J-POPの音域を調べる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

ヨルシカ

『夜行』(ヨルシカ)の音域

 こんにちは。今回はヨルシカの『夜行』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲ですが、リクエストも複数頂いた楽曲です。


『夜行』(ヨルシカ)、Yakou(Yorushika)


【地声最低音】mid2C(C4)  ※Aメロで登場

m2F[僕]らどうなるんだm2C[ろう]


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※楽曲の要所で登場

★ねぇ、m2G#[このまま夜]m2F[が]来たら(Aメロ)

m2G#[はらはら、はらはら、はらり 晴る]m2F[る原](サビ)
m2F{な]m2F#[つ]m2G#{が] 終わってF[往]くんだね

m2F[ず]m2F#[っ]m2G#[と]向こうへ[往]くんm2F#[だ]F[ね](ラストサビ)




【補足】mid2Fmid2F#の注意箇所

m2F[君はまだわから]m2F#[ない]F[だ]ろうけど(Bメロ)
m2F[そっ]か、隣町ならm2E[着い]て行くよ
★他には何m2F[に][いら]m2F#[ない]F[か]ら(サビ)

『夜行』(ヨルシカ)









 まず、『夜行』(やこう)についてです。この楽曲は、2020年に2人組音楽ユニットのヨルシカによりリリースされました。2020年3月現在、配信限定のリリースとなります。今後はフィジカルでのリリースもあり得るかもしれません。

 さて、『夜行』はゆったり目のバンド曲です。アコギのイントロがAメロBメロから始まり、サビでバンドの演奏が加わっていきます。ピアノなども用いられており、全体としてクリアなサウンドで、夏の夜の涼しさを思わせます。歌詞については「『夏の終わり』を区切りとして、時間の流れ」をテーマとしています。歌詞には具体的に描かれていませんが、MVなどから死別などを想起する方もいるようです。こうした世界観はヨルシカの一つの特徴でもあります。

 『夜行』の歌メロについてです。上図に示すように、非常に狭い音域で歌メロディーが構成されています。当ブログで取り上げた楽曲で最も狭い音域なのではないかと思います。キーの調整は非常に行いやすいです。




 さて、最後に『夜行』の音域についてですが、【地声最低音】mid2C(C4)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内と言えます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#についてですが、冒頭から登場し、サビ等でも多く登場します。mid2G#辺りであれば、女性の音域の範囲内でありますので、歌いやすいのではないかと思います。楽曲全体が柔らかいですので、声を張りすぎずに柔らかい歌声を意識したいところです。

 ちなみに、音域的には男性でも歌唱可能だと思います。ただ、原曲のニュアンスを考えると、mid2G#辺りの音階を声を張らずに、優しく歌いこなすが必要になります。その点で、見た目以上にハードルが高いのではないかと思います。hiA#,hiBといった高音域を、余裕を持って柔らかく歌唱できるような人だと合いやすいのではないかと私は考えております。

 『夜行』は音域自体は非常に狭く、キーの調整なども行いやすいです。普段歌い慣れていない人でもチャレンジしやすいです。練習曲としてお奨めできます。声が高い人などはもう少しキーを上げても良いかもしれません。ただ、歌メロのニュアンスなどを考えると、ある程度声に余裕を持ちたいところです。音域自体は狭いですので、自分の合ったところを各々探してみると良いと思います。

 『夜行』は楽曲の展開などはそこまでドラマティックなものではありません。歌メロ、サウンド等も明るいわけではありませんので、カラオケなどで盛り上がる類の曲とは言い難いです。ただ、全体として非常に美しい曲です。歌いこなせると非常に心地よいのではないかと思います。

『憂一乗』(ヨルシカ)の音域

 こんにちは。今回はヨルシカの『憂一乗』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、うとくんさんによるドラム、パーカッションの動画を添付いたします。こちらであれば、suisさんのボーカルがフル尺で確認できます。


『憂一乗』(ヨルシカ),Yuuichijou


【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※Aメロで登場

m1D#[呼]吸の一つ1D#[がの]どに絡んだ(Aメロ)
★やっと足m1D#[が着]いた 柔らかな泥の感触がした


【地声最高音】hiC(C5)  

★君を追っていhiA#[る]hiC[だ]A#[け]m2G#[で](Bメロ)
★水hiC#[圧]hiA#[で]m2G#[透]A#[明]G#[だ](サビ)
m2G#[この]hiA#[まま]hiC[遠]A#[く]G#[に行きたい](Cメロ)


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※Cメロで1回だけ登場

m2G#[思い]hiA#[出の]hiD#裏[外]hiA#[に]G#[触り]A#[たい](Cメロ)




【補足】mid2GhiA#の注意箇所

★ずっm2G#[と]ずっG#[と]ずっ[と]ずっ[と]ずっ[と] (Bメロ)

m2G#[どうしようもないことばかり言いた]m2G[か]G#[た](サビ)
★適当でもいいから 目的とかm2G#[いい]m2G[か]

m2G#[こんな自分なら]m2G[いら]G#[ない] (Cメロ)
★おm2G#[金も名声も愛も称賛も何にもいら]hiA#[ない]


『憂一乗』(ヨルシカ)









 まず、『憂一乗』(ゆういちじょう)についてです。この楽曲は、2019年に2人組音楽ユニットヨルシカによりリリースされたアルバム『エルマ』に収録されています。MVなどは公開されておらず、シングル曲やリード曲などではありません。ちなみに、ヨルシカには『藍二乗』という楽曲があり、前作の『だから僕は音楽を辞めた』に収録されています。
 
 『憂一乗』はゆったりした柔らかなニュアンスの楽曲です。1コーラス目はアコースティックギターを中心にサウンドが作られ、2番以降にバンドサウンドが加わっていきます。歌メロディーはAメロBメロサビで構成されます。ボーカルのニュアンスとしては序盤は雲と幽霊パレードなどに近いかもしれませんが、楽曲の進行とともに力強さを帯びていきます。

 『憂一乗』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、とりわけAメロの低音部分が低いです。また、それ以外でも比較的低音域が多く登場します。そのため、音域はやや広めであり、キーの調整などは行いにくいです。歌メロ自体は決して難しいものではありませんが、音域の広さが1つのハードルになります。



 さて、『憂一乗』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。地声に関しては女性の音域よりもやや広めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音ですが、mid1D#がAメロで多く登場します。この辺りの音階は女性キーとしてはかなり低めです。また、mid1G辺りがサビ等でも登場します。低音部分も意外としんどい曲です。

 一方、地声最高音hiCについてはBメロサビCメロで登場します。BメロサビのhiCについては少し裏声気味に歌唱しても良いと思います。ただ、【m2G#[この]hiA#[まま]hiC[遠]A#[く]G#[に行きたい]】の部分は地声で発声できた方が良いです。

 『憂一乗』は音域が広めであり、キーの調整は行いにくいです。高音部分は女性の音域の範囲内といえますが、低音部分は低いです。普段歌い慣れていない人などは別の曲で練習した上でチャレンジするのも選択肢です。

 『憂一乗』はサウンドやメロディー、テンポなどを考えると、カラオケなどで盛り上がる類の作品ではありません。ただ、メロディーが非常に美しく、儚い歌詞も魅力的です。ある程度歌い慣れた人はチャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

『ただ君に晴れ』(ヨルシカ)の音域と感想【加筆・修正】

(2019/03/11)初投稿
(2020/02/06)最低音の表記ミス(mid2B⇒mid2D)を修正。mid2GhiC#も詳細に記載しました

 こんにちは。今回はヨルシカの『ただ君に晴れ』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

 ヨルシカは当ブログでは、これまでに『ただ君に晴れ』『パレード』『だから僕は音楽を辞めた』『言って。』『ヒッチコック』を取り上げております。興味を持たれた方は、参考にどうぞ。


『ただ君に晴れ』(ヨルシカ)、Tada Kimi ni Hare(Yorushika)
2018年5月9日発売【アルバム『負け犬にアンコールはいらない』収録】

【地声最低音】mid2D(D3)

m2D[よ]るm2G[に]hiA[浮]G[かん]でいた


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※転調後(+1)ラストサビ 

★そm2G#[れ]hiA#[で]hiC#地[いい]A#[だ]G#[ろ]、もう

【裏声最高音】hiD#(D#5) ※転調後ラストサビ

hiA[Ah]m2G[Ah] 追m2G#[い]hiA#[つ]hiD#裏[け]hiC#[ない]A#[ま]G#[ま]

※「Ah Ah」の部分は歌詞表記はありません



【補足】mid2GhiC#辺りの注意箇所

★くm2G[ら]hiA[げ]hiC裏[の][よう][なつ]A[き]G[が]爆ぜた(Aメロ)
★あm2G[の]hiA[な]hiC裏[つ][の][き]みがあたA[ま]G[に]いる
m2G[き]っとhiD[きっ]hiC[と][ぼえ]hiA[て]G[る]から

★(追いつけないまま)大人hiB[に]A#[なっ]G#[て]【転調後サビ】
★きm2G#[み]hiA#[の]hiC#[ケッ][ト][よ]A#[る]G#[が]咲く



『ただ君に晴れ』(ヨルシカ)











 まず、ヨルシカという音楽グループについて説明します。ヨルシカは、ボカロPとして活動していたn-buna(ナブナ)さんと、ボーカルのsuis(スイ)さんが2017年に結成したグループです。これまでにミニアルバムを2枚リリースしており、アルバム『負け犬にアンコールはいらない』(2018)はオリコン週間ランキングで5位を獲得しております。

 『ただ君に晴れ』についてですが、アルバム『負け犬にアンコールはいらない』に収録されている楽曲です。アルバムの発売に先立ち2018年5月4日にyoutubeの公式チャンネルに楽曲が公開されました。2019年3月現在、2500万回もの再生回数を記録している人気の高い楽曲です。夏らしい爽やかな作品に仕上がっております。


 サウンドについて印象に残ったのは、リードギターです。楽曲全体を通して象徴的なフレーズが続きます。ただ、いわゆる「ギターキッズ」といったライブなどで荒々しく目立つという感じではないと思います。静かに燃える青い炎のようなギターです。
 
 また、バンド全体として、「静」と「動」の使い方が上手く使い分けられているように感じました。メロディーが大まかに分けて、Aメロとサビ(大サビ)のみで構成されているのですが、サビの「動」に対して、「静」の部分が非常に耳に残ります。単純なメロディー構成でありながら、「静」の部分で様々な趣向が凝らされており、短い時間で様々な景色が思い浮かびました。


 歌詞については、片思いソングだと思います。夏の風景に対して、大切な気持ちを打ち明けられない主人公の姿が映し出されます。面白いと思ったのは、「口に出せないなら僕は一人だ それで良いからもう諦めてるだけ」に象徴されるように、「恋の成就への諦め」が明確に描かれていることです。

 個人的に考えていることは、片思いに対して、「思いを伝える」とケースと「伝えられない」というケースのは、現実では圧倒的に「恋心を伝えられない人」の方が多いということです。伝えられないまま進学や就職などで離ればなれになったり、恋かどうかも分からないまま卒業を迎えたりです。よく「恋愛を楽しめている人の割合は人口全体に対して2~3割程度」だと言われます。

 『ただ君に晴れ』は、思いを伝えられなかった人、思いを伝えようという感情にすら届かなかった人には特に響くと思います。また、初恋などを思い出す人も多いかもしれません。そうした人の感情に寄り添ってくれる楽曲だと思います。再生回数が非常に伸びているのも、今現在、淡い恋心を抱いている若い世代の急所を突くような心情描写がされているからではないでしょうか。非常に良い曲です。






 さて、『ただ君に晴れ』の音域についてですが、地声最低音mid2D(D3)~地声最高音hiC#(C#5)、裏声最高音hiD#(D#5)でメロディーが構成されております。一般的な女性よりも声がやや高いです。カラオケなどで歌を歌うのが得意な人は楽しめる楽曲ではないでしょうか。爽やかな楽曲で、カラオケでも問題なく歌えると思います。

 一方で、この楽曲を歌えないという人も多いかもしれません。図に示したように、一般的な女性よりも少し高音寄りに音域が展開されています。したがって、声が低い人などはキーを下げるという対応を取った方が良いと思います。必ずしも難易度が高い楽曲ではないですので、努力次第では上手く歌えるようになるという人も居ると思います。hiCやhiDといった高音部分はファルセット(裏声)で対応しても楽曲のイメージが壊れにくいです。
 
 『ただ夜に晴れ』はラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。カラオケなどで歌唱する際はその辺も気を付けておいてください。

 『ただ君に晴れ』は音域自体は広くなく、比較的狭い音域でメロディーが構成されております。そのため、キーの調整は非常に行いやすいです。普段歌い慣れていない人はキーを大きく下げて歌唱したり、練習したりすることが可能です。個人的にはキー調整したうえでの練習曲には非常に向いていると考えております。
 一方で、高めで狭い音域でメロディーが構成されているということは、楽曲全体を通して、高めの音階が多く登場するということでもあります。よって、持久力が要求される楽曲でもあります。メロディー自体は複雑ではありませんが、その点は留意しておいてください。

 この楽曲は全体として、ボーカルが透明感のある柔らかい発声が行われています。高音部の声の強さを抑え気味にすることで、上手く歌えるという人もいるかもしれません。

『雨とカプチーノ』(ヨルシカ)の音域

 こんにちは。今回はヨルシカの『雨とカプチーノ』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。ヨルシカは久しぶりの登場になります。


『雨とカプチーノ』(ヨルシカ)、Ame to Cappuccino(Yorushika)


【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※Cメロで1回

m1D#[は]らえるものD#[なんて]僕にはもうないけど


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビ及びラストサビ

hiC#[どう]か、C#[どう]か、C#[どう]
★まhiC#[た一つ夏]m2G#[終]わって、はC#[な一つを]胸G#[抱い]


※裏声っぽくもあるのですが、今のところ地声だと判定します



【補足】mid2G#hiBの注意箇所

hiB[はいい]hiA#[ろ]にしm2G#[ら]んだ言葉はカプチーノ(Aメロ)

★さぁ揺蕩うようにあm2G#[め]G#[が]hiA#[れ] (サビ)
hiB[ぼ]hiA#[く]m2G#[ら]G#[あ]らす花hiB[に]hiA#[お]G#[れ]
★君m2G#[が] G#[溢]hiA#[れ][な]G#[よ]うに

『雨とカプチーノ』(ヨルシカ)









 まず、『雨とカプチーノ』についてです。この楽曲は、2019年に2人組音楽ユニットのヨルシカによりリリースされたアルバム『エルマ』に収録されているナンバーです。ヨルシカは2019年に『だから僕は音楽を辞めた』、『エルマ』の2枚のアルバムをリリースし、精力的に活動しておりました。アルバムの発売に先立ち公開されたMVは、2020年2月現在、1100万回もの再生回数を記録しています。

 『雨とカプチーノ』はジャジーなアレンジのミディアムテンポの楽曲です。これまでのヨルシカの楽曲群と比較して、やや落ち着いた印象です。歌メロについてもAメロサビという構成であり、シンプルです。

 『雨とカプチーノ』の音域的な特徴についてですが、女性ボーカルにしては低音部分が低いです。楽曲全体ではそこまで低音部が強調されているわけではないです。ただ、Cメロに関しては非常にmid1D#が連続する等、低音域が非常に目立ちます。
 高音部のhiC#は裏声のようにも聞こえるのですが、今のところは地声であると判断しています。ただカラオケなどで歌唱する場合は、裏声気味に歌っても違和感が少ないと思います。



 さて、『雨とカプチーノ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域と比較して、低音部がやや低めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#についてですが、Cメロで登場します。この辺りは一般的な女性の声域と比べて低いです。高音域が得意な方で、低音部が出にくいという方はキーを少し上げてもよいかもしれません。ただ、楽曲全体で1か所ですので、あまり気にしなくてもよいと思います。

 地声最高音hiC#については、サビで登場します。裏声のようにも聞こえますが、今回は地声で判定しております。カラオケなどで歌唱する際は、裏声気味に歌ってもニュアンスは崩れにくいと私は考えております。『雨とカプチーノ』は一つの目安として、地声でhiB辺りを安定的に歌唱できることが求められます

 『雨とカプチーノ』は図にも示すように、音域がやや広めの楽曲であります。楽曲自体は難易度が高いというわけではないと思いますが、普段歌い慣れていない人がキーを上下させて練習するににはあまり向いていないと言えます。その点で少し融通が利きにくいです。ヨルシカの作品群では『ただ君に晴れ』あたりが、音域も広くなく、キー調整しやすい印象です(この楽曲は後々に加筆して、最高音以外の音域も詳細に記載しておきます)。
 

『準透明少年』(ヨルシカ)の音域と感想

(2019/11/04)タイトルが間違っておりましたので修正しました。

 こんにちは。今回はヨルシカの『準透明少年』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『準透明少年』(ヨルシカ)、Juntoumeishounen(Yorushika)


【地声最低音】mid2A(A3)  

★凛として花は咲いた後でさm2A[えも揺]るがなくて


【地声最高音】hiD(D5)  ※1番とラストのサビ

★からhiD[だ]hiC#裏[の]hiB{何]hiA[処]A[で]誰かが叫んでるんだ(サビ)
★君のうhiA[ただ]hiC#[け]hiD裏[で]C#[ぇ]D地[ぇ](ラストサビ)


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビで頻出

★長hiD裏[い]hiC#[よ]hiB[る]hiA[の]hiA[こうが]hiC#裏[わ]hiD[で]
★僕をhiA[全]部、全部、hiD[全]hiC#{部]D[透]C#[過し]hiD[て]



【補足】hiAhiB辺り

★今日が来る不hiA[安]感も奪い取って行く(Aメロ)
★誰のhiB裏[こ]hiA[え]だと騒めきだした(Bメロ)
★あの日hiA[き]みが歌った歌を歌う
★このこhiA[こ]ろごと渡したいhiA[か]ら(サビ) 

★くhiB裏[るい]そうだ 愛の歌も(2番Aメロ)
★そんなものはhiA[ない]のと同じだ
★駅前の喧hiA[騒]の中を叫んだ  (2番Bメロ)
★歌だけがきっhiA[と]hiB[ま]A[だ]僕を映す手段だ
hiB裏[目]hiA[が]見えないんだ 想像だったんだ(Cメロ)


『準透明少年』(ヨルシカ)










 まず、『準透明少年』についてです。この楽曲は2018年に音楽ユニット・ヨルシカによりリリースされたアルバム『負け犬にアンコールはいらない』に収録されている楽曲です。アルバムのリリースに先立ち、MVがヨルシカのYouTube公式チャンネルで公開されており、2019年9月現在、約950万回もの再生回数を記録しています。



 
 『準透明少年』のサウンド等についてです。編曲はギターを担当しているn-buna(ナブナ)さんによりなされています。ヨルシカはギターが印象的な作品が多いですが、00年代以降のギターロック彷彿とさせるアレンジだと私は感じました。具体的にはASIAN KUNG-FU GENERATIONやナンバーガールに近いものを感じました。ざっくりとした分類で大変申し訳ないですが、「00年代以降の邦楽ロックが好きだ」という人に紹介したい作品だと感じます。楽曲全体を通して、バンドの音色が非常に活きている楽曲だと思います。個人的には、2番サビ終了後の、リフが非常に耳に残りましたが、楽器の演奏だけを聴いていても心地よく感じます。
  
 歌メロディーについてはAメロBメロサビとった形で馴染みやすいと思います。一方で、2番のAメロBメロは1番と少し異なるメロディーになっており、カラオケなどで歌う際には注意が必要です。
 個人的に特徴的だと考えた点は、サビメロのラストです。hiD[全]hiC#{部]D[透]C#[過し]hiD[て]」となるのですが、歌メロディーの最高音が多く使われて、サビが占められます。
 広く調査したわけではないですが、サビのラストのフレーズに最高音域が集中する歌メロはあまり見られなかったように思えます。この『準透明少年』の音域を調べる過程で、「他にもこうしたメロディーが無いだろうか」と考えるようになりました。サビのラストに高音域が連発されるので、カラオケなどでは大変だろうなと想像できます。
  
 『準透明少年』の歌詞についてです。歌詞の中では主人公が目が見えないだけでなく、誰にも相手にされず孤独であり、間接的な意味で人の目に見えてないような状況が描かれています。そうした中で「君」に気付いてほしいと思い、歌を歌っているという姿が切なさを誘います。「あの日 君が歌った歌を歌う」という1番のフレーズに、君との繋がりを切望する姿を強く感じした。



 最後に、『準透明少年』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3) ~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD(D5)でメロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりやや高いといったところです。

 まず、最高音hiDについてですが、私自身が未熟なためもあってか、ボーカルのsuis(スイ)さんの高音域が地声か裏声か判別するのに非常に苦労しました。恐らく地声で間違いないものを「地声」に判別しております。
 『準透明少年』で使われているhiDの箇所では裏声の部分も多くあります。ただ、裏声の中でも「息漏れが少ない」発声がされているように私は分析しています。裏声を練習する過程で、「どの程度息漏れをさせるか」、「息漏れを少なくできるか」といった視点で練習してみると良いと思います。

 『準透明少年』は地声がhiDであるため、人によっては高音域が辛いということもあると思います。この楽曲自体は低音域に下げる余地がありますので、歌い慣れても高音域が辛い人、歌い慣れていない人などはキーを下げることを考えても良いと思います。
 普段歌い慣れていない人は、hiA,hiBといった音階をよどみなく発声できることをまず目標にすると良いのではないかと思います。『準透明少年』のhiA,hiB部分も上に記載してありますので、参考にしてください。