J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Aimer

『I beg you』(Aimer)の音域と感想【加筆】

(2019/03/03)初投稿
(2020/06/02)hiA#hiC辺りまで記載しました。

 こんにちは。今回はAimerさんのトリプルA面シングル『I beg you/花びらたちのマーチ/Sailing』から、『I beg you』(2019)を取り上げます。よろしくお願いします。

 Aimerさんは以前に『蝶々結び』を取り上げて以来、2回目の登場となります。

『I beg you』(Aimer)


『I beg you』(Aimer)










【地声最低音】mid2A#(A#3)

★哀れ「みをく」ださい 落ちた「」鳥にそっと触れるような
★涙汲「」で 見「」ろして
★靴の先で転がしても構「わな」いわ


【地声最高音】hiD#(D#5)   ※Cメロで2か所

★津々とかなしみだけhiA#[が]hiC[ふ]hiD#[り]hiD[つ]A#[も]

【補足】hiA#hiCなどの注意箇所

★ねhiA#[ぇ]hiC[輪に]A#[なって]おA#[ど]りましょう(サビ)
hiC[lie] hiA#[lie], lie, la la hiA#[la]

hiC[曖]hiA#[昧]に笑うから


 さて、まず『I beg you』の紹介です。この楽曲は劇場版『Fate/stay night[Heaven's Feel]』第二章の主題歌に起用されました。『I beg you』の作詞作曲プロデュースは梶浦由記さんによって行われています。梶浦由記さんはアニメやゲームを中心に音楽プロデュースを行っており、日本を代表するプロデューサーの一人といえます。
 この楽曲が収録されたトリプルA面シングル『I beg you/花びらたちのマーチ/Sailing』により、Aimerさんはオリコン週間シングルランキングで自身初のチャート1位を記録しました。

 『I beg you』のサウンドについてですが、バンドサウンドとオリエンタルなストリングアレンジが特徴的であります。そこにAimerさんの独特なボーカルが重なり、楽曲の重厚感が一層強くなっております。個人的には2番のAメロで展開されるリードギターのサウンドが耳に残りました。ただ、やはり楽曲の全編にわたり展開されるストリングアレンジが圧倒的であります。

 歌詞については、憎悪にも似た狂気に触れ動く愛情が描かれていれています。『I beg you』とは直訳すると「私はあなたにお願いします」となりますが、「beg」とは「請い願う」という意味があり、非常にへりくだった表現です。実際に『I beg you~』という言葉は、日常では「丁寧すぎる」とも感じる方も居られるようです。
 
 では、歌詞に登場する「わたし」は「あなた」に何を請い願っている(beg)のか。一部ですが引用すると、

「哀れみをください 落ちた小鳥にそっと触れるような」
「靴の先で転がしても構わないわ 汚れててもいいからと 泥だらけの手を取って」
「もう辛い 散々傷ついて 優しい世界に誰だって行きたい」
「愛を請う仕草で黙り込んで慎ましいつもりでいた」

混沌としたドロドロ感が漂っています。それがバンドサウンドやオーケストラ、個性の強いボーカルにより一層際立ちます。人によっては非常に重たすぎる世界観ではありますが、その重たさ、非日常感、妖々しさ、気怠さ、混沌が非常に心地よくもあります。




 さて、この『I beg you』の音域についてですが、地声最低音 mid2A#(A#3)~地声最高音hiD#(D#5)  でメロディーが構成されています。一般的な女性の音域より少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#はCメロで2回登場します。このhiD#の場面はファルセットで対応してかもしれません。
 それ以外では、サビの部分の最高音はhiC(C5)です。この辺りは歌い慣れた人であれば楽しめると思います。声が低い女性の場合は、原曲よりも2~3程度キーを下げると(♭2~3)良いと思います。

 この楽曲は音域を把握しておくことも大切ですが、もむしろその独特な声質をどうするかという点だと思います。つまり、「妖しさ、気怠さ、混沌」といった要素をどのように声で表現していくか

 Aimerさんの発する歌詞はハッキリと聞き取れますが、必ずしも『日本語の発音』として明瞭かつクリアな発声をしているわけではありません。 そうした点に歌唱力が加わって、「妖しさ、混沌」といった要素が表現されています。ただ、必ずしもAimerさんの声を真似する必要は無いと思います。

 「優しい声」「力強い声」「気怠い声色」「哀愁深い声」「怒りに満ちた声」「少年性(少女性)を帯びている」などのように声の持つ性格、特質をつかんでおく必要があると思います。

 『I beg you』は一部高い箇所がありますが、キーの調整なども行いやすく、比較的手を付けやすい楽曲なのではないかと私は分析しております




『思い出は奇麗で』(Aimer)の音域

 こんにちは。今回はAimerさんの『思い出は奇麗で』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。添付されている公式動画は2番を省略した1番とCメロサビに編集された動画にになります。ご了承ください。


『思い出は奇麗で』(Aimer)、Omoide ha Kirei de

『思い出は奇麗で』(Aimer)










【地声最低音】mid1G(G3)  

m1G[し]ろい靴が泥だらけでも(Aメロ) 
★あなたの呼m2G[ぶ]声 夕飯のにおいと伸びてゆくm1G[影]


【地声最高音】hiC(C5)  ※サビおよびCメロで登場

★おhiA[も]hiB[い]hiC[出]A{は きれ]B[い]だ(サビ)
★あこhiA[がれ]hiC[あっ]hiB[た]

hiB[そば]hiC[に]B[い]hiA[れた]なら(Cメロ)
★何をつC[た]B[えた]A[ろう]


【補足】mid2G(一部略)hiBの注意箇所

★公m2G[園のブラ]ァンコ 秘密の子猫(Aメロ)
★日暮m2G[れまで]hiA[あ]hiB[そ]んで
m2G[あなたゆ]hiA[ず]りのG[癖](サビ)
m2G[あ]と少しG[だ]hiA[でも]hiB[ぉ](Cメロ)



 まず、『思い出は奇麗で』についてです。この楽曲は、2018年に女性歌手のAimer(エメ)さんによりリリースされたシングル作品です。『Black Bird/Tiny Dancers/思い出は奇麗で』というトリプルA面でリリースされております。その後、アルバム『Sun Dance & Penny Rain』に収録されました。キヤノンのCMソングとしてタイアップが付きました。

 『思い出は奇麗で』はミディアムテンポのポップソングです。作詞はAimerさんが行い、作曲は作曲:飛内将大さん、編曲は玉井健二さんと百田留衣さんによりなされています。Aimerさんの作品ではお馴染みのメンバーになります。
 同曲は、歌詞が父への感謝を歌ったものになっており、父の日や結婚披露宴などの場面を想起させられます。MVはアニメで製作されており、父との思い出が描かれております。Aimerさんはミュージシャンを志すうえで、バンドでベーシストをしていた父の影響も大きかったのではないかと考えられます。
 
 『思い出は奇麗で』の歌メロおよび音域についてです。歌メロについては、AメロBメロサビといった形で作られており、多くの人にとっては馴染みやすいのではないかと思います。音域については、女性の声域の範囲内といえますが、歌い慣れていない人の場合は、高音部分がスムーズに発声できるかが課題になりやすいのではないかと思います。逆に歌い慣れた人の場合は、ある程度手を付けやすいと思います。
 





 さて、『思い出は奇麗で』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiC(C5) で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCはサビとCメロを中心に登場します。滅茶苦茶に高い音階ではないですが、場面ごとにhiCやhiBが何度も登場しますので、持久力が要求されると思います。慣れないうちはキーを少し下げても良いかもしれません(高音域が苦手な人はキーを下げてください)。hiC,hiB,hiA辺りの音階を安定的に歌唱できるか試される楽曲といえると思います。
 ある程度、メロディーに自信が付いたら、Aimerさんの表現などにも挑戦してみてください。

 『思い出は奇麗で』は音域自体は、それなりに広めであります。キーの調整は可能でありますが、下げすぎると低音部分が少し歌いにくくなるかもしれません。キー調整してみても歌いにくいと感じた場合は、別の曲を練習曲にするのも選択肢だと思います。そのうえで、改めてこの曲にチャレンジしてみてください。

 『思い出は奇麗で』は歌メロ自体はポップであり、歌いやすいのではないかとと思います(Aimerさんの表現を再現するのは当然難しいです)。興味を持たれた方はカラオケなどで歌唱してみてください。



『カタオモイ』(Aimer)の音域と感想【MVフル公開】

(2019/03/23)初投稿
(2020/04/09)MVがフル公開されたので添付しました

 こんにちは。今回はAimerさんの『カタオモイ』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『カタオモイ』(Aimer),Kataomoi


『カタオモイ』(Aimer)










【地声最低音】mid1G#(G#3)

★昔[よ]りシワが増えても[ぉ]m1G# それでもいいんだ
★心の歌は君[]溢れているよ
★割れんばかりの拍手も 響き渡る歓声[もい]らない


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビで頻出

★お似合いの言葉が見つhiC#[]hiC[ら]hiA#[な]mid2G#[い]


【補足】mid2G#hiA#辺りの注意箇所

★僕がギターを思うように弾けなくhiA#[な]っても(Aメロ)
★君だけ 分hiA#[かっ]2G#[てよ] 分[かっ][てよ]

★Dar[lin’] mid2G# hiA#[ゆ]めが叶っ2G#[た]



 まず、『カタオモイ』についてです。この楽曲はアルバム『daydream』(2016)に収録された楽曲です。非常に人気の高い作品でもあり、その後リリースされたベストアルバムにも収録されました。作詞作曲は4人組ロックバンドandropのボーカル&ギター内澤崇仁さんです。

 『カタオモイ』のサウンドについてですが、エレキギターのサウンドが非常に印象的です。エレキギターについても、作詞作曲を担当された内澤崇仁さんが演奏されています。歌詞の中に「僕がギターを思うように弾けなくなっても」というフレーズが入っておりますが、そうした仕掛けも相まって、非常にギターの音色が耳に残ります。全体として、非常にシンプルなサウンドワークだともいます。その分、ボーカルのAimerさんの独特な声が一層強調されていると思います。

 『カタオモイ』の歌詞についてです。『カタオモイ』というタイトルですが、全体としてかなり積極的なアプローチの歌詞だと思います。「片思いで切ない。思いが伝えられない」といった感じではなく、かなりグイグイ迫る感じです。具体的には「年をとっても一緒に歌ってよ」「生まれてきた幸せ味わってるんだよ」とかなり積極的かつ前向きです。もしかしたら、お互いの距離もかなり近い感じなのかもしれません。

 個人的に好きなフレーズは「夢が叶ったの お似合いの言葉が見つからないよ」というサビのフレーズです。「カタオモイ」であるにも関わらず、「夢が叶った」と表現していることが非常に面白いと思いました。恋をする喜びがストレートに表現されています。「夢が叶う」というのはよくあるフレーズですが、片思いの場面ではあまり見られない表現だと思います。非常に独特です。内澤崇仁さんのセンスが光っていると思います。
 




 さて、『カタオモイ』の音域についてですが、地声最低音mid1G#(G#3)~地声最高音hiC#(C#5) メロディーが構成されております。大よそ、一般的な女性の音域の範囲内だと思いまいます。もしかしたら、声の低い女性には辛いかもしれません。

 hiC#といった音階はAimerさんは地声で発声されております。「お似合いの言葉が見つhiC#[]hiC[ら]hiA#[な]mid2G#[い]よ」の部分です。ただ、ここは裏声気味でも大丈夫です。高音部が苦手な方は裏声を意識すると良いと思います。

 ですので、上述した(補足)の箇所で記述してあるようなhiA#、mid2G#の部分を上手く発声できるように練習をしてください。hiA#は一般的な女性ならば、歌い慣れれば届きうる音階です。

 逆に歌い慣れている人であれば、恐らくhiC#の部分も地声で発声できると思います。難易度としてはあまり高くないと考えられます。努力が報われやすい楽曲です。
 
 声質的にどうしても高音域が難しい方はキーを少し下げられる(♭1~♭2)といいと思います。また、歌い慣れていない方も初めはキーを下げても良いと思います。


 ちなみにこの『カタオモイ』は声の高い男性でも歌える楽曲だと思います。ただ、声を張り過ぎると原曲のニュアンスが崩壊してしまいます。高音部は無理に地声で発声せずに、裏声の方が良いかもしれません。やや中性的な声の男性ならば非常にマッチするだろうと推測しております。

 一般的な男性(歌い慣れている方)であれば、原曲̠から4つ低いくらいでちょうどよいと思います。



『Ref:rain』(Aimer)の音域 / テレビアニメ『恋は雨上がりのように』エンディングテーマ

 こんにちは。今回はAimerさんの『Ref:rain』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

  ちなみに、『Ref:rain』はAimerさんの公式チャンネルで公開されている動画は歌メロについてはフル尺で確認できますが、アウトロがカットされております。


『Ref:rain』(Aimer)


【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロ

★そっと口付けた あの季節にm1E[ま]だ焦がれている


【地声最高音】hiC(C5)  ※サビで複数回登場

★まだhiA[消]hiB{え]hiC[な]B[く]m2G[て](サビ)
★重ねhiA[た]手のひA[ら]からおhiB[さ]hiC[な]B[さ]hiA[が]B[ぁ]


【補足】mid2GhiB辺りの注意箇所

★まだhiA[足]hiB[り]m2G[な]G[て]  (サビ)
hiB[What a] hiA~hiB[goo-d] m2G[thing] we G[lose?]
★そんなhiA[フレー]ズに濡A[れ]てく雨の中
★触れられhiA[ず]にいA[た]ら笑A[え]たかな?

m2G[も]う少しくらい おとhiA[なで]hiB[い]A[れ]m2G[たら] G[な]んて

『Refrain』(Aimer)









 まず、『Ref:rain』(リフレイン)についてです。この楽曲は、2018年に歌手のAimerさんによりリリースされたシングル作品です。2019年にリリースされたアルバム『Sun Dance & Penny Rain』、『Penny Rain』に収録されています。『Ref:rain』は、眉月じゅんさんの漫画を原作とするテレビアニメ『恋は雨上がりのように』のために書き下ろされた楽曲であります。

 『Ref:rain』は恋愛アニメのエンディングテーマ曲ということもあり、ゆったりとした美しいバラード曲です。作詞はAimerさん、作曲は飛内将大さん、編曲は飛内将大さんと玉井健二さんによりなされています。この辺りはAimerさんの楽曲ではお馴染みのメンバーになります。
 タイトルの『Ref:rain』は英語の『refrain』から由来しているのだと思います。意味としては「控える、断つ、やめる、我慢する」といったネガティブものであり、恋に対する迷いのようなものが歌詞にも描かれております。ちなみに、『Ref:rain』という表記にしたのは、アニメのタイトルにある「雨(rain)」を意識たものなのだと私は考えております。

 


 さて、『Ref:rain』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内ですが、低音部分がやや低めといえます。以下、見ていきます。
 
 まず、地声最低音mid1EはAメロで登場します。女性の音域としては低めのなのですが、歌いにくい場合は別の高い音階に置き換えても良いと思います。低音部分は、基本的にはmid1Gくらいまでの音階が要求される感じだと考えてください。

 一方、地声最高音hiCはサビで多く登場します。『Ref:rain』はAメロBメロは高い音階は登場しませんが、その分、サビで高めの音階が登場します。hiCは一般的な女性の音域内でありますが、サビが長めであり、持続力が要求される楽曲でもあります。体力が続かない等の場合、少しキーを下げるというのも選択肢であります。歌い慣れた女性の場合、非常に楽しめる楽曲なのではないかと思います。

 『Ref:rain』は音域がやや広めであり、とりわけ低音部が低いです。先にも述べましたが、最低音のmid1Eはmid1Gなどに音階に置き換えても良いです。キーを下げる余地は少ないですが、高音部分はそこまで高くないので、歌い慣れない人にも比較的対応しやすい方なのではないかと思います。ただ「歌い慣れてない人にも練習曲として強くお奨めできる」という程ではないです。


『六等星の夜』(Aimer)の音域/ アニメ『NO.6』エンディングテーマ

 こんにちは。今回はAimerさんの『六等星の夜』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。今回はLive版の動画を添付します。

 ※Aimerさんは地声と裏声の判別が難しく、同じフレーズでも1番と2番で微妙に違うように聞こえます。また、ライブ版でもまた少し違うようです。地声か裏声かの違いは大よその目安と考えてください。


『六等星の夜』(Aimer)、Rokutousei no Yoru


【地声最低音】mid1G(G3)  

★傷ついたときm1G#[は] G#[そっ]と包みこんでG#[くれ]たらm1G[うれ]G#[しい]


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビおよびCメロ

m2G#[コ]hiA#[コ]hiC[にい]hiC#地[た]C[こ]G#[と](Cメロ)

※ここだけは間違いなく地声だと私は判断しました

【裏声最高音】hiC#(C#5) ※サビを中心に登場

☆星のない空にhiC#[か]hiC[が]m2G#[や]hiA#[く]G#[ひか]G[を”](サビ)
hiC#裏[照]hiC[らし]hiA#[て]m2G#[く]m2G[れ]G#[る]

※☆の部分は2番では地声ではっきり歌唱してるように聞こえます。

【補足】mid2GhiCの注意箇所

★ココがm2G[ど]m2G#[こかも 思]hiA#[い]G#[出せ]G[ない](Bメロ)

m2G[終]m2G#[わ]hiA#[らない よ]G#[る]hiC裏[に](サビ)
m2G#[ね]m2G[がい][はひ]hiA#[と]G#[つ]
m2G#[生]m2G[ま]れ変わってあし[たを きっと]hiA#[照]G#[ら]G[す]

★こm2G#[んなちい]さなm2G#=hiA#[せの]hiC地{に](Cメロ)
m2G#[あ]hiA#[り]G#[が]hiC[とう]

『六等星の夜』(Aimer)









 まず、『六等星の夜』についてです。この楽曲は、2011年に歌手のAimerさんによりリリースされたシングル作品です。『六等星の夜/悲しみはオーロラに/TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR』名義のトリプルA面です。メジャーデビューシングルであり、アルバム『Sleepless Nights』に収録されました。また、あさのあつこさんのSF小説を原作としたアニメ『NO.6』のエンディングテーマとしてタイアップが付きました。

 『六等星の夜』はピアノを基調としたバラードであり、楽曲が進行するにしたがって、バンドサウンド、ストリングスなどが重なっていきます。ライブではピアノによるアコースティックなアレンジも見られます。歌メロディーはAメロBメロサビCメロといった形であり、AメロBメロサビと少しずつ音域が高くなっていきます。全体を通して、ボーカルが非常に活きた楽曲になっております。

 『六等星の夜』の音域的な特徴についてです。図にも示すように、大よそ女性の音域の範囲内で歌メロディーが作られております。Aメロではmid1G辺りの低めの音階が連続するため、少し歌いにくいかもしれません。キーはやや広めであり、音域の調整は少し行いにくいです。音域自体は決して高いわけではありませんが、Aimerさんの独特の声質が非常に活きております。




 さて、『六等星の夜』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な女性の音域に範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1GはAメロで登場します。周囲にはmid1G#も多く登場し、Aメロ冒頭は少し歌いにくいかもしれません。

 地声最高音hiC#はCメロで登場します。ただ、2番サビでは地声で歌唱しているような場面もあり、地声と裏声の判別が難しいです。各々歌いやすい発声を試行錯誤してみてください。hiC#部分は裏声を利用しても原曲のニュアンスが崩れにくいです。高音域が苦手な人は裏声を上手く利用するか、もしくは少しキーを下げても良いかもしれません。

 『六等星の夜』はバラード曲ということもあり、音域がやや広めであります。キーの調整は可能ですが、少し融通が利きにくいかもしれません。普段歌い慣れていない人などはキーを下げると低音部分が歌いにくくなる可能性もあります。場合によっては、別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いかもしれません。

 『六等星の夜』はメロディーラインだけを見ると難易度がべら棒に高い楽曲というわけではないですが、キーの調整は行いにくく、歌い慣れていない人には手を付けにくい部分もあります。ただ、歌い慣れた人にはチャレンジしやすい楽曲でもあると思います。反面、Aimerさんの抑揚などまでしっかり表現しようとすると、やはり難易度は上がります。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー