J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Official髭男dism

『HELLO』(Official髭男dism)の音域

こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『HELLO』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲ですが、リリース直後ということもあり、タイミングよくリクエストも頂きました。

 ※当ブログがこれまで取り上げたヒゲダン作品についてはご覧ください⇒ヒゲダンの音域一覧

『HELLO』(Official髭男dism)
『HELLO』(Official髭男dism)









【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロで多い

m1E[ア]ンバランスなBGM E[う]たい出した僕ら(Aメロ)
m1E[お]世辞も背伸びもE[要]らないただのぼE[くらで 
m1E[そのま]までいいっ[て] E[信じ]られた[から] 


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※楽曲ラストで1回

★何度でも言m2G#[う]hiC#[HE--LLO]hiB


【裏声最高音】hiB(B4) ※曲全体で1回

hiA[じ]m2G#[ん]せいG#[にま]hiB裏[よう]たびに(2番Aメロ)


【補足】mid2F#(一部のみ)hiBの注意箇所

★まちじゅm2F#[う]hiA[のけし]m2G#[きで]F#[も敵い]やしない(Bメロ)
★ぶごm2F#[え]m2G#[のよ][うな]ハーF#[モニー]G#[を] 

hiA[HE-][LLO]G#  m2F#[さん]びゃくろF#[くじゅ]うど(サビ)
hiB[無]hiA[傷]A[生]B{き]A[る]
m2G#[バ]G#[ア]G#[張っ]hiA[て]G#[たっ]てことを
★気m2F#[付]hiA[か]m2G#[せ]F#[てく]れた僕[のヒ]G#[ロー]

★まちじゅm2F#[う]hiA[のけし]hiB[き]m2G#[は](Cメロ)
★あhiA[る]m2G#[いて]hiB[こう] 


 まず、『HELLO』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされました。EP作品としてリリースされ、前回取り上げた『Laughter』(過去記事)も収録されております。同曲は、朝の情報番組『めざましテレビ』のために書き下ろされた作品であり、お馴染みの方も多いと思います。

 『HELLO』はシャッフルのリズムが用いられた軽快なロックナンバーです。シャッフルの作品としては、当ブログでは、Mrs. GREEN APPLEの『lovin'』(過去記事)、UVERworldの『AS ONE』(過去記事)などが挙げられます。興味を持たれた方は視聴してみてください。

 


 さて、『HELLO』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#は楽曲のラストで1回だけ登場します。それ以外では、hiBがサビとCメロで登場します。一つの目安として、このhiBやhiAを安定的に歌いこなせると形になりやすいです。
 一般的な男性の音域としては高めですので、キーを下げた方が歌いやすいと思います。原曲キーから3~4つ程度下げてみてください。

 『HELLO』は低音部分に余裕があり、キーの調整は可能であります。ただ、キーを調整するにしても、ある程度歌い慣れておいた方がいいと思います。キーを調整しても歌いにくい場合は、別の曲と並行して練習してください。

 『HELLO』は音域的には、女性の方が歌いやすいです(低音部分が少し歌いづらいかも)。原曲くキーか、もしくは1つ程度キーを上げてもよいと思います。男声のみならず、女性にもチャレンジしてほしい1曲です。

ヒゲダンの音域一覧


『Laughter』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『Laughter』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 当ブログがこれまで取り上げたヒゲダン作品についてはご覧ください⇒ヒゲダンの音域一覧

『Laughter』(Official髭男dism)

『Laughter』(Official髭男dism)










【地声最低音】mid1E(E3)  ※AメロとBメロで登場

★鏡m1E[の]中を[の]ぞいても(Aメロ)
[羽]根ひとつも見つからm2F#[ない]けど
☆鳥の急かすようなさm1E[え]ずりがE[聞]こえる

※☆の[聞こえる]はm1Bにも聞こえるのですが、現状m1Eとします


【地声最高音】hiB(B4)  

★(確かにどれも) かhiA[が]hiB[や]A[い]て見A[える]けど(Bメロ)
★自分自身にhiB[しょ]うりを告げるたm2G#[め]の歌(1番・ラストサビ)
☆ほhiA[こ]hiB[れ]A[る]人で在A[り]B[た]い(2番Bメロ)

※Cメロ終了後の4:38辺りのロングトーンは地声hiBです


【裏声最高音】hiE(E5) ※曲全体で2回

★諦めるものm2G#[は] hiE裏[たし]hiD#[か]hiC#[に][ど]G#[も] (Bメロ)


【補足】mid2G#hiC#辺りの注意点

m1E[抜]け出す事に決めたm2F#[よ] hiC裏#[い]hiB[ま](Aメロ)

★そm2G#[れ]hiA[を]A[き留め]G#[る]G#[葉]A[も](Bメロ)
★気hiA[持ちだけ受け取]m2G#[るよ]
★悔やm2G#[む]hiA[け][ん]りも捨G#[て去っ]てた

★翼は動きm2F#[ます]か?本当に飛べhiA[ます]G#[か?](サビ)
m2G#[Yesもノ][も][わ]hiA[ずに] 真っ直G#[ぐに]A[そ][ら]を見てた
★膝を抱えたきm2G#[のうま]hiA[で]G#[のじ]G#[ん]

★それでも胸m2G#[はあ]つくhiC#裏[なっ]て(Cメロ)

 
 まず、『Laughter』(ラフター)についてです。この楽曲は、2020年に4人組ロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされたデジタルシングル作品です。フィジカルとしては、8月にリリース予定のEP作品『HELLO EP』に収録される予定です。
 『Laughter』はテレビドラマの映画版『コンフィデンスマンJPプリンセス編』のために書き下ろされた楽曲です。ヒゲダンは過去に同ドラマのために、『ノーダウト』『Pretender』を書き下ろしており、本作で3曲目になります。

 『Laughter』はロックバンド色の強いミディアムテンポの作品です。映画の主題歌ということもあり、ストリングスなども交えられております。ヒゲダンはこれまでファンク、ピアノポップなどのイメージが強かったのですが、『Laughter』はロックバンドとしての側面が出たアレンジだと思います。ボーカルについても、低音域が強調された場面が多く見られます。



 さて、『Laughter』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはBメロとサビで登場します。楽曲全体では4フレーズです。この辺りは一般的な男性の音域よりも高めでありますので、キーを下げた方が歌いやすいです。原曲キーから3つ程度下げると、手を付けやすいのではないかと思います。

 ヒゲゲンの楽曲群はhiCなどの音階が多く登場し、非常に大変なものが多いです。しかしながら、この『Laughter』については、地声最高音がhiBであり、ヒゲダン作品としては比較的手を付けやすいです。当然、一般的には難易度は高いですが、「高音域が得意だけど、ヒゲダンは少し高い」と考えている人にはお奨めしたいです。


ヒゲダンの音域一覧






『たかがアイラブユー』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『たかがアイラブユー』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。長らくリストアップしていた作品ですが、ちょうどリクエストも頂きました。

 同曲はOfficial髭男dismのYouTube公式チャンネルでライブ版の映像が公開されております。地声最低音などが確認できないなどスタジオ音源とは微妙に違うところもありますが、参考として添付します。


『たかがアイラブユー』(Official髭男dism)、Takaga I love you

『たかがアイラブユー』(Official髭男dism)









【地声最低音】mid1C(C3)  ※2番Aメロで1回だけ

m1C[そ]つぎょうアルバムみたいにいつか笑えるように

※こだわらなくていいです。ここ以外ではmid1Fが低音

【地声最高音】hiC(C5)  

hiA[あ][い]hiA#[れ]hiC地[な]A#[く]A[たっ]

※Cメロで1回のみ。それ以外ではhiA#


【裏声最高音】hiC(C5) 

★もたm2G[げ]hiA#[あっ]hiA[て]生まG[れ]hiC裏[てい]

※サビで登場します


【補足】mid2GhiA#辺りの注意点

★とても不安にm2F[なっ]てしm2G[まう]F[よ](Aメロ)
★つないm2G[だ][り][たりな]hiA[こ]hiA#[と]A[葉]G[さ]きには(Bメロ)
m2G[奇]hiA[跡が]hiA#地[あっ]G[た]

★たかがm2F[ア]m2G[ラ]F[ブユー](サビ)
m2G[常]hiA[套]G[句][NEED] 
★(それでも僕ら相も変わらず)愛をm2G[さ]hiA#[け]hiA[ぶ] 

★サイケm2G[デリッ]クでやっ[ぱり]hiA#[わ]hiA[くて] G[で]も(Cメロ)
★ 聞き飽m2F[き]m2G[NEED] hiA[YOU](ラスト)



 まず、『たかがアイラブユー』についてです。この楽曲は、2018年にOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『エスカパレード』に収録されています。アルバムの4曲目です。
 同曲は、ライブ映像がYouTube公式チャンネルで公開されており、300万回以上の再生回数を記録しています。

 『たかがアイラブユー』は打ち込み主体のシンセポップナンバーです。ボーカルにエフェクトがかけられるなどの趣向がなされています。バンドでありますが、クラブミュージック感が強いです。歌メロについては、AメロBメロサビといった形で作られており、馴染みやすいと思います。

 歌詞については、「愛してる」の言葉の大切さを歌った内容になっています。付き合い始めた頃の恋の熱量が無くても、聞き飽きた「アイラブユー」を忘れずに続けていれば、良い着地点を見出せるのではないかという歌詞だと私は解釈しています

 

 さて、『たかがアイラブユー』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiC(C5) 、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Cについてです。ここはライブ音源では確認できません。あまりこだわらなくても良いと思います。ここを除くと、mid1Fが最低音になります。

 次に地声最高音hiCはCメロで1回だけ登場します。声にエフェクトがかけられている場面です。ただ、地声にこだわる必要性は少ないと思います。場合によっては裏声でもよいです。この場面を除くと、hiA#,hiAといった音階が時々登場します。

 これらの音階は、一般的には高めですので、キーを下げることを選択肢に入れても良いです。同曲は図で見ると分かりにくいですが、ヒゲダン作品の中ではかなり手を付けやすい部類です。hiA#辺りが安定的に発声できる人は原曲キーでチャレンジしてみても良いと思います。また、地声最高音がmid2G辺りの人もhiA#辺りを裏声で歌唱してもよいです。裏声による歌唱が合いやすいアレンジです(ライブ版よりCD音源の方がより落ち着いたアレンジです)。

 『たかがアイラブユー』は図に示すように広めの音域で作られております。ただ、先にも述べたように、最低音のmid1Cはこだわる必要はなく、地声hiCについても裏声でも良いと思います。それらを考慮すると、見た目以上にキーの調整はしやすいと思います。個人的には、中上級者だけでなく、歌い慣れない人向けにもキー調整できるのではないかと解釈しています。図では分かりにくいですが、個人的には狙い目のヒゲダン作品です。

『パラボラ』(Official髭男dism)の音域【MV公開】 / 『カルピスウォーター』CMソング

(2020/04/15) 初投稿
(2020/04/27)MVが公開されたので添付しました
(2020/07/19)表記に一部ミスがありましたので修正しました

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『パラボラ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。当ブログがこれまで取り上げたヒゲダンの音域一覧についてはこちらをご覧ください。

 
『パラボラ』(Official髭男dism),Parabola

『パラボラ』(Official髭男dism)










【地声最低音】mid1F(F3)  

m1F[だ]んボールm2F[だ]らけか[ら]幕開hiC[け]hiA#[た日]hiA[々]は(Aメロ)
★そうm2F[ぞ]m2G[う]F[よ]りも m1F[す]こしだけ

m1F[期]待感と不m2F[安]感が(Bメロ)
m1F[た]がい[ち]がいいに歩きm2F[出し]た(サビ)

※楽曲全体で多く登場します


【地声最高音】hiC(C5)  

★追い越すm2F[よう]な軌跡をえhiC地[がい]hiA#[て]hiA[みせる]A#[よ](サビ)
m2F[は]hiC地[なっ]hiA#[て]A[みせる]A#[よ] (ラスト)


【裏声最高音】hiD(D5) 

m2G[まだと]hiD裏[お]G[くで] hiC#裏[確]F#[かで] (サビ)
★どっかのm2F#[僕]がまhiA#[よ]hiC[わ]hiA[な]A#[い]hiD[よ]m2G[うに](ラスト)


【補足】mid2F(一部略)hiA#の注意箇所

★一文m2F[字目を書き]m2G[足]F[すよう]にしF[て](Bメロ)
★混m2G#[ざっ]m2F#[た]インクにひF#[たし]G#[た]F#[こ]ろで


hiA#[ぼ]hiA[く]m2G[の]m2F#[りょう]G[あ]A[し]A#[は](サビ)
hiA#[どん]hiA[な]m2G[み]m2F[ら]いのm1F[アス]m2F[ファ]ルト
 m1F[踏]みしめていm2G[くん]m2F#[だろう]
m2F[ぼや]けてF[る]m2G[り]m2G#[そう]G[ぞ]F#[う]G[も]
hiA#[いつ]hiA[かきっ]A#[と] 
★まばm2F[ゆ]m2G[い]F[ひか]hiA[り] (ラスト)


 まず、『パラボラ』についてです。この楽曲は、2020年に4人組ロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされた配信シングル作品です。今のところ、フィジカルでのリリースはありません。
 『パラボラ』はアサヒ飲料のブランド『カルピスウォーター』のCMソングとして書き下ろされました。夏らしさや夢などを想起させるサウンド、歌詞になっております。

 『パラボラ』は夏らしさなどを想起させる爽やかなミディアムナンバーです。サビの途中から四つ打ちのリズムに代わり、ゆったりとした歌メロでありながら、どこかリズミカルな印象があります。

 歌メロについては、AメロBメロサビという馴染みやすい形で作られております。音域的な特徴として、私自身が感じたのは、地声最低音であるmid1Fが楽曲全体を通して多く登場する点です。
 ヒゲダン藤原聡さんは空に突き抜けるような高音域が印象的です。一方で、mid1Fなど低音部分が多く登場することで、サビに歌詞にある【互い違いに歩き出した僕の両足は】のような、地面を踏みしめて一歩一歩進んでいくイメージを作り上げているのではないかと私は考えております。
 タイトルの『パラボラ』とは「放物線」を意味しますが、歌詞の中にはいずれも登場しません。ただ、サウンドや藤原さんのボーカルには「青い空」や、「空を突き抜ける飛行機雲」などを想起させられます。
 「大地と空が上手くバランスよく合わさった」ような作りになっているのではないかと思います。



 さて、『パラボラ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Fについてです。この音階はAメロBメロだけでなく、サビなどにも多く登場します。ヒゲダンの作品はボーカルの高音域が印象的ですが、この楽曲ではそれだけでなく、低音部分をしっかり意識していくことも重要です。

 さて、地声最高音hiCについてはサビで登場します。登場回数としては、各サビで1回ずつとそこまで多くはありません。ただ、サビはmid1F~hiCまで広い音域が使われておりますので、その点で難易度が高いように感じます。
 hiCは一般的な男性にとっては高い音階ですので、キーを下げることも選択肢に入れてください。原曲キーから4つ下げて、mid2G#辺りを最高音に設定するのが一つの目安になるのではないかと思います。

 『パラボラ』は音域自体はめちゃくちゃ広いわけではなく、低音部分に余裕があります。よって、キーを下げて練習することも可能です。ただ、この楽曲では地声最低音が多く登場します。よって、キーを下げすぎると低音部分が歌いにくく感じるかもしれません。その点は留意しておいてください。
 ある程度歌い慣れた人であれば、キーを調整すれば対処しうるのではないかと思います。原曲キーで歌唱するのであれば、当然難易度が高いです。



『ROOFTOPS feat.藤原聡 (Official髭男dism)』(KERENMI)の音域 /

 こんにちは。今回はKERENMIさんの『ROOFTOPS feat.藤原聡 (Official髭男dism)』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲ですが、自選曲としてもリストアップしていた曲でもあります。


『ROOFTOPS feat.藤原聡 (Official髭男dism)』(KERENMI)
『ROOFTOPS feat.藤原聡 (Official髭男dism)』(KERENMI)










【地声最低音】mid1F(F3)  

★同じ色の夢を持ったm1F[ぼ]くら (Aメロ)
★それだけでもう果てしなくうm1F[れ]しいんF[だ]


【地声最高音】hiA#(A#4)  

m2F[But never] hiA#[cry] hiA[I] [don't] m2G[care](Bメロ)
★駆け上m2F[が]るよ 2段[づ]つ飛[ば]m2G[す] hiA#[Sta-irway]hiA(サビ)


【補足】mid2F~hiAの注意箇所

★たm2F[がいにとっ]てのF[Sel-][-fish ways]m2G(Bメロ)  
★くm2F[うらんばっ]かのm2G-hiA-F[Yes-][-ter][-day]
m2F[追]m2G[い]hiA[越]F[せと日]々を進F[むよ](サビ)



 まず、KERENMI(ケレンミ)について少し説明します。KERENMIは音楽プロデューサー蔦谷好位置(つたやこういち)さんの音楽プロジェクトです。
 蔦谷好位置さんに関して、当ブログではこれまで直接取り上げることはありませんでした。ただ蔦谷さん自身はSuperfly、米津玄師さん、back number、Official髭男dism等のアレンジに携わっており、その際に何度も名前が登場しております。
 その蔦谷さんが「このアーティストにはこういう曲も合うのではないか」といった趣旨から、音楽プロジェクトを開始しました。KERENMIの1stアルバム『1』には、今回取り上げるヒゲダンの藤原聡さんを始め、SALUさん、Charaさん、 Mrs.GREEN APPLEの大森元貴さん、奇妙礼太郎さんなどが参加しております。
____

 さて、『ROOFTOPS feat.藤原聡 (Official髭男dism)』についてです。この楽曲は、2020年にKERENMIによりリリースされたアルバム『1』に収録されております。タイトルにあるように、Official髭男dismの藤原聡さんがボーカルを務めている作品です。タイアップとして、AbemaTVで放送されている『月とオオカミちゃんには騙されない』の挿入歌に起用されました。

 『ROOFTOPS』はオルタナティブR&B、EDMなどの要素を持った楽曲です。サウンドプロデュースはKERENMI(蔦谷好位置)さんが行い、作詞を藤原聡さんが担当しております。
 Official髭男dismではR&B、ファンクなどを下地にしたバンド曲が多く制作されておりますが、この作品では、打ち込み主体のEDMなどが強調されております。ヒゲダンと蔦谷さんは、『宿命』『イエスタデイ』で共同編曲を行っております。私自身2曲を改めて視聴してみると、「この辺りは蔦谷さんの仕事なのかもしれない」などと私自身考えたりもします。

 『ROOFTOPS』の音域についてですが、ヒゲダンで藤原さんが歌唱しているような音域で歌メロディーが作られております。ただ、ヒゲダン作品より高音域が抑え気味でもあります。一般的な男性の音域よりは高めなのですが、カラオケなどでヒゲダン作品を歌いたい人は、本作はねらい目かもしれません。



 さて、『ROOFTOPS feat.藤原聡 (Official髭男dism)』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)、【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#はBメロ、サビで登場します。この辺りは一般的な男性の音域よりも高いですので、キーを下げることも選択肢に入れてください。
 ただ、ヒゲダン作品と比較すると少しキーは低めです。例えば、サカナクション、スピッツ、back number、Mr,Childrenなどが歌唱できる人は、原曲キーでチャレンジしても到達しうるのではないかと思います。

 『ROOFTOPS』は音域全体でみると、そこまで広くはありません。よって、キーの調整の融通も利きやすいです。歌い慣れていない人は歌いやすいキーまで下げて練習することも可能であります。
 この楽曲は、歌メロの構成自体はそこまで複雑ではなく、演奏時間も3分程度と短めです。練習曲としてある程度向いているといえるのではないかと私は考えております。

 『ROOFTOPS』は女性が歌唱しても合いやすいのではないかと思います。原曲キーでも歌唱可能だと思いますが、一般的には少しキーを上げた方が歌いやすいです。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー