J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

2019年03月

『ロビンソン』(スピッツ)の音域と感想

 こんにちは。今回はスピッツの『ロビンソン』(1995)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『ロビンソン』(スピッツ)、Robinson(Spitz) 


【地声最低音】mid1F#(F#3)  
※Aメロ

[河]原の道を自転車で 走る君を追いかけた


【地声最高音】hiB(B4)  ※サビ

mid2G#[ふ][り]hiB[だけ]hiA[の][く][に]  
★君の手[を][は]hiB[な][さ]ぬように


【裏声最高音】hiC#(C#5) 

hiC#[ル]ララ hiC#[う]hiB裏声[ちゅ]うの風に乗る




【補足】mid2F#hiA辺りの注意点

★新しいmid2F#[季]節は なぜかせつない日々で(Aメロ)
★つく[り]hiA[上]mid2G#[げ][た]よ(Bメロ)
★誰も触わ[れ]hiA[な][い] (サビ冒頭)

『ロビンソン』(スピッツ)










 まず、『ロビンソン』についてです。この楽曲はスピッツのシングル曲として、1995年にリリースされました。同年にリリースされたアルバム『ハチミツ』にも収録されています。スピッツはこの『ロビンソン』によってブレイクし、世に広く知られることになりました。

 この楽曲はスピッツのYouTube公式チャンネルでも公開されており、2019年3月現在、再生回数が9100万回を超えております。1990年代の楽曲がこれほどの再生回数を記録するのは極めて異例のことだと思います。

 さて、『ロビンソン』のサウンドについてですが、前奏では、ギターの憂いを帯びたアルペジオが非常に印象的です。このアルペジオはサビ部分でも変則的に演奏され、ロビンソンの象徴的なフレーズにもなっております。
 ギターの三輪テツヤさんは、デビュー当初よりアルペジオを得意とする自分のスタイルに疑問を抱いていたそうですが、このヒットをきっかけに自信を持つことが出来たそうです。『ロビンソン』のヒットにより、スピッツのパブリックイメージも形成されていくことになります。

 個人的には、ベースギターの音色が非常に耳を惹きます。愁いを帯びたギターやボーカルとは対比的に縦横無尽な印象を与えます。こうしたベースのスタイルもスピッツの一つのスタイルと言えます。

 歌詞についてですが、春のラブソングです。「思い出のレコードと大げさなエピソード」、「片隅に捨てられて呼吸をやめない猫」、「ぎりぎりの三日月も僕を見てた」など草野マサムネさんの紡ぎ出す情景描写が光ります。
 
 個人的に好きなフレーズは沢山あるのですが、「待ちぶせた夢のほとり 驚いた君の瞳」です。待ちぶせた場所が「夢のほとり」というフレーズが非常に幻想的でだと思いました。一方、1番ではおなじBメロに「同じセリフ 同じ時 思わず口にするようなありふれたこの魔法」という言葉が使われます。この2つのフレーズは、日常の世界から、空想的な世界にいざなわれるトリガーになっているコトバだと感じます。





 さて、『ロビンソン』の音域についてですが、地声最低音mid1F#(F#3) ~地声最高音hiB(B4)、裏声最高音 hiC#(C#5)でメロディーが構成されております。図にも示すように、男性というよりも女性の音域に一致します。

 男性がこの曲を原曲キーで歌うのは至難の業だと思います。back numberなどのバンド、ONE OK ROCKなどのハード系のバンドでもこうした音域は登場しますが、性質が大きく異なります。恐らく、高い声が出る方でも、草野マサムネさんのような爽やかで柔らかな発声は難しいと思われます。原曲キーで歌う場合は、Bメロ辺りまで完璧に歌えたら上出来だと思った方が良い気がします。

 一般的な男性が歌う場合は、キーを3~4程度下げる(♭3~4)と良いと思います。それでも歌い慣れていない人の場合は非常に苦労するかもしれません。スピッツの楽曲の中でもトップレベルの難易度だと思います。そういう楽曲であると留意しておいてください。

 2002年に「羅針盤」というバンドがこの『ロビンソン』をカバーしています。キーは原曲ではない(原曲から♭7)のですが、非常に良い出来です。このカバーバージョンの方が、男性には参考になる気がします。かなりしっとりしたアレンジです。


 逆に『ロビンソン』は女性の方がしっくりくる可能性が高いです。地声最低音mid1F#(F#3) ~地声最高音hiB(B4)は、実はあいみょんさんの『マリーゴールド』と同じ音域です。スピッツの場合は、これに裏声の部分が登場します。難易度的には比較が難しいのですが、恐らくマリーゴールドの方が難しいように思えます。

 声が低い女性ならば、原曲キーでも十分だと思います。個人差がございますのでそれぞれ調整してください。歌詞内容的にも女性でも非常に映えると思います。






『花の唄』(Aimer)の音域と感想

 こんにちは。今回はAimerさんの『花の唄』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『花の唄』(Aimer)、Hana no Uta

【地声最低音】 mid1G(G3)  ※Aメロ

★やさしい[爪]を残して行った


【地声最高音】 hiD#(D#5)  ※サビ

★私はhiC[きっと][すこ]とは出hiD#[来]ない




【補足】hiC箇所

★帰らぬ日々hiC[を]思うような 奇妙な愛[し]さに満ちた(Bメロ)
★戯れに伸ばされた 貴方の手hiC[に]しがみ付いた(Cメロ)
★つhiA#[め]hiC[たい][な][びら] [よ][る][散]り咲く(サビ冒頭)


『花の唄』(Aimer)










 まず、『花の唄』についてです。この楽曲は『ONE / 花の唄 / 六等星の夜 Magic Blue ver.』のトリプルA面の1曲として、2017年にリリースされました。『花の唄』は梶浦由記さんが作詞作曲・プロデュースをしており、劇場版『Fate/stay night[Heaven's Feel]』第一章の主題歌にもなりました。
 梶浦由記さんは、2019年のシングル『I beg you』でも楽曲提供・プロデュースを行っており、こちらも同映画作品の主題歌になっております。『花の唄』はAimerさんのYouTube公式チャンネルで公開されており、2019年3月現在1400万回近く再生されており、非常に人気の高い楽曲になっております。

 『花の唄』のサウンドについてです。バンドサウンドとストリングアレンジが印象的な楽曲です。『I beg you』と比較すると、オリエンタルなアレンジは無く、西洋的な印象を感じます。また、メロディーライン、リズムはややゆったりとしています。個人的には1、2番Aメロが非常に耳に残りました。1番と2番ではギターのアレンジが大きく異なります。

 歌詞については、『Fate/stay night[Heaven's Feel]』のヒロインの一人である間桐桜をテーマにして描かれているそうです。日本で「花」と言われると桜を指すことが多く、桜は日本の国花にもなっております。古文などでも「花」と言われれば、平安以降の作品では多くの場合は桜を指します。『花の唄』というタイトルは、おそらくヒロインの間桐桜さんから由来しているものだと思います。
 
 個人的に好きだと思ったフレーズは、サビの箇所です。この楽曲のサビでは花びらの意味が2つの意味で使われています。1番では「降り積もる雪(悲しみ)」、2番では「光(喜び)」です。お互い全く違う感情や表現ですが、色彩の豊かさを感じました。また、「箱庭の中で息をひそめ季節が行くことを忘れ静かな水底のような時間にいた」というフレーズも非常に美しいと思います。





 さて、『花の唄』の音域についてですが、地声最低音 mid1G(G3) ~地声最高音hiD#(D#5)でメロディーが構成されております。一般的な女性の音域と比較して、高音部がやや高い印象です。サビで登場する最高音のhiD#の部分は裏声などで対処しても良いと思います。

 声が低い女性などは原曲より3つ程度キーを下げる(♭3)と良いと思います原曲キーで歌いたい気持ちもあると思いますが、自分に合ったキーを選ぶのも大切なことです。

 音域以上に重要な点は、『花の唄』の持つ「妖しさ、混沌さ、壮大さ」などをどのように表現していくかにあると思います。『I beg you』や『Black Bird』などでは、Aimerさんの声質とアニメや映画の世界観がオーバーラップしたような「非日常感」が表現されています。逆に、『カタオモイ』、『蝶々結び』などは日常感が非常に強いです。後者は一般的な女性の歌唱でもマッチしやすいと思います。
 
 そうした点において、『花の唄』は『I beg you』などのように非常に難しい楽曲だと思います。音域や正確な歌唱も重要ですが、それ以上に「表現力」というものが強く試されている楽曲だと思います。



『ロングホープ・フィリア』(菅田将暉)

 こんにちは。今回は菅田将暉さんの『ロングホープ・フィリア』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『ロングホープ・フィリア』(菅田将暉)

【地声最低音】lowG(G2)  

寄る辺なさはりょうlowG[ぜ]んたる感傷


【地声最高音】mid2G(G4)  

立ち向[かう]その歩ずつが 君の勇敢さの勝利だった
荷物ならばそれでじゅ地声[うー]ぶんだ

【裏声最高音】mid2G#(G#4) サビ箇所

立ち向[かう]その[一]歩ずつが




【補足】サビ、Cメロなどmid2F箇所

★あ[まねくた]びじに光あれ 強さや弱さでは語[れ]ないぜ
mid2E[と]おき友よ 今[で]はもう 蒼[い]星座 少[な]からず 僕[ら]生きてる


『ロングホープフィリア』(菅田将暉)










 まず、『ロングホープ・フィリア』についてです。この楽曲は、2018年に菅田将暉さんの4枚目のシングル曲として発表された作品です。アニメ映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄〜』の主題歌として書き下ろされました。作詞作曲は、amazarashiの秋田ひろむさんが担当されております。編曲はamazarashiの作品でも有名な出羽良彰さんが担当されています。

 この楽曲は漫画の人気タイトルのアニメ映画作品ということもあり、若い世代を中心に認知された楽曲でもあると思います。ソニーミュージックのYouTube公式チャンネルでは、2019年3月現在、再生回数が1000万回を超えております。2018年7月に公開された楽曲であると考えると、非常に人気のある楽曲です。


 『ロングホープ・フィリア』のサウンドについてです。疾走感のあるギターサウンドですが、個人的にはサビの箇所は、ややパンク寄りのメロディックハードコアに近いニュアンスに感じられました。amazarashiの楽曲については多くを知っているわけではないのですが、amazarashiの楽曲群にはあまり無いようなサウンドだと思いました。
 メロディーについては非常に秋田ひろむさんらしいフレーズが散見されると思います。菅田さんのボーカルもamazarashiを意識しているような発声になっていると思います。人気曲の『さよならエレジー』と比較しても芯が強いです。

 歌詞についてですが、アニメの主題歌ということもあり、物語に沿うような形で描かれている箇所が多く見られると思います。『僕のヒーローアカデミア』自体は、私もある程度は把握してますので、主人公のデクくんをイメージすることが出来ました。作詞が秋田ひろむさんということもあり、歌詞自体は良い意味でネガティブなフレーズが散見されますが、その中で小さな光を手にする内容になっております。
 タイトルの『ロングホープ・フィリア』とは、「末永き希望を愛する者」という意味だと思います。挫折や失敗などを重ねる中でも、希望を失わないという力強さがタイトルに強く表現されていると思います。

 個人的に好きなフレーズは「今日の君が笑ったことで 敗北も無駄にはならなかった」という箇所です。敗北というと、非常に後ろ向きな表現ですが、その中で残った「小さな希望」というものが表れていると思います。

 


 最後に『ロングホープ・フィリア』の音域についてです。地声最低音lowG(G2)~地声最高音mid2G(G4),裏声最高音mid2G#(G#4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。

 当ブログでこれまでレビューした『さよならエレジー』、『見たこともない景色』などと比べると、低音部が重視された楽曲です。ただ、その分ボーカルの力強さが表現されています。

 力強さなどを考慮せずに普通に歌うならば、3曲では一番手をつけやすい楽曲だと思います。「WANIMAなどの楽曲を歌いたいけど、原曲キーでは無理」だと考えている人は選択肢に入れてもよいかもしれません。

 サビ等ではmid2F,mid2Gといったキーが登場します。歌い慣れていない場合だと、滑らかな発声が難しいですが、難易度は高くないです。『ロングホープ・フィリア』はこの音階が使いこなせると、かなり高いレベルで歌いこなせると思います。この音階が使いこなせると、BUMP OF CHICKENやRADWIMPSなどの人気曲も上手く歌えると思います(ただ、BUMPやRADには「テンポの速いメロディーライン」という別の難しさはあります)。

 

『オールドファッション』(back number)の音域と感想

 こんにちは。今回はback numberの『オールドファッション』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『オールドファッション』(back number)、Old Fashion

【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★ああ m1C#[そ]う [多][そ]んな感じだ


【地声最高音】hiA(A4)  ※転調後大サビ

mid2F#[単純な]mid2G[こ]hiA[と][なん][だ]きっと


【裏声最高音】hiB(B4)   ラストのサビで1回

★風は花[をさ]hiA裏[が][て]




【補足】通常のサビの地声最高音はmid2G#

mid2F[単純な]mid2F#[こ][と][なん][だ]きっと(通常サビ)
★きhiA#裏[み]裏声[が]持ち[合]わせてい[たん]だ(通常サビ)



『オールドファッション』(back number)










 まず、『オールドファッション』についてです。この楽曲は2018年にback numberによりリリースされたシングル曲です。TBS系金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』のために書き下ろされました。2019年にリリースされたアルバム『MAGIC』にも収録されております。編曲はback numberと島田昌典さんにより行われました。島田昌典さんはaikoさんやいきものがかりなどのプロデュースでも知られています。日本を代表するプロデューサーの一人です。back numberについては、『花束』、『fish』などの編曲を担当されています。

 『オールドファッション』のサウンドについてです。この楽曲は、ストリングなどを交えつつ、バンドサウンドを基調としています。ミディアムテンポの楽曲です。大サビ箇所では転調が行われ、楽曲を盛り上げていきます。個人的なイメージですが、サビのメロディーラインは何となくスキマスイッチっぽさを感じます。スキマスイッチに影響を受けているというよりも、大橋卓弥さんが歌っても違和感が無いような爽やかなメロディーです。

 歌詞についてですが、全体として「君」への愛が歌われています。清水依与吏さんらしい冴えない男性像も描かれつつ、非常に幸福感が溢れた内容だと思います。タイトルの『オールドファッション』というのは様々な意味がありますが、この楽曲では「ドーナツ」のことだと思われます。

 個人的に好きな歌詞のフレーズは「デコボコしてても 並んで歩けば この道がいいと思った」という箇所です。これは比喩としての「困難な道も君と歩いていけるならいい」などの意味もあると思います。ただ、私としては舗装されていないあぜ道など、どこか喉かな風景が思い浮かび、癒されます。







 最後に『オールドファッション』の音域についてですが、地声最低音mid1C#(C#3) ~地声最高音  hiA(A4) 、裏声最高音hiB(B4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。
 
 まず、大前提として、mid2Fやmid2Gといった音階を歌いこなせる必要があります。この辺りは、歌い慣れれば到達しうるキーです。BUMP OF CHICKENなどは、最高音が大よそこの辺りで組まれることが多いです。普段声を出し慣れていない人は苦戦する可能性が高いですので、留意しておいてください。
 
 『オールドファッション』では、通常のサビでは地声最高音がmid2G#となり、大サビでは転調が行われ、hiAになります。mid2G#辺りから地声がキツイという人が居てもおかしくないと思います。

 ただ、ある程度歌い慣れた方であれば、「通常」のサビはこなせると思います。もし「通常のサビは歌いこなせる」段階に到達していれば、大サビのhiA部分はかすれたり、裏声になっても大丈夫なのではないかと推測しております。それだけでかなり高い完成度になっていると思います。

 もしhiAといった箇所も含めて完璧に歌いこなしたいのであれば、より一層の努力が必要だと思います。また、個人差もあると思います。ただ『オールドファッション』のメロディーならば、hiAでも比較的こなしやすいのではないかと考えております。スピッツなどの楽曲だと、hiAでもかなりしんどい曲が多い印象です。

 

『ら、のはなし』(あいみょん)の音域と感想

 こんにちは。今回はあいみょんの『ら、のはなし』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『ら、のはなし』(あいみょん)、Ra no Hanashi(Aimyon)
 

『ら、のはなし』(あいみょん)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★それはそれは[]ても 居心地が悪いことだろう


【地声最高音】 hiC(C5)  ※曲全体で1か所

★そんな僕[の]hiA#hiC[も]]いつ]きも




 まず、『ら、のはなし』についてです。『ら、のはなし』はあいみょんのアルバム『瞬間的シックスセンス』の収録曲として、2019年に発表されました。演奏時間が3分程度の小曲です。この楽曲は長編アニメーション映画『あした世界が終わるとしても』の挿入歌として書き下ろされました。

 『ら、のはなし』のサウンドについてですが、個人的にはRADWIMPSっぽさ、またSEKAI NO OWARIっぽさも感じます。RADWIMPSっぽさについては、メロディーや歌詞に関して感じます。また、ギターのフレーズなどもそうです。全体として、RADWIMPSの影響の方が非常に色濃く出ている気がします。SEKAI NO OWARIっぽさについては、キーボードの使い方などについてです。楽曲の演奏時間は3分程度なので、曲全体が非常にシンプルな構成になっていると思います。アルバムの中でも、シングル曲やリード曲などの位置づけではなく、緩急で言えば「緩」に当たる曲だと思います。

 『ら、のはなし』の歌詞についてです。アニメ映画の書き下ろしということですが、私自身は「片思いに悩む主人公」といった解釈をしております。『ら、のはなし』というタイトルは「(君が隣にいいてくれた)ら、のはなし」ということを意味しています。「これってやっぱり気持ち悪いかな」などと自分の感情を否定してるところを見ると、積極的に相手にアプローチしているわけではなく、心の中で思い続けているだけの片思いなのだと思います。

 個人的には『ら、のはなし』というタイトルが非常に面白いと思いました。アルバムの中の小曲といった位置づけですが、聴き手に印象付ける工夫がなされていると感じます。




 さて、『ら、のはなし』の音域についてですが、地声最低音mid1D#(D#3)~地声最高音 hiC(C5)でメロディーが構成されております。

 図を見ると低音が辛いイメージがありますが、最低音箇所は多くないので、そうでもないと思います。全体として女性の音域の範囲内といえると思います。

 最高音の登場する場所も1箇所のみなので、思った以上に楽です。上述した最高音の箇所「そんな僕[の]hiA# おhiC[も]]いつ]きも」以外では、一番高い音がmid2G#(G#4)です。歌い慣れていない女性でもアプローチしやすい楽曲の一つではないでしょうか。あいみょんの楽曲の中でも手をつけやすい作品の一つだと思います。

 楽曲のテンポや歌詞の内容などを考えると、カラオケで盛り上がるタイプの楽曲ではありませんが、比較的楽に歌える楽曲として、選択肢に入れておいても良いと思います。今回だけの話ではないですが、「自分が自信を持って歌える」、「調子が悪くてもなんとかなる」といった楽曲があることは、歌の上達において非常に重要なことだと思います。

 また、『ら、のはなし』は男性目線で描かれているとも思いますので、男性が歌っても違和感はないです。声が非常に高い男性であれば、おそらく原曲キーでも歌えます。しかし、一般的な男性であれば、原曲よりも2~3つほど(♭2~3程度)下げた方が歌いやすいと思います。





 



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索