J-POPの音域を調べる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

King Gnu

『小さな惑星』(King Gnu)の音域

 こんにちは。今回はKing Gnuの『小さな惑星』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。

 なお、『小さな惑星』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、うとくんさんのドラムカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカルの表現がフル尺で確認できます。


『小さな惑星』(King Gnu)、Chiisana Wakusei


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★決まっm1C#[た時]間に今日[も](Aメロ)
★叩きm1C#[起こ]されるん[だ]


【地声最高音】hiA#(A#4)  

★わm2G[らい]m2F#[合]G[う]m2G#[の]hiA#地[さ]

※2番サビのラストで1回だけ

【裏声最高音】hiC#(C#5) 

★街m2G#[から][か]hiC#裏[に]hiC[は]hiA#[る]G#[の]

※サビで複数回登場します



【補足】mid2Emid2G#の注意箇所

★ずっとm2E[ゆ]めを見ていたいのに(Aメロ)
★小m2E[さ]な惑星 いつもの街角の(Bメロ)

★こm2G#[おった]G#[がし]m2F[ず]かに溶け出したん[だ](サビ)
m2F[に]F[い]F#[が]G#[し]
★くm2F#[しゃ]m2F[み]をした

『小さな惑星』(King Gnu)









 まず、『小さな惑星』についてです。この楽曲は、2020年に4人組ロックバンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『CEREMONY』に収録されています。『小さな惑星』はHonda「VEZEL」のCMソングとして書き下ろされました。

 『小さな惑星』はアップテンポのバンドナンバーです。個人的にはドラムなどリズム隊が非常に耳に残るナンバーでした。アルバム『CEREMONY』の楽曲は演奏時間が短いものが多いですが、この『小さな惑星』は演奏時間が2:30程度と特に短いです。ただ、演奏時間の短さを感じさせない濃密さがあります。

 『小さな惑星』の歌メロはAメロBメロサビという構成で作られており、その点で馴染みやすい部分もあると思います。ボーカルの音域は広めなのですが、今回はツインボーカルでない分、King Gnu作品の中では手を付けやすくなっていると思います。hiA#1か所を除くと、mid2G#が一番高い地声音階になりますので、その点からもお奨めといえます。



 さて、『小さな惑星』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は2番サビのラストで登場します。King Gnuらしい転調が行われる場面です。この場面は歌メロの最も美味しい部分でもありますので、地声でハッキリ発声したいところです。
 この一場面を除くと、基本的にはmid2G#が高い箇所になります。その点を考えると、King Gnu作品の中では手を付けやすい一曲とも言えます。当ブログではこの楽曲のほかに、『Vinyl』『Flash!!』辺りも歌いやすい曲と分析しております。

 地声最高音hiA#は曲全体で1か所ですが、上手く発声できない場合はキーを下げるのも選択肢です。原曲キーから2つ程度下げて、mid2G#辺りに設定すると歌いやすくなります。

 さて、『小さな惑星』は音域自体は広めですが、キーの調整はある程度であれば可能であります。ただ、キーを下げて過ぎると、低音部分がしんどくなりうるので、注意してください。普段歌い慣れていない人が歌いやすくなるまでキーを下げるのは難しいかもしれません。キーを調整しても歌いにくい場合は、別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いと思います。

 『小さな惑星』はKing Gnu作品の中では比較的手を付けやすい作品だと私は考えております。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

『どろん』(King Gnu)の音域 / 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』主題歌

 こんにちは。今回はKing Gnuの『どろん』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『どろん』(King Gnu)、Doron


【地声最低音】mid1A#(A#2)  ※Aメロ

m1A#[ぼ]くらA#[な]にを大A#[事]
m1A#[に]ぎりしめ切れているんだろうか


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビで登場

★みm2G[か]m2F[たは]何処にhiA#[い]m2G#[るん]G[だ?]

※サビが繰り返される楽曲ですので、hiA#が何度も登場します




【補足】mid2Fmid2G#の注意箇所

★いつだm2F[っ]m2G[て]期限F[付]G[き]なんだ(サビ)
★血m2G[ば]m2F[しっ]て噛G[み]F[付]いた 

★白黒で単純に割り切m2G[れ]m2F[やし]ないよ(Aメロ)
★人生にガードレールは無いよm2G[な] (Bメロ)

★駅前m2F[を]流れる 人々を眺めてる(Cメロ)
★会話さえ やけにわずm2F[ら]わしくて
★ここはm2G#[ど]m2G[こ]、私はG#[だ]G[れ] 
★日常へ吸い込m2F[ま]れ、おやすみ

※楽曲ラストに登場するシャウトのロングトーンはhiGです

『どろん』(King Gnu)









 まず、『どろん』についてです。この楽曲は、2020年に5人組のロックバンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『CEREMONY』に収録されているナンバーです。アルバムの2曲目ですが、同アルバムは1曲目がインストですので、歌メロディーがある作品としては『どろん』がアルバムのオープニング曲になります。
 『どろん』は映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の主題歌として書き下ろされました。アルバムの発売から1か月後にYouTubeで『どろん』のMVが公開され、再生回数を伸ばしております。最近のミュージシャンは、アルバムの発売後に何曲かMVを公開することが増えているように感じます。

 『どろん』は疾走感のあるバンド曲です。少し前に取り上げたTeenager Foreverもアップテンポのバンド曲でしたが、サウンドや歌メロの色合いとしては『どろん』の方がやや暗めであります。イメージとしては、『Teenager Forever』よりも『どろん』の方がKing Gnuのパブリックイメージに近いのではないかと思います。

 『どろん』の歌メロについてですが、テンポがサビやCメロなどで特にテンポが速く、呼吸を入れる隙間が少ないです。高音を担当されているボーカルの井口さんは非常に大変なのではないかと思います。地声最高音もhiA#ですので、男性ボーカルとしては高めです。

 ボーカルの音域については、低音部分を担当する常田さんがmid1A#~mid2G辺り高音を担当する井口さんがmid2A#~hiA#辺りです。高音域が得意な歌い慣れた男性であれば一人で歌唱することも可能でありますが、2人でツインボーカルにするのも良いと思います。音域的には高音部分を女性が担当するのもアリだと私は考えております。





 さて、『どろん』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#2)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#についてですが、サビで複数回登場します。ラストのサビでは【しないんだ】の部分が繰り返されますので、見た目以上に難易度は高いです。サビメロのテンポも速く、大変です。一般的な男性の場合、キーを少し下げることも選択肢に入れておいてください。原曲キーから2つ程度を目安にすると良いと思います。
 
 一方で、音域とは異なりますが、この楽曲はサビやCメロのテンポが非常に大変な部分があります。歌詞とリズムをしっかり覚えておくというのも非常に重要です。基本的なことですが、テンポが速い楽曲では特に気を付けてください。

 『どろん』は音域が広めの楽曲であるため、キーの調整は行いにくいです。ある程度歌い慣れた人であれば少しキーを下げることは可能であります。ただ、普段歌い慣れていない人向けのキー調整が難しいです。その点は留意しておいてください。別の曲で歌い慣れた上で歌唱するのが良いのではないかと思います。
 King Gnuはツインボーカルのバンドであり、高音と低音を上手くパート分けしております。その分、カラオケなどで歌唱する難易度も高くなります。可能であれば、2人でボーカルを担当する方が、対応しやすいです。

 ※ラストのシャウトについてですが、音階としてはhiG(G5)になります。B'zやワンオクなどハードロック系のミュージシャンが参考になります。興味を持たれた方は調べてみても良いと思います。

『あなたは蜃気楼』(King Gnu)の音域

 こんにちは。今回はKing Gnuの『あなたは蜃気楼』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。自選曲になります。


『あなたは蜃気楼』(King Gnu),Anata ha Shinkirou


【地声最低音】lowG#(G#2)  ※Aメロで登場

★ひらりと 翻したの 風の吹くlowG#[ま]mid1A#[ま]


【地声最高音】hiB(B4)  ※転調後(+1)サビ

★"あhiB[な]hiA[た]m2F[は]しんhiA[き]m2G[ろ]F[う] 

※転調前はhiA#が最高音。歌唱は井口さんが行っております。




【補足】mid2Emid2G#の注意箇所

★あなたが蜃気m2F[楼]に見m2G#[え]m2F#[た]F[の](Bメロ)

★生きるこm2F#[と]m2F[は]大変F[で](Cメロ)
★歩いてりゃ誰か失っm2F[て]
★世界はさっかm2F[く]だらけ"

★無邪m2E[気]に笑っm2F#[て]みせて(転調後サビ)
★ぼm2E[く]を振りまm2G[わし]m2F#[て]
★心のうm2E[ち]m2G[なん]m2F#[て] わかりゃしE[ないっ]

『あなたは蜃気楼』(King Gnu)









 まず、『あなたは蜃気楼』についてです。この楽曲は、2017年に4人組ロックバンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『Tokyo Rendez-Vous』(トーキョー・ランデブー)に収録されているナンバーです。初のフルアルバムになります。『あなたは蜃気楼』はアルバムの発売後にMVが公開され、2020年2月現在、約500万回もの再生回数を記録しています。

 『あなたは蜃気楼』はミディアムテンポのロックナンバーです。冒頭のデジタル色の強いキーボードが印象的です。ストリングスなどが使用されることも多いKing Gnuですが、この楽曲はバンド色が強いです。歌メロディーについてもAメロBメロサビのような形を取っており、多くの人に馴染みやすい構成なのではないかと思います。メインボーカルは、バンドのフロントマンで低音パートを担当する常田大希さんが担っております。

 『あなたは蜃気楼』の音域的な特徴についてです。ツインボーカルということもあり、非常に広い音域です。メインボーカルの常田さんはlowG#~mid2G#辺りを担当しています。もし高音パートを担当してくれる方が居るならば、低音パートは大体mid2F#辺りまで歌唱できれば良いと思います。一方、高音パートはhiB辺りまで歌唱しております。場合によっては、高音パートは女性が担当しても良いかもしれません。サビは一人で歌うのは大変なのではないかと思います。
 


 さて、『あなたは蜃気楼』の音域についてですが、【地声最低音】lowG#(G#2) ~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高く、広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBについてですが、転調後のラストサビで登場します。通常サビはhiA#が最高音になります。メインボーカルの裏のコーラスのような形なのですが、歌詞表記もしっかりされており、表現として重要な場面です。
 ただ、仮にhiBを歌いこなせたとしても、メロディーが矢継ぎ早に登場し、2つのパートが重なっている場面もございます。サビのメロディーを一人で歌うのは難しいです。ベストな選択としてはボーカルを2人用意して、高音パートと低音パートに分けることです。高音パートは女性でも良いと思います。仮に一人で歌唱する場合は、メロディーのどこかをカットした方が良いと思います。

 『あなたは蜃気楼』は音域が広めであるため、キーの調整は行いにくいです。低音パートの常田さんでも2オクターブの音域で歌唱されておりますので、普段歌い慣れていない人は別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いと思います。

 King Gnuの曲全般に言えるのですが、メインボーカルが低音と高音を分けて歌唱するようなグループはボーカルを二人用意した方が完成度を高めやすいです。King Gnuのような高音パートは女性の方が適任者が見つかりやすいかもしれません(最近は動画投稿サイトなどでハイトーンボーカルを披露する男性も増えています)。

『Teenager Forever』(King Gnu)の音域

 こんにちは。今回はKing Gnuの『Teenager Forever』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Teenager Forever』(King Gnu)


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★伝えm1C#[か]たがわからなくて 今でも言葉を探しているんだ


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※楽曲全体で多く登場

☆他のだれm2F[か]F[なん]m2F[なれ]F[し]hiA#[ない]hiA[よ](冒頭)
m2F#[Teen-]m2G#[-a-][-ger For-]hiA#[-e-]F#[-ver](転調後[3回目])
m2F#[愛せな]m2F[かっ]m2G#{た]hiA#地[とし][て]F#[も]G#[ぉ]A#[ぉ](ラスト)

☆これと同じフレーズが多く登場します

【裏声最高音】hiB(B4) ※ラストサビ(アコギの部分)

★他の誰m2F#[か]m2F[に][なん]F#[なれ]F[や]F#[し]hiB裏[ない]hiA#[よ]




【補足】mid2FhiAの注意箇所

m2F[そんな]F[わ]m2G[かっ]hiA[て]G[るん]F[だ]

☆伝えm2F[たい]想いは溢れているのに
☆貴方の煌めきに m2F[気づけた]m2G[いいん]F[だ]

※☆の部分は転調後にキーが1つ上がります。

『Teenager Forever』(King Gnu)









 まず、『Teenager Forever』についてです。この楽曲は、2020年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『CEREMONY』に収録されているナンバーです。これまでライブなどで演奏されていた楽曲ですが、ソニーのワイヤレスイヤホン、ウォークマンのCMソングとして起用されました。アルバムに先立ち、配信も開始され、King GnuのYoutube公式チャンネルでMVも公開されました。アルバムのリード曲といってよいのではないかと思います。

 『Teenager Forever』はアップテンポの軽快なナンバーです。バンドサウンドが中心ですが、要所要所でアコースティックギターなども用いられております。King Gnuの作品の中ではかなりポップ寄りの楽曲なのではないかと思います。リード曲らしい趣きがあります。

 『Teenager Forever』の音域的な特徴についてです。この楽曲の一つの特徴としては、途中で転調が行われ、歌メロのキーが1つ上がる点であると思います。King Gnuはこれまでも転調が行われる楽曲が多くありましたが、今回もそうした楽曲であります。ただ、一般的に多くの人がイメージする転調と比べて、少し分かりにくいのではないかと私は感じました。「気が付いたらキーが上がっていて、歌いにくくなっている」ように感じる人もいると思います。歌唱する際は、その辺りに注意を払ってください。



 さて、『Teenager Forever』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は楽曲全体で多く登場します。【他のだれm2F[か]F[なん]て m2F[なれ]F[し]hiA#[ない]hiA[よ]】というフレーズに代表されます。また、転調後も登場します。ちなみに、歌メロの転調は【煌めきを探せよ】という常田さんのフレーズ部分で行われます。
 この辺りの音階は、高音域が出やすい歌が得意な人は比較的克服可能なキーでありますが、一般的には高めです。よって、一つの選択肢としてキーを下げることも考えてください。例えば、原曲キーから2~3程度下げると最高音がmid2G辺りに設定され、歌いやすくなります。

 『Teenager Forever』は音域はやや広めですが、キーの調整は可能です。ツインボーカルのKing Gnuはこの辺りの融通が利きにくい楽曲も多いのですが、今回は大丈夫です。
 ただ、それでも音域自体はやや広めですので、普段歌い慣れていない人が歌いやすいキーに合わせて歌唱できるほどの融通は利きません。キーを下げるにしてもある程度歌い慣れていることが前提になると思います。その点については留意しておいてください。歌い慣れていない人は別の曲で歌い慣れた上でチャレンジすると良いです。

 私なりの認識ですが、『Teenager Forever』はKing Gnu作品の中では比較的歌いやすい部類に当たると思います(原キーで歌唱する場合は、ある程度難しめです)。アップテンポでカラオケなどでも歌いやすいと思いますので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。個人的にはお奨めのKing Gnu作品です。

『Don't Stop the Clocks』(King Gnu)の音域

こんにちは。今回はKing Gnuの『Don't Stop the Clocks』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『Don't Stop the Clocks』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても、Twitterの公式チャンネルに投稿されたショートバージョンの動画を添付いたします。ご了承ください。


『Don't Stop the Clocks』(King Gnu)


【地声最低音】mid1E(E3)  

★憂鬱が空を覆い尽くしたっm1E[て] 


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

★君と夢m2G#地[を見]ていたいんだよ

※裏声にも聞こえるのですが、現時点では地声にします
※この場面を除くと最高音はmid2Fになります。

【裏声最高音】hiF(F5) ※楽曲全体で3回登場

★この風に身を委ねておhiC[ど]hiD[れ]hiE[ば]hiF[い]E[い]




【補足】mid2F,hiAhiDの注意箇所

☆Lonely Lonely m2F[Lone-]- ly泣かないで いm2G#[と]しい人よ
★このまhiA[ち]hiB[がぼ]A[く]らを
★孤hiC[独][に]A[る]のなら

★未来を愛していられる あなたとhiA[なら]
★きhiA[せ][が][ぐ]り はA[じ]hiB[め]hiC[る]
hiB[時]hiC[計]hiD[の]C[は]B[り]を 進A[め]

『Don't Stop the Clocks』(King Gnu)










 まず、『Don't Stop the Clocks』についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『Sympa』に収録されているナンバーです。

 『Don't Stop the Clocks』は演奏時間が2分程度の小曲です。ストリングス等が用いられた短い曲ですが、メロディーが非常に美しく、非常に濃密です。リクエストされた理由が分かります。高音ボーカルの井口さんの特性が活かされております。ゆったりとしたテンポのラブソングですが、カラオケなどで歌唱しても楽しいのではないかと感じました。

 『Don't Stop the Clocks』の音域的な特徴についてです。図にも示していますが、歌メロの約半分が裏声で構成されております。井口さんは裏声の美しさに定評がありますが、この楽曲はまさにそうした声質がよく表現されております。カラオケ等で歌唱する際は、裏声の精度がカギとなります。

 この楽曲の歌詞についてですが、ラブソングです。タイトル『Don't Stop the Clocks』(時を止めないで)とあるように、「これからも二人の幸せな時間を過ごしていきたい」というニュアンスになります。こうした点も多くの人に受け入れられやすい歌詞と言えるのではないかと思います。King Gnuの作品の中では、大衆的な要素が強いと感じました。King Gnuを知らない人にもお奨めできる楽曲だと思います。



 さて、『Don't Stop the Clocks』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。地声については一般的な男性の音域の範囲内と言えますが、裏声が非常に高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音についてですが、mid2G#になります。ここは、やや裏声のようにも聞こえるので、歌唱する際は裏声でもよいと思います。そこを除くと、上述の【補足】の☆部分「Lonely Lonely m2F[Lone-]- ly泣かないで」のフレーズが地声の最高音になります。mid2F、mid2E辺りが安定的に地声で歌唱できる必要があります。この辺りは、一般的な男性の音域の範囲内でありますが、普段歌い慣れていない人はmid2F辺りでスムーズな発声が損なわれやすいです。少しずつ練習を重ねてください。

 『Don't Stop the Clocks』は裏声が多用されている楽曲です。よって、楽曲のニュアンスを上手く表現するためには、裏声が上手く使えることが非常に重要になります。表記はしておりませんが、mid2G辺りから裏声になり、高い部分ではhiFに達します。スマホなどで録音しながらでも良いですので、練習を重ね、裏声の精度を高めてください。この『Don't Stop the Clocks』は裏声の練習に非常によい楽曲と言えるのではないかと思います。

 King Gnuの楽曲群は全体的に難易度が高く、またバラード調の作品でもマイナーコードが用いられ暗めのニュアンスのものも多いです。
 その中にありながら、この『Don't Stop the Clocks』は非常に多くの人に受け入れられうる楽曲なのではないかと私は感じました。裏声が上手く使いこなせるのであれば、比較的手を付けやすいといえます(上手く歌いこなすにはやはり力量は必要です)。「King Gnuを歌いたいけど難しい」と感じている方に、個人的にお奨めしたい楽曲です。