J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

米津玄師

『感電』(米津玄師)の音域

こんにちは。今回は米津玄師さんの『感電』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲ですが、私自身もリストアップしていた作品です。

 当ブログが過去に取り上げた米津さんの作品については、以下を参考下さい⇒米津玄師の楽曲音域一覧(まとめ)


『感電』(米津玄師)、Kanden(Kenshi Yonezu)

『感電』(米津玄師)









【地声最低音】mid1A#(A#2)  

★困っちゃったワンm1B[ワン]m1A#[ワン](Aメロ)
★目指すm1B[のは] メロウB[な]m1A#[エン]B[ディング](2番Bメロ)


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※各サビ2回、曲全体で8回

★たった一m2F#[瞬]m2G#[の] m2E[こ]のきらF#[め]E[き]を(サビ)


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※Cメロで2回

★遺る瀬無m2F#[さ]hiB裏[引っ]hiA#[さ]hiC#[げ]B[て](Cメロ)


【補足】mid2EhiB辺りの注意箇所

★吹かし込んm2D#[だ]m2E[よん]D#[り]んしゃ(Aメロ)
★銀河m2F#[系]m2E[の]外れへと さようなら(Bメロ)

★いなずm2G#裏[ま]m2F#[の]様に生きていm2E[たい]だけ(サビ)
★肺にm2F#[すい]m2E[れ]ん 遠くのサイレン(Cメロ)

★それは心臓を hiB裏[刹]hiA#[那]m2F#地[に]m2E[揺らす]もの(ラストサビ)
★追いかけた途端に見m2E[う]m2F#[し]なっちゃうの
★いなずm2G#裏[ま]m2F#[の]hiA#[様]hIB[に]生きていたいだけ


 まず、『感電』についてです。この楽曲は、2020年8月に男性シンガーソングライターの米津玄師さんによりリリースされる予定のアルバム『STRAY SHEEP』(ストレイ・シープ)に収録されております。
 同曲は、綾野剛さんと星野源さんが主演を務めるテレビドラマ『MIU404』のために書き下ろされた作品です。

 『感電』はジャズ調のファンクロックナンバーです。編曲には米津さんとともに坂東祐大さんが携わっております。坂東さんは『海の幽霊』(過去記事)『馬と鹿』』(過去記事)『パプリカ(米津さんのソロ.ver)』』(過去記事)でもアレンジを担当しております。個人的には『感電』ではドラムの演奏が好きだと感じたのですが、ドラムはKing Gnuの初期メンバーでもある石若駿さんが担当されているそうです。



 さて、『感電』は【地声最低音】mid1A#(A#2)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な男性の音域の範囲内、もしくは少し高いといったところです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はサビで複数回登場します。この辺りから歌い慣れた男性でも発生しにくくなります。場合によってはキーを下げても良いと思います。ただ、『感電』は米津さんの作品では音域が広めですので、大きな調整はしづらいです。
 
 『感電』は音域が広めの作品です。また、レンジが男性の声域を覆うような形で歌われておりますので、一般的な男性はキー調整がしづらいです。歌い慣れた人であれば、少しの調整は可能だと思います。歌い慣れていない人は、やはり難しい部分が出てくると思います。ラストのサビでは裏声と地声を行き来するような場面もあり、その点でも少し難易度が上がります。

 『感電』は、ある程度歌い慣れた男性であればチャレンジしてもよいと思います(声が低めの人はやや大変かもしれません)。一方で、歌い慣れていない人の場合、米津さんの別の曲と並行して練習すると良いと思います。米津さんの作品群ではやや手を付けづらいと私は分析しました

 米津さんの他の曲についてはこちらを参考下さい⇒米津玄師の楽曲音域一覧(まとめ)



『花に嵐』(米津玄師)の音域

 こんにちは。今回は米津玄師さんの『花に嵐』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、はぎさんのベースカバー動画を添付いたします。


『花に嵐』(米津玄師)、Hana ni Arashi(Kenshi Yonezu)

『花に嵐』(米津玄師)










【地声最低音】mid1D(D3)  

★雨m1D#[と]m1D[か]D#[ぜ]D#[吹く](Aメロ)
★ 駅は水面に浮かm1D#[ん]m1D[でい]

※Bメロではmid1D#も多い

【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※Cメロで2回登場

★うずm2F[く]m2G#地[まっ]G[た][ま]まで
★嵐m2F[の]中あ[な]m2G[た]F[ぁを]m2G#地[待っ]G[て]

※サビではmid2Gが最高音

【裏声最高音】hiA#(A#4) ※サビとCメロで登場

★わたしはhiA#[取]m2G#[る]m2G[ぅに] m2F地[足りな]くて(サビ)
★じっhiA#裏[と]m2G#[た]m2G[だ]m2F[じっと](Cメロ)

※曲全体で9回登場します


【補足】mid2Fmid2G#辺りの注意点

★ひたすらに謝るのm2D#[だ]m2D[ろう](サビ前)

★かm2F[な]m2G[しく]て歌を歌うような(サビ) 

★苦m2F[しい]とかかF[な]m2G地[しい]とか(Cメロ) 
★恥m2G裏[ず]m2G#[かし]G[く]て言えm2F[なく]

★花 あm2F[な]m2G[た]がくれたのは 花(アウトロ)


 まず、『花に嵐』についてです。この楽曲は、2014年に男性シンガーソングライターの米津玄師さんによりリリースされたアルバム『YANKEE』(ヤンキー)に収録されています。アルバムの中でも人気の高い一曲です。

 『花に嵐』は疾走感のあるギターロックです。タイトルの『花に嵐』は井伏鱒二(いぶせますじ)が中国の漢詩を意訳したものへのオマージュだとされています。米津さんは『海と山椒魚』などでも井伏鱒二さんの影響を受けているようです。そうしたこともあり、『花と嵐』も様々な解釈がされる作品であります。
 



 さて、『花に嵐』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内、もしくは少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はCメロで登場します。登場回数は2回程度ですので、多くはありません。ただ、mid2F~mid2Gを伴った場面で、はっきりくっきりと発声されています。また、サビではmid2G辺りが多く登場します。
 mid2G#辺りになると、歌い慣れた人であっても発声が難しくなりやすいです。場合によっては少しキーを下げてもよいと思います。

 『花に嵐』は音域自体は滅茶苦茶には広くなく、低音部分にキー調整の余地があります。歌い慣れた人であれば、キーを調整すれば歌いやすくなるところが見つかりやすいと思います。
 一方で、同曲は裏声が多用されるなど、少し取っつきにくい部分もあります。歌い慣れていない人はキー調整をしても難しい部分が出てくるかもしれません。もし歌いにくいと感じた場合は、別の易しめの曲と並行して練習するとよいと思います。

 『花に嵐』はアルバム曲ですが、疾走感があり、歌メロも心地よくカラオケなどでも歌いやすいと思います。難易度自体もそこまで難しい部類ではないですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
 

『ゆめくいしょうじょ』(米津玄師)の音域

 こんにちは。今回は米津玄師さんの『ゆめくいしょうじょ』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりに、ボカロ曲『沙上の夢喰い少女』のセルフカバーということもあり、巡音ルカバージョンのMVを添付いたします。


『ゆめくいしょうじょ』(米津玄師),Yumekui Shoujo(Kenshi Yonezu)


『ゆめくいしょうじょ』(米津玄師)









【地声最低音】mid1D(D3)  

★ブーゲンビリアの花が咲いた 給水塔の上m1D[で](Aメロ)
m2D[ああ] [り]m2E[ん]D[か]くを失ってしまm1D[った](Cメロ)


【地声最高音】hiA(A4)  ※各サビで1回ずつ

★痛いの痛m2F#[い]m2G[の]ぉ飛んhiA[で]G[いけ](サビ)
★その涙でm2F#[む]m2G[ね]がいhiA[た]F#[ぁい]G[ぃの](ラストサビ)


【補足】mid2D(一部略)mid2G辺りの注意箇所

★コウノトリは あかんm2E[ぼ]うを連れ去り消えた(Bメロ)

★君の悪いm2F#[ゆ]m2G[め]ぇも(サビ)
m2G[や]m2F#[す]m2E[ら]かな歌声を

★君だm2D[け]にこも[り]m2E[う]D[た]m2G[を](Cメロ)

★側にいてm2E[お]m2F#[く]m2G[れ](ラストサビ)
★この朝にふF#[た]m2G[り]

※ボカロ作品としての『沙上の夢喰い少女』の音域はmid2C~hiGとなります。


 まず、『ゆめくいしょうじょ』についてです。この楽曲は、2017年にシンガーソングライターの米津玄師さんによりリリースされたシングル作品『ピースサイン』のカップリング曲として収録されております。
 『ゆめくいしょうじょ』の原曲は、2010年に米津さん自身がボカロPハチ名義でリリースした『沙上の夢喰い少女』であります。本作は米津さん自身がセルフカバーしたものであります。

 『ゆめくいしょうじょ』はピアノを基調としたバラード作品です。ピアノは東京事変のキーボードとしても活躍されている伊澤一葉さんが担当されております。私自身も、ピアノの間奏などが非常に耳に残りました。
 ボカロ作品の『沙上の夢喰い少女』はミディアムテンポのバンド曲です。よって、アレンジとしては、ボカロ曲としての原曲『沙上の夢喰い少女』と、セルフカバー『ゆめくいしょうじょ』ではかなり異なっております。

 『ゆめくいしょうじょ』の歌メロについてですが、AメロBメロサビといった形で馴染みやすいのではないかと思います。歌メロも非常に美しいですので、多くの人に届きうる作品なのではないかと思います。
 音域的な特徴についてですが、高音部分はやや高めですが、低音部分に余裕が少しありますので、キーを下げて歌唱すると歌いやすくなると思います。



 さて、『ゆめくいしょうじょ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAは各サビで1回ずつ登場します。また、mid2Gなどの中高音がサビで登場します。mid2F#,mid2G,hiA辺りがサビの目立つ部分で登場しますので、その辺りが上手く歌えるかどうかが試されます。
 hiA部分辺りは一般的な男性の音域よりやや高いですので、歌いにくいと感じられる場合は、キーを少し下げてもよいです。目安としては、原曲キーから1~2つ程度下げるとよいのではないかと思います。

 『ゆめくいしょうじょ』は低音部分に少し余裕がありますので、キーを下げて歌唱することも可能です。ある程度歌い慣れた人であれば、キーを調整すれば歌いこなせる可能性が高いのではないかと思います。 
 一方で、歌い慣れてていない人などは、キーを下げても歌いにくい部分も出てくるかもしれません。「キーの調整は可能であるが、歌い慣れていない人の場合、難しい部分もある」といったところだと思います。キーを調整しても難しい場合は、別の曲で練習して再チャレンジするのもアリです。

 『ゆめくいしょうじょ』はシングル曲のような派手さはないですが、メロディーなどが非常に美しいです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてもよいと思います。



『ピースサイン』『砂の惑星』(米津玄師)の音域調査【加筆】

(2019/02/21)初投稿
(2020/04/09)mid2F~mid2G辺りの音階も詳細に記載しました。解説も一部加筆しております。

 こんにちは。今回は米津玄師さんのアルバム『BOOTLEG』から、『ピースサイン』(2017)『砂の惑星』の2曲を取り上げます。よろしくお願いします。(※『砂の惑星 ( + 初音ミク )』については、youtubeの公式で公開されてる初音ミクバージョンを添付します)
 
 ※米津玄師さんの音域について、当ブログではこれまでに、『アイネクライネ』『爱丽丝(アリス)』『打上花火』(DAOKO×米津玄師)『打上花火』(米津玄師ソロver.)『馬と鹿』『海の幽霊』『orion』、『かいじゅうのマーチ』『恋と病熱』『春雷』『Nighthawks』『ナンバーナイン』『灰色と青 ( + 菅田将暉)』『飛燕』、『LOSER 』『ピースサイン』、『砂の惑星』米津玄師作詞作曲『パプリカ』(Foorin)『パプリカ』(米津玄師セルフカバー)『Flamingo』『フローライト』、『メトロノーム』『マトリョシカ』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。


①『ピースサイン』(米津玄師),Peace Sign(Kneshi Yonezu)♪
 

2017年6月21日発売【アルバム『BOOTLEG』収録


『ピースサイン』(米津玄師)









【地声最低音】mid1D#(D#3)

いつか僕らの上をスレスレに 通り過ぎD#[ていっ]たあの飛行機を(Aメロ)
★意味もないのに なぜm1D#[か]
m1D#[残]酷な[運]命が定まってるとして (Bメロ)
★それがいつの日か僕の前にあらm1D#[わ]れるとして
★どうでもいいm1D#[と お]もえた そのこm2F[こ]ろを

★君の言葉で蘇る 鮮やかにも 現れていm1D#[く](Cメロ)


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

★どうm2G[し]m2F[よう]m2G#[ない][ほ][ど]ねつれF[つ]G[に]
 転がっていくスm2G#[トー]m2G[リー]
★食べかけのまm2G[ま]F[捨てた]G[あ]m2G#[の]G[ゆ]F[め]
☆オーオーオーオーオ m2G[オッ]m2G#[オー]G[オー]オー

※☆は歌詞に無い部分

【補足】mid2Fmid2G辺りの注意箇所

☆オーm2G[オー]m2F[オー]オーオ

m2G[もう]m2F[一]度遠G[く]F[へ行]け遠くへ行けと(サビ) 
★僕の中で誰かF[がう]たう

★さらば掲げm2F[ろピース]m2G[サ]イン

削り削らm2G[れ]m2F[擦り切]G[れ]F[た]今が(Cメロ)
★もう一度取m2G[り]m2F[も]G[ど]F[ぉ]ぉせ

※☆は歌詞に無いイントロの部分



 まず、『ピースサイン』の音域についてですが、地声最低音mid1D#(D#3)~地声最高音 mid2G#(G#4) でメロディーが構成されています。音域はあまり広くないですが、上記するように最低音mid1D#が頻繁に登場します。高音域が得意な人はキーを上げることもありえますが、いずれにしても思った以上に余裕がないです。見た目以上に難しい楽曲だと思います。
 ちなみに、イントロの『オーオーオー』の部分の音域で一番高い点は、mid2G(G4)となります。間奏ではmid2G#です。よって、イントロの声の部分も再現しようとすると意外としんどいです。

 歌い慣れていない人はキーを下げても良いと思いますが、低音部分が意外に辛いです。キーを下げても歌いにくい場合は、別の曲で練習した上でチャレンジすると良いと思います。

 メロディーの節回しは速いので、①歌詞をちゃんと覚えておいてください。米津さんやRADWIMPSとBUMP OF CHICKENといったミュージシャンのテンポの速い曲は、歌詞を途中でミスすると、置いていかれることが多いです。
 また、②音の『継ぎ目』を意識することも大切です。具体的には


★「もう一度(継ぎ目)遠くへ行け(継ぎ目)遠くへ行けと(継ぎ目)僕の中で誰かが歌う(継ぎ目)どうしようも(継ぎ目【可能ならば】)ないほど熱烈にぃいぃぃ(継ぎ目)

といった感じです。『(継ぎ目)』の部分では音を繋げずに切ることを意識してください。呼吸が苦しくなると音程が狂いやすくなります。(継ぎ目)の部分で呼吸を節約するイメージを持つと安定すると思います。

 楽曲はアニメ『僕のヒーローアカデミア』のオープニングでも使用されたこともあり、人気が高く、カラオケなどでも盛り上がります。見た目以上に難しい楽曲ですが、手が届かないほど難しいわけではないと思います。比較的努力が報われやすいと私は考えております。





①『砂の惑星 ( + 初音ミク )(米津玄師),Peace Sign( + Miku Hatsune ),(Kneshi Yonezu)♪ 
2017年11月1日発売【アルバム『BOOTLEG』収録


『砂の惑星 ( + 初音ミク )』(米津玄師)









【地声最低音】 mid1F(F3)

★今後千年くm2F[さ]も生えない 砂のm1F[惑]星さ
m1F[の]らりくらり歩き回り たどm2F[り]着いた祈り
★m1F[ぶっ]飛んでいこうぜもっと
★砂漠に林檎の木を植m1F{え]よう


【地声最高音】
mid2G#(G#4)  

★つまりm2F[も]m2G[と]m2G#[どお]G~F[りバイ]バイG[バイ]


【補足】

★応えてくm2F#[れ]m2F[ぼ]くに
m2G[イェイ]今日のG[日は]m2F[サン]ゴーズダウン(サビ)
★心残り残m2G[さ]m2F[ない]ように
m2G[もうす]m2F[こ]しだけ友F[だ]ちでいようぜ今回は

★驚天動地そんで古今未會有のおm2F[もい]出は電子音
★歌ってm2F[お]どろうハッピーF[バース]デイ
★あとは誰m2F[か]m2F#{が]F[勝]手にどうぞ

★風がm2G[吹]m2F[き]曝しなおF[す]m2G[す]F[む]砂の惑星さ(ラスト)


 
 
 次に『砂の惑星 ( + 初音ミク )』について言及します。この楽曲はヒップホップの要素が非常に強い作品です。音域自体も地声最低音 mid1F(F3)~地声最高音 mid2G#(G#4)で構成されており、比較的狭い音域のポップソングといえるでしょう。
 音域が比較的狭いため、高音域がキツイと思われた方はキーを下げるのも手だと思います。

 この楽曲は歌詞のメロディーが独特であり、また歌の節回しも速いです。特に2番の「ぶっ飛んでいこうぜもっと~未會有の思い出は電子音」のあたりです。歌詞カード無しでは聞き取れないレベルだと思います。
 この楽曲についても、ピースサインで述べたように

①歌詞をしっかり覚えておく
②音の継ぎ目を意識する


といった対応が重要だと思います。
 
 楽曲についてはボカロ文化の現状について米津さんが考えたことが描写されていると言われています。サウンドも非常にかっこよく、中毒性が高い作品です。



『vivi』(米津玄師)の音域

 こんにちは。今回は米津玄師さんの『vivi』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『vivi』(米津玄師)、vivi(Kenshi Yonezu)


【地声最低音】mid1B(B3)  

★きっともう帰ることはなm1B[い](Aメロ)
m1B[言]葉にB[するとう]そくB[さく]なっB[て](Bメロ) 


【地声最高音】mid2F(F4)  ※Cメロで1回だけ

★どうにもならない心でm2F地[も] oh oh



【裏声最高音】mid2G#(G#4) ※サビで登場

m2G#裏[バイ]m2F#[バイ]しなm2D#[くちゃ]




【補足】mid2D#mid2Eの注意箇所

m2D#[愛し]てるよ、ビビ 明日になれD#[ば] (サビ)
m2D#[溶]m2E[け]出した琥珀の色 
★落ちていく気球m2D#[と]飛ぶカリブー
★あm2D#[な]たと歩いてきたんだ 

『vivi』(米津玄師)









 まず、『vivi』についてです。この楽曲は、2012年にシンガーソングライターの米津玄師さんによりリリースされたアルバム『diorama』に収録されています。アルバムの発売に先立ち、米津玄師さんのYouTube公式チャンネルでMVも公開されました。2020年3月現在、約4300万回もの再生回数を記録しています。アルバム『diorama』にはゴーゴー幽霊船『恋と病熱』も収録されています。

 さて、『vivi』についてです。サウンドとしては、美しい音色とやや暗めの(不協和音的な)音色がミックスされた伴奏が印象的です。楽曲全体を通して、こうしたサウンドは続いていきます。歌メロについてはやや暗めでありますが、AメロBメロサビといった形に則っており、その辺りは馴染みやすい部分なのではないかと思います。歌詞内容としては別れが歌われております。舞台となる街の影を帯びたような描写も印象的です。

 『恋と病熱』の音域的な特徴についてです。歌メロについては、比較的低めの音域で歌メロが作られています。裏声などを含めると、標準的な音域になるのですが、地声では高めの音としてmid2D#という音が多く登場します。この辺りの音であれば、普段歌い慣れていない人でも手を付けやすいのではないかと思います。歌詞内容、メロディーとしては、決してカラオケなどで歌いやすい曲とは言い難いですが、音域的には低めの声の男性にもお奨めできます。
 



 さて、『vivi』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B3)~【地声最高音】mid2F(F4)、【裏声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域に範囲内と言えます。以下、見ていきます。
 
 まず、地声最高音mid2Fについてですが、Cメロで1回だけ登場します。mid2F辺りは歌い慣れていない人の場合、ハードルになりやすいです。ただ、『vivi』では一度のみの登場ですので、努力すれば多くの人が届きうるのではないかと思います
 ちなみに、『vivi』はサビではmid2D#が地声の最高音になります。この辺りならば普段歌い慣れていない人でも手を付けやすいです。反面、サビでは裏声でmid2G#,mid2F#の音階が辺りが登場しますので、その点では少し歌いにくい部分かもしれません。

 『vivi』は最高音が低く、その点では手を出しやすいと言えます。ただ、音域自体は比較的広めであり、とりわけ低音部分はmid1B辺りが多く登場します。その点で低音部分がしんどいという人は多いかもしれません。高音域が得意な方の場合は、場合によってはキーを上げるのも選択肢です。
 また、歌い慣れておらず、広い音域に対応できないという方は、別の曲で歌い慣れた上でチャレンジするのもよいと思います。

 要約すると、「『vivi』は高音域は高くなく、高音が苦手な人でも手を付けやすい。ただ、音域が広く、低音域が多く登場するので、歌い慣れていない人は注意が必要」といったところです。「米津玄師さんの作品を歌いたいけど、高い音階が出ない」という方は『マトリョシカ』とともに、この『vivi』を選択肢に入れてみるのもよいかもしれません。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー