J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

2019年01月

『アンビリーバーズ』(米津玄師)の音域と所感

アンビリーバーズ(米津玄師)、Unbelievers(Kenshi Yonezu)             
(2019/02/23に記事の追記)※1)
(2019/04/21に記事の追記)mid2F~mid2G、【補足】などより詳細に表記しました。

 ※1)
米津玄師さんの音域について、当ブログではこれまでに、『アイネクライネ』『爱丽丝(アリス)』『打上花火』(DAOKO×米津玄師)『打上花火』(米津玄師ソロver.)『馬と鹿』『海の幽霊』『orion』、『かいじゅうのマーチ』『恋と病熱』『春雷』『Nighthawks』『ナンバーナイン』『灰色と青 ( + 菅田将暉)』『飛燕』、『LOSER 』『ピースサイン』、『砂の惑星』米津玄師作詞作曲『パプリカ』(Foorin)『パプリカ』(米津玄師セルフカバー)『Flamingo』『フローライト』、『メトロノーム』『マトリョシカ』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。


【地声最低音】midC#(C#3)

ヘッドライトに押し出されて 僕らは歩いた[ハ]イウェイの上を


【地声最高音】mid2G#(G#4)

mid2F[い]まは信[じ][ない](サビ)
mid2F#[す][べ]て受け止[め]て 一[緒][に][わ]らおうか
[こう]して[ちゃん]と生きてるから [し][ん][ぱい要][ら][な]いよ(Cメロ)




【裏声最高音】
hiA#(A#4)

今は信[じ]ない hiA#[果][て][の]ない悲し[みを] 


【補足】mid2F,mid2F#,mid2Gなど

mid2F[つ]mid2F#[い][て]も平気で[い]られるんだ(Bメロ)
僕らと行こうぜ ここ[では]ない 遠くの方へ
[れ][で]も[僕]ら そ[ら]を飛ぼうと(サビ)
●あ[さ][を][つ][ない]mid2G[で]いく(サビ)

『アンビリーバーズ』(米津玄師)










 
こんにちは。今回は米津玄師さんのメジャー4枚目のシングル『アンビリーバーズ』(2015)を取り上げます。よろしくお願いします。
 米津玄師さんと言えば、現在では20代を代表するアーティストの筆頭に挙げられるシンガーソングライターですが、この『アンビリーバーズ』の頃は「誰もが知っている」という程、知名度が高かったわけではないと思います。それでも、この楽曲が収録されたアルバム『Bremen』は週間1位を獲得(累計売上枚数13.1万枚)、第57回日本レコード大賞では「優秀アルバム賞」を受賞しています。

 ちなみに、
米国のインディー・ロック・バンドVampire Weekendの楽曲に『Unbelievers』というものがあります。米津さんも自身のTwitterでこのバンドを話題にしたことがありましたので、『アンビリーバーズ』というタイトルもVampire Weekendから影響を受けたものなのかもしれません。
 

 
 さて、『アンビリーバーズ』の音域についてですが、
最低音がmid1C#(C#3)、地声最高音がmid2G#(G#4)、裏声最高音が hiA#(A#4)でメロディーが展開されています。裏声部分を除くと、一般的な男性の音域より少し高いです。

 
mid2Gやmid2Fといった音階は歌い慣れていない人には出しづらいキーでもありますが、努力すれば到達しうるので、少しずつ練習してください。個人差はありますが、一般的な男性ボーカルの目安として、mid2G#辺りから地声で歌うのが難しくなり始めます。『アンビリーバーズ』においては、地声最高音としてmid2G#がちょこちょこ登場しますので、ある程度の難易度はあります。ただ、努力が報わない難曲ではないです。

 歌い慣れていない人や声の低い人は最初はキーを下げるのが無難だと思います。原曲よりも2つほど下げてみる(♭2)と歌える人は多くなると思います。

 米津玄師さんの楽曲の特徴の一つとして、
「テンポの速い節回し」が挙げられます。サビのメロディーラインでも息が吸えるタイミングも少なく、高い音域が得意でカラオケに自信があるという男性でも、思った以上に余裕が無いのではないかと推測しています。

 私はカラオケなどで上手く歌うコツの一つとして、
『歌詞をちゃんと覚えておく』ことが重要であると考えています。例えば、カラオケではディスプレイに歌詞が表示されます。しかし、テンポの速い曲などでは「歌詞を把握することに気を取られ、バックの演奏をちゃんと聞き取れずにテンポがずれてしまう」ということがよくあります。歌詞をしっかり覚えて、演奏をしっかり聞いた上でリズムよく声が出せるように心がけると良いと思います。

『マリーゴールド』(あいみょん)の音域と所感

マリーゴールド(あいみょん),Marigold(Aimyon)    

(2019/01/30に記事の追記)
(2019/02/10に記事の追記)
(2019/03/11に記事の追記)
(2019/03/18に記事の追記)
(2019/04/02に記事の追記)【補足】など音階についてより詳細に記述しました

 
 
※1)あいみょんさんの音域について、当ブログでは、これまでに『マリーゴールド』『今夜はこのまま』『愛を伝えたいだとか』『君はロックを聴かない』『満月の夜なら』『夢追いベンガル』『ふたりの世界』『○○ちゃん』、『ナウなヤングにバカウケするのは当たり前だのクラッ歌』『恋をしたから』『プレゼント』『あした世界が終わるとしても』『泣き出しそうだよ feat あいみょん』(RADWIMPS)『ら、のはなし』『どうせ死ぬなら』『ハルノヒ』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。

                                      


【地声最低音】   mid1F#(F#3)  

 ●風の強さがちょっと []ころゆさぶりて

【地声最高音】     HiB(B4)  

 ●
真面目に見つめた君が恋(こ[いー])しい(1番Aメロ部分) 
 ●
懐かしいと笑えた[あ][の日]hiA[の]恋 
 
2人(ふー[たり])想いが 同じでありますように(Cメロ部分)
 
雲のような優しさでそっと[ぎゅっ]と 抱きしめてはー[な]さな[い]





【補足】
hiA(A4)中心に気になる箇所 

 
●麦わmid2G[ら]の帽子[の]A[き]みが (サビ)
 ●あれは空がまだ青い[な][の]こと
 ●[は][か][お][い]場所にいても (Cメロ)


『マリーゴールド』(あいみょん)











 記念すべき第一回はあいみょんの『マリーゴールド』を取り上げます。(2015年)、『愛を伝えたいだとか』(2017年)、『君はロックを聴かない』(同年)といった楽曲のリリースを経て少しずつ知名度を上げてきたあいみょん。そんな彼女が音楽ファン以外にも知られるようになり、ブレイクを決定づけた楽曲が、この『マリーゴールド』でしょう。2018年末に出場したNHK紅白歌合戦では、この曲が披露され、多くの人の心をつかみました。

 個人的に驚いたことは、『マリーゴールド』はタイアップが付いていないことだと思います。近年のヒット曲は多くの場合、アニメや映画・ドラマなどの主題歌、CMなどのタイアップが付くのですが、この楽曲はそれがありません。その点において、楽曲の完成度の高さを示す一つの側面と言えるかもしれません。
 




 『マリーゴールド』の音域についてですが、地声最低音   mid1F#(F#3) ~地声最高音 HiB(B4)とでメロディーが構成されております。これは一般的な女性の音域の範囲内です。歌い慣れた人や声の高い女性であれば、気軽に楽しめる楽曲だと思います。しかし、最高音域hiB(B4)が1番のAメロに登場するなど、変則的な特徴もあります。
 具体的には

   『真面目に見つめた君が恋(こいー)しい』
 
の部分です。また、サビ以外でもこの音域hiBが出現するため、一般的な女性の音域であったとしても見た目以上に難易度は高いと思います。

 一つ留意しておくべきことは、hiB(B4)①元々声が低い女性、②普段歌い慣れていない人だとミスする可能性はあるということです。歌を歌う機会が少ない人などが、カラオケで急にこの曲を歌おうとしたときに、上手く歌えなかったということは普通にあり得ると思います。
 
 それでも、あいみょんの人気曲の中では、手を付けやすい楽曲であるのも確かです。『今夜はこのまま』『愛を伝えたいだとか』『君はロックを聴かない』といった楽曲のキーがかなり高いことを考えると、『マリーゴールド』が4曲では一番手を出しやすいのではないでしょうか。「あいみょんの人気曲を歌いたい」と思ったら、最有力候補になる一曲だと言えます。ある程度歌い慣れた人であれば、楽しく歌える楽曲です。

 先述の通り、①元々キーの低い人、②カラオケなどで歌い慣れていない人は苦戦することも予想されます。そういった場合は素直にキーを下げるのがベターだと思います。

 原曲よりも低いキーで歌うことに対して抵抗がある人は多いと思います。しかし、原曲キーにこだわってミスを多く重ねるよりも、キーを下げて安定的な発声を行った方が印象は良いですし、長期的に見て歌唱力の向上にもつながっていくと思います。実際、プロの歌手でもキーの調整を行うことはよくあります。『マリーゴールド』の音域ならば、練習を重ねる中で自然に歌えるようになる人も多いです。そうした意味で『マリーゴールド』は努力が結果に繋がりやすい楽曲でもあると思います。


 ちなみに、『マリーゴールド』は男性が歌っても違和感は全くないと思います。あいみょんさんの楽曲は男性目線で描かれた作品が多いですが、『マリーゴールド』もそうした作品です。キーの非常に高い男性であれば、原キーで歌うことも可能ではないでしょうか。カラオケなどで歌に自信がある高音ボイスの男性は、原キーでチャレンジしてみてもいいかもしれません。
 一般的な音域の男性ならば、キーを3つ前後下げる(♭3)と良いと思います。

はじめまして。

(2019/03/18追記)

「気になる楽曲があるのだけど、キーや音域を検索しても出てこない」
「音域データの詳しい情報が少ない」
ということが最近増えたので、スキルアップも兼ねて自分で調べることにしました。

楽器を初めて数か月の初心者で拙い面もございますが
少しずつアップロードしていきたいと思います。
よろしくお願い致します。

傾向として、低音部の判別ミスが目立ちます。気付き次第訂正いたします。ご了承ください。
管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索