J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

WANIMA

『シグナル』(WANIMA)の音域

 こんにちは。今回はWANIMAの『シグナル』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。以前より、リクエストされていた楽曲です(最近も1度リクエスト頂きました)。


『シグナル』(WANIMA)、Signal(WANIMA)
『シグナル』(WANIMA)









【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★ m1G#[ど]hiA#[の]くらい 1G#[こ]A#[の]くらい(Aメロ)

※m2D#辺りに置き換えても違和感は少ないです。

【地声最高音】hiC#(C#5)  

★こhiA#[と]ばで言えhiC[るん]hiC#[だ]A#[ろ](Aメロ)
hiC[Hey 笑っ]hiC#[て]C[み]hiA#[て]ろよ(Bメロ)
★ダメならA#[も]hiC[どっ]hiC#[て]C[ぇ]A#[こい](アウトロ)


【補足】hiA#hiCの注意箇所

★ふhiA#[たしか][ま]ま は[じ][る]きょ[う]は(サビ)
★変わらない いつhiC[も]hiA#[お]
★未hiC[完成でいい] hiA#[か]たなA#[ら]べて

hiA#[ぼ]くはA#[き]hiC[み]を 君の日々を(Aメロ)
hiA#[よ][ね][愚][吐い]てみ[じゅ]く[で][挑]hiC[戦](Bメロ)
★ほんのいhiA#[っ]hiC[しゅ]
★交hiA#[わ]hiC[す]A#[サ]A#[ン] 見逃さぬようA#[に]

★踏hiA#[み][す][ター]ト ゴールまで(アウトロ)
★いhiA#[ち][ら] ひゃhiC[く]A#[お]


 まず、『シグナル』についてです。この楽曲は、2018年に3人組ロックバンドWANIMAによりリリースされたアルバム『Everybody!!』に収録されております。アルバムのリード曲になります。アルバムの発売に先立ち、MVが公開されました。YouTubeで公開されているMVは、2020年8月現在、5000万回近くの再生回数を記録しています。
 同曲は、2017年末に放送されたNHKの番組 "WANIMA 18祭(18フェス)"のために制作されました。18祭は2016年より毎年1回開催されており、これまでにONE OK ROCK、RADWIMPSなども出演しております。

 


 さて、『シグナル』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。 一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、同曲は、ほぼ全てのフレーズにhiA#以上の音階が登場します。これは、以前取り上げた『ともに』(過去記事)と同様の傾向でもあります。音程的な意味でも、「最初から最後までずっとサビ」の曲です。よって、原曲キーで歌唱するにしてもキーを調整するにしても持久力が要求されます。一方で、歌メロのテンポは『ともに』よりもゆったりしているので、その分歌いやすいです。

 『シグナル』は男性の音域と比べて非常に高いです。一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいと思います。原曲キーから4~5つ程度を目安にキーを下げてみてください。
 同曲は、音域自体はそこまで広くないですので、キーの調整の融通は利きやすいです。多くのキー調整が必要ですが、練習曲としても使いやすいと思います。

 『シグナル』はボーカルのKENTAさんの力強い声が印象的ですが、歌メロ自体は非常に綺麗な作品です。私なりのイメージですが、女性が歌唱しても合いやすいのではないかと思います。キーについては原曲キーのままでもある程度歌いやすいと思います。



『ともに』(WANIMA)の音域と感想【加筆】

(2019/03/08)初投稿
(2020/06/18)mid2G#,hiA#,hiB辺りまで詳細に記載しました。記事も一部加筆しております。

 こんにちは。今回はWANIMAのインディーズ2枚目のシングル『Juice Up!!』から、『ともに』(2016)を取り上げたいと思います。WANIMAは当ブログでは初登場になります。よろしくお願いします。

『ともに』(WANIMA)、Tomoni
2016年8月3日【メジャー1stアルバム『Everybody!!』収録】

『ともに』(WANIMA)









 
【地声最低音】mid1F(F3)  ※曲全体で1回

★個々に辿り着くまでに 色んなm1F[景]色をみhiA[て]来たんだろう


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※1番Aメロで2回

★重ねた日々は変わらずhiC#[の]hiA#[こ]ぉる(1番Aメロ)


【補足】mid2G#(一部のみ)hiB以上の注意点

hiA#[あ]あ どれだけ過去m2G#[が]A#[辛く]A#[暗]くても(冒頭サビ)
★昨日よりも不安な明日m2G#[が]hiA#[増]hiB[え]G#[て]ぇも
★悩んだりm2G[泣]いG#[た]hiA#[する]hiB[今日]A#[も]
★すhiA#[す]m2G#[め]君らしA#[く] A#[心お]hiB[ど]A#[る]G#[ほ]

★別れみm2G#[ち]G#[立]つ ともG#[に]hiB[た]hiA#[う](Aメロ)
★千切れそうな今縫い合hiB[わ]hiA#[せ] 思い出したB[あ]A#[の]
hiB[あ]hiA#[り]がとう こA#[の想いよ と]どけ

★待ち焦がれてhiA#[い]hiB[た]hiA#[ぁ](2番)
★あhiA#[りが]hiB[と]A#[う] こhiA#[の想いよ と]どけ
★疲れ果てるまで繰hiA#{り]hiB[か]A#[え]す(2番サビ)
hiA#[心踊るその先には]hiB[さ]A#[ち]
hiA#[生きて耐えて時に壊れ泣いて迷う影に笑顔咲き誇]る(ラスト) 
hiA#[生]hiB[き]A#[て]いれば
hiA#[思い]hiB[え]A#[が]いたそのB[さ]A#[き]



 さて『ともに』についてですが、2016年にシングル曲としてリリースされ、2018年のWANIMA初のメジャーアルバム『Everybody!!』(エビバデ)にも収録されました。youtubeの公式チャンネルでの再生回数は2019年3月現在、8700万回を超えております。メジャーデビュー間もないバンドで、更にインディーズ時代の楽曲がこれだけの再生回数を記録するのは衝撃的だと思います。ちなみにWANIMAというバンド名はメンバーの名字から一文字ずつ取って並べたものだそうです。

 『ともに』のサウンドについてですが、ハードコアやパンクロック的なアレンジがなされています。非常に元気のよいギターサウンドです。歌詞も歌唱法も非常に力強く、多くの若者の心を捉えるのではないかと思います。個人的に驚いているのは、メンバーが3人であるということです。3人でありながら、非常に厚みのあるサウンドで、またベース兼ボーカルの仕事量も半端ではありません(ボーカルの忙しさについては後述します)。

 歌詞を見て改めて感じたことは、「予想以上にネガティブがフレーズが頻出している」ということです。ボーカルの歌唱法やサウンドを聴くと、『前へ前へ』というイメージです。しかし、サビの目立つ部分だけ抽出しても「涙こらえ笑って生きてる」「崩れそうになりながら毎日びびってる」「疲れ果てるまで繰り返す」と必ずしもポジティブなフレーズではありません。ところが、そうしたフレーズを並べた後に、「進め君らしく 心踊る その先には幸を…」といった一言で後押ししてくれます。

 サビの歌詞を見るとおおよそ「ネガティブ8割、ポジティブ2割」なのだけど、その2割とサウンドでネガティブ8割を押し倒します。このバランス感覚は非常に素晴らしいと思いました。




 さて、『ともに』の音域についてです。この楽曲は地声最低音mid1F(F3)~地声最高音hiC#(C#5) でメロディーが構成されています。一般的な男性と比べてかなりの高音域です。しかも、テンポが非常に速く、呼吸をするタイミングもあまりありません。この音域をベースギターを弾きながら、一人で歌うボーカルのKENTAさんの仕事量に驚かされます。
 
 ※上述しておりますが、この楽曲は最初からほぼ全部のフレーズにhiA#以上の音階が登場します。音程的な意味でも、「最初から最後までずっとサビ」です。唯一【個々に辿り着くまでに 色んなm1F[景]色をみhiA[て]来たんだろう】という場面だけ、hiA#以上が登場しません。キーを4つ程度下げると、歌い易くなりますが、それでもかなりしんどいと思います。
 
 一方で、この楽曲に関しては「音程が取れていなくてもあまり気にせず、元気に歌う」というのもアリです。調子外れでも楽しく歌えているというのは大切なことです。
 
 また、息継ぎ対策として、「二人以上でボーカルを担当し、それぞれ役割分担を行う」というのも対応も考えられます。それでもキーとしてはかなりしんどいというのは頭に入れておいた方がいいと思います。



 

『THANX』(WANIMA)の音域

 こんにちは。今回はWANIMAの『THANX』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『THANX』(WANIMA)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★始まっm1G#[た]ばかり 主役はおm2F#[ま]え (Aメロ)
★弱m1G#[音吐いて 何]m2F#[と]か生[き]m2G#[てる](Bメロ)
m1G#[き][ん]びにははなm2F#[を]m2G#[添][て]ぇ(Cメロ)

【地声最高音】hiA(A4)  ※楽曲全体で頻出

m2G#[ありがとうを]m2F#[込][て][う]hiA[た]G#[っ]た(サビ)
★このm2G#[気持]m2F#[ち]F#[う][ぅ]hiA[そ]G#[は無]F#[いと]

★準備m2F#[は]hiA[出来]m2G#[たん]ですF#[か]ぁい(Aメロ)
★だm2F#[い]m2G#[[ほん]hiA[も]G#[無]A[い]G#[ぃ]F#[ぃ]
★絶m2F#[え]m2G#[ずえ]hiA[が]G#[お]F#[を]
★あm2F#[な]たよhiA[どう]m2G#[か]F#[し]G#[あ]A[わせ]G#[に]F#[れ](Bメロ)

★さよならがm2G#[教え]hiA[て]G#[く]F#[た]ぁ(2番サビ)


【補足】mid2F#(一部略)mid2G#の注意箇所

★ 離m2G#[れる]m2F#[の]は距離だF#[け]と(サビ)
m2F#[だいぶ]m2G#[重]傷 いやF#[大]G#[丈夫](Bメロ)
★疲れました もう無理膝抱えm2G#[泣い]m2F#[た] 

★ありがとうを込めてうm2F#[たっ]m2G#[た]ぁ(2番サビ)
★嗄れF#[た]F#[は]嗄れF#[た]ままm2G#[に] 
★雲の上のm2F#[あ][つ]m2F#[わ]F#[ら]m2G#[う]F#[ぅ](Cメロ)

『THANX』(WANIMA)









 まず、『THANX』(サンクス)について説明します。この楽曲は、2015年に3人組のロックバンドWANIMAによりリリースされたアルバム『Are You Coming?』(アー ユー カミング)に収録されているナンバーです。『THANX』はアルバムの発売に先立ちMVが公開され、2020年2月現在、2500万回もの再生回数を記録しています。人気の高い作品の1つと言えます。

 『THANX』はWANIMAらしい楽曲全体を通してハイテンションのハードコア・パンクナンバーです。演奏時間も3分45秒と非常に密度が濃いです。

 『THANX』の音域についてです。上図にあるように、『THANX』は非常に狭い音域で歌メロディーが構成されております。これは、難易度が低いという意味でなく、高めの音階が楽曲全体を通して登場し続けるということであります。よって、上述のようにmid2F#~hiA辺りの音階を記述するだけで膨大な量になります。全てを表記しているわけではないですが、基本的に冒頭から最後まで、どこかしらにmid2F#~hiAの音階が登場すると考えてください。

 以前に申し上げましたが、「音域は狭いが、キーは高め」の楽曲は、原曲キーで歌う場合、持久力が要求されます。WANIMAの楽曲はそうしたものが多いですが、この『THANX』は特に顕著にその傾向が表れています。ただ、音域が狭い分、キーの調整はしやすいです。



 さて、『THANX』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAについてですが、『THANX』では楽曲全体を通してhiAが登場します。よって、その分難易度が高くなると考えてください。「最高音がhiAの楽曲」が歌いこなせるからといって、この楽曲も歌いこなせるとは限りません。
 『THANX』は原曲キーで歌唱する場合は、非常に持久力が要求される楽曲です。ただ、WANIMAの作品群の中ではhiC~hiDといった音階が要求されるものも多いです。例えば、『ともに』(最高音hiC#)『やってみよう』(最高音hiC)と比較すると、『THANX』は比較的手を付けやすい部類に入ると思います。その点ではお奨めの1曲です。

 『THANX』は図にも示しましたように、音域自体は非常に狭いです。よって、キーの調整は行いやすいと言えます。
 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいのではないかと思います。一つの目安として、原曲キーから2つ下げ、最高音をmid2G辺りに設定してみてください。人によってはこれでも少し高いかもしれませんが、原曲キーよりは楽に歌えるはずです。
 ちなみに、普段歌い慣れていない人はもっとキーを下げてもよいです。THANXはキーの調整は行いやすいですので、歌いやすい箇所を探して練習を重ねてください。

 『THANX』は原曲キーで歌唱する場合は高い難易度になりますが、キーを調整すると手を付けやすくなります。テンションも高い楽曲ですので、カラオケなどでも盛り上がりやすいと思います。



『ヒューマン』(WANIMA)の音域

 こんにちは。今回はWANIMAの『ヒューマン』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『ヒューマン』(WANIMA)、Human


【地声最低音】mid1G(G3)  

★なぁm1G[何]m2G[処]で間違えたんだろ1G[う?](冒頭)


【地声最高音】hiD(D5)  ※楽曲全体で3か所

hiD[なん]hiB[で の]D[ぞ]B[んだ こ]hiD[た]B[えは]hiA[ど]こ?(Bメロ)
★こhiA[た]hiB[え]hiA[れ][な]いことhiA[事ば]hiD[か]B[り](ラストサビ)



【補足】hiAhiCの注意箇所

★ゆがみ もhiB[とにも]hiC[ど][ら]A[な]い(冒頭)
★捻れた記憶をほhiA{ど][く]
 hiB[最]hiA[に] hiB[た]A[り寄]

hiA[きた]い外れA[の]現実A[に] まhiB[たあ]hiC[お]B[ら]A[れ](Aメロ)
★まhiC[だ…]くたhiC[ばって]hiB[た]まるhiA[か!!]

★終hiA[わ]hiB[り]A[無][い]A[ち]B[の]りに(サビ)
★とおまhiA[わ]りもがいて 大人に
★かhiB[いだ]hiA[ん]B[飛]hiA[ばす]
★"シビれるhiA[よ]うなあしhiA[た]を"

★正hiB[解]hiA[無]い 間hiB[違っ]hiA[な]い(2番冒頭)
★つhiC[づ]hiB[き]hiC[え]B[が]hiA[う]


『ヒューマン』(WANIMA)









 まず、『ヒューマン』についてです。この楽曲は、2017年に3人組バンドWANIMAによりリリースされた作品です。フィジカルのリリースとしては、2018年のアルバム『Everybody!!』(エビバデ)に収録されました。タイアップとして、同名漫画を原作としたフジテレビ系のドラマ『刑事のゆがみ』の主題歌として起用されました。

 『ヒューマン』はWANIMAらしい疾走感のあるロックナンバーです。一方で、冒頭とラストがアコースティックなアレンジになっております。アルバムの発売に先立ち、2017年にWANIMAのYoutube公式チャンネルでMVが公開されております。2019年11月現在、1300万回以上の再生回数を記録しています。

 音域的な特徴としては、やはりWANIMAらしい高音域が連発されるハイトーンが目立ちます。今回、記載している音階はhiA以上ですが、それでもかなりのボリュームになりました。こうした点は、カラオケで歌いたい人を苦しめるのではないかと想像されます。
 歌唱する際、キー調整を余儀なくされる方がほとんどなのではないかと考えられます。一方で、キーを下げるにしても自分の音域よりも少し高いくらいで、少し苦しめに歌唱」した方が原曲のニュアンスに近づけるのではないかと思います。



 さて、『ヒューマン』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、地声最高音hiDについてですが、Bメロで連続的に登場します。非常に高いキーです。また、楽曲全体を通して、hiC,hiBなどの音階が登場し、テンションが非常に高いです。以前、「ハードロックなどのように声を少し強めに張って、上手くコントロールできると高い声が意外と出やすい」といった話をしました。ただ、そうした発声を使ってもかなり辛い楽曲になるのではないかと思います。

 一般的な男性が歌唱する場合、キーを下げるのが最もあり得る選択肢なのではないかと思います。原曲キーから4~5つ下げると良いのではないかと思います。これにより、地声の最高音がhiA(#)に設定されます。hiA#辺りだと一般的にはやや高めのキーです。ただ、先にも述べましたように、少し苦しめに歌唱した方が、楽曲のニュアンスを表現しやすいのではないかと私は考えました。よって、今回はhiA#辺りを目安にしてみました。細かい点は、各々微調整してください。
 
 また、WANIMAのような楽曲は「楽しそうに歌う」というのも重要な点なのではないかと思います。音程をしっかりとることも重要です。ただ、それに囚われすぎず、楽しく歌うことで表現に彩りを添えられるのではないかと私は考えております。



『GONG』(WANIMA)の音域と感想

 こんにちは。今回はWANIMAの『GONG』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。WANIMAは久々の登場です。


『GONG』(WANIMA)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  ※サビで登場

★それぞれの夢が一つに[つ]ながる(サビ)
★強くなって守りたい仲間[が]hiA#[る]mid2G#[か]


【地声最高音】hiC#(C#5)    ※Bメロサビ等で登場

★嵐の夜にmid2G#[よ][さ][知]hiC#[れば][~]hiA#(Bメロ)
★狙いhiA#[さ]mid2G#[め] ため[らう]hiC#[と][く](サビ)
★ためmid2G#[らうこ]hiC#[と][な]hiA#[く~~] hiB[う][う][う](ラストサビ)


【補足】mid2G#hiBの箇所

★ひhiB[ろ]hiA#[い]mid2G#[う][を](Aメロ)
★近道なんてもったいhiB[な]hiA#[い]
hiB[これか]hiA#[ら]mid2G#[も][う]けんは]
★続hiA#{く]hiB[の][で]mid2G#[しょう]

★なみhiA#[だ]hiB[ひ][と][つ見][せ]m2G#[ない](Bメロ)
hiA#{真っ]mid2G#[赤][ほ]のお

★生mid2G#[き抜]hiA#[いたさ][き]に 見[つ]け(サビ)
★手に入れhjiB[たい]hiA#[も]
★旅はまだ途mid2G#[中]hiA#[だ][ろ]
hiA#[つ]mid2G#[のる][お][もい]

mid2G#[見]hiA#[に行]こう(Hey!!)ま[だ][ら][町]へ(ラスト)


今回の音域の記載についてですが、mid2G#とhiA#の箇所について全てを記載していません。基本的には、当ブログではmid2F,midi2G辺りの音階から上のキーはなるべく記載するようにしています(男性ボーカルの場合)。しかし、今回は全て記載すると、膨大な量になり却って混乱する可能性があると感じました。故に、mid2G#とhiA#の箇所について一部省略しています。他の高音域のミュージシャンでもこのような対応を取ることがあります。

『GONG』(WANIMA)









 まず、『GONG』についてです。この楽曲は3人組ロックバンドWANIMAが2019年にリリースしたシングル『Summer Trap!!』に収録されている楽曲です。この楽曲は、劇場アニメ『ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)』のために書き下ろされた作品です。ちなみに、STANPEDEとは「(動物や群衆などの)大脱走」、「殺到」などの意味があるようです。
 『GONG』はWANIMAのYouTube公式チャンネルでMVや音源が公開されており、合計200万回以上もの再生回数を記録しています。非常に注目度の高い楽曲です。

 『GONG』のサウンドについてです。WANIMAらしい疾走感のあるギターロックです。WANIMAの楽曲は、歌メロディーが異常なほどのテンションの高い点も特徴的です。J-POP一般ではAメロBメロが助走でサビが全力疾走といった楽曲が多く見られます。しかし、WANIMAの作品はAメロの時点で全力に近いような高音域が登場してきます。また、今回の『GONG』はそうではないですが、冒頭からサビが登場する作品も多く見られます。
 今回の『GONG』についてはAメロが楽曲全体で一度しか登場しないのですが、サビのようなテンションです。そして、キーも高いです。冒頭の高いテンションのまま、最後まで突っ走っていきます。カラオケなどで歌唱する場合、キーの高さもさることながら、休憩箇所がほとんど無い歌メロディーも難所の一つだと思います。
 



 さて、『GONG』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、『GONG』の音域の特徴についてです。上述しているように、mid2G#,hiA#といった音階が楽曲全体を通してマシンガンのように登場します。mid2G#,hiA#は一般的な男性ボーカル曲の地声最高音に設定されることも多い高い音階です。hiC#という地声最高音に注目が集まりがちですが、歌メロディーが切れ目なく続き、休憩箇所がほとんど無い中で、こうしたmid2G#などの音階が楽曲全体で登場するという点で難易度が高いです。キーの高さも去ることながら、スタミナも求められます。一般的な音域の男性が『GONG』を原曲キーで歌う場合、非常に困難が伴うという点を留意しておいてください。

 ちなみに、高音域が続く楽曲は「裏声で対応する」という方策を、私はしばしば提案することがありますが、今回はその作戦は使えません。楽曲全体が高いテンションですので、その中で裏声を駆使するのが難しいですし、使えたとしてもニュアンスが崩れるのではないかと思います。

 これらを踏まえた上で、一般的な男性がこの楽曲を歌う場合は、やはりキーを下げるということだと思います。一般的な男性の場合、原曲キーから5~6程度下げると歌いやすくなると思います。この場合、地声の最高音がmid2G#(mid2G)に設定されます。楽曲のテンションを考えると、もう少し高めのキーに設定しても良いかもしれません(hiA~hiA#あたり)。
 ただ、普段歌い慣れていない男性の場合、このキー(mid2G)でも少し高いと思います。とはいえ、一般的な男性の場合、mid2G辺りまでならば練習を重ねることで地声で歌いこなせるようになる可能性が高いです。そうした点を踏まえて、練習に取り組んでください。
 
 ちなみに、『GONG』は音域的には女性の方が合いやすいキーだと思います。楽曲のニュアンスとしては男性の声質の方が合いやすいと思いますが、興味のある方は試してみても良いかもしれません。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー