J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

米津玄師

『カイト』(嵐)の音域 / 米津玄師作詞作曲

 こんにちは。今回は嵐の『カイト』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 なお、同曲は、YouTubeのチャンネルでのみの公開となっており、ブログから視聴することは出来ないようです。リンクを貼っておりますので、興味を持たれた方は視聴してください。

『カイト』(嵐)、Kite(Arashi)
『カイト』(嵐)









【地声最低音】mid1C#(C#3)  

m1C#[に]ぎりしめていた糸(Aメロ)
★あなたm1D#[は]m1C#[言]D#[っ]た「愛してる」と(2番Bメロ)

【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※サビで登場

★(君の夢よ) かm2G#[な]m2F#[え]m2F[と]F[がう](サビ)


【補足】mid2Emid2F#辺りの注意点

★高く飛んでいくm2D#[カ]m2E[イト](Aメロ)
m2E[は]m2D#[な]さないよう
★その度にm2D#[や]まない夢と 空の青さを知っていD#[く](Bメロ)

m2F[か]m2F#[ぜ]F[が]吹けば うF[た]が流れる(サビ)
★溢m2F[れ]m2F#[出す] F[ラ]ル ラリ ラ

★嵐m2D#[の]中をかき[分]m2F#[け]F[て]D#[い]く(Cメロ)
★そm2D#[し]m2F[て]帰ろう 
★その糸m2F#[の]m2F[つ]F[がっ]た先まで


 まず、『カイト』についてです。この楽曲は、2020年に男性アイドルグループ嵐によりリリースされたシングル作品です。2019年より紅白歌合戦で歌唱映像が放送され、NHK『みんなのうた』などでも披露されていました。また、新型コロナの影響で延期されましたが、NHKのオリンピックテーマソングとして、大型のタイアップが予定されています。
 
 『カイト』はゆったり目のテンポのポップソングです。作詞作曲を男性シンガーソングライターの米津玄師さん、編曲を米津さんと坂東佑大さんが行っており、サビのストリングスが非常に目立ちます。坂東さんは『海の幽霊』(過去記事)『馬と鹿』(過去記事)『感電』(過去記事)といった米津さんの最近のシングル曲などでもアレンジを担当しています。そうしたこともあり、私自身は嵐の歌声とともに、米津さんのボーカルが重なって聞こえました。



 さて、『カイト』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な男性の音域の範囲内であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はサビで1回ずつ登場します。登場回数としては多くないですが、歌い慣れた男性であってもこのmid2G#辺りからスムーズな発声がしづらくなります。場合によっては、キーを少し下げて歌唱しても良いと思います。
 同曲は、おおよそ一般的な男性の音域の範囲内といえますが、Aメロ辺りからmid2E等比較的高めの音階が登場します。サビの歌メロのリズムも少し取り辛く、図に示すより歌いにくい作品なのではないかと思います。音域的な意味では難曲というわけではないですが、しっかり歌いこなすには力量が必要だと私は分析しています。
 私自身上手く言語化できずにいるのですが、とりわけサビのアレンジが非常に壮大であるため、それに負けない歌唱力が必要なのではないかと感じております。

 『カイト』は低音部分に少し余裕があり、キー調整が可能であります。ただ、図に示す程の余地は少なく、少しの調整程度に抑えておいた方が良いと思います。
 歌い慣れていない人も歌唱することが可能だと思いますが、練習曲としては必ずしも使いやすいとは言い難いように感じました。




『カムパネルラ』(米津玄師)の音域

 こんにちは。今回は米津玄師さんの『カムパネルラ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 当ブログでこれまで取り上げてきた米津さんの作品についてはこちらを参考下さい⇒米津玄師の楽曲音域一覧


『カムパネルラ』(米津玄師)、Campanella(Kenshi Yonezu)
『カムパネルラ』(米津玄師)









【地声最低音】mid1D(D3)  

★咲いたリンドウのm1D[花](Aメロ)

m1D[ひ]かりを受け止めて(Cメロ) 
★跳ねかm2E[え]m2F#[り] E[か]がやくクリスm1D[タル]
★輝きのそm1D[のひ]m1E[と]D[つ]


【地声最高音】hiB(B4)  ※曲全体で1回

m2F#[かが]hiB地[や]hiA[く]E[クリス]タル(Cメロ)

※BメロでhiAが複数回登場します


【裏声最高音】hiB(B4) ※サビで多く登場

hiB裏[あ]hiA[の]m2F#[ひ]との言う通り


【補足】mid2F#hiA辺りの注意点

★カムパネルラ ゆm2F#{め]m2E[を]F#[見]E[て]いた(Aメロ)
★真昼の海m2F#[で]眠る月hiA地[光]F#[蟲] (Bメロ)
m2E[時]E[だ]m2F#[け]通りE[過]F#[ぎ]ていく

m2F#[わた]m2G[し]F#[は]m2E[まだ]生きてゆくでしょう(サビ)
★きm2E[み]m2F#[を]憶えF#[て]いたい

★君m2F#[が]m2G[つ]けたきずF#[も](Cメロ) 
m2F#[かが]m2G[や]F#[き]E[の] そのひE[と]

m2F#[わた]m2G[し]F#[は]m2E[まだ]hiA裏[生]E[き]てゆける(ラスサビ)
★傷m2F#[が]m2E[あ]るでしょう
m2E[過]hiA[ち]hiA#裏[を]m2F#[知]E[ぃ]るでしょう
★カムm2E[パ]m2F#[ネ]E[ル]


 まず、『カムパネルラ』についてです。この楽曲は、2020年に男性シンガーソングライターの米津玄師さんによりリリースされたアルバム『STRAY SHEEP』(ストレイ・シープ)に収められております。アルバムの1曲目、リード曲にあたります。アルバムの発売と同時期にMVが公開され、多くの人気を集めております。

 『カムパネルラ』はミドルテンポのナンバーです。個人的には、ベース音と打楽器の音色が中毒性を感じます。タイトルは宮沢賢治の小説『銀河鉄道の夜』の登場人物であるカムパネルラからの引用だといわれています。

 同曲の歌メロの音域についてですが、米津さんの作品としては高めのキーで歌われております。過去には、TEENAGE RIOTLemon海の幽霊などが高めの作品でしたが、この『カムパネルラ』はhiBが地声最高音として登場し、hiAの回数もやや多めです。私自身まだしっかり歌唱したわけではないですが、一般的にも難しめの作品です。



 さて、『カムパネルラ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBについては、Cメロで1回だけ登場します。ここも大変なのですが、BメロでhiAが2回登場する場面もあります。上述のように楽曲全体でmid2E~mid2G辺りが多く登場するため、持久力も要求されると思います。
 一般的な男性の場合は、少しキーを下げて歌唱した方が歌いやすいです。原曲キーから2つ程度キーを下げるのを目安にしてみてください。

 『カムパネルラ』は低音部分に少し余裕がり、キーの調整は可能であります。ただ、米津さんは高音域をエモーショナルに歌唱しており、裏声なども登場します。よって、キーを調整するにしても、ある程度歌い慣れた人向けの作品なのではないかと私は分析しております。

 同曲は、男性曲の難易度としてはやや難しい作品(原曲キー)といえますが、カラオケなどでも歌いやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

 ※これまで取り上げてきた米津さんの作品についてはこちらを参考下さい⇒米津玄師の楽曲音域一覧



『感電』(米津玄師)の音域

(2020/08/05)Cメロで一部音階ミスがありましたので修正しました。

 こんにちは。今回は米津玄師さんの『感電』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲ですが、私自身もリストアップしていた作品です。

 当ブログが過去に取り上げた米津さんの作品については、以下を参考下さい⇒米津玄師の楽曲音域一覧(まとめ)


『感電』(米津玄師)、Kanden(Kenshi Yonezu)

『感電』(米津玄師)









【地声最低音】mid1A#(A#2)  

★困っちゃったワンm1B[ワン]m1A#[ワン](Aメロ)
★目指すm1B[のは] メロウB[な]m1A#[エン]B[ディング](2番Bメロ)


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※各サビ2回、曲全体で8回

★たった一m2F#[瞬]m2G#[の] m2E[こ]のきらF#[め]E[き]を(サビ)


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※Cメロで2回

★遺る瀬無m2F#[さ]hiB裏[引っ]hiA#[さ]hiC#[げ]B[て](Cメロ)


【補足】mid2EhiB辺りの注意箇所

★吹かし込んm2D#[だ]m2E[よん]D#[り]んしゃ(Aメロ)
★銀河m2F#[系]m2E[の]外れへと さようなら(Bメロ)

★いなずm2G#裏[ま]m2F#[の]様に生きていm2E[たい]だけ(サビ)
★肺にm2F#[すい]m2F[れ]ん 遠くのサイレン(Cメロ)

★それは心臓を hiB裏[刹]hiA#[那]m2F#地[に]m2E[揺らす]もの(ラストサビ)
★追いかけた途端に見m2E[う]m2F#[し]なっちゃうの
★いなずm2G#裏[ま]m2F#[の]hiA#[様]hIB[に]生きていたいだけ


 まず、『感電』についてです。この楽曲は、2020年8月に男性シンガーソングライターの米津玄師さんによりリリースされる予定のアルバム『STRAY SHEEP』(ストレイ・シープ)に収録されております。
 同曲は、綾野剛さんと星野源さんが主演を務めるテレビドラマ『MIU404』のために書き下ろされた作品です。

 『感電』はジャズ調のファンクロックナンバーです。編曲には米津さんとともに坂東祐大さんが携わっております。坂東さんは『海の幽霊』(過去記事)『馬と鹿』』(過去記事)『パプリカ(米津さんのソロ.ver)』』(過去記事)でもアレンジを担当しております。個人的には『感電』ではドラムの演奏が好きだと感じたのですが、ドラムはKing Gnuの初期メンバーでもある石若駿さんが担当されているそうです。



 さて、『感電』は【地声最低音】mid1A#(A#2)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な男性の音域の範囲内、もしくは少し高いといったところです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はサビで複数回登場します。この辺りから歌い慣れた男性でも発生しにくくなります。場合によってはキーを下げても良いと思います。ただ、『感電』は米津さんの作品では音域が広めですので、大きな調整はしづらいです。
 
 『感電』は音域が広めの作品です。また、レンジが男性の声域を覆うような形で歌われておりますので、一般的な男性はキー調整がしづらいです。歌い慣れた人であれば、少しの調整は可能だと思います。歌い慣れていない人は、やはり難しい部分が出てくると思います。ラストのサビでは裏声と地声を行き来するような場面もあり、その点でも少し難易度が上がります。

 『感電』は、ある程度歌い慣れた男性であればチャレンジしてもよいと思います(声が低めの人はやや大変かもしれません)。一方で、歌い慣れていない人の場合、米津さんの別の曲と並行して練習すると良いと思います。米津さんの作品群ではやや手を付けづらいと私は分析しました

 米津さんの他の曲についてはこちらを参考下さい⇒米津玄師の楽曲音域一覧(まとめ)



『花に嵐』(米津玄師)の音域

 こんにちは。今回は米津玄師さんの『花に嵐』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、はぎさんのベースカバー動画を添付いたします。

当ブログでこれまで取り上げてきた米津さんの作品についてはこちらを参考下さい⇒米津玄師の楽曲音域一覧


『花に嵐』(米津玄師)、Hana ni Arashi(Kenshi Yonezu)

『花に嵐』(米津玄師)










【地声最低音】mid1D(D3)  

★雨m1D#[と]m1D[か]D#[ぜ]D#[吹く](Aメロ)
★ 駅は水面に浮かm1D#[ん]m1D[でい]

※Bメロではmid1D#も多い

【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※Cメロで2回登場

★うずm2F[く]m2G#地[まっ]G[た][ま]まで
★嵐m2F[の]中あ[な]m2G[た]F[ぁを]m2G#地[待っ]G[て]

※サビではmid2Gが最高音

【裏声最高音】hiA#(A#4) ※サビとCメロで登場

★わたしはhiA#[取]m2G#[る]m2G[ぅに] m2F地[足りな]くて(サビ)
★じっhiA#裏[と]m2G#[た]m2G[だ]m2F[じっと](Cメロ)

※曲全体で9回登場します


【補足】mid2Fmid2G#辺りの注意点

★ひたすらに謝るのm2D#[だ]m2D[ろう](サビ前)

★かm2F[な]m2G[しく]て歌を歌うような(サビ) 

★苦m2F[しい]とかかF[な]m2G地[しい]とか(Cメロ) 
★恥m2G裏[ず]m2G#[かし]G[く]て言えm2F[なく]

★花 あm2F[な]m2G[た]がくれたのは 花(アウトロ)


 まず、『花に嵐』についてです。この楽曲は、2014年に男性シンガーソングライターの米津玄師さんによりリリースされたアルバム『YANKEE』(ヤンキー)に収録されています。アルバムの中でも人気の高い一曲です。

 『花に嵐』は疾走感のあるギターロックです。タイトルの『花に嵐』は井伏鱒二(いぶせますじ)が中国の漢詩を意訳したものへのオマージュだとされています。米津さんは『海と山椒魚』などでも井伏鱒二さんの影響を受けているようです。そうしたこともあり、『花と嵐』も様々な解釈がされる作品であります。
 



 さて、『花に嵐』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内、もしくは少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はCメロで登場します。登場回数は2回程度ですので、多くはありません。ただ、mid2F~mid2Gを伴った場面で、はっきりくっきりと発声されています。また、サビではmid2G辺りが多く登場します。
 mid2G#辺りになると、歌い慣れた人であっても発声が難しくなりやすいです。場合によっては少しキーを下げてもよいと思います。

 『花に嵐』は音域自体は滅茶苦茶には広くなく、低音部分にキー調整の余地があります。歌い慣れた人であれば、キーを調整すれば歌いやすくなるところが見つかりやすいと思います。
 一方で、同曲は裏声が多用されるなど、少し取っつきにくい部分もあります。歌い慣れていない人はキー調整をしても難しい部分が出てくるかもしれません。もし歌いにくいと感じた場合は、別の易しめの曲と並行して練習するとよいと思います。

 『花に嵐』はアルバム曲ですが、疾走感があり、歌メロも心地よくカラオケなどでも歌いやすいと思います。難易度自体もそこまで難しい部類ではないですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

※当ブログでこれまで取り上げてきた米津さんの作品についてはこちらを参考下さい⇒米津玄師の楽曲音域一覧
 

『ゆめくいしょうじょ』(米津玄師)の音域

 こんにちは。今回は米津玄師さんの『ゆめくいしょうじょ』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりに、ボカロ曲『沙上の夢喰い少女』のセルフカバーということもあり、巡音ルカバージョンのMVを添付いたします。

※当ブログでこれまで取り上げてきた米津さんの作品についてはこちらを参考下さい⇒米津玄師の楽曲音域一覧

『ゆめくいしょうじょ』(米津玄師),Yumekui Shoujo(Kenshi Yonezu)


『ゆめくいしょうじょ』(米津玄師)









【地声最低音】mid1D(D3)  

★ブーゲンビリアの花が咲いた 給水塔の上m1D[で](Aメロ)
m2D[ああ] [り]m2E[ん]D[か]くを失ってしまm1D[った](Cメロ)


【地声最高音】hiA(A4)  ※各サビで1回ずつ

★痛いの痛m2F#[い]m2G[の]ぉ飛んhiA[で]G[いけ](サビ)
★その涙でm2F#[む]m2G[ね]がいhiA[た]F#[ぁい]G[ぃの](ラストサビ)


【補足】mid2D(一部略)mid2G辺りの注意箇所

★コウノトリは あかんm2E[ぼ]うを連れ去り消えた(Bメロ)

★君の悪いm2F#[ゆ]m2G[め]ぇも(サビ)
m2G[や]m2F#[す]m2E[ら]かな歌声を

★君だm2D[け]にこも[り]m2E[う]D[た]m2G[を](Cメロ)

★側にいてm2E[お]m2F#[く]m2G[れ](ラストサビ)
★この朝にふF#[た]m2G[り]

※ボカロ作品としての『沙上の夢喰い少女』の音域はmid2C~hiGとなります。


 まず、『ゆめくいしょうじょ』についてです。この楽曲は、2017年にシンガーソングライターの米津玄師さんによりリリースされたシングル作品『ピースサイン』のカップリング曲として収録されております。
 『ゆめくいしょうじょ』の原曲は、2010年に米津さん自身がボカロPハチ名義でリリースした『沙上の夢喰い少女』であります。本作は米津さん自身がセルフカバーしたものであります。

 『ゆめくいしょうじょ』はピアノを基調としたバラード作品です。ピアノは東京事変のキーボードとしても活躍されている伊澤一葉さんが担当されております。私自身も、ピアノの間奏などが非常に耳に残りました。
 ボカロ作品の『沙上の夢喰い少女』はミディアムテンポのバンド曲です。よって、アレンジとしては、ボカロ曲としての原曲『沙上の夢喰い少女』と、セルフカバー『ゆめくいしょうじょ』ではかなり異なっております。

 『ゆめくいしょうじょ』の歌メロについてですが、AメロBメロサビといった形で馴染みやすいのではないかと思います。歌メロも非常に美しいですので、多くの人に届きうる作品なのではないかと思います。
 音域的な特徴についてですが、高音部分はやや高めですが、低音部分に余裕が少しありますので、キーを下げて歌唱すると歌いやすくなると思います。



 さて、『ゆめくいしょうじょ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAは各サビで1回ずつ登場します。また、mid2Gなどの中高音がサビで登場します。mid2F#,mid2G,hiA辺りがサビの目立つ部分で登場しますので、その辺りが上手く歌えるかどうかが試されます。
 hiA部分辺りは一般的な男性の音域よりやや高いですので、歌いにくいと感じられる場合は、キーを少し下げてもよいです。目安としては、原曲キーから1~2つ程度下げるとよいのではないかと思います。

 『ゆめくいしょうじょ』は低音部分に少し余裕がありますので、キーを下げて歌唱することも可能です。ある程度歌い慣れた人であれば、キーを調整すれば歌いこなせる可能性が高いのではないかと思います。 
 一方で、歌い慣れてていない人などは、キーを下げても歌いにくい部分も出てくるかもしれません。「キーの調整は可能であるが、歌い慣れていない人の場合、難しい部分もある」といったところだと思います。キーを調整しても難しい場合は、別の曲で練習して再チャレンジするのもアリです。

 『ゆめくいしょうじょ』はシングル曲のような派手さはないですが、メロディーなどが非常に美しいです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてもよいと思います。

※当ブログでこれまで取り上げてきた米津さんの作品についてはこちらを参考下さい⇒米津玄師の楽曲音域一覧


管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー