J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

フジファブリック

『赤黄色の金木犀』(フジファブリック)の音域と感想

 こんにちは。今回はフジファブリックの『赤黄色の金木犀』(2004)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。秋が近いので選曲してみました。


『赤黄色の金木犀』(フジファブリック)、Akakiiro no Kinmokusei(Fuji Fabric)


【地声最低音】mid1A#(A#3)  ※Aメロ

★もしもm1A#[過]ぎ去りしあなたに 全てm1A#[つ][え]られるのならば


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

★たmid2F[ま]mid2G[ら]G[く]mid2G#[なっ]G[て](サビ)
★かんm2F[しょ]mid2G[う][て]mid2G#[き][に]はな[り][き]れず(Cメロ)
★かmid2G[お]mid2F[り][~]mid2G#[が]G[し]て(ラストサビ)



【補足】mid2Fmid2G辺りの注意箇所

★あmid2G[か]mid2F[き][ろ][の]金木犀の(サビ)
★期待外れなmid2F[程] (Cメロ)


『赤黄色の金木犀』(フジファブリック)









 まず、『赤黄色の金木犀』(あかきいろのきんもくせい)についてです。この楽曲は、2004年にロックバンドのフジファブリックによりリリースされた通算3枚目のシングル作品です。四季をテーマにして作られた楽曲の一つで、「秋」がモチーフになっています。タイアップなどは付いていないようです。
 フジファブリックのYouTube公式チャンネルではMVが公開されており、2019年8月現在、約450万回もの再生回数を記録しています。人気曲の『若者のすべて』には届かないものの、それに次ぐ人気の高い楽曲だと言えます。

 『赤黄色の金木犀』のサウンドについてです。まず、イントロのエレキギターが非常に美しいです。木々から紅葉がヒラヒラ落ちてゆく様が表現されているような儚いアルペジオです。このフレーズはアウトロでも流れ、楽曲の世界観を彩ってゆきます。また、個人的にはAメロの間奏で入るキーボード、Cメロのドラムなども聴きどころだと思います。
 歌メロディーについてです。Aメロが2回繰り返され、サビ、Cメロ、サビという構成です。シンプルながメロディーの構成だと思います。歌メロディー自体はポップでありながら、非常にもの悲しさを感じます。秋が深まっていく様が上手く表現されているサウンド、メロディーだと思います。

 『赤黄色の金木犀』の歌詞についてです。全体としてやや抽象的な表現もありますが、別れてしまった「あなた」について物思いにふけっている姿が想起されます。世界観としては、以前取り上げた『若者のすべて』と通じる面があると私は解釈しています。例えば、「何故か無駄に胸が騒いでしまう帰り道」というフレーズは、『若者のすべて』に登場した「ないかな ないよな きっとね いないよな会ったら言えるかな」といった姿と重なりました。ただ、2曲は「あなた」を思い浮かべるきっかけとして、それぞれ「キンモクセイ」と「最後の花火」が引き金となっています。全体として非常に美しく、聴き手に想像を促す歌詞だと思いました。
 フジファブリックは『若者のすべて』が近年特に知名度を上げていますが、この『赤黄色の金木犀』もこれからもっと知られていく楽曲なのではないかと私自身は考えています。





 さて、最後に『赤黄色の金木犀』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#3) ~【地声最高音】mid2G#(G#4) でメロディーが構成されております。大よそ、一般的な男性の音域の範囲内だと言えます。
 
 まず、地声最低音についてはmid1A#です。一般的な男性の音域の範囲内ですが、高音域が得意な男性には少しきつい箇所かもしれません。場合によってはキーを上げるなどの対応を取っても良いと思います。

 さて、地声最高音はmid2G#です。サビやCメロで登場します。このmid2G#は一般的な男性の音域のボーダーラインに当たる音階です。一般的な男性でも苦しいということは十分にあり得ます。十分に歌い慣れた上で臨みたいところです。もし苦しい場合は少しキーを下げても良いかもしれません。
 ちなみに、歌い慣れていない人は、mid2F~mid2G等の音階で苦労する可能性があります。ただ、ある程度歌い慣れてくると歌いこなせる可能性が高い音階でもあります。少しずつ練習を重ねてください。

 『赤黄色の金木犀』は全体的に見ると音域がやや広い楽曲だと私は判断しています。ゆえに、キーを下げ過ぎると、逆に低音部がきつくなるという可能性もあり得る楽曲です。その点は留意しておいてください。場合によっては、別の曲で歌い慣れた上で、この『赤黄色の金木犀』に挑戦するという選択肢もあり得ると思います。

 この『赤黄色の金木犀』はやや憂いを帯びたメロディーや歌詞ですので、必ずしもカラオケで盛り上がるといった楽曲ではないかもしれません。ただ、私自身は非常に良い楽曲であると考えています。また、今の時期にも非常にマッチする作品なのではないかと思います。

『陽炎』(フジファブリック)の音域と感想

 こんにちは。今回はフジファブリックの『陽炎』(2004)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『陽炎』(フジファブリック)、Kagerou(Fuji Fabric)


【地声最低音】mid1D(D3)  

[あ]の街並 [お]もい出したとき[に]何故だか浮かん[だ] (Aメロ)


【地声最高音】mid2G(G4)  

★残像mid2F#[が] [を] [締]mid2G[つ][け]る(Aメロ)
mid2F#[窓からそっと][を]出しmid2G[て] (サビ)
mid2F#[あ][て][い]えを飛[び]mid2G[出][し]




【補足】その他、mid2F#の注意点

★ポツリと降っmid2F#[て]くる 肩落として帰った(Bメロ)
★やんでた雨に気付いmid2F#[て](サビ)

『陽炎』(フジファブリック)









 まず、『陽炎』についてです。この楽曲は、2004年にフジファブリックによりリリースされたシングル作品です。四季をテーマにして作られたシングルの夏バージョンとしてリリースされました。歌詞もそうした内容になっています。
 ちなみに、タイトルの『陽炎』とは、日光で暖められる地面の上に不規則な気流が起こり、遠方の景色などが細かくゆれたり形がゆがんで見える現象です。焚き火の上を通して、遠くを見たなどにも起こります。春や夏に生じやすい現象でもあります。

 さて、『陽炎』のサウンドにつていです。軽快なバンドサウンドですが、フジファブリックにはキーボード担当の金澤ダイスケさんがいますので、キーボードの役割も非常に目立ちます。ただ『陽炎』には、サカナクションのようなエレクトロな要素はあまりなく、一般的なバンドサウンドにキーボードやシンセサイザーが加わるといった形です。
 歌メロディーについては、AメロBメロサビという構成ですが、2番ではBメロが無く、Aメロサビという構成です。また、ラストのサビはなく2番サビの後は、アウトロが1分半近く続きます。このアウトロも非常に聴きどころだと思います。楽曲を締めくくるキーボードが良い仕事をしています。こうした点は、チャートで上位にランクインする人気のJ-POPには多くない展開だと思います。

 『陽炎』の歌詞についてです。歌詞は、ふと自分の少年時代を陽炎のように思い出した場面が描かれています。情景描写が非常に分かりやすく、作詞をしている志村正彦さんの描写力の賜物だと思います。「雨が止んだことに気付いて、野球をしに急いで家を飛び出していく夏の日の少年の姿」から、少年時代のひたむきさや無邪気さが連想されます
 考えてみれば、子どもの頃はどこかに遊びに出かけるときも「忘れ物はないか」などと気にすることはあまりなかったように思えます。ポケットに少しのこづかい持って、手ぶらで飛び出した記憶が私にもあります。逆に、大人になった今となっては、ちょっと外に出る時も大きめのカバンに必要なものを詰め込んで出ていきます。

 一方で、駄菓子屋で何買うかあれこれ迷ってしまう姿など、小さなことにあれこれ迷ってしまう姿も描かれます。マゴマゴしているうちに雨が降って、野球が出来なくなってしまうというのも非常に面白い描写だと思います(先述しておりますが、サビの部分では、再び野球をしに外に出ていく描写がなされます)。けど、駄菓子屋であれこれ迷ってしまうこともよい思い出です。



 さて、最後に『陽炎』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】mid2G(G4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内であります。

 以前より申しておりますが、「一般的な男性の音域の範囲内」といっても普段歌い慣れていない人がカラオケなどでいきなり高いレベルで歌いこなせるわけではありません。歌い慣れておくには越したことがないですので、しっかり練習しておくと良いと思います。

 『陽炎』は音域が広いわけではありませんので、キーを調整して練習することも可能です。男性ボーカルの一つのハードルであるmid2E~mid2G辺りの音階を練習するのに良い練習曲でもあると思います。例えば、フジファブリックは『若者のすべて』(地声最低音】mid1A#(A#2) ~【地声最高音】mid2G#(G#4) )が人気の高い楽曲ですが、そちらよりも、この『陽炎』の方が歌いやすいのではないかと思います。

 楽曲自体は必ずしも明るい色合いではないですが、テンポは軽快ですのでカラオケなどで歌っても申し分ない楽曲です。

『若者のすべて』(フジファブリック)の音域と感想

 こんにちは。今回はフジファブリックの『若者のすべて』(2007)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『若者のすべて』(フジファブリック),Wakamono no Subete(Fuji Fabric)


【地声最低音】mid1A#(A#2)  

★真夏のピークが去った m1A#[て]んき予報士がテレビで言ってた


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※曲全体を通して1か所のみ

★ mid2F[僕]らは変わるmid2G#[か]2F[な](ラストサビ)



【補足】mid2F,mid2F#の箇所

★夕方5 mid2F[時]のチャイムが(Bメロ)
mid2F[何]年経っても思い出し2F[て]2F[ま]mid2F#[う]2F[な](サビ)
★まぶた閉じ2F[て]浮2F[か]2F#[べ]2F[てい]るよ
★すり[ー]むいたま[ー]ま 僕はそ[っ]と歩き2F[出し]2F#[て](Cメロ)


『若者のすべて』(フジファブリック)










 まず、『若者のすべて』についてです。この楽曲は2007年にフジファブリックによりリリースされたシングル作品です。当時は4人組バンドとして活動されていました。
 『若者のすべて』については大きなタイアップなどは無かったのですが、他のアーティストにカバーされたり、ドラマのワンシーンで流れるなどし、10年間かけて知名度を高めていきました。2018年にLINEモバイルのCMで使用されたことも楽曲が知られるようになった大きな一因だと思います。
 フジファブリックのYouTube公式チャンネルでもMVが公開され、2019年5月現在、1600万回もの再生回数を記録しています。フジファブリックの作品の中では、非常に知られたナンバーだと言えます。

 『若者のすべて』のサウンドについてですが、ピアノのイントロが印象的であり、全体として重要な役割を果たしていきます。「夏の終わりの花火」が一つのモチーフになっており、楽曲全体を通してしっとりした雰囲気です。バンドもそうした雰囲気を醸し出すように、演奏されていきます。メロディーも非常に美しいのですが、歌詞のある「ぼんやりした微睡(まどろみ)のような雰囲気」をボーカルの志村正彦さんが上手く表現しています。

 歌詞についてです。先に述べましたように、「夏の終わりの花火を見て感傷的になっている僕」が描かれています。その中で、「ここにいない君」を思い続けている内容です。ちなみに歌詞に中には「君」は登場しません。しかし、そうした直接的な表現が無くても「ここにいない相手」を思わせる表現が練り込まれています。そうした婉曲的な表現が、長く愛される一つの秘訣になっていると思います。

 個人的に好きだと思ったフレーズは「ないかな ないよな きっとね いないよな 会ったら言えるかな まぶた閉じて浮かべているよ」です。感傷的になっている「僕」の心の揺らぎが巧みに表現されている素晴らしいフレーズだと思います。少し野暮ですが、私なりに解釈して行間を埋めるとすると、「君に会えないかな、会えないよな、きっと会えないよな、けど、会えたら言えるだろうか」といった感じです。短い文章の中で、主人公の心の微妙な動きが映し出されます。





 さて、『若者のすべて』の音域ですが、【地声最低音】mid1A#(A#2) 【地声最高音】mid2G#(G#4) でメロディーが構成されております。おおよそ一般的な男性の音域であると思います。

 まず、Aメロについてですが、mid1A#など低音部が続きます。高音域が得意な人はその辺も非常に気をつけてください。もしかしたら、高音域が得意な男性の場合はキーを少し上げた方が歌いやすいかもしれません。

 高音域についてですが、mid2F,mid2F#といった音階を中心にサビが作り込まれています。この音階は一般的な男性の音域であり、歌い慣れてくると多くの人が届きうるキーです。少しずつ練習してください。最高音であるmid2G#はラストのサビで1箇所だけ登場します。

 一方で、『若者のすべて』はサビでのメロディーの上下も激しい印象です。高音部だけでなく、メロディーが上手く取れているかも意識づけてください。メロディーが捉えにくい楽曲ですが、慣れてくると上手く歌えると思います。

 キー自体は必ずしも高くないので、音域的には努力が報われやすい楽曲なのではないかと思いますが、個人的にはサビの上下移動が激しく、見た目以上に難易度が高い印象でした。その中で、槇原敬之さんのカバーが素晴らしかったので、非常に参考になりました。気になる方は槇原敬之さんのカバーをチェックしてみても良いと思います。

 





 
管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索