J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

2019年12月

『シャルル』(須田景凪【バルーン】セルフカバー)の音域

こんにちは。今回はボカロPのバルーンこと須田景凪(すだけいな)さんの『シャルル』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『シャルル』(須田景凪【バルーン】)、Charles(Keina Suda【Balloon】)


【地声最低音】mid1C#(C#3)  ※Bメロで1回

★空っぽでいよう それでいつm1C#[か] 


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※1,2番のサビで1回ずつ

★愛を謳っhiC#裏[てう]たっhiC#[て]hiA#地[く]m2F[もの上]ぇぇ


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※サビで頻出

★愛を謳っhiC#裏[てう]たっhiC#[て]hiA#地[く]m2F[もの上]ぇぇ(サビ)
★濁りきってはm2F[見]hiC#裏[え]hiC[な]m2F[いや]
※語っhiC#[て]語っC#[てよ]るの群れ
☆譲り合ってなm2F[に]hiC#[もな]F[いな](2番サビ)

※の部分を含め、サビの象徴的なフレーズはカラオケでは【C#[て]hiA#[よ]で統一されています
☆の部分はボカロの原曲、歌い手、カラオケなどはm2FhiC#hiCm2Fという形で歌唱されており、セルフカバーのみ微妙に音程が異なります。





【補足】mid2Fmid2G#辺りの注意箇所

★ そm2G#[れ]m2F[な]のに頬を濡らしてしまうの(Aメロ)
★そうやって昨日の事も消してしm2F[まう]なら
★こんm2F[な]風に悩F[め]るのかな(Bメロ)

m2F#[い]m2F[や]F#[い]F[や]F#[い]F[や] ah ah ah F[ah](サビ)
★遠く描いてm2F[た]m2F#[日]F[々]

★ねえ そうでm2F[しょ](2番Aメロ)
★きっときっとわm2F[かって]いた(Cメロ)
m2F[騙]m2F#[し]合うなんて馬鹿らしいよm2F[な]
★そうだろう 互いm2F[の]せいで今F[が]あるのに

☆の部分については、ah ah ah は歌詞表記はありませんが、重要だと考え記載しました。

『シャルル』(須田景凪【バルーン】セルフカバー)










 まず、バルーンこと須田恵凪(すだけいな)さんについて少し説明します。須田恵凪さんは2013年より活動するシンガーソングライター、ボカロPです。2013年よりボカロPのバルーンとして楽曲投稿をはじめました。2018年より、須田恵凪としてシンガーソングライターとしても活動を開始いたしました。アニメ等でもタイアップが増え、思い入れのある人も多いと思います。

 さて、『シャルル』についてです。この楽曲は、2016年にボカロPバルーンにより投稿されたボカロ作品です。程なくして、須田恵凪さん自身もセルフカバーし話題を呼びました。Youtubeで公開されている楽曲はボカロ曲が2000万回強、セルフカバーバージョンは5000万回弱の再生回数を記録しています。また、同曲はカラオケでも多く歌唱されており、年間ランキングで上位にランクインしています。バルーンさんの代表的な作品であり、またボカロ楽曲の中でも近年特によく知られた楽曲の一つといえると思います。

 ちなみに、『シャルル』はフランスの男性名であり、英語圏ではチャールズになります。私自身としては、シャルルと聞くとフランス人歌手のシャルル・アズナヴールを連想します。アズナヴールの楽曲『She』はCMなどでも非常に多く起用され、日本人にもなじみ深い作品です。
 
 『シャルル』は疾走感のあるバンドサウンドです。ボーカルの音域的には、地声最高音がhiA#であり決して低くはないのですが、ファルセット(裏声)がある程度こなせるならば、このhiA#を回避することも可能です(詳細は後述)。そこを除けば、地声音域は決して高くはありません。mid2G,mid2Fあたりを確実にこなしていきたいところです。



 さて、『シャルル』 の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、裏声最高音hiC#はサビで登場します。【愛を謳っhiC#裏[てう]たっhiC#[て]】と急激に音域が上がりますので、しっかり練習しておきたいところです。

 一方、地声最高音hiA#も同じくサビで登場します。【愛を謳っhiC#裏[てう]たっhiC#[て]hiA#地[く]m2F[もの上]ぇぇ】の部分です。この部分ですが、【愛を謳っhiC#裏[てう]たっhiC#裏[てく]m2F[もの上]ぇぇ】という風に、hiC#で繋げてもあまり違和感はありません。原曲においても、須田さん自身がラストのサビで後者②のように歌唱しております(1,2番サビの最初は①で歌唱)。歌い手のカバーでも後者②で歌唱されているものがかなり多いです。よって、後者②で統一しても違和感は少ないです。ただ、カラオケ採点では前者①統一されていますので、カラオケで高得点を目指す方は前者①で歌唱してください。



①【愛を謳っhiC#裏[てう]たっhiC#[て]hiA#地[く]m2F[もの上]ぇぇ】
②【愛を謳っhiC#裏[てう]たっhiC#裏[てく]m2F[もの上]ぇぇ】⇐こちらでも違和感ない

_______


 これらを踏まえると、『シャルル』ではmid2G,mid2F当たりのキーを安定的に歌唱できることが求められます。これらは一般的な男性の音域の範囲内ですので、少しずつ練習を重ねてください。
 ただ、『シャルル』では先にも述べましたように、裏声と地声の急激な変化などが求められ、決して難易度が低くありません。また、楽曲のテンポも速めです。キーを調整して練習することも可能ですが、歌い慣れていない人の場合、つまづくことも十分にあり得ます。
 別の曲である程度歌い慣れた上でチャレンジすることも良いと思います。すぐに歌いこなせなくてもガッカリせずに気長に取り組んでください。

 ちなみに、原曲のボカロキーだとmid2A#~hihiA#(オク下げだとmid1A#~hiA#)になります。ボカロキーから3つ上げるとセルフカバーと同じキーになります。

 また、女性が歌唱する場合、個人差もありますが、ボカロの原曲キーから6つ上げると歌いやすくなるのではないかと思います。6つ上げると、地声mid1E~hiC#(hiB)、裏声hiEに調整されます(hiC#は回避可能)。このあたりを一つの目安としてください。



『クオリア』(UVERworld)の音域

 こんにちは。今回はUVERworldの『クオリア』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『クオリア』(UVERworld)、Qualia 


【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※冒頭およびサビ

m1D#[It’s] time now hiA#[See] m2G#[me now] G#[ah] ah ah ah
m1D#[億]千の巡り逢いのhiA#[な]m2G#[かで] 


【地声最高音】hiC#(C#5)  

hiC[そん]hiC#[な]C[も]m2G#[のに意]味は無い



【裏声最高音】hiC(C5) ※1番サビのみ(他は地声)

★二人の間hiC裏[なら] 


【補足】mid2G#(一部略)~hiCの注意箇所

★きm2F[み]の明日がすm2G#[べ]m2G[て]に変わった

hiC[最後ま]G#[でこの出]逢いを(サビ)
★僕m2G#[は欲しが]m2G[る]G#[だ]hiA#[ろ]G[う]
★きhiA#[れ]m2G#[いに]着飾るたhiA#[め]hiC[の]A#[言]G#[葉]
★ 必m2G#[要ない] G#[てろよ]
★何処にも見当たらないココm2G#[ロ]
★たhiB[し]hiA#[か]m2G#[に]hiB[ん]A#[じ]られA#[るぅ]G#[ぅ]

★特別な時間(とき)に変わって行m2G#[くよ]ぉ(2番Aメロ)
★つm2G#[た]G#[た]い心情G#[が] hiC[ねぇ](2番サビ直前)
★全m2G#[てを]包み込んでhiB[行]hiA#[く]G#[ぅ](ラスト)

『クオリア』(UVERworld)









 まず、『クオリア』についてです。この楽曲は、2010年にロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。アルバム『LIFE 6 SENSE』に収録されました。この楽曲は劇場版アニメ『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』のエンディングテーマとして書き下ろされた楽曲です。同曲は2014年にUVERworldのYoutube公式チャンネルでMVが公開され、2019年12月現在、約660万回もの再生回数を記録しています。

 『クオリア』はバラード調のバンドサウンドになっております。AメロBメロなどはUVERworldの曲としてはややキーが低めであり、サビで一気に高くなります(冒頭はやや高いですが)。また、UVERworldの楽曲では多く見られるラップパートなどは、今回の『クオリア』では見られません。

 音域的な特徴についてです。UVERworldの作品は当ブログでは楽曲全体を通してhiA#~hiCといった音階が頻出する楽曲を多く取り上げてきました。ただ、今回の『クオリア』はAメロBメロはやや抑え気味で、サビに一気に高音域が登場する楽曲になっております。その分、音域は広めになっております。キーの調整はある程度は可能です(詳細は後述します)。



 さて、『クオリア』の音域についててすが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、みていきます。

 まず、地声最高音hiC#はサビで登場します。また、サビではhiC,.hiBといった音階が多く登場します。これらは一般的には高い音域ですので、キーを下げることも選択肢として考えてください。原曲キーから4~5つ程度下げてると、最高音がhiA、mid2G#辺りに設定されます。高音域をエモーショナルに表現するために、「発声できるけど楽ではないキー」くらいの辺りに最高音を上手く設定したいところです。各々調整してみてください。

 『クオリア』は音域がやや広めでありますが、低音部に少し余裕があり、キーの調整もある程度は可能です。「ある程度歌い慣れているけど、高音域は少し苦手」といった人ならばキーの調整が出来ると思います。
 逆に普段歌い慣れていない人がキーを大きく下げて練習する程には融通は利きません。その点は留意しておいてください。普段歌い慣れていない人は別の曲で歌い慣れた上でチャレンジするのが得策だと思います。


 

『シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~』(Mr.Children)の音域

こんにちは。今回はMr.Childrenの『シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~』(1995)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルで公開されている動画が2017年のライブでの映像になります。よって、当ブログにおいても、その動画を添付いたします。ご了承ください。


『シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~』(Mr.Children)、See-Saw Game ~Yuukan na Koi no Uta~


【地声最低音】mid1B(B2)  ※Cメロで登場

★アダムとイブの時代m1B[から]  
★流れてくる我らのちm1B[し]

※Cメロ以外での最低音はmid1D#

【地声最高音】hiB(B4)  ※Cメロで1回

hiB[過ち]hiA[を] m2G#[繰]m2F#[り]返す

※サビでの最高音はhiA




【補足】mid2E(一部のみ)hiA等の注意箇所

★そんな単純なこm2E[と]で 遂に肝心な物が何かってm1D#[気]付く(Aメロ)
★世間は暗いm2E[わだ]m2F#[ah] E[ah] ah(Bメロ)

★恋なんて言わばエm2F#[ゴ]hiA[と]m2G#[エ]F#[ゴ]の(サビ)
※シーソーゲーム m2G#[yeah] m2F#[ye-]-ah yeah
★君はあm2F#[い]m2G#[まい]F#[な]hiA[リアク]F#[ション]
☆順番を待ってたんじゃm2F#[つらぁ]m2G#[ぁ]ぁい
★勇敢な恋のm1D#[う]た

★ 業m2F#[のふ]かい生m2F#[命]m2G#[体](サビ)
★人生ゲーム m2F#[シー]ソーF#[ゲ]m2G#[ーーー]F#[ー]

※の箇所は歌詞が無い部分です。
☆のmid2G#は瞬間的ですので、慣れない人は省略してもよい

♪アウトロのフェイクはmid2Eです。
『シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~』(Mr.Children)









 まず、『シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~』についてです。この楽曲は、1995年に4人組バンドMr.Childrenによりリリースされたシングル作品です。ノンタイアップですが、好セールスを記録しました。楽曲は1997年にリリースされたアルバム『BOLERO』に収録されており、ベストアルバムにも収録されています。また、この楽曲の売上が、同年に起こった阪神淡路大震災の義援金として全額寄付されております。

 『シーソーゲーム』はサックス等も交えたバンドサウンドです。楽曲およびMVともに英国の音楽ユニットElvis Costello and the Attractionsから大きく影響を受けております。MVに関してはパロディーのようなものになっております。余談ですが、この『シーソーゲーム』をきっかけに、私自身がエルヴィス・コステロに興味を持つようになりました。

 『シーソーゲーム』の音域的な特徴についてです。まず、以前申し上げましたとおり、Mr.Childrenのシングル曲は音域が広めのものが多い傾向にあります。この『シーソーゲーム』についてもやはりそうです。それ故に、キーを調整することにはあまり向きません。カラオケや歌唱の練習などを考える際は、そうした点も考慮に入れておくと便利です。





 さて、『シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、同曲の地声最高音hiBはCメロで登場します。一般的には高い音階ですが、1か所ですので頑張って歌唱してみるのもよいかもしれません。ただ、後述しますように、シーソーゲームはサビが意外にしんどいです。キーを下げるのもよい選択肢だと思います。

 さて、サビについてですが、hiAが最高音にになります。hiAと聞くと滅茶苦茶高いキーというわけではないのですが、音源に忠実に歌唱しようすると、意外と余裕がありません。例えば、【君はあm2F#[い]m2G#[まい]F#[な]hiA[リアク]F#[ション]さ】と来て、すぐに【友人の評価はイマイチでも】と続きます。場合によっては、キーを下げることも考えてください。原曲キーから2~3程度下げるとかなり歌いやすくなると思います。そうした中で、少しずつ練習を重ねキーを上げていくのもアリだと思いいます。

 先にも述べましたが、『シーソーゲーム』は音域がやや広めの楽曲です。キー調整をする際は、とりわけCメロの低音部などが出にくくなる可能性があります。楽曲の質などを考えても初心者向きの作品ではありませんので、歌い慣れていない人は別の曲で練習した上で、この『シーソーゲーム』にチャレンジするのが吉だと思います。

 ちなみに、この『シーソーゲーム』を女性歌手の絢香さんがカバーしております。音域はmid1D#(D#3)~hiD#(D#5)になります。一般的にはしんどいキーだと思いますが、興味を持たれた女性は楽曲を探してみるのもよいかもしれません。



『Trailer』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『Trailer』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。今回は最低音の箇所について自信がありません。後々修正が入るかもしれません。

 なお、『Trailer』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、添付動画はありません。ご了承ください。


『Trailer』(Official髭男dism)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビで登場

hiA[最後]m2G[のペー]A[ジ]m2F#[を 読]G[み]F#[終え]たら
☆どんなこm2F#[ど]くよりもマシF#[さ] m2G[ah] F#[ah] [ah] hiA[ah]
hiA[最後]m2G[のペー]A[ジ]m2F#[が と]G[お]hiA裏[く]F#[な]ぁる

※☆のhiAは歌詞表記はありません

【裏声最高音】hiB(B4) ※サビで登場

★まちm2F#[がっ]てもhiB裏[いい]
m2F#[こ]F#[ど]F#[す]hiB裏[る]hiA[よ](ラストサビ)





【補足】mid2E(一部のみ)hiAの注意箇所

m2F#[ぼ]m2E[く][待っ]てる(Aメロ)
★滑りm2F#[台の上]、こ[し掛け]m2E[て]F#[待]ってる
★つm2F#[き]m2E[が]E[らっ]F#[て]
★それでm2F#[も気付けばうん]m2E[めい]E[う][れえ]hiA裏[て]F#[る]


★ 次はm2F#[ど]こに行こF#[う]m2G[か]hiA裏[な?]
★どんなこm2F#[ど]くよりもマシF#[さ]

★ぶm2F#[あ][い]m2G[や]F#[つ]

『Trailer』(Official髭男dism)









 まず、『Trailer』(トレーラー)についてです。この楽曲は、2017年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『レポート 』に収録されているナンバーです。ミニアルバムの最後を飾る一曲になっています。

 『Trailer』はゆったりとしたテンポのナンバーです。歌詞は少し抽象的であり、様々な解釈が出来そうな楽曲です。個人的には非常に好きです。また、2番Aメロでやや不協和音的に登場するキーボードも非常に好きです。楽曲の性質上、カラオケで盛り上がる類の歌では無いですが、歌詞内容にもあるように夜に聴きたい作品です。

 『Trailer』の音域的な特徴についてです。地声最高音がhiA程度であり、またごく一部を除くと低音部はmid2A辺りになります。全体として音域も狭めです。よって、キー調整などは行いやすいといえます。

 
 さて、『Trailer』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiB(B4) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはサビの冒頭に登場します。この辺りの音階は一般的にはやや高いキーになります。キーを下げるのも選択肢の一つですが、登場回数は少ないですので頑張って歌唱してみるのもアリだと思います。キーを下げる場合は、原曲キーから1~2程度下げるとよいのではないかと考えております。Official髭男dismの作品の中では比較的易しい部類の曲なのではないかと思います。

  
 『Trailer』は一部を除くと、mid2A辺りが低音として頻出します。よって、キーの調整なども行いやすいといえます。普段歌い慣れていない人は、原曲キーから3~4つ程度下げて、mid2F(#)辺りに設定するのも良いです。Official髭男dismのボーカル藤原聡さんは歌唱力が非常に高いのですが、アクの強い発声などは多くないと思います。よって、変にしゃくりを入れたりせずに、ある程度真っ直ぐな発声をしていれば、原曲のニュアンスに近づけるのではないかと思います。

 

『傘』(King Gnu)の音域

 こんにちは。今回はKing Gnuの『傘』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『傘』(King Gnu)、Kasa


【地声最低音】mid2A#(A#3)もしくはmid1A#(A#2)  

★3 m2F[か]m2G[い]めのアラーm2A#[ム]で(Aメロ)
A#[よ][や][起][上]がれm2F[そう]な朝


※Bメロで常田(低音)パートを歌唱する場合は、mid1A#になります。


【地声最高音】hiA#(A#5)  ※サビで頻出

m2G[さよ]hiA[な]hiA#[ら] hiA[ハイ]m2G[に]なった


【裏声最高音】hiD(D5) ※楽曲全体で2回

★もう何もm2F#[と]m2G#[どいちゃ]hiA[い]hiB[な]hiC#[いん]hiD[だ]

※2番サビ終了後にフェイクが入る(最高音hiF)





【補足】mid2F(一部略)hiBの注意箇所

★土砂降りだm2F[よ] F[傘]m2G[も]F[持た]ずにどこへ行くF[の?]
★曇りガラス越しのあm2G[な]たには
★m2D#[もう何]m2E[も]m2F#[と]m2G#[どいちゃ]hiA[い]hiB裏[ない]

★顔を洗ってコーヒーをなm2F#[が]m2G[し]hiA[込]hiA#裏[め]
☆運命なんてm2F[ハナ]から 信じきれやし[ない]よな(Bメロ)
☆深読みのし過ぎm2F[ばか]m2G[り]じゃ 満たされやしなF[く]
☆遠くで眺めていたm2F[く]m2G[無い]よな

★頼りないせなm2F#[か]m2G#[を]hiA[見]G#[た]

※☆の部分は低音パートを歌う場合は1オクターブ下のキーになります

『傘』(King Gnu)









 まず、『傘』についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングル作品です。この楽曲はブルボンの菓子「アルフォート」の新しいCM曲としてを書き下ろされたものだそうです。2020年1月に発売されるアルバム『CEREMONY』にも収録される予定です。

 『傘』は失恋が歌われた切ないナンバーです。ただバラードなどのような楽曲では無く、やや歌謡的なAメロ、韻を踏んだラップパートのようなBメロ、ややアップテンポ気味のサビと「楽曲のカラー」がパートごとにそれぞれ異なります。

 音域的な特徴についてです。この『傘』ですが、サビの途中で転調しており、メロディーが取りづらいです。具体例としては、【m2D#[もう何]m2E[も]m2F#[と]m2G#[どいちゃ]hiA[い]hiB裏[ない]】の部分です。サビは歌メロのテンポがやや速いなため、、少しのミス程度ではあまり目立たないと思います。ただ、音程がズレて、hiB,hiDなどの部分にミスが出ると、違和感がかなり大きくなります。楽曲をしっかり聴き込んでおきたいところです。




 さて、『傘』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3)もしくはmid1A#(A#2) ~【地声最高音】hiA#(A#5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid2A# もしくは mid1A#についてです。King Gnuはツインボーカルの方式が取られており、Bメロは1オクターブ異なる同じメロディーが歌唱されています。どちらのメロディー歌っても良いですが、個人的には井口さんの高音パートを歌唱した方が難易度が低いのではないかと思います。個人差がああると思いますので、各々試してみてください。mid2F,mid2Gがある程度使いなせる方であれば、音域が狭くなる分、井口さん(高音)のパートの方が楽だと思います。

 地声最高音hiA#についてはサビで登場します。一般的には高い音階ですので、場合によってはキーを下げることを考えてください。原曲キーから2つ程度下げるとmid2G#に設定され、歌いやすくなると思います。

 『傘』の難しい点はやはり、サビメロなどの音程です。楽曲をしっかり聴いた上で、上手く音程を取れるように心がけてください。『傘』は音域が必ずしも広くないため、King Gnuのシングルの中では比較的歌いやすい音域なのではないかと思います(逆に、常田さんのパートと井口さんのパートを一人で歌唱する場合はしんどいと考えています)。King Gnuを歌いたい人にとってはねらい目の一曲なのではないでしょうか。