんはEveさんの代表的な楽曲を含め、多くの作品の編曲に携わっております。

 『レーゾンデートル』はイントロのギターが非常に心地よいギターロックです。アレンジを行うNumaさんはギタリストということもあり、やはりギターの音色が非常に耳に残ります。
 音域的には、AメロBメロは低音部分が非常に目立ちます。その後サビに入って高音部分中心のメロディーになっていきます。カラオケなどではこの低音と高温の落差に非常に苦しめられるのではないかと私自身は感じました。
 ちなみに、『レーゾンデートル』とはフランス語で「存在理由」、「生き甲斐」などを意味します。哲学の分野で多く使われる用語です。



 さて、『レーゾンデートル』の音域についてですが、【地声最低音】lowG(G2) ~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されています。 地声については一般的な男性の音域よりも少し高く、音域も広めです。以下、見ていきます。

 まず、低音部分ですが、lowGという音域が登場します。1か所ですのであまり目立たないと思いますが、この辺りは他にmid1Aという音階が連続で登場するのできついと思います。高音域に自信がある方はキーを上げても良いかもしれません。

 一方、地声最高音hiA#はサビを中心に登場します。これも一般的な男性の音域よりも高めです。楽曲のテンポが速いですので、少しかすれたりしても目立たないと思います。ただ、hiAあたりの音階は安定的に歌唱したいところです。当ブログでよく取り上げるミュージシャンとしてはback number、Mr.Children、サカナクション、スピッツあたりが歌える人であれば、この『レーゾンデートル』のhiA#も歌いこなせうるとおもいます。

 裏声のhiD、hiCなどについてですが、地声の高音と一緒に登場し、器用な発声が求められます。ただ、どちらかといえば、やはり地声の発声を優先させてください。地声が上手く発声出来ていれば、全体として締まりやすいと思います。
 
  一般的な男性の場合、キーを1~2程度下げても良いかもしれません。『レーゾンデートル』は音域が広く、キーを上げても下げても大変な楽曲です。ただ、どちらを優先するべきかといえば、迷わずサビの部分です。ただ、キーを下げる余地も多くはないですので、キー下げで歌唱する場合でもmid2G(#)あたりは歌いこなしたいところです(そうした意味で初心者向きではないです)。

 これまで見てきたように、『レーゾンデートル』は音域が広く、高音部分も高めであるため、キー調整がしにくく、普段歌い慣れていない人には特にハードルが高い楽曲です。よって、そうした方は別の曲で歌い慣れたうえで、この『レーゾンデートル』にチャレンジしたほうが良いと思います。
管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索