J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

WANIMA

『ヒューマン』(WANIMA)の音域

 こんにちは。今回はWANIMAの『ヒューマン』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『ヒューマン』(WANIMA)、Human


【地声最低音】mid1G(G3)  

★なぁm1G[何]m2G[処]で間違えたんだろ1G[う?](冒頭)


【地声最高音】hiD(D5)  ※楽曲全体で3か所

hiD[なん]hiB[で の]D[ぞ]B[んだ こ]hiD[た]B[えは]hiA[ど]こ?(Bメロ)
★こhiA[た]hiB[え]hiA[れ][な]いことhiA[事ば]hiD[か]B[り](ラストサビ)




【補足】hiAhiCの注意箇所

★ゆがみ もhiB[とにも]hiC[ど][ら]A[な]い(冒頭)
★捻れた記憶をほhiA{ど][く]
 hiB[最]hiA[に] hiB[た]A[り寄]

hiA[きた]い外れA[の]現実A[に] まhiB[たあ]hiC[お]B[ら]A[れ](Aメロ)
★まhiC[だ…]くたhiC[ばって]hiB[た]まるhiA[か!!]

★終hiA[わ]hiB[り]A[無][い]A[ち]B[の]りに(サビ)
★とおまhiA[わ]りもがいて 大人に
★かhiB[いだ]hiA[ん]B[飛]hiA[ばす]
★"シビれるhiA[よ]うなあしhiA[た]を"

★正hiB[解]hiA[無]い 間hiB[違っ]hiA[な]い(2番冒頭)
★つhiC[づ]hiB[き]hiC[え]B[が]hiA[う]


『ヒューマン』(WANIMA)









 まず、『ヒューマン』についてです。この楽曲は、2017年に3人組バンドWANIMAによりリリースされた作品です。フィジカルのリリースとしては、2018年のアルバム『Everybody!!』(エビバデ)に収録されました。タイアップとして、同名漫画を原作としたフジテレビ系のドラマ『刑事のゆがみ』の主題歌として起用されました。

 『ヒューマン』はWANIMAらしい疾走感のあるロックナンバーです。一方で、冒頭とラストがアコースティックなアレンジになっております。アルバムの発売に先立ち、2017年にWANIMAのYoutube公式チャンネルでMVが公開されております。2019年11月現在、1300万回以上の再生回数を記録しています。

 音域的な特徴としては、やはりWANIMAらしい高音域が連発されるハイトーンが目立ちます。今回、記載している音階はhiA以上ですが、それでもかなりのボリュームになりました。こうした点は、カラオケで歌いたい人を苦しめるのではないかと想像されます。
 歌唱する際、キー調整を余儀なくされる方がほとんどなのではないかと考えられます。一方で、キーを下げるにしても自分の音域よりも少し高いくらいで、少し苦しめに歌唱」した方が原曲のニュアンスに近づけるのではないかと思います。



 さて、『ヒューマン』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、地声最高音hiDについてですが、Bメロで連続的に登場します。非常に高いキーです。また、楽曲全体を通して、hiC,hiBなどの音階が登場し、テンションが非常に高いです。以前、「ハードロックなどのように声を少し強めに張って、上手くコントロールできると高い声が意外と出やすい」といった話をしました。ただ、そうした発声を使ってもかなり辛い楽曲になるのではないかと思います。

 一般的な男性が歌唱する場合、キーを下げるのが最もあり得る選択肢なのではないかと思います。原曲キーから4~5つ下げると良いのではないかと思います。これにより、地声の最高音がhiA(#)に設定されます。hiA#辺りだと一般的にはやや高めのキーです。ただ、先にも述べましたように、少し苦しめに歌唱した方が、楽曲のニュアンスを表現しやすいのではないかと私は考えました。よって、今回はhiA#辺りを目安にしてみました。細かい点は、各々微調整してください。
 
 また、WANIMAのような楽曲は「楽しそうに歌う」というのも重要な点なのではないかと思います。音程をしっかりとることも重要です。ただ、それに囚われすぎず、楽しく歌うことで表現に彩りを添えられるのではないかと私は考えております。




『GONG』(WANIMA)の音域と感想

 こんにちは。今回はWANIMAの『GONG』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。WANIMAは久々の登場です。


『GONG』(WANIMA)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  ※サビで登場

★それぞれの夢が一つに[つ]ながる(サビ)
★強くなって守りたい仲間[が]hiA#[る]mid2G#[か]


【地声最高音】hiC#(C#5)    ※Bメロサビ等で登場

★嵐の夜にmid2G#[よ][さ][知]hiC#[れば][~]hiA#(Bメロ)
★狙いhiA#[さ]mid2G#[め] ため[らう]hiC#[と][く](サビ)
★ためmid2G#[らうこ]hiC#[と][な]hiA#[く~~] hiB[う][う][う](ラストサビ)



【補足】mid2G#hiBの箇所

★ひhiB[ろ]hiA#[い]mid2G#[う][を](Aメロ)
★近道なんてもったいhiB[な]hiA#[い]
hiB[これか]hiA#[ら]mid2G#[も][う]けんは]
★続hiA#{く]hiB[の][で]mid2G#[しょう]

★なみhiA#[だ]hiB[ひ][と][つ見][せ]m2G#[ない](Bメロ)
hiA#{真っ]mid2G#[赤][ほ]のお

★生mid2G#[き抜]hiA#[いたさ][き]に 見[つ]け(サビ)
★手に入れhjiB[たい]hiA#[も]
★旅はまだ途mid2G#[中]hiA#[だ][ろ]
hiA#[つ]mid2G#[のる][お][もい]

mid2G#[見]hiA#[に行]こう(Hey!!)ま[だ][ら][町]へ(ラスト)


今回の音域の記載についてですが、mid2G#とhiA#の箇所について全てを記載していません。基本的には、当ブログではmid2F,midi2G辺りの音階から上のキーはなるべく記載するようにしています(男性ボーカルの場合)。しかし、今回は全て記載すると、膨大な量になり却って混乱する可能性があると感じました。故に、mid2G#とhiA#の箇所について一部省略しています。他の高音域のミュージシャンでもこのような対応を取ることがあります。

『GONG』(WANIMA)









 まず、『GONG』についてです。この楽曲は3人組ロックバンドWANIMAが2019年にリリースしたシングル『Summer Trap!!』に収録されている楽曲です。この楽曲は、劇場アニメ『ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)』のために書き下ろされた作品です。ちなみに、STANPEDEとは「(動物や群衆などの)大脱走」、「殺到」などの意味があるようです。
 『GONG』はWANIMAのYouTube公式チャンネルでMVや音源が公開されており、合計200万回以上もの再生回数を記録しています。非常に注目度の高い楽曲です。

 『GONG』のサウンドについてです。WANIMAらしい疾走感のあるギターロックです。WANIMAの楽曲は、歌メロディーが異常なほどのテンションの高い点も特徴的です。J-POP一般ではAメロBメロが助走でサビが全力疾走といった楽曲が多く見られます。しかし、WANIMAの作品はAメロの時点で全力に近いような高音域が登場してきます。また、今回の『GONG』はそうではないですが、冒頭からサビが登場する作品も多く見られます。
 今回の『GONG』についてはAメロが楽曲全体で一度しか登場しないのですが、サビのようなテンションです。そして、キーも高いです。冒頭の高いテンションのまま、最後まで突っ走っていきます。カラオケなどで歌唱する場合、キーの高さもさることながら、休憩箇所がほとんど無い歌メロディーも難所の一つだと思います。
 



 さて、『GONG』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、『GONG』の音域の特徴についてです。上述しているように、mid2G#,hiA#といった音階が楽曲全体を通してマシンガンのように登場します。mid2G#,hiA#は一般的な男性ボーカル曲の地声最高音に設定されることも多い高い音階です。hiC#という地声最高音に注目が集まりがちですが、歌メロディーが切れ目なく続き、休憩箇所がほとんど無い中で、こうしたmid2G#などの音階が楽曲全体で登場するという点で難易度が高いです。キーの高さも去ることながら、スタミナも求められます。一般的な音域の男性が『GONG』を原曲キーで歌う場合、非常に困難が伴うという点を留意しておいてください。

 ちなみに、高音域が続く楽曲は「裏声で対応する」という方策を、私はしばしば提案することがありますが、今回はその作戦は使えません。楽曲全体が高いテンションですので、その中で裏声を駆使するのが難しいですし、使えたとしてもニュアンスが崩れるのではないかと思います。

 これらを踏まえた上で、一般的な男性がこの楽曲を歌う場合は、やはりキーを下げるということだと思います。一般的な男性の場合、原曲キーから5~6程度下げると歌いやすくなると思います。この場合、地声の最高音がmid2G#(mid2G)に設定されます。楽曲のテンションを考えると、もう少し高めのキーに設定しても良いかもしれません(hiA~hiA#あたり)。
 ただ、普段歌い慣れていない男性の場合、このキー(mid2G)でも少し高いと思います。とはいえ、一般的な男性の場合、mid2G辺りまでならば練習を重ねることで地声で歌いこなせるようになる可能性が高いです。そうした点を踏まえて、練習に取り組んでください。
 
 ちなみに、『GONG』は音域的には女性の方が合いやすいキーだと思います。楽曲のニュアンスとしては男性の声質の方が合いやすいと思いますが、興味のある方は試してみても良いかもしれません。

 



『アゲイン』(WANIMA)の音域と感想

 こんにちは。今回はWANIMAの『アゲイン』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『アゲイン』(WANIMA)、Again

【地声最低音】   mid1G(G3)  

★塞いだままのココロm1G[に]きっ[か][を]くれて
★忘れられない舞台に[なる]


【地声最高音】  hiD(D5)  曲全体で12箇所

★くhiB[たび]れたhiD[顔]hiC[で目][が覚][る]




【補足】上記以外に特に高い音階hiAhiC

★懐かしくて hiA[もう]hiB[ちど](サビ)
★曇 hiA[っ]hiB[た][を][照][す]ー(サビ)
hiA[知]hiB[り][た][ない][こ][と]も知って(Bメロ)
hiA[善][あ][も][ね][な][し]hiB[ま][え](Bメロ)
★声が重hiA[な][る]hiB[ん度目の挑戦?](Bメロ)
★このままじゃ終わりhiA[た][ない]hiB[ら]hiC[あ][あ][あ](2番サビ)


『アゲイン』(WANIMA)










 まず、『アゲイン』についてです。この楽曲は2019年にリリースされたWANIMAの4枚目のシングル『Good Job!!』に収録された楽曲です。1曲目に収録されておりますので、リード曲という扱いで良いのだと思います。TBS系金曜ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の主題歌として、タイアップが付いております。
 『アゲイン』はWANIMAのYouTube公式チャンネルで公開され、2019年4月現在までに440万回再生されております。人気の高い楽曲だと思います。

 『アゲイン』は、疾走感あふれるエモーショナルハードコアのサウンドです。非常にパワフルです。メロディーは冒頭からサビが登場します。楽曲の構成としては、「サビ→Aメロ→Bメロ→サビ×2→Bメロ→サビ×2」となっております。上述しておりますが、Bメロのメロディーも非常に高音域です。Aメロ以外はほぼすべてがサビのような元気溢れるサウンドになっております。

 歌詞については、『アゲイン』というタイトルが示すように、WANIMA自身がこれからも音楽を力強く奏でていこうという決意が込められた内容になっております。ここ数年のWANIMAの活躍は目覚ましいものがありました。自らの取り巻く環境も大きく変わってきたのかもしれません。そうした中で、音楽というものに揺るぎなく向き合っていこうという想いが歌詞から伝わってきます。WANIMAのこうした姿勢はリスナーの心にも大きく響くものであると思います。ちなみに、MVは彼らの故郷である熊本の天草で撮影されております。

 個人的に好きなフレーズは「何度目の挑戦?」というサビの直前の箇所です。非常に前向きな言葉だと思います。また、歌詞というよりも音楽的な話でもあるのですが、Bメロとサビの隙間を埋めるような短いフレーズはサビを大きく盛り上げます。
 WANIMAの人気曲『ともに』でもサビの直前に「この想いよ 届け」というフレーズが入れられております。また、『やってみよう』では「トライトライ」というフレーズです。サビの直前にフレーズが入るとボーカルはすごく大変なのですが、こうした仕掛けがサビを大きく盛り上げます。





 さて、『アゲイン』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiD(D5)でメロディーが構成されております。男性ではなく、女性の音域に近いです。

 一般的な音域の男性が、原曲キーでこの歌を歌うのは極めて難しいと思います。音程を気にする場合は、ある程度歌い慣れた人でもキーを下げることをお勧めします。歌い慣れているという前提で、原曲から3~4つ程度下げると(♭3~4)下げるとちょうど良いのではないかと思います。ただ個人差がありますので、各々で調整してください。比較的声が高い人であれば、原曲-2程度でも歌えると思います。

 ただ、この楽曲もWANIMAの他の曲同様に、歌の上手さよりも「元気さ、楽しさ」といったものが非常に重要です。多少音程が狂っても、楽しく歌えるポジションを探すというのもアリだと思います。


 あと、個人的な推測なのですが、『アゲイン』は意外と女性が歌っても合うような気がします。原曲はパンク調のアレンジなので、手を付けづらい方も多いかもしれません。ただ、メロディーだけを取ると非常に美しいです。そのうち、誰かがカバーしたりするかもしれません。近年、テレビCMなどで女優の方が男性の歌を歌い、話題になることも増えました。この楽曲にもそうしたポテンシャルがあると思います。女性の場合は、キーにゆとりを持って歌った方が映える気がします。




『やってみよう』(WANIMA)の音域と感想

こんにちは。今回はWANIMAの『やってみよう』(2017)を取り上げようと思います。よろしくお願いします。なお、この楽曲は現在公式チャンネルなどでは公開されておりませんので、当ブログでも添付動画はありません。ご了承ください。

 WANIMAは以前に、『ともに』を取り上げております。興味を持たれた方はそちらもどうぞ。


『やってみよう』(WANIMA),Yattemiyou
2017年3月8日配信【アルバム『Everybody!!』収録】


『やってみよう』(WANIMA)









【地声最低音】mid1G(G3)

★正(だ)しいより 楽し
じめよう [や]ってみよう
★やったことない[こ]とも やってみよう

【地声最高音】hiC(C#5)   

★[]たか[]こと []てみよう 失敗も思い出 [hiB]
★苦手な相[] 話してみよう
★た()るなら 前にhiA[]れよう


【フェイク】hiC(C5) ※冒頭部分

★lalalalalalalala … [oh]  [oh] [oh] 




 まず『やってみよう』についてです。この楽曲は2017年に携帯電話会社au三太郎シリーズのコマーシャルソングとしてのタイアップが付き、その後配信リリースされました。アルバム『Everybody!!』にも収録されているWANIMAの人気曲です。

 『やってみよう』はWANIMAの作詞作曲ではなく、イギリス民謡であり、日本でも童謡で知られる『ピクニック』が原曲となり、WANIMAによりロックアレンジされております。作詞はクリエイティブ・ディレクターの篠原誠さんにより行われています。篠原誠さんはau のCMで話題となった『海の声』や『見たこともない景色』の作詞でも知られています。この楽曲およびCMは非常に話題になり、auの認知度の向上に大きくつながりました。

 『やってみよう』のサウンドについてですが、メロディックハードコアのようなアレンジがなされて、非常に乗りが良い楽曲になっております。元々原曲の『ピクニック』も軽快な楽曲でありましたが、それよりも更に明るいアレンジになっております。ライブなどで非常に盛り上がることが想像されます。

 歌詞については、「心躍ることに積極的にチャレンジしようぜ」といったほぼ100%前向きが内容で構成されております。非常に前向きで、嫌でも元気が出ます。個人的には「過ぎた話は ほどほどに 今の話をしよう」というフレーズが非常に勇気を貰えます

 人間どうしても過去に目が行きがちで、「今ワクワクしてる」という気持ちを塞いでしまいがちです。また、これまで「自分がどう過ごしてきたのか」といった過去の生い立ちや経歴なども就職や入試の面接などで頻繁に聞かれるでしょう。しかし、全ての人が、これまでの生活や人生が輝かしく人に積極的に話せるようなものではないと思います。歌詞の「今の話をしよう」というフレーズは、誰にも訪れる「これから」や「ワクワク」に焦点が当たっています。非常に前向きで、勇気づけられrます。

 個人的にはこの楽曲や『ともに』を聴いていると、youtuberのいい意味でのハチャメチャ感が想起され、非常に心地よいです。



 さて、『やってみよう』の音域についてですが、地声最低音mid1G(G3)~地声最高音hiC(C#5) 、フェイクhiC(C5) でメロディーが構成されております。非常にキーが高く、ほとんど女性の声域とオーバーラップしています。
 
 ただ、『ともに』と比較すると、『やってみよう』は童謡のカバーですので、メロディーにゆとりがあります。難易度的にはまだ『やってみよう』の方が手をつけやすいといえるでしょう。
 
 それでも一般的な男性が歌うには厳しい音域ですので、キーを下げた方がいいと思います。全開のWANIMAの回でも言及しましたが、hiC(C5)という音階は歌う人を選びます。

 一方で、この『やってみよう』もかならずしも「上手く歌う」ことが要求される楽曲ではないと思います。カラオケなどで歌う際は、多少ハチャメチャでも元気に歌った方が盛り上がるのではないでしょうか。このブログの全否定になるかもしれませんが、この楽曲に関しては、「音域がどこである」とか
「このメロディーはこの音階である」みたいなことはあまり気にしなくても良いのかもしれません。

 そうした意味でデータは参考程度に利用すると良いと思います。
 




 

『ともに』(WANIMA)の音域と感想

こんにちは。今回はWANIMAのインディーズ2枚目のシングル『Juice Up!!』から、『ともに』(2016)を取り上げたいと思います。WANIMAは当ブログでは初登場になります。よろしくお願いします。

『ともに』(WANIMA)、Tomoni
2016年8月3日【メジャー1stアルバム『Everybody!!』収録】


【地声最低音】   mid1F(F3)

★色んな「」色をみ[]来たんだろう[hiA#(A#4)]


【地声最高音】 hiC#(C#5) ※Aメロ部分2箇所  

★重ねた日々は変わらず残(「)る[hiA#()A#4]




【補足】サビ部分の最高音域はhiB(B4)


[あ]あ どれだけ過去が[辛]くて[暗]くても 昨日よりも不安な明日が[増]」ても[hiA#]
★悩んだり泣いたり[する]「今日」[] 進(す[])め君らし[くこころお]「」[]方  [hiA#]


『ともに』(WANIMA)









 
 さて『ともに』についてですが、2016年にシングル曲としてリリースされ、2018年のWANIMA初のメジャーアルバム『Everybody!!』(エビバデ)にも収録されました。youtubeの公式チャンネルでの再生回数は2019年3月現在、8700万回を超えております。メジャーデビュー間もないバンドで、更にインディーズ時代の楽曲がこれだけの再生回数を記録するのは衝撃的だと思います。ちなみにWANIMAというバンド名はメンバーの名字から一文字ずつ取って並べたものだそうです。

 『ともに』のサウンドについてですが、ハードコアやパンクロック的なアレンジがなされています。非常に元気のよいギターサウンドです。歌詞も歌唱法も非常に力強く、多くの若者の心を捉えるのではないかと思います。個人的に驚いているのは、メンバーが3人であるということです。3人でありながら、非常に厚みのあるサウンドで、またベース兼ボーカルの仕事量も半端ではありません(ボーカルの忙しさについては後述します)。

 歌詞を見て改めて感じたことは、「予想以上にネガティブがフレーズが頻出している」ということです。ボーカルの歌唱法やサウンドを聴くと、『前へ前へ』というイメージです。しかし、サビの目立つ部分だけ抽出しても「涙こらえ笑って生きてる」「崩れそうになりながら毎日びびってる」「疲れ果てるまで繰り返す」と必ずしもポジティブなフレーズではありません。ところが、そうしたフレーズを並べた後に、「進め君らしく 心踊る その先には幸を…」といった一言で後押ししてくれます。

 サビの歌詞を見るとおおよそ「ネガティブ8割、ポジティブ2割」なのだけど、その2割とサウンドでネガティブ8割を押し倒します。このバランス感覚は非常に素晴らしいと思いました。





 さて、『ともに』の音域についてです。この楽曲は地声最低音mid1F(F3)~地声最高音hiC#(C#5) でメロディーが構成されています。かなりの高音域です。しかも、テンポが非常に速く、呼吸をするタイミングもあまりありません。この音域をベースギターを弾きながら、一人で歌うボーカルのKENTAさんの仕事量に驚かされます。
 
 一つの傾向として、男性ボーカルがこの辺り(hiC)の音域を展開するとなるとおおよそ①か②の傾向が見られます(当然例外もあります)。

①2人以上のメンバーがボーカルを担当する
②1人のメンバーがボーカルのみを担当し、楽器パートはあまり引き受けない

「高音域の特性を持った人」が、①か②の形で歌を担当します。それだけしんどい音域です。

 カラオケなどで『ともに』を歌う際、一般的な音域の男性は「キーを下げる」といった対応を取った方が良いと思います。最高音域がhiC(C5)を超え始めると、どうしても努力でカバーするのが難しくなります。原曲キーを目指すにしても、長い努力を覚悟しておいた方が良いと思います。
 
 一方で、この楽曲に関しては「音程が取れていなくてもあまり気にせず、元気に歌う」というのもアリです。調子外れでも楽しく歌えているというのは大切なことです。
 
 また、息継ぎ対策として、「二人以上でボーカルを担当し、それぞれ役割分担を行う」というのも対応も考えられます。それでもキーとしてはかなりしんどいというのは頭に入れておいた方がいいと思います。


管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索