J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Official髭男dism

『I LOVE...』(Official髭男dism)の音域/『恋はつづくよどこまでも』主題歌

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『I LOVE...』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。

 なお、今回の『I LOVE...』はCDシングルでのリリースが2020年2月12日ということもあり、現状カラオケなどでは配信されていないようです。その点については留意しておいてください。


『I LOVE...』(Official髭男dism)


【地声最低音】mid1E(E3)  

m1E[君が]入ってから 変わり果m2F#[て]たF#[世]界は
★m2F#[I] Love なんて 言いかけてはm1E[やめ]


【地声最高音】hiD(D5)  ※ラストサビ前で1回

hiA[み]hiB[と]hiC[め]hiD[合]C[えた]B{なら]

※ここ以外ではhiC#が多く登場します。【補足】参照。

【裏声最高音】hiC#(C#5) ※サビと2番

★こhiB[ん]hiC#裏[な]に鮮B[や]C#[か]なしきB[さ]hiC#[いに]
★うm2G#[つ]hiA[く]hiB[し]hiC#裏[す]ぎて(2番)




【補足】mid2G#(一部略)hiC#の注意箇所

★いm2G#[つ]も卒なくこなした日々の真ん中
★高まるhiB[愛]hiA[の][か] 変わる心A[情]m2G#[の]

★燦然と輝くm2G#[すが]hiA#[たは]
★絵の具hiB裏[み]hiA[た]いな イhiC#地[レ]hiB[ギュラー]
hiA[独]m2G#[り]A[じゃ]hiB[な][に][とつ]気付けなA[かっ]G#[た]だろう
★普通の事だhiA[と] とぼける君に言いかけhiA{た] 
m2G#[I] hiA[Love] そのG#[つ]A[づきを 贈]G#[ら]A[せて]

hiC裏[目]hiB[が]hiA[く]B[ら]んでしA[まう]
★I Love m2G#[Your] hiA[Love]hiB[ど]A[いて]

★喜びhiA[も]悲しみ[も]句読点hiC#地[の]hiB[な]A[い]B[もい]A[も]
★完m2G#[全]hiA[に]分かちA[合]うより 
hiA[曖]hiB[昧]hiC#地[に]悩みA[な]がらG#[も]

hiA[重]m2G#[な]A[る愛]G#[の]

『I LOVE...』(Official髭男dism)









 まず、『I LOVE...』についてです。この楽曲は、2020年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたシングル作品です。現在(2020年1月17日)は配信のみのリリースですが、2月12日にCDシングルのリリースが予定されています。『I LOVE...』は、円城寺マキさんの漫画原作によるTVドラマ『恋はつづくよどこまでも』の主題歌として書き下ろされた作品です。
 
 『I LOVE...』はヒゲダンらしい爽やかなラブソングです。インディーズ時代のポップなヒゲダンの要素と、ファンクなどの要素を強めた近作とが融合されたような作品です。個人的には、1980年代に隆盛したシティポップのようなニュアンスも感じます。シティポップは最近の一つの流行にもなっています。
 歌メロディーに関しては、AメロBメロサビをベースにしてあるのですが、やや複雑であり、構造が少し分かりにくいかもしれません。カラオケなどではしっかり歌詞とメロディーを覚えておく必要があると思います。

 『I LOVE...』の音域的な特徴についてです。男性にとっては非常に高い音域で歌唱されています。恐らく、ほとんどの男性はキーを下げて歌唱した方が歌いやすいのではないかと思います。



 さて、『I LOVE...』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べて、非常に高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDについてはラストのサビ直前に1回だけ登場します【hiA[み]hiB[と]hiC[め]hiD[合]C[えた]B{なら]】。楽曲の見どころの一つでもあります。また、要所要所でhiC#という音階が登場します。【イhiC#地[レ]hiB[ギュラー]】というフレーズが印象的です。楽曲の美味しい部分で高いキーが登場する形です。

 これらは一般的な男性に比べて、キーが非常に高いです。よって、キーを下げるのがオーソドックスな方法になるのではないかと思います。原曲キーから5つ程度下げると、楽曲全体で多く登場するhiC#がmid2G#辺りに設定されます。この辺りが一つの目安になるのではないかと思います。

 『I LOVE...』は音域が広いですが、低音部分に少し余裕があります。よって、ある程度キーを調整することは可能です。ある程度歌い慣れた人であれば、キーを調整してチャレンジすることも可能なのではないかと思います。
 一方で、普段歌い慣れていない人が練習できるほどの余地はあまりありません。楽曲の難易度も高いですので、普段歌い慣れていない人は別の曲で歌い慣れた上でチャレンジしてください。

 『I LOVE...』は音域的には女性の声域に近いです。例えば、『I LOVE...』は、以前当ブログで取り上げたあいみょんさんの空の青さを知る人よ(地声最低音mid1E~地声最高音hiD)と音域的には一致します(男性の曲と女性の曲が同じ音域の場合、大体女性の曲の方が難しいです)。よって、女性の方が原曲に近いキーで歌唱しやすいかもしれません。音域的には広いですが、歌詞内容的にも性差を問わないものであると思いますので、女性にもお奨めしたい楽曲です。ただし、キーの高さなどを考えると、やはり歌い慣れておく必要があると思います。

『犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!』(Official髭男dism)、Inu ka Cat ka de Shinu made Kenka shiyou


【地声最低音】mid1G(G3)  ※Aメロ

★ときm2G[め]かされつm1G[づ]けて早3年


【地声最高音】hiE(E5)  ※楽曲全体で1回

★「とhiC[しとっ]hiA[た]C[な…」っ][て][笑][い]C[合]A[い]hiE[たい]hiD[よ]


【裏声最高音】hiD(D5) ※各サビで登場

m2G[き]m2G#[みだけをま]hiD裏[も]hiB[る]hiC[よ]




【補足】mid2G(一部のみ)hiD辺りの注意箇所 

hiC[犬]hiA[か]C[キャッ]A[ト]C[か]A[で] (冒頭)
C[死ぬま]A[で]C[け]A[ん]C[か]A[し]C[よう!]

hiA[ずっ]m2G[と]G[の]A[ま]G[で]A[よう]G[よ]
★どんな壁も蹴散らすしm2G[あわせ]

hiA[ずっ]m2G[と]G[のま]A[ま] ずっとこのまま (サビ)
hiB[な]hiC[が]B[い]A[よ]A[も] hiA[かみな]りのA[日]
hiC[手を]A[か]C[さね]A[て]C[鐘]A[を]C[鳴ら]A[し]hiD地[合う]C[よ]

『犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!』(Official髭男dism)









 まず、『犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!』についてです。この楽曲は、2017年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『レポート 』に収録されているナンバーです。現在までにタイアップなどは確認できませんが、アルバムの発売に先立ち、Official髭男dismのYoutube公式チャンネルでMVが公開されました。MVは2020年1月現在、約310万回超の再生回数を記録しています。また、後日アップされたライブの映像は380万回以上の再生回数を記録しています。

 『犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!』はドゥーワップ等ブラックミュージックの要素を持ったポップなラブソングです。アルバム『レポート』はインディーズ時代の後半ごろに作られた作品です。この頃になると、初期のころに見られたピアノ・ロックの要素とR&Bやファンクなどの要素が融合していきます。メロディーについてはポップな要素が強く、より多くの人の耳に残るのではないかと思います。
 また、タイトルが非常に印象的であります。「喧嘩」というネガティブな言葉が、「犬かキャットか」という他愛のなさ、ユルさを感じさせるフレーズで中和されております。結果として、仲睦まじい二人の姿が想起されます。ヒゲダン作品の中でもとりわけ印象的なタイトル、フレーズなのではないかと感じました。

 『犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!』の音域的な特徴についてです。冒頭から【★hiC[犬]hiA[か]C[キャッ]A[ト]C[か]A[で] C[死ぬま]A[で]C[け]A[ん]C[か]A[し]C[よう!]】という印象の強いフレーズが登場します。この場面を見ても分かるように、Official髭男dismの作品の中でも非常にキーが高い楽曲の一つであります。ヒゲダンの楽曲全般に言えることでもありますが、原曲キーで歌唱する場合は、非常に難易度がエグい作品だと思います。



 さて、最後に『犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。もしかしたら女性の方が歌唱しやすいかもしれません。以下、見ていきます。
 
 まず、地声最高音hiEは2番で1回だけ登場します(フェイクも含めるともう一度登場します)。今場面を含め、hiDなども地声で歌唱されており、非常にしんどいです。hiCが安定的に歌えるという極めて厳しい条件付きですが、hiD,hiEなどは裏声で歌唱してもよいかもしれません。声が高い歌の得意な人はそれを試してみてもよいと思います。

 一方で、一般的な男性にとってはやはり原曲キーではエグいです。よって、キーを下げて歌唱するのが一般的だと思います。『犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!』は音域が高音寄りになっていますので、上手くキー調整すれば、男性ボーカルの音域いっぱいを使って歌唱することが出来ます。例えば、原曲キーから7つ下げると、【地声最低音】mid1C~【地声最高音】hiAといった調整が可能です。もしくは、キーを2つ程度上げて、1オクターブ下を歌唱するのもよいかもしれません。この場合、【地声最低音】mid1A~【地声最高音】mid2F#に調整されます。ただ、これらの音域を高いレベルで歌唱するにはやはりしっかり歌い慣れておく必要があります。キーを調整してもある程度の難易度はあると考えてください。

 『犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!』は音域的には女性の方がキーが合いやすいと思います(ただし、この楽曲は女性にとっては音域が広めです)。個人差があると思いますが、一度原曲キーで歌唱してみて、それから各々上下させてみてください。普段歌い慣れていない人は原曲キーは辛いと思います。ただ、歌詞内容的には女性でも合いやすいのではないかと私は考えております。

 難易度は高めの曲ですが、楽曲自体の質や普遍性は非常に高く、多くの人に受け入れられやすい作品であると思います。


Official髭男dismの音域一覧(まとめ)

☆Official髭男dismの楽曲音域(声域)一覧 ☆

 ※Official髭男dismの音域のまとめページを作りました。細かい部分は個別のリンクへアクセスしてください。最高音だけでは細かい部分(カラオケでの歌いやすさ等)については分かりにくいと思います。今後、他のアーティストについても同様のまとめページを作る予定です。



Official髭男dism(ア行~タ行)
タイトル地声最低音地声最高音裏声最高音補足
愛なんだが・・・mid1F#hiDhiC
 I LOVE...mid1EhiBhiC#
イエスタデイmid1C#hiC#hiD#
異端なスターmid1FhiD#hiC
犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!mid1GhiEhiD
ESCAPADEmid2ChiDhiC
黄色い車mid1FhiA#

恋の去り際mid1FhiC


コーヒーとシロップmid1EhiC#

最後の恋煩いmid1D#hiA#hiD#

宿命mid1FhiChiC
SWEET TWEETmid2ChiDhiD

Stand By Youmid1FhiE
ラストサビで転調
ゼロのままでいられたらmid1DhiChiA#
相思相愛mid1DhiBhiC#

旅は道連れmid1A#mid2G#hiC
Tell Me Babymid2ChiA#hiC
Trailermid1F#hiAhiB




Official髭男dism(ナ行~ワ行)
タイトル地声最低音地声最高音裏声最高音補足
ノーダウトmid2AhiC
hiB

始まりの朝mid2A#hiC#hiD
発明家mid1FhiB
転調が特徴的
115万キロのフィルムmid1A#hiC

ビンテージmid1DhiC#hiD#
FIRE GROUNDmid2A#hiBhiD#

FAKE ME FAKE ME OUTmid1DhiBhiD Da-iCEへの提供曲 
Pretendermid1D#hiChiC#
What's Going on?mid1F#hiBhiC#

ラストソングmid1EhiA#hiC

LADYmid1EhiE


Rowanmid1GhiB
hiD


行B-3行C-3行D-3a


『ゼロのままでいられたら』(Official髭男dism)の音域

こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『ゼロのままでいられたら』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 
 なお、『ゼロのままでいられたら』はOfficial髭男dismの公式チャンネルでライブの動画が公開されています。よって、当ブログにおいても、ライブの動画を添付いたします。


『ゼロのままでいられたら』(Official髭男dism)、Zero no Mama de Iraretara


【地声最低音】mid1D(D3)  ※Bメロで登場

★「じゃあね」と手を振っm1D#[て は]しの向こうm1D#[の]m1D[バス]D#[停]


【地声最高音】hiC(C5)  ※各サビで1回ずつ登場

hiC[どん]A#[な]m2G[か]m2G#[ず][が]掛かっG[て]も変わhiA#裏[ら]ない


【裏声最高音】hiA#(A#4) サビで登場

hiC[どん]A#[な]m2G[か]m2G#[ず][が]掛かっG[て]も変わhiA#裏[ら]ない




【補足】mid2GhiA#の注意箇所

★繋いだ手をはm2G[な]m2G#[せ][ば]   また会う日までひG[と]りで
★ため息とただの呼吸の区別ももうつm2G[か]ないよ

★消えてく背中が恋m2G[しく]m2G#[て]G[「[あ]と5日」(Bメロ)
★そm2G[れ]は寂しさをm2G[あお]m2G#[る]ようで

hiA#[一体] m2G#[何年]m2G[先の]未来までこうG[やって] (サビ)
★ゼロm2G#[の]m2G[ま]までいられたら

『ゼロのままでいられたら』(Official髭男dism)









 まず、『ゼロのままでいられたら』についてです。この楽曲は、2016年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『MAN IN THE MIRROR』(マン・イン・ザ・ミラー)に収録されているナンバーです。タイアップなどは現在確認できません。アルバム発売からしばらくして、Official髭男dismの公式チャンネルでライブの動画が公開され、2019年12月現在、460万回もの再生回数を記録しています。

 『ゼロのままでいられたら』は別れをテーマとしたバラード作品です。この頃のヒゲダンはピアノ・ロックの要素が強く、歌メロディーも非常にポップです。そうした意味で、『ゼロのままでいられたら』は非常に多くの人に届きうる普遍性の強い楽曲であると思います。

 『ゼロのままでいられたら』の音域的な特徴についてです。ヒゲダンらしく高音域が目立つ作品です。一方で、低音部も比較的広いため、大きなキーの調整はし辛いと言えます。全体として音域は広めの作品と言えます。キーを下げて歌唱するとしても、ある程度歌い慣れた人ではないと難しい作品ではないでしょうか。



 さて、最後に『ゼロのままでいられたら』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されています。 一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音はhiCで各サビで1回ずつ登場します。一般的な男性には辛い音階になります。ただ、hiA#あたりまで安定的に歌唱できる人であれば、このhiCは裏声で歌唱してもよいかもしれません。ニュアンスが少し変化しますが、hiA#を安定的に歌唱できるのであれば楽曲の雰囲気は維持できるのではないかと思います。
 一般的な男性の場合はキーを下げるのがオーソドックスな対処法なのではないかと思います。例えば、原曲キーから4つ下げて、地声最高音をmid2G#あたりに設定すると歌いやすくなると思います。

 一方で、『ゼロのままでいられたら』は低音部についても広いため、全体として音域は広めの作品になります。よって、キーを下げ過ぎると低音部が逆に辛くなります。普段歌い慣れていない人がキーを大きく下げて歌唱する程には融通は利きません。よって、歌い慣れていない人は、別の曲で歌い慣れた上で、この『ゼロのままでいられたら』にチャンレジするとよいと思います。

 ヒゲダン作品の中ではTell Me BabyFIRE GROUND始まりの朝SWEET TWEETノーダウトあたりがキー調整の融通が利きやすい作品と言えます(原曲キーだと難しい曲も多いですので、「キー調整しやすい曲」であることに留意しておいてください)。『始まりの朝』、『SWEET TWEET』の2曲がポップ色が強いです。


『愛なんだが・・・』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『愛なんだが・・・』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『愛なんだが・・・』(Official髭男dism)、Ainandaga・・・


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★鳥がさえずるE♭(m2F#[イ]ーフm1F#[ラッ]ト)くらいの


【地声最高音】hiD(D5)  ※ラストサビで登場

hiA[言わ]hiD地[せ]hiB[な]A[ぁい]×3回 A[と誓]B[うよ][~]


【裏声最高音】hiC(C5) 1番Bメロで登場

★とhiA[とのっ]m2G[た]文字のうらにかG[く]hiC裏[れ]hiA[た]

※地声のようにも聞こえるのですが、今のところ裏声としておきます




【補足】mid2F#(一部略)hiBの注意箇所

★思っても見なm2F#[かっ]m2G[た]hiA[こ][と]F#[ば]G[を]
m2F#[ぼ]くにぶつF#[け]たんだ

★熱しm2G[た]hiA[ら焦]hiB地[げ]A[て 不][味]G[なっ]A[て]しまうから(サビ)
★もうm2F#[あ]m2G[い]F#[なん]て要らない

hiB[で]hiA[も、「バイバイ」なんてこう面と向]B[か]A[って] (2番)
hiA[言][れ]hiB[る]A[なんて]m2G[お][っ]A[て]なくて
★なんとか 繋ぎ留めたm2G[気]hiA[で]いただけ
★そんな頭m2G[の]hiA[か]hiB[たい]僕に

★もういm2G[ちどだ]hiA[け] hiB[だっ]A[て](ラストサビ)
★もうm2F#{絶]m2G[対]hiA[に]させないA[か]G[ら]


『愛なんだが・・・』(Official髭男dism)










 まず、『愛なんだが・・・』についてです。この楽曲は、2015年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『ラブとピースは君の中』に収録されているナンバーです。同アルバムには『SWEET TWEET』、『恋の前ならえ』などMVが制作された楽曲が収録されていますが、この『愛なんだが・・・』もMVが制作されております。

 前者2曲はピアノ・ロックなどの要素が強かったですが、同じアルバムに収録された『愛なんだが・・・』はピアノが基調でありながら、ブラックミュージックの要素が感じられます。前者2曲と比べても落ち着いた印象です。メジャーデビュー頃から特にブラックミュージックの要素が強くなったヒゲダンですが、その兆候というか萌芽がこの頃に見られます。個人的にはAメロBメロ、特に1番のAメロからBメロにかけてが非常に好きです。

 『愛なんだが・・・』のボーカルの音域的な特徴についてですが、全体的に高音域よりに広がっております。高音域が特に高いのですが、低音部には余裕がりますので、キー調整などは行いやすい部類と言えます。



 さて、『愛なんだが・・・』 の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDはラストのサビで登場します。高音域が得意な男性であれば、頑張って歌唱することも可能ですが、通常は非常にしんどい音階になります。また、2番に登場する【★hiB[で]hiA[も、「バイバイ」なんてこう面と向]B[か]A[って]】といったフレーズも大変なのではないかと思います。

 一般的な男性の場合、キーを下げて対応するのがオーソドックスなのではないかと思います。例えば、原曲キーから5つ下げて、最高音をhiAに設定すれば、かなり歌いやすくなります。このキーの場合、サビの最高音はmid2F#になります。この辺りの音階であれば、一般的には報われやすいと思います。

 『愛なんだが・・・』は音域が高音寄りですので、低音部分に余裕があります。よって、キーを大きく下げて歌唱したり練習することも可能です。また、楽曲自体もミディアムテンポの作品ですので、手をつけやすいのではないかと思います。

 ちなみに、『愛なんだが・・・』はやや音域が広めですが、女性の方が歌唱しやすいかもしれません。地声最高音でhiDという音階が登場しますので、ある程度歌い慣れておく必要がありますが、男性よりも原曲キーに近い音域で歌唱が可能なのではないかと思います。