J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Aimer

『Ref:rain』(Aimer)の音域 / テレビアニメ『恋は雨上がりのように』エンディングテーマ

 こんにちは。今回はAimerさんの『Ref:rain』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

  ちなみに、『Ref:rain』はAimerさんの公式チャンネルで公開されている動画は歌メロについてはフル尺で確認できますが、アウトロがカットされております。


『Ref:rain』(Aimer)


【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロ

★そっと口付けた あの季節にm1E[ま]だ焦がれている


【地声最高音】hiC(C5)  ※サビで複数回登場

★まだhiA[消]hiB{え]hiC[な]B[く]m2G[て](サビ)
★重ねhiA[た]手のひA[ら]からおhiB[さ]hiC[な]B[さ]hiA[が]B[ぁ]




【補足】mid2GhiB辺りの注意箇所

★まだhiA[足]hiB[り]m2G[な]G[て]  (サビ)
hiB[What a] hiA~hiB[goo-d] m2G[thing] we G[lose?]
★そんなhiA[フレー]ズに濡A[れ]てく雨の中
★触れられhiA[ず]にいA[た]ら笑A[え]たかな?

m2G[も]う少しくらい おとhiA[なで]hiB[い]A[れ]m2G[たら] G[な]んて

『Refrain』(Aimer)









 まず、『Ref:rain』(リフレイン)についてです。この楽曲は、2018年に歌手のAimerさんによりリリースされたシングル作品です。2019年にリリースされたアルバム『Sun Dance & Penny Rain』、『Penny Rain』に収録されています。『Ref:rain』は、眉月じゅんさんの漫画を原作とするテレビアニメ『恋は雨上がりのように』のために書き下ろされた楽曲であります。

 『Ref:rain』は恋愛アニメのエンディングテーマ曲ということもあり、ゆったりとした美しいバラード曲です。作詞はAimerさん、作曲は飛内将大さん、編曲は飛内将大さんと玉井健二さんによりなされています。この辺りはAimerさんの楽曲ではお馴染みのメンバーになります。
 タイトルの『Ref:rain』は英語の『refrain』から由来しているのだと思います。意味としては「控える、断つ、やめる、我慢する」といったネガティブものであり、恋に対する迷いのようなものが歌詞にも描かれております。ちなみに、『Ref:rain』という表記にしたのは、アニメのタイトルにある「雨(rain)」を意識たものなのだと私は考えております。

 


 さて、『Ref:rain』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内ですが、低音部分がやや低めといえます。以下、見ていきます。
 
 まず、地声最低音mid1EはAメロで登場します。女性の音域としては低めのなのですが、歌いにくい場合は別の高い音階に置き換えても良いと思います。低音部分は、基本的にはmid1Gくらいまでの音階が要求される感じだと考えてください。

 一方、地声最高音hiCはサビで多く登場します。『Ref:rain』はAメロBメロは高い音階は登場しませんが、その分、サビで高めの音階が登場します。hiCは一般的な女性の音域内でありますが、サビが長めであり、持続力が要求される楽曲でもあります。体力が続かない等の場合、少しキーを下げるというのも選択肢であります。歌い慣れた女性の場合、非常に楽しめる楽曲なのではないかと思います。

 『Ref:rain』は音域がやや広めであり、とりわけ低音部が低いです。先にも述べましたが、最低音のmid1Eはmid1Gなどに音階に置き換えても良いです。キーを下げる余地は少ないですが、高音部分はそこまで高くないので、歌い慣れない人にも比較的対応しやすい方なのではないかと思います。ただ「歌い慣れてない人にも練習曲として強くお奨めできる」という程ではないです。

  

『六等星の夜』(Aimer)の音域/ アニメ『NO.6』エンディングテーマ

 こんにちは。今回はAimerさんの『六等星の夜』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。今回はLive版の動画を添付します。

 ※Aimerさんは地声と裏声の判別が難しく、同じフレーズでも1番と2番で微妙に違うように聞こえます。また、ライブ版でもまた少し違うようです。地声か裏声かの違いは大よその目安と考えてください。


『六等星の夜』(Aimer)、Rokutousei no Yoru


【地声最低音】mid1G(G3)  

★傷ついたときm1G#[は] G#[そっ]と包みこんでG#[くれ]たらm1G[うれ]G#[しい]


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビおよびCメロ

m2G#[コ]hiA#[コ]hiC[にい]hiC#地[た]C[こ]G#[と](Cメロ)

※ここだけは間違いなく地声だと私は判断しました

【裏声最高音】hiC#(C#5) ※サビを中心に登場

☆星のない空にhiC#[か]hiC[が]m2G#[や]hiA#[く]G#[ひか]G[を”](サビ)
hiC#裏[照]hiC[らし]hiA#[て]m2G#[く]m2G[れ]G#[る]

※☆の部分は2番では地声ではっきり歌唱してるように聞こえます。



【補足】mid2GhiCの注意箇所

★ココがm2G[ど]m2G#[こかも 思]hiA#[い]G#[出せ]G[ない](Bメロ)

m2G[終]m2G#[わ]hiA#[らない よ]G#[る]hiC裏[に](サビ)
m2G#[ね]m2G[がい][はひ]hiA#[と]G#[つ]
m2G#[生]m2G[ま]れ変わってあし[たを きっと]hiA#[照]G#[ら]G[す]

★こm2G#[んなちい]さなm2G#=hiA#[せの]hiC地{に](Cメロ)
m2G#[あ]hiA#[り]G#[が]hiC[とう]

『六等星の夜』(Aimer)









 まず、『六等星の夜』についてです。この楽曲は、2011年に歌手のAimerさんによりリリースされたシングル作品です。『六等星の夜/悲しみはオーロラに/TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR』名義のトリプルA面です。メジャーデビューシングルであり、アルバム『Sleepless Nights』に収録されました。また、あさのあつこさんのSF小説を原作としたアニメ『NO.6』のエンディングテーマとしてタイアップが付きました。

 『六等星の夜』はピアノを基調としたバラードであり、楽曲が進行するにしたがって、バンドサウンド、ストリングスなどが重なっていきます。ライブではピアノによるアコースティックなアレンジも見られます。歌メロディーはAメロBメロサビCメロといった形であり、AメロBメロサビと少しずつ音域が高くなっていきます。全体を通して、ボーカルが非常に活きた楽曲になっております。

 『六等星の夜』の音域的な特徴についてです。図にも示すように、大よそ女性の音域の範囲内で歌メロディーが作られております。Aメロではmid1G辺りの低めの音階が連続するため、少し歌いにくいかもしれません。キーはやや広めであり、音域の調整は少し行いにくいです。音域自体は決して高いわけではありませんが、Aimerさんの独特の声質が非常に活きております。




 さて、『六等星の夜』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な女性の音域に範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1GはAメロで登場します。周囲にはmid1G#も多く登場し、Aメロ冒頭は少し歌いにくいかもしれません。

 地声最高音hiC#はCメロで登場します。ただ、2番サビでは地声で歌唱しているような場面もあり、地声と裏声の判別が難しいです。各々歌いやすい発声を試行錯誤してみてください。hiC#部分は裏声を利用しても原曲のニュアンスが崩れにくいです。高音域が苦手な人は裏声を上手く利用するか、もしくは少しキーを下げても良いかもしれません。

 『六等星の夜』はバラード曲ということもあり、音域がやや広めであります。キーの調整は可能ですが、少し融通が利きにくいかもしれません。普段歌い慣れていない人などはキーを下げると低音部分が歌いにくくなる可能性もあります。場合によっては、別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いかもしれません。

 『六等星の夜』はメロディーラインだけを見ると難易度がべら棒に高い楽曲というわけではないですが、キーの調整は行いにくく、歌い慣れていない人には手を付けにくい部分もあります。ただ、歌い慣れた人にはチャレンジしやすい楽曲でもあると思います。反面、Aimerさんの抑揚などまでしっかり表現しようとすると、やはり難易度は上がります。

『セプテンバーさん』(RADWIMPS)の音域と感想

 こんにちは。今回は夏の終わりということで、RADWIMPSの『セプテンバーさん』(2006)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 なお、『セプテンバーさん』はYouTube公式チャンネルでライブ映像が公開されていますので、当ブログではそちらの動画を添付いたします。


『セプテンバーさん』(RADWIMPS),September San


【地声最低音】mid1A(A2)  

★僕も   きっ[とセ]プテンバー


【地声最高音】mid2G(G4)  ※ラストのサビで連発

★そんな顔でぼmid2F#[く]mid2G[見]2F#[る]の(Aメロ)
mid2F#[この]mid2G[こ]2F#[え]ならば届く気がし[た]んだ(サビ)
★声が響きmid2F#[だ]す   そこに意味は[な]mid2G[く][と]


【裏声最高音】hiA(A4) ※楽曲全体で1か所

hiA裏[きっ]となんでもないセプmid2F#[テン]バー yeah ye-[-ah]



【補足】mid2F#の注意箇所

★「もう少しだけここにいさmid2F#[せて]」(Aメロ)
★僕が見mid2F#[つ]けてきてあげる(1番サビ)
★そんな時にひとりぽmid2F#[つん]と(2番Aメロ)
★希望mid2F#[を]   僕ら拾う[よ]   君は見てる2F#[の?](2番サビ)
★今まさに目のmid2F#[ま]えにいるよ

『セプテンバーさん』(RADWIMPS)









 まず、『セプテンバーさん』についてです。この楽曲は、2006年に4人組バンドのRADWIMPSによりリリースされアルバム『RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜』に収録されているナンバーです。シングル作品ではなく、アルバムの中の一作品ですが、人気の高い楽曲です。
 『セプテンバーさん』は、RADWIMPSのYouTube公式チャンネルでは2013年のライブの模様が公開されており、2019年8月現在、およそ600万回もの再生回数を記録しています。人気の高い楽曲だと思います。
 
 『セプテンバーさん』のサウンドについてです。夏の終わりが歌われたナンバーということもあり、ミディアムテンポのセンチメンタルな楽曲です。楽曲全体を彩るアルペジオを中心としたリードギターの音色が印象的です。うろこ雲が広がる晩夏の空が思い浮かぶようです。
 歌メロディーについてですが、AメロBメロが「静」、サビが「動」といったJ-POPのシングル曲とは異なり、楽曲全体で美しい旋律が目立ちます。どこがサビでどこがAメロといった区別がしにくい楽曲でもあると思います。そうした一つの証拠として、地声最高音はサビだけではなくAメロなどにも登場します。
 
 『セプテンバーさん』の歌詞についてです。タイトルにあるように、「セプテンバー=9月」を意味します。やや、抽象的な内容ですが、「夏の終わりのもの悲しさ」とそれでも「2人で過ごす輝きは9月にも続いてく」という前向きさが描かれていると思います。絶妙なバランスで歌詞が成り立っています。夏のまぶしさやキラキラ感の反面、やや影が薄くなりがちな9月ですが、そうした世界に目が向けられています。 
 個人的には、「手と手をとれば揺れる心が   抱えた不思議   それはテレパシー」というフレーズが非常にロマンティックで好きです。



 さて、最後に『セプテンバーさん』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A2) ~【地声最高音】mid2G(G4) 、【裏声最高音】hiA(A4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域を丸々使ったような音域です。

 まず、地声最低音は冒頭のAメロで2か所登場します。この冒頭以外は登場しませんので見た目よりも低音部はきつくないと思います。


 次にmid2Gは楽曲の全体で所々登場します。そして、ラストのサビではmid2F#とmid2Gが連発で登場します。具体的には

”さぁ今だから   この声だから   さぁ今ならば   この声ならば

こんな僕だけど  そう君となら   何もないけれど   そう今ならば
この声ならば   そう君となら”

の場面です。この点は少し辛い箇所でもあると思いますが、mid2F#,mid2Gといった音階が安定的に歌いこなせるかが試される場面だと言えます。

 『セプテンバーさん』ではmid2F#とmid2Gという音階が地声の高音部分を構成します。これは一般的な男性の音域といえますが、歌い慣れてない人などはスムーズに発声できない音階でもあります。そうした点で、『セプテンバーさん』は良い練習曲になると思います。

 一方で、低音部が1番のAメロで非常に低いので、キーを下げて練習する際は1番のAメロはあまり気にしない方が良いです。努力が報われやすい楽曲だと思います。


 ちなみに、この『セプテンバーさん』は歌手のAimerさんがカバーしている楽曲でもあります。Aimerさん自身はmid1D#~hiD#といった音域で歌唱しています(サビの部分はhiC#、hiCが中心)。RADWIMPSの原曲よりも6つ高い音域です。
 ただ、『セプテンバーさん』は女性のキーとしては少し音域が広めです。また、キーもやや高めで、男性キーと比較して難易度が高いです。その点は留意しておいてください。 一方で、歌詞内容的には女性が歌っても申し分ない作品だと思います。
 
 

『蝶々結び』(Aimer)の音域と所感【加筆】

(2019/02/02)初投稿
(2019/07/07)音域、補足などを含め加筆しました。

「蝶々結び」(Aimer),Chouchou Musubi(Aimer)   

Aimerさんはこれまでに、
『I beg you』取り上げています。興味を持たれた方はそちらもどうぞ。


【地声最低音】mid2A(A3)  ※表記は一例で、楽曲全体で頻出します

もう片っぽでその[ま]るの後ろを [ぐ]るっ[と]回って


【地声最高音】hiD (D5)

なるようにきhiB[つ]hiC#[く] 結んでいてhiC#[ほ]hiD[し]hiC#[い]hiB[ー]の(サビ)
想いhiD[出]hiC#[は]hiB[遠]hiC#[に]
なりすぎないように 力をhiD[込め]hiC[た][だ](ラスト)



【補足】フェイクhiF#などその他の注意点

●羽根は大hiB[き]く 結び目は固く(サビ)
●置いておいてほしい ほhiC[し]hiB[い]
●分かってるよ でもできたらhiC[ね](2番Aメロ)
引っ張ったりhiB[し]hiC#[ない]でよ 不格好な蝶にhiB[し][ない][で][よ](Cメロ)
緩めたつもりが締めhiB[て][た]り hiF#[Hu]u ha ha


蝶々結び(Aimer)









 こんにちは。今回はAimerさんのメジャー11枚目のシングル『蝶々結び』について取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 まず、アーティストの名前ですが、Aimerと書いてエメと読みます。フランス語で「愛する」「好む」を意味する動詞で、長年自身の愛称として使われていたそうです。非常にオシャレです。ちなみに
以前とりあげた『あいみょん』さんも自身のあだ名が由来であるそうです。
 Aimerさんは、UAさんと中島美嘉さんを足したような独特の歌声が魅力のミュージシャンであります。2011年に『六等星の夜/悲しみはオーロラに/TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR』でデビューされ、2019年の最新シングル『I beg you/花びらたちのマーチ/Sailing』で自身初の音楽チャート1位を獲得されています。今後、更に広い世代へ認知が広がっていくことが期待される歌手だと思います。
 
 さて、今回取り上げる『蝶々結び』ですが、作詞作曲およびプロデュースをRADWIMPSのボーカル野田洋次郎さんが担当しています。自身のYoutubeチャンネルでの再生回数は2019年2月現在で2100万回を超え、Aimerさんの作品の中で非常に知られている楽曲の一つであると思います。この作品は、二人の絆を蝶々結びに喩えたものであり、どことなく中島みゆきさんの『糸』と共通するようなものを感じます。蝶々結びという一つの動作で、これほどの広がりを感じさせるミュージシャンは国内でも多くは無いのではないでしょうか。
 また、Aimerさんは自身の作品でも多く作詞もされていますが、他者から楽曲の提供も受け入れている点は大きな強みであると私自身は強く思います。実際に過去の名曲を見てみても、歌手と作詞者・作曲者が異なるものはかなり多いからです。


 
 さて、『蝶々結び』の音域ですが、地声最低音はmid2A(A3)、地声最高音がhiD (D5)で構成されています。ある程度高音域に自信があり歌い慣れた女性が歌うのに良い音域で構成されています。歌がある程度得意な人にとっては手を付けやすい楽曲ではないでしょうか。
 逆に歌い慣れていない人や、高音域があまり得意でない人にとっては少し高いと思います。そうした場合はキーを少し下げるなどの対応をしても良いと思います。

 また、原曲キーで歌う際、hiD,hiC#辺りは裏声で対応してもニュアンスはあまり崩れないのではないかと私は考えております。『蝶々結び』については、目安としてhiC辺りまで地声で歌えると裏声などで対応しやすいと思います。

 補足的ですが、『蝶々結び』は2番の終わりの部分にフェイクが入ってきます。フェイクとは「即興歌唱法」のようなもので、「原曲のメロディーをリズムや音程を変え」たり、「メロディーの無い部分にメロディーを付け加えたり」して自由に唄う事であります。よく知られる代表例は「「Wow~!」や「Yeah~!」や「Wooo!」などです。

具体的には

 緩めたつもりが  締めていたり (Huu ha ha)

のカッコ内の部分です。音域としては紫字の部分が「hiF#」となりますが、裏声などが得意な人は取り入れてみてください。上手く決まれば、非常にかっこいいと思います。


『コイワズライ』(Aimer)の音域と感想

こんにちは。今回はAimerさんの『コイワズライ』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『コイワズライ』(Aimer)、Koiwazurai


【地声最低音】mid1F(F3)  

m1F[泣き]虫を笑って [強]がりは気づいて


【地声最高音】hiD(D5)  

hiA#[し]hiC[ら]hiD[ゆ]hiA[きの][様に][ー](サビ)



【補足】

★ありふれた会話や仕草を 少しも忘れたくはhiA[な]hiA#[よ](サビ)
hiA#[ゆ]hiA[ら][り] [き][ら]hiC[り]
★溶けてしまわhiA#[ない][よ][うに]
★空にきらり 瞬いている 星降る夜hiC[に]hiA#[ねが]hiA[いを](ラストサビ)

『コイワズライ』(Aimer)
 まず、『コイワズライ』についてです。この楽曲は2019年にaimerさんによりリリースされたアルバム『Sun Dance & Penny Rain』に収録されたナンバーです。『コイワズライ』はインターネットテレビ局、AbemaTVで配信される恋愛リアリティ番組『白雪とオオカミくんには騙されない♥』のタイアップが付きました。こうしたタイアップの影響があったのかどうかは分かりませんが、Aimerさんの近作の中でも非常に話題になった楽曲の一つだと思います。また、インターネットテレビ局の番組とのタイアップというのも面白いと思います。
 
 『コイワズライ』のサウンドについてですが、Aimerさんの楽曲の中では比較的明るめで非常に共感的な作品だと思います。先に述べたアルバムの『Sun Dance & Penny Rain』は2枚同時にリリースされたのアルバムで、太陽をイメージした『Sun Dance』と雨をイメージした『Penny Rain』に分かれております。『Sun Dance』の側にはアップテンポな楽曲や明るめの曲調の作品が収録されており、今回取り上げている『コイワズライ』はこちらに収録されております。一方で、以前取り上げた『花の唄』、『I beg you』、『Black Bird』はアルバム『Penny Rain』に収録されました。

 『コイワズライ』のメロディーで面白いと思ったのは曲のラストがCメロで終わる点です。つまり、2番のサビが終わると、その後、【Cメロ⇒ラストサビ⇒Cメロ】という展開で楽曲の終盤が展開されるのです。こうした展開は多くはないですが、J-POPでも時折見られたと思います。当ブログでも過去にそうした楽曲が何曲がありました。例えば、米津玄師さんの『灰色と青』はCメロで終わります。ただ、『灰色と青』は非常に盛り上がるCメロであるのに対し、この『コイワズライ』はややしっとりしたCメロです。そうしたCメロの特徴によって、同じ構成であっても楽曲のカラーが異なります。

 さて、歌詞についてですが、ラブソングです。ただ、ラブソングと言っても、片思いもしくは付き合っても恋があまり進展していない初期の状況であると思います。
 個人的に面白いと思った歌詞は2番のAメロに登場する「嘘つきは嫌いで 曖昧を選んで」というフレーズです。本心を隠そうとする際に、「嘘をつく」か「嘘がつけない」のかという違いがあると思います。そうした中で、このフレーズは「嘘を付くのが好きではなく、また上手でもない」主人公の性格が垣間見えるフレーズだと感じました。1番のAメロにも登場する「不器用に笑って誤魔化すんだよ」というフレーズとも繋がっているように思えます。
 



 さて、『コイワズライ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiD(D5) でメロディーが構成されております。 一般的な女性の音域よりは少し広く、また高音部も少し高いです。

 地声の最高音であるhiDについてですが、この場面は裏声で発声してもニュアンスが大きく崩れることはないと思います。高音域が苦手な方は裏声を駆使するのも選択肢です。また、hiCの場面についてもやや裏声気味に歌っても良いのではないでしょうか。
 明るい楽曲ですが、しっとりしています。ゆえにファルセットによる発声でも楽曲が壊れにくいと思います。各々の声質にも寄ると思います。hiCの部分は裏声で歌うのか、地声気味に歌うのか、それぞれ試してみるのもよいかもしれません。

 普段歌いなれていない女性の場合、hiC以上の音階を滑らかに歌うのは難しい人もいると思います。一つの基準として、hiB辺りまでの音階を確実に歌いこなせるように練習をして、そこを基準にキー調整するとよいと思います。『コイワズライ』であれば、原曲キーから3つ下げると(♭3程度)最高音がhiBに設定されます。