J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

L'Arc-en-Ciel

『監獄ROCK』(HYDE)の音域

 こんにちは。今回はL'Arc-en-Cielのボーカルとしても活躍されているHYDEさんの『監獄ROCK』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。
 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルなどでMVが公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『監獄ROCK』(HYDE)、Kangoku ROCK


【地声最低音】mid2A(A3)  ※Aメロ

★絶対 submission 整列 非現実的 resis-[-tance]m2A


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※各サビで1回ずつ

hiC#[あ]くむまでも飲みhiB[干せ] 




【補足】mid2F#hiBの注意箇所

m2F#[Break it その硬い] defense(Aメロ)
★会場内は解除し限界突破m2F#[しろ!]

hiB[監]獄から救いm2G[出せ] [本]能へと手を伸hiB[ばせ](サビ)
hiB[取]hiA[り]m2G[も]A[ど]G[せ][分][を][~]A B[yeah yeah]


『監獄ROCK』(HYDE)









 まず、HYDE(ハイド)さんについて少し説明します。当ブログでもL'Arc-en-Cielについては何曲か取り上げておりますが、ラルクのボーカルとして広く知られているHYDEさんです。HYDEさんは2001年より、バンドの合間を見てソロ活動をされております。2008年よりVAMPSという音楽ユニットでも活躍されております。2017年にVAMPSの活動休止後は、再びソロとして、活動を活発化させております。
 HYDEさんのソロやVAMPSについては、L'Arc-en-Cielと比較してハードロック、ラウドロック、ハードコアの要素が強いと思います(00年代初期のアルバムはポップやアコースティック寄りの路線だったと記憶しております。)。
 
 さて、『監獄ROCK』についてです。この楽曲は2018年にHYDEさんによりリリースされたシングル『FAKE DIVINE』に収録されているナンバーです。いわゆるカップリング曲です。サウンド的な傾向としては、ハードロックやヘヴィメタルなどの路線です。ボーカルに関しては、HYDEさんはL'Arc-en-Cielではクリアで耽美な印象が強かったですが、この『監獄ROCK』では、ドスのきいた濁った発声をされています。音域的な難しさよりも、こうした発声が出来るかどうかというのも『監獄ROCK』の歌唱の難しさに関係してくると思います。



 最後に、『監獄ROCK』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音のhiC#ですが、各サビで1回ずつ登場します。上図に示しますように、1音のみの登場ですので、よく聴いていないと聞き逃してしまうかもしれません。hiC#は男性としてはかなり高めのキーで、また『監獄ROCK』は唐突にこの音階が登場します。その点で一層難易度が高いです。
 この【hiC#[あ]くむまでも飲みhiB[干せ]】の場面ですが、場合によっては、hiC#をhiBなどに置き換えても良いかもしれません。また、荒々しい楽曲的特徴から、少し音程がブレてもあまり気にならないと思います(他の部分がしっかり歌えていることが前提です)。

 『監獄ROCK』については、サビを中心にhiBが多く登場します。原曲キーで歌唱する場合、hiC#は別として、このhiBの音階は確実に発声したいところです。
 しかし、このhiBも一般的には高めのキーです。一般的な男性の場合は、キーを下げるのがベストな選択肢なのではないかと思います。キーを下げることに抵抗がある人も多いと思いますが、原曲キーで歌唱するよりも、荒々しくドスの効いたボーカルを上手く再現することに力を入れた方が良いのではないかと思います。

 『監獄ROCK』は比較的音域が狭いですので、キーを下げての歌唱などにも向いていると言えます。ただボーカルの発声などを考えると、決して初心者向きの楽曲とはいえません(楽曲のニュアンスを犠牲にして、自然な発声でメロディーを歌うのはアリとは思います)。普段歌い慣れていない人は、別の曲で歌い慣れた上でチャレンジするのが良いと思います。

『Pieces』(L'Arc-en-Ciel)の音域

 こんにちは。今回はL'Arc-en-Cielの『Pieces』(1999)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は久しぶりに90年代の楽曲で、リクエストによる選曲です。L'Arc-en-Cielは『瞳の住人』『GOOD LUCK MY WAY』に続いて、3回目の登場です。

 なお、『Pieces』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルなどでMVが公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。
 

『Pieces』(L'Arc-en-Ciel)


【地声最低音】mid1E(E3)  

m1E[そ]のままのあなたでい[て]


【地声最高音】hiB(B4)  ※Bメロ

hiA[目をこら]m2G#[し][て]hiB地[さ]A[あ!]


【裏声最高音】hiC(C5) ※サビ

hiA[あ]m2G[な]たのすぐそばG裏[に][た]hiA[あ]hiB[たら]hiC裏[しい]




【補足】mid2F#hiAの注意箇所

★悲しm2F#[さ]につまずいてもしん[じ]つを見ていてね(Aメロ)
m2F#[あぁ] [お]だやF#[か]hiA[か]がやきに彩られ(Bメロ) 
★歳月は夜を夢に 変m2F#[え]m2G[る][み]F#[い]だかhiA裏[ら]

m2G[は]なが生まれhiA裏[て](サビ)
★木もれm2G[日]の中[で] hiA[あ]hiA#[ざ][や][に][揺]G[て]hiA[る]

『Pieces』(L'Arc-en-Ciel)









 まず、『Pieces』(ピーシーズ)についてです。この楽曲は、1999年に4人組バンドのL'Arc-en-Cielによりリリースされたシングル作品です。アルバム『ray』、『ark』の先行シングルとしてリリースされました。同曲はアルバム『ark』のラストの曲として収録されており、ベストアルバムなどにも収録されております。

 『Pieces』のサウンド等についてですが、ストリングスなどを交えたバラード作品です。hydeさんの美しく、艶やかなボーカルが非常に印象的です。個人的にはtetsuyaさんのベースも非常に心地よいですし、間奏のギターソロも非常に印象的です。『Pieces』はリクエストにより記事にしましたが、この楽曲を歌いこなしたいという人は非常に多いのではないかと思います。
 『Pieces』歌詞については、別れがテーマとして歌われております。歌詞にもあるように、死別とも解釈できるようなフレーズが出てきます。ただ、寂しさというよりも美しさや前向きな印象を強いです。


 さて、『Pieces』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域より高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはサビの直前に登場し、楽曲全体で2回登場します。一般的な男性の音域より高めです。また、サビでは裏声が多用される中で、hiA#が登場します。私としては、Bメロに登場するhiBよりもサビに登場するhiA#あたりの方が難易度的高いのではないかと考えております【木もれm2G[日]の中[で] hiA[あ]hiA#[ざ][や][に][揺]G[て]hiA[る]

 『Pieces』は一般的な男性の場合は、少しキーを少し下げた状態で歌唱するのが良いのではないかと思います。原曲キーから3つ程度下げると、地声最高音がmid2G#あたりに設定されます。キーを下げることに抵抗を持たれる方も多いかもしれません。ただ、原曲を聴いてみると分かりますが、この楽曲をキー下げても歌いこなせるのであれば、相当な表現力がある方だと思います。

 ちなみに、この『Pieces』は女性が歌ってもよい楽曲だと思います。声域の低めの方であれば、原曲キーでも良いかもしれませんが、一般的には少しキーを上げた方が歌いやすいような気がします。また、歌唱については、hydeさんのような艶やかな表現をしてもよいですし、自分の歌いやすい歌唱をしても良いと思います。
 以前、シンガーソングライターのaikoさんが『Pieces』をカバーしておりましたが、aikoさんらしい真っ直ぐな歌唱でした。こうした表現も参考になるのではないかと思います。私個人の推測ですが、この『Pieces』も別の歌手にカバーされ話題になるのではないかと考えております。
 







『GOOD LUCK MY WAY』(L'Arc-en-Ciel)の音域

 こんにちは。今回はL'Arc-en-Cielの『GOOD LUCK MY WAY』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。
 
 なお、『GOOD LUCK MY WAY』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルなどでMVが公開されておりません。よって、当ブログにおいても、添付動画はありません。ご了承ください。


『GOOD LUCK MY WAY』(L'Arc-en-Ciel)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

m1F#[こ]の道の向こう [な]にが待ってるんだろう


【地声最高音】hiB(B4)  

★そのm2F#[柔]らかなhiB[笑]顔のとB[な]hiA[り]m2G#[に]A[居]G#[た]F#{い]けれG#[ど]
★晴れわF#[たるあ]F#[ぞ]hiB[ら]hiA[が]m2G#[ま]F#[ぶし]G#[い](サビ)



【補足】mid2F#hiA辺りの注意箇所

★真っ直ぐに駆け出m2F#[す] (サビ)
★新しいたhiA[び]m2G#[がは]m2F#[じま]G#[る]
hiA[Good] luck my way 信m2F#[じ]m2F#[み]ちへ
hiA[は]るかな虹m2F#[を]F#[え]m2F[て](ラストサビ)

『GOOD LUCK MY WAY』(L'Arc-en-Ciel)









 まず、『GOOD LUCK MY WAY』についてです。この楽曲は、2011年に4人組バンドのL'Arc-en-Cielによりリリースされたシングル作品です。翌年にリリースされたアルバム『BUTTERFLY』に収録されています。タイアップとして、アニメ映画の『鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星』の主題歌に起用されております。L'Arc-en-Cielは『READY STEADY GO』が『鋼の錬金術師』のオープニングテーマとして起用されたこともあり、同アニメと非常に縁の深い関係であります。

 

 さて、『GOOD LUCK MY WAY』』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiB(B4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBですが、Bメロの後半、およびサビで登場します。楽曲の盛り上がりになる重要な場面です。この音域は一般的な男性の音域よりはやや高いキーです。歌い慣れた方であっても発声し辛い音階になります。場合によっては、キーを下げることも考えてください。原曲キーから2~3程度下げると歌いやすくなると思います。

 さて、『GOOD LUCK MY WAY』についてですが、音域自体は滅茶苦茶広いわけではありません。よって、キーを大きく下げて練習することも可能です。普段あまり歌い慣れていない人が、練習曲として使用するのもアリなのではないかと私は判断しております。
 
 一方、『GOOD LUCK MY WAY』は音域的には女性の方が合いやすいかもしれません。場合によっては原曲キーでも良いと思いますが、一般的には少しキーを上げた方が歌いやすいと思います。また、女性の声質的には、ボーカルのhydeさんの抑揚などを真似しない方が合うのではないかと個人的には感じております。

 L'Arc-en-Cielはボーカルのhydeさんの艶やかなボーカルが特徴的であり、時々物真似をされている方も見かけます。hydeさんの歌唱は、色気のある声を表現するのに良い見本になりえます。一方で、普段歌い慣れていない人などはそれに捉われない表現を表現をしても良いと思います。歌いやすい歌唱で慣れた上で、hydeさんの抑揚などを研究しても良いと思います。


『瞳の住人』(L'Arc-en-Ciel)の音域と感想

 こんにちは。今回はL'Arc-en-Cielの『瞳の住人』(2004)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は私自身の選曲ですが、記事の執筆中にリクエストもいただきました。ありがとうございます。
 なお、『瞳の住人』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルなどでMVなど音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『瞳の住人』(L'Arc-en-Ciel)、Hitomi no Junin


【地声最低音】mid1E(E3)  

★でも少しのm1E[さ]いげつは流れ


【地声最高音】hiC(C5)  ※サビで登場

m2G[あ]hiA[の]hiB[太]hiC[陽]m2G[の]hiB[ように]hiA[~]




【裏声最高音】hihiA(A5)
 
※2番とラストサビで1回ずつ

★一つhiB[の]hiA[ふ]m2F#[うけ]hiE裏[い]hiD[が]hiB[ぁの]hihiA[な]hiG[か]



【補足】mid2F#~hiE辺りの箇所

★駆m2F#[け]まF#[わ]hiA[っ]m2G[て]F#[い]G[て]も(Bメロ)
m1E[こ]の胸は君m2G[をえ]m2F#[が]くよ

m2G[見]m2F#[上]げればかがG[や]hiB裏[き]hiA[は]hiD裏[い]m2F#[ろ]あせず(サビ)
★あhiA[ふれ]m2G[て]m2F#[い]G{た]
★どんなhiB[と]hiA[き]m2F#[ぃも]hiE[照]hiD[ら]hiB[し]hiA[て]m2G[る] (1番サビ)
hiB[な]hiA[れ]m2G[た]2F#[な]2G[ら]


『瞳の住人』(L'Arc-en-Ciel)









 まず、L'Arc-en-Ciel(ラルクアンシエル)について少し説明します。L'Arc-en-Cielは1991年に関西で結成された4人組のロックバンドです。活動歴の長いバンドですので、どのようなジャンルに分類するかは難しい部分もあります。私個人は80年代からのポスト・パンクが好きなこともありますので、特に初期の作品が好きです。ヒット曲の多いミュージシャンですので絞り切れないのですが、代表曲は『虹』、『HONEY』、『 READY STEADY GO』あたりが知られているのではないかと思います。アニメの主題歌などにも多く起用されていますので、それらで知っているという曲も多いかもしれません。

 さて、『瞳の住人』についてです。この楽曲は2004年に、L'Arc-en-Cielによりリリースされたシングル作品です。作詞はボーカルのhyde(ハイド)さん、作曲はtetsu(tetsuya)さんによりなされています。アルバム『SMILE』に収録されている楽曲で、アルバムの終盤を彩ります。この楽曲は、ボーカルのキーがデタラメに高いことでもしばしば話題になる作品です。その点については後述します。

 『瞳の住人』のサウンド等についてです。編曲はラルクと岡野ハジメさんによりなされています。岡野ハジメさんはL'Arc-en-Cielとは関係の深い関係の深いプロデューサーです。楽曲はバラード曲であり、ストリングスなどが用いられています。L'Arc-en-Cielのtetsuyaさんは私の好きなベーシストの一人であり、そちらに注目してしまうのですが、この『瞳の住人』においては、クリーンなギターの音色も非常に耳に残ります。AメロBメロ、2番以降のサビなどを中心に聴かれます。

 歌メロディーについてはAメロBメロサビという馴染みやすい構成で作られています。AメロBメロは全体として静かな場面になっており、サビへの準備のような静寂感があります。特筆すべき点はやはり、裏声による高音域だと思います。最高音のhihiAに注目が集まりがちですが、1番のサビにおいてもhiEが登場しており、かなり高めの音階です。またhiCの地声最高音が登場します。



 ☆最後に、『瞳の住人』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiC(C5)、 【裏声最高音】hihiA(A5)でメロディーが構成されております。裏声に注目が集まりがちですが、地声に関しても一般的な男性の音域より高いです。以下見ていきます。

 まず、地声については最高音がhiCであり、hiBなどが登場します。一般的な男性の音域よりも高く、その点でまずハードルが高いといえます。一般的な男性の場合は原曲よりもキーを4つ程度下げた方が歌いやすいと思います。『瞳の住人』はキーの高さが注目され、どうしても原キーチャレンジに注目が集まりがちですが、「自分に合ったキーで歌いこなすこと」の方が個人的には大事だと思っています。この『瞳の住人』は原曲キーにこだわらなければ、地声と裏声を上手く使いこなすという点で、よい練習曲にもなり得ると思います。

 ちなみに、普段歌い慣れていない一般的な音域の男性の場合は、別の曲で歌い慣れるなどした上で、この『瞳の住人』にチャレンジするのが良いと思います。恐らく、原曲キーから4つ低くても歌うのが大変であると思います。キーをたくさん下げて歌うことも不可能ではないと思いますが、裏声を駆使するなどの場面もあります。普段歌い慣れていない人が練習曲として歌唱するのはお勧めできません。


 さて、裏声最高音のhihiAについてです。この辺りは、「どうすれば高音域が出るのか」という疑問に対して、広く当てはまるような答えを私は持っていません。
 ただ一つ、私なりに提案するとすれば、「ボーカルのhydeさんの声色にあまり引っ張られなくても良いのではないか」と私自身は考えています。今回は動画の添付はありませんが、hydeさんはかなり独特なしゃくりや発声で歌唱されています。カラオケなどで歌唱したり練習する際も、オリジナルのボーカルというものはどうしても意識してしまいます。ただ、オリジナルが必ずしも歌いやすいかどうかといえばそうとは限りません。その中で、自分の歌いやすいスタイルを意識しながら歌唱しても良いのではないかと考えています。当然、原曲のニュアンスは崩れてしまいますが、結果として、原曲とは違う新しい個性や楽曲の解釈が生まれるのではないかとも考えています。




 
管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索