J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

BUMP OF CHICKEN

『sailing day』(BUMP OF CHICKEN) の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『sailing day』(2003)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『sailing day』(BUMP OF CHICKEN) 


【地声最低音】low1G#(G#2)  

 [つ]かみ取ろうとした 愚かなドリーマー(1番Aメロ)


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

★帆を張った 愚mid2G#[か]mid2G[な]ドリーマー(サビ)
★いのmid2F[ち懸]け 当たり[前][だ](ラストサビ直前)



【補足】その他、mid2G,mid2Fの注意点

★何度でも 泣いたってmid2F[いい]や(Bメロ)
★精一杯 運命に[抵]mid2G[抗] (サビ)
★正解・不m2F[正]mid2G[解][判][断] 自分だけに許[さ][れ][権]
★誰もが皆 そ[れぞ][のふ]ねを出す (Cメロ) 
★眩m2F[し]mid2G[さ]が とう[だ][いな]んだ

『sailing day』(BUMP OF CHICKEN)










 まず、『sailing day』についてです。この楽曲は、2003年にBUMP OF CHICKENがリリースしたシングル作品です。『ロストマン』との両A面シングルです。その後、2004年にアルバム『ユグドラシル』にも収録されました。『sailing day』はアニメ映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』のために書き下ろされた作品で、同映画の主題歌となっております。
 BUMP OF CHICKENのYouTube公式チャンネルでもMVが公開され、2019年6月現在、およそ2000万回もの再生回数を記録しています。人気の高い楽曲だと思います。

 『sailing day』のサウンドについてですが、初期のBUMP OF CHICKENらしい疾走感のあるギターロックです。個人的には2番以降のベースラインが非常に好みです。初期の名曲である『天体観測』と比較しても全体として手数が増えて、バンドメンバーのスキルが向上しているのが見て取れます。
 メロディーについてはAメロBメロサビというJ-POPらしい構成になっております。少年漫画原作のアニメ映画の主題歌ということもあり、そうした構成が親和性が高いのだと思います。

 歌詞についてですが、ワンピースの主題歌ということもあり、同漫画が連想されるような歌詞になっております。また、夢や目標に向かって頑張っている人にとっても非常に共感できる歌詞内容なのではないかと思います。
 個人的に好きだと思ったフレーズは「目を開いたその先に 見える 確かな眩しさが 空になったハートに 理由を注ぐ」という2番の歌詞です。共感的な歌詞内容でありながら、決してありふれた表現ではない作詞者の感性が見て取れます。長く残っていくミュージシャンは、よくあるテーマの作品であっても、どこかで記憶に残るような表現力を持っていると私自身は考えています。





 さて、『sailing day』の音域についてですが、【地声最低音】low1G#(G#2) ~【地声最高音】mid2G#(G#4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域より少し広いです。

 まず、低音部についてですが、lowG#の場面は1か所です。同様のフレーズは楽曲全体で3か所登場しますが、残りの2箇所はmid1A#です。よって、「[つ]かみ取ろうとした」の場面をmid1A#で歌ってもほとんど違和感が無いと思います。

 高音部についてですが、mid2G,mid2Fなどの音階が頻出します。これらの音階は、一般的な男性の音域なので、歌い慣れている男性であれば到達しうるキーであると思います。
 しかし、①地声最高音がmid2G#であり、②mid2G,mid2Fが頻出するといった要因から、BUMP OF CHICKENの楽曲の中では難易度は高い方だと考えてください。BUMPの楽曲はmid2G,mid2F#辺りが最高音になることが多いイメージです(人気曲の『天体観測』は地声最高音がmid2G#で、BUMPの中では少し高め)。

 個人的なイメージですが、BUMP OF CHICKENは最近の楽曲の方が歌いやすい作品が多い印象です。
 
 

 
 

『ray』(BUMP OF CHICKEN)の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHIKENの『ray』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『ray』(BUMP OF CHICKEN)


【地声最低音】mid1A#(A#2)  

m1A#[お]別れしたのはもっと 前の事だったような(Aメロ)
★その時だけのメロディー1A#[を](Aメロ)


【地声最高音】mid2G(G4)  

★考える暇も無い程 あm2F[る]m2G[く]のは大変だ(サビ)
★あの痛2F[み]は わ2F[す]2G[れ]たって消えやしない



【補足】その他のmid2F箇所

★いつmid2F[ま]でどこまでなんて 正常か異常か2F[なん]

『ray』(BUMP OF CHICKEN)
 まず、『ray』についてです。この楽曲は2014年にBUMP OFCHICKENによりリリースされたアルバム『RAY』に収録された楽曲です。アルバムのと同名のリード曲で、リリースに先立ちYoutubeの公式チャンネルでもMVが公開されました。再生回数は2019年現在で、3800万回を越えており、非常に人気の高い作品の一つであると思います。
 また、『ray』はボーカロイドの初音ミクとコラボレーションしたバージョンも制作され、配信限定リリースされております。MVも公開され1300万回もの再生回数を記録しております。

 『ray』のサウンドについてです。一つの方向性として、このアルバム『RAY』の頃からBUMP OF CHICKENのパブリックイメージである「疾走感のあるギターロック」から変化したイメージです。当然、そうした楽曲が消失したわけではないです。それらの方向性の中で、『ray』はBUMP OF CHICKENの近作ではよく見られるようになったエレクトロニカよりのサウンドが導入されている楽曲のです。ボーカルにもエフェクトがかかっております。BUMP OF CHIKCENの中で一つの変化となった楽曲なのではないかと思います。初音ミクとのコラボも、ただ世の中の流れに乗ったというよりは、そうした意図を持ったものなのではないでしょうか。
 ボーカルのメロディーはポップで明るいものですが、四つ打ちのリズムが心地よいです。メロディー自体は必ずしも疾走感を感じさせるわけではないのですが、リズムが軽快感を演出しています。

 歌詞についてですが、個人的に好きだと感じたフレーズは「晴天とはほど遠い 終わらない暗闇にも  星を思い浮かべたなら すぐ銀河の中だ」です。宮沢賢治の小説『銀河鉄道の夜』の一説に、「天の川が本当に川だとするならば、私たち地球もそうした天の川の水の中に住んでいることになる」といった場面が出てきます。これに近いニュアンスは幸村誠さんの漫画『プラネテス』にも登場したと思います。『ray』のこのフレーズは、そうした作品群を想起させるものがありました。今いる自分の場所も星々の煌めく銀河なのだと考えさせられます。

 

 さて、『ray』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#2) ~【地声最高音】mid2G(G4) でメロディーが構成されています。おおよそ一般的な男性の音域であると思います。

 カラオケで歌い慣れている人であれば楽しく歌える楽曲であると思います。普段歌い慣れていない人も努力を重ねることで報われやすい楽曲ではないでしょうか。mid2F,mid2Gといった中高音域を確実に歌いこなせるようにしていきたいです。

 一方で、高音域が得意かつ低音域が苦手な人はキーを少しあげても良いかも知れません。BUMP OF CHICKENは男性にとっては手を出しやすい作品が多いですが、一方で高音域が得意な方にはキーが少し低く感じる可能性もあります。その点だけは留意しておいてください。「キーが低い」と感じていても、高音域が得意でない人は、あまりキーを上げない方が良いかも知れません。その点は各々試してみると良いと思います。
 
 

『Aurora』(BUMP OF CHICKEN)の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『Aurora』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『Aurora』(BUMP OF CHICKEN)



【地声最低音】mid1D(D3)  


【地声最高音】mid2G(G4)  

★爪を立てて  こmid2G[ら]mid2F[え]ていたんだ(サビ)
★つ[た][え]たい言葉はいつだって(サビ)


【裏声最高音】hiA#(A#4) 

★形とおhiA裏[と]m2G[が][分]hiA#[か][るよ](サビ)




【補足】注意すべきmid2F箇所など

★クレヨンで世界に創[り]出したでしょう(Aメロ)
★ためいmid2F[きに]もなれなかった  名前さえ持[た]ない思いが(サビ冒頭)
★好きな色で  透明に [oh~~] mid2G[oh] oh oh(Cメロ【フェイク】)

『Aurora』(BUMP OF CHICKEN)










 まず、『Aurora』についてです。この楽曲は2019年3月にBUMP OF CHICKENによってリリースされた配信限定のシングル作品です。同曲はTBS系 日曜劇場『グッドワイフ』の主題歌として書き下ろされたナンバーです。
 配信シングルのリリースに先立ち、BUMP OF CHICKENのYouTube公式チャンネルでもMVが公開されました。2019年4月現在、約470万回もの再生回数を記録しております。非常に話題になった作品の一つだと思います。

 『Aurora』のサウンドについてですが、前奏より流れる鍵盤の音とギターのアンサンブルが非常に印象的です。BUMP OF CHICKENは疾走感あふれるギターロックとしてのパブリックイメージが強いですが、近作はこうしたアレンジの楽曲も増えております。また、楽曲の終盤に向かってエレクトロニカなアレンジも見られます。こうしたサウンドワークも近年のBUMP OF CHICKENの特徴の一つです。

 また、あまり指摘されない印象なのですが、こうしたエレクトロニカなサウンドに合わせて、ボーカルの藤原基央さんの歌声も丸みを帯びたような発声に変わっています。この『Aurora』でもそうした面が強いと思います。例えば、ギターロックとしてのBUMP OF CHICKENでは藤原さんのボーカルはかなり尖った印象でした。2007年にリリースされたスローテンポの『花の名』でも優しいボーカルの中にやや尖った面が見られました。

 歌詞についてです。まずタイトルの『Aurora』ですが、北欧など極地方で見られるあのオーロラのことです。歌詞の中で手掛かりになるフレーズとしては「溜め息にもなれなかった  名前さえ持たない思いが心の一番奥の方  爪を立てて  こらえていたんだ」 という箇所だと思います。最後のサビでは「心の一番奥の方  涙は炎  向き合う時が来た 触れて確かめられたら  形と音をくれるよ」と表現しています。
 私なりの解釈ですが、この楽曲の『Aurora』とは「自分の心にある大切にすべき感情」なのではないかと考えます。そうした心の奥底の感情に向き合えた時、具体的な言葉にしたり、クレヨンで描いたりなどして明確な形になっていきます。そうしたことを歌っているのだと考えます。「大切な感情は、世間の評判や周りの人間だけから与えられるものではなく、あなたの心の中にあるよ」と歌っているのだと考えます。
 前向きな歌詞ですが、力強く元気に応援しているわけではなく、静かに優しく背中を押しているような内容だと思います。





 さて、『Aurora』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】mid2G(G4)
、【裏声最高音】hiA#(A#4)でメロディーが構成されております。裏声の部分を除くと一般的な男性の音域の範囲内であると言えます。

 BUMP OF CHICKENの楽曲はmid2F,mid2Gといった音域を確実に歌いこなせるようになると、メドが付いてきます。そうした点で非常に努力が報われやすい楽曲です。以前より申しておりますが、mid2F,mid2Gあたりは歌い慣れてくると、届きやすい音階です。少しずつ慣れていってください。

 『Aurora』はBUMP OF CHICKENの楽曲でもかなりポップなメロディーです。カラオケなどで歌うのにも向いているのではないでしょうか。

 




『Hello,world!』(BUMP OF CHICKEN)の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『Hello,world!』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『Hello,world!』(BUMP OF CHICKEN)

【地声最低音】   mid1A#(A#2)  

★きの[う]どうやって帰った 体だけが確か


【地声最高音】  mid2G(G4)  

★え2G[ら]べない傷の意味はどこだろう




【補足】印象的なmid2F(F4),mid2F#辺り

★選んだ色で塗った せmid2F[かい][か]こまれて(サビ)
★どうしよう 空っぽのふりも出来mid2F#[ない]
2F[ハ]ロー [どう]も [僕]はここ
★おはよう 今でもまだ最後2F#[の]2F[つ]づき(Cメロ)


『Hello,world!』(BUMP OF CHICKEN)










 まず、『Hello,world!』についてです。この楽曲は2015年にBUMP OF CHICKENによってリリースされたシングル作品です。テレビアニメ『血界戦線』のオープニングテーマとして書き下ろされた楽曲です。BUMP OF CHICKENのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年4月現在で4800万回近く再生されております。非常に人気の高い作品だと思います。

 サウンドについてですが、それまでのBUMP OF CHICKENらしいギターロックです。ミディアムなテンポで始まり、サビで一気に疾走感が増します。個人的に印象的な場面は、冒頭AメロとAメロの間に入る間奏です。気持ちよいです。また、ベースギターの音色も終始心地よいのです。

 『Hello,world!』の歌詞についてです。まずタイトルですが、『Hello,world』とはコンピュータのプログラミング入門で使われる短いプログラムのことです。具体的にはコンピュータに指示して「画面上に文字を表示させる」といった場面で例題として頻繁に使われるようです。コンピュータが世界中でつながるようになった現代を考えると、よく考えられた言葉だと思います。歌詞の中では、私は「自分というものを世界に向けて表現していく」といった意味で解釈しています。

 アニメへの書き下ろしということですが、「 君が見たから 光は生まれた」あたりは原作を意識した作りになっていると思います。主人公は様々な経緯で特殊な目を保有し、それが物語の進行で重要な役割を果たしていきます。一方で、そうした書き下ろしの要素を考慮しなくても、非常に前向きになれる歌詞だと思います。
 個人的には冒頭の「扉開けば 捻れた昼の夜 昨日どうやって帰った 体だけが確か」辺りが非常に好みです。物語の混沌具合が描かれていると思います。また、私自身の経験から「疲れて帰り、朝起きた時にぼんやりと昨日を思い出す感覚」といったことも想起されます。





 さて、『Hello,world!』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#2) ~【地声最高音】mid2G(G4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域だといえます。

 当然、一般的な男性の音域といっても簡単な楽曲ではありません。まず、ある程度歌い慣れておく必要があります。まず、mid2F,mid2Gといった音階を確実かつ滑らかに発声できるようにしておいてください。以前より申しておりますが、この辺りのキーは努力すれば報われやすい音階です。歌い慣れていない人は、少しキーを下げるのもアリだと思います。

 BUMP OF CHICKENの楽曲は音域的には高音部はそこまで高難易度ではありません。難しい点はテンポの取り方だと思います。そうした点から、歌詞とメロディーをしっかり覚えておくということも重要です。

 これらを踏まえた上で、あとは声の強弱をしっかり意識することが重要だと思います。音は取れていて、テンポも悪くないのに上手く聞こえない場合、声の強弱というものが考えられます。個人的な感覚ですが、エモーショナルに表現しようとして、声を大きくし過ぎるのはあまり良くない気がします。全体として、弱める場面を強く意識して、高音部の強調箇所は「少し強め」くらいの感覚で行くのが丁度いいと思います。特に歌い慣れないうちはそうした意識を持った方が良いと考えます。




『記念撮影』(BUMP OF CHICKEN)の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『記念撮影』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『記念撮影』(BUMP OF CHICKEN)、Kinen Satsuei

『記念撮影』(BUMP OF CHICKEN)










【地声最低音】mid1C#(C#3)  ※全体で瞬間的な1箇所

mid1C#[ポ]ケットには鍵と 丸めたレシートと


【地声最高音】mid2F#(F#4)  ※サビ

★僕mid2E[ら]2F#[は][ど][こ][へ]でもいけると思う


【補足】サビの冒頭部分mid2E

★迷mid2E[子ー]のままでも大丈夫




 まず、『記念撮影』についてです。この楽曲は2017年にBUMP OF CHICKENにより配信限定でリリースされたシングル曲です。タイアップとしては日清カップヌードルのCMが付きました。『魔女の宅急便』、『アルプスの少女ハイジ』、『サザエさん』といった有名作品のパラレルワールドの世界が描かれた作品として非常に話題になりました。

 BUMP OF CHICKENのYouTube公式チャンネルでは、2019年3月現在、リリックビデオが1400万回以上、ミュージックビデオが600万回以上、合計で2000万回以上再生されております。最近の作品では非常に人気のある楽曲の一つだと思います。

 『記念撮影』のサウンドについては、楽曲全体で流れ続けるエレキギターのアルペジオが印象的です。近年のBUMP OF CHICKENは、エレクトロニカのサウンドも見られるようになっておりますが、この楽曲においてもそうしたアレンジが加わっていきます。メロディーの構成が大まかにAメロ、Bメロ、サビが3回繰り返される構造になっておりますが、曲が進むにつれて、楽器が加わり、また音の数が増えていきます。そうした点が一つの聴きどころでもあると思います。

 歌詞については、いわゆる「モラトリアム」な状況で葛藤する若者が描かれていると思います。「モラトリアム」とは、「社会的責任を一時的に免除あるいは猶予されている青年期」のことを意味します。具体的には高校、大学時代、フリーターの頃などの期間などがそういわれることが多い気がします。こうした「大人とも子どもとも言えない時期」に、生きがいや働きがい、自分のアイデンティティなどを見出していきます。

 主人公の「僕」は自分のやりたいことなどが曖昧なまま、昔の写真(記念撮影)を手に取って、どこか苦々しい思いを抱いております。そうした葛藤の中で、「僕」も自分のやりたいことを見出していくような内容になっていると思います。

 『記念撮影』についても藤原基央さんの描写が活きた楽曲だと思います。自分の置かれた状況、それでも進んでいく様を不安定な「紙飛行機」に喩えている部分が非常に好きです。




 さて、『記念撮影』の音域についてですが、地声最低音mid1C#(C#3) ~地声最高音mid2F#(F#4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。

 この楽曲の注意点の一つは歌詞だと思います。楽曲の印象は暗めなのですが、メロディーのテンポは遅いわけではないので、歌詞をしっかり覚えておいてください。

 また、最高音のmid2F#については、決して高い音階ではありませんが、歌い慣れていないとぎこちない発声になります。余裕を持った発声を心がけたいです。『記念撮影』は全体として、努力が結果に繋がりやすい楽曲だと思います。

 『記念撮影』カラオケなどで盛り上がるタイプの楽曲ではないですが、非常に良い曲です。音域的にも男性にとって練習しやすい楽曲です。原曲キーでも歌えるという人は多いかもしれませんが、安定的な発声を練習したい場合、原曲より1~2つ下げてみるのもよいかもしれません。

 『記念撮影』については、女性が歌っても違和感が無い楽曲だと思います。地声最低音のmid1C#はほとんど登場しませんので、体感的にはもっと音域は狭いと思います。カラオケでは原曲キーよりも4~5程度上げると歌いやすいと思います。