J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

ONE OK ROCK

『欲望に満ちた青年団』(ONE OK ROCK)の音域と感想

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『欲望に満ちた青年団』(2007)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 

欲望に満ちた青年団(ONE OK ROCK)、Yokubou ni Michita Seinendan


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★お金じゃ[買え]ないもの手に入れmid2F#[て] mid2G#[wow] wow(Bメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※2番Bメロ

★捕らわれないようにと上向いてあmid2G#[るく]mid2F#[ー] hiB[wow] [wow]




【補足】ラストサビは転調(+2)

★でも今思えば汚mid2F#[か]った(Aメロ)
[もう一度ひ]かり浴[び]て そして[今度はだ]まされぬよ[うに](転調後サビ)
mid2G#[oh] [よ][く]mid2F[ぼうに]満ちた青[年]


『欲望に満ちた青年団』(ONE OK ROCK)










 まず、『欲望に満ちた青年団』についてです。この楽曲は2007年にONE OK ROCKによってリリースされたアルバム『ゼイタクビョウ』に収録された楽曲です。アルバムの中の1曲ではありますが、ファンにも人気のある作品の一つだと思います。

 『欲望に満ちた青年団』のサウンドについてですが、ONE OK ROCKのパブリックイメージとは少し異なるアコースティックギターが使われたミディアムテンポのサウンドとなっております。当然エレキギターも使われているのですが、アコギが使われる分、やや落ち着いた印象を受けます。全体としてブルージーなテイストです。マイナーコードでの進行であることもそうしたことに影響を与えていると思います。
 ボーカルのメロディーについてもTakaさんらしい高音域が目立つような音域ではありません。その分、カラオケではとっつきやすいとも言えます。ちなみに、ラストのサビでは転調が行われ、通常のサビよりもキーが2つ上がります。それでも一般的な男性の音域の範囲内です。こうした楽曲はONE OK ROCKの人気曲では珍しいと思います。

 歌詞についてですが、「挫折から立ち直り、再びを夢を追い始める青年たち」といった歌詞内容です。よく見かけるようなテーマかもしれませんが、使われる言葉遣いなどは非常にユニークであると思います。タイトルの『欲望に満ちた青年団』というものも、ONE OK ROCKの独特さを感じさせます。演奏力や歌唱力もさることながら、こうした独特な言葉づかいも彼らが埋もれずにトップに上り詰めた一つの要因なのではないでしょうか。





 さて、『欲望に満ちた青年団』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiB(B4)でメロディーが構成されております。

 hiBの場面が1箇所ありますが、フェイクの部分でありますので、場合によっては上手く省略することも可能だと思います。例えば、1番ではこの箇所はmid2G#で歌われております。どうしてもhiBの場面が上手く歌えない場合は、それぞれ工夫することが可能です。

 このhiBを除いたら、次に高い箇所はmid2G#です。そうなると、ある程度歌い慣れた人であれば、一般的な音域であっても対処しうると思います。

 まず、基本として、mid2Fなどの音域を確実に歌いこなせるように練習を重ねてください。歌い慣れていない人だと、この楽曲でも高い可能性ミスをすると思います。ただ、先にも述べましたように一般的な音域の範囲内でありますので、努力すれば報われる可能性が高いです。
 カラオケ等では『欲望に満ちた青年団』がONE OK ROCKの人気曲として上位にランクインしています。これは楽曲のクオリティーのみならず、比較的歌いやすいというという側面もあると思います。

 歌い慣れていない人は最初は苦戦するかもしれませんが、こうした楽曲の特徴を頭に入れて、練習してみてください。


『キミシダイ列車』(ONE OK ROCK)の音域と感想

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『キミシダイ列車』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

 レビューを始める前に、『キミシダイ列車』Bメロの歌詞の中で「Yes, try to try という箇所があります。コーラスになっており、高音部はサビ等のhiA#(A#4)よりも高いのですが、私自身も判断に迷いました。歌唱の際も重要な場面ではないと思いますので、今回はその箇所は外して分析しております

 また、2番の後に登場するセリフの部分(歌詞カードには記載されている)も今回は分析の箇所から外しております。その点を考慮した上でご覧ください。

 今回添付する動画は公式チャンネルで公開されているライブ版です。音域についてはレコーディング版と異なる場面がありますので、その点もご了承ください。


『キミシダイ列車』(ONE OK ROCK)、Kimishidai Ressha



【地声最低音】
mid1G(G3)  

★何かのせいにして逃げては[い]ないかい?


【地声最高音】hiA#(A#4)  

hiA#[can't] mid2G[see] mid2F[the] [light](Bメロ)
★Just [hold] [on] [tight, It ]can [be] all right(サビ)
★2F[We] are [ready] [now] for tonight(ラストサビ)




【補足】mid2F,mid2G辺りを中心に気をつける箇所

★大事なコト忘れmid2F[て]mid2G[な]いかい?
★喜びやか[な][み][は]日々生きるた[め]のスパイス
★本[当に][ただ][たい][目]見る[だ]
[過][の][ぶ][が] 今[ぼ][の][土]台となる


『キミシダイ列車』(ONE OK ROCK)










 まず、『キミシダイ列車』についてです。この楽曲は2011年にONE OK ROCKによってリリースされたアルバム『残響リファレンス』に収録された楽曲です。アルバムのラストを飾るナンバーであります。アルバム曲でありながら、ファンにも人気の高い楽曲の一つだと思います。フィギュアスケート選手の羽生結弦選手が演義の前によく聴く楽曲として、この『キミシダイ列車』が挙げられることもあるそうです。

 『キミシダイ列車』は、ONE OK ROCKらしいノリの良いギターロックです。歌詞についてもONE OK ROCKらしい前向きな歌詞内容だと言えます。「過去の自分が今僕の土台となる」といったフレーズは私達も当然勇気づけられます。
 しかし、先にも挙げたように、アスリートなどは特に力を貰える歌詞なのではないかと思います。スランプや怪我などにより、積み重ねてきたものが信じられなくなるような瞬間があると思います。そうした中で、これまで積み重ねてきたものを思い出させてくれるような力強いフレーズです。

 個人的に興味深く感じたフレーズは「Times you're taking back are times I'm taking back I can do anything 24 hours a dayという感想の歌詞です。直訳すると「君が取り戻す時間は俺が取り戻す時間だ。俺は1日に24時間なんだってできる」という意味です。ただ力強いフレーズが並んでいるのではなく、「一人じゃない。俺が寄り添ってやる」といったニュアンスが伝わってきて、非常に面白いと思いました。歌詞だけでなく、サウンド全体を通して、力強さが伝わってきます
 




 さて、『キミシダイ列車』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)でメロディーが構成されております。一部省略している場面もありますが、全体として一般的な男性の音域よりも少し高いと思います。

 ただ、ONE OK ROCKの楽曲の中ではかなり手を付けやすいナンバーなのではないかと私は考えております。hiA#といった音階は頻出しますが、次に高い音階はmid2Gです。mid2F,mid2Gといった一般的な音域を確実に歌いこなすことが出来れば、かなりの部分上手く行くのではないでしょうか。また、音域自体も広いわけではないので、歌い慣れない人はキーを下げて練習しても良いと思います

 音楽のジャンル的にあまり被りませんが、当ブログで取り上げているback numberやサカナクションスピッツ(難曲のロビンソンや楓などは無視して良い)の人気曲がある程度歌えるのであれば、恐らく『キミシダイ列車』も歌える可能性が高いです。

 男性は一つの基準として、mid2F,mid2Gといった音階を滑らかに歌いこなせることを目標にしてください。hiA#の箇所がぎこちなくても、こうした音階が確実に発声できていれば高いレベルで歌いこなせると思います。








『Head High』(ONE OK ROCK)の音域と感想

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『Head High』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 この楽曲は公式チャンネルなどで動画や音源が公開されておりませんので、当ブログにおいても動画の添付はありません。ご了承ください。



【地声最低音】mid1D(D3)  

[In] every way


【地声最高音】mid2G(G4)  

mid2G[I'm ] mid2F#[not] afraid to love(サビ)



【裏声最高音】hiB(B4) ※Bメロ

★Everybody's challenge turning  hiA[in-][-to mine]hiB裏
★昨日も明日も越hiA[え]hiB[て]




【補足】mid2GhiC辺りの注意箇所

★With my head high My hiA[Ah~] mid2G[Ah~](サビ)
[oh] [oh] [oh]hiC[oh][oh](2番サビの後)


『Head High』(ONE OK ROCK)










 まず、『Head High』についてです。この楽曲はONE OK ROCKが2019年にリリースしたアルバム『Eye of the Storm』に収録されたナンバーです。この楽曲の特徴的な点は、プー・ベアが作詞作曲に関わっている点です。プー・ベアさんはジャスティン・ビーバーのソングライティングにも携わっており、日本では宇多田ヒカルさんのシングル『Face My Fears』にも作詞作曲にも加わっております。このように、プー・ベアさんはロックというよりもR&Bやポップ寄りのサウンドワークです。

 2010年代後半、米国などでは「ロックバンドの脱ロック」と言われる現象が進み、ONE OK ROCKもそうした米国の流れを踏襲するようなサウンド作りを進めていました。最新アルバム『Eye of the Storm』ではそうした動きが象徴的に表現されており、この『Head High』はその中でも特筆するべき楽曲であると思います。
 このように、『Head High』は従来のギターロック、ハードコアといったONE OK ROCKのサウンド傾向とは大きく異なります。こうしたサウンドワークによって出来上がった楽曲が、ONE OK ROCKのライブではどのように表現されるかも気になるところです。


 一方、歌詞についてはONE OK ROCKらしい前向きで、リスナーの背中を押してくれるような頼もしい内容になっております。サビで登場するWith my head high』とは直訳すると「私の頭を高くして」となりますが、より日本語として意味の通るようにすると、『自信を持って』『背筋を伸ばして』といったニュアンスになります。自分に自信を持って、「僕は愛することを恐れない」「挑戦することを恐れない」「飛び立つことを恐れない」と歌われております。




 さて、『Head High』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】mid2G(G4) 、【裏声最高音】hiB(B4) でメロディーが構成されております。【補足】にもありますが、フェイクを入れるとhiC(C5)といった音域まで登場します。裏声箇所を考慮しなければ、一般的な男性の音域で歌える楽曲であるといえます。当ブログがこれまで取り上げたONE OK ROCKの楽曲の中では最も一般的な楽曲だと思います。
 
 当然、普段歌い慣れていない男性がカラオケに直行して楽々歌えるなどと言ってるわけではありません。歌が上手くなる一つのハードルであるmid2F,mid2Gといった音域を確実に発声できるようにしておいてください。その上で、Bメロやサビで頻出する裏声が上手く出せると良いと思います。裏声は日本の住宅環境などでも練習しやすいと思います。裏声に関しても異常に高いキーで歌われているわけではありません。例えば、当ブログでよく取り上げる米津玄師さんやRADWIMPSなどの歌が歌える人は、この楽曲も問題なく歌えるはずです(当然歌詞はしっかり覚えてください)。


『じぶんROCK』(ONE OK ROCK)の音域と感想

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『じぶんROCK』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『じぶんROCK』(ONE OK ROCK)、Jibun Rock


【地声最低音】 mid1G(G3)  

[忘][ず][目]覚められていますか?(Aメロ)
★自分では気付かないの[が][の]症状の特徴で(Bメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  

★生きてる意味すら見つかhiC[らん]hiA#[だ]hiA[ろ][ー]




【補足】サビの難所(mid2GhiA#辺り)

★わhiA#[すれてたま]hiA[る]mid2G[もん]かよ!!
★叫んで歌っ[て][たわるまでわめい][て]
★と[どくまで止めな][い]!!


『じぶんROCK』(ONE OK ROCK)










 まず、『じぶんROCK』についてです。この楽曲はONE OK ROCK4枚目のアルバム『Nicheシンドローム』に収録された楽曲であり、シングル曲の『完全感覚Dreamer』なども収録されております。このアルバムでONE OK ROCKは初めて週間トップ10(最高4位)にランクインし、徐々に知名度を高めていった印象です。『じぶんROCK』はシングルとしてはリリースされていませんが、TSUTAYA限定のレンタル専用シングルとして発表されているようです。

 『じぶんROCK』はYouTubeでは、レコード会社とONE OK ROCKの公式チャンネルでそれぞれ公開され、2019年4月現在で合計3500万回以上再生されています。比較的早い時期の作品でありながら、人気の高い楽曲の一つだと思います。


 『じぶんROCK』のサウンドについてはONE OK ROCKらしい荒々しさに満ちたギターロックです。パートについては、私自身知識はほとんどないのですが、ドラムが非常に耳に残りました。また、2番のサビ以降の展開が非常に劇的だと感じます。単純に「間奏→大サビ」といった展開ではありません。「静」の間奏から怒涛のラストが「動」として展開されます。
 
 歌詞については、ONE OK ROCKらしい前向きな歌詞です。ただ、全編に渡り母国語の日本語で書かれている分、Takaさんの個性が一層発揮されていると思います。特に2番の歌詞は、全体として非常に耳に残りました

 すべてを引用するわけにはいきませんが、敢えて好きな歌詞を挙げるとするならば、「今キミが思うキセキも 底上げさせてしまえば もう その時点でそのキセキは君にとっちゃ必然のお仲間さ!!」というフレーズです。キセキとは「軌跡」と「奇跡」を掛けているのだと思います。前者(軌跡)のような歌詞は、「自分が積み上げたものが自分の力になってくれる」という意味で、大よそ多くの楽曲などで見られる比喩だと思います。
 ただ、後者(奇跡)に関しては、あまり見られないフレーズだと思いました。私はこの点については「手に入らない奇跡的なものでも、自分の力が底上げされる中で当たり前になっていく」というような解釈をしています。もっと平たく言えば「努力の過程で、自分の力が飛躍的に伸びる瞬間がある」というものです。この解釈だと少年向けのアニソンなどで使われそうな内容ですが、Takaさんの表現が非常に面白い歌詞だと思います。
 





 さて、『じぶんROCK』の音域についてですが、地声最低音mid1G(G3)~地声最高音hiC(C5) でメロディーが構成されております。男性ではなく、一般的な女性の音域と一致します。非常に高いキーです。

 ハードロックなどの発声が出来る方は選択肢に入ってきます。ただ、カラオケなどで歌い慣れている方でも、原曲キーで歌うのは一般的にはかなり難しいです。ある程度「歌い慣れた状態」で、自分に合ったキーを選択するのが無難だと思います。

 注意点としてはTakaさんの発音、発声などを参考にしながら、エモーショナルに歌うことだと思います。キーを下げたとしても表現力が豊かであれば、非常に魅力的です。

 先ほども述べましたが、『じぶんROCK』は音域的には女性の方が近いです。女性の場合、ロックやソウルテイストの発声が出来る方は非常に様になると思います。


『Be the light』(ONE OK ROCK)の音域と感想

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『Be the light』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

 ONE OK ROCKは、当ブログではこれまでに『Change』、『Stand Out Fit In』『Taking Off』『Eye of the Storm』『In the Stars(feat. Kiiara)』『Wherever you are』『The Beginning』を取り上げました。興味を持たれた方は、そちらもどうぞ。


『Be the light』(ONE OK ROCK)


【地声最低音】mid1F(F3)
(例)
★Just the thought of ano(ther day)
★What did we do wrong? [G]od


【地声最高音】hiA#(A#4)  

★Time [won’t] stop So we keep moving on
★Yesterday’s hiA#[night] hiA[returns] [to light] (2番)




【裏声最高音】hiA#(A#4) ※1番サビ

★Yesterday’s hiA#裏[night] hiA裏[turns] [to light] (1番)


【フェイク】hiA#(A#4)※曲のラスト

★hiA[oh] [Ooo...]

『Be the light』(ONE OK ROCK)










 まず、『Be the light』についてです。『Be the light』は2013年にリリースされたONE OK ROCKのアルバム『人生×僕=』(ジンセイカケテボクハ)に収録されている楽曲です。この楽曲は映画『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』の主題歌としてタイアップが付きました。『キャプテンハーロック』は松本零士さんの漫画『宇宙海賊キャプテンハーロック』を原作としたリブート作品だそうです。『キャプテンハーロック』は個人的なイメージでは、日本よりも海外、とりわけ欧州で人気の高い作品であると考えております。
 
 『Be the light』はONE OK ROCKのYouTube公式チャンネルでは2019年3月現在、1300万回もの再生回数を記録しております。

 『Be the light』のサウンドについてですが、ピアノを中心として楽曲が構成されております。また、アコースティックギターが使われるなど、ハードコア、エモといったONE OK ROCKのイメージと比較して、かなり美しい楽曲に仕上がっております。Takaさんのボーカルも荒々しさや力強さよりも、優しさが強調された歌唱になっております。

  『Be the light』は東日本大震災をきっかけに書かれた楽曲だといわれ、歌詞についてもそうしたニュアンスを含んでおります。震災以来、世の中が大きく変わってしまったこと、そうした日々に対して、前を向き歩み続けていこうという前向きな歌詞になっております。ONE OK ROCKらしい非常に前向きで力強い歌詞だと思います。この楽曲に勇気づけられた方も多いのではないでしょうか。





 
 さて、『Be the light』の音域についてですが、地声最低音mid1F(F3)~地声最高音hiA#(A#4)、裏声最高音hiA#(A#4)、フェイクhiA#(A#4)でメロディーが構成されております。ONE OK ROCKの楽曲の中では比較的歌いやすい作品だと思います。

 ONE OK ROCKの中で歌いやすい作品とはいえ、一般の人が歌うにはやはりハードルがあります。地声最高音のhiA#についてですが、この楽曲に関していえば、裏声で発声するという方法もあり得ると思います。裏声により楽曲のニュアンスが壊れるといったことはあまりないでしょう。hiAといった高音域が出にくい人はそうした裏声での対応を取るのがお奨めです。

 一方で、hiA以上を裏声で対応するにしても、mid2Gやmid2Fといった音階は確実に歌いこなす必要があります。ONE OK ROCKの中で歌いやすい楽曲とはいえ、ある程度歌い慣れていないと相当苦戦すると考えられます。そうした点だけは留意しておいてください。逆に言えば、『Be the light』は努力次第で、報われる可能性が高い楽曲の一つであるともいえます。

 それ以外の方法だと、やはり無難にキーを2程度下げる(♭2)というのが良いと思います。ただ、キーを下げるにしても、ある程度の基礎力は必要になります。