J-POPの音域を調べる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

RADWIMPS

『風たちの声』(RADWIMPS)の音域 / アニメ映画『天気の子』挿入歌

こんにちは。今回はRADWIMPSの『風たちの声』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、左斜め前後ろさんのギターカバー動画を添付いたします。


『風たちの声』(RADWIMPS)、Kazetachi no Koe

『風たちの声』(RADWIMPS)










【地声最低音】mid1D(D3)  

m1D[気]がしたんだ D[本]気でしたんだ(Aメロ)


【地声最高音】mid2G(G4)  

m2E[笑われない]m2G[く]E[ら] いの愛で (サビ)

★ m2E[「仕方ない」のない]m2G[み]m2F#[ら]E[いと](Cメロ)
m2G[ぼ]m2F#く]m2E[ら]の 持て余したこF#[の]m2E[い]E[を]


【裏声最高音】hiB(B4) ※Cメロで登場

★鍵hiB-hiA裏[の]ない[ド]ア]だらけのこm2E[こ]ろで(Cメロ)
★まだhiB-hiA裏[ぼ][ら]にゃ[や]る]ことがm2E[ある]から


【補足】mid2E(一部略)mid2F#辺りの注意箇所

★はじめm2E[から]m2F[よ]m2E[う]などない(サビ)
★「さよなら」のないm2F#[ハ]m2E[ロ]ーと(Cメロ)



 まず、『風たちの声』についてです。この楽曲は、2019年にRADWIMPSによりリリースされたサウンドトラックアルバム『天気の子』に収録されております。同曲は、新海誠監督のアニメ映画『天気の子』のために書き下ろされた作品で、作中の挿入歌として使用されております。
 『風たちの声』は映画向けに編集された【Movie edit】と、フルバージョンの2種類があります。ただ、今回の調査では、2つの違いに関しては、そこまで影響はありません。

 『風たちの声』はアップテンポの軽快なポップナンバーです。この手のRADWIMPSの作品では珍しくアコースティックギターも使われております。歌メロはAメロBメロサビという分かりやすい形で作られております。私なりのイメージですが、「『天気の子』で使用されている楽曲の中で、この曲が一番好き」という人は結構多いのではないかと考えております。




 最後に『風たちの声』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】mid2G(G4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な男性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2Gについては、サビやCメロで登場します。回数としては多い方だと思います。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内です。ただ、人によっては高い声が出にくいという方もいると思いますので、場合によってはキーを少し下げてもよいです。歌い慣れていない人も同様です。
 mid2F~mid2G辺りが一般的な男性の最高音になりますが、この辺りは歌い慣れていない人の場合はスムーズな発声が損なわれやすいです。

 『風たちの声』は地声音域自体は、滅茶苦茶広いわけではなく、低音部分に余裕があります。よって、キーの調整などはある程度は可能です。ある程度歌い慣れた人であれば、原曲キーもしくはキー調整を行えば、歌うことができるのではないかと思います。
 反面、普段歌い慣れていない人の場合、キー調整しても少しスムーズに行かない点が出てくるかもしれません。その点は留意しておいてください。同曲は、裏声で歌唱する部分があり、歌い慣れていない人にとってはそこも少し難しい部分になります。

 『風たちの声』は難易度自体は「難曲」というわけではないと思います。歌い慣れていない人には少し難しい部分もありますが、比較的努力が報われやすい作品なのではないかと私は考えております。カラオケなどでも歌いやすいですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

『そっけない』RADWIMPSの音域と感想【加筆】

(2019/02/14)初投稿
(2019/03/27)地声最低音にミスがありましたので、画像・解説文も含め訂正しました。
(2020/02/02)最高音mid2Gの記入漏れ、およびmid2Emid2F#の音階を詳細に記載しました。

『そっけない』RADWIMPS、Sokkenai(RADWIMPS) 
2018年12月12日発売【アルバム『ANTI ANTI GENERATION』収録】

 ※RADWIMPSは当ブログでは、これまでに、『そっけない』『サイハテアイニ』『透明人間18号』を取り上げました。また、RADWIMPSカバーや提供曲として、『蝶々結び』(Aimer)『なんでもないや』(上白石萌音ver.)を取り上げております。興味を持たれた方はそちらもどうぞ。


【地声最低音】mid1E(E3)   

難しく絡み合う世界で 胸を張って[]えること

【地声最高音】
mid2G(G4) 

ありえそうで ありえなm2G[そう]m2E[な]ぁ(Aメロ)

m2E[き]みの分E[あ]m2G[つ]い恋の履歴に残ることに(Bメロ)
m2G[きょ]m2F[う]F[なん]かないよ
m2F[な][い][い]m2G[は]  hiB[tu] tu lu

そんなにひm2F[ま]m2G[じゃ]ないんだ(サビ)
m1E[こ]m2E[いが]なんだかもうm2F[わか]m2G[ら]ないんだ
★暇はいm2E[く]m2G[ら]E[で]もあるから

※☆の部分のhiBフェイクは曲全体で1回

【裏声最高音】
hiA#(A#4)  Bメロ部分です

m2F[き]F[の]m2G裏[たっ]hiA#[た]一人に




【補足】mid2Emid2G辺りの注意箇所

★なんでそんなに m2E[素]っ気ないのさ E[そ]っぽ向いE[てさ](サビ)
m2E[み]の方から誘ったくE[せ]
m2F[「い]m2E[い]よ」って きF[み]E[が]言うなm2G裏[ら]

分かりたくないこともいっm2E[ぱい](2番)

『そっけない』RADWIMPS










 こんにちは。今回はRADWIMPSの『そっけない』という楽曲を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。これまで
当ブログではボーカルの野田洋次郎さんがプロデュースしたやRADWIMPSが原曲であるを取り上げてきました。しかし、RADWIMPSそのものの楽曲を扱うのは今回が初めてになります。

 まず、『そっけない』は2018年12月12日に発売されたRADWIMPSメジャー7枚目のアルバム『ANTI ANTI GENERATION』の収録曲であります。『そっけない』はそれに先立ち、2018年11月にyoutubeの公式チャンネルで公開され、2019年2月現在で680万回もの再生回数を記録しています。他のアルバム収録曲と比較すると、非常に人気の高い作品であることが分かります。






 まず、『そっけない』のサウンドについてです。1番ではピアノを中心としたサウンドが展開されており、
2番に入ると徐々にバンドの音が加わってきます。全体として、ボーカル野田洋次郎さんの声が非常に活きる作品であります。個人的には間奏に入る愁いを帯びたブルージーなギターソロも耳に残ります。そして、最後のサビの直前に入るドラミングもフィナーレへの高揚感を誘います。
 
 『そっけない』の歌詞についてですが、まさにタイトルが示すように
「そっけない態度をとる女性」に対する情熱的なアプローチという内容になっていると思います。個人的に好きな歌詞は2つあります。
 1つ目は

絡まったままのこのイヤホン 一瞬でほどくような魔法
それが君だとか言ったなら 鼻でまた笑われてしまうかな
 
というところです。相手への等身大の気持ちが表れていて、あまり大げささでない比喩のが良いと思います。頭の中にあるモヤモヤが「君」の姿や仕草で吹き飛んでしまうような快感さが伝わってきます。

 2つ目は

もっと近くで もっと側で この視界からはみ出るくらいに
君だけで僕を満たしたいの

という点です。これは、非常に野田さんらしい積極的かつ情熱的な歌詞だと思います。映像が頭にすぐ思い浮かびます。

___

 さて、『そっけない』の音域について述べます。この楽曲は地声最低音mid1E(E3) 地声最高音~mid2G(G4)、 裏声最高音hiA#(A#4) 、フェイクhiB(B4) でメロディーが作られています。

 hiA#は裏声なので、地声は一般的な男性の音域の範囲内です。歌い慣れていない場合は、高音部mid2G辺りの発生がぎこちなくなってしまいます。ただmid2G辺りだと努力すれば、届く範囲ですので、少しずつ慣れていくと良いと思います。

 『そっけない』は全体として音域が広くないため、カラオケ等ではキーの調整もしやすいと思います。原曲キーが高いと感じる男性は少しキーを下げてもいいと思います。原曲より1~2低い(♭1~2)辺りを一つの目安にしてみてください。

 私のイメージなのですが、RADWIMPSの作品群で、①テンポが速すぎないポップな楽曲や②ゆったりとしたメロディアスな曲があります。
①、②に当てはまるような楽曲はキーも高すぎずに、男性が非常に歌いやすいイメージがあります。当然、歌いこなすには努力が必要ですが、努力が実を結ぶものが多い印象です。RADWIMPSの①、②に当てはまるような作品は、歌の基礎力を高めるのに非常に良いのではないかと思います。



 
この楽曲は女性が歌っても良いと思います。女性が『そっけない』を歌う場合、原曲よりも2~3程度上げると歌いやすいと思います。非常に美しい楽曲であるので、全体として声の柔らかさを意識しながら、Bメロの強調部分では声を少し強くするイメージで歌うと良いと思います。


『大丈夫』(RADWIMPS)の音域

 こんにちは。今回はRADWIMPSの『大丈夫』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『大丈夫』(RADWIMPS)、Daijoubu


【地声最低音】mid1E(E3)  

★時の進む力m1E[は] あまりに強くm2E[て] 


【地声最高音】mid2G(G4)  ※曲全体で1回(他は裏声)

★ 君m2G地[にとっ]ての「大m2G地[丈]夫」になりたい


【裏声最高音】hiA(A4) ※楽曲の後半で登場

★このあhiA裏[[た]m2G[ま]を 撫m2F[で]m2E[る]んだ
★君の「大hiA裏[丈]m2G[夫]」になりたE[ぁい] 
★僕は今日かm2G[らき]hiA裏[み]G[の]「大m2F[丈]m2E[夫]」だから



【補足】mid2E(一部のみ)mid2G辺りの注意箇所

m2F[ぼ]m2E[く]はただなF[が]E[れ]る空に横たわり

m2E[世]界が君m2G裏[の小]さなE[か]たに乗っているのが
★「大m2E[丈]夫?」ってさぁ 君が気m2G裏[づい]てさ 聞E[く]から
★崩m2G裏[れそう]なのはm2F[き]m2E[み]なのに

★頼m2E[り]ないのは 重々知っていm2G裏[る] 
m2E[ぼ]くの肩E[で]よかったら 好きに使っm2G裏[ていい]から

m2E[取]るに足らE[ない] E[さ]m2F[な]E[ぼ]くの


『大丈夫』(RADWIMPS)









 まず『大丈夫』についてです。この楽曲は、2019年にロックバンドRADWIMPSによりリリースされたアルバム『天気の子 complete version』に収録されている楽曲です(映画のサウンドトラックとはまた別のアルバムになります)。タイトルにもあるように、新海誠監督による長編アニメ映画『天気の子』に関連した楽曲であります。映画では【Movie.edit】として楽曲の一部が使用されていましたが、この【complete version】では楽曲がフルサイズで収録されています。
 RADWIMPSのYoutube公式チャンネルで公開されているMVはフルサイズ版の作品になり、2019年12月現在、450万回もの再生回数を記録しています。

 『大丈夫』はミディアムテンポのポップソングです。8分の6拍子の楽曲です。映画版ではサビが中心の編集になっていましたが、フルサイズではAメロBメロサビのような馴染みやすいアレンジになっています。先に述べたように、8分の6拍子の楽曲ですので、少しリズムを取りづらい人もいるかもしれません。

 『大丈夫』は音域的には比較的馴染みやすい範囲で歌メロディーが作られています(詳細は後述)。ある程度歌い慣れた人であれば楽しめる作品なのではないかと思います。歌詞も非常に素晴らしく、カラオケなどで歌唱してもよいのではないかと思います。『天気の子』は英語での題名は『Weathering With You』とあります。意味は「(困難などを)君と乗り越える、切り抜ける」というものになります。ラブソングなのですが、どこかライフソングのようなニュアンスも持っています。




 さて、『大丈夫』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】mid2G(G4)、【裏声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。大よそ一般的な男性の音域の範囲内と言えます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音はmid2Gなのですが、楽曲の後半で1回登場します。それ以外ではmid2F,mid2Eといった音階が楽曲の高音域部分になります。これらの音階は一般的な男性の音域の範囲内であります。ある程度歌い慣れた人であれば、努力が報われやすいのではないかと思います。普段歌い慣れていない人は、mid2F,mid2G辺りで滑らかな発声が損なわれやすいですので、少しずつ練習を重ねてください。

 『大丈夫』は音域自体も決して広くありません。よって、キーを調整して練習することにも向いているといえます。普段歌い慣れていない人は、少しキーを下げて練習してもよいと思います。一方で、先にも述べましたように、この楽曲は8分の6拍子の作品であり、少しリズムが取りにくいかもしれません。その点は留意しておいてください。

 ちなみに、女性がこの楽曲を歌唱する場合、原曲キーから4つ程度上げるとよいのではないかと思います。その場合、【mid1G#~hiB、裏声hiC#】になります。この辺りを一つの目安にすると良いと思います。高音域が得意な方はもう少しキーを上げてもよいかもしれません。各々調整してみてください。



『祝祭 (Movie edit) feat. 三浦透子』(RADWIMPS)の音域と感想

 こんにちは。今回はRADWIMPSの『祝祭 (Movie edit) feat. 三浦透子』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『祝祭 (Movie edit) feat. 三浦透子』(RADWIMPS),Shukusai(Movie edit)feat.Touko Miura


【地声最低音】mid2B(B3)  

m2B[ゆうう]つな一日の始m2F#[ま]m2G#[りが](Aメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  

m2F#[聴]m2G#[き]{た][い][きょ][く][も][見]hiB[つ][か][ら]ない(Aメロ)
m2G#[臆病]m2F#[と][や][ま]{い][][と][し]hiB[た]G#[ら] (Bメロ)
★きhiB[み]m2G#[ぃじゃな]m2F#[いとな]いよ(サビ)



【補足】mid2F#hiA辺りの注意箇所

m2G#[治るけ]m2F#[は][も][な][いぼ][の](Bメロ)
m2F#[わ]るくF#[は]hiA[な]m2G#[い][よ]
※oh oh oh m2F#[oh] hiA[oh] m2G#[oh] oh [oh](サビ直前)

※Bメロとサビの間で登場する歌詞の無い部分です。

『祝祭 (Movie edit) feat. 三浦透子』(RADWIMPS)









 まず、『祝祭 (Movie edit) feat. 三浦透子』についてです。この楽曲は2019年に4人組バンドRADWIMPSによりリリースされたサウンドトラックアルバム『天気の子』に収録されている楽曲です。新海誠監督の長編アニメ映画『天気の子』のために制作された楽曲で、主題歌の一つでもあります。

 『祝祭(Movie eidt)』のサウンドについてです。ピアノなどを交えたバンドサウンドです。イントロとアウトロで登場する空に抜けるようなツインエレキギターが美しいです。エレキギターのユニゾン(もしくはコーラス)は、洋楽ではハードロックやヘヴィメタルなどでよく用いられる印象で、日本のポップスでも時折見られます。
 個人的にはベースやドラムも非常に耳に残ります。歌メロディーはポップな歌モノでありますが、楽曲全体を通して軽やかさと疾走感を感じるのはベースやドラムのリズム感が非常に重要な役割を果たしているように感じます。また、Aメロやサビではエレクトロニカな音色も一部交えられ、キラキラ感が演出されています。

 ちなみに、以前の『グランドエスケープ』の回で、私は「(Movie edit)とクレジットされているので、別のバージョンがリリースされる可能性がある」ことについて言及しました。この『祝祭』についてもそうだと思います。そして、どうやら主題歌5曲についてフル尺のバージョンが収録された作品がリリースされるようです(音楽ナタリーより)。
 どのようなアレンジになるかは分かりませんが、ボーカルを三浦透子さんがメインに担当されていますので、野田洋次郎さんと桑原彰さん二人のギターが生かされたアレンジがより強調されるといいな、と個人的には期待しています。エレクトロニカな部分が強調されるかもしれませんし、ボーカルの大サビのようなものが付け加えられるかもしれません。想像が膨らみます。

 
 『祝祭』の歌詞についてです。「青春」という言葉がピッタリ当てはまるようなラブソングです。movie editということで楽曲自体が非常に短いのですが、その短い尺の中でフックになるようなフレーズが随所に散りばめられていると思います。
 個人的に好きだと感じたフレーズは「臆病とは病だとしたら治る気配もない僕の目の前に現れたあなたは まるでさも救世主顔」という箇所です。『祝祭』に登場する「僕」はどこか憂鬱で冴えない部分を抱えたフレーズが要所要所で見られます。一方、「君」は全体として快活さが強調されているように感じます。先に挙げた歌詞は、そうした2人の人となりや間柄を端的に表したフレーズだと私自身は感じました。



 
 最後に、『祝祭 (Movie edit) feat. 三浦透子』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(B3)~【地声高音】hiB(B4) でメロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内と言えます。

 まず、地声最高音についてはhiBになります。このhiBという音階はある程度歌い慣れた女性であれば到達しうる音階です。もし普段歌い慣れていない人であれば、一つの目標としてhiA#やhiBを掲げてみるのも良いかもしれません。逆に普段歌い慣れている人であれば、楽しめる音階なのではないかと思います(場合によってはもっと高いキーの方がよいという人もいるかもしれません)。

 『祝祭』の音域全体で見てみると、およそ1オクターブでメロディーが作られております。故に、音域自体は広くなく、キーの調整なども行いやすいです。普段歌い慣れてない人や、声が低い人などはキーを少し下げても良いかもしれません。一方、高音域が得意な女性はキーを上げても良いと思います。そうした融通が利きやすい楽曲です。努力が報われやすい曲とも言えると思います。

 以前レビューした『グランドエスケープ』(【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiB(B4) )と比較しても、音域が狭い分、『祝祭』の方がアプローチしやすいです。
 

『セプテンバーさん』(RADWIMPS)の音域と感想

 こんにちは。今回は夏の終わりということで、RADWIMPSの『セプテンバーさん』(2006)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 なお、『セプテンバーさん』はYouTube公式チャンネルでライブ映像が公開されていますので、当ブログではそちらの動画を添付いたします。


『セプテンバーさん』(RADWIMPS),September San


【地声最低音】mid1A(A2)  

★僕も   きっ[とセ]プテンバー


【地声最高音】mid2G(G4)  ※ラストのサビで連発

★そんな顔でぼmid2F#[く]mid2G[見]2F#[る]の(Aメロ)
mid2F#[この]mid2G[こ]2F#[え]ならば届く気がし[た]んだ(サビ)
★声が響きmid2F#[だ]す   そこに意味は[な]mid2G[く][と]


【裏声最高音】hiA(A4) ※楽曲全体で1か所

hiA裏[きっ]となんでもないセプmid2F#[テン]バー yeah ye-[-ah]



【補足】mid2F#の注意箇所

★「もう少しだけここにいさmid2F#[せて]」(Aメロ)
★僕が見mid2F#[つ]けてきてあげる(1番サビ)
★そんな時にひとりぽmid2F#[つん]と(2番Aメロ)
★希望mid2F#[を]   僕ら拾う[よ]   君は見てる2F#[の?](2番サビ)
★今まさに目のmid2F#[ま]えにいるよ

『セプテンバーさん』(RADWIMPS)









 まず、『セプテンバーさん』についてです。この楽曲は、2006年に4人組バンドのRADWIMPSによりリリースされアルバム『RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜』に収録されているナンバーです。シングル作品ではなく、アルバムの中の一作品ですが、人気の高い楽曲です。
 『セプテンバーさん』は、RADWIMPSのYouTube公式チャンネルでは2013年のライブの模様が公開されており、2019年8月現在、およそ600万回もの再生回数を記録しています。人気の高い楽曲だと思います。
 
 『セプテンバーさん』のサウンドについてです。夏の終わりが歌われたナンバーということもあり、ミディアムテンポのセンチメンタルな楽曲です。楽曲全体を彩るアルペジオを中心としたリードギターの音色が印象的です。うろこ雲が広がる晩夏の空が思い浮かぶようです。
 歌メロディーについてですが、AメロBメロが「静」、サビが「動」といったJ-POPのシングル曲とは異なり、楽曲全体で美しい旋律が目立ちます。どこがサビでどこがAメロといった区別がしにくい楽曲でもあると思います。そうした一つの証拠として、地声最高音はサビだけではなくAメロなどにも登場します。
 
 『セプテンバーさん』の歌詞についてです。タイトルにあるように、「セプテンバー=9月」を意味します。やや、抽象的な内容ですが、「夏の終わりのもの悲しさ」とそれでも「2人で過ごす輝きは9月にも続いてく」という前向きさが描かれていると思います。絶妙なバランスで歌詞が成り立っています。夏のまぶしさやキラキラ感の反面、やや影が薄くなりがちな9月ですが、そうした世界に目が向けられています。 
 個人的には、「手と手をとれば揺れる心が   抱えた不思議   それはテレパシー」というフレーズが非常にロマンティックで好きです。



 さて、最後に『セプテンバーさん』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A2) ~【地声最高音】mid2G(G4) 、【裏声最高音】hiA(A4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域を丸々使ったような音域です。

 まず、地声最低音は冒頭のAメロで2か所登場します。この冒頭以外は登場しませんので見た目よりも低音部はきつくないと思います。


 次にmid2Gは楽曲の全体で所々登場します。そして、ラストのサビではmid2F#とmid2Gが連発で登場します。具体的には

”さぁ今だから   この声だから   さぁ今ならば   この声ならば

こんな僕だけど  そう君となら   何もないけれど   そう今ならば
この声ならば   そう君となら”

の場面です。この点は少し辛い箇所でもあると思いますが、mid2F#,mid2Gといった音階が安定的に歌いこなせるかが試される場面だと言えます。

 『セプテンバーさん』ではmid2F#とmid2Gという音階が地声の高音部分を構成します。これは一般的な男性の音域といえますが、歌い慣れてない人などはスムーズに発声できない音階でもあります。そうした点で、『セプテンバーさん』は良い練習曲になると思います。

 一方で、低音部が1番のAメロで非常に低いので、キーを下げて練習する際は1番のAメロはあまり気にしない方が良いです。努力が報われやすい楽曲だと思います。


 ちなみに、この『セプテンバーさん』は歌手のAimerさんがカバーしている楽曲でもあります。Aimerさん自身はmid1D#~hiD#といった音域で歌唱しています(サビの部分はhiC#、hiCが中心)。RADWIMPSの原曲よりも6つ高い音域です。
 ただ、『セプテンバーさん』は女性のキーとしては少し音域が広めです。また、キーもやや高めで、男性キーと比較して難易度が高いです。その点は留意しておいてください。 一方で、歌詞内容的には女性が歌っても申し分ない作品だと思います。
 
 
管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索