J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

ONE OK ROCK

『Heartache』(ONE OK ROCK)の音域

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『Heartache』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『Heartache』は公式チャンネルではジャムセッションバージョンが公開されておりますので、そちらを添付いたします。


『Heartache』(ONE OK ROCK)

『Heartache』(ONE OK ROCK)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  ※2番のAメロ

m1F#[ぼ]くの心に[ゆ]いいつ(触れられる事ができた君は

※ここ以外では、mid1G#が低音階として登場します

【地声/裏声最高音】hiC#(C#5)  

★m2F[So] m2F#[this] F[is] hiC-hiC#[heart-ache?

※ラストサビで1回、同フレーズが地声で歌われてます。


【補足】mid2Fmid2G#辺りの注意点

m1G#[But] m2F[I’m] still the same(Aメロ)
m1G#[will] find ano[ther]m2G# m2F[yo]u [That] can’t be true

★Why didn’t I m2G#-m2F[re][ali]ze?(Bメロ)
m2G#[Yeah I wish] m2F#[that I] m2F[could do] it a[ga]in
m2G#[back when you] were mine (m2F[a]ll mine)

m2G#[拾い]m2F#[集め]m2F[た後]悔は (サビ)
★涙m1G#[へ]とか[わ]F[oh] baby
★ 思い出に変わる m2F[I ]miss you

★固く結んm2F[だ]その結び目は (略) 強く引けば引m2G#[く]F[ほ]どに(Cメロ)
★今はm2G#[辛]m2F[いよ]ぉぉそれが辛いよ
★すぐ忘れm2G#[た]m2F[いよ き]m2F#[み]m2G#[を]


 まず、『Heartache』(ハートエイク)についてです。この楽曲は、2015年にリリースされたアルバム『35xxxv』に収録されています。バンドサウンドを基調としたバラードで、カラオケなどで歌唱すると非常に映えるのではないかと思います。
 『Heartache』はアルバムの発売と同時に、MVが公開され、2020年6月現在、5000万回近くの再生回数を記録しています。人気の高い1曲だと思います。

 『Heartache』の音域的な特徴についてです。男性の音域としては高めでありますが、低音部分に余裕があり、キーを下げて調整することが可能です。地声最高音hiC#はラストのサビで1回登場します。



 さて、『Heartache』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声/裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域より高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#については、ラストのサビで1回だけ登場します。【★m2F[So] m2F#[this] F[is] hiC-hiC#[heart-ache?] 】のフレーズです。この場面以外では裏声で歌唱されていますので、高音域が苦手な方は「裏声」で歌唱するのも選択肢だと思います。
 この一場面を除けば、地声はmid2G#が最高音になり、比較的手を付けやすくなります。ただ、Takaさんのような柔らかな表現をしたい場合、キーを下げて歌唱した方が良いかもしれません。mid2F~mid2G#の登場回数が多いので、原曲キーでは意外と余裕がないかもしれません。

 『Heartache』は低音部分に余裕があり、キーの調整はしやすいです。地声最高音のhiC#の部分を裏声で歌唱するのであれば、歌い慣れていない人も練習曲として使いやすいのではないかと思います。

 『Heartache』はONE OK ROCKの作品では比較的手を付けやすいと私は分析しました。「ONE OK ROCKを歌いたいけど高すぎる」という人にもお奨めしたい1曲です。バラードですので、表現力の勉強にも使いやすいと思います。
 



『Wherever you are』(ONE OK ROCK)の音域と感想【加筆】

(2019/03/04)初投稿
(2020/05/24)mid2F#(一部略)hiBまでを詳細に記載しました。
 
こんにちは。今回はONE OK ROCKの『Wherever you are』(2010)を取り上げます。この楽曲はアルバム『Nicheシンドローム』(2010)の収録されいる楽曲です。よろしくお願いします。

 また、この楽曲は現在youtubeの公式チャンネルでは公開されておりません。代わりの動画として、ゴミさんのギターカバー動画を添付いたします。

 ONE OK ROCKについては、以前に『Change』、『Stand Out Fit In』『Taking Off』『Eye of the Storm』『In the Stars(feat. Kiiara)』を取り上げました。興味を持たれた方は、そちらもどうぞ。



『Wherever you are』(ONE OK ROCK)
2010年6月9日発売【アルバム『Nicheシンドローム』収録】


『Wherever you are』(ONE OK ROCK)










【地声最低音】mid1G#(G#3)

★m1G#(To)night, tonig(ht) You are my angel (Aメロ)


【地声最高音】hiC#(C#5)   ※

★1ばhiC#[ん]hiB[め]C#[の][記]念すm2G#[べき]hiA[日]G#[だね]ぇ(Cメロ)


【補足】mid2F#(一部略)hiBの注意箇所

m2G#[あ]いしてるG#[よ] ふG#[た]りはひhiB[とつ]G#[に]G#[ぃ](Aメロ)

★Wherever you are, I always ma-[-ke you smile]m2F#(サビ)
★Whatever you say, 君を思う気m2F#[持ち]
★I pro-G#[-mise you]hiA~m2G#[for-e-]ver"right now

hiB[死]m2G#[ぬ]m2F#[ま] B[Stay] m2G#[wi-th]F# me
★ We carry m2F#[on…]

★I never say m2F#-hiB-m2G#[goodby-e-e-e-e](2番サビ、ラストサビ)

★ぼm2G#[く][が][逢った][は] m2G#[ふ]hiB[た]りにとって

★心から愛しいm2F#[人]m2G#[ぉ](ラストサビ)



 さて、『Wherever you are』についてですが、この楽曲はアルバム『Nicheシンドローム』(2010)の収録されいる楽曲です。この楽曲の知名度上昇に大きく貢献したのは、2016年のNTTドコモのCMソングとしてのタイアップだと思います。ONE OK ROCKについてほとんど知識がない人でも「この曲は知ってる」という人も多いかもしれません。シングル曲ではないにも関わらず、非常に人気の高い作品であります。

 楽曲については、ポストハードコアサウンドのラブバラードであります。メロディーの美しさもさることながら、2番のサビ以降に厚みの増したバンドサウンドが非常にエモーショナルです。楽曲の力強さを引き立てます。特にCメロの「僕らが出会ったひは二人にとって」以降の部分が印象的です。

 ライブなどではアコースティックアレンジで披露されることもあるようです。これは『Wherever you are』のメロディーの美しさによるものだと思います。しっとりとしたアレンジは、楽曲の世界観を引き立てると思います。




 『Wherever you are』の音域についてですが、地声最低音mid1G#(G#3)~地声最高音hiC#(C#5)   でメロディーが構成されています。一般的な男性の音域と比べて、非常に高いです。
 
 ちなみにONE OK ROCKのライブでは半音下げて(♭1)で歌われることも多いようです。半音下げても地声最低音mid1G(G3)~地声最高音hiC(C5)で一般の男性が歌うには非常に高い音域です。

 さて、この『Wherever you are』ですが、原曲キーはおろか、半音下げても歌えないという男性はかなり多いと思います。原曲キーなどにあまりこだわらない方がいいと思います。

 まず『Wherever you are』の特徴としては、

①音域自体はそこまで広くない
②美しいラブバラード

という点が挙げられます。

 よって「キーを思い切り下げて自分に合った音域で【しっとり】歌う」というアレンジも十分にあり得ます実際にONE OK ROCKのライブでは、アコースティックなアレンジで歌われることもあるようです。もしカラオケなどでアコースティックのアレンジがあれば、そちらで歌うと良いと思います。キーを下げても全然問題ありません。この美しいメロディーに寄り添うような発声を心がけてください。

 ちなみに女性が原キーのまま歌うというのもアリだと思います。Takaさんのように力強く歌うのも、逆に優しく歌うのもありえます。自由度が大きな楽曲です。

 もし、1つ気を付ける点があるとすれば、英語の美しい発音を心がけることです。ネットで検索すれば、英語の発音について解説しているサイト等が見つかると思います。また、英語辞典(ネットでも紙でも可)などでも「発音記号」をチェックしてみてください。英語にはそれぞれ「発音記号」があり、それに従って声を出せば美しい発音に繋がります。

 注意点としては、音や耳だけに頼らない」ということです。『口の形』『舌の位置』といったイラストが記載されているサイトや書籍なども参考にしてみてください。非常にイメージが掴みやすくてお奨めです。



『Good Goodbye』(ONE OK ROCK)の音域

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『Good Goodbye』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は昨年の末にリクエストを受けて、ずっと記事に出来ていなかったものです。リクエストされた方には大変お待たせしました。

 なお、『Good Goodbye』はアーティスト及びレーベルの公式チャンネルで音源やMVが公開されておりません。代わりの動画として、Sunsaysさんのドラムカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカルの表現がフル尺で確認できます。


『Good Goodbye』(ONE OK ROCK)

『Good Goodbye』(ONE OK ROCK)









【地声最低音】mid1C#(C#3)  

m1C#[I ] m2F#[come] to you There is one word that I can't forget(Bメロ)
★Little time m1C#[not a] moment wasted with you(2番Aメロ)


【地声最高音】mid2F#(F#4)  

m2F#[Come] to me All that I can say's already said(Bメロ)

※Bメロで2回ずつ登場します


【裏声最高音】hiB(B4) 

★Goodbye Good goodbye GoodhiA#[bye] hiB[Ah] (2番サビ)

※2番サビのみで登場します。見やすいように「Ah」表記しております。

【補足】mid2F#hiA#辺りの注意箇所

☆Good--hiA#裏[-bye] Good good-hiA#[-bye] m2G#[Ah] m2F#[Ah] G#[Ah] 
★Goodbye Good goodbye m2F#[Yeah](1番サビの終わり)


※☆の部分はあえて「Ah」で表現しております。
※楽曲の終盤でイェイェイェイのフェイクが入りますが、そこを考慮するとhiA#が地声最高音になります。


 まず、『Good Goodbye』についてです。この楽曲は、2015年にロックバンドONE OK ROCKによりリリースされたアルバム『35xxxv』(サーティーファイブ)に収録されています。リード曲などでもなく、タイアップも確認できません。作曲者にはColin Brittainさんがクレジットされております。Colin Brittainさんは米国のソングライターであり、日本ではほかにMIYABIさんや、Aimerさんの作品にも携わっております。

 『Good Goodbye』はアコースティックギターなどを基調としたミディアムテンポのナンバーです。そこにストリングスなども交えられます。ONE OK ROCKの荒々しさとは異なり、クリーンなサウンド、美しい歌メロなどが特徴的です。
 歌メロについては、AメロBメロサビといった形なのですが、シングル曲などと比べると、シンプルな作りです。歌メロを覚えるだけであれば、そこまでの難しさはないと思います。ただ、この楽曲は歌詞が全て英語で書かれており、その点での取っつきにくさはあります。ただ、テンポは緩やかですのはそこまで難しくはないのではないかと私は考えております。




 さて、『Good Goodbye』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】mid2F#(F#4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な男性の音域の範囲内だと言えます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2F#についてはBメロで登場します。この辺りは、一般的な男性の音域の範囲内です。比較的努力が報われやすいのではないかと思います。柔らかく発声したい場合は、少しキーを下げても良いかもしれません。

 この『Good Goodbye』はサビで裏声が多用されます。歌い慣れていない人は少し苦戦するかもしれませんが、hiA#,hiB辺りであれば練習を重ねると届きやすいです。少しずつ慣れていってください。
 一般的には、地声の最高音よりも、裏声最高音の方が広がりやすいです。地声の最高音が低い方は裏声を上手く使いこなすというのも一つの手だと思います。

 『Good Goodbye』は地声最高音自体はそこまで高くありませんので、キーの調整なども行いやすいと言えます。普段歌い慣れていない人向けにもキー調整が可能なのではないかと思います。
 
 当ブログで以前に『欲望に満ちた青年団』が比較的歌いやすいONE OK ROCKの作品であると紹介しました。しかし、この『Good Goodbye』の方がより歌いやすい作品なのではないかと私自身は考えております。「ONE OK ROCKの作品を歌いたいけど、高音域が得意ではない人」に強くお奨めしたい作品の一つです。。



『Mighty Long Fall』(ONE OK ROCK)の音域 / 映画『るろうに剣心 京都大火編』主題歌

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『Mighty Long Fall』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『Mighty Long Fall』(ONE OK ROCK)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  ※Aメロ

★When we met the pain stood still m1F#[It] was us


【地声最高音】hiC#(C#5)  

★But inside it seems I'm just a little boy hiC#~hiA#~m2G#[No-thin-g] A#,G#[e-lse](サビ前)
hiA#[Oh no] m2G#[it's] a hiC#[wake] A#{up] G#[call](サビ)
★じゃhiC#[どう]hiA#[す]m2G#[る]C#[どう]A#{し]G#[よ!](2番Bメロ)
★つhiC#[づ]hiB[け]hiA#[よ]B[う]A#[ぅ](2番サビ)
★Running with m2G#[the] hiA#[de-]-mons in hiC#[your] hiB~A#[hea-d](Cメロ)
hiC#[Let's shout]hiB[ it out] hiA#~m2G#[com-ple-]tely


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※Cメロで1回

★Time to make m2G#~hiA#[a-mends] for wha-[t you]hiC#hiB~hiA#[di-d]



【補足】mid2G#hiA#の注意箇所

★Then m2F#m2F[su][dden]ly it's F#[where'd] F[you] go?(Aメロ)
★This side of me I want m2G#[a] hiA#~m2G#[li-ttle] more(Bメロ)

hiA#[Don't go]m2G#[it's] a G#~A#[mi-ghty] G#[lo-]ng fall(サビ) 
★When you thought love m2G#[was] hiA#[the] G#[top]
★It seems like m2G#~hiA#gra-[-vi-ty] keeps [pu-]-lling us A#[back] G#[down]


hiB[Get up] Get up hiB[Get up] Get up(Cメロ)
★You m2G#[ne-]ver G#[rea-]-lly G#[wa-]nna hiA#~G#[kno-w] A#[oh] 


『Mighty Long Fall』(ONE OK ROCK)









 まず、『Mighty Long Fall』についてです。この楽曲は、2014年に4人組ロックバンドONE OK ROCKによりリリースされたシングル作品です。アルバム『35xxxv』(サーティーファイブ)に収録されました。ONE OK ROCKのフィジカルによるシングルリリースとしては現状一番新しいものになり、それ以降は配信でのリリースになっていきます。この辺りは配信やストリーミングが盛んになっていく近年の流れとも関係すると思います。
 『Mighty Long Fall』は、和月伸宏さんの漫画を原作とした実写映画『るろうに剣心 京都大火編』の主題歌として書き下ろされた作品です。ONE OK ROCKは以前にも、『The Beginning』を『るろうに剣心』のために書き下ろしています。

 『Mighty Long Fall』はONE OK ROCKらしい疾走感のあるロックナンバーになっています。ただ、この頃から海外進出が強く意識されるようになりました。作詞作曲編曲にジョン・フェルドマンが共同で関わっております。
 
 『Mighty Long Fall』の音域についてですが、女性のような音域で歌メロディーが作られております。男性にとっては低音部分に余裕がありますので、キーを下げて歌唱すると歌いやすいのではないかと思います。




 さて、『Mighty Long Fall』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#についてです。hiC#はサビ近辺、Cメロを中心に多く登場します。よって、その分難易度も高めになります。
 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱するのが良いのではないかと思います。目安として、原曲キーから5下げると、mid2G#に設定されます。この辺りは、男性の音域としてはやや高いですが、自分にとってギリギリくらいの音階を歌いこなす方が楽曲のニュアンスを表現しやすいと私は考えております。当然、高めのキーを上手く使いこなすには練習が必要になります。各々のキーに合わせて、調整してみてください。

 『Mighty Long Fall』は音域自体はそこまで広くなく、低音部分に余裕があります。よって、キー調整などは行いやすいです。理論上の話ですが、普段歌い慣れていない人がキーを大きく下げて歌唱することにも対応できると思います。その点では融通が利いているといえます。
 ただ、ONE OK ROCKの楽曲を歌いこなすには、ボーカルTakaさんの抑揚やニュアンスを上手く表現することも重要であります。キーを下げただけで上手く歌唱できるわけではないですので、しっかり練習を重ねる必要があります。その点については留意しておいてください。
 
 ONE OK ROCKの作品は声質的にはマッチし辛いですが、音域的には女性の方が合いやすいです。興味を持たれた女性はチャレンジしてみても良いかもしれません。



『Change』、『Stand Out Fit In』(ONE OK ROCK)の音域【修正】

(2019/02/19)初投稿
(2019/03/19)②にて裏声最高音にミス。画像と共に修正しました
(2020/01/19)『Stand Out Fit In』の地声最高音を修正しました。hiC⇒hiB

 こんにちは。今回はONE OK ROCKのChange』、『Stand Out Fit In』の2曲を取り上げます。よろしくお願いします。この2曲はアルバム『Eye of the Storm』(2019)に収録されいる楽曲です。
 ONE OK ROCKについては、以前にを取り上げました。

①『Change』(ONE OK ROCK)
2019年2月13日発売【アルバム『Eye of the Storm』収録】


【地声最低音】mid1G(G3)

How did we let it go this far? Ah Ah Ah Ah


【地声最高音】hiA# (A#4) サビ全体を通して連発

Hey, you know it's not too late for us to make a change
Cause we got what it takes to stay


※最後のサビ(コーラスの部分で) hiD#のファルセット等が確認されます

『Change』(ONE OK ROCK)







 


 さて、まず『Change』についてですが、地声最低音mid1G(G3)~地声最高音hiA# (A#4) でメロディーが構成されています。私は彼らの楽曲のすべてを把握しているわけではないですが、ONE OK ROCKの楽曲ではかなり狭い音域の楽曲だと思います。
 ただ、上述した通り、サビ全体を通して、hiA#(A#4)が連発されますので、見た目以上に難しいです。このキーが上手くなせるという人でもマシンガンのようにこの音が発されると辛いのではないでしょうか。前回レビューしたよりは明らかに歌いにくいと感じます。

 辛い場合は、キーを下げて練習するのも選択肢の一つです。それでも、『完全感覚Dreamer』などと比べると歌いやすく、努力の成果が出やすい曲だと思います。

 『Change』について個人的に感じたことですが、楽曲のクオリティもそうですが、MVが非常に魅力的でした。
 



②『Stand Out Fit In』(ONE OK ROCK)
2019年2月13日発売【アルバム『Eye of the Storm』収録】

【地声最低音】mid1F#(F#3)

Guess I don’t dress how they want
I just wanna be myself, I  can’t be someone else


【地声最高音】hiB (B4)

They yell, they preach I’ve head it all before(Bメロ)


【裏声最高音】hiD#(D#5)  

Be this”, “Be that” I’ve heard it before heard it before


【フェイク】 hiD# 大サビの部分のコーラス youtube公式動画の3:26~

※ライブではTakaさんがこの部分を歌唱しているので記載します。

『Stand Out Fit In』(ONE OK ROCK)


 次に同じアルバム『Eye of the Storm』に収録されている『Stand Out Fit In』について取り上げます。同曲は歌メロディーの音域が、地声最低音mid1F#(F#3)~地声最高音hiB (B4)、裏声最高音hiD#(D#5) で構成されています。
 サビのメロディーはキーが高くないのですが、問題はBメロです。地声最高音hiB (B4)と裏声最高音hiD#(D#5) はここで登場します。この辺りを安定して発声できる人は、高音域が得意で、歌い慣れている人だと思います。

 「They yell, they preach」の部分は地声、「heard it before heard it before」の部分は裏声ですので、練習する際はそれぞれ分けて考えた方がいいと思います。
 前半部分は裏声から初めて、徐々に声のボリュームを上げていけるようにするといいと思います(もちろん、初めから地声で出せるに越したことはない)。





 さて、『Stand Out Fit In』についてですが、サビの歌詞が非常に魅力的だと思いました。

★Big boys don’t cry(男は泣くな)Shoot low, aim high (現実を見て 夢を持て)
 Eat up, stay thin(よく食べ 健康であれ)Stand out, fit in(はみだして なじめ)

★Good girls don’t fight(女は争わず)Be you, dress right (見た目もきちんと)
 White face, tan skin(心は白く美しく) Stand out, fit in(はみだして なじめ)

 「Stand Out Fit In」以外の3つの部分は『皮肉』だと思います。「男だって泣いていいじゃん」「女だけどもっと羽目を外したい」といった感情をONE OK ROCKは肯定しています。もちろん、「強い男性」でも「おしとやかな女性」を否定しているのではありません。

 「どちらでも構わない。もし他者に求められる姿やレールが、自分の思いと違うのであれば、Stand Out Fit In(はみだして なじめ)」と主張しています。非常に力強いコトバです。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー