J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

BUMP OF CHICKEN

『プラネタリウム』(BUMP OF CHICKEN)の音域

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『プラネタリウム』(2005)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。少し前に、バンプの過去の楽曲のMVがYouTube公式チャンネル公開されましたので、今回取り上げたいと考えました。


『プラネタリウム』(BUMP OF CHICKEN)、Planetarium

『プラネタリウム』(BUMP OF CHICKEN)










【地声最低音】mid1C#(C#3)  ※Cメロで登場

m1C#[や]めとけば良かった 当たり前だけど 本当に届いてしまっm1D#[た]
 m1C#[で]も 消えてくれない光

※Cメロ以外では、mid1D#が多く登場します

【地声最高音】mid2F#(F#4)  ※サビで登場

m2D#[消]m2F[え]m2F#[そう]なくらい 輝m1D#[いて]て(サビ)
★あの星のm2F#[名]前は m1D#[ぼ]くしか知らない

★君のなm2D#[まえ]D#[呼]m2F#[ぶ](ラストサビ)

mid1D#mid2F#まで音程の上下が激しいです


【補足】mid2D#の注意箇所

★四畳半をひm2D#[ろ]げたくて閃いてからは速かった



 まず、『プラネタリウム』についてです。この楽曲は、2005年に4人組ロックバンドBUMP OF CHICKENによりリリースされたシングル作品です。アルバム『orbital period』に収録されました。『天体観測』、『supernova』、『宇宙飛行士への手紙』など、バンプは宇宙を想起させる作品が多いイメージですが、この『プラネタリウム』もその一つだと思います。

 『プラネタリウム』はクリーンな音色が印象的なバンド曲です。これまでBUMP OF CHICKENはロックバンドの音色を重視したサウンドアレンジでしたが、この作品ではシンセサイザーなども存在感を発揮しております。
 歌メロについても非常に美しいです。構造自体は、Aメロサビ、およびCメロであり、シンプルです。カラオケなどで歌メロ覚える際もそこまで難しくないのではないかと思います。歌詞については、様々な解釈ができますが、どこか閉鎖的かつ逃避的な世界観が私は非常に好きです。「BUMPっぽい歌詞」という枠組みには入りにくい作品かもしれませんが、私自身耳に残り続けている世界観です。

 さて、『プラネタリウム』の音域的な特徴についてです。そこまで広くない音域で歌メロが作られております。キーの調整などは行いやすいです。ただ、メロディーの上下が意外と激しく、その点で苦労するかもしれません。音域だけ見ると、比較的手を付けやすい作品ですが、難しい部分もあると私は考えております。



 さて、『プラネタリウム』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】mid2F#(F#4)で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な男性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1C#ですが、Cメロで登場します。ここを除くと、mid1D#が最低音になります。図などで見てると、そこまで低いように感じませんが、実際に歌ってみると低音部分も大変です。楽曲全体を通して低音部分の登場も多いので、しっかり意識したいところです。

 一方、地声最高音mid2F#はサビで複数回登場します。この辺りの音階は一般的な男性の音域の範囲内ですので、努力が報われやすいと思います。ただ、先にも述べましたが、メロディーの上下が意外と激しいですので、丁寧な発声を心掛けたいところです。

 『プラネタリウム』は音域自体はそこまで広くなく、キーの調整などは行いやすいと言えます。ただ、見た目以上に余裕はないかもしれません。各々の声の特性があり、練習を重ねても歌いにくいと感じる場合は、別の曲で練習した上でチャレンジするのもよいと思います。決してやさしい曲ではありません。

 『プラネタリウム』はカラオケなどで盛り上がる類の曲ではないですが、個人的にはバンプの作品でも特に好きなものの一つです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『アンサー』BUMP OF CHICKENの音域と感想【加筆】

(2019/02/25)初投稿
(2019/03/13)音域表記のミスがあったため修正しました
(2020/04/25)mid2D~mid2E辺りの部分を詳細に記載しました

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの配信限定シングル『アンサー』(2016)を取り上げます。BUMP OF CHICKENを当ブログで取り上げるのは今回が初めてとなります。よろしくお願いします。


『アンサー』BUMP OF CHICKEN、Answer(BUMP OF CHICKEN)
2016年12月21日リリース

『アンサー』BUMP OF CHICKEN










【地声最低音】mid1C#(C#3) Aメロに見られます

★魔法の言葉覚えてる 虹の始まったm1C#[と]ころ


【地声最高音】mid2F#(F#4)  サビで見られます

★そm2F#[れ]だけ 分m2D#[かっ]てる ぼ[く]F#だけ 分2D#[かっ]てる


【フェイク】    hiB(B4)   

※ 楽曲のラスト(youtube公式動画の5:07辺りから)

【補足】mid2D#mid2E辺りの注意箇所

★あの時世界の全てに 一瞬でm2D#[い]ろが付いた
m2D#[ここ]m2E[ろがずっ]D#[とあ]E[つい事]D#[ぉの]
★君が持っていm2D#[ぃ]m2E[る]から


 さて、BUMP OF CHICKENの『アンサー』についてです。この楽曲は配信限定シングルとしてリリースされていますが、フィジカルでのリリースはまだありません。『アンサー』はBUMP OF CHICKENのyoutube公式チャンネルでは1800万回超再生されており、近年の楽曲では人気の高い作品になっております。次のアルバムで収録されることが期待されます。
 
 『アンサー』は、テレビアニメ3月のライオン』のオープニング楽曲として書き下ろされた作品であり、私も好きなアニメであります。原作者の羽海野チカさんの漫画作品は『3月のライオン』、『ハチミツとクローバー』どちらも非常に好きな作品であります。漫画好きのBUMP OF CHICKENもこの『3月のライオン』をフェイバリットに列挙しております。

 さて、この『アンサー』ですが、サウンドの特徴としては英国のロックバンドColdplayやU2などの影響を感じます。近年のBUMP OF CHICKENの作品は非常にキラキラしたクリーンなサウンドが展開されております。活動初期やセールスの全盛期の彼らは小気味のよい若者らしいギターサウンドで多くのフォロワーを獲得してきましたが、バンド自体も少しずつ変化・進化していってるようです。
 
 サウンドで個人的に好きな点は楽曲の2番から展開されるベースギターのフレーズです。1番と2番で大きく変化しており、この楽曲の盛り上がりを縁の下で支えております。個人的にベースが存在感を示すバンドというのは非常に好みです。
 

 歌詞の点では『3月のライオン』の主題歌ということもあって、藤原基央さんの繊細な表現描写が目を引きます。個人的に印象に残ったフレーズは「鈍く残った 痛みとか しまってしまった 想いとか 滲んだって 消えないもので 町はできている」という箇所です。『アンサー』は楽曲全体を通して素晴らしいフレーズで溢れていますが、敢えて挙げるならここです。

 『鈍く残った痛み』『しまってしまった想い』というものは、観察者の鋭敏な感性が無ければ見逃してしまいますし、価値を見出すことも出来ません。それを『滲んでも消えない』と拾い上げ、『町ができている』とまで表現しています。藤原さんのセンスがキラリと光るフレーズであると思います。




 さて、『アンサー』の音域についてですが、
地声最低音mid1C#(C#3)~地声最高音mid2F#(F#4)、フェイク hiB(B4)といった音域で作られています。アニメの主題歌ともあって、「Aメロが導入で低音部、Bメロで少しずつ盛り上がり始めて、サビで一気に開けていく」という分かりやすい展開であります。
 楽曲の最後に出てくるフェイクの部分「Fu~~」は、もしかしたらカラオケ等では省略されてしまうかもしれません。特段の事情が無い限り、あまり気にする必要は無いと思います

 楽曲全体としては一般の男性の音域の範囲内に収まります。非常に手の付けやすい楽曲であると思います。ただ、歌詞は非常に特徴的であるためしっかり覚えておいた方がいいでしょう。特にサビの部分は音程が上がるために見た目以上に余裕が無くなります。ただ歌うだけなら問題ないかもしれませんが、『歌いこなす』にはやはり努力がある程度必要になると思います。

 この楽曲はユニセックスで男女差を超えたような歌詞やメロディーであると思います。女性が歌っても全く違和感が無いと思います。女性が原曲キーで歌うのは難しいので、キーを4~5上げる(#4~#5)といいと思います。個人差があるので、各々微調整してください。とても良い曲です。



『angel fall』(BUMP OF CHICKEN)の音域

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『angel fall』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。「低音部分が非常に低い」という点で取り上げてほしいという要望でした。

 なお、『angel fall』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、添付動画はありません。ご了承ください。


『angel fall』(BUMP OF CHICKEN)


【地声最低音】lowD#(D#3)  

lowF[ね]lowG#[つで]休んだ lowD#[ね]むりのlowG#[す]きまに
lowD#[ぎ]んいろlowG#[を]G#[う] 
lowD#[い]lowF[ち]G#[わ]lowG[のこ]G#[とり]

【地声最高音】mid2F(F4)  ※サビ中心

★こm2F[とばより]声を 声より唄を(サビ)
★使わm2F[れ]て泣いた 愛されたかった
★消えないm2F[勇]気を受け取ったよ(ラストサビ直前)

【裏声最高音】mid2G#(G#4) ※曲全体で1か所

★あなたがどこm2F[か]で笑っm2G裏[た]m2G#[と]



【補足】その他の注意箇所

★消えない勇気lowG#[を受]け取ったよ 
★臆病なあlowG#[なた]から 確かG#[に]
☆今もある星を m2G#[oh] m2F[oh] oh yeah

※☆の部分は歌詞に無い箇所ですが、楽曲のラストで重要だと思ったので記載しました
『angel fall』(BUMP OF CHICKEN)










 まず、『angel fall』についてです。この楽曲は、2010年に4人組バンドのBUMP OF CHICKENによりリリースされたアルバム『COSMONAUT』(コスモノート)に収録されているナンバーです。ゆったりとしたテンポの楽曲です。タイアップなどはなく、リード曲などの扱いでもありません。

 楽曲の特徴的な点は、やはりフロントマン藤原基央さんの歌詞だと私は感じました。(fall)とタイトルにもあるように、どこか死をほのめかすような歌詞になっております。Aメロで「熱で休んだ眠りの隙間」とあるので、空想の物語なのかもしれませんが、小鳥(あなた)の生き死にを通して、主人公が勇気を受け取ったさまが受け取れます。私なりの解釈ですが、そのような楽曲なのではないかと感じました。

 『angel fall』の歌部分の音域的な特徴ですが、とりわけAメロの低音部分が非常に際立つ楽曲です。Aメロの後半部分より1オクターブ下の箇所が歌われております。一方で、地声の高音部分はmid2F、mid2D#あたりが登場します。高音箇所については歌い慣れた人であれば、歌いこなせやすいと思います。

 

 さて、『angel fall』の音域についてですが、【地声最低音】lowD#(D#3)~【地声最高音】mid2F(F4)、【裏声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。高音部分は一般的な男性の音域ですが、とりわけ低音部分が男性の音域よりも低いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowD#が登場するAメロ箇所です。ここは上述の通り、low音階が頻出します。恐らく、当ブログがこれまで取り上げた楽曲の中で最も低い音階だと思います。普段低音域を歌い慣れていない人は、発声し辛い場面かもしれません。
 歌唱に自信があるのであれば、1オクターブ上を歌唱するのもアリかもしれません。もしくは、高音部分に自信がある方はキーを上げても良いかもしれません。

 一方、高音部分についてはmid2Fということで、一般的な男性の音域の範囲内であります。ある程度歌い慣れた人であれば、報われやすいキーなのではないかと思います。一方、歌い慣れていない人は、しっかり練習を重ねてください。高音部分に関しては、そこまで難易度は高い楽曲ではありません。

 『angel fall』は全体を通してみると、1番Aメロが非常にキーが低い楽曲ですが、そこを乗り越えることが出来れば、多くの人が歌唱しやすい楽曲なのではないかと思います。歌い慣れていない人が歌の練習をする場合は、1番Aメロを除いた部分を歌唱しても良いと思います。一部を除けば、ビギナーの練習にも向いていると私は考えております。



『HAPPY』(BUMP OF CHICKEN)の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『HAPPY』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『HAPPY』(BUMP OF CHICKEN)


【地声最低音】mid1D#(D#3)  

m1D#[こ]ころは強くならないまま
 [い]ろいろどうにかm1D#[受]けとめて


【地声最高音】mid2F#(F#4)  

★つぎはぎの自分m2F#[を]m2E[引]き摺って
★おm2F#[そわ]らなかった歩m2E[きか]E[で] 



【補足】mid2Emid2Fの箇所

★やm2F[さしい言葉の雨]のしm2F[た]で(Bメロ)
★涙も混ぜてなm2F[が]せたらな
★これほどたm2F[や]すく日は昇る

★喜びだってそう言うm2E[も]のだろう 誰にいm2E[の]って救われる (サビ)

『HAPPY』(BUMP OF CHICKEN)









 まず、『HAPPY』についてです。この楽曲は2010年に、4人組バンドBUMP OF CHICKENによりリリースされたシングル作品です。同年にリリースされたアルバム『COSMONAUT』やベストアルバムなどにも収録されています。タイアップなどは特についていません。
 『HAPPY』はレコード会社トイズファクトリーのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年9月現在、約1400万回もの再生回数を記録しています。個人的には、歌詞が特に人気の高い楽曲だと思います。

 『HAPPY』のサウンドについてです。BUMP OF CHICKENといえば、疾走感のあるギターロックという印象が強いと思いますし、この2010年頃もそうしたイメージを持つ方が多かったと思います。一方で、『HAPPY』はミディアムテンポのバンドサウンドです。ギターの音色もそうですが、個人的にはベースギターのフレーズも非常に耳に残ります。
 
 歌メロディーについてですが、この『HAPPY』はサビの部分で転調します。一般的なイメージの『ラストのサビだけキーが上がる』というタイプではなく、AメロBメロからサビに行く途中で転調が行われているのです。『HAPPY』はサビが一気に目立つようなタイプの作品ではありません。しかし、この転調により、曲の雰囲気が変わるという効果を与えることが出来ます。BUMPのこの曲では「短三度の転調」が行われており、BメロからサビにかけてキーがA♭からCに上がります。(普通にカラオケなどで楽しむ場合はあまり気にする必要はないと思います)。

 歌詞についてです。様々な解釈ができる作品だと思いますが、私としては夢をあきらめきれない人、夢(人生)の途中で苦悩している人に向けたメッセージソングなのではないかと思います。個人的に好きだと思ったフレーズは「終わらせる勇気があるなら 続きを選ぶ恐怖にも勝てる」や「続きを進む恐怖の途中 続きがくれる勇気にも出会う」というサビのフレーズです。他にも好きな箇所は多くあるのですが、この2つは非常に勇気を与えられる歌詞だと思いました。楽曲全体を通して、作詞作曲を担当する藤原基央さんのソングライティングが光ります。



 さて、最後に『HAPPY』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【地声最高音】mid2F#(F#4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。

 まず、地声最高音についてですが、サビでmid2F#という音階が登場します。このmid2F,mid2F#辺りは一般的な男性の音域の範囲内であり、決して高い音階ではありません。ただ、普段歌い慣れていないとスムーズな発声が損なわれやすい場面でもあります。普段歌い慣れていない人は、練習を重ね、歌いこなせるようにしたいです。
 そうした意味で『HAPPY』は努力が報われやすい楽曲であると言えます。また、普段歌い慣れている人ならば歌詞やメロディーを覚えた時点ですぐに楽しめると思います。

 また、『HAPPY』の全体を見ていくと、音域自体はあまり広くありません。よって、声が高い場合はキーを下げて練習するといったことにも対応しやすい楽曲です。練習曲としては非常に適していると私は考えています。mid2E~mid2F#の音域を練習するのに最適な楽曲の一つであると思います。テンポも速くなく、練習にはもってこいだと言えます。歌詞も優れた作品ですので、個人的には強くお奨めしたいです。

 ちなみに、女性が歌っても違和感のない世界観の歌詞だと思います。女性が歌う場合は原曲キーよりも5~6つ程度上げると良いと思います。これで、音域がmid1G#(mid2A)~hiB(hiC)に設定されます。



『月虹』(BUMP OF CHICKEN)の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『月虹』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 『月虹』は2019年8月現在、MVが公開されていません。よって当ブログでもフル動画などの添付は行いません。替わりとしてアニメのPV動画を添付します。今後、MVなどが上がりましたら、そちらに差し替えます。ご了承ください。


『月虹』(BUMP OF CHICKEN),[Gekkou]


【地声最低音】mid1D(D3)  

m1D[夜]明けよりも手前側(Aメロ)
★星空のインクの中 落とし[て]見失って
★何も要らない だっ[て]もう何も持てない(Bメロ)


【地声最高音】mid2G(G4)  ※サビで登場

★それ以mid2F[外]の 時間の全部が 燃[え][生]mid2G[きる]
mid2F[どん]な歩[き]mid2G[か][た]だって会いに行く[よ]
mid2G[いつ]だっmid2F[て] 舞mid2G[台]の上[~]



【裏声最高音】mid2G#(G#4) 

★生きるこのからmid2G#裏[だが] おmid2F[し]えてくれる(Cメロ)


【補足】その他mid2E,mid2Fあたりの注意点

★あまりにこの空っぽが 大き過ぎるかmid2E[ら](サビ直前)
mid2F[たっ]た一度2F[だ]け]でも頷いて欲しい(サビ)
★胸の奥で際限なく育ちmid2F[つ][け]
★理由ひとつだけかmid2F[か][て]
★鮮やかによみがmid2E[え]る 懐かしい温もmid2E[りを](Cメロ)

『月虹』(BUMP OF CHICKEN)









 まず、『月虹』(げっこう)についてです。この楽曲は2019年にBUMP OF CHICKENによりリリースされたアルバム『aurora arc』に収録されている楽曲です。藤田和日郎さんの漫画が原作のアニメ『からくりサーカス』のオープニングテーマとして書き下ろされた作品で、話題になりました。『からくりサーカス』は1997年~2006年まで週刊少年サンデーで連載されていた作品です。時期を考えるとBUMP OF CHICKENのメンバーが10代の頃に連載が開始された漫画ですので、メンバーにとっても思い入れの強い作品だと思います。

 『月虹』のサウンドについてです。以前、BUMP OF CHICKENの楽曲はケルト音楽の要素を持ったものがあると言及しました。当ブログで取り上げた『車輪の唄』もそうした楽曲の一つです。今回取り上げる『月虹』もそうしたアレンジです。前奏やAメロBメロ辺りはそうしたニュアンスがとても強いです。
 ケルト風のアレンジはゲームのファンタジー系のRPG作品などでもよく行われます。そもそもRPGのファンタジー作品は、元を辿るとケルト神話や北欧神話などを下敷きに作られたものが多いです。それゆえ、音楽もケルト風のアレンジが合いやすいと言えるのかもしれません。BUMP OF CHICKENはTVゲーム好きでもありますので、そうしたものもバンドのアレンジに影響を受けているのではないかと思います。
 歌メロディーについてはAメロBメロサビから成る展開です。アニメのタイアップということもあり、AメロBメロが土台となり、サビでジャンプするような構造になっています。カラオケなどで歌っても非常に盛り上がりやすいのではないかと思います。





 さて、最後に『月虹』の音域についてです。この楽曲は【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】mid2G(G4)、【裏声最高音】mid2G#(G#4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。

 BUMP OF CHICKENの楽曲では大体、mid2F,mid2G辺りが地声最高音に設定されることが多いイメージですが、『月虹』はまさにそうした楽曲です。mid2F,mid2G辺りであれば、ある程度歌い慣れた男性であれば克服しやすい音階です。歌い慣れることで淀みなく発声できるようにしておきたいです。

 普段歌い慣れていない人はmid2F,mid2G辺りはぎこちない発声になってしまうと思います。歌い慣れることで克服してください。
『月虹』の音域はそこまで広いわけではないですので、男性の音域と比較すると低音域に余裕があります。よって、歌い慣れていない人は、キーを下げるなどして練習するのもアリだと思います。例えば、原曲キーよりも2つ低く設定すると、サビの最高音がmid2Gからmid2Fに設定されます。少しずつ練習を重ねることで、原曲キーに近づけるようになると思います。そうした意味では、『月虹』は報われやすい楽曲であり、またキー調整などの練習にも向いていると思います。

 『月虹』はアニメのオープニング曲として書き下ろされた作品でもあるため、カラオケなどで歌っても盛り上がりやすいと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー