J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

BUMP OF CHICKEN

『angel fall』(BUMP OF CHICKEN)の音域

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『angel fall』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。「低音部分が非常に低い」という点で取り上げてほしいという要望でした。

 なお、『angel fall』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、添付動画はありません。ご了承ください。


『angel fall』(BUMP OF CHICKEN)


【地声最低音】lowD#(D#3)  

lowF[ね]lowG#[つで]休んだ lowD#[ね]むりのlowG#[す]きまに
lowD#[ぎ]んいろlowG#[を]G#[う] 
lowD#[い]lowF[ち]G#[わ]lowG[のこ]G#[とり]

【地声最高音】mid2F(F4)  ※サビ中心

★こm2F[とばより]声を 声より唄を(サビ)
★使わm2F[れ]て泣いた 愛されたかった
★消えないm2F[勇]気を受け取ったよ(ラストサビ直前)

【裏声最高音】mid2G#(G#4) ※曲全体で1か所

★あなたがどこm2F[か]で笑っm2G裏[た]m2G#[と]




【補足】その他の注意箇所

★消えない勇気lowG#[を受]け取ったよ 
★臆病なあlowG#[なた]から 確かG#[に]
☆今もある星を m2G#[oh] m2F[oh] oh yeah

※☆の部分は歌詞に無い箇所ですが、楽曲のラストで重要だと思ったので記載しました
『angel fall』(BUMP OF CHICKEN)










 まず、『angel fall』についてです。この楽曲は、2010年に4人組バンドのBUMP OF CHICKENによりリリースされたアルバム『COSMONAUT』(コスモノート)に収録されているナンバーです。ゆったりとしたテンポの楽曲です。タイアップなどはなく、リード曲などの扱いでもありません。

 楽曲の特徴的な点は、やはりフロントマン藤原基央さんの歌詞だと私は感じました。(fall)とタイトルにもあるように、どこか死をほのめかすような歌詞になっております。Aメロで「熱で休んだ眠りの隙間」とあるので、空想の物語なのかもしれませんが、小鳥(あなた)の生き死にを通して、主人公が勇気を受け取ったさまが受け取れます。私なりの解釈ですが、そのような楽曲なのではないかと感じました。

 『angel fall』の歌部分の音域的な特徴ですが、とりわけAメロの低音部分が非常に際立つ楽曲です。Aメロの後半部分より1オクターブ下の箇所が歌われております。一方で、地声の高音部分はmid2F、mid2D#あたりが登場します。高音箇所については歌い慣れた人であれば、歌いこなせやすいと思います。

 

 さて、『angel fall』の音域についてですが、【地声最低音】lowD#(D#3)~【地声最高音】mid2F(F4)、【裏声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。高音部分は一般的な男性の音域ですが、とりわけ低音部分が男性の音域よりも低いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowD#が登場するAメロ箇所です。ここは上述の通り、low音階が頻出します。恐らく、当ブログがこれまで取り上げた楽曲の中で最も低い音階だと思います。普段低音域を歌い慣れていない人は、発声し辛い場面かもしれません。
 歌唱に自信があるのであれば、1オクターブ上を歌唱するのもアリかもしれません。もしくは、高音部分に自信がある方はキーを上げても良いかもしれません。

 一方、高音部分についてはmid2Fということで、一般的な男性の音域の範囲内であります。ある程度歌い慣れた人であれば、報われやすいキーなのではないかと思います。一方、歌い慣れていない人は、しっかり練習を重ねてください。高音部分に関しては、そこまで難易度は高い楽曲ではありません。

 『angel fall』は全体を通してみると、1番Aメロが非常にキーが低い楽曲ですが、そこを乗り越えることが出来れば、多くの人が歌唱しやすい楽曲なのではないかと思います。歌い慣れていない人が歌の練習をする場合は、1番Aメロを除いた部分を歌唱しても良いと思います。一部を除けば、ビギナーの練習にも向いていると私は考えております。


『HAPPY』(BUMP OF CHICKEN)の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『HAPPY』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『HAPPY』(BUMP OF CHICKEN)


【地声最低音】mid1D#(D#3)  

m1D#[こ]ころは強くならないまま
 [い]ろいろどうにかm1D#[受]けとめて


【地声最高音】mid2F#(F#4)  

★つぎはぎの自分m2F#[を]m2E[引]き摺って
★おm2F#[そわ]らなかった歩m2E[きか]E[で] 



【補足】mid2Emid2Fの箇所

★やm2F[さしい言葉の雨]のしm2F[た]で(Bメロ)
★涙も混ぜてなm2F[が]せたらな
★これほどたm2F[や]すく日は昇る

★喜びだってそう言うm2E[も]のだろう 誰にいm2E[の]って救われる (サビ)

『HAPPY』(BUMP OF CHICKEN)









 まず、『HAPPY』についてです。この楽曲は2010年に、4人組バンドBUMP OF CHICKENによりリリースされたシングル作品です。同年にリリースされたアルバム『COSMONAUT』やベストアルバムなどにも収録されています。タイアップなどは特についていません。
 『HAPPY』はレコード会社トイズファクトリーのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年9月現在、約1400万回もの再生回数を記録しています。個人的には、歌詞が特に人気の高い楽曲だと思います。

 『HAPPY』のサウンドについてです。BUMP OF CHICKENといえば、疾走感のあるギターロックという印象が強いと思いますし、この2010年頃もそうしたイメージを持つ方が多かったと思います。一方で、『HAPPY』はミディアムテンポのバンドサウンドです。ギターの音色もそうですが、個人的にはベースギターのフレーズも非常に耳に残ります。
 
 歌メロディーについてですが、この『HAPPY』はサビの部分で転調します。一般的なイメージの『ラストのサビだけキーが上がる』というタイプではなく、AメロBメロからサビに行く途中で転調が行われているのです。『HAPPY』はサビが一気に目立つようなタイプの作品ではありません。しかし、この転調により、曲の雰囲気が変わるという効果を与えることが出来ます。BUMPのこの曲では「短三度の転調」が行われており、BメロからサビにかけてキーがA♭からCに上がります。(普通にカラオケなどで楽しむ場合はあまり気にする必要はないと思います)。

 歌詞についてです。様々な解釈ができる作品だと思いますが、私としては夢をあきらめきれない人、夢(人生)の途中で苦悩している人に向けたメッセージソングなのではないかと思います。個人的に好きだと思ったフレーズは「終わらせる勇気があるなら 続きを選ぶ恐怖にも勝てる」や「続きを進む恐怖の途中 続きがくれる勇気にも出会う」というサビのフレーズです。他にも好きな箇所は多くあるのですが、この2つは非常に勇気を与えられる歌詞だと思いました。楽曲全体を通して、作詞作曲を担当する藤原基央さんのソングライティングが光ります。



 さて、最後に『HAPPY』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【地声最高音】mid2F#(F#4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。

 まず、地声最高音についてですが、サビでmid2F#という音階が登場します。このmid2F,mid2F#辺りは一般的な男性の音域の範囲内であり、決して高い音階ではありません。ただ、普段歌い慣れていないとスムーズな発声が損なわれやすい場面でもあります。普段歌い慣れていない人は、練習を重ね、歌いこなせるようにしたいです。
 そうした意味で『HAPPY』は努力が報われやすい楽曲であると言えます。また、普段歌い慣れている人ならば歌詞やメロディーを覚えた時点ですぐに楽しめると思います。

 また、『HAPPY』の全体を見ていくと、音域自体はあまり広くありません。よって、声が高い場合はキーを下げて練習するといったことにも対応しやすい楽曲です。練習曲としては非常に適していると私は考えています。mid2E~mid2F#の音域を練習するのに最適な楽曲の一つであると思います。テンポも速くなく、練習にはもってこいだと言えます。歌詞も優れた作品ですので、個人的には強くお奨めしたいです。

 ちなみに、女性が歌っても違和感のない世界観の歌詞だと思います。女性が歌う場合は原曲キーよりも5~6つ程度上げると良いと思います。これで、音域がmid1G#(mid2A)~hiB(hiC)に設定されます。



『月虹』(BUMP OF CHICKEN)の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『月虹』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 『月虹』は2019年8月現在、MVが公開されていません。よって当ブログでもフル動画などの添付は行いません。替わりとしてアニメのPV動画を添付します。今後、MVなどが上がりましたら、そちらに差し替えます。ご了承ください。


『月虹』(BUMP OF CHICKEN),[Gekkou]


【地声最低音】mid1D(D3)  

m1D[夜]明けよりも手前側(Aメロ)
★星空のインクの中 落とし[て]見失って
★何も要らない だっ[て]もう何も持てない(Bメロ)


【地声最高音】mid2G(G4)  ※サビで登場

★それ以mid2F[外]の 時間の全部が 燃[え][生]mid2G[きる]
mid2F[どん]な歩[き]mid2G[か][た]だって会いに行く[よ]
mid2G[いつ]だっmid2F[て] 舞mid2G[台]の上[~]



【裏声最高音】mid2G#(G#4) 

★生きるこのからmid2G#裏[だが] おmid2F[し]えてくれる(Cメロ)


【補足】その他mid2E,mid2Fあたりの注意点

★あまりにこの空っぽが 大き過ぎるかmid2E[ら](サビ直前)
mid2F[たっ]た一度2F[だ]け]でも頷いて欲しい(サビ)
★胸の奥で際限なく育ちmid2F[つ][け]
★理由ひとつだけかmid2F[か][て]
★鮮やかによみがmid2E[え]る 懐かしい温もmid2E[りを](Cメロ)

『月虹』(BUMP OF CHICKEN)









 まず、『月虹』(げっこう)についてです。この楽曲は2019年にBUMP OF CHICKENによりリリースされたアルバム『aurora arc』に収録されている楽曲です。藤田和日郎さんの漫画が原作のアニメ『からくりサーカス』のオープニングテーマとして書き下ろされた作品で、話題になりました。『からくりサーカス』は1997年~2006年まで週刊少年サンデーで連載されていた作品です。時期を考えるとBUMP OF CHICKENのメンバーが10代の頃に連載が開始された漫画ですので、メンバーにとっても思い入れの強い作品だと思います。

 『月虹』のサウンドについてです。以前、BUMP OF CHICKENの楽曲はケルト音楽の要素を持ったものがあると言及しました。当ブログで取り上げた『車輪の唄』もそうした楽曲の一つです。今回取り上げる『月虹』もそうしたアレンジです。前奏やAメロBメロ辺りはそうしたニュアンスがとても強いです。
 ケルト風のアレンジはゲームのファンタジー系のRPG作品などでもよく行われます。そもそもRPGのファンタジー作品は、元を辿るとケルト神話や北欧神話などを下敷きに作られたものが多いです。それゆえ、音楽もケルト風のアレンジが合いやすいと言えるのかもしれません。BUMP OF CHICKENはTVゲーム好きでもありますので、そうしたものもバンドのアレンジに影響を受けているのではないかと思います。
 歌メロディーについてはAメロBメロサビから成る展開です。アニメのタイアップということもあり、AメロBメロが土台となり、サビでジャンプするような構造になっています。カラオケなどで歌っても非常に盛り上がりやすいのではないかと思います。





 さて、最後に『月虹』の音域についてです。この楽曲は【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】mid2G(G4)、【裏声最高音】mid2G#(G#4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。

 BUMP OF CHICKENの楽曲では大体、mid2F,mid2G辺りが地声最高音に設定されることが多いイメージですが、『月虹』はまさにそうした楽曲です。mid2F,mid2G辺りであれば、ある程度歌い慣れた男性であれば克服しやすい音階です。歌い慣れることで淀みなく発声できるようにしておきたいです。

 普段歌い慣れていない人はmid2F,mid2G辺りはぎこちない発声になってしまうと思います。歌い慣れることで克服してください。
『月虹』の音域はそこまで広いわけではないですので、男性の音域と比較すると低音域に余裕があります。よって、歌い慣れていない人は、キーを下げるなどして練習するのもアリだと思います。例えば、原曲キーよりも2つ低く設定すると、サビの最高音がmid2Gからmid2Fに設定されます。少しずつ練習を重ねることで、原曲キーに近づけるようになると思います。そうした意味では、『月虹』は報われやすい楽曲であり、またキー調整などの練習にも向いていると思います。

 『月虹』はアニメのオープニング曲として書き下ろされた作品でもあるため、カラオケなどで歌っても盛り上がりやすいと思います。

『新世界』(BUMP OF CHICKEN)の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『新世界』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『新世界』(BUMP OF CHICKEN)、Shinsekai


【地声最低音】mid1C(C3)  

m1C[あ]たま良くないけれど 天才なのかもしれないよ(Aメロ)


【地声最高音】mid2G(G4)  

★君mid2F[と]会った時 僕の今日までが意味を[も]mid2G[らっ][たよ](サビ)



【裏声最高音】hiC(C5) 

hiC裏声[ベイビーアイラ]hiA[ブユー]mid2G[だ]mid2F[ぜ]


【補足】

★もう一度眠ったら 起mid2F[き][れ]ないかも(Cメロ)
 
※アウトロでhiCのフェイクが登場します。

『新世界』(BUMP OF CHICKEN)









 まず、『新世界』についてです。この楽曲は、2019年にBUMP OF CHICKENによりリリースされたアルバム『aurora arc』(オーロラ・アーク)に収録されている楽曲です。菓子メーカー大手ロッテの創業70周年記念アニメーション『ベイビーアイラブユーだぜ』のテーマソングとして、話題になりYouTube公式チャンネルでも動画が公開されています。
 ちなみにアニメで流れている『新世界』は2番がカットされており、いうなればアニメバージョン(edit)であります。演奏時間は2分半程度です。アルバムに収録されたフルバージョンは演奏時間が3分40秒程度の作品になっております。添付されている動画はアニメバージョンの方になります。

 さて、『新世界』のサウンドについてです。ラブソングということで、かなり明るい曲調のバンドサウンドになっています。近年よく見られるBUMP OF CHICKENらしい爽やかさがあります、一方で、2番に入るとバンドサウンドのみならず、いわゆるピコピコ音などデジタルな音色も交えられます。こうしたアレンジも近年のバンプの一つの特徴だと思います。
 歌メロディーについて特徴的な点は、「ベイビーアイラブユーだぜ」の部分です。ここはコーラスになっているのですが、高音部分はhiCといった高い音階を裏声で歌唱されています。こうしたアレンジはBUMP OF CHICKENには多くは無かったと思います。

 歌詞についてですが、先にも述べたようにラブソングです。個人的な印象ですが、BUMP OF CHICKENはラブソングが少ないバンドです。その点で『新世界』は珍しいと思います。ラブソングは共感的な歌詞が求められますが、そうしたフレーズも交えつつも、藤原基央さんらしい独特さも残してあると思います。
 個人的には
「例えば 曲がり角 その先に君がいたら そう思うだけでもう プレゼント開ける前の気分」
「なんだよそんな汚れくらい 丸ごと抱きしめるよ」
「世界はシャボン玉で 運良く消えていないだけ  すぐ素直になれるよ」

辺りが非常に好きなフレーズです。
 


 さて、『新世界』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3) ~【地声最高音】mid2G(G4) 、【裏声最高音】hiC(C5)でメロディーが構成されております。地声部分に関していえば、一般的な男性の音域の範囲内であります。

 まず、地声部分に関しては一般的な男性の音域ですので、ある程度歌い慣れている人であれば届きうる報われやすい楽曲であると思います。いつも述べておりますが、mid2G,mid2Fあたりは歌い慣れていない人の場合は滑らかな発声が損なわれやすいです。少しずつ練習を重ねてください。
 BUMP OF CHICKENの作品はmid2G,mid2F辺りの音階を練習するのに良い作品が多いです。ただ、低音部がキツイ作品も多いですので、歌い慣れていない人はなるべく音域の狭い作品を選ぶのが良いと思います。
 
 一方で、「ベイビーアイラブユーだぜ」という裏声を用いたフレーズです。この箇所についてですが、普段裏声を歌い慣れていない人の場合、1オクターブ下を地声で歌唱しても良いと思います。つまり、hiC~mid2Gがmid2C~mid1Gになります。

 『新世界』は低音部に少し余裕がありますので、キーを下げての練習も可能です。普段歌い慣れていない人は原曲よりも1~2つ程度下げて練習しても良いと思います。ただ練習のしやすさという点では前回レビューした『GO』の方に軍配が上がると思います。

 『新世界』は軽快なテンポのラブソングで、難易度も高いわけではないですのでカラオケなどで歌いやすい作品だと思います。

『GO』(BUMP OF CHICKEN)の音域と感想

こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『GO』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『GO』(BUMP OF CHICKEN)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  ※楽曲全体で頻出します

[歩く]のが下手っ[て]気付いた(Aメロ)
[ぶ]つかってばかり傷だらけ


【地声最高音】mid2F#(F#4)《歌詞の無い箇所でmid2G#(G#4)》  

m1F#[こ]ころがmid2F#[ほうせ]mid2E[き]を生む度に(サビ)
★強くなくたって笑い[た]い 涙[を]拭った勇気の手
★僕だってい[そ]いで走った(Cメロ)
★思いをひと[り]にしないmid2E[よう]
★何かが解ったわけじゃない mid2G#[oh] mid2F#[oh] oh oh(ラスト)




【補足】mid2Eの注意点

mid1F#[どこに]行くべき[かも]あいmid2E[ま]い(Aメロ)
[で]こぼ2E[こ]丸い地球の上
1F#[泣]いたら出来[た]水た[ま]り(Bメロ)
★でこぼこmid2E[ま]るい地球の上(ラスト)

『GO』(BUMP OF CHICKEN)









 まず、『GO』についてです。この楽曲はBUMP OF CHICKENが2016年に発表した楽曲です。アルバム『Butterfly』の収録されており、リード曲です。タイアップとして、ソーシャルゲームの『グランブルーファンタジー』のテレビCM、及び同ゲームが原作のTVアニメ『GRANBLUE FANTASY The Animation』のオープニングテーマ曲に起用されています。
 『GO』はBUMP OF CHICKENのYouTube公式チャンネルでもMVが公開され、2019年6月現在、約1900万回もの再生回数を記録しています。人気の高い楽曲です。

 『GO』のサウンドについてです。近年のBUMP OF CHICKENはバンドの音色を積極的に取り入れる傾向が出てきていますが、そうした傾向に則した形になっております。鍵盤が象徴的な場面で登場します。こうしたサウンド傾向から、エレキギターもクリーンな音色が見られます。個人的に驚いた点はボーカルの藤原基央さんがアコースティックギターを演奏している点です。過去にもそうした楽曲はあったと思いますが、『GO』のサウンドにはアコギも非常にマッチすると思います。
 メロディーの傾向についてですが、かなり狭い音域で歌メロが展開されます。メロディーはAメロBメロサビといった構成になっているのですが、J-POPによくあるサビを盛り上げるためのAメロBメロではなく、全体として聴かせるようなメロディーの造り、そしてそれを支えるサウンドになっています。
 
 歌詞についてです。大まかに言うと、主人公が叱られることへの恐怖を超えて、心躍る場所に向かって行く場面が描かれています。「僕」はチケットも持っていないのに、サーカスの方へ向かっていきます。この楽曲で、「君」が登場する場面が2箇所あるのですが、「忘れられてもずっと光る 星空は君が作ったもの」、「君の行きたい場所を目指す 太陽は今日のためにあった」というフレーズです。この2つが『GO』のメッセージに相当するものなのではないかと思います。

 個人的に好きだと思ったフレーズは「ゴールに僕の椅子はない それでも急いで走った 思いを一人にしないように」という箇所です。このフレーズは、「たとえ上手くいかなくても、「自身の心」、「自分が感じたこと」に従って行動することの素晴らしさ」が描かれていると思います。「自分の感情を大切にすること」については、以前に取り上げた『Aurora』の歌詞とも関連していると思います。

 



 さて、最後に『GO』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】mid2F#(F#4)もしくはmid2G#(G#4)でメロディーが構成されております。おおよそ、一般的な男性の音域の範囲内であります。

 まず、地声最高音がmid2F#,mid2G#と2つの表記がされている点についてですが、mid2G#の部分は歌詞の無いところで発せられます。具体的には「何かが解ったわけじゃない mid2G#[oh] mid2F#[oh] oh oh、[oh] [oh] oh oh」というラストの場面です。ここはカラオケなどでどういう扱いがされているかは分かりません。しかし、この「oh oh oh oh」の部分を省略すると楽曲の印象が大きく変わると思います。故に、この部分も無視せずに歌った方がいいです。

 それ以外では、『GO』のメロディーはmid2F#,mid2Eといった音階が高音部分になります。mid2F#については一般的な男性の音域でありますが、歌い慣れていないと滑らかに発声できない可能性があります。

 『GO』は音域も広くなく、またmid2F#,mid2Eといった音階が頻出しますので、歌の練習にも非常に向いていると思います。努力が報われやすい楽曲です。