J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

椎名林檎

『罪と罰』(椎名林檎)の音域

 こんにちは。今回は椎名林檎さんの『罪と罰』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。
 先日、テレビ番組でBiSHのアイナ・ジ・エンドさんが同曲をカバーしており、良い機会だと考え、今回取り上げることにしました。


『罪と罰』(椎名林檎)、Tsumi to Batsu(Ringo Sheena)

『罪と罰』(椎名林檎)









【地声最低音】mid1D(D3)  ※楽曲のラストで登場

★頬を刺す朝の山手通り たm1D[ば]この空D[き]箱をD[捨]てる


【地声最高音】hiD(D5)  ※ラストサビで1回

★不穏な悲鳴をhiA[愛]hiD地[ない]hiB[で]A[ぇ][ぇ](転調サビ[+2])

※ラストサビで転調し、キーが2つ上がります。


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※2番サビで1回

hiC[掠れさせて居]hiD#裏[たの]C[だ]hiA#[ろ]C[う](2番サビ)


【補足】hiAhiDの注意点

hiB[ほ]hiC[お]hiA#[刺]C[す] A#[あ][の山]B[手]C[通]り(Aメロ)
★煙草m2G#[の]空きばG#[こ]を捨てG#[る]

m2A[静]寂を破るドhiA#[イ]hiA[ツ]A[と パ][カー](Cメロ)
★サイhiC[レン][音] hiA[げん]hiA#[じ][つ]C[界] A#[或][る]hiD裏[浮]A[遊]

★不穏な悲鳴をhiA[愛]さないで 未来A[等] 見ないで(転調サビ[+2])
hiB[か]くしん出来る いhiA#[まだけ]A#[さねて]A[ぇ]



 まず、『罪と罰』についてです。この楽曲は、2000年に女性シンガーソングライターの椎名林檎さんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『勝訴ストリップ』およびベストアルバムにも収録されています。シングル曲『ギブス』との2枚同時リリースとして当時話題になりました。

 『罪と罰』はロック色の強い楽曲にです。ギターは、当時BLANKEY JET CITY(ブランキー・ジェット・シティ)に所属していた浅井健一さんが担当しています。浅井さんは、椎名林檎さんの楽曲『丸ノ内サディスティック』の歌詞中にも愛称ベンジーとして登場しています。

 『罪と罰』の音域的な特徴についてです。図にも示すように音域はかなり広めの作品になります。最高音自体はそこまで高くはないです。ただ、椎名さんの抑揚などを表現しようとすると、難易度は非常に上がります。その点なども考慮して、各々工夫すると良いと思います(後述)。



 最後に、『罪と罰』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域より広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Dについてです。楽曲のラストに登場します。ここは、低音が強調される場面です。歌いにくいと感じた場合は、1オクターブ上のメロを弱めのニュアンス歌唱するのも良いと思います。ただ、出来れば原曲通りに歌唱したいところです。
 キーを下げて練習する場合、このラストの場面はあまり気にしてなくても良いと思います。

 地声最高音hiDはラストのサビで1回だけ登場します。回数としては少なめであります。この場面を除くと、同曲はhiC辺りを安定的に歌えるとかなり形になりやすいです。音域は広いですが、「高音域自体は滅茶苦茶には高くない」です。その点を頭に入れておくと、手を付けやすいと思います。

 一方で、『罪と罰』は椎名林檎さんのエレキギターのような声色が特徴的でもあります。こうした部分まで表現しようとすると、難易度が上がってきます。各々の状況を踏まえ、どういう表現を目指したいのかを考るとよいです。

 『罪と罰』は音域自体はかなり広めであり、キーの調整には向きにくいです。最高音自体はそこまで高くないですので、高音域が得意な方はキーを上げても良いかもしれません。多くの女性にとってはキー調整が難しい作品だと思います。
 もし、キーを下げて練習する場合、楽曲のラストの部分はあまりこだわらなくてもよいです。ラストの部分を除くと、最低音はmid2Aになります。
 



『永遠の不在証明』(東京事変)の音域 / 映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』主題歌

 こんにちは。今回は東京事変の『永遠の不在証明』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲ですが、私自身もリストアップしていた作品でもあります。
 ちなみに、東京事変の曲を当ブログで取り上げるのは、今回が初になります。椎名林檎さんの作品については、これまで少しずつですが、取り上げております。


『永遠の不在証明』(東京事変)、Eien no Fuzaishoumei(Tokyo Jihen)

『永遠の不在証明』(東京事変)










【地声最低音】mid1E(E3)  

★引き金を引いた途端立ち現m1F#[わ]m1E[る] F#[し]m2F#[く]空虚な

※Aメロで繰り返し何度も登場します


【地声最高音】hiD(D5)  

hiD[宇]hiB[宙]hiA#[の仕]hiA[組み]G[は未]

※ラストサビで2回だけ登場します。


【補足】mid2F#(一部略)hiBの注意箇所

★そのしm2F#[んそう]top m2G[se-][-cret]F#(サビ直前)

★さあかm2G#[く]hiA[し]hiB[通]A[せ]よ 
★一層じm2G[つ]hiA[全]G[部]真っ黒だろうけど
hiB[う]hiA#[そ]B[吐]A#[く]A#[え]B[ら]
★台hiB[本]hiA#[書き]hiA[続]m2G[ける]m2F#[か]釈明しようか



 まず、東京事変(とうきょうじへん)について少し説明します。東京事変は、2003年に女性シンガーソングライターの椎名林檎さんを中心に結成された5人組のロックバンドです。ジャンルとしては、ロックなものから、ジャズ色の強いもの、ファンクなど様々ですが、全体としてバンドとしての心地よさが感じられるものが多いです。
 椎名林檎さん自身は初期はロック色の強い作品が多かったのですが、近年はそれに留まらない作風になっております。私なりのイメージですが、椎名林檎さんの初期作品が好きな人は、東京事変の方が好きな作品が多いのではないかと考えております。ちなみに、東京事変には、椎名さんの初期作品のアレンジを務めた亀田誠治さんもベーシストとして参加しております。

___

 さて、『永遠の不在証明』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンド東京事変によりリリースされたミニアルバム『ニュース』に収録されております。同アルバムは収録曲5曲を、メンバーが1曲ずつ作曲しており、『永遠の不在証明』は椎名林檎さんが作曲を務めております。作曲をフロントマンのみが務めることが多い昨今、意外と珍しいのではないかと思います。アレンジは東京事変でクレジットされております。
 『永遠の不在証明』は、劇場版の『名探偵コナン 緋色の弾丸』主題歌として書き下ろされた作品です。映画自体は新型コロナウイルス感染症の流行で延期となりましたが、今後、映画を媒体として耳にすることも増えてくるのではないかと思います。

 さて、『永遠の不在証明』はアップテンポのアヴァンポップです。「暗躍モノのアニメ」の主題歌ということもあり、ダーク感が非常に強いです。こうした点は東京事変もそうですが、椎名林檎さんの強みといえます。歌メロはAメロBメロサビという馴染みやすい形で作られていますが、やや取っ付きにくい部分も多いのではないかと私自身は考えております。

 


 さて、『永遠の不在証明』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも広めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1EはAメロで登場します。この楽曲はラストがAメロで終わりますので、地声最低音も意外と重要になってきます。一般的な女性の声域よりも低めですので、しっかり練習を重ねたいところです。

 地声最高音hiDはラストのサビで2回だけ登場します。登場回数としては少ないですが、高音域が辛いと感じられる方は、裏声気味に歌唱しても良いのではないかと思います。各フレーズ1音ですので、裏声でも目立ちにくいです。

 『永遠の不在証明』は音域自体は広めであり、キーの調整の余地は少ないです。その点で、歌い慣れていない人向けには融通が利きにくいです。ただ、通常サビではhiBが最高音になりますので、サビ部分はそこまで歌いにくいわけではないです。低音部分が目立つ場面も多いですので、低音域が苦手な方はキーを上げるのも選択肢です(歌い慣れている人の場合)。

 この楽曲は、カラオケなどでも盛り上がる類の作品とは言い難い部分もありますが、今後映画の公開とともにファン以外にも広く知られていくのだと思います。個人的には非常に癖になる作品です。



『カプチーノ』(ともさかりえ)の音域 / 椎名林檎作詞作曲

こんにちは。今回はともさかりえさんの『カプチーノ』(1999)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 ※椎名林檎さん自身は半音上(+1)のキーでカバーされております。

『カプチーノ』(ともさかりえ)、Cappuccino(Rie Tomosaka)
『カプチーノ』(ともさかりえ)










【地声最低音】mid2A#(A#3)  ※Aメロ

★今m2A#[度]逢うと[きは] コー[ト]も 要らA#[ないと] 


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビで登場

★あと少し あたm2G[し]m2G#[の]G[成]長をhiA#裏[待っ]
★あなm2G[た]hiA#[を夢]m2G#[中]に させたくて
m2G#[か]G[わ]G#[い]hiA#[がっ]てね


【補足】mid2F#mid2G#辺りの注意箇所

★もm2G-m2G#[がたしを](サビ)
★ミルクのm2G[し]m2G#[ろ]G[に] 茶色が負m2F#[け]ている(Bメロ)
★約束など 1つも交わして居m2G[ない] G[い]つの間にか(Cメロ)

※アウトロのフェイクでは裏声hiD#が一番高いです
※椎名林檎さん自身は半音上(+1)のキーでカバーされております。


 まず、『カプチーノ』についてです。この楽曲は、1999年にともさかりえさんによりリリースされたシングル作品です。ともさかりえさんは女優として活躍されておりますが、歌手活動も行っており、シングルを12枚、オリジナルアルバムを3枚リリースしております。同曲はベストアルバムなどにも収録されております。
 『カプチーノ』は、当時ブレイク直前だった椎名林檎さんにより作詞作曲されており、隠れた名曲ともいわれております。2014年に椎名林檎さん自身もセルフカバーアルバム『逆輸入 〜港湾局〜』で、同曲をカバーしており、非常に話題になりました。椎名林檎さんはともさかりえさんに対しては、『少女ロボット』、『木蓮のクリーム』、『シャンプー』といった楽曲提供も行っております。

 『カプチーノ』は軽快なポップナンバーです。ソフトロックっぽさがあり、また演奏にサックスが用いられるなど、軽快でありながら落ち着いた印象も感じます。歌詞については、「あたし」の気持ちの揺れ動きが、コーヒーの苦さとミルクの甘さに比喩されております。ラストのサビで登場する【誰よりもあたしをちゃんと見透かして口の悪さや強がりは“精一杯”の証拠だって】というフレーズは、この楽曲を象徴しているのではないかと思います。

 


 さて、『カプチーノ』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#サビで登場します。この辺りの音階は、最近のJ-POPでは低めのキーになります。「女性の曲ではキーが高すぎる」という女性にも比較的手を付けやすいのではないかと思います。当然、歌い慣れいる人の方がスムーズな発声ができますので、しっかり練習を重ねるに越したことはありません。


 『カプチーノ』は音域自体も広くないです。よって、キー調整も非常に容易であり、自分の歌いやすいキーに合わせやすいです。歌メロディー自体もそこまで難しいわけではありませんので、練習曲として向いているのではないかと思います。
 椎名林檎さん自身はともさかりえさんのバージョンよりも1つキーを上げてカバーされております。各々歌いやすいキーで歌われるとよいのではないかと思います。
 『カプチーノ』は声が高い男性であれば、原曲キーでも歌唱できるのではないかと思います。一般的には少しキーを下げた方が歌唱しやすいです。

 『カプチーノ』は多くの人が知っている楽曲ではないですが、歌いやすく、歌詞やメロディー、アレンジなども素晴らしいと思います。個人的にはもっと広まってもよいと考えており、今回紹介させていただきました。。



『獣ゆく細道』(椎名林檎と宮本浩次)の音域

 こんにちは。今回は"椎名林檎と宮本浩次"の『獣ゆく細道』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 今回は男性と女性のデュエットで、キーが異なり、ハモリなどもあるということで、従来よりも調査に時間がかかりました(調査出来てない部分もございます)。最高音と最低音の確定は出来ています。ハモリの部分は一部確定されていません。煩雑にならない範囲で記事にしています。


『獣ゆく細道』(椎名林檎と宮本浩次)、Kemonoyuku Hosomichi(Ringo Sheena & Hiroji Miyamoto)

『獣ゆく細道』(椎名林檎と宮本浩次)『獣ゆく細道』(椎名林檎と宮本浩次)2


















【地声最低音】mid1E(E3),mid2A(A3)  

m1E[お]ため[ご]かしか、[と]んだE[か]まとゝ(2番Bメロ)
m1E[能]書きはまう結構です(Cメロ宮本)

※女性パートの最低音は2番AメロBメロで登場
※男性パートはラストでmid1D#が登場しますが、ハモリの部分なので今回は含めておりません

☆狭き道をmid1D#[ゆ]け

【地声最高音】hiC(C5),hiD(D5) 

hiB[だ]hiD[まつ]hiC[て]B[遠]C[く]B[へ]行かう(2番サビ)
hiD[せ]hiC[ま]hiB[き]hiA#[み]B[ち]A[を]ゆけ(ラスト)

※宮本さんのhiC部分は【補足】に記載しております。

【補足】mid2G(一部略)hiCの注意箇所

★こm2G[の]hiA[世]はG[無]A[常] (冒頭)
★m2F[さう]m2G[絶え間]F[ないな]がれに

★飼馴m2G[らし]m2F[てゐるやう]で(Bメロ)
★あm2G[た]hiA[ま]とかG[ら]A[だ](椎名)

★まるごm2G[し]hiA[の]G[い]のちをいま(サビ宮本)
★野放しにhiA[つっ]m2G[ぱ]A{し]G[らう]
hiA[行くさ]hiA#[き]A[は]m2G[と]切れる場A[所] 
hiA[大]hiC[自]hiA#[然]A[とし]A#[てい]G[ざ]行かう

★きhiA[かつ]m2G[てゐる]やうで(2番Bメロ椎名)

★かじm2G[か]hiA[む]hiB[だ]A[い]G[の]ちでこそ(サビ椎名)
★成遂げた結hiB[果]hiA#[が]B[す]hiA[べ]m2G[て]
hiB[孤独とは]hiA[ひ]m2G[換]へりやあ自B[由]

★ものm2G[ほん]hiA[か天]hiB[ぷら]G[か]A[なん]G[ナン]センス(Cメロ椎名)
★勝hiA[敗]hiB[さへ]hiC[も]B[とう]A[に]んだA[け]B{意味が]C[有]B[る]

hiB[さあむさ]hiC[ぼ]B[れ]hiA[らひ]m2G[飛]ばすのB[さ](ラストサビ椎名)


 まず、『獣ゆく細道』についてです。この楽曲は、2018年にシンガーソングライターの椎名林檎さんと、エレファントカシマシのボーカル宮本浩次さんによりリリースされたシングル作品です。配信シングルとしてリリースされ、その後、椎名さんのアルバム『三毒史』 や、ベストアルバムにも収録されました。また、2020年発売の宮本浩次さんのソロアルバムにも収録される予定とのことです。この楽曲は、日本テレビ系報道番組『news zero』のエンディングテーマとして椎名林檎さんにより書き下ろされた作品です。

 『獣ゆく細道』は椎名林檎さんの作詞作曲で、アレンジは笹路正徳さんによりなされました。笹路さんはスピッツなどのプロデュースで広く知られています。サウンドとしてはジャズアレンジですが、メロディーや歌詞のテイストから和の要素も強く感じさせられます。
 歌メロは歌謡テイストなのですが、テンポが速いです。また歴史的仮名遣いなどが用いられており、その点で難しさを感じられる方も多いかもしれません。メロディーやリズム、歌詞をしっかり覚えておきたいです。

 『獣ゆく細道』の音域的な特徴についてです。男性ボーカルについてはかなり高めであり、女性ボーカルについても高めであります。どちらも低音部分に少し余裕がありますので、キーを下げて歌唱することは可能ですが、ハモリなどもあるため歌い慣れた人向けの楽曲といえます。




 さて、『獣ゆく細道』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3),mid2A(A3) ~【地声最高音】hiC(C5),hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。男女ともに一般的な人の音域よりも高めであります。とりわけ男性の音域が高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD,hiCはそれぞれのサビで登場します。『獣ゆく細道』はサビが男女でキーが異なっており、椎名さんのパートはキーが2つ上がります。ただ、どちらかというのは大変なのは男性のパートではないかと思います。高音域が得意な男性か、低音部分も歌いこなせる女性が居るならば、重宝されます。

 男女どちらも一般的な人の音域も高めですので、キーを下げて歌唱するのが良いと思います。ただ、キーを下げ過ぎると、女性パートが辛くなりやすいです。その点で、『獣ゆく細道』は融通の利きやすい楽曲ではありせん。ある程度歌い慣れた人向けの作品であると言えます。
 『獣ゆく細道』はややハードルの高い作品といえますが、歌いこなせると非常にカッコイイ楽曲なのではないかと思います。



『二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎』(宇多田ヒカル)の音域と感想

 こんにちは。今回は宇多田ヒカルさんの『二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。宇多田ヒカルさんは当ブログでは初登場になります。


『二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎』(宇多田ヒカル)、Nijikan Dake no Vacances featuring Ringo Shina(Hikaru Utada)


【地声最低音】mid1D(D3)  

★物語の脇役になって[だ]いぶ月日が経つ


【地声最高音】hiC(C5)  

★いhiC[ま]hiA#[す]hiA[ぐ]mid2G[連][れ][て]行って(サビ)


【補足】hiA#mid2G辺りの注意点

★履かれる日を待つハイmid2G[ヒー]
★息抜きしましょうよ いっそ派mid2G[手]
★朝mid2G[ひ]hiA[る]hiA#[ば]A[ん][と][ん][る](サビ)
mid2G[ほ][く]hiA[る][ま]飛ばして(Cメロ)

『二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎』(宇多田ヒカル)









 まず、『二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎』についてです。この楽曲は2016年にシンガーソングライターの宇多田ヒカルさんによりリリースされたアルバム『Fantome』(ファントーム)に収録されている作品です。タイトルにあるように、椎名林檎さんとコラボされています。宇多田ヒカルさんと椎名林檎さんは同じ時期にデビューし、活躍され続けていますが、公私ともに交流があるようです。
 また、『二時間だけのバカンス』は編曲に宇多田ヒカルさん以外にもサイモン・ヘイルさんという方がクレジットされています。この方は、ビョーク、ジャミルクワイ等のアレンジでも知られている英国のコンポーザーです。

 さて、『二時間だけのバカンス』のサウンドについてです。先に述べたように編曲にサイモン・ヘイルさんが携わっており、ストリングスのアレンジを担当しております。ストリングスのアレンジと聞くと、J-POPなどではサビの盛り上げなどに使われるイメージが強いです。一方、この『二時間だけのバカンス』においても、ストリングスは1番のサビから登場し、楽曲を盛り上げていくのですが、豪華な感じというよりも、少し落ち着いた印象が強いです。歌詞とも関連するのですが、若い頃に聴いていたような音楽を卒業した大人(親)世代にも受け入れられやすいアレンジなのではないかと思います。

 歌詞についてです。タイトルにあるように、「忙しい時間を縫って仲のいい友人(恋人)と会う」ような内容になっています。宇多田さんと椎名さんとのコラボということですが、二者の間で歌詞に出てくる登場人物の役割分担がされています。宇多田さんのパートでは第一線を退き主婦をしているような人(もしくは裏方に徹する人生を歩んでいる人)を想起させます。一方で、椎名さんは現役でバリバリ働いている人(積極的な人)といった感じだと思います。歌詞でも椎名さんの側が誘って宇多田さんを短いバカンスに連れて行くといった内容です。全体として、30~40代の女性同士の関係を想起させますが、一方で「今日は授業サボって」とあるように、若いリスナーなどにも物語にきっかけを与える工夫がされていると思います。



 さて、『二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】hiC(C5)でメロディーが構成されております。高音部分は女性の音域の範囲と言えますが、低音部がかなりきつめだと思います。

 まず、地声最高音hiCについてです。椎名林檎さんはかなりはっきり地声で歌唱していますが、宇多田ヒカルさんはやや裏声気味のニュアンスもあると思います。よって、hiCなどの音階がキツイと感じられる方は、裏声で歌唱しても原曲のニュアンスが保てると思います。
 一方で、普段歌い慣れていない人の場合は、滑らかな発声が出来ないかもしれません。練習を重ねてください。高音部分については裏声を交えれば、ある程度努力が報われるような作品ではないかと思います。

 『二時間だけのバカンス』の注意点としては、低音部分が女性の音域としてはかなりきつめであるということです。よって、この楽曲はキーを下げて練習するのにはあまり向かないと思います。その点は留意しておいてください。たとえば、「キーを下げて練習するときは、Aメロの低音部分はあまり気にしない」と割り切ってもよいと思います。

 ちなみに、声が高い男性の場合、この楽曲を原曲キーで歌えるのではないかと思います。そうした人は男女でデュエットしても面白いかもしれません。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー