J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

UVERworld

『CORE PRIDE』(UVERworld)の音域

 こんにちは。今回はUVERworldの『CORE PRIDE』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『CORE PRIDE』(UVERworld)

『CORE PRIDE』(UVERworld)










【地声最低音】mid1D(D3)  ※冒頭などに登場するラップ

★要はリミットラインをm1D[すべて]凌駕 etc.


【地声最高音】hiD(D5)  ※ラストサビで1か所

それぞhiD[れ]hiC[の]hiA[場]G[所で]


【補足】mid2GhiCの注意箇所

m2G[やっ]ぱ日G[々は]G[かん]せん こう 
★そつm2G[なく]G[なし]てちゃ G[NO] hiA[NO]
m2G[と]どかぬG[も]のやかhiA[ぎりある]hiA#[も]iA[のに][~]G
★嫌いで許せなかった あの大人達と同じじゃんm2G[か]

hiA[どうし]m2G[たっ]て 叶わなG[い]  G[え]hiA[らごと]hiA#[だ]A[ろ]G[う]
★むhiA[ねを燃]m2G[やす]火は誰にも消せやしない
★この胸の火 それが「プライm2G[ド]

★予報通りに降m2G[り]出した雨
★熱くなってなm2G[ぐ]り合いになった

★自hiA[分で]hiC[変え]てみせる(ラストサビ)
★こm2G[れ]G[そう]「プG[ライド]
★まm2G[だ][だ][え][な] こG[こ]G[の]hiA#[火を][~]hiA




 まず、『CORE PRIDE』についてです。この楽曲は、2011年にロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。同年にリリースされたアルバム『LIFE 6 SENSE』(ライフ・シックス・センス)に収録されました。タイアップとして、加藤和恵さんによる同名漫画を原作とした、TBS系アニメ『青の祓魔師』の主題歌に起用されました。

 『CORE PRIDE』は疾走感のあるロックナンバーです。現在では正式加入されたSEIKAさんもサックスとして参加しています。個人的にはラストサビの前に入るアコギが耳に残ります。アニメの主題歌ということもあり、カラオケなどで歌唱しても非常に盛り上がるのではないかと思います。


 さて、『CORE PRIDE』の音域的な特徴についてです。地声最高音のhiD、hiCといった音階が登場しますが、サビ等で多く登場するのはhiA,hiA#といった音階です。また、mid2Gも頻出します。ラップパートなどを除けば、中心となる音域は滅茶苦茶広いわけではないので、キーの調整などはしやすいのではないかと思います。

ライブの音源ですが、『CORE PRIDE』は0:25辺りから演奏が始まります。


 さて、『CORE PRIDE』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】hiD(D5) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDですが、先にも述べましたように1か所のみの登場になります。hiCなどもラストのサビのみです。この辺りのキーは一般的な男性の音域よりも高いです。しかし、1か所ののみですので、頑張ってみるのも良いと思います。ただ、hiA等の音階がある程度コントロールできている必要があります。普段歌い慣れていない人が、無理矢理発声するのはお勧めできません。

 『CORE PRIDE』はサビ等でhiA,mid2Gといった音階が多く登場します。また、hiA#も登場します。最高音hiDに目が行きがちですが、こうした楽曲の中心となる音階(hiA,mid2G等)を確実に歌いこなしていきたいところです。一つの目標として、まずhiA,mid2G等を確実に歌いこなすことを掲げた方が良いと思います。

 ただ、一般的な男性の場合、hiA#等は少し難しいかもしれません。原曲から少しキーを下げて歌唱するのも良い選択肢だと思います。例えば、原曲キーから2つ下げると、サビのhiA、hiA#がmid2G(#)あたりに設定することが出来ます。

 『CORE PRIDE』はラップパートなどを除くと、音域はそこまで広いわけではありません。よって、キーを下げて歌唱することにもある程度向いているのではないかと思います。ただ、TAKUYA∞さんの独特な歌唱、ラップパートなどを考えると、初心者向きの曲では無いです。普段歌い慣れていない人は、別の曲で歌い慣れた上でチャレンジするのが良いと思います。

 

『REVERSI』(UVERworld)の音域

 こんにちは。今回はUVERworldの『REVERSI』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『REVERSI』(UVERworld)


【地声最低音】mid1D(D3)  ※ラップパート

★sound m1D[聴かせてやる]

※ラップパートを除くと、mid2Aが最低音です。

【地声最高音】hiA(A4)  ※楽曲全体を通して頻出

★そm2F[の]手で すhiA[べ]m2G[て][ぇ]色あるものを[変]えれるG[な]A[ら]
★不安とまm2F[よい から見つ]け出した生hiA[き]m2G[か][たも]
★やm2F[す]らぐ[方]hiA[に行こう]m2G[として]F[ぇ]
★いhiA[ご]m2G[こ]m2F[ちにも慣れ]てきて
★大人の仲間入hiA[り]m2G[す]m2F[る][の][か?]

★がんじがhiA[ら]m2G[め]の社hiA[会]]G[で]幾度手を伸ばし
★じhiA[ぶ]m2G[んは]少し終わってくhiA[気がし][て]G[た]
★うhiA[し]m2G[なっ]てしまったら
hiA[respective yeah]


※ラップパートにもhiA,mid2Fなどの場面があるのですが、ここは音程よりもリズミカルに歌いこなせることの方が重要ですので、今回は割愛します。





【補足】mid2F(一部のみ)mid2G#の注意箇所

★Listen tempt provi-[-dence]m2F
★きたm2F[ない]F[界]でい[き]を止[め]

★掴m2G#[も]m2G[う][し][た]G#[の]G[は]G#[れ]G[じゃ]ない
★不安と迷いのなm2F[か]m2G[きか]F[たを]見つF[け]だす
『REVERSI』(UVERworld)









 まず、『REVERSI』についてです。この楽曲は、2012年にロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。厳密にはアルバム『THE ONE』に収録されていた楽曲ですが、リスナーなどの要望もありリカットされました。CDが売れなくなって久しいですが、2010年代にシングル曲としてリカットされるのは珍しいのではないかと思います。同名漫画を原作としたアニメ映画『青の祓魔師 -劇場版-』の主題歌としてタイアップが付きました。

 ちなみに、『REVERSI』(リバーシ)とは、日本ではオセロとして知られているゲームのことです。オセロになぞらえて、自分の夢や目標、勝負などにおける迷いを乗り越えていく前向きな歌詞内容になっています。こうした点はアニメの主題歌としても非常にピッタリなのではないかと思います。

 『REVERSI』の歌メロディーの音域的な特徴についてです。ラップパートを除くと、メロディーは1オクターブで構成されており、音域自体は決して広くありません。ただ、ロックバンドなどによるこうした作品はキーが狭くて歌いやすいのではなく、メロディー全体を通して高音域が頻出してことが多いです。『REVERSI』も歌メロディー部分の音域は広くありませんが、楽曲全体を通してhiAを中心とした高めの音階が頻出します。全体として、持続力が要求されます。



 さて、『REVERSI』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域より少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音はhiAと一般的な男性の音域より少し高い程度です。ただ上述するように、このhiAが楽曲全体を通して、嵐のごとく頻出します。よって一曲分丸々歌い切るだけの持久力が必要になります。見た目以上に難易度が高いと思います。

 一般的な男性の場合、まずは少しキーを下げた状態で歌唱するのが良いと思います。例えば、原曲よりも2つ程度キーを下げて、最高音をmid2G辺りに設定すると、少し楽に歌唱できるはずです。

 一方、歌い慣れていない人の場合は、原曲キーから2つ下げた状態でも少ししんどいと思います。『REVERSI』はラップ部分を除けば、音域自体は広くないですので、もっとキーを下げて歌唱することも可能です。カラオケ等でも盛り上がりやすい楽曲だと思います。
 

『DECIDED』(UVERworld)の音域

 こんにちは。今回はUVERworldの『DECIDED』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルで動画がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はショートバージョンになります(ショートバージョンとはいえ、ラストのサビ直前まで視聴できます)。ご了承ください。


『DECIDED』(UVERworld)


【地声最低音】mid1G(G3)  ※2番Aメロで1回のみ

m1G[ど]くされたとしても


【地声最高音】hiD(D5)  ※サビで登場

★そうhiA[しん]hiB[じ]hiD[るっ]
hiB[か]hiA[ぞ]えるべきもhiA[の]hiB[は]hiD[ぁ][ぁ](2番サビ直前)




【補足】mid2G(一部のみ)hiCの注意点

m2G[さぁ お前ら心の導きへ] (冒頭)
m2G[始めよ今日がその] hiA[エッ]m2G[ク][デイ](X-day)

★毒hiA[さ]れたしても(Aメロ)
★叶わぬことだってくhiB[さ]hiA[る]ほどあるだ[ろう]
★何のhiB[意]hiA[味]もないだろう
★そこにきぼm2G[う感じてる]hiB[か]hiA[ら]G[じゃ]B[な][ぁく]

★愛hiB[す]hiC[るっ]hiA[て決めた]ぁかB[ら 愛し]A[て](サビ)
hiA[決めたから もう信じてい]hiB[く][だけ]
★ぼくらが不安感じるべきこhiB[とは]hiA[ぁ]
★本当に心がhiB[一番選びたいもの]hiA{ぉ]
hiA[選][で][か?っ][こ]A[だ]ろう

★もう4D超えハミ出すくらいがhiB[丁]hiA[度い]hiB[ぃ]


※mid2Gをすべて記載すると表記が膨大になりますので、冒頭以外は割愛。

『DECIDED』(UVERworld)









 まず、『DECIDED』についてです。この楽曲は、2017年にUVERworldによりリリースされたシングル作品です。同年にリリースされたアルバム『TYCOON』(タイクーン)に収録されています。タイアップとして、空知英秋氏による漫画作品の実写版『銀魂』の主題歌に起用されております。楽曲は映画のために書き下ろされました。
 個人的に感じたことは、楽曲が非常に濃密であることです。楽曲自体は4分40秒程度の作品なのですが、ラップパート、AメロBメロサビなどがこの時間で収まっている点に非常に驚きました。また、Bメロがやや短く、サビと合体したようなアレンジになっています。一方、サビは少し長めにとっており、同じメロディーでも前半後半でリズムが異なり、特に後半部分は浮遊感を感じます。AメロBメロサビという形ではありますが、非常に工夫が凝らしてあります。

 


 さて、最後に『DECIDED』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音はmid1Gになっており、2番のAメロに登場します。ただ、この場面ですが、特段の理由が無ければ、mid2Bで代用しても違和感はほとんど無いと思います。
 このmid1Gの場面を除けば、『DECIDED』の最低音はmid2Bであります(もしかしたら見落とした音があるかもしれません)。その点を考えると、この『DECIDED』は決して広い音域でメロディーが作られているわけではありません。つまり、音域が広くないということはキー調整がしやすいことを意味します。

 次に、地声最高音hiDについてです。hiDはサビおよびその近辺で登場します。また、hiDのみならず、hiC,hiBといった高音域も多く登場します。これらの音は一般的な男性の音域としては高めであります。普通の男性の場合は、キーを下げて歌唱した方が良いのではないかと思います。
 例えば、原曲キーから4~5下げると、最高音hiDがhiA(#)に設定されます。この辺りのキーも少し高いですが、少し苦しめに歌う方が楽曲のニュアンスを表現しやすいかもしれません。その点は各々調整してください。

 咲にも述べましたように、『DECIDED』はごく一場面を許容すれば、音域はあまり広くないです。よって、キー調整もしやすいと言えます。ただ、ラップパートがあり、TAKUYA∞さんのしゃくりやこぶしを効かせたような歌唱も多く見られます。よって、キーを調整したとしても初心者向きの楽曲とは言い難いです。確かにキー調整の効きやすい楽曲ですが、別の曲で歌い慣れた上でチャレンジするのが良いと思います。キーを下げて練習するにしても、TAKUYA∞さんのニュアンスが再現できない点についてはあまり気にしない方が良いです。最初のうちから、プロのようには歌えないです。
 

『ほんの少し』(UVERworld)の音域

 こんにちは。今回はUVERworldの『ほんの少し』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『ほんの少し』は、30分程度のタイアップドラマがUVERworldのYouTube公式チャンネルで公開されておりますので、そちらの動画を添付いたします。

 
『ほんの少し』(UVERworld)、Honno Sukoshi


【地声最低音】mid1A#(A#2)  

★僕は君より少しm1A#[だ]け  強いのかもしれないね


【地声最高音】hiB(B4)  ※サビで頻出

★君hiA#[がhiB[さ]{み]m2G#[し][ない]ようhiA#[に]B[ぃ][ぃ]
hiA#[[抱]hiB{き]A#{締]m2G#[めたま]A#[で]
★そこhiA#[で]hiA#[会え]hiB[る]A#{よ]G#[ぉ]A#[うに]




【補足】mid2G#hiA#の注意箇所

★僕がhiA#[見]m2G#[送]るよ [oh] [oh] [oh] oh(サビ)
★たった一秒hiA#[で]m2G#[も]ぉ   
★この世にm2G#[がく] 残ると約束するhiA#[から]G#[ぁ]
★ほんhiA#{の]m2G#[す]こしで[も]

★置いてかれる悲しm2G#[み]hiA#[の]G#[差]
m2G#{長く生きるこ]とは  たくさん別れがあるということ[な]hiA#[ら] 
★ぼくはすこし強m2G#[い]hiA#[から]G#[ぁ]

★ぼm2G#[く][ほん]hiA#[の]G#[少]A#[し]G#[でも]
★つhiA#[よくなっ]m2G#[て]
hiA#[さみしい]m2G#[お][い]hiA#[さ][な]A#[いよ]G#[ぉ]

『ほんの少し』(UVERworld)









 まず、『ほんの少し』についてです。この楽曲は、2017年に6人組ロックバンドUVERworldによりリリースされたアルバム『TYCOON』(タイクーン)に収録されているナンバーです。シングル作品などではないのですが、オリジナル映像企画「1秒先 向かう者と ただ訪れる者」(第二話)のテーマソングとなっております。本作は原案をTAKUYA∞さんが担当しているそうです。

 『ほんの少し』は二人の最期の時に焦点を当てたラブバラードです。歌メロディーについては、これまで当ブログで取り上げたUVERworldの作品の中では、低音部分が強調されております。Aメロ等「静」の部分から「動」のサビへと展開されてます。バラードですので、カラオケなどでは盛り上がるという類の作品では無いですが、歌いこなせると非常に気持ち良いのではないかと思います。




 さて、『ほんの少し』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#2) ~【地声最高音】hiB(B4) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音はmid1A#です。この場面だけでなく、『ほんの少し』ではAメロなどで低音部分が非常に強調された場面が登場します。こうしたメロディー構成ゆえに全体として音域は広めになります。よって、キーを調整して歌唱する(練習する)といったことが行いにくいです。普段歌い慣れていない人がこの楽曲を歌いこなす場合、別の曲で歌い慣れた上でチャレンジした方がいいと思います。

 次に、地声最高音hiBはサビで登場します。また、hiA#といった音階も頻出します。これらは一般的な男性の音域よりもやや高いキーであり、場合によっては歌いこなせないことも多いです。『ほんの少し』は歌い上げのバラードであることや、高音域が楽曲全体で多く登場することから、hiB,hiA#の箇所を裏声で対処するといったことも難しいです。

 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱するのが理にかなった選択ではないかと思います。先に述べましたように、低音部分はあまり余裕がありませんので、原曲より2~3つ程度下げ、歌唱するのが良いと思います。これにより、lowG(lowG#)~mid2G#(hiA)の声域に設定されます。これ以上下げると、逆に低音部分が辛くなるかもしれません。最高音がmid2G#やhiAですので、人によってはこの辺りでも歌いこなすのが大変かもしれません。その点は留意しておいてください。
 




『ROB THE FRONTIER』(UVERworld)の音域

 こんにちは。今回はUVERworldの『ROB THE FRONTIER』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。新曲ということもあり、この楽曲には複数のリクエストをいただきました。
 
 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルなどでMVがフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても動画はショートバージョンを添付いたします。


『ROB THE FRONTIER』(UVERworld)


【地声最低音】mid2A(A3)  

m2A[け]むに巻き濁したノイズ


【地声最高音】hiC(C5)  ※楽曲全体で頻出

hiA[いっそ]m2G[もう  こ]A[の] G[oh] [oh]hiC
★いっそhC[もう] hiA#[oh] hiA[oh] つまらないm2G[シーンは]スキップ
m2G[う]hiC[ごき]G[出し]A[て]fron-hiA[-ti-][-erへ]G(サビ)
hiA[Dead] m2G[End]hiC[なん]A[て]G[無い] 鳴り止まぬG[an-][-the][m]C
hiA[You know] [まだ][~]hiA# hiC[Miss-]-ing




【補足】mid2GhiA辺りの注意箇所

hiA[瞬く間]m2G[にか]そA[くし]G[てく]けしG[き]A[と]
m2A[新]たな地平線 最前線hiA[へ]m2G[~]さA[らっ]G[てく]だA[け][~]G
hiA[リアル定義 Check This]

m2G[0と]hiA[1][の]G[ざ][ま](サビ) 
★Fighting しhiA[そう永久ほぞ]m2G[ん] [Fight-]-ing
★常m2G[識は] 縛られずにくm2G[つがえす]hiA[もの]
m2G[自分(てめえ)がまだ見ぬ光]hiA[を][~](ラスト)


※歌詞の「0と1の狭間で動き出す」の部分については、今回は音域の範囲から割愛させて頂いております。

『ROB THE FRONTIER』(UVERworld)










 まず、『ROB THE FRONTIER』についてです。この楽曲は、2019年に6人組バンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。シングルの発売に先立ち、配信などでもリリースされております。タイアップとして、アニメ『七つの大罪 神々の逆鱗』のオープニングテーマに起用されました。『七つの大罪』は週刊少年マガジンで連載されている人気漫画です。UVERworldはアニメの主題歌などに多く起用されており、それらを通じて親しみを感じている方も多いと思います。UVERworldの音楽性とアニメのオープニングは非常に相性がいいのではないかと私自身は感じております。

 『ROB THE FRONTIER』は疾走感の溢れるロックナンバーです。アニメの主題歌ということもあり、楽曲全体に勢いを感じます。カラオケなどで歌唱すると非常に盛り上がるのではないかと思います。



 さて、『ROB THE FRONTIER』 の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiC(C5) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べて高いです。以下、見ていきます。

 まず、『ROB THE FRONTIER』は楽曲全体でみると、音域は決して広くありません。よって、キーを下げて歌唱することも行いやすいと思います。一方で、音域が広くないにもかかわらず、最高音はhiCと男性ボーカルの中ではかなり高めです。これは楽曲全体を通して、キーが高いということでもあります。よって、原曲キーで歌唱する場合は、楽曲全体を通してhiC、hiA#といった音階を歌いこなすことが求められます。

 『ROB THE FRONTIER』を原曲キーで歌う場合、hiC、hiA#などの音階を歌いこなすことと、それらを1曲分継続させる持続力が求められます。その点で非常に難易度が高いです。ただ楽曲全体を通してハイテンションで高音域が求められる分、このあたりのキーを歌いこなせる人にとっては、非常に楽しく歌える楽曲だとも言えます。

 先にも述べたように、『ROB THE FRONTIER』は音域が広くない分、「キーを大きく下げて練習する」ことも可能です。ただ、歌のテンポなどは非常に独特です。普段歌い慣れない人は、キー調整が出来たとしても、メロディーをリズミカルに歌唱することが難しいと感じるかもしれません。その点が難しいと感じられる方は、別の楽曲で歌い慣れたうえで、この『ROB THE FRONTIER』に挑戦したほうがいいかもしれません。

 一般的な音域の男性の場合、キーを下げて歌唱するのが無難だと思います。原曲キーから4つ程度下げると、地声最高音がmid2G#あたりに設定されます。
管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索