J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Mrs.GREEN APPLE

『ツキマシテハ』(Mrs.GREEN APPLE)の音域

こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『ツキマシテハ』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『ツキマシテハ』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『ツキマシテハ』(Mrs.GREEN APPLE)、Tsukimashiteha


【地声最低音】mid1D(D3)  ※ラストサビの前

★口かm1D[ら]不意に出た言1D[葉]


【地声最高音】hiE(E5)  ※転調後(+1)のサビ

hiE地[焦]hiD#[げ]hiC#[て]hiA#[ゆ]hiB[く]

※通常のサビでは裏声(hiD#)になっています。ラストサビだけ地声になります


【裏声最高音】hiF#(F#5) ※転調後のサビ

★m2G#[真]hiA#[っ]hiB[し]A#[ろ]B[な]hiD#[こ]hiF#裏[こ]hiB[ろが]




【補足】mid2G辺りからhiFの注意箇所

★学ぶ事もキhiA#裏[リ]m2G#[な]いな ああ だからか(Aメロ)
★あのm2G[と]hiA[き] hiA#[ぼ]A[く]A#[か]ら不意m2G[に](通常サビ)
hiD裏[こ]hiF[まっ]hiA#[たの]hiD#[は] D[だ]hiC地[か]hiA[ら]A#[か]

★きm2F[らい]m2G[な]ひF[と]G[は]正直たくさん居る(Cメロ)
★きm2F[み]m2G[は]hiA#[あ]hiA[ま]G[え]F[す]ぎている

hiB[あ]hiA#[い]B[が]麻m2F#[痺っ]ていく(転調後サビ)
★僕はm2F#[あき]hiD#地[れ]hiC#[て]hiB[ぇ]hiA#[い]B[る]

※すべて着色するとゴチャゴチャしますので、一部は色を付けていません。
『ツキマシテハ』(Mrs.GREEN APPLE)









 まず、『ツキマシテハ』についてです。この楽曲は、2016年にロックバンドMrs.GREEN APPLEによりリリースされたシングル『In the Morning』に収録されているカップリング曲です。タイアップなどは確認できません。また、現在までにアルバムには収録されていないようです。

 『ツキマシテハ』はバンド色の強いアッパーなロックナンバーです。一般的なミセスのイメージとは少し異なりロック寄りで、印象としてはインフェルノと近いかもしれません。ただ、ボーカルラインが非常に力強く、キーも非常に高いです。この辺は『インフェルノ』とは少し異なるところです。

 『ツキマシテハ』の音域的な特徴についてです。図に示すように、音域が非常に広いのですが、とりわけ高音部が非常に高いです。裏声と地声を上手く駆使し、hiF,hiEといった高い音階も登場します。男性の場合、低音部分に下げる余地が少しあるのですが、それでも高音域はかなり高めです。高音域が得意な歌い慣れた人向けの楽曲と言えます。

_____________


 『ツキマシテハ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の声域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEはラストのサビで1回だけ登場します。その他に同じラストのサビでhiD#も登場し、全体として非常に高い音階が登場します。この辺りの音階は男性が歌唱するには非常に困難を極めます。
 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱するのが1つの選択肢です。ただ、例えば、原曲キーから5つ下げても、【地声最低音】mid1A(A2) ~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)となり、かなり高めで音域も広いです。キーを大きく下げたとしても一般的な男性が歌唱するには非常に高いキーです。

 『ツキマシテハ』は音域が広いのですが、低音部分に下げる余地があります。ただ、先にも述べましたように、キーを下げたとしても地声hiB辺りの音階は求められますので、やはり難易度は高いです。普段歌い慣れていない人は、別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いと思います。ただ、それでもかなりハードルが高く、練習したからといって歌唱できるとは限りません。

 『ツキマシテハ』はキーを下げれば歌唱でいる人もいますが、原曲キーの場合は、難易度としては非常に高いです。歌う人を選ぶ楽曲といえます。その点で、限られた人がチャレンジできる作品といえますが、上手く歌うことが出来たならば、非常にカッコイイと思います。

『StaRt』(Mrs.GREEN APPLE)の音域

 こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『StaRt』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。


『StaRt』(Mrs.GREEN APPLE)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

m1F#[武]装と創と造F#[で]登場
1F#[敢]えての策略なのF#[ら]。ララララ

【地声最高音】hiB(B4)  

hiB[yea-][-h]m2F#(イントロ途中)
★幸せm2F#[な]m2G#[時]hiA#[間]hiB[を](サビ)
★I love you の言葉hiB[だっ]hiA[て] (Cメロ)
hiA[ど]hiB[こ]A[から]m2G[信]m2F#[じ]ればいいの?




【補足】mid2F#(一部略)mid2G#辺りの注意箇所

★スm2F#[タート]ラインに立った今 そう 
m2G#[ここはあ]m2F#[そ]びごこm1F#[ろ]で満ちよう! 
★正すこm2F#[と]から始めましょう。

★どれだけ過m2G#[ご]m2F#[せ]F#[か]は(サビ)
★微々たるものでもm2F#[愛]に気づけるか
m2F#[パッパッパッ] 晴れた町に 
★独りじゃm1F#[ない]と否定出m2G#{来]m2F#[る]ように

★スm2F#[タート]合図は鳴り止まなく もう
★なで肩m2F#[ブー]ムでイイでしょう!?

★I can, You can, m2F#[We] m2G[can], hiA[って] (Cメロ)
★気持ちが軽m2F#[く]m2G[な]F#[っ]た様だ
『StaRt』(Mrs.GREEN APPLE)









 まず、『StaRt』(スタート)についてです。この楽曲は、2015年にロックバンドMrs.GREEN APPLEによりリリースされたデビューミニアルバム『Variety』(バラエティ)に収録されているナンバーです。アルバムの1曲目に収録されており、ライブでは「デビュー曲」として紹介されることも多いそうです。アルバムの発売に先立ち、Mrs.GREEN APPLEのYouTube公式チャンネルでMVが公開され、2020年2月現在、3000万回以上の再生回数を記録しています。

 『StaRt』はポップ色の強いバンドナンバーです。1コーラスが約1分で終わり、楽曲全体を通しても演奏時間が3分半程度です。非常に展開が早い楽曲です。この楽曲のみならず、Mrs.GREEN APPLEにはこうしたアップテンポで展開の早い楽曲が多く見られます。最近だと、『ロマンチシズム』辺りがそうだと思います。

 『StaRt』の音域的な特徴についてです。男性の声としては高めですが、音域自体は広くないので、キーの調整は行いやすいです。ミセスの大森元貴さんは高音域の裏声ボーカルが特徴的ですが、この『StaRt』に関しては地声を中心に歌唱されております。私自身ミセスの作品をすべて把握しているわけではないですが、これまで当ブログで取り上げたミセスの作品の中では、歌いやすい部類に当たると思います(原曲キーで歌唱する場合は、それでも難易度は高めです)。

 

 さて、『StaRt』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはサビとCメロで登場します。また、イントロなど間奏での「[ye]ah」もhiBです。大森さんはハッキリと地声で発声していますので、出来れば地声で歌唱したいところです。
 ただ、男性にとっては高めのキーですので、キーを下げて歌唱するのが一般的なのではないかと思います。一つの目安として、原曲キーから3~4つ程度下げると、最高音がmid2G(#)辺りに設定されます。 

 『StaRt』は音域がそこまで広くありませんので、キー調整は行いやすいと思います。普段歌い慣れていない人がある程度大きくキーを下げて歌唱することにも向いていると言えます。ただ、テンポが非常に速く、歌メロも速い歌いまわしがありますので、難しい部分もあります。歌詞やメロディーをしっかり覚えておきたいところです。

 『StaRt』は女性が歌っても良いと思います。歌い慣れた女性であれば、少しキーを上げても良いです。アップテンポで明るいポップなナンバーですので、カラオケでも盛り上がりやすいと思います。

『鯨の唄』(Mrs.GREEN APPLE)の音域

 こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『鯨の唄』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『鯨の唄』(Mrs.GREEN APPLE)、Kujira no Uta


【地声最低音】mid1D(D3)  

m1D[散]らばっD[ち]まったアD[イ]デンティティが
m1D[手]を挙m2G[げ]て叫んでいるのも(ラストサビ)

【地声最高音】hiC(C5)  ※サビの直前

★僕の居hiA#[場]hiA[所]に気hiD裏[付]hiC地[か]hiB[せ]よう A[oh]


【裏声最高音】hiG(G5) ※各サビで2回ずつ登場

★手hiB[を]hiD[挙]hiG[げ]D[て] D[さ]C[け]B[ん]hiA[でい]B[る]A[の]




【補足】mid2G(一部略)hiD辺りの注意箇所

★ひょんなこm2G[と]からhiA[ま]hiB地[よ]G[い]hiD裏[こ]G[んだ]
★m2G[見]hiA[慣]hiB[れ]G[た]A[も]G[のは]何一つ無いな

★だれhiA[か]hiB[が]ぁ きっと見hiD裏[てい]hiC[る]hiB[か]C[ぁ]

hiD裏[あ]hiC[め]hiB[が]hiA[上]B[がっ]A[た]ぁ 
hiD裏[そ]hiC[ら]hiB[が見]hiA[え]たら

『鯨の唄』(Mrs.GREEN APPLE)









 まず、『鯨の唄』についてです。『鯨の唄』は、2017年に5人組バンドMrs.GREEN APPLEによりリリースされたアルバム『Mrs.GREEN APPLE』に収録されているナンバーです。タイアップなどはありませんが、演奏時間が6分を超えるスケールの大きな楽曲であります。アルバムリリースと同時にMrs.GREEN APPLEのYoutube公式チャンネルでMVが公開され、2020年1月現在、600万回近い再生回数を記録しております。

 『鯨の唄』は演奏時間が6分を超える壮大なバラードです。ストリングスも用いられており、中西亮輔さんがアレンジを担当しております。ミセスの大森元貴さんは裏声を多用したハイトーンのボーカルが特徴的ですが、本作『鯨の唄』においてもそうした歌唱が色濃く出ております。
 ボーカル場面において印象的だと感じたのはラストサビの「hiB[い]hiD[つ]hiG[ま]D[で]」の部分です。通常サビの部分【手hiB[を]hiD[挙]hiG[げ]D[て] 】と比べて、音が1つ(「手(m2G)の部分」)少ないのですが、その少しの違いで印象に残りました。

 『鯨の唄』の音域的な特徴についてです。先に述べたように、ボーカル大森元貴さんのハイトーンボイスが今回でも遺憾なく発揮されております。以前レビューした僕のことと毛の色が似ていますので、比較してみてもよいかもしれません。音域は広めですので、キー調整で歌唱するとしても、ある程度歌い慣れておく必要があります。



 さて、『鯨の唄』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiG(G5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、サビについては「裏声」と「地声」が目まぐるしく入れ替わるように器用に使われてり、こうした部分で非常に難易度が高いです。これは以前レビューした僕のことについても共通する部分です。原曲キーで歌唱する際はhiB,hiCといった高いキーを歌いこなすことも重要ですが、その中で裏声を交え器用に使いこなすことも求められます。

 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱するのがオーソドックスな選択肢になると思います。例えば、原曲キーから4~5つ下げて地声の最高音をmid2G(#)辺りに設定するとかなり歌いやすくなると思います。一方で、ミセスの場合は、その中で器用な裏声も求められますので、その点でハードルが高いです。そこについては留意しておいてください。

 『鯨の唄』は音域が広い楽曲ですが、低音部分に少し余裕がありますので、キーの調整は可能であります。ただ、普段歌い慣れていない人が歌いやすい音域に設定するのは難しいです。裏声なども多用されておりますので、「しっかり歌い慣れた人向けの楽曲」であると言えます。私なりの印象ですが、僕のことより少し難易度が低いです(それでも難しい)。


『サママ・フェスティバル!』(Mrs.GREEN APPLE)の音域

 こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『サママ・フェスティバル!』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『サママ・フェスティバル!』(Mrs.GREEN APPLE),Samama Festival!


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★灼熱の日々にめげない 一年にm1C#[い]ちどの季節さ
m1C#[は]なびへC#[連]れてって


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビで頻出

★遊hiC#[ぼ]hiB[う] C#[サ]B[マ]hiA[マ]m2G#[マ][マ][フェス]ティバル


【裏声最高音】hiE(E5) ※楽曲全体で1回

★二度と戻れhiB[な]hiA[いこ]m2G#[の]A[い]B[ま]hiE[を](Cメロ)

※地声にも聞こえるのですが、息漏れの少ない裏声とします。




【補足】mid2G#hiC#辺りの注意箇所

★大好きなものがどんどん増hiA[え]m2G#[て]

★メグリメグルm2G#[な]か 君hiA[を見]G#[つ]けた(サビ)
★hiB[運命の]出会いを信じてm2G[みま]しょう
hiA[ギラギ]hiB[ラ]A[浴]m2G#[び]
★ワクm2G#[ワ]hiA[ク][し]ちゃうよね

★日に焼けたhiB[は]hiA[だこ]m2G#[そ][な]B[つ]A[だ]{ね] (Cメロ)
★メグリメグルm2G#[な]か 君hiA[を見]hiB[つ]G#[け]G#[た]
★わhiB[すれ]hiC#裏[ない][で]m2G#[よ] 胸に抱くエネルギー(ラストサビ)
『サママ・フェスティバル!』(Mrs.GREEN APPLE)









 まず、『サママ・フェスティバル!』についてです。この楽曲は、2016年に5人組バンドMrs.GREEN APPLEによりリリースされたシングル作品です。2017年にリリースされたアルバム『Mrs. GREEN APPLE』に収録されています。

 『サママ・フェスティバル!』はそのタイトル通り、夏をテーマとした楽曲です。11月に取り上げるには少し時期がずれているかもしれませんが、アップテンポのバンドサウンドです。バンドにキーボードが編成されているということもあり、前奏や間奏などでキーボードも存在感を示します。2番終了後の間奏でギターとキーボードの掛け合いのようなソロが見られるのも面白いです。

 『サママ・フェスティバル!』の大まかな音域的な特徴についてです。大森元貴さんは全体として地声裏声ともに高音域が多く登場するボーカリストですが、この『サママ・フェスティバル!』においてはサビを中心に地声の高音域が非常に目立ちます。hiB,hiC#等です。これらの音はミセスの作品では裏声で発声されることも多いのですが、今回については地声で発声しています。そうした点が難易度を高めているのではないかと思います。大森さん自身は楽に発声しているように聞こえますが、非常に高いキーです。




 さて、『サママ・フェスティバル!』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、地声最高音hiC#はサビの後半で頻出します。上では表記はしていませんが、【wow hiC#[wo]w】の部分もhiC#です。バンドなどで演奏する場合は、この部分はバンドメンバー全員で歌唱したりしても良いかもしれません。可能であれば、オーディエンスなどに歌唱してもらうのもアリだと思います。全てボーカルが担当すると非常にしんどいです。また、カラオケなどでも周りの人に歌ってもらうのも一つの選択肢です。

 ミセスの楽曲は基本的に高音域が連発されます。一般的な男性の場合、原曲キーから4~5程度下げると歌いやすくなると思います。5つ下げると、最低音がlowG#なるのですが、歌い慣れている人であれば、この辺りはギリギリ出るのではないかと思います。

 普段歌い慣れていない人は別の曲で歌い慣れた上でチャレンジするのがベストだと思います。『サママ・フェスティバル!』は音域が広めの曲なので、キーを大きく下げるのは難しいです。

 このように『サママ・フェスティバル!』はややハードルが高い作品なのですが、上手く歌いこなせればカラオケなどでも盛り上がりやすい楽曲だと思います。


『インフェルノ』(Mrs.GREEN APPLE)の音域と感想【加筆修正】

(2019/08/13)初投稿
(2019/10/20)地声最低音のミスを修正しました(lowG#→lowE)。最高音を地声と裏声で分けて記載しました。記事も一部加筆しております。


 こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『インフェルノ』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 今回、低音部分が少し自信がありません。もしかしたら、後々修正するかもしれません。ミスってたらごめんなさい。


『インフェルノ』(Mrs.GREEN APPLE)、Inferno


【地声最低音】lowE(E2) ※サビ直前で登場

lowE[お]とが出る玩具も 痛みを飛ばす魔法も


【地声最高音】hiB(B4) ※Cメロで1回

★じごmid2G#[く]hiB[じゃあ]2G#[ま]hiB[いし]


【裏声最高音】hiE(E5)  ※全体でラストサビ1回

hiE[無]hiD#[いん]hiC#[だ]hiB[と][云][フ]



【補足】サビとCメロの注意箇所

★永遠hiC#裏[は]hiB[無いん]mid2G#[だ]と(サビ)
hiC#[無]hiB[いん]2G#[だ]と云2G#[フ]
★僕hiB{ら]mid2G#[は]命の火が
★消えmid2G#[る]hiA[の][日]までA[あ]G#[る]いてゆく

★伝えきれずに失mid2G#[恋](Cメロ)
hiB[め]hiA[ん]mid2G#[ど く]2G#[い]ぃが

『インフェルノ』(Mrs.GREEN APPLE)【修正】









 まず、『インフェルノ』についてです。この楽曲は2019年に5人組バンドのMrs.GREEN APPLEによりリリースされたシングル作品です。2019年8月の現在、配信限定のリリースです。この楽曲は大久保篤さんによる原作漫画『炎炎ノ消防隊』のアニメ化に伴い、主題歌として書き下ろされた作品です。『炎炎ノ消防隊』は現在、週刊少年マガジンで連載されています。
 『インフェルノ』はMrs.GREEN APPLEのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年8月現在、250万回もの再生回数を記録しています。MV公開から10日余りでの記録ですので非常に注目度の高い作品だと思います。

 『インフェルノ』のサウンドについてです。ミセスはキーボードを含んだバンド構成ということもあり、個人的には鍵盤が活かされてたアレンジが目立つ印象でした。しかし、疾走感のあるギターロックで、AメロBメロからサビへとジャンプする展開です。アニメの主題歌ということもあると思います。 
 楽曲全体で見ると、AメロBメロサビCメロの構成であるにも関わらず、演奏時間が4分足らずで非常にタイトです。一昔前だとこの構成にギターソロによる間奏のようなものが定番でしたが、そうしたアレンジが無い分、楽曲全体がコンパクトです。この辺は最近の一つの流れだと思います。
 個人的に好きな箇所は2番Bメロ後半のリードギターです。このフレーズはここだけでしか演奏されません。しかし、それ故に非常に耳に残りました。また、Bメロからサビにかけてのブレイクも1番と2番で変化を付けており、そうした場面も印象的でした。

 『インフェルノ』の歌詞についてです。全体として、「闇」と「光」、「火」といったものを連想させるフレーズが多く使われています。MVもそうしたものを意識して、赤いサーチライトなどが使われています。
 個人的に好きだと思った歌詞は、ラストサビの「音が出る玩具も 痛みを飛ばす魔法も 全部僕にとっての宝物」というフレーズです。ここは一般的なサビの1オクターブ下を歌唱しています。最後のサビの前の静けさといったアレンジです。やや抽象的な歌詞ですが、それ故に様々な解釈を想起させます。




 さて、最後に『インフェルノ』の音域についてですが、【地声最低音】lowE(E2) ~【地声最高音】hiB、【裏声最高音】hiE(E5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも広い音域で、かつ高いです。これまで当ブログで取り上げてきた作品で一番広い音域なのではないかと思います。

 まず、低音部についてですが、lowという音階が複数回登場します。ただ、この辺りは多少正確さを欠いても影響が少ないではないかと思います。『インフェルノ』は2019年8月現在、カラオケでのフル配信はまだされていないようですが、カラオケで点数が気になる方は、この低音部と高音部の音域差により、非常に難易度が上がると思います。

 次に裏声最高音についてです。楽曲全体ではhiEという音階がラストのサビで登場します。この部分は裏声で発声されていますが、「息漏れが極めて少ない裏声」であります。つまり、裏声でも声自体はしっかりはっきり発声されていますので、その分難易度が上がります。

 地声最高音hiBについては、Cメロのラストで登場します。1フレーズのみの登場ですが、非常に重要な場面です。上手く発声したいところです。

 一方、通常のサビではhiC#、hiB,hiAといった音階が登場します。こちらの音階を確実に歌いこなせるようにすることの方が重要度は高いと思います。hiC#,hiBについては裏声ですが、ファルセットではなく、ある程度明瞭さを伴った発声をする必要があります。その点は留意しておいてください。単に「地声がhiA,でhiB,hiC#はファルセット」といった楽曲ではありません。ボーカル大森元貴さんさんの特徴でありますが、全体として器用な発声が求められます。

 
 『インフェルノ』は音域自体が非常に広い楽曲です。故に、キーを下げて1曲を通した練習をするのには向きません。練習曲として使用するならば、「キーを下げて、サビとCメロだけ練習する」といった使い方をした方が良いです。

 音域自体は非常に広い楽曲ですが、歌い慣れて、高音域が非常に得意な人であれば意外と手が付きやすい楽曲なのではないかと思います。ただ、やはり誰しも歌える楽曲ではありません。「難しい楽曲だが、高音域が得意な人は意外と形になりやすいのではないか」ということです。