J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

未分類

『世界が終るまでは…』(WANDS)の音域

 こんにちは。今回はWANDSの『世界が終るまでは…』(1994)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。


『世界が終るまでは…』(WANDS)、Sekai ga Owaru made ha

『世界が終るまでは…』(WANDS)









【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロで登場

★大都会にm1E[ぼ]くはもう一人[で] (Aメロ)


【地声最高音】hiA(A4)  ※各サビで2回ずつ

★(世界が終るまでは) 離hiA[れる]m2G[ぅ事]ぉもG[ない](サビ)


【補足】mid2Emid2G辺りの注意点


★ 愛ならばいっm2E[そ]m2F[と]E[わ]に眠[ろ]うか(サビ前)

m2F[世界が終る]m2E[ま][は] (サビ)
★そm2F[う]m2G[願][って]いた 幾m2G[千]F[の]F[る]ぅと
★はm2E[か]m2F[な]E[き]想い こ[の] F[Tra][ge]dy Night


 まず、『世界が終るまでは…』についてです。この楽曲は、1994年にロックバンドWANDS(ワンズ)によりリリースされたシングル作品です。アルバム『PIECE OF MY SOUL』を始め、ベストアルバムなどにも収録されております。シングルでミリオンヒットを記録しており、WANDSの代表的なシングル作品の1つといえます。
 この楽曲は、テレビアニメ『SLAM DUNK』(スラムダンク)のエンディングテーマ曲としてのタイアップが付きました。こうしたことも、楽曲の知名度の向上に大きく貢献しております。

 さて、『世界が終るまでは…』についてですが、ミディアムテンポのロックナンバーです。ロックバラードなどにもあたると思います。歌メロはAメロBメロサビといった形で馴染みやすいのですが、私なりにはAメロBメロの流れがスムーズで、サビに繋がっていると分析しました。
 作詞は初代ボーカルの上杉昇さん、作曲は織田哲郎さん、編曲を葉山たけしさんが担っております。ビーイング系アーティストのヒット曲の多くは、この織田哲郎さんと葉山たけしさんが担当していることが多い印象です。一方で、WANDSはメンバーで作詞作曲した作品も多くのヒットがあり、その点でバンドの独立性とヒットが両立していたイメージです。






 さて、『世界が終るまでは…』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。

 まず、地声最高音hiAはサビで登場します。曲全体で6回です。この辺りは一般的な男性の音域よりもやや高めです。また、サビ全体を通して、mid2E~mid2G辺りの音が連続して登場します。
 ある程度高音域が得意な方は手を付けやすいかもしれませんが、一般的には少しキーを下げた方が歌いやすいと思います。一般的な男性の場合、原曲キーから1~2程度下げるとよいと思います(歌い慣れていない人等はもう少し下げても良いです)。

 『世界が終るまでは…』は低音部分に余裕があり、キー調整はしやすいと思います。歌い慣れていない人向けの調整も可能であると思いますが、この楽曲より練習曲に向いているものは他にもあると思います。また、ボーカルの上杉さんのロック色の強い表現などは、歌い慣れていない人には少し難しいかもしれません。キーを調整しても難しいと感じた場合は、別の曲と並行して練習してください。

 『世界が終るまでは…』はとりわけアニメを見ていた人や90年代に青春を迎えた人には非常に馴染み深い楽曲だと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
 
 ※余談になりますが、漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)は日本の漫画の金字塔とも言える作品であり、とりわけ今の(スポーツ)漫画の雛形になったような表現が多いです。25年以上前の作品ですので、時代にそぐわない表現が一部あるかもしれませんが、表現を学ぶ方などには、お奨めしたい作品の1つです。バスケットボールがテーマの漫画です。



『グロリアスデイズ』(THREE LIGHTS DOWN KINGS)の音域 / アニメ『銀魂゜』ED曲

こんにちは。今回はTHREE LIGHTS DOWN KINGSの『グロリアスデイズ』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲は、アーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVがフル公開されておりません。動画はショートバージョンになります。ご了承ください。


『グロリアスデイズ』(THREE LIGHTS DOWN KINGS)、Glorious Days
『グロリアスデイズ』(THREE LIGHTS DOWN KINGS)









【地声最低音】mid1E(E3)  

★Wow wow m1F#[wow].m1E[wow] F#[wow.]Face to face(Cメロ)

※この場面を除くと、mid2Aが最低音です。


【地声最高音】hiB(B4)  ※サビで頻出

★終hiB地[わる]hiA[事]m2F#[無い] 悪[戦]A[苦][と]う(サビ)
hiA#[もがき求]めたhiB[未]来は
hiB[I] hiA[will] save you so justhiA[ trust] me


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビで登場

★I don't stop!!hiD裏-hiC#-hiA[G][lori][ous da]ys(サビ)


【補足】hiA辺りの注意点

★時m2F#{計]仕掛F#[けの]hiA[街を]眺めた(Aメロ)
m2F#[気付けば心地よく]hiA[感][じて]
m2F#[本]当の自分さ[がし]hiA[出]F#[た]

m2F#[君なら変え]れるhiA[この世][界を]ぉ(Bメロ)

★まhiA[もるべきモノ]m2F#[が]あるからF#[ぁ](サビ)
★強くにm2F#[ぎっ]m2G[た]hiA[手]の中 


 まず、THREE LIGHTS DOWN KINGS(スリーライツダウンキングス)について少し説明します。THREE LIGHTS DOWN KINGSことサンエルは、2007年に愛知県出身の4人で結成されたロックバンドです。ジャンルとしては、スクリーモ、EDM、エレクトロなどが融合されたロックになります。2013年にメジャーデビューし、シングル曲がアニメの主題歌に起用されるなど、話題を呼びました。
 2016年には、ボーカルであるGlielmo Ko-ichiさんが脱退を発表、活動休止しました。現在は、新しいボーカルu-yaさんを据え、自主レーベルから活動しています。

___
 
 さて、『グロリアスデイズ』についてです。この楽曲は、2015年にTHREE LIGHTS DOWN KINGSによりリリースされたシングル作品です。アルバム『ROCK TO THE FUTURE』に収録されております。この楽曲の歌詞は、テレビアニメ『銀魂゜』ED曲のために書き下ろされました。公開されたMVはフルバージョンでは無いものの、300万回近くの再生回数を記録しています。

 『グロリアスデイズ』はEDMっぽさをを持ったアッパーなロックナンバーです。歌メロについては、上述のように、楽曲全体を通して、hiAなど高音階が頻出します。全て表記しているわけではないですが、mid2F#辺りなども頻出します。一部を除くと、楽曲全体でmid2F#~hiB(裏声hiD)辺りが多く登場するため、高音域を安定的に歌唱する力と、持久力が求められます




 さて、『グロリアスデイズ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見てきます。

 まず、地声最低音mid1EはCメロのEDM色が強い場面で登場します。この場面だけは比較的キーが低いのですが、AメロBメロサビなどの主要な歌メロでは最低音がmid2Aになります。図で示すよりも低音部分が高いです。

 一方、地声最高音hiBはサビで複数回登場します。この辺りは一般的な男性の音域よりも高めです。キーを下げた方が歌いやすいと思います。原曲キーから3つ程度を目安に下げてみてください。

 『グロリアスデイズ』は図では非常に広い音域ですが、主要な歌メロについては、そこまでの音域の広さを感じないと思います。むしろ、「音域が狭く、楽曲全体でキーが高い曲」という認識で取り組んだ方がいいと思います。
 そのため、原曲キーだとかなりしんどい曲ですが、キーの調整はしやすいと思います。大きなキー調整に抵抗が無ければ、歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います(裏声の部分などがありますので、その点はハードルになるかもしれません)。

 ちなみに、女性もCメロ以外は比較的手を出しやすい曲だと思います(歌い慣れていない人はサビが少し高いかもしれません)。原曲キーの場合は、どちらかといえば、女性の方が歌いやすい曲かもしれません。





『未来予想図Ⅱ』(DREAMS COME TRUE)の音域

こんにちは。今回はDREAMS COME TRUEの『未来予想図Ⅱ』(1989)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『未来予想図Ⅱ』(DREAMS COME TRUE)、Mirai YosouzuⅡ
『未来予想図Ⅱ』(DREAMS COME TRUE)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★あいm1F#[かわ]らずそばにある(Aメロ)


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※曲全体で1回

★ほらhiA#[お]もったとhiC#[お]りにかなえられてく(ラストサビ)


☆ほらhiA#[お]もったとhiC#[お]hiD#[り]A#[に]ぃ(2007年ver.ラスト) 
☆かなえhiB[ら]hiC#[ぁ]hiA#[れ]ぇてく

※☆は2007年バージョンです。最高音がhiD#でより強調されてます。


【補足】hiA#hiBの注意点

hiA#[そ]つぎょうしてから もう[さ]ん度目の春(Aメロ) 
★いつもブレーキランプ5かhiA#[い]点滅(Bメロ)
★ア・イ・シ・テ・ルのhiA#[サ]イン

★きっとhiA#[ぉ] hiB[ん]A#[ね]んたっ[ても](サビ) 
hiB[こ]hiA#[う]して変わらぬ気A#[持]ちで
★あhiA#[な]たとだから
★ずっと心に描く 未来予想図hiA#[は] hiB[ほ]A#[ら] 
hiA#[お]もった通りにかなえhiB[ら]A#[れ]てく

★(こうして)変わらぬおhiA#[も]hiB[い]A#[を]ぉ(ラストサビ)


 まず、DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)について少し説明します。DREAMS COME TRUEことドリカムは、1988年より活動する音楽ユニットです。元々はキーボードを含めた3人組でしたが、今はボーカルとベースの2人組となっております。ジャンルとしては、ポップ、ソウル、R&Bなどにあたります。歴代のCDセールスが、アーティスト全体でも上位に入るなど日本でも非常に知られたグループの1つといえます。
 ドリカムは代表的な楽曲が多くあるグループですが、カラオケでは『大阪LOVER』、『やさしいキスをして』、『LOVE LOVE LOVE』などが上位に入っております。今回取り上げる『未来予想図Ⅱ』も人気です。
___

 さて、『未来予想図Ⅱ』についてです。この楽曲は、1989年にDREAMS COME TRUEによりリリースされたアルバム『LOVE GOES ON…』に初収録されました。アルバムでは全体の最後を飾ります。その後、2007年にリメイクされるなど、アルバム曲でありながら人気の高い作品であり、ドリカムの代表作としてもしばしば列挙されます。多くのアーティストにカバーされております。

 『未来予想図Ⅱ』は演奏時間が7分を超えるバラードです。歌メロそのものは5分程度で終わるのですが、アルバムのラストの曲ということもあり、アウトロが2分以上続きます。
 音域自体は、一般的な女性の音域の範囲内で作られております。歌い慣れた女性であれば、チャレンジしやすいのではないかと思います。逆に、あまり歌い慣れていない人は少しキーを下げてもよいかもしれません。ただ、音域は広めでありますので、キーを下げる余地は少ないです。
 
 ※『未来予想図Ⅱ』は1989年のバージョンと、2007年のリメイクバージョンがあります。後者は上述のように、ラストのサビで盛り上がりがより強調されており、最高音がhiC#⇒hiD#になります。最近のベストアルバムでは2007年バージョンが収録されているようですので、その点は留意ください。




 さて、最後に『未来予想図Ⅱ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な女性の音域の範囲内、もしくはやや高いであります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#はラストのサビで1回登場します。リメイクバージョンではhiD#になります。歌い慣れた人であれば、手を付けやすいレンジであります。逆に、高音域が苦手な人や歌い慣れていない人の場合は、ここは通常のサビと同じように歌唱しても良いのではないかと思います。

 この最高音の場面を除くと、上述のように、hiB,hiA#といった音階が楽曲全体を通して登場します。この辺りであれば、歌い慣れていない人でも比較的手を付けやすいですが、登場回数自体が多めなので、意外としんどいかもしれません。

 『未来予想図Ⅱ』は音域自体はやや広めであり、キー調整の余地も少ないです。キーを下げるにしても1~2つ程度の方が良いのではないかと思います。キー調整しても歌いにくいと感じた場合は、別の曲と並行して練習してください。



『犬のおまわりさん』(童謡)の音域

こんにちは。今回は童謡の『犬のおまわりさん』(1960)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、添付された動画では唄を歌手・声優の安田みずほさんが担当しております。


『犬のおまわりさん』(童謡)、Inu no Omawarisan
『犬のおまわりさん』(童謡)










【地声最低音】mid2B(B3)  ※曲全体で2回

★こまってm2B[し]まって(ワンワンワンワーン)


【地声最高音】hiD(D5)  ※曲全体で2回

hiA[ニャン]ニャン [ニャ]hiD[ニャーン]


【補足】hiAhiC#辺りの注意点

★あなたのおうhiB[ちは] hiA[ど]こですか
★なまm2G[えをきいて]も hiA[わから]G[な]

★ hiA[ニャン]ニャン [ニャ]ニャーン
★ないてばかりいhiB[る] hiA[こ]hiC#[ね]B[こ]ちゃA[ん]

★いhiA[ぬの]hiB[ま][わ]りさん 
★ワンワンワンhiB[ワーン] ワンhiA[ワン]ワンワーン

 まず、『犬のおまわりさん』についてです。この楽曲は、1960年に雑誌の付録として添付されたソノシート(薄型のレコード)により発表されました。翌年に、NHKの子ども番組で流され、知名度が大きく上昇します。

 『犬のおまわりさん』の音域については、童謡ということもあり、広くない音域で作られております。しっかり歌いこなすには当然力量が必要なのですが、キー調整の融通は利きやすいです。
 
 ※今回は、リクエストを受けた際に添付された動画に基づき、音域の調査を行いました。通信カラオケ大手のDAMでは、今回当ブログで取り上げた楽曲と同じキーで歌唱されております。



 さて、『犬のおまわりさん』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(B3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。以下、見ていきます。

 今回設定されているキーについてですが、私なりのイメージですが、人によっては少しキーを下げた方が歌いやすいかもしれません。キー調整の融通は利きやすいですので、各々調整してください。

 ※ブログの読者の中には「カラオケでの練習曲が見つかりにくい」という人も多いかもしれません。私なりの考えの1つですが、童謡などは音域が広くなく、練習曲として比較的使いやすいです。女性の場合は、音域の広くない男性ボーカル曲(地声最高音がhiA~hiBくらい)の楽曲もお奨めです。

『世界は恋に落ちている』(CHiCO with HoneyWorks)の音域

こんにちは。今回はCHICO with HoneyWorksの『世界は恋に落ちている』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『世界は恋に落ちている』(CHiCO with HoneyWorks),Sekai ha Koi ni Ochiteiru
『世界は恋に落ちている』(CHiCO with HoneyWorks)









【地声最低音】mid1G(G3)  

★すれ違う言葉にちょっとだけのこうかm1G[い](Aメロ)
★なみm1G[だこ]ぼれG[て]

★春に咲いた花がm1G[恋]をした(Cメロ)
★咲かない花とかやm1G{くの]G[い]


【地声最高音】hiC(C5)  ※曲全体で6回

★ ひかhiB[り]hiC[の]B[矢]hiA[ね]を射す(サビ)

★大事なhiB[こ]hiA[と]hiC[な]hiB[せ]A[た]ら(ラスサビ前Bメロ)

★口hiB[に]hiC[出]B[し]て言hiA[わ]なきゃ(ラストサビ)


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビで多く登場します

★全部hiB[わ]hiA[か]りたいんhiD裏[だ]よ(サビ) 
★「ねhiD裏[え]、聞かD[せ]て」
★たったhiA[い]hiB[ち]A[ミ]リが遠hiD裏[く]

★花は必死に上を向いてhiD裏[わ]らった(Cメロ)


【補足】hiAhiB辺りの注意点

★忙しい感情 鼓動にリンクhiA[す]m2G[る](Aメロ)
 hiB[チュ]hiA[ー]ニング たB[し]かめB[た]いんだ

★もくてhiA[き]hiB[ば]A[っ]かにとらわA[れ]B[て] (Bメロ)
★(大事なものが)かhiB[す]hiA[ん]B[逃]A[げ]

★世界hiB[は]hiA[こ]いに落ちB[て]A[い]る(サビ)
★輝hiA[く]hiB[1][ペ]ージ


 まず、CHICO with HoneyWorks(チコウィズハニーワークス)についてです。CHICO with HoneyWorksはその名の通り、女性歌手のCHICOさんと、クリエイター集団HoneyWorksからなるユニットです。ジャンルとしてはポップ・ロックなどにあたります。
 HoneyWorksは2010年よりニコニコ動画などにボカロ曲などを投稿し、活動を開始しました。2014年にはオーディションでグランプリを受賞したCHICOさんをボーカルに迎え、CHICO with HoneyWorksとして、コラボを開始します。
 CHICO with HoneyWorksの代表的な作品としては、『アイのシナリオ』、『プライド革命』、そして今回取り上げる『世界は恋に落ちている』などが列挙されます。HoneyWorks名義の作品ですが、私自身は『東京サマーセッション』という曲が好きです。YouTubeでの再生回数が1000万回以上の楽曲も多く、若者を中心に非常に人気の高いユニットです。

____

 さて、『世界は恋に落ちている』についてです。同曲は、2014年にCHICO with HoneyWorksによりリリースされたシングル作品です。アルバム『世界はiに満ちている』に収録されております。同曲は、テレビアニメ『アオハライド』のオープニングテーマとして話題を呼びました。
 シングルの発売に先立ち、公開されたMVは2020年現在、6000万回を超えております。CHICO with HoneyWorksの作品の中でも非常に人気の高い楽曲の1つです。

 『世界は恋に落ちている』はアップテンポのポップナンバーです。ピアノなどが用いられており、タイトルなども含めて全体として爽やかです。
 歌メロについては、AメロBメロサビといった形で作られており、馴染みやすいです。一方で、AメロからhiBなど比較的高めの音が登場するなどしております。「AメロBメロサビとだんだん盛り上がっていく曲」というよりも、「楽曲全体がポップで、パートごとの起伏は小さめの曲」だといえます。そうしたこともあり、最高音自体はそこまで高くないですが、hiA~hiCといった音階を安定的に1曲分歌唱する持久力が求められます。






 さて、『世界は恋に落ちている』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCは、サビやCメロ以降で登場します。登場回数は6回程度です。この辺りの音階は一般的な女性の音域の範囲内でありますが、先に述べたように、同曲は楽曲全体を通して、hiA,hiBなどの音階が多く登場します。よって、1曲を通して、持久力が求められます。サビでは裏声も多く登場しますので、場合によってはキーを少し下げて歌唱しても良いと思います(同曲のカバーでは半音(♭1)下げたものもあります)。

 『世界は恋に落ちている』はキーを調整する余地は少ないですが、ある程度歌いやすいレンジに調整することは可能です。ただ、音域自体はやや広めの作品です。この楽曲を歌唱して、難しいと感じる部分があった場合、別の曲と並行して練習しても良いと思います。難易度が高いというわけではないですが、気軽に歌いこなせる作品というわけでもないです。




管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー