J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Official髭男dism

『発明家』(Official髭男dism)の音域【キーの展開がすごく面白いという話】

(2019/11/12)個人的に面白い曲と感じたので、タイトルを一部変更しました。

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『発明家』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。ヒゲダンは人気が高かったため、今回リクエストに応じるのに非常に時間がかかりました。大変お待たせ致しました。

 ※今回の『発明家』は転調が多く、キーが要所要所で上下します。その点に気を付けてください。


『発明家』(Official髭男dism),Hatsumeika


【地声最低音】mid1F(F3)  

m1F[止]めないで 反抗期のパレード


【地声最高音】hiB(B4)  ※3番Aメロで1か所

m2G#[起]m2F#[死か][せい]{く]hiA#[わ]hiB[だ][て]G#[て]F#[い]





【補足】mid2FhiAの注意箇所

★窮屈なm2F[迷]路か[ら] 好奇心のはF[た]をあげ脱出するんだ(1番Aメロ)
★知識がm2F[な]くてもm1F[気に]しないで
★決しm2F[て夢]m2G[なん]{か]じゃ[ない!]F[Ah] G[Ah](1番Bメロ)

※2~3番のAメロBメロはキーが1つ上がる
________________

(1番サビ)
hiA[だ]m2G[れも][あし]hiA[た][の]
★はつm2F[め]いか 研究m2G[成]F[果は]
★ひm2F[と]りで悩んでいた冴えない夜[の向]hiA[こ]m2G[うだ]
★さあ行m2F[こ]うか m2G[Ah]

※2番サビは1、3番サビと比べてキーが1つ低い
________________


m2G#[だ]m2F#[れも][愛][想][尽]G#[かし]F#[て]いる(3番)
m2G#[い]m2F#[まこ][世][界]G#[生][きて]F#[る]
m2G#[だ]m2F#[れも][あし]G#[た]F#[の]   
m2G[そして]hiA[未]G[来]


※詳しくは後述しますが、発明家は要所要所で転調しております。

『発明家』(Official髭男dism)









 まず、『発明家』についてです。この楽曲は、2018年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『エスカパレード』に収録されているナンバーです。アルバムのラスト13曲目に収録されています。

 『発明家』はバンドサウンドを基調とした軽快なナンバーです。楽曲の要所でトランペットやトロンボーンなど管楽器が重要な役割を果たします。最近のシングル作品の一つ『宿命』などもそうですが、このようなアレンジもヒゲダンらしさの一つであります。


 ※ここから特に重要な話をします。『発明家』の音域について特徴的な点についてです。『発明家』はAメロBメロサビという一般的なメロディーの構成で3番まで続きます。大体同じ歌メロディーを3回繰り返すのですが、場面場面で転調し、キー(調)が変わります。具体的には以下のようになります。

【1番】AメロBメロ[A#メジャー] ⇒ サビ[Cメジャー](転調+2)
【2番】AメロBメロサビ[Bメジャー](Aメロ冒頭で転調。キーが-1)
【3番】AメロBメロ(そのままBメジャー) ⇒サビ[Cメジャー](転調+1)

 ボーカリスト向けに大まかに言うと、

①2~3番のAメロBメロは、1番のA,Bメロに比べて1つキーが上がる
②サビは2番だけキーが1つ低い(1番と3番サビは同じキー)

ということになります。
 
 私自身は、この『発明家』を分析していて、非常にユニークで面白いアレンジだと思いました(分析自体は難儀しました(笑))。同時に、ヒゲダンのセンスの高さを示す作品の一つではないかと私は強く感じました。

 一方で、『発明家』を歌唱する際は、キーの上下をしっかり意識する必要があると思います。メロディー自体はAメロBメロサビというありふれたものですが、メロからサビにかけて転調する作品は音程を取るのが大変です。しかしながら、そうしたアレンジは音感を鍛えるのに非常に役に立つものでもあります。


 

 さて、『発明家』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBについては、3番のAメロ後半で1回登場します。hiBは一般的には少し高い音階になりますが、『発明家』はhiA以上の場面があまり多くないので、頑張ってhiBにチャレンジしてみても良いと思います。

 『発明家』は1番とラストのサビにかけてhiAという音階が登場します。この辺りも一般的にはやや高い音階です。ただ『発明家』は全体を通して、ヒゲダン作品の中では手を付けやすい部類に入るのではないかと思います(決して易しい曲ではないですが)。当ブログで良く取り上げる、back number等の楽曲が歌いこなせる人であれば、この『発明家』も十分視野に入ってくると思います。

 ただ、やはり先にも述べましたように、一般的には少し高めの音階です。場合によってはキーを下げることも考えてください。例えば、原曲キーから2つ程度下げると、最高音がhiA(1回のみ登場)になりますので、かなり歌いやすくなると思います。

 『発明家』は音域自体は滅茶苦茶広いわけではありません。低音域に余裕がありますので、キーをある程度下げて練習するということも可能です。普段歌い慣れていない人は、原曲キーから5つ程度下げてチャレンジしてみても良いです。


『ラストソング』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『ラストソング』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『ラストソング』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVが公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『ラストソング』(Official髭男dism)


【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロおよびサビ

★こんな時だけ あっという間に過ぎ去るなんm1E[て]
★まだあm1E[そ]びたりないm2F[よ](サビ)


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※Cメロで登場

hiA#地[ぼ]hiA[く]m2G[は][ら][ご][を]A[て]G[る]
★ちG[きゅう]hiA#[さい]hiA[ごの]  [日]m2G[だ]としA#[て]A[も~]G[ぉ]


【裏声最高音】hiC(C5) ※Cメロで登場

★このhiC裏[ハッ]ピーm2G[を]絶やC裏[さ]ないG[よう]




【補足】mid2FhiAの注意箇所

★幕が下りれば僕ら お互いに離れm2G[ば]m2F[れ](Aメロ)
★ひと夏のきらめきが アイスを溶m2F[かし]ていく(Bメロ)
★それによく似たやるせm2G[な]m2F[さ]F[は] 
★ほんm2F[のす]hiA[こし]m2G[だけ]
★刹m2F[那のあ]m2G[じが] 甘F[く混ざ]G[りあう]

★悲F[しい][ら] 朝日m2F[よ]2度と出て[こ]ないで[と](サビ)
★とけm2F[い]F[ぎゅっ]と つねったら

★君と つm2G[く][上][た][も]G[出と](Cメロ)


※煩雑になるため、mid2Fは全ては記載してません。
『ラストソング』(Official髭男dism)









 まず、『ラストソング』についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『Traveler』に収録されているナンバーです。タイトルから何となく想起させられますが、アルバム14曲中13曲目に収録され、終盤を彩ります。タイアップなどはありません。

 『ラストソング』はゆったりとしたテンポの楽曲です。イントロではホーン隊などが加わり、タイトルが示すようにどこか別れを感じさせます。個人的に面白いと思ったのは、別れを感じさせるナンバーでありながら、『ひと夏のきらめき』、『アイス』、『手持ち花火』など「夏を想起させるフレーズ」が多い点です。日本では基本的には春が出会いや別れの季節になります。しかし、夏を想起させるフレーズを多く使うことにより、楽曲から見えてくる景色が少し違って見えます。こうした工夫は面白いと感じました。

 『ラストソング』の大まかな音域の特徴についてです。この楽曲はサビの最高音がmid2Fとヒゲダン作品の中ではかなり低めです。mid2Fは一般的な男性の音域の範囲内です。BメロやCメロでhiA,hiA#といった音階も登場しますが、全体として低音部が目立つ楽曲になっています。



 最後に『ラストソング』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音はhiA#で、Cメロで4回登場します。この辺りのキーは一般的な男性より少し高いですが、hiB,hiCといった音階が頻出するヒゲダンの楽曲群の中で低めなのではないかと思います。ここは出来れば地声で確実に発声したいところです。

 一方で、サビではmid2Fが最高音になります。上述の【補足】の部分を見て頂ければわかりますが、基本的にmid2G,mid2Fといった音階が楽曲の高めの音階になります。よって、『ラストソング』はある程度歌い慣れている男性であれば、手を出しやすい楽曲なのではないかと思います。これまで当ブログが取り上げたヒゲダンの楽曲の中では歌いやすい部類なのではないかと思います。

 『ラストソング』は最低音がmid1Eですので、キーを下げて歌うこともある程度は可能です。歌い慣れていない人は、高音が辛く感じられる方は、少しキーを下げて歌唱しても良いと思います。『ラストソング』はヒゲダン作品の中でもチャレンジしやすい楽曲と言えます。

『最後の恋煩い』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『最後の恋煩い』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。この楽曲はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVが公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『最後の恋煩い』(Official髭男dism)、Saigo no Koiwazurai


【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★目を閉じたって m1D#[見]落とせないだD#[ろう] 


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※Aメロ、2番のBメロ

★それだけはかm2G[い]m2G#[ひし]hiA#[なく]ちゃな(Aメロ)
★★m2G[あ]たまを両手で抱えhiA#[て] (Uh!!!!)(2番Bメロ)


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※サビで登場

★最後の意味がhiD[すり]hiD#[減っ]てゆくこと




【補足】mid2GhiCの注意箇所

m2G[最]後の[こ]m2G#[い][わ]ずらいを始めG[よう]
★日々の呼吸が乱れだすm2G[瞬間]

★特大の罵m2G[声]も 受け取るからいっ[そ] (Bメロ)
★いい人なんてやm2G[め]m2G#[ちゃ][え]
★語らいあう2人でm2G[い]m2G#[た][い]

★これm2G[だ]から[も]う!」って言いながらG[も](サビ) 
hiC裏[笑]hiA#[み]m2G[がこ]hiC[ぼ]hiA#[れ]G[る]
★幸せm2G[の]m2G#[意][味]hiC裏[み]hiA#[た]いに 
★おm2G[も][た] [ぼ]G[ら] Uh

★一切m2G[合]m2G#[切](2番)
★夢のなm2G[み]m2G#[ま][にの][こ]されて(2番サビ)

★突然に一m2G[瞬]m2G#[だ]hiA#裏[け]G[ひ]hiC裏[かっ]A#[て](Cメロ)
m2G#[消え]hiA#[る]G#[き][れ]G[な]
★おm2G[も]いでより やんちゃ[な]終身G[派]
★しょうm2G[も]m2G#[な]G[い こ]G#[と][で]も ご愛G[嬌]
★大m2G#[丈]m2G[夫][な](ラスト)

※1番とラストのサビで出てくる uh~については
一番高い箇所はhiA#です。

『最後の恋煩い』(Official髭男dism)









 まず、『最後の恋煩い』(さいごのこいわずらい)についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『Traveler』に収録されているナンバーです。14曲中6曲目に収録されています。

 『最後の恋煩い』は軽快なポップナンバーです。ホーン隊等、バンドの音色以外も目立つダンサブルなナンバーです。また、一部の場面ではジャズやゴスペルのような場面があり、ブラックミュージックの影響を感じさせます。以前、申し上げたかもしれませんが、ヒゲダンはブラックミュージックの要素が強いミュージシャンです。私自身はそうした音楽にあまり触れて来なかったため、詳しい解説が出来ず、その点はもどかしく感じます。個人的にはそうした中でも、ギター、ベースやドラムなどバンドメンバーの音色も非常に耳に残ります。
 歌メロディーについてはAメロBメロサビといった形なのですが、楽曲全体を通して非常に明るいです。ただ、AメロBメロはやや韻を多く踏んだリズミカルなフレーズが多く、サビメロディーはポップな方向にアレンジされています。

 音域的には、地声最高音はhiA#が楽曲の一部に登場し、ヒゲダン作品の中では決して高くないのですが、上記しますように、mid2GからhiA#辺りを取り出すだけでも、かなりの量になります。その点については少々苦慮しましたが、楽曲全体を通して、mid2G,mid2G#あたりの音階が頻出していることが分かります。




 さて、最後に『最後の恋煩い』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【裏声最高音】hiD#(D#5)でメロディーが構成されております。地声については、一般的な男性の音域よりやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#については、各Aメロで1回ずつ、2番Bメロで1回の計3回です。アルバム作品ということもありますが、ヒゲダン作品の中ではそこまで高いキーでは無いです。よって、『最後の恋煩い』は意外とねらい目の作品といえます。

 ただ、先ほども述べましたように、mid2G,mid2G#辺りは楽曲全体を通して頻出します。よって、一般的な男性の音域であるこのmid2G辺りの音域を、1曲を通して歌い切る持続力が求められます。その点で、やはり難易度は少し高いと思います。

 この点については各々が実際に歌ってみて試してみてください。『最後の恋煩い』は地声のhiA#以上は少なく、mid2G辺りの音階が中心になります。ただ、それが楽曲全体で登場するため、歌い慣れた人であっても息切れしてしまうかもしれません。
 ただ、記述にもあるように、mid2Gあたりの音階を力試しするという点においては、非常に良い楽曲とも言えるのではないかと私は考えております。アルバム曲ゆえに、知名度は高くないですが、ポップな作品で、カラオケなどでも歌いやすい楽曲なのではないかと思います。
 


『Tell Me Baby』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『Tell Me Baby』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Tell Me Baby』(Official髭男dism)


【地声最低音】mid2C(C4)  

★さめm2G[な]いふm2C[りつ]づけるG[なん]


【地声最高音】hiC(C5)  ※Bメロ

★I hiC[don't] hiA[want] m2G[to leave] here
★ hiC[夢を]hiA[見]m2G[せない]
※心折れてfallin' hiC[oh] hiA#[oh] hiA[oh]

※歌詞の無い部分です




【補足】mid2GhiA#の注意箇所

★最上級の過去をよそm2G[おっ]て(Aメロ)
★だから全てをぶつm2G[け]hiA[て](Bメロ)

m2G[tell me tell me tell] hiA[me ba]by (サビ)
m2G[交換して]hiA[my]m2C[self]
★give hiA#[me] hiA[more] (want m2G[to] know)


『Tell Me Baby』(Official髭男dism)









 まず、『Tell Me Baby』についてです。この楽曲は、2017年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたデジタルシングルです。フィジカルのリリースとしては、翌年リリースのアルバム『エスカパレード』に収録されております。『Tell Me Baby』はOfficial髭男dismのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年10月現在、430万回もの再生回数を記録しています。

 『Tell Me Baby』はダンスミュージックの要素を包含したバンドサウンドに仕上がっております。歌メロディーについても韻を踏んだリズミカルなものになっております。全体的にそうですが、個人的にはイントロが特にオシャレだと感じました。




 さて、『Tell Me Baby』の音域についてですが、【地声最低音】mid2C(C4) ~【地声最高音】hiC(C5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高く、反面、1オクターブの狭い音域であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音のhiCですが、Bメロに当たる場面で登場します。ここは楽曲の中でやや静かな部分に当たります。hiCは一般的には高いキーです。地声で歌唱するのは難易度が高いですが、この場面であれば、裏声で対処しても違和感は少ないと思います。高音域が苦手な方はそうした方法も考慮してみてください。

 このhiC場面を除けば、hiA#,hiAといった音階が最高音になります。サビの部分で頻出します。hiA#あたりの音階は、一般的な男性の音域から見ればやや高めですが、すこしハードルが下がります。サカナクション、back number、秦基博さんなどの楽曲が歌えるという方であれば視野に入ってくると思います。
 
 hiAという音階も大変ですが、mid2G、mid2Fあたりのキーが確実に歌えることも重要です。この辺りの音階が安定かつ確実に歌唱できるのであれば、メロディーラインを少し工夫して、hiAを避けるようなアレンジをしてもかなりカッコよく決まるのではないのかと思います。

 とはいえ、原曲のメロディーに忠実に歌唱する場合、一般的な男性の音域よりやや高いです。よって、少しキーを下げると良いと思います。原曲キーから2つ程度下げると、hiA#がmid2G#になるので歌いやすくなると思います。hiCの場面はhiA#になりますが、裏声で対応しても良いと思います。

 『Tell Me Baby』はOfficial髭男dismの楽曲の中では比較的歌いやすいのではないかと思います(原曲キーでは少し難易度が高い)。音域も狭めであり、大きくキーを下げて練習したりすることにも向いています。リズミカルでカラオケなどでも歌いやすく、ヒゲダンの中ではお奨めできる1曲といえます。



『ビンテージ』(Official髭男dism)の音域と感想

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『ビンテージ』(2019)を取り上げたいと思います。複数のリクエストを頂いていた作品です。よろしくお願いいたします。

 ※今回はOfficial髭男dismの別の曲を取り上げる予定でしたが、こちらの手違いがあり、先に『ビンテージ』をアップすることになりました。リクエストを頂いていた曲なのですが、アップが遅れて申し訳ありません。そちらも後日アップいたします。



『ビンテージ』(Official髭男dism)、Vintage


【地声最低音】mid1D(D3)  

★細心のm2F#[注]意を払って生きてm1D[た]
m1D[率]先して1D[自]分のことをけなm2F#[す]のは
★キレイm1D[とはき]ずあとがないことじゃない


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※楽曲全体で1回

★君とかm2G#[さ]hiA#[ねる]hiC#地[い]hiA#[ま]hiD#裏[を]

※サビは基本的に、hiA,hiA#が中心

【裏声最高音】hiD#(D#5) ※転調後サビ

hiD#裏[え]hiD[る]hiA#[こ]m2G[と]ばを
★君とかm2G#[さ]hiA#[ねる]hiC#地[い]hiA#[ま]hiD#[を]




【補足】mid2GhiA#辺りの注意箇所

★きhiA[ずさ]m2G[え]G[と]しいというキセキだ(Bメロ)
★やけに錆m2G[び]ついたり(Cメロ) 
★剥hiA#{が]hiA[れ]m2G[し]まった
★記憶がm2G[あっ]たとしても G[oh] oh

★そしてm2G[増]G[た]m2G#[お]hiA#[も]G#[い]G[出]が(転調後サビ)
★いつか星のm2G#[数]m2G[ほ]G[に]
★あhiA#[ふれ]m2G#[る]m2G[こ][と][が]ただ嬉[しい]G#[ら]
★今のここm2G[ろ]を歪まm2G#[ない]m2G[よ]G[に] 
★探m2G[し]m2G#[て]G[み]るよ 連なってG#[く]日々の中を

『ビンテージ』(Official髭男dism)









 まず、『ビンテージ』についてです。『ビンテージ』は、2019年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『Traveler』(トラベラー)に収録されている楽曲です。

 タイアップとして、フジテレビ系の恋愛バラエティー番組『あいのり:African Journey』の主題歌となりました。『あいのり』は、男女数名がラブワゴンといわれるワゴン車に乗り、様々な国を旅する中で繰り広げられる恋愛模様にスポットを当てた番組です。90年代末から00年代にかけ放送され、大変な人気を博しました。この番組などをとおして、ヒットした楽曲なども多くあります。当時を知る人には懐かしいと感じられる方も多いかもしれません。

 『ビンテージ』のサウンドについてですが、アルバムの楽曲ということもあり、全体としてやや落ち着いた印象のあるナンバーです。イントロやサビ等ででメンバーのコーラスが入るなどのアレンジがなされています。Official髭男dismはブラック・ミュージックなどの要素もありますが、こうした部分はゴスペルなどの影響もあるのかもしれません。一方で、個人的には落ち着いたアレンジの中で、歪んだ音色を奏でるエレキギターが非常に耳に残りました。



 さて、『ビンテージ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiC#(C#5) 、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#は転調後のサビに登場します。楽曲のラストです。このhiC#という音階は一般的な男性の音域と比べて、かなり高めです。ただ、【君とかm2G#[さ]hiA#[ねる]hiC#地[い]hiA#[ま]hiD#裏[を]】とあるように、最後が裏声のhiD#で締めくくられております。hiC#の部分も「裏声」で歌唱してもニュアンスが大きく崩れることは無いのではないかと私は考えております。場合によっては、このhiC#を裏声で歌唱することも考えてみてください。

 このhiC#部分を除くと、楽曲全体で一番高い音階はhiA#になります。この辺りの音階は一般的な男性の音階よりも高めですが、比較的高い音域が得意な方であれば歌唱することが可能なのではないかと思います。当ブログで取り上げることの多いミュージシャンでは、back number、Mr.Children、サカナクション、スピッツ辺りの楽曲が歌いこなせるのであれば、この『ビンテージ』もねらい目になるのではないかと思います。

 ただ、hiA#の音階も辛いという方も多く居られると思います。一般的な男性の場合、キーを下げた方が歌いやすいかもしれません。原曲キーから2つ程度下げると、hiA#がmid2G#に設定されます。転調前のサビはmid2Gになります。この辺りであれば、多くの男性が視野に入ってくると思います。ただ、このキーでも普段歌い慣れていない人はスムーズな発声が妨げられる可能性がありますので、しっかりと練習を重ねてください。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索