J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

BUMP OF CHICKEN

『新世界』(BUMP OF CHICKEN)の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『新世界』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『新世界』(BUMP OF CHICKEN)、Shinsekai


【地声最低音】mid1C(C3)  

m1C[あ]たま良くないけれど 天才なのかもしれないよ(Aメロ)


【地声最高音】mid2G(G4)  

★君mid2F[と]会った時 僕の今日までが意味を[も]mid2G[らっ][たよ](サビ)


【裏声最高音】hiC(C5) 

hiC裏声[ベイビーアイラ]hiA[ブユー]mid2G[だ]mid2F[ぜ]


【補足】

★もう一度眠ったら 起mid2F[き][れ]ないかも(Cメロ)
 
※アウトロでhiCのフェイクが登場します。

『新世界』(BUMP OF CHICKEN)









 まず、『新世界』についてです。この楽曲は、2019年にBUMP OF CHICKENによりリリースされたアルバム『aurora arc』(オーロラ・アーク)に収録されている楽曲です。菓子メーカー大手ロッテの創業70周年記念アニメーション『ベイビーアイラブユーだぜ』のテーマソングとして、話題になりました。YouTube公式チャンネルでも動画が公開されています。
 ちなみにアニメで流れている『新世界』は2番がカットされており、いうなればアニメバージョン(edit)であります。演奏時間は2分半程度です。アルバムに収録されたフルバージョンは演奏時間が3分40秒程度の作品になっております。添付されている動画はアニメバージョンの方になります。

 さて、『新世界』のサウンドについてです。ラブソングということで、かなり明るい曲調のバンドサウンドになっています。近年よく見られるBUMP OF CHICKENらしい爽やかさがあります、一方で、2番に入るとバンドサウンドのみならず、いわゆるピコピコ音などデジタルな音色も交えられます。こうしたアレンジも近年のバンプの一つの特徴だと思います。
 歌メロディーについて特徴的な点は、「ベイビーアイラブユーだぜ」の部分です。ここはコーラスになっているのですが、高音部分はhiCといった高い音階を裏声で歌唱されています。こうしたアレンジはBUMP OF CHICKENには多くは無かったと思います。

 歌詞についてですが、先にも述べたようにラブソングです。個人的な印象ですが、BUMP OF CHICKENはラブソングが少ないバンドです。その点で『新世界』は珍しいと思います。ラブソングは共感的な歌詞が求められますが、そうしたフレーズも交えつつも、藤原基央さんらしい独特さも残してあると思います。
 個人的には
「例えば 曲がり角 その先に君がいたら そう思うだけでもう プレゼント開ける前の気分」
「なんだよそんな汚れくらい 丸ごと抱きしめるよ」
「世界はシャボン玉で 運良く消えていないだけ  すぐ素直になれるよ」

辺りが非常に好きなフレーズです。
 


 さて、『新世界』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3) ~【地声最高音】mid2G(G4) 、【裏声最高音】hiC(C5)でメロディーが構成されております。地声部分に関していえば、一般的な男性の音域の範囲内であります。

 まず、地声部分に関しては一般的な男性の音域ですので、ある程度歌い慣れている人であれば届きうる報われやすい楽曲であると思います。いつも述べておりますが、mid2G,mid2Fあたりは歌い慣れていない人の場合は滑らかな発声が損なわれやすいです。少しずつ練習を重ねてください。
 BUMP OF CHICKENの作品はmid2G,mid2F辺りの音階を練習するのに良い作品が多いです。ただ、低音部がキツイ作品も多いですので、歌い慣れていない人はなるべく音域の狭い作品を選ぶのが良いと思います。
 
 一方で、「ベイビーアイラブユーだぜ」という裏声を用いたフレーズです。この箇所についてですが、普段裏声を歌い慣れていない人の場合、1オクターブ下を地声で歌唱しても良いと思います。つまり、hiC~mid2Gがmid2C~mid1Gになります。

 『新世界』は低音部に少し余裕がありますので、キーを下げての練習も可能です。普段歌い慣れていない人は原曲よりも1~2つ程度下げて練習しても良いと思います。ただ練習のしやすさという点では前回レビューした『GO』の方に軍配が上がると思います。

 『新世界』は軽快なテンポのラブソングで、難易度も高いわけではないですのでカラオケなどで歌いやすい作品だと思います。



『GO』(BUMP OF CHICKEN)の音域と感想

こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『GO』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『GO』(BUMP OF CHICKEN)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  ※楽曲全体で頻出します

[歩く]のが下手っ[て]気付いた(Aメロ)
[ぶ]つかってばかり傷だらけ


【地声最高音】mid2F#(F#4)《歌詞の無い箇所でmid2G#(G#4)》  

m1F#[こ]ころがmid2F#[ほうせ]mid2E[き]を生む度に(サビ)
★強くなくたって笑い[た]い 涙[を]拭った勇気の手
★僕だってい[そ]いで走った(Cメロ)
★思いをひと[り]にしないmid2E[よう]
★何かが解ったわけじゃない mid2G#[oh] mid2F#[oh] oh oh(ラスト)


【補足】mid2Eの注意点

mid1F#[どこに]行くべき[かも]あいmid2E[ま]い(Aメロ)
[で]こぼ2E[こ]丸い地球の上
1F#[泣]いたら出来[た]水た[ま]り(Bメロ)
★でこぼこmid2E[ま]るい地球の上(ラスト)

『GO』(BUMP OF CHICKEN)









 まず、『GO』についてです。この楽曲はBUMP OF CHICKENが2016年に発表した楽曲です。アルバム『Butterfly』の収録されており、リード曲です。タイアップとして、ソーシャルゲームの『グランブルーファンタジー』のテレビCM、及び同ゲームが原作のTVアニメ『GRANBLUE FANTASY The Animation』のオープニングテーマ曲に起用されています。
 『GO』はBUMP OF CHICKENのYouTube公式チャンネルでもMVが公開され、2019年6月現在、約1900万回もの再生回数を記録しています。人気の高い楽曲です。

 『GO』のサウンドについてです。近年のBUMP OF CHICKENはバンドの音色を積極的に取り入れる傾向が出てきていますが、そうした傾向に則した形になっております。鍵盤が象徴的な場面で登場します。こうしたサウンド傾向から、エレキギターもクリーンな音色が見られます。個人的に驚いた点はボーカルの藤原基央さんがアコースティックギターを演奏している点です。過去にもそうした楽曲はあったと思いますが、『GO』のサウンドにはアコギも非常にマッチすると思います。
 メロディーの傾向についてですが、かなり狭い音域で歌メロが展開されます。メロディーはAメロBメロサビといった構成になっているのですが、J-POPによくあるサビを盛り上げるためのAメロBメロではなく、全体として聴かせるようなメロディーの造り、そしてそれを支えるサウンドになっています。
 
 歌詞についてです。大まかに言うと、主人公が叱られることへの恐怖を超えて、心躍る場所に向かって行く場面が描かれています。「僕」はチケットも持っていないのに、サーカスの方へ向かっていきます。この楽曲で、「君」が登場する場面が2箇所あるのですが、「忘れられてもずっと光る 星空は君が作ったもの」、「君の行きたい場所を目指す 太陽は今日のためにあった」というフレーズです。この2つが『GO』のメッセージに相当するものなのではないかと思います。

 個人的に好きだと思ったフレーズは「ゴールに僕の椅子はない それでも急いで走った 思いを一人にしないように」という箇所です。このフレーズは、「たとえ上手くいかなくても、「自身の心」、「自分が感じたこと」に従って行動することの素晴らしさ」が描かれていると思います。「自分の感情を大切にすること」については、以前に取り上げた『Aurora』の歌詞とも関連していると思います。

 



 さて、最後に『GO』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】mid2F#(F#4)もしくはmid2G#(G#4)でメロディーが構成されております。おおよそ、一般的な男性の音域の範囲内であります。

 まず、地声最高音がmid2F#,mid2G#と2つの表記がされている点についてですが、mid2G#の部分は歌詞の無いところで発せられます。具体的には「何かが解ったわけじゃない mid2G#[oh] mid2F#[oh] oh oh、[oh] [oh] oh oh」というラストの場面です。ここはカラオケなどでどういう扱いがされているかは分かりません。しかし、この「oh oh oh oh」の部分を省略すると楽曲の印象が大きく変わると思います。故に、この部分も無視せずに歌った方がいいです。

 それ以外では、『GO』のメロディーはmid2F#,mid2Eといった音階が高音部分になります。mid2F#については一般的な男性の音域でありますが、歌い慣れていないと滑らかに発声できない可能性があります。

 『GO』は音域も広くなく、またmid2F#,mid2Eといった音階が頻出しますので、歌の練習にも非常に向いていると思います。努力が報われやすい楽曲です。



『sailing day』(BUMP OF CHICKEN) の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『sailing day』(2003)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『sailing day』(BUMP OF CHICKEN) 


【地声最低音】low1G#(G#2)  

 [つ]かみ取ろうとした 愚かなドリーマー(1番Aメロ)


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

★帆を張った 愚mid2G#[か]mid2G[な]ドリーマー(サビ)
★いのmid2F[ち懸]け 当たり[前][だ](ラストサビ直前)



【補足】その他、mid2G,mid2Fの注意点

★何度でも 泣いたってmid2F[いい]や(Bメロ)
★精一杯 運命に[抵]mid2G[抗] (サビ)
★正解・不m2F[正]mid2G[解][判][断] 自分だけに許[さ][れ][権]
★誰もが皆 そ[れぞ][のふ]ねを出す (Cメロ) 
★眩m2F[し]mid2G[さ]が とう[だ][いな]んだ

『sailing day』(BUMP OF CHICKEN)










 まず、『sailing day』についてです。この楽曲は、2003年にBUMP OF CHICKENがリリースしたシングル作品です。『ロストマン』との両A面シングルです。その後、2004年にアルバム『ユグドラシル』にも収録されました。『sailing day』はアニメ映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』のために書き下ろされた作品で、同映画の主題歌となっております。
 BUMP OF CHICKENのYouTube公式チャンネルでもMVが公開され、2019年6月現在、およそ2000万回もの再生回数を記録しています。人気の高い楽曲だと思います。

 『sailing day』のサウンドについてですが、初期のBUMP OF CHICKENらしい疾走感のあるギターロックです。個人的には2番以降のベースラインが非常に好みです。初期の名曲である『天体観測』と比較しても全体として手数が増えて、バンドメンバーのスキルが向上しているのが見て取れます。
 メロディーについてはAメロBメロサビというJ-POPらしい構成になっております。少年漫画原作のアニメ映画の主題歌ということもあり、そうした構成が親和性が高いのだと思います。

 歌詞についてですが、ワンピースの主題歌ということもあり、同漫画が連想されるような歌詞になっております。また、夢や目標に向かって頑張っている人にとっても非常に共感できる歌詞内容なのではないかと思います。
 個人的に好きだと思ったフレーズは「目を開いたその先に 見える 確かな眩しさが 空になったハートに 理由を注ぐ」という2番の歌詞です。共感的な歌詞内容でありながら、決してありふれた表現ではない作詞者の感性が見て取れます。長く残っていくミュージシャンは、よくあるテーマの作品であっても、どこかで記憶に残るような表現力を持っていると私自身は考えています。





 さて、『sailing day』の音域についてですが、【地声最低音】low1G#(G#2) ~【地声最高音】mid2G#(G#4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域より少し広いです。

 まず、低音部についてですが、lowG#の場面は1か所です。同様のフレーズは楽曲全体で3か所登場しますが、残りの2箇所はmid1A#です。よって、「[つ]かみ取ろうとした」の場面をmid1A#で歌ってもほとんど違和感が無いと思います。

 高音部についてですが、mid2G,mid2Fなどの音階が頻出します。これらの音階は、一般的な男性の音域なので、歌い慣れている男性であれば到達しうるキーであると思います。
 しかし、①地声最高音がmid2G#であり、②mid2G,mid2Fが頻出するといった要因から、BUMP OF CHICKENの楽曲の中では難易度は高い方だと考えてください。BUMPの楽曲はmid2G,mid2F#辺りが最高音になることが多いイメージです(人気曲の『天体観測』は地声最高音がmid2G#で、BUMPの中では少し高め)。

 個人的なイメージですが、BUMP OF CHICKENは最近の楽曲の方が歌いやすい作品が多い印象です。



『ray』(BUMP OF CHICKEN)の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHIKENの『ray』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『ray』(BUMP OF CHICKEN)


【地声最低音】mid1A#(A#2)  

m1A#[お]別れしたのはもっと 前の事だったような(Aメロ)
★その時だけのメロディー1A#[を](Aメロ)


【地声最高音】mid2G(G4)  

★考える暇も無い程 あm2F[る]m2G[く]のは大変だ(サビ)
★あの痛2F[み]は わ2F[す]2G[れ]たって消えやしない



【補足】その他のmid2F箇所

★いつmid2F[ま]でどこまでなんて 正常か異常か2F[なん]

『ray』(BUMP OF CHICKEN)
 まず、『ray』についてです。この楽曲は2014年にBUMP OFCHICKENによりリリースされたアルバム『RAY』に収録された楽曲です。アルバムのと同名のリード曲で、リリースに先立ちYoutubeの公式チャンネルでもMVが公開されました。再生回数は2019年現在で、3800万回を越えており、非常に人気の高い作品の一つであると思います。
 また、『ray』はボーカロイドの初音ミクとコラボレーションしたバージョンも制作され、配信限定リリースされております。MVも公開され1300万回もの再生回数を記録しております。

 『ray』のサウンドについてです。一つの方向性として、このアルバム『RAY』の頃からBUMP OF CHICKENのパブリックイメージである「疾走感のあるギターロック」から変化したイメージです。当然、そうした楽曲が消失したわけではないです。それらの方向性の中で、『ray』はBUMP OF CHICKENの近作ではよく見られるようになったエレクトロニカよりのサウンドが導入されている楽曲のです。ボーカルにもエフェクトがかかっております。BUMP OF CHIKCENの中で一つの変化となった楽曲なのではないかと思います。初音ミクとのコラボも、ただ世の中の流れに乗ったというよりは、そうした意図を持ったものなのではないでしょうか。
 ボーカルのメロディーはポップで明るいものですが、四つ打ちのリズムが心地よいです。メロディー自体は必ずしも疾走感を感じさせるわけではないのですが、リズムが軽快感を演出しています。

 歌詞についてですが、個人的に好きだと感じたフレーズは「晴天とはほど遠い 終わらない暗闇にも  星を思い浮かべたなら すぐ銀河の中だ」です。宮沢賢治の小説『銀河鉄道の夜』の一説に、「天の川が本当に川だとするならば、私たち地球もそうした天の川の水の中に住んでいることになる」といった場面が出てきます。これに近いニュアンスは幸村誠さんの漫画『プラネテス』にも登場したと思います。『ray』のこのフレーズは、そうした作品群を想起させるものがありました。今いる自分の場所も星々の煌めく銀河なのだと考えさせられます。

 

 さて、『ray』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#2) ~【地声最高音】mid2G(G4) でメロディーが構成されています。おおよそ一般的な男性の音域であると思います。

 カラオケで歌い慣れている人であれば楽しく歌える楽曲であると思います。普段歌い慣れていない人も努力を重ねることで報われやすい楽曲ではないでしょうか。mid2F,mid2Gといった中高音域を確実に歌いこなせるようにしていきたいです。

 一方で、高音域が得意かつ低音域が苦手な人はキーを少しあげても良いかも知れません。BUMP OF CHICKENは男性にとっては手を出しやすい作品が多いですが、一方で高音域が得意な方にはキーが少し低く感じる可能性もあります。その点だけは留意しておいてください。「キーが低い」と感じていても、高音域が得意でない人は、あまりキーを上げない方が良いかも知れません。その点は各々試してみると良いと思います。



『Aurora』(BUMP OF CHICKEN)の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『Aurora』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『Aurora』(BUMP OF CHICKEN)



【地声最低音】mid1D(D3)  


【地声最高音】mid2G(G4)  

★爪を立てて  こmid2G[ら]mid2F[え]ていたんだ(サビ)
★つ[た][え]たい言葉はいつだって(サビ)


【裏声最高音】hiA#(A#4) 

★形とおhiA裏[と]m2G[が][分]hiA#[か][るよ](サビ)



【補足】注意すべきmid2F箇所など

★クレヨンで世界に創[り]出したでしょう(Aメロ)
★ためいmid2F[きに]もなれなかった  名前さえ持[た]ない思いが(サビ冒頭)
★好きな色で  透明に [oh~~] mid2G[oh] oh oh(Cメロ【フェイク】)

『Aurora』(BUMP OF CHICKEN)










 まず、『Aurora』についてです。この楽曲は2019年3月にBUMP OF CHICKENによってリリースされた配信限定のシングル作品です。同曲はTBS系 日曜劇場『グッドワイフ』の主題歌として書き下ろされたナンバーです。
 配信シングルのリリースに先立ち、BUMP OF CHICKENのYouTube公式チャンネルでもMVが公開されました。2019年4月現在、約470万回もの再生回数を記録しております。非常に話題になった作品の一つだと思います。

 『Aurora』のサウンドについてですが、前奏より流れる鍵盤の音とギターのアンサンブルが非常に印象的です。BUMP OF CHICKENは疾走感あふれるギターロックとしてのパブリックイメージが強いですが、近作はこうしたアレンジの楽曲も増えております。また、楽曲の終盤に向かってエレクトロニカなアレンジも見られます。こうしたサウンドワークも近年のBUMP OF CHICKENの特徴の一つです。

 また、あまり指摘されない印象なのですが、こうしたエレクトロニカなサウンドに合わせて、ボーカルの藤原基央さんの歌声も丸みを帯びたような発声に変わっています。この『Aurora』でもそうした面が強いと思います。例えば、ギターロックとしてのBUMP OF CHICKENでは藤原さんのボーカルはかなり尖った印象でした。2007年にリリースされたスローテンポの『花の名』でも優しいボーカルの中にやや尖った面が見られました。

 歌詞についてです。まずタイトルの『Aurora』ですが、北欧など極地方で見られるあのオーロラのことです。歌詞の中で手掛かりになるフレーズとしては「溜め息にもなれなかった  名前さえ持たない思いが心の一番奥の方  爪を立てて  こらえていたんだ」 という箇所だと思います。最後のサビでは「心の一番奥の方  涙は炎  向き合う時が来た 触れて確かめられたら  形と音をくれるよ」と表現しています。
 私なりの解釈ですが、この楽曲の『Aurora』とは「自分の心にある大切にすべき感情」なのではないかと考えます。そうした心の奥底の感情に向き合えた時、具体的な言葉にしたり、クレヨンで描いたりなどして明確な形になっていきます。そうしたことを歌っているのだと考えます。「大切な感情は、世間の評判や周りの人間だけから与えられるものではなく、あなたの心の中にあるよ」と歌っているのだと考えます。
 前向きな歌詞ですが、力強く元気に応援しているわけではなく、静かに優しく背中を押しているような内容だと思います。





 さて、『Aurora』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】mid2G(G4)
、【裏声最高音】hiA#(A#4)でメロディーが構成されております。裏声の部分を除くと一般的な男性の音域の範囲内であると言えます。

 BUMP OF CHICKENの楽曲はmid2F,mid2Gといった音域を確実に歌いこなせるようになると、メドが付いてきます。そうした点で非常に努力が報われやすい楽曲です。以前より申しておりますが、mid2F,mid2Gあたりは歌い慣れてくると、届きやすい音階です。少しずつ慣れていってください。

 『Aurora』はBUMP OF CHICKENの楽曲でもかなりポップなメロディーです。カラオケなどで歌うのにも向いているのではないでしょうか。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー