J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

King Gnu

『Teenager Forever』(King Gnu)の音域

 こんにちは。今回はKing Gnuの『Teenager Forever』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Teenager Forever』(King Gnu)


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★伝えm1C#[か]たがわからなくて 今でも言葉を探しているんだ


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※楽曲全体で多く登場

☆他のだれm2F[か]F[なん]m2F[なれ]F[し]hiA#[ない]hiA[よ](冒頭)
m2F#[Teen-]m2G#[-a-][-ger For-]hiA#[-e-]F#[-ver](転調後[3回目])
m2F#[愛せな]m2F[かっ]m2G#{た]hiA#地[とし][て]F#[も]G#[ぉ]A#[ぉ](ラスト)

☆これと同じフレーズが多く登場します

【裏声最高音】hiB(B4) ※ラストサビ(アコギの部分)

★他の誰m2F#[か]m2F[に][なん]F#[なれ]F[や]F#[し]hiB裏[ない]hiA#[よ]




【補足】mid2FhiAの注意箇所

m2F[そんな]F[わ]m2G[かっ]hiA[て]G[るん]F[だ]

☆伝えm2F[たい]想いは溢れているのに
☆貴方の煌めきに m2F[気づけた]m2G[いいん]F[だ]

※☆の部分は転調後にキーが1つ上がります。

『Teenager Forever』(King Gnu)









 まず、『Teenager Forever』についてです。この楽曲は、2020年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『CEREMONY』に収録されているナンバーです。これまでライブなどで演奏されていた楽曲ですが、ソニーのワイヤレスイヤホン、ウォークマンのCMソングとして起用されました。アルバムに先立ち、配信も開始され、King GnuのYoutube公式チャンネルでMVも公開されました。アルバムのリード曲といってよいのではないかと思います。

 『Teenager Forever』はアップテンポの軽快なナンバーです。バンドサウンドが中心ですが、要所要所でアコースティックギターなども用いられております。King Gnuの作品の中ではかなりポップ寄りの楽曲なのではないかと思います。リード曲らしい趣きがあります。

 『Teenager Forever』の音域的な特徴についてです。この楽曲の一つの特徴としては、途中で転調が行われ、歌メロのキーが1つ上がる点であると思います。King Gnuはこれまでも転調が行われる楽曲が多くありましたが、今回もそうした楽曲であります。ただ、一般的に多くの人がイメージする転調と比べて、少し分かりにくいのではないかと私は感じました。「気が付いたらキーが上がっていて、歌いにくくなっている」ように感じる人もいると思います。歌唱する際は、その辺りに注意を払ってください。



 さて、『Teenager Forever』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は楽曲全体で多く登場します。【他のだれm2F[か]F[なん]て m2F[なれ]F[し]hiA#[ない]hiA[よ]】というフレーズに代表されます。また、転調後も登場します。ちなみに、歌メロの転調は【煌めきを探せよ】という常田さんのフレーズ部分で行われます。
 この辺りの音階は、高音域が出やすい歌が得意な人は比較的克服可能なキーでありますが、一般的には高めです。よって、一つの選択肢としてキーを下げることも考えてください。例えば、原曲キーから2~3程度下げると最高音がmid2G辺りに設定され、歌いやすくなります。

 『Teenager Forever』は音域はやや広めですが、キーの調整は可能です。ツインボーカルのKing Gnuはこの辺りの融通が利きにくい楽曲も多いのですが、今回は大丈夫です。
 ただ、それでも音域自体はやや広めですので、普段歌い慣れていない人が歌いやすいキーに合わせて歌唱できるほどの融通は利きません。キーを下げるにしてもある程度歌い慣れていることが前提になると思います。その点については留意しておいてください。歌い慣れていない人は別の曲で歌い慣れた上でチャレンジすると良いです。

 私なりの認識ですが、『Teenager Forever』はKing Gnu作品の中では比較的歌いやすい部類に当たると思います(原キーで歌唱する場合は、ある程度難しめです)。アップテンポでカラオケなどでも歌いやすいと思いますので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。個人的にはお奨めのKing Gnu作品です。

『Don't Stop the Clocks』(King Gnu)の音域

こんにちは。今回はKing Gnuの『Don't Stop the Clocks』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『Don't Stop the Clocks』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても、Twitterの公式チャンネルに投稿されたショートバージョンの動画を添付いたします。ご了承ください。


『Don't Stop the Clocks』(King Gnu)


【地声最低音】mid1E(E3)  

★憂鬱が空を覆い尽くしたっm1E[て] 


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

★君と夢m2G#地[を見]ていたいんだよ

※裏声にも聞こえるのですが、現時点では地声にします
※この場面を除くと最高音はmid2Fになります。

【裏声最高音】hiF(F5) ※楽曲全体で3回登場

★この風に身を委ねておhiC[ど]hiD[れ]hiE[ば]hiF[い]E[い]




【補足】mid2F,hiAhiDの注意箇所

☆Lonely Lonely m2F[Lone-]- ly泣かないで いm2G#[と]しい人よ
★このまhiA[ち]hiB[がぼ]A[く]らを
★孤hiC[独][に]A[る]のなら

★未来を愛していられる あなたとhiA[なら]
★きhiA[せ][が][ぐ]り はA[じ]hiB[め]hiC[る]
hiB[時]hiC[計]hiD[の]C[は]B[り]を 進A[め]

『Don't Stop the Clocks』(King Gnu)










 まず、『Don't Stop the Clocks』についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『Sympa』に収録されているナンバーです。

 『Don't Stop the Clocks』は演奏時間が2分程度の小曲です。ストリングス等が用いられた短い曲ですが、メロディーが非常に美しく、非常に濃密です。リクエストされた理由が分かります。高音ボーカルの井口さんの特性が活かされております。ゆったりとしたテンポのラブソングですが、カラオケなどで歌唱しても楽しいのではないかと感じました。

 『Don't Stop the Clocks』の音域的な特徴についてです。図にも示していますが、歌メロの約半分が裏声で構成されております。井口さんは裏声の美しさに定評がありますが、この楽曲はまさにそうした声質がよく表現されております。カラオケ等で歌唱する際は、裏声の精度がカギとなります。

 この楽曲の歌詞についてですが、ラブソングです。タイトル『Don't Stop the Clocks』(時を止めないで)とあるように、「これからも二人の幸せな時間を過ごしていきたい」というニュアンスになります。こうした点も多くの人に受け入れられやすい歌詞と言えるのではないかと思います。King Gnuの作品の中では、大衆的な要素が強いと感じました。King Gnuを知らない人にもお奨めできる楽曲だと思います。



 さて、『Don't Stop the Clocks』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。地声については一般的な男性の音域の範囲内と言えますが、裏声が非常に高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音についてですが、mid2G#になります。ここは、やや裏声のようにも聞こえるので、歌唱する際は裏声でもよいと思います。そこを除くと、上述の【補足】の☆部分「Lonely Lonely m2F[Lone-]- ly泣かないで」のフレーズが地声の最高音になります。mid2F、mid2E辺りが安定的に地声で歌唱できる必要があります。この辺りは、一般的な男性の音域の範囲内でありますが、普段歌い慣れていない人はmid2F辺りでスムーズな発声が損なわれやすいです。少しずつ練習を重ねてください。

 『Don't Stop the Clocks』は裏声が多用されている楽曲です。よって、楽曲のニュアンスを上手く表現するためには、裏声が上手く使えることが非常に重要になります。表記はしておりませんが、mid2G辺りから裏声になり、高い部分ではhiFに達します。スマホなどで録音しながらでも良いですので、練習を重ね、裏声の精度を高めてください。この『Don't Stop the Clocks』は裏声の練習に非常によい楽曲と言えるのではないかと思います。

 King Gnuの楽曲群は全体的に難易度が高く、またバラード調の作品でもマイナーコードが用いられ暗めのニュアンスのものも多いです。
 その中にありながら、この『Don't Stop the Clocks』は非常に多くの人に受け入れられうる楽曲なのではないかと私は感じました。裏声が上手く使いこなせるのであれば、比較的手を付けやすいといえます(上手く歌いこなすにはやはり力量は必要です)。「King Gnuを歌いたいけど難しい」と感じている方に、個人的にお奨めしたい楽曲です。




『Slumberland』(King Gnu)の音域

 こんにちは。今回はKing Gnuの『Slumberland』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。今回は少し自信のない部分がありますので、後々修正が入るかもしれません。

 ※リクエスト受付順では、この楽曲はもう少し後なのですが、他の楽曲との兼ね合いで少し早い順でアップすることにしました。その点は、ご了承ください。


『Slumberland』(King Gnu)


【地声最低音】lowG#(G#2)  

★擦れて溶けたビロード からは露わ傷を披lowG#[露](2番終了後)


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※1番サビ

★ It could be the start of something hiA#[new] tonight.

※あまりこだわる必要は無いと思います。




【補足】mid2Emid2F#辺りの注意箇所

m2F[テレ]ビステーションではF[今日]も(Aメロ)
m2E[正]義もヘッタクレもm2F[ない]
m2F[甘]い蜜だけを吸っm2F#[てい]F[たい]
★薄っm2F#[ぺ]m2F[らい]ピエロはあっちへ行きな

m2F#[“Wake] m2E[u-]-p E[peo-]-ple in Tokyo Daydream.(サビコーラス)

m2F[すっ]からかんなセレブm2F#[レー]F[ション]

『Slumberland』(King Gnu)









 まず、『Slumberland』(スランバーランド)についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『Sympa』に収録されているナンバーです。タイアップなどはありませんが、アルバムのリード曲です。タイトルのSlumberとは「まどろむ,うとうとする」などの意味があります。

 『Slumberland』はミディアムテンポのナンバーです。AメロサビCメロという形で、楽曲全体を通して韻を踏んだリズミカルなメロディーが刻まれております。ボーカルについては、作詞作曲を手掛けるフロントマンの常田大希さんがメインボーカルを担当しております。常田さんは『白日』などでは低音パートを担当しております。低音パートの常田さんがメインボーカルを務めているという点で、『Slumberland』は特徴的であります。

 『Slumberland』の音域的な特徴についてです。ボーカルを低音パートの常田さんがメインで担当している点で、おおよそ一般的な男性の音域の範囲内で歌メロディーが展開されております。これは、上述の最高音や図などでは分かりにくい部分ではあります。一方で、先にも述べましたように韻を踏んだリズミカルなメロディーですので、音程以上に、リズム感や泥臭さを感じさせるボーカルなどを表現できるかが重要になります。



 さて、『Slumberland』の音域についてですが、【地声最低音】lowG#(G#2)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されています。 一般的な男性の音域よりも少し高く、また音域も広めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は1番のサビで明確に登場します(2番も薄っすらとあります)。ラストのサビなどでは歌われておりません。また、少し音がズレたとしてもほとんど目立たないと思います。最悪歌唱しなくても違和感はほとんどないです。このキーが難しい人は、参考程度に考えても問題ありません。

 『Slumberland』では中高音域として、mid2F,mid2F#などの音階が多く登場します。このあたりの音階は一般的な男性の音域の範囲内ですが、『Slumberland』で歌唱されるように迫力を持ったスムーズな発声を行うにはある程度の努力が要求されます。普段歌い慣れていない人は、少しずつ練習を重ねてください。

 一方で、『Slumberland』は低音域がlowに達する場面があります。楽曲全体を通して一部ですが、2番終了後のCメロは全体として低音が続きます。それゆえに、『Slumberland』は音域が広めでキーを下げて練習するといった融通が利きにくい楽曲でもあります。Aメロサビなどの音階がしんどい人は、別の曲で歌い慣れた上でチャレンジすることも考えてください。

 先にも述べましたように、音程、音域も重要ですが、リズミカルに黒っぽい泥臭いボーカルが展開できることも一層重要です。こうした声色は低音パートの常田さんの特徴的な一面であります。そうした点から練習を重ねることも重要だと私は考えております。




『傘』(King Gnu)の音域

 こんにちは。今回はKing Gnuの『傘』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『傘』(King Gnu)、Kasa


【地声最低音】mid2A#(A#3)もしくはmid1A#(A#2)  

★3 m2F[か]m2G[い]めのアラーm2A#[ム]で(Aメロ)
A#[よ][や][起][上]がれm2F[そう]な朝


※Bメロで常田(低音)パートを歌唱する場合は、mid1A#になります。


【地声最高音】hiA#(A#5)  ※サビで頻出

m2G[さよ]hiA[な]hiA#[ら] hiA[ハイ]m2G[に]なった


【裏声最高音】hiD(D5) ※楽曲全体で2回

★もう何もm2F#[と]m2G#[どいちゃ]hiA[い]hiB[な]hiC#[いん]hiD[だ]

※2番サビ終了後にフェイクが入る(最高音hiF)





【補足】mid2F(一部略)hiBの注意箇所

★土砂降りだm2F[よ] F[傘]m2G[も]F[持た]ずにどこへ行くF[の?]
★曇りガラス越しのあm2G[な]たには
★m2D#[もう何]m2E[も]m2F#[と]m2G#[どいちゃ]hiA[い]hiB裏[ない]

★顔を洗ってコーヒーをなm2F#[が]m2G[し]hiA[込]hiA#裏[め]
☆運命なんてm2F[ハナ]から 信じきれやし[ない]よな(Bメロ)
☆深読みのし過ぎm2F[ばか]m2G[り]じゃ 満たされやしなF[く]
☆遠くで眺めていたm2F[く]m2G[無い]よな

★頼りないせなm2F#[か]m2G#[を]hiA[見]G#[た]

※☆の部分は低音パートを歌う場合は1オクターブ下のキーになります

『傘』(King Gnu)









 まず、『傘』についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングル作品です。この楽曲はブルボンの菓子「アルフォート」の新しいCM曲としてを書き下ろされたものだそうです。2020年1月に発売されるアルバム『CEREMONY』にも収録される予定です。

 『傘』は失恋が歌われた切ないナンバーです。ただバラードなどのような楽曲では無く、やや歌謡的なAメロ、韻を踏んだラップパートのようなBメロ、ややアップテンポ気味のサビと「楽曲のカラー」がパートごとにそれぞれ異なります。

 音域的な特徴についてです。この『傘』ですが、サビの途中で転調しており、メロディーが取りづらいです。具体例としては、【m2D#[もう何]m2E[も]m2F#[と]m2G#[どいちゃ]hiA[い]hiB裏[ない]】の部分です。サビは歌メロのテンポがやや速いなため、、少しのミス程度ではあまり目立たないと思います。ただ、音程がズレて、hiB,hiDなどの部分にミスが出ると、違和感がかなり大きくなります。楽曲をしっかり聴き込んでおきたいところです。




 さて、『傘』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3)もしくはmid1A#(A#2) ~【地声最高音】hiA#(A#5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid2A# もしくは mid1A#についてです。King Gnuはツインボーカルの方式が取られており、Bメロは1オクターブ異なる同じメロディーが歌唱されています。どちらのメロディー歌っても良いですが、個人的には井口さんの高音パートを歌唱した方が難易度が低いのではないかと思います。個人差がああると思いますので、各々試してみてください。mid2F,mid2Gがある程度使いなせる方であれば、音域が狭くなる分、井口さん(高音)のパートの方が楽だと思います。

 地声最高音hiA#についてはサビで登場します。一般的には高い音階ですので、場合によってはキーを下げることを考えてください。原曲キーから2つ程度下げるとmid2G#に設定され、歌いやすくなると思います。

 『傘』の難しい点はやはり、サビメロなどの音程です。楽曲をしっかり聴いた上で、上手く音程を取れるように心がけてください。『傘』は音域が必ずしも広くないため、King Gnuのシングルの中では比較的歌いやすい音域なのではないかと思います(逆に、常田さんのパートと井口さんのパートを一人で歌唱する場合はしんどいと考えています)。King Gnuを歌いたい人にとってはねらい目の一曲なのではないでしょうか。

 

『Vinyl』(King Gnu)の音域

 こんにちは。今回はKing Gnuの『Vinyl』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『Vinyl』(King Gnu)


【地声最低音】mid1D(D3)  

★どんちゃん騒ぎのm1D[ナ]イトクラブから


【地声最高音】hiB(B4)  ※転調後サビ(+1)で登場

hiA#[あ~]hiB[ば]m2F#[れ]回れ[よ]哀れだF#[ろ?] 




【補足】mid2FhiA#の注意箇所

m2F[つ]らぬいて、この心を(Aメロ)

★思いの丈を着飾っm2F[て](Cメロ) 
★つm2F[な][だ]その手は離さないで

★喧騒に上m2F[が]る煙m2F#[に] (転調後サビ)
m2F#[飛び込んでいくだ]m2G#[け]hiA#[さ]
m2F#[ニヤ][と] [笑っ]てみ[せる]


『Vinyl』(King Gnu)









 まず、『Vinyl』(ビニール)についてです。この楽曲は2017年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『Tokyo Rendez-Vous』(トーキョー・ランデブー)に収録されているナンバーです。元々はKing Gnuの前身バンドSrv.Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)時代にリリースされたアルバム『トーキョー・カオティック』(2016)に収録されていた楽曲でもあります
 『Vinyl』はアルバムリリースに先立ち、King GnuのYouTube公式チャンネルでMVが公開されました。2019ねんん11月現在、約760万回もの再生回数を記録しています。バンドのブレイクにより、過去の楽曲にも注目が集まっているといえます。

 『Vinyl』はサイケ色を持ったミディアムテンポのロックです。盛り上がりのサビに当たる部分もあり、カラオケなどでも歌いやすいのではないかと思います(難易度が低いというわけではない)。
 音域的な特徴としてはラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。また、King Gnuはツインボーカルで音域が広めになりやすいのですが、今回の『Vinyl』については、そこまで音域が広くありません。その点で、King Gnu作品の中では手を付けやすいといえるかもしれません。また、以前当ブログで取り上げた『Flash!!!』も比較的歌いやすい楽曲だといえます。




 さて、『Vinyl』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】hiB(B4) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音はhiBであり、転調したラストのサビで登場します。転調前のサビではhiA#になります。最高音の部分もですが、ラストサビの直前【hiA#[あ~~~]hiB[ば]m2F#[れ]回れ[よ]】のhiA#のロングトーンも難易度が高いと思います。楽曲の一番の見せ場ともいえる箇所ですので、何とか乗り越えていきたいところです。
  
 一般的な男性にとって、hiA#,hiBというのは高めの音階になります。『Vinyl』ではhiA#,hiBに当たる部分は決して多くは無いですので、頑張ってチャレンジしても良いかもしれません。一方で、高音が辛い場合、また楽曲に慣れないうちはキーを下げてもよいと思います。原曲キーから2~3程度下げて、hiA,mid2G#辺りに設定すると歌いやすくなると思います。

 『Vinyl』はKing Gnuの作品の中では比較的音域が狭いです。よって、キーを調整して歌唱したり練習するのにも比較的適している楽曲と言えます。例えば、原曲キーから5つ下げて、音域をmid1A~mid2F#辺りに設定して練習してもよいと思います。ただ、これ以上キーを下げると低音部がかなりきつくなる可能性もありますので注意してください。

 『Vinyl』はKing Gnu作品の中では手を付けやすい楽曲と言えます。『Flash!!!』(「It's Flash!!!」の井口パートを除く)などとともに、頑張って練習してレパートリーに加えても良いかもしれません。