J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

秦基博

『Halation』(秦基博)の音域

こんにちは。今回は秦基博の『Halation』(2009)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Halation』(秦基博)、Halation(Motohiro Hata)
『Halation』(秦基博)









【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★心拍数は m1C#[は]るか雲まで越えてゆく
m1D[お]願いだ もうちょっと

※最低音はm1D,m1Eなどに置き換えても、違和感は少ないです


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビで頻出

m2G[駈]m2F#[けてく]G[ひ]hiA[か][り][の]G[か](サビ)
m2G[そ]m2F#[ら]G[の]hiA[果]G[て]まで
★未完成hiA[の]m2G[ぉまま]

hiA[ま]m2G[だ] 未完成hiA[の]m2G[ぉまま](2番サビ)
★わhiA[すれ]m2G[ない](Cメロ)

【裏声最高音】hiC(C5) ※Cメロで1回のみ

m2F#[この熱さだけ]hiA[は]hiC裏[きっ]hiB[とぉぉ]A[ぉ](Cメロ)


【補足】mid2E(一部のみ)hiB辺りの注意点

★探しm2E[て]た鍵を 今 見つけた (Aメロ冒頭)
★あと ひとかけらでm2E[そ]ろいE[そ]うなんだ’(Bメロ)

★つかm2F#[め]m2G[ない](サビ) 
★だってぼhiB裏[く]m2G[ら]hiA[ずっ]m2G[と]

m2G[泣き声]m2F#[のよ]m2E[うな]サイE[レン](Cメロ) 
m2F#[陽]m2G[射し]F#[吸い込むダ]イヤンド


 まず、『Halation』(ハレーション)についてです。この楽曲は、2009年に男性シンガーソングライターの秦基博さんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『Documentary』や、ベストアルバムにも収録されております。
 『Halation』はテレビ朝日の『全国高校野球選手権大会中継』、スポーツ番組『熱闘甲子園』のために書き下ろされた作品です。この枠は、最近ではロックバンドOfficial髭男dismの『宿命』(過去記事)なども起用されております。

 『Halation』はミディアムテンポのポップナンバーです。高校野球のテーマソングでありますが、ストリングスなども用いられており、全体として切なさが強調されております。歌メロについては、サビが非常に伸びやかであり、心地よいです。
 同曲は、少し前に東海オンエアのとしみつさんがカバーしておりました。興味を持たれた方はそちらも視聴してみてもよいと思います。

 


 さて、『Halation』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1C#についてですが、ここはあまりこだわらなくても良いかもしれません。一つの目安程度に考えてください。

 一方、地声最高音hiAはサビで多く登場します。登場回数が多めなので、意外としんどいですが、歌いこなせると非常に気持ちよいと思います。一般的な男性の場合はキーを下げた方が歌唱しやすいです。

 『Halation』は低音部分に少し余裕があり、キーを下げることが可能であります。ただ、キーを調整するにしてもある程度歌い慣れておく必要があり、歌い慣れていない人向けの曲ではないです。

 秦基博さんの作品では、以前取り上げた『Rain』(過去記事)が手を付けやすいと思います。こちらはmid1C#~mid2E(フェイクでmid2F#)辺りで歌メロディーが構成されております。

 今回取り上げた『Halation』ですが、サビのメロディーが心地よく、私自身歌ってみたいと感じました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。


 

『ひまわりの約束』(秦基博)の音域と感想【MVが公開されました】

(2019/04/08)初投稿
(2020/04/12)MVが公開されましたので、添付しました。

 こんにちは。今回は秦基博さんの『ひまわりの約束』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『ひまわりの約束』(秦基博)、Himawari no Yakusoku(Motohiro Hata) 

【地声最低音】   mid1D#(D#3)  

m1D#[わ]らっていてほしくて(サビ)

※mid1F辺りで代用しても違和感は少ない。落としても目立たない

【地声最高音】  hiA#(A#4)  ※曲全体で3箇所

★こhiA#[れ]mid2F[か]らは僕もとmid2G[ど]けていきたい



【裏声最高音】   hiA#(A#4) ※Aメロ

★辛[い]hiA[の]m2G[か]m2F[どっ]ちかわからなくなるよ


【補足】つまずきやすいmid2Fmid2G箇所

★ガラクタ2F[だっ]G[た]F[はず]G[の]F[今]日が 
★二人なら宝もF[の]になる
★2F[そ]ばにい2F[た]2G[い]F[よ]
★君のためにでき2F[る]ことが 僕にあるG[か]F[な]

『ひまわりの約束』(秦基博)











 まず、『ひまわりの約束』についてです。この楽曲は2014年にシンガーソングライターの秦基博さんによってリリースされたシングル曲です。この楽曲は、東宝系CGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌として書き下ろされたナンバーです。編曲は秦基博さんと皆川真人さんにより行われております。
 同曲はリリース以降ロングヒットを続け、2016年には配信でのミリオンヒットを記録しました。秦基博さんの最大ヒット曲であり、代名詞的な作品の一つと言えるでしょう。

 『ひまわりの約束』のサウンドとしては、アコースティックギターを基調としたメロディーラインの美しい作品です。サビではストリングスが加わり、楽曲を一層盛り上げます。メロディーラインではシンコペーションが多用されており、ゆったりと楽曲でありながら、どこか躍動感のようなものを感じさせます。
 音域で特徴的な点は、最高音がAメロで登場する点であると思います。裏声ですが、早い段階で登場します。

 次に歌詞についてです。ドラえもん映画の主題歌ということもあり、のび太目線で二人の絆が描かれているように感じます。全体的に非常に分かりやすい内容だと思います。共感的な歌詞です。

 個人的に好きなフレーズは「 ガラクタだったはずの今日が ふたりなら 宝物になる」です。個人的には一人で物事を楽しめるタイプなのですが、その中で仲間が出来ると、より一層輝きを増すという体験を私自身もしてきました。例えば、友人と二人で同じことをしていても、相手は全く違う視点を持ったり、アプローチを試みたりします。そうした各々の違いが世界の広がりや様々な価値観などを感じさせるのです。





さて、『ひまわりの約束』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiA#(A#4) 、【裏声最高音】 hiA#(A#4)でメロディーが構成されております。地声最高音の部分がhiA#ですので、ある程度歌い慣れた人でもこの部分は発声しにくいという可能性があります。

 地声のhiA#対策としては一つは裏声で歌うことだと思います。この方法だと、原曲と少しニュアンスが変わってきますが、違和感は大きくないと思います。

 一方で、意外と地声hiA#が届く可能性もあると私は考えております。理由は2つあります。1つは、該当箇所が「こhiA#[れ]からは僕も」とフレーズのほぼ初めに登場することです。2つめは、hiA#を除けば、他の箇所はキーがそれほど高くないことです。ある程度歌い慣れた段階で、呼吸を上手く乗せることが出来れば、地声でもhiA#に届きうると思います。

 一方で、このケースとは全く逆に、①メロディー全体で高音域が頻出する②フレーズの後半で最高音部が登場する③ロングトーンである、などの場合だと、発声の難易度が上がります。例えば、mid2Gという音階でも、瞬間的に登場する場合と、ロングトーンで登場する場合は難易度が大きく変わります。

 具体的な楽曲で例にとると、スピッツの『楓』は『ひまわりの約束』と最高音は同じですが、難易度は『楓』の方が高いです。

 
 さて、ここまで、hiA#箇所について説明してきましたが、最も重要なことはmid2F,mid2Gといった音階を確実に発声することです。ある程度歌い慣れてくると、こなせる音階ですので、練習を重ねてください。hiA#箇所がぎこちなくても他が上手く歌えているならば、非常に完成度が高いです。上記の点でいうと、【補足】の部分を重点的に頑張ってください。歌い慣れないうちはキーを下げても良いと思います。

 ちなみに女性が歌う場合は、声が低い人や歌い慣れていない人の場合は原曲キーでも大丈夫だと思います。高い音域が得意な人はキーを少し上げると、非常に映えると思います。



『Rain』(秦基博)の音域/アニメ映画『言の葉の庭』(新海誠)主題歌

 こんにちは。今回は秦基博さんの『Rain』(2013)を取り上げたいと思います。この楽曲はシンガーソングライター大江千里さんのカバーになります。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『Rain』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、動画の添付は致しません。ご了承ください。


『Rain』(秦基博)、Rain(Motohiro Hata)


【地声最低音】mid1C#(C#3)  ※

★人前でm2D[は]やさしく生きていm1C#[た](Aメロ)
m1C#[しわ]m1D[よ] せで こm2D[ん]なふうに雑に
★雨の夜m1C#[に]m1D[き]みを抱きしめてた
★激しさを m1C#[か]m1D[く]m2C#[せな]m2D[い]ぼくのほうさ

★Lady きみは雨m1C#[に]m1D#[け]むる (Bメロ)

【地声最高音】mid2E(E4)  ※サビで連発

★言葉にできm2E[ず]凍えたままで (Aメロ)
m2E[どしゃぶりでもか]まわないと(サビ)
m2E[しぶきあげるき]みが消えてく m2D[oh] oh


【補足】mid2D,mid2D#の注意箇所とフェイク

★すいた駅を少m2D#[し]走った
★行m2D[か]ないで 行m2D[か]ないで そう言うよ m2D[oh] oh
hiB[Fu] hiA[Fu] m2F#[Fu] m2E[Fu](サビ)

☆の部分は歌詞表記の無い部分ですが、重要と考え記載しました。

『Rain』(秦基博)









 まず、『Rain』についてです。この楽曲は、2013年にシンガーソングライターの秦基博さんによりリリースされたシングル作品です。『言ノ葉』との両A面シングルです。『Rain』は新海誠監督の長編アニメ映画『言の葉の庭』の主題歌に起用されました。また、『言ノ葉』もイメージソングとして起用されております。

 『Rain』は、1988年にシンガーソングライターの大江千里さんによりリリースされた楽曲のカバーであります。大江さんにより作詞作曲がなされ、大村雅朗さんによりアレンジされました。秦基博さんのバージョンも落ち着いてオシャレですが、原曲の大江千里さんのバージョンはシティポップ色が非常に強いです。興味を持った方は聴き比べてみても良いと思います。
 
 秦基博さんの『Rain』はイントロのピアノなどを含め、しとしとした雨のようなサウンドアレンジになっております。歌メロディーはAメロでカノン進行が用いられるなど切なさと爽やかさを感じます。一方で、Bメロなど曲の中で転調が行われており、歌詞の内容も含めて場面転換がされます。『Rain』は歌メロは比較的狭い音域で作られておりますが、歌詞や転調等の工夫により色彩豊かに楽曲が進行していきます。

 『Rain』の音域的な特徴についてです。先にも述べましたように、音域自体はそこまで広くありません。また、キー自体も高くないので、声が高くない男性には個人的にお奨めしたいと考える楽曲です。やや落ち着いたメロディーの楽曲ですので、カラオケで盛り上がる類の作品では無いですが、個人的には非常に好きです。



 さて、『Rain』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】mid2E(E4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内であると言えます。以下、見てきます。

 まず、地声最高音mid2EはAメロの冒頭から登場します。また、サビでは【m2E[どしゃぶりでもか]まわないと】のように連発されます。比較的高い音が連続的に登場すると、やはり難易度が少し上がります。ただ、mid2Eあたりの音階は比較的克服しやすいです。

 地声最低音mid1C#は上述のようにAメロ、Bメロで頻出です。

 『Rain』は音域自体は比較的狭めであります。よって、キーの調整等も行いやすいです。原曲キーは一般的な男性には歌いやすい範囲でありますが、声が出にくい人はキーを上下させてよいと思います。

 『Rain』は一般的な男性には歌いやすい音域です。練習曲としても使いやすいですので、普歌い慣れていない人にもお勧めしたい作品です。



『シンクロ』(秦基博)の音域と感想

こんにちは。今回は秦基博さんの『シンクロ』(2006)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『シンクロ』(秦基博)、Synchro(Motohiro Hata)


【地声最低音】mid1E(E3)  

[立]mid2F#[止][る]君の影
[お]おきな雲の影に飲みこまれた


【地声最高音】hiB(B4)  

★もうみうしmid2F#[な]mid2G#[わ]hiA[な]hiB[い]ように(サビ)
★このhiA[手]のぬ[くもり]hiB[だ][けで] 
hiB[ぼ]hiA[く]m2G#[ら]m2F#[ぁ]
★もm2F[うこ]m2G#[わく]F#[はな][いん]hiA[だ]hiB[よ][ぉ](ラストサビ)


【裏声最高音】hiD(D5) ※Cメロの箇所

mid2F#[まるでお]hiC#[な]hiD[じ][も]hiA[ののようにシン]mid2G#[ク][ロ][るよ]


【補足】

★ぼmid2F#[く][手][つ]hiA[な]mid2G#[い]だ(サビ)
★ひm2F[とつ]m2G#[たし]m2F#[か][な]hiA[もの]
★ひm2G#裏[び]いて ひびきhiA裏[合っ]m2F#[て](Cメロ)
m2F#[同]hiA裏[じ]hiC#[よう]hiB[に震][えあっ][て]


『シンクロ』(秦基博)









 まず、『シンクロ』についてです。この楽曲は2006年にシンガーソングライターの秦基博さんによりリリースされたシングル作品です。記念すべき秦さんのデビューシングルです。1枚目のミニアルバム『僕らをつなぐもの』にはアルバムバージョンが、また1枚目のフルアルバム『コントラスト』にはシングルと同様のバージョンが収録されています。

 『シンクロ』についてですが、秦さんが演奏するアコギを基調としたバンドサウンドです。アレンジとしては80年代以降に英国などで見られるポスト・パンクなどが想起されます。日本のバンドで言えば、スピッツなどが好きな人は非常に好きなサウンドなのではないかと思います。アコースティックギターとエレキギターの音色が非常に心地よく、美しいアンサンブルです。私自身はリアルタイムで『シンクロ』を視聴したわけではないのですが、たまたまラジオでこの楽曲を耳にしたときに非常にハマりました。
 
 歌詞についてです。情景描写が頭に浮かんでくる素敵な楽曲だと思います。歌詞全体としては「晴れた陽の中で手を繋ぐ」、「手を繋いで雨の中を駆けだす」といった瞬間的な場面が描かれています。個人的に好きなフレーズは少々長いのですが、以下の箇所です。

 立ち止まる君の影 大きな雲の影に飲みこまれた 
 かくれた陽が また覗くまで 君は歩き出せないでいる

 差し出した僕の手をためらいがちに見つめている
 君の指が觸れるまで 僕もただ立ち尽くしていた

 「二人の影」、「太陽や雲」といった情景が浮かんでくる点も素晴らしいです。単に「何かにためらい、歩き出せない君の手を取る」という場面なのですが、二人の関係について前後の説明が無いため、様々な想像が掻き立てられます。Cメロの歌詞を見ると恋愛関係であることが想像できるのですが、同性や友人関係などでも解釈できるような広さがあると思います。






 さて、『シンクロ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiB(B4) 、【裏声最高音】hiD(D5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域より高いです。

 地声最高音のhiBについてですが、このキーは地声で歌うのはかなり大変です。一つの方法として、hiB部分のみを裏声で対処し、前後のhiA,mid2G#を地声で歌うというやり方があり得ると思います。この方法でもやはりhiA,mid2G#辺りを使いこなせる必要があります。hiAが歌いこなせる人は選択肢に入れてみても良いと思います。

 一般的な音域の方の場合は、原曲キーから2~3程度下げると良いと思います。これで、最高音hiBがhiAもしくはmid2G#に設定されます。もちろん、このキーでもある程度歌い慣れている必要があります。
 そうした点で、『シンクロ』は難易度が高めの楽曲です。『鱗』などの人気曲と比べて少し知名度が低いですが、歌いこなせると非常にカッコいいと思います。



『鱗』(秦基博)の音域と感想

こんにちは。今回は秦基博さんの『鱗』(2007)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
秦基博さんは『ひまわりの約束』以来の登場です。


『鱗』(秦基博),Uroko,(Motohiro Hata)


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★傷付くよりは まだ その方が[い]いように思えて
★まだ何ひとつも 君に伝[え]きれてないのに


【地声最高音】hiB(B4)  ※ラストのサビのみ

m2F#[身]m2G#[に][ま][と][っ][た][も][の]hiA#[は捨]hiB[て][て][ー]


【補足】

★少し伸びた前髪を かき上mid2F#[げ]mid2F[た](Aメロ)
★なm2F#[つ]m2F[の]風が 君をどこか(Bメロ)
★言[い][出]せずにいた想[い]m2G#[を][ー] [ねぇ]
m2F#[oh~き][に][いま] [会][い][た][い][ん][だ](サビ)
[会][い][に]hiA#[行]F#[くよ]
m2F#[お]m2F[よ][で][け] 君のもとへ

『鱗』(秦基博)
 まず、『鱗(うろこ)』についてです。この楽曲は2007年にシンガーソングライターの秦基博さんがリリースしたシングル作品です。編曲は亀田誠治さんにより行われております。
 『鱗』はリリース当初はそこまで大きな話題にならなかった印象ですが、長い時間をかけて広く知られていった印象があります。約2年前に、『タッチ』などで知られる漫画家のあだち充さんとのコラボレーションによるMVがYoutubeで公開されました。MVの動画は、2019年5月現在、およそ1300万回もの再生回数を記録しています。楽曲のリリースが2007年、動画公開が約2年前であることを考えると、『鱗』が根強く支持され続けている楽曲であることがうかがえます。

 『鱗』の歌詞についてですが、相手に対して自分の思いを伝えることを描いたラブソングです。「君」に対してひたむきに思いを伝えようとする「僕」を魚に喩えております。タイトルの『鱗』というのは、魚の体表を覆っているあの鱗(うろこ)です。本来、うろこというものは、魚の体を病原体や外的から守るために存在しているものであり、栄養分の補給なども担っております。必ずしも悪いものではないのですが、秦基博さんの『鱗』では、「言い訳」、「(悪い意味で)自分を守るもの」だという意味だと思います。「殻の中に閉じこもる」などのニュアンスに近いのかもしれません。『鱗』をそうした意味合いで使っているのは、非常に独特な喩えだと思いました。

 サビのメロディーについてですが、「僕」のひたむきさが非常に描かれている伸びやかな旋律だと思います。細かい点は後述しますが、高音部が続き、歌いこなすのが非常に大変です。しかし、そうしたメロディーラインが歌詞の内容をよく体現していると思います。秦基博さんのボーカルは「鋼とガラスで出来た声」だと言われているそうですが、彼の独特な声質が活きているメロディーラインなのではないかと思います。良い声質が活きるメロディーラインです。


 


 さて、『鱗』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】hiB(B4) でメロディーが構成されています。hiBが登場するのは1箇所のみですが、それでも一般的な男性の音域より高いです。

 まず、Aメロ、Bメロはmid2F,mid2G#といった音階が登場します。この辺りは一般的な男性でも歌い慣れてくると届きうる音階です。『鱗』に関しては、一つの目標として、「AメロとBメロを歌いこなす」という基準を定めておくと良いと思います。ポップスの中で「声が高い」とされる楽曲があります。そうした高音の楽曲は、たとえ全て歌いこなせなくても、使える部分だけは練習として使うというのはありうる選択肢だと思います。

 一方で、サビについてですが、通常のサビでもhiA#という音階が登場します。このキーは一般的な音域の男性では歌いこなすのが難しいゾーンです。しかも、上述しているようにmid2F#,mid2G#といった中高音のキーが続く中で、hiA#が登場します。かなり難易度が高いということを留意しておいてください。

 一つの選択肢として、hiA#,hiBといった音階をファルセット気味に歌うという方法がありえると思います。そうした裏声を使う方法だと、少しニュアンスが壊れてしまいそうです。しかし、例えば[会][い][に]hiA#[行]F#[くよ]の部分でいうと、F#[くよ]の箇所で声量が伴った発声ができると、hiA#[行]の部分でファルセットを使ってもあまり違和感がありません。

 ラストのサビで言えば、[も][の]hiA#[は捨]hiB[て][て][ー]」の部分の後半、「[て][ー]」」の部分で声量が伴った発声が出来ると、[の]hiA#[は捨]hiB[て]の部分が裏声でもカバーできると思います。この場合でもmid2F#,mid2G#辺りの音階は滑らかに歌いこなせる必要があります。その点は留意しておいてください。かなり歌い慣れている人が取りうる選択肢です。

 一般的な音域の男性の場合は、原曲よりも2~3程度キーを下げる方法がオーソドックスであると思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー