J-POPの音域を調べる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Mrs.GREEN APPLE

『アボイドノート』(Mrs. GREEN APPLE)の音域 

 こんにちは。今回はMrs. GREEN APPLEの『アボイドノート』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『アボイドノート』(Mrs. GREEN APPLE)、Avoid Note(Mrs. GREEN APPLE)

『アボイドノート』(Mrs. GREEN APPLE)










【地声最低音】mid1A(A2)  ※Aメロ

じゃあ、m1A[気]にしてるフリですか?

※ここ以外ではmid1C#,mid1D辺りが多く登場します


【地声最高音】hiB(B4)  

★果てhiB[な]hiA[い]もm2G[り]を駈G[け]る風の様に

※hiBフレーズが曲全体で10回登場(1,2番は4回、ラスト2回)


【裏声最高音】hiB(B4) ※サビ前で登場

★あしm2G[を]hiA地[き]hiB裏[む]A[お]と(Bメロ)


【補足】mid2F#(一部略)mid2Gの注意箇所

★悪者はm2G[ど]m2F#[こ]にも居ないだろう




 まず、『アボイドノート』についてです。この楽曲は、2020年に5人組ロックバンドMrs. GREEN APPLEによりリリースされました。7月にリリース予定のベストアルバム『5』に収録予定の新曲です。アルバムの発売に先立ち、MVが公開されました。

 『アボイドノート』はアップテンポのバンドナンバーです。ちなみに「アボイドノート」とは、「回避音」とも訳され、「コード(伴奏)にマッチしない音」のことを意味します。例えば、Cメジャーコード(ド・ミ・ソ)に対して「ファ(F)」の音は合いにくいです。歌メロディーを作り、それに伴奏(コード)を付ける時などにも、このアボイドノートについて考えます。
 
 『アボイドノート』の歌詞の意味については、私は『「耳障りな音」、「見たくないもの」等にも目を向けていこう、調和していこう』という意味なのではないかと解釈しています。

 さて、『アボイドノート』の音域的な特徴についてです。図にも示すように広い音域で歌メロディーが作られています。ある程度歌い慣れた人向けの作品です。ミセスの作品群ではそこまで難しい曲ではありません

 


 最後に、『アボイドノート』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A2)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはサビで複数回登場します。同曲では、サビでは似たメロディーが繰り返されます。AメロBメロはそこまで高くないですので、サビで頑張っていきたいところです。
 hiBは一般的な男性の音域よりも高いですので、多くの男性にとってはキーを下げた方が歌唱しやすいのではないかと思います。原曲キーから3つ程度下げるのを目安にしてみてください。

 『アボイドノート』は図にも示すように音域が広めの作品です。最低音mid1Aについては、そこまでこだわる必要はないですので、キーの調整は可能だと思います。ただ、それを考慮しても普段歌い慣れていない人が歌い易くなるほどの調整は難しいです。逆に、ある程度歌い慣れた人であれば、キー調整すれば歌い易くなると思います。
 『アボイドノート』はミセスの他の楽曲群と比較して、裏声のフレーズが少なめです。その点では手を付けやすい部分もあるのではないかと思います。難易度としては、「一般的にはやや難しい」、「ミセスとしては普通」といったところだと私は考えております。

『lovin'』(Mrs. GREEN APPLE)の音域  / 『めざましどようび』テーマソング

 こんにちは。今回はMrs. GREEN APPLEの『lovin'』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『lovin'』(Mrs. GREEN APPLE)

『lovin'』(Mrs. GREEN APPLE)











【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★彩る Morning m1D#[カ]タチ様々ね


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※転調サビ(+2)で1回

hiC#地[めくるめ]hiB[く]hiA[時]B[代のな]

※ここを除くと、hiBが最高音になります


【裏声最高音】hiE(E5) ※転調サビで登場

hiE[ど]hiC#[う]hiB[か] hiC#裏[づ]B[く]hiA[と]B[い]いな

ここ以外では、hiDが最高音になります


【補足】mid2GhiD辺りの注意箇所

★煌めm2F#[く] hiB[Cur-]tain(Aメロ)
★お出かm2F#[け]をしたり
★好きなm2G#[よう]に過[ごし]hiA[心満た]hiB[し]A[て]

★人m2G[だ]hiA[か]hiB[ら]A[そ]りゃ(Cメロ)
★ダメにもG[な]るんだ タメになm2G[る]hiA[ね]
hiA[か]hiD裏[ん]hiC#[た]hiB[ん]A[なん]かじゃm2G[ない]けど
★今日はせっかくの hiA[ho-]liday さ
☆むhiB[ずかしいことは置いと]hiA[い]m2G#[て]

m2G#[そんなな]かで lo-[-vin’]hiC#裏 hiB[you] (転調サビ[+2])
m2G#[た]hiA[ねを植え]G#[て]みる
★あなたに降m2G[り]m2G#[そ]hiA[そ]hiA#[ぐ]hiB[あ]いの
m2G[す]hiB[て]A[ぇ]m2G#[ぇ]

※☆ここで転調します




 まず、『lovin'』(ラヴィン)について説明します。この楽曲は、2019年にロックバンドMrs. GREEN APPLEによりリリースされたアルバム『Attitude』に収録されています。アルバムの発売に先立ち、先行配信されました。
 『lovin'』はフジテレビ系の情報番組『めざましどようび』のテーマソングとして書き下ろされました。歌詞も休日をテーマにしたようなフレーズが登場します。同曲は、Mrs. GREEN APPLEのYouTube公式チャンネルでもMVが公開され、2020年5月現在、500万回を超えております。シングル曲のような派手さは無いですが、人気の高い楽曲だと思います。

 『lovin'』は軽快なテンポのポップナンバーです。いわゆるシャッフルのリズムが使われていると思います。この楽曲は、編曲がMrs. GREEN APPLE名義になっているという点で非常に特徴的です。これまで、ミセスの作品はフロントマンである大森元貴さん名義でアレンジが行われていました。Mrs. GREEN APPLEがバンドとしてチャレンジしていく姿がうかがえます。

 


 さて、『lovin'』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#についてです。この楽曲は、ラストのサビ付近で転調が行われ、キーが2つ上がります。つまり、通常サビではhiBが最高音になります。この辺りは、一般的な男性の音域よりも高いです。多くの男性にとって、キーを下げた方が歌いやすいのではないかと思います。

 『lovin'』は広めの音域で歌メロが作られています。低音部分には余裕があり、キーを下げることも可能です。ある程度歌い慣れた人であれば、キーを下げればある程度歌いやすい部分が見つかるのではないかと思います(楽に歌えるというわけではない)。ただ、歌い慣れていない人などは、難しい部分も出てきうると思います。軽快で可愛らしいナンバーですが、そこまで易しい楽曲ではありません。キーを調整した上で、難しい部分があると感じられた方は別の曲と並行して練習すると良いのではないかと私は考えております。
 

『パブリック』(Mrs. GREEN APPLE)の音域

 こんにちは。今回はMrs. GREEN APPLEの『パブリック』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『パブリック』(Mrs. GREEN APPLE)、Pubric 

『パブリック』(Mrs. GREEN APPLE)










【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★人は純白に輝く生きもm1D#[ぉの]だ(Aメロ)
★僕達の倫理ってもm1D#[んは](Bメロ)

m1D#[に]くいその可愛いD#[さとう]れうのD#[ひと]みの


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビで登場

★人はだhiA#[れ]hiC[か]hiC#地[の]C[た]A#{め]に 

※ライブでは裏声で歌唱することもあるようです

【裏声最高音】hiD#(D#5) ※サビを中心に登場

★きhiA#[ず]hiC地[つ]G#[け]hiD#裏[て](サビ)
★人はなhiA#[に]hiC裏[か]hiC#[の]hiD#[た]めに
★こころhiA#[に]hiC地[や]hiD#[ど]C[る](ラストサビ)


【補足】mid2G(一部略)hiC#辺りの注意箇所

★「人が作m2F[り]あげた」m2G#裏[ひ]m2G[に]くなもんだ
★いm2G[つ]かい[つ]かいG[つ]の日にか

★知m2G#[ら]hiA#[ぬ]hiC[間]G#[に]m2G[だ]G[か]
★ひm2G#[か]hiA#[り]G#[ぃ]G[とな]G#[る]

★何を残して逝ければいいだm2G#[ろう](Cメロ)
★どちらももう共にm2G#[寄]m2G[り]添いあう
hiC#裏[あ]hiC[い]hiA#[そ]m2G#[ぅ]m2G[う]G#[と](ラストサビ)


 まず、『パブリック』についてです。この楽曲は、2016年にロックバンドMrs. GREEN APPLEによりリリースされたアルバム『TWELVE』(トゥエルブ)に収録されています。アルバムの発売と同時にMrs. GREEN APPLEのYouTube公式チャンネルMVも公開されました。公開されたMVは、2020年5月現在、650万回以上の再生回数を記録しています。

 『パブリック』はアップテンポのロックナンバーです。ミセスの作品ではやや暗めのアレンジであり、歌詞も「人間の影」を描いたものになっています。この作品はフロントマンの大森元貴さんが高校生の頃に制作されたものだそうです。

 『パブリック』の歌メロについては、AメロBメロサビといった分かりやすい構成で作られています。ただ2番にはサビが無く、Cメロ→ラストサビへと繋がっていきます。こうした工夫により、楽曲がタイトに密度濃くまとまっています。

 『パブリック』の音域的な特徴についてです。他のミセスの楽曲と比べて、地声最高音がhiC#と高めです。低音部分に余裕があり、キーの調整は可能ですが、それを考慮しても歌い慣れた人向けの作品と言えます。




 さて、『パブリック』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#はサビで登場します。この辺りは、ミセスの作品の中ではやや高めの音階になります。【人はだhiA#[れ]hiC[か]hiC#地[の]C[た]A#{め]に】の場面です。ライブなどでは裏声で歌唱していることもありますので、場合によっては裏声で歌ってもよいと思います。
 この場面を除くと、地声ではサビを中心にhiCが多く登場します。この辺りになると、ミセスではよくみるキーですが、一般的な男性の音域よりも高いです。キーを下げて歌唱した方が、多くの人にとっては歌いやすいのではないかと思います。

 『パブリック』は高音域が非常に高い作品ですが、低音部分に余裕があります。よって、キーの調整などは行うこともある程度可能であります。ただ、音域が広めの作品でありますので、普段歌い慣れていない人の場合、キーを下げても難しい部分が出てくると思います。ある程度歌い慣れた人向けの作品です。その点は留意しておいてください。

 『パブリック』は難易度的には高めの作品ですが、カラオケなどで歌いこなせると非常にかっこいいと思います。

『Speaking』(Mrs.GREEN APPLE)の音域

 こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『Speaking』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Speaking』(Mrs.GREEN APPLE)

『Speaking』(Mrs.GREEN APPLE)










【地声最低音】mid1D(D3)  

★ねえ聞かm1D[せ]て D[君の]好きな歌はなD[に]

※Aメロで多く登場します


【地声最高音】hiB(B4)  

m2F#[寂]m2G[しく]hiA[なっ]たりhiB[するん]A[だ] F#[ah] ah ah

※サビの直前で1回登場


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビで登場します

hiA[だけど]m2G[も]F#[は]G[な][し]hiD裏[て]A[よ]


【補足】mid2F#hiB辺りの注意箇所

★心臓のblueを隠さずm2F#[には]m2G[な][し]をしよう(Aメロ)
hiA[イェ]m2G[ェ]m2F#[ェ]ぇイ A[起]F#[き]A[て]F#[寝]A[て](Bメロ)
hiA[先生]m2F#[でも]m2G[何]A[にも]G[知]F#[ら]ない(サビ)

★愉快に朝まで踊りまm2F#[しょ](Cメロ)
m2F#[いっ]m2G[た]F#[い 誰]G[の]hiA[な]にに届いてるの?
m2F#[お]hiA裏[し]hiB[え]A[な][きゃ]転んF#[じゃう]様で
★誰m2F#[も] 知hiB裏[ら]hiA[な]m2F#[い]君を

※☆の部分は歌詞表記ではyeahですが、音階を表記しにくいのでイェエエイにしております。




 まず、『Speaking』についてです。この楽曲は、2015年にロックバンドMrs.GREEN APPLEによりリリースされたシングル作品です。記念すべきデビューシングルになり、アルバム『TWELVE』に収録されました。アニメ『遊☆戯☆王ARC-V』エンディングテーマとしてのタイアップが付き、アニメを視聴していた方には記憶に残っている楽曲かもしれません。

 『Speaking』はアップテンポのバンドナンバーです。私なりのイメージですが、最近の作品よりも、バンド感が強いように感じます。明るめの楽曲で、元気を貰えるナンバーです。
 一方で、演奏時間は4分弱と比較的短めです。その中で、パートが目まぐるしく変化していくのは、現在までのミセスにも顕著に見られる傾向なのではないかと思います。

 『Speaking』の音域的な特徴ですが、音域が広めで、裏声の部分が広いです。この辺りはボーカルの大森さんらしい部分でもあると思います。低音部分に余裕がありますので、キーの調整は可能ですが、歌い慣れた人向けの曲といえます。




 さて、『Speaking』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはサビの直前で登場します。曲全体で2回登場します。hiBも重要なのですが、『Speaking』ではサビ等を含めて、hiAが頻出します。こちらのhiAをしっかり歌唱できることが特に重要なのではないかと思います。
 この辺りは、ミセス大森さんの得意のキーですが、一般的には高めです。一般的な男性の場合は、キーを少し下げた方が歌いやすいです。目安として、原曲キーから2~3つ下げると良いのではないかと思います。

 『Speaking』は音域が広めの作品ですが、低音部分に余裕があるためキーの調整は可能です。ただ、Aメロでは最低音が頻出するため、キーを大きく下げる余地は少ないです。キーを下げて歌唱するとしてもある程度歌い慣れた人ではないと難しいと思います。
 歌い慣れていない人が練習曲として使用することも可能であるかもしれません。ただ歌いにくい場合は別の曲を探して練習するのも選択肢です。

 『Speaking』はアップテンポの明るいバンドナンバーで、カラオケなどでも盛り上がりやすいと思います。難易度としては、やや高いですが、興味を持たれた方は是非挑戦してみてください。

『PRESENT (English ver.)』(Mrs.GREEN APPLE)の音域

 こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『PRESENT』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。新曲で低音部分などに聞き逃しなどあるかもしれません。


『PRESENT (English ver.)』(Mrs.GREEN APPLE)

『PRESENT (English ver.)』(Mrs.GREEN APPLE)










【地声最低音】mid1C#(G3)  

m1C#[Your] words are the treat that m2F#[I am] waiting for[0:26]

※mid1D#辺りに置き換えても違和感は少ない


【地声最高音】hiB(B4)  

hiB地[there is] m2G#,B[no-thing] G#[more](0:51)

hiB[Don’t] m2G#[even ask] m2F#[what] the present’s a-[-bout]F#(サビ[chorus])

※Bメロ、サビおよびCメロで多く登場します


【裏声最高音】hiG(G5) ※Cメロで1回[2:38]

hiB[you’re the one that] m2G#[made] [me rea-]hiG裏[lize] hiD#hiC#[thi-s] B[love]


【補足】mid2F#(一部略)hiF#辺りの注意箇所

★Yes there is no m2F#[doubt in this world] m2G#[we’re] F#[al-]-ways free
★Just hiB,m2G#[wrap it with ri-bbons and] m2F#[ma-]ke a smile

★Deep m2F#[down from my heart] here is my present,oh
m2F#[Just] hiF#[take] hiD#[it] hiC#[from] hiB[me] (0:50)

★The present’s a-m2F#[-bout] m2G#,F#[surp--ri-]sing your heart(サビ)
hiB~hiA#[E-ven] 2G#[if] A#[the] G#地[date] F#[be-]comes a hiE[night-mare]hiD#
★What-m2G#[e-ver]F# mood F#[you’re] in I got the m1D#[best] in the world present

 hiB[giving you] m2G#[my] B[true love in] hiF#,hiD#[wra-ppi-ngs]hiC# B[dear] [2:29]




 まず、『PRESENT(English ver.)』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドMrs.GREEN APPLEによりリリースされたデジタルシングル作品です。タイアップなどは現在確認できませんでした。
 『PRESENT』はタイトルにもあるように、歌詞が全編英語で書かれています。私はMrs.GREEN APPLEの作品についてはそこまで詳しくはないのですが、英語詞の作品というのは少なくともシングル曲などでは無かったように考えております。全てが英語詞で書かれているという点でまず、意欲的な作品といえます。

 『PRESENT』は打ち込みとバンドが融合されたアップテンポのナンバーです。一応AメロBメロサビといった形はあるのですが、これまでのミセスの作品と比べて、その辺りの歌メロ構造が分かりにくくなっているのではないかと思います。 楽曲全体でみると、サビが通常よりも1回少ないです。
 ただ、ミセスのこの類の作品の多くに言えるのですが、楽曲全体が目まぐるしく動き、全部がサビのような心地よさがあります。サビが1回少なくてもあまり気付かないのではないかと思います。演奏時間は3分半弱と短く、この辺りもミセスの『ロマンチシズム』『CHEERS』『Attitude』、などと近いものがあります。




 さて、『PRESENT(English ver.)』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(G3) ~【地声最高音】hiB(B4) 、【裏声最高音】hiG(G5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiBについてです。Bメロやサビで多く登場します。また、Cメロでも多く登場します。音域全体でみると、ミセスの大森元貴さんらしい音域です。原曲キーの場合は、このhiB辺りまでは確実に地声で歌いこなしたいところです。
 一般的には高めの音階ですので、キーを下げた方が歌いやすいのではないかと思います。目安として、原曲キーから3~4程度下げてみてください。大体、mid2G辺りに設定されます。

 『PRESENT』は音域全体でみると広めの音域になります。とりわけ裏声が広いです。低音部分には余裕がありますので、キーを下げる余地はあります
 ただ、以前にも言及したかもしれませんが、ミセスの作品は裏声のキーが非常に高く、また地声最高音もかなり高めです。よって、キーを下げたとしても、ある程度歌い慣れている人でなければ、上手く歌いこなせないのではないかと私は考えております。普段歌い慣れていない人は別の曲で歌い慣れた上で、チャレンジすると良いと思います。歌い慣れた人向けの作品といえます。

 『PRESENT』は難易度としてはやや高めで、また英語詞という点でも取っ付きにくいのではないかと思います。ただ、楽曲としては非常にポップで楽しく、カラオケなどでも歌いやすいと思います。歌が得意な方はチャレンジしてみても良いのではないかと思います。

管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索