こんにちは。今回は、あいみょんさんメジャー1枚目のシングル『生きていたんだよな』(2016)を取り上げます。よろしくお願いします。

 あいみょんさんの音域について、当ブログでは、これまでに
『マリーゴールド』『今夜このまま』『愛を伝えたいだとか』『君はロックを聴かない』『満月の夜なら』『夢追いベンガル』『ふたりの世界』『○○ちゃん』、『ナウなヤングにバカウケするのは当たり前だのクラッ歌』『恋をしたから』『プレゼント』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。


『生きていたんだよな』(あいみょん) Ikiteitandayona(Aimyon)

2016/11/30発売


【地声最低音】mid1G#(G#3) ※サビ部分、Cメロ、曲の最後 

★最後のサヨナラは他の誰でもなく分に叫んだんだろう
★鳥になって 雲(くも)をつかんで
ヨナラ ヨナラ



【地声最高音】
hiC#(C#5)  

★生きて生きて生きてい
たんだよな



生きていたんだよな(あいみょん)











 あいみょんさんメジャー1枚目のシングル『生きていたんだよな』(2016)




 さて、今回の『生きていたんだよな』ですが、
女子学生の飛び降り自殺をテーマにした楽曲になります。曲の構成として特徴的な点は、Aメロが語りである点だと思います。その語りの部分では飛び降り自殺とその現場の状況、ネットでのやり取りなどが描かれ、臨場感を高めています。
 あいみょんさんと言えば、インパクトの強い過激な歌詞が一つの特徴です。そうした傾向はインディーズ時代に強く表れていたと認識してるのですが、メジャー一枚目のシングルの『生きていたんだよな』ではインディーズ時代の特徴を踏襲していると言えるでしょう。
 

 個人的に気になった歌詞の部分は2つあります。一つは
「ブラウン管の外側」というフレーズです。「歌詞の中で登場するアイテムや登場人物の言動」には、その時代や場所を反映したり、象徴するものが描かれることがあります。また、そうした登場するアイテムで時代背景や描かれている風景が何となく推測出来たりするのです。
 例えば、尾崎豊さんの『15の夜
』では「盗んだバイクで走り出す」というフレーズがあります。それは当然犯罪なのですが、当時の若者の心をつかみました(当時から共感できなかった人もいると思います)。
 また、宇多田ヒカルさんの『Automatic』では「
七回目のベルで受話器を取った君」というフレーズが登場します。これは『固定電話でのやり取り』なのですが、若い世代では分からないという人も多いと思います。


 

 『ブラウン管』というのはテレビモニターなどに使われていた装置ですが、今はほとんど
液晶テレビなどに置き換わり、ブラウン管テレビを目にすることはほとんど無くなりました。もしかしたら、この楽曲のモデルとなった出来事は、現在23歳のあいみょんさんが10代半ばの頃に起こった事件なのかもしれません。
 
 もう一つ気になった歌詞は「新しい何かが始まる時 消えたくなっちゃうのかな」という点です。例えば、「小学校から中学校に、中学校から高校に、学生から社会人に、独身から既婚にといった節目の場面」を思い起こさせます。こうしたことは人生においてよくあることであり、非常に苦しい思いをされた人もいると思います。そうした点をあいみょんさんは上手く切り取っていると思いました。



 さて、『生きていたんだよな』の音域についてですが、Aメロ語りの部分と地声最低音   mid1G#(G#3)~地声最高音 hiC#(C#5)でメロディーが作られています。地声最高音はhiC#であるものの、あいみょんさんの有名曲と比較すると、かなり歌いやすい部類に入ると思います。
 ただ楽曲自体がかなりシリアスであるため、仲間とのカラオケなど「盛り上がる場面」で歌うのは少し躊躇してしまうかもしれません。お祝いの場面などでは間違いなく歌えないと思います。同じ過激な歌詞でも辺りだとネタにもしやすいのですが…。

 注意点としては、セリフの場面とCメロに速い節回しがありますので、しっかり歌詞を覚えておくことだと思います。
  また、この楽曲はキーの非常に高い男性ならば原曲キーでチャレンジしてもと思います。ただ、やはりTPOを考えると、『マリーゴールド』の方が汎用性が高いと思います。