J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

ONE OK ROCK

『Clock Strikes』(ONE OK ROCK)の音域と感想

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『Clock Strikes』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Clock Strikes』(ONE OK ROCK)


【地声最低音】mid2A#(A#3)  

mid2G[What] waits for you? [What's] breaking m2A#[through?](Aメロ)
★誰もが本当は信じたい[けど](Bメロ)
[[永遠]がある世界が理想ではなく


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビで頻出

★Be-[-lieve]hiA# that mid2F[time] is [al-]-ways fo-[-re-]-ver

※ラストサビ直前の「oh~~~」はhiA#のロングトーンです



【補足】mid2F,mid2Gを中心とした注意箇所

★Nothing for good mid2G[You're] mid2G#[sure] [it's] true?(Aメロ)
mid2G[永遠なん]てないと言いmid2G#[切っ][てし]まっ[た]ら(Bメロ)
mid2A#[せ]mid2G[つ]mid2F[ない][しょ?]
★と気mid2G[づく]mid2F[こと][で][き]たなら What will w[e have?]mid2F..
★Be-[-lieve] [it till] [the] end(サビ)
★And the hiA#[time] mid2G#[will] mid2G[stay](ラストサビの歌詞表記の無い部分)
hiA#[Time] hiC#[goes b-][-y]

※上述のようにhiC#の箇所がアリ。歌詞カードに無い部分なので【補足】扱い。
『Clock Strikes』(ONE OK ROCK)









 まず、『Clock Strikes』についてです。この楽曲は2013年にONE OK ROCKによりリリースされたアルバム『人生×僕=』(ジンセイカケテボクハ)に収録されている作品です。編曲はONE OK ROCKとakkinさんにより行われています。akkinさんはONE OK ROCKの編曲でもおなじみのプロデューサーであります。『Clock Strikes』はアルバムのリード曲になっており、リリースに先立ってONE OK ROCKのYouTube公式チャンネルでもMVが公開されてました。2019年7月現在、8300万回もの再生回数を記録しており、ONE OK ROCKの作品の中でも高い人気を誇る楽曲の一つであると思います。

 『Clock Strikes』のサウンドについてです。ONE OK ROCKらしいギターサウンドです。個人的に好きな場面は、2番が終わった後の間奏で叩かれるドラムです。MVでもTomoyaさんの演奏がピックアップされていますが、バンドの屋台骨として活躍していたドラムが非常に目立つ場面でもあります。この場面のドラムを聴いた後に、ラストのサビの場面でも自然とドラムの音色に耳を傾ける自分がそこにいました。
 歌メロディーについてはAメロ、Bメロ、サビという形ですが、2番以降はAメロがありません。サビが非常に盛り上がりますが、Aメロ、Bメロの音階もやや高めであり、歌い慣れていない人の場合は冒頭(mid2G)からいきなり歌えないということもあると思います。演奏時間は4分弱で非常に密度が濃く、上手くまとまった作品であると思います。
 ちなみに『Clock Strikes』というタイトルは直訳すると「時計は(時を)打つ」といった意味になると思います。歌詞の内容などを考えると、「時間は絶え間なく刻まれていくけど、最後の時まで僕は夢や希望を信じ続ける」といったニュアンスだと私は解釈しています。





 さて、最後に『Clock Strikes』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3)~【地声最高音】hiA#(A#4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりは少し高いです。
 
 まず、サビの部分でhiA#が頻出します。この音階はONE OK ROCKの作品の中では必ずしも高くはありません。ただ、一般的には高い音階です。原曲キーで歌う場合、努力しても届くまでは時間がかかるor歌いこなせないこともあるということを留意しておいてください。例えば、『キミシダイ列車』を上手く歌える人はこの『Clock Strikes』も歌いこなせる可能性があると思います

 ちなみに余談ですが、『Clock Strikes』はラストのサビで歌詞の無い部分があります。ボーカルのTakaさんはライブなどではそちらを歌唱していることもあるようです。上述の【補足】の部分に一応記載しておりますが、一番高い場面でhiC#という音階が登場します。普通の男性にはあまり一般的ではないキーですので、カラオケなどではあまり意識しなくても良いと思います。逆に、ONE OK ROCKの楽曲を歌うのが得意な方はこちらのフレーズを歌っても良いと思います。
 
 『Clock Strikes』の一つの特徴として、音域が広くないということが挙げられます。よって、キーを下げて練習したり、歌唱したりすることも行いやすい楽曲です。ただ、Takaさんのような力強い声色、ロックテイストの強い声は普段歌い慣れていない人には大変だと思いますので、別の楽曲で声を出し慣れた上で、キーを下げて練習すると良いと思います。
 原曲からキーを下げることに抵抗がある方も居られると思いますが、自分に合った音域で歌いこなすということが非常に大切です。特に歌い慣れない頃は、キーを下げて練習した方が良いです。たとえば、『Clock Strikes』を原曲キーから2程度下げると、地声最高音がmid2G#になります。プロの歌手でこの音階を最高音にされる方も多くいます。普段歌い慣れていない人は、もっとキーを下げても良い(原曲-4程度)と思います。

『完全感覚Dreamer』(ONE OK ROCK)の音域と感想

こんにちは。今回はONE OK ROCKの『完全感覚Dreamer』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。やや自信のない箇所もございますが、ミスがあった際はご了承ください。


『完全感覚Dreamer』(ONE OK ROCK)、Kanzen Kankaku Dreamer


【地声最低音】mid2A(A3)  

mid2A[弱い]ようで強い僕!!(Bメロ)

【地声最高音】hiE(E5)  

hiC#[あ]hiB[れ]hiD[あ][る][聞][く][い][ま] hiE[Hold] hiC#[on!](サビ)
hiB[when] hiC#[I'm] [caught] [in] hiE[fi-][-re](ラスト)




【補足】その他のhiBhiC#などの箇所

★now my time is hiB[up] Your game starts, my heart [moving?](Aメロ)
★絶対的根拠はウソだhiB[ら]け いつだってあるのは僕の(Bメロ)
hiC#[This] hiB[is] my [own] [judg-]-ment!! Got nothing ※[to] say!!(サビ)
★どうだい?予想外? 面食らって,はばかれて 後退?して撤退? ってhiB[Yeah](Cメロ)

※サビの2番では[to]がhiBです。
『完全感覚Dreamer』(ONE OK ROCK)

 まず、『完全感覚Dreamer』についてです。この楽曲は2010年にONE OK ROCKによりリリースされたシングル作品です。ONE OK ROCKとしては初の週間トップ10にランクインした記念すべき楽曲でもあります。アルバムの『Nicheシンドローム』(ニッチシンドローム)に収録されました。
 『完全感覚Dreamer』はレコード会社、およびONE OK ROCKのYoutube公式チャンネルでもMVが公開されており、それぞれ8500万回、800万回もの再生回数の計9300万回もの再生回数を記録しています。非常に人気の高い作品の一つであると思います。

 『完全感覚Dreamer』のサウンドについてですが、ONE OK ROCKらしい疾走感のあふれるギターロックです。彼らの近作はややバンドのテクニカルな演奏が抑えられておりますが、この頃の作品はまさにONE OK ROCKのパブリックイメージを作り上げたといえるのではないかと思います。
 メロディーの構成については基本的に日本のポップスであるような形になっていますが、ラストについてはAメロのメロディーがキーを変えてエモーショナルに歌い上げられるという点で特徴的だと思いました。ボーカルについては全体的にキーが非常に高いです。

 歌詞についてですが、ONE OK ROCKらしく前向きで背中を押してくれる内容になっております。個人的に面白いと思ったのは「You know I've got to be NUMBER ONE!!」という2番サビのフレーズです。英語のテストだと減点されそうすが、大雑把に訳すと「俺はナンバーワンになってやる(ならなくちゃいけない)」くらいのニュアンスだと思います。昨今は「オンリーワンであること」が強調されがちですが、これだけ高らかに「ナンバーワンになりたい」と歌っている楽曲も珍しいと思いました。面白いです。
 また、1番Bメロの「絶対的根拠はウソだらけ(中略)弱いようで強い僕」という場面も、自身と迷いがモザイクのように重なり合っている心情が描かれていて共感できると思いました。




 さて、『完全感覚Dreamer』の音域についてですが、地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiE(E5)でメロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。どちらかといえば女性の音域に近いです。

 一般的な男性が原曲キーでこの楽曲を歌うのはきわめて難しいと思います。当ブログでこれまで取り上げてきた楽曲の中でもトップレベルに難易度が高いです。『完全感覚Dreamer』は音域自体は広いわけではないので、キーを下げまくることにより対応することも可能です。あまり現実的ではないですが、キーを原曲より8つ下げる(♭8)か、逆に原曲よりも4つあげて(♯4)1オクターブ下を歌うと、一般的な男性の音階になります。これで、最高音がmid2G#(hiA♭)に設定されます。
 ただ、ある程度歌いこなしやすいmid2G#(hiA♭)よりも、少し歌いにくいhiB(原曲キー-5)くらいに最高音を定めて、少し無理して歌った方が高音域のニュアンスが表現されやすいかもしれません。当然、こうした歌い方をするだけでも、ある程度歌い慣れている必要があります。

 逆にこの楽曲は女性の方があまりキー調整などをせずに歌いこなせるかもしれません。当然、普通の歌唱をするわけではなく、ある程度工夫をする必要があると思います。Youtubeなどでは女性が歌っている動画などもありますが、やや可愛らしい声でもさまになっている動画なども見られ、非常に面白いと思いました。原曲とニュアンスは変わっているのですが、こうした表現もありなのだと思います。

 


『欲望に満ちた青年団』(ONE OK ROCK)の音域と感想

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『欲望に満ちた青年団』(2007)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 

欲望に満ちた青年団(ONE OK ROCK)、Yokubou ni Michita Seinendan


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★お金じゃ[買え]ないもの手に入れmid2F#[て] mid2G#[wow] wow(Bメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※2番Bメロ

★捕らわれないようにと上向いてあmid2G#[るく]mid2F#[ー] hiB[wow] [wow]




【補足】ラストサビは転調(+2)

★でも今思えば汚mid2F#[か]った(Aメロ)
[もう一度ひ]かり浴[び]て そして[今度はだ]まされぬよ[うに](転調後サビ)
mid2G#[oh] [よ][く]mid2F[ぼうに]満ちた青[年]


『欲望に満ちた青年団』(ONE OK ROCK)










 まず、『欲望に満ちた青年団』についてです。この楽曲は2007年にONE OK ROCKによってリリースされたアルバム『ゼイタクビョウ』に収録された楽曲です。アルバムの中の1曲ではありますが、ファンにも人気のある作品の一つだと思います。

 『欲望に満ちた青年団』のサウンドについてですが、ONE OK ROCKのパブリックイメージとは少し異なるアコースティックギターが使われたミディアムテンポのサウンドとなっております。当然エレキギターも使われているのですが、アコギが使われる分、やや落ち着いた印象を受けます。全体としてブルージーなテイストです。マイナーコードでの進行であることもそうしたことに影響を与えていると思います。
 ボーカルのメロディーについてもTakaさんらしい高音域が目立つような音域ではありません。その分、カラオケではとっつきやすいとも言えます。ちなみに、ラストのサビでは転調が行われ、通常のサビよりもキーが2つ上がります。それでも一般的な男性の音域の範囲内です。こうした楽曲はONE OK ROCKの人気曲では珍しいと思います。

 歌詞についてですが、「挫折から立ち直り、再びを夢を追い始める青年たち」といった歌詞内容です。よく見かけるようなテーマかもしれませんが、使われる言葉遣いなどは非常にユニークであると思います。タイトルの『欲望に満ちた青年団』というものも、ONE OK ROCKの独特さを感じさせます。演奏力や歌唱力もさることながら、こうした独特な言葉づかいも彼らが埋もれずにトップに上り詰めた一つの要因なのではないでしょうか。





 さて、『欲望に満ちた青年団』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiB(B4)でメロディーが構成されております。

 hiBの場面が1箇所ありますが、フェイクの部分でありますので、場合によっては上手く省略することも可能だと思います。例えば、1番ではこの箇所はmid2G#で歌われております。どうしてもhiBの場面が上手く歌えない場合は、それぞれ工夫することが可能です。

 このhiBを除いたら、次に高い箇所はmid2G#です。そうなると、ある程度歌い慣れた人であれば、一般的な音域であっても対処しうると思います。

 まず、基本として、mid2Fなどの音域を確実に歌いこなせるように練習を重ねてください。歌い慣れていない人だと、この楽曲でも高い可能性ミスをすると思います。ただ、先にも述べましたように一般的な音域の範囲内でありますので、努力すれば報われる可能性が高いです。
 カラオケ等では『欲望に満ちた青年団』がONE OK ROCKの人気曲として上位にランクインしています。これは楽曲のクオリティーのみならず、比較的歌いやすいというという側面もあると思います。

 歌い慣れていない人は最初は苦戦するかもしれませんが、こうした楽曲の特徴を頭に入れて、練習してみてください。


『キミシダイ列車』(ONE OK ROCK)の音域と感想

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『キミシダイ列車』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

 レビューを始める前に、『キミシダイ列車』Bメロの歌詞の中で「Yes, try to try という箇所があります。コーラスになっており、高音部はサビ等のhiA#(A#4)よりも高いのですが、私自身も判断に迷いました。歌唱の際も重要な場面ではないと思いますので、今回はその箇所は外して分析しております

 また、2番の後に登場するセリフの部分(歌詞カードには記載されている)も今回は分析の箇所から外しております。その点を考慮した上でご覧ください。

 今回添付する動画は公式チャンネルで公開されているライブ版です。音域についてはレコーディング版と異なる場面がありますので、その点もご了承ください。


『キミシダイ列車』(ONE OK ROCK)、Kimishidai Ressha



【地声最低音】
mid1G(G3)  

★何かのせいにして逃げては[い]ないかい?


【地声最高音】hiA#(A#4)  

hiA#[can't] mid2G[see] mid2F[the] [light](Bメロ)
★Just [hold] [on] [tight, It ]can [be] all right(サビ)
★2F[We] are [ready] [now] for tonight(ラストサビ)




【補足】mid2F,mid2G辺りを中心に気をつける箇所

★大事なコト忘れmid2F[て]mid2G[な]いかい?
★喜びやか[な][み][は]日々生きるた[め]のスパイス
★本[当に][ただ][たい][目]見る[だ]
[過][の][ぶ][が] 今[ぼ][の][土]台となる


『キミシダイ列車』(ONE OK ROCK)










 まず、『キミシダイ列車』についてです。この楽曲は2011年にONE OK ROCKによってリリースされたアルバム『残響リファレンス』に収録された楽曲です。アルバムのラストを飾るナンバーであります。アルバム曲でありながら、ファンにも人気の高い楽曲の一つだと思います。フィギュアスケート選手の羽生結弦選手が演義の前によく聴く楽曲として、この『キミシダイ列車』が挙げられることもあるそうです。

 『キミシダイ列車』は、ONE OK ROCKらしいノリの良いギターロックです。歌詞についてもONE OK ROCKらしい前向きな歌詞内容だと言えます。「過去の自分が今僕の土台となる」といったフレーズは私達も当然勇気づけられます。
 しかし、先にも挙げたように、アスリートなどは特に力を貰える歌詞なのではないかと思います。スランプや怪我などにより、積み重ねてきたものが信じられなくなるような瞬間があると思います。そうした中で、これまで積み重ねてきたものを思い出させてくれるような力強いフレーズです。

 個人的に興味深く感じたフレーズは「Times you're taking back are times I'm taking back I can do anything 24 hours a dayという感想の歌詞です。直訳すると「君が取り戻す時間は俺が取り戻す時間だ。俺は1日に24時間なんだってできる」という意味です。ただ力強いフレーズが並んでいるのではなく、「一人じゃない。俺が寄り添ってやる」といったニュアンスが伝わってきて、非常に面白いと思いました。歌詞だけでなく、サウンド全体を通して、力強さが伝わってきます
 




 さて、『キミシダイ列車』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)でメロディーが構成されております。一部省略している場面もありますが、全体として一般的な男性の音域よりも少し高いと思います。

 ただ、ONE OK ROCKの楽曲の中ではかなり手を付けやすいナンバーなのではないかと私は考えております。hiA#といった音階は頻出しますが、次に高い音階はmid2Gです。mid2F,mid2Gといった一般的な音域を確実に歌いこなすことが出来れば、かなりの部分上手く行くのではないでしょうか。また、音域自体も広いわけではないので、歌い慣れない人はキーを下げて練習しても良いと思います

 音楽のジャンル的にあまり被りませんが、当ブログで取り上げているback numberやサカナクションスピッツ(難曲のロビンソンや楓などは無視して良い)の人気曲がある程度歌えるのであれば、恐らく『キミシダイ列車』も歌える可能性が高いです。

 男性は一つの基準として、mid2F,mid2Gといった音階を滑らかに歌いこなせることを目標にしてください。hiA#の箇所がぎこちなくても、こうした音階が確実に発声できていれば高いレベルで歌いこなせると思います。








『Head High』(ONE OK ROCK)の音域と感想

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『Head High』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 この楽曲は公式チャンネルなどで動画や音源が公開されておりませんので、当ブログにおいても動画の添付はありません。ご了承ください。



【地声最低音】mid1D(D3)  

[In] every way


【地声最高音】mid2G(G4)  

mid2G[I'm ] mid2F#[not] afraid to love(サビ)



【裏声最高音】hiB(B4) ※Bメロ

★Everybody's challenge turning  hiA[in-][-to mine]hiB裏
★昨日も明日も越hiA[え]hiB[て]




【補足】mid2GhiC辺りの注意箇所

★With my head high My hiA[Ah~] mid2G[Ah~](サビ)
[oh] [oh] [oh]hiC[oh][oh](2番サビの後)


『Head High』(ONE OK ROCK)










 まず、『Head High』についてです。この楽曲はONE OK ROCKが2019年にリリースしたアルバム『Eye of the Storm』に収録されたナンバーです。この楽曲の特徴的な点は、プー・ベアが作詞作曲に関わっている点です。プー・ベアさんはジャスティン・ビーバーのソングライティングにも携わっており、日本では宇多田ヒカルさんのシングル『Face My Fears』にも作詞作曲にも加わっております。このように、プー・ベアさんはロックというよりもR&Bやポップ寄りのサウンドワークです。

 2010年代後半、米国などでは「ロックバンドの脱ロック」と言われる現象が進み、ONE OK ROCKもそうした米国の流れを踏襲するようなサウンド作りを進めていました。最新アルバム『Eye of the Storm』ではそうした動きが象徴的に表現されており、この『Head High』はその中でも特筆するべき楽曲であると思います。
 このように、『Head High』は従来のギターロック、ハードコアといったONE OK ROCKのサウンド傾向とは大きく異なります。こうしたサウンドワークによって出来上がった楽曲が、ONE OK ROCKのライブではどのように表現されるかも気になるところです。


 一方、歌詞についてはONE OK ROCKらしい前向きで、リスナーの背中を押してくれるような頼もしい内容になっております。サビで登場するWith my head high』とは直訳すると「私の頭を高くして」となりますが、より日本語として意味の通るようにすると、『自信を持って』『背筋を伸ばして』といったニュアンスになります。自分に自信を持って、「僕は愛することを恐れない」「挑戦することを恐れない」「飛び立つことを恐れない」と歌われております。




 さて、『Head High』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】mid2G(G4) 、【裏声最高音】hiB(B4) でメロディーが構成されております。【補足】にもありますが、フェイクを入れるとhiC(C5)といった音域まで登場します。裏声箇所を考慮しなければ、一般的な男性の音域で歌える楽曲であるといえます。当ブログがこれまで取り上げたONE OK ROCKの楽曲の中では最も一般的な楽曲だと思います。
 
 当然、普段歌い慣れていない男性がカラオケに直行して楽々歌えるなどと言ってるわけではありません。歌が上手くなる一つのハードルであるmid2F,mid2Gといった音域を確実に発声できるようにしておいてください。その上で、Bメロやサビで頻出する裏声が上手く出せると良いと思います。裏声は日本の住宅環境などでも練習しやすいと思います。裏声に関しても異常に高いキーで歌われているわけではありません。例えば、当ブログでよく取り上げる米津玄師さんやRADWIMPSなどの歌が歌える人は、この楽曲も問題なく歌えるはずです(当然歌詞はしっかり覚えてください)。


管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索