J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

2019年07月

『LADY』(Official髭男dism)の音域と感想

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『LADY』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『LADY』(Official髭男dism)


【地声最低音】mid1E(E3)    ※楽曲全体で1箇所

★油性mid2G#[イン]クのしぶとい「ア[イ]」が


【地声最高音】hiE(E5)  ※ラストサビで1箇所

★いhiC#[とし]hiB[く]hiA[て] hiE[とし][く][て] 

※ラストサビ途中のフェイクでもこの音階が見られます



【補足】

★そんな思いmid2G#[に]hiB裏[た]hiA[り]G#[し]hiA[て] (Bメロ)
★いhiA裏[た]くて 怖くて 嬉しくて
★夢みたいmid2G#[だ]hiA[ね] おさ[な]2G#[く][て](サビ)
★世界でいちばんすmid2G[て]hiA[き]hiB[な]hiC[LA][DY][~] [ah][~]
★気付けばhiA[も]mid2G#[う気]hiA[の]mid2G#[利い]た事も(2番Aメロ)
★ふhiC#[たし]hiB[か]hiD[で] hiB[もどか]hiC#[し]B[く]D[て] (Cメロ)
hiC#[耐]mid2G#[え]hiA[ら]hiB[れ][な]B[い][ほ]B[ど]C#[の]hiD[お]C#[も]hiB[い]hiA[を]

『LADY』(Official髭男dism)









 まず、『LADY』についてです。この楽曲は2017年にOfficial髭男dismによりリリースされた配信限定EPです。その後リリースされたアルバム『エスカパレード』に収録されています。タイアップなどは付いておりません。
 『LADY』はOfficial髭男dismのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年7月現在、約180万回もの再生回数を記録しています。

 『LADY』のサウンドについてです。ファンクやダンスミュージック色が強い彼らにはやや珍しいバラードナンバーです。バンドの音の数がやや少なくなり、ボーカルの藤原聡さんが活きるようなアレンジがなされています。後述しますが、高音域のキーがかなりエグいです。楽器についてはアコースティックギターの音色が耳に残ります。従来であればヒゲダンはエレキギターが使われることが多かった印象故に、特筆すべき点であると思います。
 歌メロディーについては、J-POPらしい構成で、かつ非常に美しいです。個人的に面白いと思った箇所は「世界で一番素敵なLADY ah」の部分です。上の音域の部分でも一部記述されていますが、この部分は半音の移動が随所にみられます。
 以前、King Gnuの別の曲でレビューしましたが、半音の移動というのは人を不安にさせるような効果があります。『LADY』は全体を通してポップな作品ですが、大げさにならないように、サビの一番おいしいこの部分で表現を抑制しているのだと思います。例えば、「すmid2G[て]hiA[き]hiB[な]hiC[LA][DY][~] [ah][~]」のhiCをhiC#にするとかなりポップになります(音声が無くてすみません)が、あえてhiCにしているのだと思います。

 歌詞についてですが、私があまり説明する必要もない極上のラブソングです。特徴を挙げると、やや幼げな恋愛が描かれているように思います。歌詞の中の「「初めて」を独り占めしたくて」などにそうしたニュアンスを感じました。カラオケなどで歌うと非常に様になると思います(ただ、原曲キーだとかなり難しいです)。




 さて、最後に『LADY』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiE(E5) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。

 地声最高音のhiEは歌詞全体で1箇所のみの登場です。この部分についてはファルセットでも良いと思います。裏声でもあまりニュアンスは変わらないと思います。ただ、この楽曲の一番の難所はここではありません。

 この楽曲の難点はラストのサビではなく、Cメロの部分です。この部分で一番高い箇所はhiDです。hiC#といった音階も頻出し、かなりしんどいです。このCメロを難なく出せるのであれば、ラストのhiEはあまり辛くないと思います。このCメロの部分は地声でないと原曲とはかなり違うニュアンスになると思います。
 もしかなり器用に裏声で出せるのであれば、hiB以下は地声、hiC#以上は裏声という工夫もできるかもしれません。ただ、現実的にはhiC#辺りまで地声でしっかり歌いこなせる必要があるのではないかと思います(もちろんhiDが歌えるに越したことは無い)。

 ゆえに『LADY』を歌唱する場合、一般的にはキーを下げて対応するのが無難だと思います。例えば、CメロのhiDの部分をhiAに設定するとすると、原曲よりも5つ低いキー調整が必要になります。キーを5つ下げると地声最低音mid1B~地声最高音hiB(サビの最高音はmid2G)になります。原曲キーを5つ下げてもCメロの部分は一般男性よりは高いです。その点は留意しておいてください。

 『LADY』は音域的には女性の方が歌いやすいのではないかと思います。個人差がありますので、一概には言えませんが、原曲キーでもちょうどいいという女性もいると思います。キーを下げないと辛いという人も居るかもしれません。
 女性が男性の曲を歌う際、「低音部が低すぎる」という問題があると思います。『LADY』の最低音はmid1Eですが、これは別の高いmid2Aあたりに置き換えても違和感が無いと思います。そこを除いたら、次に低い音階がmid1F#ですので、高音が辛い人の場合、少しキーを下げる余地があります。この点は各々試してみてください。

 ざっくりまとめると、『LADY』は原曲キーで歌う場合、多くの男性にとってはかなりの難曲であります。ただ、歌いこなせるのであれば、非常にカッコイイと思います。

『サマー・ソルジャー』(サニーデイ・サービス)の音域と感想

 こんにちは。今回はサニーデイ・サービスの『サマー・ソルジャー』(1996)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。サニーデイ・サービスは以前に、『あじさい』を取り上げました。今回が2回目です。


『サマー・ソルジャー』(サニーデイ・サービス)、Summer Soldier(SUNNY DAY SERVICE)


【地声最低音】mid1E(E3)  

★きみの瞳濡らすのm1E[は]  遠くに見える海なのか(Bメロ)


【地声最高音】mid2F#(F#4)  

mid2E[あ]いし[あう]ふたmid1E[り] mid2E[は]にかmid2F#[んで](サビ)
mid2F#[それ]mid2E[て]んきのせいさ
mid2E[それは]2E[ん]mid2F#[の]八月の(Cメロ)



【補足】mid2E(E4)の箇所

★立ち止まってmid2E[ふ]たりを狂わせる(Aメロ)
★溶け出して行くきmid2E[せ]つなの[か] (Bメロ)
★ 囁(ささや)いてmid2E[み]ただけさ(Cメロ)
mid2E[八月の小さな冗]談と真夏の重いmid2E[や]まい(アウトロ)
★それから先mid2E[は]


『サマー・ソルジャー』(サニーデイ・サービス)









 まず、『サマー・ソルジャー』についてです。この楽曲は1996年にサニーデイ・サービスによりリリースされたシングル作品です。1997年にリリースされたアルバム『愛と笑いの夜』に、またベストアルバムにも収録されています。ちなみに『サマー・ソルジャー』という名の戦争をテーマにしたドキュメンタリー映画がございますが、本作は戦争とは関係ありません。
 
 『サマー・ソルジャー』のサウンドについてです。緩やかなテンポのバンドサウンドです。イントロのアコギも印象的ですが、楽曲全体を通してリードギターの音色が耳に残ります。個人的には英国のロックバンドOasis辺りを連想します。Oasisは90年代を代表するロックバンドですが、『サマー・ソルジャー』のサビのラストのフレーズは特に影響を感じます。また、楽曲が進行するにつれてストリングスが加わってきます。
 個人的には先に述べたイントロ、およびアウトロで使われるアコースティックギターの音色が好きです。夏の暑さを感じさせる歌詞やサウンドですが、どこか木陰を感じさせる優しい音色です。

 歌メロディーについてはAメロBメロサビからなるJ-POPでよくあるような展開です。ただ、サビについてはアンセムのようなニュアンスを感じさせられます。決して難しいテンポやメロディーパターンではなく、ライブなどでみんなで斉唱すると非常に心地よいイメージです。ちなみにオリジナルアルバム『愛と笑いの夜』でも終盤に収録され、アルバムを締めくくります。

 歌詞についてです。タイトルにあるように、夏をテーマにした恋愛の楽曲です。タイトルに「ソルジャー」とありますが、兵隊・戦争などではなく、暑さの中、街に繰り出していく恋人二人を兵隊のようになぞられているのだと私は解釈しています。
  夏は恋の季節でもあります。そうした季節に身を任せ、恋人同士が羽目を外していく姿が描かれています。「それは天気のせいさ せいさ せいさ」と繰り返されるフレーズが印象的です。




 さて、最後に『サマー・ソルジャー』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】mid2F#(F#4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。

 まず、地声最高音はmid2F#で最近のポップスでは決して高い音階ではありません。ただ、サビでのロングトーンですので、見た目以上にキーは高いと思います。普段歌い慣れていない人は苦戦すると思います。練習を重ねて安定的に発声できるようにしてください。

 逆に普段歌い慣れている人や高音域が得意な人は、そこまで苦労はしないのではないかと思います。カラオケなどで楽しめる楽曲です。

 ちなみに『サマー・ソルジャー』は音域自体もそんなに広いわけではないので、高音部が高いと感じられる方は、キーを下げて練習したりしても良いです。普段ほとんど歌を歌わない人の場合は、原曲キーから1~2程度下げても良いかもしれません。音域が広くなく、地声最高音も高いわけではないので練習曲として向いていると私は考えています。mid2E,mid2Fの音階を安定的に発声する練習に非常に役立つのではないでしょうか。

 知名度自体は高い楽曲ではありませんが、個人的には時代を選ばない良曲だと思います。

『秒針を噛む』(ずっと真夜中でいいのに。)の音域と感想

 こんにちは。今回はずっと真夜中で良いのに。の『秒針を噛む』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。ずっと真夜中でいいのに。を取り上げるのは当ブログでは今回が初めてです。


『秒針を噛む』(ずっと真夜中でいいのに。),Byoushin wo Kamu(Zutto Mayonaka de Iinoni)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★夕食中に泣いた後  きm1G#[み][わ]らってた


【地声最高音】hiE(E5)  ※サビで頻出

★うhiE[ばっ]hiC#[て] hiB[か]E[くし][て][忘]hiC[れ][たい]
★分hiC#[かり合う]hiB[ま][る] hiD#[1]C#[つ]D#[も]hiE[な]くても
hiB[ぼ]hiC#[くっ][て][ いる]hiE[の]hiD#[か]hiB[な?](Cメロ)



【裏声最高音】hiE(E5)  

★うhiE[ばっ]hiC#[て] hiB[か]E[くし][て][忘]hiC[れ][たい](ラストサビ)
hiD#[ハ]hiE裏[レ]hiC#[ レ]hiB[イ][ラ][~]

【補足】

hiB[1]回言った「わかった。」戻らない
★白昼夢の中で ガンガンくhiC#[だ]hiB[い]
★「本当」を知らないhiB[ま]ま 進むのさ
★ かhiC#[たち]hiB[の]ない言葉は いらないから
★目も口も 意味がなhiB[い]ほどに塞ぎ込んで

『秒針を噛む』(ずっと真夜中でいいのに。)











 まず、(ずっと真夜中でいいのに。)について少し説明します。通称「ずとよま」と呼ばれる音楽ユニットですが、正式なメンバー編成などは分かっていません。ただ、ボーカルを担うフロントマンのACAねさんだけは正体が明らかにされています。2018年6月から活動を始めた非常に新しいユニットです。個人的に面白いと思ったのが、芸能事務所のワタナベエンターテイメントに所属していることです。ワタナベには他にRAG FAIRやNOKKOさん、Little Glee Monsterなどが所属しています。

 今回紹介する『秒針を噛む』は2018年6月に、ずとまよによりYouTubeに初めて投稿された楽曲です。作詞はACAねさん、作曲はACAねさんとぬゆりさんの共作です。ぬゆりさんはボカロPとしても活動されているシンガーソングライターで、『秒針を噛む』の編曲も担当しています。本作はフィジカルでは、ミニアルバム『正しい偽りからの起床』に収録されています。
 
 『秒針を噛む』のサウンドについてです。ピアノを基調とした愁いを帯びた疾走感のあるなナンバーです。ピアノの音色も美しいのですが、個人的にはベースギターのフレーズも耳に残ります。2番のサビの直後、ベースのソロになりますが、楽曲全体を通して動きが多いです。また、楽曲内ではアコースティックギターの音が見られますが、楽器はACAねさんが演奏しているのか気になるところです。クレジットにはGuiter:Katsushiro Satoとクレジットされていますが、ライブなどでは演奏されるのかもしれません。
 
 『秒針を噛む』の歌詞についてです。歌詞については抽象的な表現が多く、これであると言いづらいですが、個人的には「失恋間際」、「愛が壊れていく時」を描いた歌だと解釈しています。歌詞の中では、「生活の偽造」、「偽りの気持ち」といったフレーズが登場します。その中で主人公の「私」は、「さよなら」する資格もない」、「「本当」を知らないまま進むのさ」、「見放されても信じてしまうよ」と、もはや取り繕えない二人の愛を終わらせる勇気が持てずにいます。
 タイトルの『秒針を噛む』については「幸せだった時間を止めていたい」といった意図があるのだと私は解釈しています。時計は人が時間を管理するために作られたものです。しかし、あくまで時計を見ながら自らの時間配分を調整するのであり、時間そのものの流れ自体を好き勝手動かすことは出来ません。SF作品などでは「時計の針を動かすと、時がさかのぼる」などの描写もありますが、現実では時計の針を止めても時間は無情にも進んでいきます。

 ちなみに、楽曲のラストに出てくる「ハレタレイラ」という謎フレーズですが、私は「レイラ=女性名」、「ハレタ=(涙で目が)腫れた」で「涙で目が腫れた私」と解釈しています。「ハレタ」とカタカナ表記にした理由は、「腫れた」だと生々しさが表現されてしまうので、それを和らげる意味があったのではないかと思います。また、カタカナ表記することにより、「晴れた」などをイメージさせることもでき、想像する余地が広がる要素もあるのではないかと解釈しています。
 



 さて、最後に『秒針を噛む』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiE(E5) 、【裏声最高音】hiE(E5)でメロディーが構成されております。一般的な女性の音域より高いです。

 地声最高音hiEですが、以前レビューしたSuperflyさんの『タマシイレボリューション』(【地声最低音】mid2A(A3) ~【地声最高音】hiE(E5) )と同じ高さです。Superflyの越智志帆さんはパワフルな歌声ですが、逆にACAねさんはシンガーソングライターのYUIさんのような柔らかさが残っています。

 このhiEについてですが、一つは裏声を駆使して対処するという方法が考えられます。ただ、すべての箇所を裏声で対処すると、恐らく原曲のニュアンスが大きく変化してしまうと思います。歌詞全体で言えば、 

「★hiB[ぼ]hiC#[くっ][て][ いる]hiE[の]hiD#[か]hiB[な?](Cメロ)」の部分は裏声で歌っても違和感が無いと思います。ただ、サビの部分はなるべく地声で歌いたいところです。

 高い音階の発声が難しい場合はキーを下げるのが無難だと思います。原曲から3~4程度下げるとかなり歌いやすくなります。この場合、最高音がhiC#,hiC辺りに設定されます。ただ、これ以上キーを下げると逆に低音部が辛くなりそうです。一般的な音域で、普段歌い慣れていない女性はhiB,hiC辺りがボーダーラインの一つになると思います。ゆえに、別の曲で歌い慣れて、『秒針を噛む』(キー下げ)にチャレンジするのが良いと思います。

『TEENAGE RIOT(ティーンエイジライオット)』(米津玄師)の音域と所感【加筆】

(2019/02/04)初投稿
(2019/02/23)記事の追記を行いました)※1)
(2019/03/13)地声最低音の歌詞部分、およびサビの音域について記載・解説しました
(2019/07/28)mid2F#~hiBの音階について詳細に記載しました

『TEENAGE RIOT』(米津玄師),TEENAGE RIOT(Kenshi Yonezu)





 ※1)
米津玄師さんの音域について、当ブログではこれまでに、『アイネクライネ』『爱丽丝(アリス)』『打上花火』(DAOKO×米津玄師)『打上花火』(米津玄師ソロver.)『馬と鹿』『orion』、『かいじゅうのマーチ』『恋と病熱』『春雷』『Nighthawks』『ナンバーナイン』『灰色と青 ( + 菅田将暉)』『飛燕』、『LOSER 』『ピースサイン』、『砂の惑星』米津玄師作詞作曲『パプリカ』(Foorin)『パプリカ』(米津玄師セルフカバー)『Flamingo』『フローライト』、『メトロノーム』『マトリョシカ』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。


【地声最低音】mid1B(B2)

★潮溜まりで 野たれ死ぬんだ  勇ましい 背伸びの果ての「面」
★ワゴンで2足 半額のコンバース トワイライト 匂い出すメロ「ディー


【地声最高音】hiB(B4) (Cメロ部分)計1回

mid2F#[だから]こそあ[な]たに mid2G[会]hiA[い]hiB[た]hiA[いん][だ][と]




【補足】
サビ部分の最高音域は
mid2G(G4)です。

そのGコードを 君は酷く mid2F#[愛し]ていたんだ(Bメロ) 
いつかは全て 灰にmid2F#[な]るのなら(サビ)
★その花弁を瓶に 詰め込んで火をは
mid2G[な]mid2F#[て] [い]まここで
★ だけど確かm2F#[な] mid2G[Birthday] birthday song 
★恥辱の果て mid2F#[辿り着]いた 場[所]mid2G[は][何]処だ(Cメロ)
何処にも行けないんだmid2F#[と]  

『TEENAGE RIOT』(米津玄師)










 こんにちは。今回は米津玄師さんのメジャー9枚目のシングル「Flamingo / TEENAGE RIOT」(2018)から、『TEENAGE RIOT』を取り上げます。よろしくお願いします。米津玄師さんは
に続き、3度目の登場になります。

 まず、『TEENAGE RIOT』という曲名ですが、米国ニューヨーク出身の
イズロックバンドSonic Youthの楽曲『Teen age Riot』(1988)から引用したものであるようです。こうしたことは、米津さんのみならず他の多くのアーティストでも見られることです。これらをきっかけに他の音楽に興味を持つのもいいかもしれません。
 さて、楽曲についてですが、『Flamingo』とは異なり、バンドサウンドが中心の非常に疾走感の溢れています。
個人的にはイントロで流れるベースの音、アウトロのギターのフレーズが面白いと思いました。



 次に『TEENAGE RIOT』の歌詞について見ていきます。まず、個人的に印象に残ったフレーズは
「誰も興味が無い そのGコードを 君は酷く 愛していたんだ」の部分です。「誰も興味が無いのに、自分は愛している」とどこか偏屈な印象ですが、こうした偏屈さはアーティストには非常に重要なことであると思います。なぜならば、その偏りが経験を経て進化し、そのアーティストの個性・特徴になっていくからです。そうしたフレーズは非常に芸術家的と思います。ちなみに、私もギターのGコードが大好きです。
 また、この楽曲に特筆すべき点が一つあります。それは
「何度だって歌ってしまうよ どこにも行けないんだと」というフレーズです。過去、米津玄師さんは様々な楽曲で「どこにも行けない」というフレーズを使用し、それがファンなどにネタにもされてきました。具体例としては、『パンダヒーロー』、『砂の惑星』、『恋と病熱』辺りが代表例だと思います。しかし、先にも述べましたが、『偏りや偏屈さ』というのは表現者の強い個性になるのです。その点で、この『TEENAGE RIOT』は米津さんらしい楽曲であると改めて認識させられました。もちろん、ここだけでなく、この歌詞全体が特徴的なフレーズで溢れていると感じます。

 
 さて、『T
EENAGE RIOT』の音域についてですが、地声最低音 がmid1B(B2)~地声最高音 hiB(B4)でメロディーが作られています。これは米津さんの人気曲である『Lemon』と同じ音域になります。

 まず、サビの部分についてですが、最高音域がmid2Gです。これは一般的な男性の音域言えますが、歌い慣れていない人だとつまずく可能性がある音域です。しかし、努力の過程で多くの人が届きうる音域ですので、少しずつ慣れていってください。
 その点において、『TEENAGE RIOT』はmid2G,mid2Fといった音階を歌い慣れるための良い楽曲と言えると思います。ただ、低音部がやや低いため、キーを調整しての練習にはやや向かないかもしれません。キーを下げて練習する際は、低音域が頻出するAメロ、Bメロはあまり意識しなくてよいです。

  続いて、Cメロの地声最高音のhiB「だからこそあなたに 会いいんだと」に怯んでしまいそうです。しかし、ある程度歌い慣れた人ならば、ここは意外と上手くこなせるのではないかと考えます。
理由は、最高音に達する少し前に呼吸をするタイミングがあるからです。よって、Cメロ後半の盛り上げる部分はしっかりブレスを意識すると良いと思います。

「だからこそあなたに(ブレス) 会いいんだと」


 また、RADWIMPSや米津さんの楽曲の多くに言えるのですが、『歌詞をちゃんと覚えておく』ことがやはり重要だと思います。





『FIRE GROUND』(Official髭男dism)の音域と感想


 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『FIRE GROUND』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『FIRE GROUND』(Official髭男dism)


【地声最低音】mid2A#(A#3)  


【地声最高音】hiD#(D#5)  

hiA#[掴]hiD#[み][取]mid2G#[る][だ][想][像]



【補足】

m2A#[ひ]とつと[し]てアドバンmid2G#[テー]ジなん[て]ない(Aメロ) 
mid2G#[アイデン]ティhiA#{ティ][の イス取り][ゲー][ム]はとっ[くにオー]バー(Bメロ)
★りょうhiA#[あ]hiB[し][で]mid2G#[握][し][め][る]
★真っ赤なmid2G#[本]能 汗だくのhiA#[SO-][-UL](サビ)
★背負hiA#[い込]mid2G#[ん][感][情][は] [HI][-HEAT] [UP] 
★ 残っmid2G#[た]hiA#[は][どっ]ちだ?
★残っmid2G#[た]hiA#[は][どっ][だ~~?](ラストサビ)

『FIRE GROUND』(Official髭男dism)









 まず、『FIRE GROUND』についてです。この楽曲は2018年にOfficial髭男dismによりリリースされた作品で、『Stand By You EP』の収録曲となっています。
 『FIRE GROUND』は週刊少年ジャンプで連載されていた漫画を原作とするテレビアニメ『火ノ丸相撲』のオープニングテーマとして書き下ろされたものです(漫画は今週号で連載終了致しました)。また、YouTube公式チャンネルでもMVが公開され、2019年7月現在、約300万回もの再生回数を記録しています。

 『FIRE GROUND』のサウンドについてです。髭男のサウンドと言えば、ピアノ・キーボード等を基調としたオシャレなアレンジが印象的です。ファンクやクラブミュージックなどの文脈です。『FIRE GROUND』でもそうしたヒゲダンらしさが表現されていますが、中でも歪んだギターのサウンドが非常に目立ちます。反面、ボーカルでキーボードも担当される藤原聡さんは、今回はボーカルに専念されています。例えば、ギターロックが好きな人にヒゲダンをお勧めする際には、この『FIRE GROUND』が候補の一つに挙がるのではないかと思います。個人的に好きな箇所は、2番終了間際のドラム、その後、間奏に入る瞬間のベースのフレーズです。また、間奏でのギターのライトハンドも良いです。音色も良いですが、MVで演奏場面が映ると非常に目を惹かれます。
 
 歌詞についてですが、アニメの書き下ろしということもあり、そうした世界観に沿っている内容になっています。『火ノ丸相撲』は低身長の主人公が横綱を目指して奮闘するストーリーですが、そうした鬼丸の境遇のみならず、私たちの人生にもリンクする歌詞だと思います。




 さて、最後に『FIRE GROUND』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3) ~【地声最高音】hiD#(D#5) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。

 まず、地声最高音のhiD#は各サビで1回ずつ登場します。これはかなり高い音階なので、地声で歌うのはかなり難しいです。ただ、楽曲のニュアンスを考えるとhiD#の箇所は裏声で歌ってもよいと思います。器用に歌える人は、ここは裏声で対応してください。
 このhiD#を除くと、hiBが最高音になります(Bメロで登場)。サビではhiA#がそれに次ぐ音階です。よって、『FIRE GROUND』を原曲キーで歌唱する場合、hiB,hiA#辺りを器用に出せることが一つの重要なハードルになります。これでも一般的な男性の音域より高いです。

 一般的な男性の音域の場合は、やはり素直にキーを下げるのが選択肢だと思います。原曲キーから3程度下げるとhiBがmid2G#になりますので、かなり対応しやすくなります。キーを下げることに抵抗があるかもしれませんが、このキーで歌いこなせるのであれば、かなり歌が上手いのではないかと思います。当然、普段歌い慣れていない人は、原曲-3のキーでもきついと思います。その辺は練習を重ねてください。

 ちなみに、この『FIRE GROUND』は女性が歌ってもよい音域でメロディーが展開されています。ただhiD#以外の部分はもしかしたら少しキーが低いという人も居るかもしれません。その点は適宜調整してください。男性ほど大きなキー調整は必要ないと思います。
管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索