J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

スピッツ

『運命の人』(スピッツ)の音域

こんにちは。今回はスピッツの『運命の人』(1997)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『運命の人』(スピッツ)、Unmei no Hito(Spitz)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

m1F#[解][っ][に]m2E[よ]うび


【地声最高音】hiB(B4)  ※各サビで4回ずつ

hiA[わる]hiB[あ]がきでも hiA[こきゅ]hiB[う]しながら 

※『運命の人』はアルバムバージョンではキーを1つ下げて歌唱されています(最高音はhiA#になります)。また、ライブでもアルバムバージョンのキーで歌唱されております。



【補足】mid2EhiAの注意箇所

★バスの揺れかm2F#[た]m2E[で]人生の意味が
m1F#[つ]よく手F#[を]m2E[ぎ]m2F#[る]
★ここm2F#[に]m2G[い][る]のは 優F#[しい]だけじゃなく

★走m2F#[る] m2G[は]F#[るか] (サビ)
m2G[こ]2F#[のほしの]G[果て]hiA[まで]
★君m2G[を]m2F#[乗]せてF#[行く]

★神様 神様 神様 君とm2E[な]m2F#[ら]…(Cメロ)

『運命の人』(スピッツ)









 まず、『運命の人』についてです。この楽曲は、1997年に4人組ロックバンドのスピッツによりリリースされたシングル作品です。翌年にリリースされたアルバム『フェイクファー』に収録され、またシングルコレクションにも収録されています。リリース当初はタイアップなどは付いていませんでしたが、その後映画やドラマの主題歌やになるなどして、長く愛される楽曲になっていきました。

 『運命の人』はアップテンポのバンドナンバーです。冒頭の「バスの揺れ方で人生の意味が分かった日曜日」という詩的なフレーズが非常に印象的です。アップテンポのバンドサウンドが心地よいのですが、サビの歌メロは緩やかな浮遊感を感じる不思議な楽曲です。歌メロディーについては、草野正宗さんらしい美しく親しみやすいメロディーが特徴的です。
 
 『運命の人』の音域的な特徴についてです。スピッツの楽曲の特徴でもあるのですが、音域自体は決して広くはありません。曲キーで歌唱するのは難易度が高いですが、キーを調整すれば、ある程度歌いやすくなりやすいです。
 ちなみに、1998年のアルバムバージョンやライブでは、原曲キーより1つ下げたキーで歌われております。それでもかなりキーが高めです。




 さて、『運命の人』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されています。アルバムバージョンではキーが1つ下がります。どちらの場合も、一般的な男性の音域より高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはサビで複数回登場します。その部分も辛いのですが、そこよりもむしろ、【走m2F#[る] m2G[は]F#[るか]  m2G[こ]2F#[のほしの]G[果て]hiA[まで]】というサビ冒頭のフレーズのほうが大変かもしれません。スピッツやJanne Da Arc、Acid Black Cherryなどでよく取り上げるのですが、最高音がそこまで高くなくても、高めの音ばかりが連続し、低めの音階がが少なくなると、難易度が高くなりやすいです。最近紹介した曲だと、Official髭男dismの『Driver』がこうした特徴を強く持っていました。
 hiBなどは一般的には高めの音階ですので、一般的にはキーを下げて歌唱したほうが良いです。原曲キーから3つ程度を目安にキー調整を行うとよいと思います。

 『運命の人』は音域自体は広くありません。よって、キーの調整などは行いやすいです。また、歌メロのテンポも速すぎず、遅すぎずですので、練習曲としては比較的向いているのではないかと思います。ボーカルの草野さんは声質は特徴的ですが、歌い方自体にはそこまで癖があるわけでもないですので、その点でも歌い慣れていない人が手を付けやすいです。

 『運命の人』は歌詞内容や音域を考えると、女性が歌唱しても合いやすいと思います。原曲キーで歌唱しても良いかもしれませんが、一般的には少しキーを上げたほうが合いやすいのではないかと思います。



『バニーガール』(スピッツ)の音域

 こんにちは。今回はスピッツの『バニーガール』(1996)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 なお、『バニーガール』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、Rukoさんによるギター演奏の動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカルのニュアンスがフル尺で確認できます。


『バニーガール』(スピッツ)、Bunny Girl(Spitz)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★寒そうなバニーガール 風が吹m1G#[い]
★ゴm2G#[ミ]hiA[ぶ]くろで受けm1G#[止]めて


【地声最高音】hiB(B4)  ※ラストサビで1回

★きm2G#[み]hiA[と]G#[落]F#[ち]{て]A[く]hiB[ぅ]G#[ぅ]


※通常サビではhiAが頻出します


【補足】mid2EhiAの注意箇所

m2F#[こ]m2E[いは] F#[こ]E[いは] 何故かわがままに(Aメロ)
★俺もまたここm2E[で]続けられそうさ(Bメロ)
★そんm2E[な]m2F#[気]E[が]した曇りE[の日]

★On-m2G#[-ly] hiA[you]の合図で まm2G#[わ]hiA[り]始める(サビ)
★きm2G#[み]hiA[と]G#[落]m2F#[ち][て]A[くぅぅ]G#[ぅ] 

『バニーガール』(スピッツ)









 まず、『バニーガール』についてです。『バニーガール』は、1996年に4人組ロックバンドのスピッツによりリリースされたシングル『チェリー』のカップリングとして収録されている楽曲です。その後、リリースされたアルバム『インディゴ地平線』にも収録されました。カップリング曲としては、非常に人気の高い作品です。

 『バニーガール』は軽快で爽やかなパワーポップナンバーです。様々な解釈が出来る楽曲ですが、「名も知らぬ君に 気に入られようと  底の無い谷を飛び越え」とあるように、どこか刹那的でアバンチュール(恋の火遊び)な世界観が描かれます。それにもかかわらず、バンドのサウンド、ポップなメロディー、そして、ボーカル草野マサムネさんの歌声により、清涼感溢れる作品に仕上がっております。こうしたギャップがスピッツの巧みさの一つでもあります。

 『バニーガール』の音域的な特徴についてです。男性のキーとしては高めでありますが、音域自体は広くありません。よって、キーの調整などは行いやすいです。また、女性が歌唱するにもちょうどよいのではないかと思います。





 さて、『バニーガール』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3) ~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはラストサビで1回だけ登場します。その他では、hiAが多く登場します。全体としてサビのキーは高めであります。
 一般的な男性の場合は、少しキーを下げた方が歌いやすいのではないかと思います。目安として、原曲キーより2~3程度下げると、通常サビの最高音がmid2F#に設定され、ラストサビでmid2G#が登場します。
 
 『バニーガール』は音域全体でみると、比較的狭い音域で歌メロディーが作られています。よって、キーの調整などは行いやすいです。歌い慣れていない人は大きくキーを下げて、練習することも可能であります。融通が利きやすい楽曲です。楽曲のテンポも調度よく、歌メロディーに難しい点も少ないですので、個人的には練習曲としてお奨めしたい作品です(原曲キーは、一般的な男性には難しめです)。


 『バニーガール』は女性にとっても歌いやすい作品です。普段歌い慣れていない人などは原曲キー辺りでも良いと思います。歌の得意な方はもう少しキーを上げた方が歌いやすいです。歌詞は一人称が「俺」でありますが、草野正宗さんの歌詞はあまり性差を感じさせませんので、その点でもお奨めです。



『楓』(スピッツ)の音域

 こんにちは。今回はスピッツの『楓』(1998)を取り上げたいと思います。以前、星野源さんの『Friend Ship』を取り上げた際に、「キーがそこまで高くないのに歌いづらい曲」という話をし、『楓』について少し話題にしました。そうしたこともあり、今回ちゃんと取り上げよう思います(以前、上白石萌歌さんのカバーについて取り上げましたが、オリジナルはまだでした)。よろしくお願いします。


『楓』(スピッツ)、Kaede(Spitz)


『楓』(スピッツ)










【地声最低音】mid1F(F3)  

m1F[い]たずらなやりとりや
★心のトゲさえも 君が笑えばもm1F[う] 
m1F[か]m2F[る]がわるのぞいた穴から

【地声最高音】hiA#(A#4)  

m2G#[抱]m2G[い]G#[て]hiA#[あ]G#[る]G[いて]G#[いく]


【補足】mid2Fmid2G#の注意箇所

★さm2F[よ]m2G[な]m2G#[ら] G#[き]G[み]F[の]声を
m2F#[まば]m2F[たき]するほど長い季節が来て



 まず、『楓』についてです。この楽曲は、1998年に4人組バンドのスピッツによりリリースされたアルバム『フェイクファー』に収録されているナンバーです。その後、『スピカ』という楽曲とともに両A面シングルとしてシングルカットされました。
 『楓』はスピッツのYoutube公式チャンネルでもMVが公開されており、2019年11月現在、約4600万回もの再生回数を記録しています。ファンのみならず、非常に人気の高い作品で、多くのアーティストにカバーされております。最近では、女優の上白石萌歌さんが清涼飲料水のCMでカバーし大きな話題となりました。

 『楓』はピアノと4人のバンドサウンドが中心となったバラード曲です。歌詞は別れがテーマになっております。個人的にはボーカルの草野マサムネさんの声質が最も活かされている楽曲の一つではないかと私自身は考えております。
 ちなみに、歌詞の中には『楓』という言葉は全く登場しません。こういう点もスピッツらしいと思います。私自身は、「楓の葉が人の手のひらの比喩になっている」のではないかと解釈しています。楓の葉が散るときに、同じ木の元から、それぞれ離れ離れになっていく様が描かれているように感じます。また、エレキギターの憂いを帯びた音色は、風に吹かれ葉が落ちてゆく様を上手く表現しています。




 さて、『楓』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiA#(A#4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は各サビで2回登場します。一般的にhiA#くらいの曲だとある程度、高音域が得意な人であれば届きやすいのですが、この楓ではmid2G,mid2G#などのロングトーンが続く中でhiA#が登場します。【m2G#[抱~~]m2G[い]G#[て~~]hiA#[あ]G#[る]G[いて]G#[いく~]】といった具合です。そうしたこともあり、見た目以上に非常に難易度が高いです。
 
 以前、「ハードロックなどでは声を強く張り、コントロールすることで高音域を出すことがある」ということについて言及いたしました。そうした歌唱が出来る方であれば、この『楓』も歌いこなしやすいのではないかと思います。ただし、ボーカルの草野さん自身はハードロックのような発声ではなく、かなり柔らかく歌唱しております。ハードロックのように声を張るという方法では原曲のニュアンスは壊れてしまいやすいと思います。ただ、草野さんのような発声は非常に難しいと思いますので、ロックテイストのような発声も選択肢に入れてみても良いかもしれません。

 一般的な男性の場合、キーを下げた方が歌唱しやすいと思います。原曲キーより2つ程度下げると、最高音がmid2G#になります。ただ、この辺りでも少し高いかもしれませんので、各々微調整してください。

 ちなみに、『楓』は音域自体は広くなく、キーを大きく下げて歌唱したり、練習したりすることにも適しています。ただ、テンポが非常に緩やかなため、少し歌いにくいかもしれません。その点は留意しておいてください。
 スピッツ作品はメロディーは音域が広すぎず、キーを調整して歌唱するのに適したものが多いです。普段歌い慣れていない人は、スピッツの楽曲のミディアムテンポぐらいの作品をキーを調整して、練習曲にしてみても良いのではないかと思います。



『青い車』(スピッツ)の音域と感想

こんにちは。今回はスピッツの『青い車』(1994)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『青い車』(スピッツ)、Aoi Kuruma(Spitz)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  ※Cメロで登場



【地声最高音】hiB(B4)  ※サビで登場

hiA[い]mid2G#[ま] mid2F#[変][わ][ーっ]hiB[て][い][く]hiA[ーよ](サビ)


【補足】mid2F#hiAの注意箇所

★君のmid2F#[青い車で海へ行]mid2G#[こう] (サビ)
★おmid2G#[いてきた何かを見]mid2F#に]G#[行]hiA[こう]
hiA[し]2G#[お]mid2F#[の]においがしみこんmid1F#[だ](Cメロ) ※最低音箇所

『青い車』(スピッツ)









 まず、『青い車』についてです。この楽曲は1994年にスピッツによりリリースされたシングル作品です。大体、この頃からスピッツが世間から注目され始めます。その後、リリースされたアルバム『空の飛び方』にも収録されました。編曲はスピッツと土方隆行さんによりなされました。土方さんはギタリストとしても活躍されています。
 『青い車』はスピッツのYouTube公式チャンネルでもMVが公開されており、2019年8月現在、約500万回もの再生回数を記録しています。シングルコレクションなどにも収録されているため、比較的知名度の高い楽曲であると思います。

 青い車のサウンドについてです。夏らしい疾走感のあるギターロックです。イントロの象徴的なギターストロークはボーカルの草野マサムネさんが演奏しています。一方、ギタリストの三輪テツヤさんは、アルペジオを中心とした爽やかなギターサウンドを奏でます。このギターの音色もスピッツらしさの一つと言えると思います。ベースも縦横無尽に音色を奏でており、非常に耳に残ります。元々、B面として収録される予定でしたが、疾走感のあるアレンジで完成度が高まったために、A面に繰り上がりました。今聴いても色褪せない夏らしいアレンジだと思います。

 歌メロについてはAメロとサビとCメロで構成されています。非常にシンプルです。一方で、サビのキーは高めです。このキーを歌いながら、象徴的なギターストロークを演奏する草野さんは非常に大変だと思います。

 歌詞についてです。非常に賛否両論ある歌詞だと思いますが、個人的には非常に好きです。否として挙げられる点が、サビの「輪廻の果てへ飛び下りよう 終わりなき夢に落ちて行こう」だと思います。「君の青い車で海へいこう」からこのフレーズに続くため、身投げや無理心中などを想起させると言われています。個人的にはこのフレーズが無ければ、自動車会社のCMソングとしてタイアップが付いてもおかしくない爽やかな楽曲だと思います。
 スピッツの歌詞は爽やかなラブソングだと言われることが多いですが、一方で作詞者の草野マサムネさんは歌詞のテーマとしてバンド結成当初は「性と死」を掲げていました(「生と死」ではありません)。シングル曲の多くではこれらの描写が薄められていますが、この『青い車』では死の部分がとりわけ色濃く描き出されています。
 仏教的には「輪廻の果て」というのは「苦しみからの解放」を意味するそうです。しかし、私達一般人には「輪廻」と聞くと、「現世の終わり」すなわち「死」を連想してしまします。スピッツの歌詞は、爽やかさの中に陰が垣間見えるのが特徴の一つだと言えます。
  
 


 最後に、『青い車』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiB(B4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、地声最高音のhiBです。私は高音部の対処法として「裏声」を挙げることが多いです。しかし、『青い車』のアレンジなどを考えると、裏声で歌うのは難しいと思います。疾走感のあるギターサウンドでボーカルが爽やかでクリアなハイトーンであるため、裏声だとニュアンスが崩れてしまいます。また、高音部の位置などを考えると、このhiBの箇所だけ裏声で歌うのも非常に難しいです。故に、「裏声で対処する」という方法は今回は使えません。

 一般的な音域の男性の場合は、素直にキーを下げるのが吉だと思います。原曲キーから3程度下げると歌いやすくなると思います。この場合だと、最高音がmid2G#に設定されます。

 スピッツの楽曲は音域自体は広いわけではないので、キー調整がしやすく、歌の練習にも使いやすいです。最近はキーを下げるアプリなどもあるようなので試してみると良いかもしれません。
 ちなみに、普段歌い慣れていない人は原曲-3の音階であっても高音部がスムーズに発声できないと思います。その際は思い切って、もっとキーを下げても良いと思います。スピッツは男性の音域と比べると低音部に大きく余裕があるので、キーを思い切り下げても大丈夫な楽曲が多いです。

 逆に、『青い車』は女性の方が歌いやすいキーかもしれません。一般的な音域の女性の場合は、やや低音部がキツイと思いますので、少しキーを上げると良いと思います。歌詞内容的にもスピッツの楽曲は性差を限定しないので、女性でも歌いやすい楽曲だと思います。



『優しいあの子』(スピッツ)の音域と感想

(2019/07/15)公式フル動画が公開されましたので添付しました

 こんにちは。今回はスピッツの『優しいあの子』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 なお、『優しいあの子』は2019年6月26日現在、YouTube公式チャンネルではMVがフル尺で公開されていません。よって、当ブログにおいても、ショートバージョンの動画を添付します(フル公開された際は、そちらを再添付します)。ご了承ください。


『優しいあの子』(スピッツ)、Yasashii Ano Ko(Spitz)


【地声最低音】mid2A(A3)  

[重い扉を押]し開けたら(Aメロ)
★氷を散らm[す]風すら(Bメロ)


【地声最高音】hiA(A4)  

★やmid2F#[さ]hiA[しい]mid2G[あ][の][に][も][し]えたい(サビ)



【補足】mid2F#,mid2Gの注意点

★暗mid2G[い]mid2F#[み]m2A[ち]が続いてて(Aメロ)
mid2F#[みか]たにも[で]mid2G[き][る]んだ[なあ](Bメロ)

『優しいあの子』(スピッツ)










 まず、『優しいあの子』についてです。この楽曲は、2019年にスピッツによりシングル作品です。NHKの連続テレビ小説『なつぞら』の主題歌として書き下ろされた作品です。編曲はスピッツと亀田誠治さんが行っております。

 『優しいあの子』のサウンドについてです。北海道帯広の舞台とした作品を意識した楽曲であるため、広い空や一面の緑などが想起されるようなサウンドになっていると思います。イントロのエレキギターもそうした役割を果たしていますが、楽曲全体では特にホルンの音色が北海道の大地を上手く表現しています。個人的にはアニメ『アルプスの少女ハイジ』辺りを連想しました。サビの部分が「優しいあの子にも教えたい ルルル…」とフレーズも北の大地の壮大さが表現されているように思えます。


アニメ『アルプスの少女ハイジ』のオープニングテーマ



 歌メロディーで印象的な箇所は1オクターブちょうどで作られていることです。朝の連続テレビ小説のタイアップということで、視聴者は半年間、毎朝同じ主題歌を聴くことになります。その中で、視聴者に飽きられずに聴かせ続ける事が求められます。シングル曲としてメインディッシュになるような派手さは少ないですが、白米やパンのよう主食感のある楽曲に仕上がっていると思います。
 また1オクターブのシンプルかつ美しい旋律で作られているため、多くの人が口ずさむことが出来ると思います。親しみやすい音域の美メロは、草野マサムネさんの真骨頂だと思います。

 個人的に印象的だった場面は、2番のサビの後に導入されているギターソロです。朝の連ドラということで爽やかさが求められる反面、バンド感というものは軽視されがちになります。そうした中で、バンドらしさを強く感じることが出来る象徴的な場面です。また、Bメロに登場するベースギターも好きです。





 最後に、『優しいあの子』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3) ~【地声最高音】hiA(A4) でメロディーが構成されております。原曲キーで歌う場合、一般的な男性の音域よりも少し高いです。

 まず、原曲キーでボーカル草野マサムネさんのように爽やかな声色でこの楽曲を歌うのは少し難しいです。スピッツの作品にはデタラメにキーが高い楽曲はほとんどありませんが、hiA~hiCといった音階を柔らかに歌いこなすという点で非常に特異的なミュージシャンです。場合によっては、キーを下げて歌った方が原曲のニュアンスが出やすいかもしれません。歌い慣れた一般的な男性の場合、原曲よりも1~2程度キーを下げると良いと思います。

 『優しいあの子』は音域が広くないため、キー調整して練習するのに非常に向いています。「キーを下げたら今度は低音が辛い」といったことは起こりにくい楽曲です。歌い慣れていない人は自分が出しやすいキーに合わせて練習しても良いです。また、原曲はテンポが少し緩やかですので、少しテンポを上げて歌っても良いかもしれません。

 また、この楽曲は女性にも歌いやすい楽曲だと思います。声が低い女性の場合は原曲キーでも良いかもしれません。一般的な女性の場合はキーを少し上げるとより歌いやすくなると思います。

 『優しいあの子』はシングル曲としての派手さは少ないですが、歌の練習やカラオケなどでもお奨めできる楽曲だと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー