J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Mr.Children

『口笛』(Mr.Children)の音域

 こんにちは。今回はMr.Childrenの『口笛』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、この楽曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルなどでMVが公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『口笛』(Mr.Children)、Kuchibue


【地声最低音】lowG(G2)  

★頼り無くlowG[ふ]たつ並んだ不揃いの影が(Aメロ)
lowG[で]こぼこの[ま]ま膨らんだ君への想いは


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビとCメロ

★途切m2F#[れ]hiA[ない]m2G[よ]F#[う]に(サビ)
★どんな場面もふhiA[たり]m2G[な]m2F#[らわ]らえますように

★こhiA[ど]m2G[も]m2F#[の]G[こ]F#[ろ]に(Cメロ)
★ほhiA[ら い]m2G[ま]m2F#[目]F#[ま]G[え]F#[で 手][ひ]ろげている



【補足】mid2F#mid2G辺り

★永遠に祈る様に遠く 響かm2F#[せ]るよ(Bメロ)
m2G[さ]m2F#[あ 手]を繋いF#[で] ぼくらの現在が(サビ)
★その全てで僕m2F#[は]生きm2G[返]2F#[る]

『口笛』(Mr.Children)









 まず、『口笛』について説明します。この楽曲は2000年に4人組バンドのMr.Childrenによりリリースされたシングル作品です。アルバム『Q』に収録されています。タイアップなどはありません。
 楽曲としては、やや緩やかなテンポのポップなラブナンバーです。音域は広めですが、カラオケなどで歌いたいという人も多いのではないかと思います。



 さて、『口笛』の音域についてですが、【地声最低音】lowG(G2)~【地声最高音】hiA(A4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高く、また音域が広めであります。以下、見ていきます。

 まず、低音部分についてですが、一番低い場面でlowGとなります。私自身はこの楽曲についてはメロディーをしっかり覚えていたつもりなのですが、低音部を楽器で弾きながら細かく見ていくと、微妙にずれていたようです(私が覚えていたメロディーだとmid1Aが最低音でした)。やや微妙な点なのであまり気にする必要はないと思いますが、Aメロの低音部が少し歌いにくいです。lowの音階が難しい場合はmid1Aなどで代用しても違和感は少ないと思います。カラオケなどでは減点されると思いますが…。

 高音域については、最高音がhiAになります。やや高い音階で、歌い慣れた人であっても届きにくいかもしれません。そうした場合はキーを下げても良いと思います。ただ、hiAは各サビで2回ずつなので、エグイほど高音域というわけではありません。キーを下げる場合は、原曲キーよりも2程度下げると良いです。ただ、『口笛』は低音域がキツめなので、あまり下げる余地は多くありません。場合によっては、低音部が苦しくなる可能性もあります。

 『口笛』は音域がやや広めです。よって、キーを下げて練習するといったことにはあまり向きません。mid2G辺りまでこなせる段階になってから、チャレンジした方が良いのではないかと私は考えております。普段歌い慣れていない人が練習するのには、あまりお勧めできない楽曲と言えると思います。

 『口笛』はAメロが低音域で、Bメロサビと少しずつ音域が高くなっていきますが、こうした楽曲の場合は初心者にはあまり向かないものが多い印象です。「原曲だとサビが出にくく、キーを下げるとAメロが出ない」ような状況に陥りやすいです。
 一方で、ドラマや映画のタイアップ曲などはそうした「Aメロが低くくて、サビが高い楽曲」が抑揚が効いていて、作品を盛り上げるのに多いイメージです。ヒット曲にもそうした作品が多くなりがちです。その辺がカラオケなどで悩ましい点だと思います。

 




 

『himawari』(Mr.Children)の音域と感想

こんにちは。今回はMr.Childrenの『himawari』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『himawari』(Mr.Children)


【地声最低音】mid1A(A2)  

mid1A[や]さしさの[死]に化粧で 笑ってるように見せてる(Aメロ)
[き]みの覚悟が分かりすぎるから 僕はそっと手を振るだけ


【地声最高音】hiA(A4)  

mid2F#[そ]hiA[んな]mid2G[き]みに[僕]は恋してた(サビ)



【補足】mid2F#mid2Gの箇所

★いつも 透き通るほどmid2F#[真][直]ぐに(サビ)
★明日へ漕ぎだすmid2G[き]mid2F#[み]がいる
★綺麗で 苦しmid2F#[く]mid2G[な][oh][~]
★誰かにあmid2F#[わ]mid2G[て生][きる][と](Cメロ)
★実はそんなに深く考mid2F#[え]ていやしないこと
★思いを飲みmid2G[込]mid2F#[む][美][学]
★邪(よこしま)にただ生きていmid2F#[る]
mid2F#[そ]hiA[んな]mid2G[き]みを[僕]は [ずっ][と](ラストサビ)

『himawari』(Mr.Children)









 まず、『himawari』についてです。この楽曲は2017年に4人組バンドMr.Childrenによりリリースされたシングル作品です。その後リリースされたアルバム『重力と呼吸』に収録されています。この楽曲は、映画『君の膵臓をたべたい』のために書き下ろされた作品です。
 『himawari』はMr.ChildrenのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、約1800万回もの再生回数を記録しています。また、Live版の動画も700万回もの再生回数を記録し、その人気の高さがうかがえます。

 『himawari』のサウンドについてです。バンドサウンドとストリングスを交えたアレンジになっています。Mr.Childrenは近年は第5のメンバーと言われたプロデューサーの小林武史さんから離れ、セルフプロデュースを行うようになっています。『himawari』についてはストリングスを重用するなど、小林武史さんのようなアレンジも見られます。これは映画の主題歌ということもあると思います。一方で、やや複雑なコードなどはあまり見られなくなっている印象です。
 歌メロディーについてはAメロ、サビ、Cメロという形です。これはまでは間にBメロを挟むことが多かったイメージですが、この辺もセルフプロデュースの影響があるのかもしれません。また、コードとも絡みますが、転調なども行われていません。展開はドラマティックだと思いますが、小林武史さんの頃と比較して、やや落ち着いているニュアンスです。
 個人的にはサビを中心にドラムのリズムパターンが非常に耳に残ります。ただ、私自身が不勉強である故に、具体的に説明することが出来ません。この点は、また少しずつ勉強していけたらと思います。

 『hirmawari』の歌詞についてです。どこか失恋めいた歌詞内容です。前向きでひたむきな君との別れがほのめかされています。そうした「君」の姿勢に対して、どこか「前向き」になれない「僕」が描き出されます。「透き通るほど真っ直ぐに 明日へ漕ぎだす君をみて 眩しくて 綺麗で 苦しくなる」というフレーズはそうした感情を象徴していると思います。

 こうした前向きになれない主人公「僕」の感情は多くの人の共感を呼ぶのではないかと思います。特にCメロの歌詞は自分を持てない「僕」というものが強く表現されています。「諦めること 妥協すること 誰かにあわせて生きること」などを見て、私はそう解釈しました。後ろ向きな表現ですが、「諦めず、妥協せず、自分の考えに従って生きていく」ようなことは美しく凛々しく見えますが、誰しもできることではありません。そうした多くの人の中にある「僕」を、櫻井和寿さんは上手く切り取っていると思います。ちなみにタイトルの『himawari』は『君』への比喩だと思います。
 

 

 さて、最後に『himawari』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A2) ~【地声最高音】hiA(A4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。

 まず、地声最高音のhiAですが、基本的に各サビで1回(ラストは2回)登場します。この音階ですが、高音域が苦手な人は歌い慣れても難しいかもしれません。原曲では櫻井和寿さんは地声で発声されています。
 このhiAですが、場合によっては裏声で対処しても良いと思います。サビで1か所程度ですので、他の部分が確実に歌いこなせていれば、この箇所を裏声で歌ってもあまりニュアンスが崩れないのではないかと思います。ただhiAは「絶対に出ない」と言えるほど、滅茶苦茶に高いキーではないですので、時々チャレンジしてみると良いと思います。少しずつ慣れていくことで到達できる人も出てくるかもしれません。

 Mr.Childrenの楽曲の特徴の一つとして、比較的音域が広めであることが挙げられます。これは同期として活躍するスピッツなどとは異なる点です。音域が広い分、振れ幅が大きいため、ドラマティックな展開や盛り上がりの強さが期待できます。ただ、音域が広い故に、歌い慣れていない人がキーを調整して練習するにはあまり向かない可能性も高いです。
 この『himawari』も低音域がmid1Aなどかなり低めですので、キーを下げると低音部がかなりしんどくなります。故に、キーを下げて練習することにはあまり向きません。もしキーを下げて練習する場合、Aメロなどで声が出にくくてもあまり気にしない方がいいと思います。基本的には、他の楽曲で歌い慣れて、mid2F,mid2G辺りの音階にメドが付き始めた頃に、この『himawari』に挑戦すると良いのではないかと私は考えています。

『Tomorrow never knows』(Mr.Children)の音域と感想

 こんにちは。今回はMr.Childrenの『Tomorrow never knows』(1994)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 なお、Mr.Childrenの公式チャンネルでは、MVではなくライブ版の動画が公開されています。よって、当ブログにおいても『Tomorrow never knows』ライブ版の動画を添付します。

『Tomorrow never knows』(Mr.Children)


【地声最低音】mid1F(F3)  

mid1F[分]かり合[え]た友の愛した女(ひと)mid2F[で]さえも


【地声最高音】hiB(B4)  ※ラストサビは転調で+2

hiB[oh] mid2G[oh] 手を伸ばそmid2F#[う](転調後サビ)
mid2F#[だ]mid2G[れ]hiA[か][た]hiA[め]hiB[に][生き][み][た]って



【補足】その他の注意点(mid2FhiA

★とどまる事を知らない時間の中で mid2F[い]くつもの(Aメロ)
★無邪気mid2F[に]人を裏[切]れる程mid2G[何もか][も]を欲しがっていた(Bメロ)
★この長い旅路(たmid2F[び]じ)のどこかで(Cメロ)
mid2F#[果]mid2G[て]hiA[し]hiA[い や][み][の][こ]うに(転調後サビ)
★誰も知るこmid2G[と]mid2F#[のな]い明日へ

『Tomorrow never knows』(Mr.Children)










 まず、『Tomorrow never knows』についてです。この楽曲は1994年にMr.Childrenによりリリースされたシングル作品です。フジテレビ系ドラマ『若者のすべて』主題歌としてのタイアップが付き、270万枚を超える大ヒットを記録しました。Mr.Childrenの代表曲として、この『Tomorrow never knows』が上がることはあまり無いイメージですが、ミスチルの最大のヒットシングル曲になります。
 ちなみに英国の伝説的ロックバンドのザ・ビートルズにも同じ名前の曲がありますが、サイケデリックロック、電子音楽、インド音楽などのアレンジで、ミスチルのそれとは大きく異なります。気になった方はそちらも視聴してみると良いかもしれません。

The Beatles Tomorrow Never Knows


 『Tomorrow never knows』のサウンドについてです。この楽曲ではやはりイントロのピアノが印象的です。恐らく小林武史さんの発案だと思います。ミスチルのサウンドにおける小林武史さんの貢献は、初期の作品やドラマのタイアップ作品などでは特に大きいと思います。
 イントロのピアノなども好きなのですが、個人的にはAメロ、Bメロで流れるエレキギターのクリーンな音色が特に耳に残ります(1番で顕著)。『Tomorrow never knows』は楽曲の展開がドラマティックでありますので、そうした側面でのエレキギターの貢献はあまり大きくありませんが、単純に音色が非常に美しいです。
 また、歌メロディーについては、ラストのサビで転調し、キーが2つ上がります。ドラマの主題歌ということもありますが、非常にドラマティックな展開です。楽曲全体が非常に美しいメロディーで、作曲を担当する櫻井和寿さんのソングライティングの高さがうかがえます。




 さて、最後に『Tomorrow never knows』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiB(B4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、『Tomorrow never knows』は最後のサビで転調が行われ、キーが通常のサビよりも2つ上がります。地声最高音のhiBはこのラストサビの場面で登場します。ラストのサビは一般的な男性の場合、かなりしんどい音域です。このhiBは裏声でも良いかもしれませんが、原曲のニュアンスとはかなり変わってしまうように感じます。

 ゆえに、高音部分が高いと感じられる場合は、やはり無難にキーを下げる方が一般的です。一般的な男性の場合は、大体原曲よりも3つ程度下げると良いと思います。最高音がhiBからmid2G#に変わります。
 ミスチルの楽曲は音域が広いものが多いイメージですが、この『Tomorrow never knows』に関しては音域がそこまで広いわけではありません。よって、キーを下げても低音部がキツイといったことが起こりにくい楽曲です。そうした意味では、『Tomorrow never knows』はミスチル作品の中ではキー調整しての練習が行いやすい楽曲の一つかもしれません。ラストのサビでリズムが難しい場面もありますが、練習曲の一つとして考えてみても良いと思います。
 ただ、原曲キーで歌いこなすのは、かなりの努力を要する難しい楽曲であるということは留意しておいてください。声が高くない人などにとってはとても難しい楽曲です。

『花言葉』(Mr.Children)の音域と感想

 こんにちは。今回はMr.Childrenの『花言葉』(2004)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 なお、『花言葉』はアルバム『シフクノオト』の1曲であり、MVなども公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『花言葉』(Mr.Children),Hanakotoba

【地声最低音】mid1D(D3)  

★身の程を知らないまま [可]能性を漁り(Aメロ)
★あの日見せた[ぼ]くの知らなかった顔(サビ)


【地声最高音】hiA(A4)  Cメロおよび転調後(+2)のサビ

★なぐmid2F#[さ]mid2G[め]hiA[も] [な][に][をい]まさら(Cメロ)
★集めて並[べ]mid2G#[て]F#[ぇ]ぇ 忘れぬよう願う(転調後サビ)
★コスモスの咲m2G#[く][き][せ]m2F#[つ]に君は去った



【補足】

★魔が差したぼmid2F#[く]にさよなら夏の終わ[り](Aメロ)
★あm1D[わ]れみと背伸mid2G[び]m2F#[で]ぇぇ 告げられた別れ(通常サビ)
★「木漏mid2F#[れ]m2G[日][が][笑][み][を]連れてきてくれるから」(Cメロ)
★さよなら さよなら さよm2F#[な]ら(ラストサビ)

『花言葉』(Mr.Children)









 まず、『花言葉』についてです。この楽曲はMr.Childrenが2004年にリリースしたアルバム『シフクノオト』に収録されている楽曲です。シングル曲やリード曲ではありませんし、CMなどのタイアップも付いておりません。しかし、私個人が非常に良い曲だと思ったので取り上げることにしました。ファンにも好きな人が多いのではないかと思います。

 『花言葉』のサウンドについてですが、演奏時間3分強のピアノやアコギを基調としたバンド曲です。歌のテーマが「失恋」ということもあり、どことなく初期の頃のミスチルを彷彿とさせる楽曲でもあります。メロディーはAメロとサビ、Cメロからなる簡単な構成ですが、最後のサビで転調が行われ、キーが2つ上がります。そのため、短い曲でありながら、聴き手に強い印象を与える楽曲であると思います。
 個人的には、櫻井和寿さんが奏でているアコースティックギターの音色が非常に気持ちが良いです。特にAメロの部分で強く感じます。

 歌詞についてですが、失恋がテーマになっております。タイトルにも出てくるコスモスの『花言葉』には「乙女の真心」、「調和」、「謙虚」だそうです。2番サビの「コスモスの花言葉は咲かなかった」という意味はおそらく前者2つが意味的に近いのではないかと思います。
 歌詞の中に「魔が差した僕にさよなら」とありますので、別れの原因は「僕」の方にあったのかもしれません。非常に切ない楽曲です。




 さて、『花言葉』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】hiA(A4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも少し高いです。

 まず、『花言葉』では転調が行われており、ラストのサビでキーが2つ上がります。そのため、ラストのサビでは最高音がhiAですが、2番までのサビでは最高音がmid2Gになります。故に、一般的な音域の男性であれば、2番のサビまでは到達できる可能性が高いと思います。普段歌い慣れていない人は、一つの目標として、2番のサビまでを歌いこなすという目標を立てると良いと思います。もしくは原曲から1~2つ程度キーを下げるのもアリだとおもいます。キーを1~2つ下げると、地声最低音が、mid1C#(mid1C)、地声最高音がmid2G#(mid2G)に設定されます。
 
 『花言葉』は音域もそこまで広くなく、男性の高音域として使われることの多いmid2F#,mid2Gといった音階も登場します。また、楽曲自体がフォーク調であり、難しいテンポや速いセリフ回しなどもありません。そうした意味では、練習曲として使いやすい部分が多いと思います。

 先にも述べましたように、

①2番サビまでを原曲キーで歌う
②キーを1~2程度下げて、楽曲全体を使って練習する


といった使い方が考えられると思います。Mr.Childrenのシングル曲やリード曲のような知名度や人気はありませんが、非常に良い曲ですので、ファン以外にももっと広く知られてもよいと感じております。
 

『Sign』(Mr.Children)の音域と感想

 こんにちは。今回はMr.Childrenの『Sign』(2004)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 ちなみに、Mr.ChildrenのYouTube公式チャンネルではライブの映像が公開されておりますので、そちらを動画として添付します。ご了承ください。

『Sign』(Mr.Children)


【地声最低音】mid1B(B2)  



【地声最高音】hiB(B4)  

★ぼmid2F#[く]m2G[に][向][ら][れ]hiA[てる]hiB[サ][イン](サビ)



【補足】mid2F#hiAの注意箇所

★人恋mid2G[し]m2F#[さ]を積み[木]hiA[み][た]いに乗せてゆく
★ m2F#[も][な]m2G[に][ひ][とつ]見落とさない

『Sign』(Mr.Children)










 まず、『Sign』についてです。この楽曲は2004年にMr.Childrenによりリリースされたシングル作品です。アルバム『I ♥ U』(アイラブユー)に収録されました。TBS系ドラマ『オレンジデイズ』のために書き下ろされた作品です。

 サウンドについてですが、印象的なピアノのイントロから始まり、バンドサウンドが加わっていくナンバーです。テンポとしてはバラードとミディアムテンポの中間くらいで緩やかです。ストリングスなども加わり、ドラマの主題歌らしいサウンドワークになっております。
 個人的に印象的なフレーズはラストのサビのエレキギターです。1番2番のサビとは異なり、ラストのサビではメロディーと並行するようにギターが主張を強めます。その点が非常に耳に残りました。ミスチルの作品では、そうしたアレンジが時折見られます。
 『Sign』については、ミスチルがよく行う大サビでのメロディーが転調が行わていません。1番からラストのサビまで同じキーで歌われています。そのため、ラストのサビを印象的にするためにそうしたギターによるアレンジをしているのだと思います。個人的には非常に好きな場面です。

 歌詞についてですが、ラブソングです。この作品にさかのぼること2002年に、ボーカルで作詞作曲を務める桜井和寿さんは脳梗塞を患い音楽活動を休止されていました。そうしたこともあるのではいかと思うのですが、『Sign』では日常やありふれた小さな出来事を大切にするようなニュアンスが歌われていると思います。残された時間が僕らにはあるから 大切にしなきゃと 小さく笑った」というフレーズなどはそうした印象が強いです。
 個人的に好きだと思ったフレーズは「緑道の木漏れ日が君に当たって揺れる 時間の美しさと残酷さを知る」です。非常に美しい場面なのですが、美しさとともに『残酷さ』を知ると歌っている点が印象的だと思いました。時間が経過するごとに、どうしても人も世界も変わってしまいます。そうした場面を美しい日常の場面で感じているのだと私は解釈していまます。



 

 最後に『Sign』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2) ~【地声最高音】hiB(B4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高くて広いキーでメロディーが展開されます。

 この楽曲を歌いこなすにはhiA辺りの音階は使いこなせる必要があると思います。高音域が苦手な人はキーを少し下げるというのもあり得る選択肢だと思います。音域が広いため、歌い慣れていない人がこの曲を歌ったり、練習曲として使用するのはあまり向かないと思います。

 以前に申し上げたかもしれませんが、Mr.Childrenの人気曲の一つの特徴は音域を広く使うことにあります。そうした特徴は、例えば、Aメロで静かに始まり、サビで大きく盛り上がるようなドラマティックな展開が期待できます。反面、音域が広めであるため初心者向けの練習曲として使うにはあまり向きません(Mr.Childrenの楽曲でも歌いやすい作品はありますが、人気曲の中にはそうした特徴を持ったものがよく見られます)。練習曲を選ぶ際は、「最高音の高さ」だけでなく、「音域が広いか狭いか」といった基準を持つと良いと思います。また、曲のテンポで言えば、ミディアムテンポぐらいの曲が歌いやすいと思います。
 

 一方で、カラオケなどで歌い慣れて、高音域も得意であるならば非常にお奨めできる作品だと思います。盛り上がる類の楽曲ではないですが、歌いこなせるとかっこいい作品だと思います。




管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索