J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

UVERworld

『THE OVER』(UVERworld)の音域

こんにちは。今回はUVERworldの『THE OVER』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『THE OVER』(UVERworld)


【地声最低音】lowG(G2)  

★m1C[いつか]らか僕はもう lowG[逃]げようとしてた

※大手カラオケチェーンではlowGがmid1Cと判定されているようですが、私はlowGだと判断しました。

【地声最高音】hiC(C5)  サビとCメロ、ラスト

hiC[僕]はいつかうしhiA[なっ]てしまう (サビ) 
★ 君をhiA[ま]hiA#[ん]hiC[ぞく]させれるだろう  
★そしてしあhiC[わせ]にもするだろう

★未hiA[来]G[を想]像すA[れば]G[ぁ] だいたい幸せhiC[だっ]A[た]
★さあ すhiA[べ]m2G[て]hiC[を]超える G[OVE]R(ラスト)

【裏声最高音】hiC(C5) ※サビで登場

hiC裏[つ]hiA[たえ]m2G[よう]として




【補足】mid2GhiA#の注意箇所

★大切な君hiA[だけ]m2G[は] 失いたくないから
★隠hiA#[し]hiA[て] m2G[ま]hiA[た]G[つく]ろって行A[く]
★分かってるかhiA[らもどかしいよ]G[ぉ]

★テレm2G[ビ]hiA[の]hiA#[な]A[か]G[の俳]優や (サビ)
★大富A#[豪]A[や]G[ビッグスター]なら
★そm2G[ら]をなG[が]め立G[ち]hiA[止]hiA#[ま]A[る]
★かhiA[さ]m2G[を]A[す]G[か]A[うか]G[ぁ]
★おhiA[も]m2G[い]A[り]G[の]A[さ]G[は] 僕のようG[だった]

★つG[た]G[たい]気持G[ち]はあG[ふ]れてG[くる]hiA[のに] 

★未hiA[来]m2G[へ]向かうA{ボー]G[トに乗っ]
★僕にhiA[は]A[す]m2G[むさ]G[は]G[え]ない
★でも hiA[き]m2G[みが]向A[かい]G[にすわっ]
★見hiA[ててくれ]hiA#[る]A[だろ]m2G[う]
★どm2G[こ]hiA[に]hiA#[た]A[ど]G[り着い]たって
hiA[ああ] m2G[好き]だよ
★ひhiA[とりに]m2G[なん]てさせやしないよ G[O-]A[-VER]
 
『THE OVER』(UVERworld)









 まず、『THE OVER』についてです。この楽曲は、2012年にロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。タイアップとして、TBS系金曜ドラマ『黒の女教師』の主題歌として起用されました。アルバムの『THE ONE』に収録されています。また、2018年にリリースされたベストアルバム『ALL TIME BEST』ではファン投票で1位に輝いた人気の高い作品でもあります。UVERworldのYoutube公式チャンネルで公開されたMVは1200万回、ライブ映像は500万回近くの再生回数を記録しています。

 『THE OVER』は序盤はゆったりとしたテンポの楽曲ですが、サビに向かうに従い、UVERworldらしい疾走感のある力強いロック色が強くなっていきます。また、Cメロもしっとりとした場面から少しずつ、ボーカル・演奏が激しさを増していきます。そうした意味でメリハリのある楽曲だと思います。また、ラストのサビの後に、別のメロディーが付加されており、楽曲がドラマティックにフィナーレを迎えていきます。

 『THE OVER』の音域的な特徴についてです。上図を見るように音域が極めて広いです。ただ、lowGの部分はmid1Cに置き換えても違和感は少ないです。ちなみに、カラオケチェーンの採点ではlowGの部分がmid1Cで判定されているようです。音域が広すぎると感じられた方は、mid1Cに置き換えてもよいと思います。ただ、それを考慮しても、かなり難易度が高いです。

 

 さて、『THE OVER』の音域についてですが、【地声最低音】lowG(G2)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音はlowGで、Aメロで登場します。ここはカラオケチェーンの採点ではmid1Cで判定されていました。ただ、私自身が楽曲を視聴したところ、lowGの方が近いと感じました。よって、lowGと判定しているのですが、mid1Cに置き換えても違和感は少ないと思います。低音が辛い方はmid1Cに置き換えてもよいです。

 一方、地声最高音hiCはサビなどで登場します。また、上述のようにmid2G~hiA#といった高めの音域が楽曲全体を通して乱舞します。キーの高さと体力が必要とされる楽曲です。
 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱するのがオーソドックスな方法なのではないかと思います。例えば、キーを4つ程度下げてmid2G#あたりに設定すると、かなり歌いやすくなると思います。この場合、最低音lowGの部分はmid1C(キーを変えた後はlowG#)で歌唱することになると思います。このあたりの音階であれば、例えば、Mr.Children、back numberなどを歌唱できる人はチャレンジしやすいのではないかと思います。ただ、ミスチルやバックナンバーも歌いやすいミュージシャンではないですので、キーを下げても難易度は高いです。

 『THE OVER』は先にも述べましたように、音域が広いため、キーの調整にはあまり向きません。歌い慣れていない人にはあまり向かないといえます。この曲にチャレンジしたいときは、別の曲で歌い慣れる必要があると思います。

 『THE OVER』はこのように、難易度が高い楽曲ですが、曲の展開がドラマチックです。歌いこなせると非常に盛り上がるのではないかと私は考えております。カラオケが得意な方などはチャレンジしてみてください。






【あけおめです】『world LOST world』(UVERworld)の音域


 明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。また、閲覧されている皆様にとって、良い年でありますよう、心からお祈り申し上げます(-人-)

 今回はUVERworldの『world LOST world』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『world LOST world』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、動画の添付はいたしません。ご了承ください。


『world LOST world』(UVERworld)


『world LOST world』(UVERworld)










【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★それも分からないから m1C#[夜も]日も明けない


【地声最高音】hiC#(C#5)  

★来るのhiC#[は]hiB[決まっ]hiA[てんだ]B[か]A[ら] 
I don’t wan-m2G#[na] hiA[lose my] hiC#[spa-][-rk]hiB G#[Get] hiA[up!]
hiC#[I] hiB[don’t] hiA[wanna give it awa-][-y]G#


【補足】mid2G#hiAの注意箇所

★「これがhiA[さ]m2G#[い]ごのA[こ]G#[と]ばになるだろう…」(冒頭サビ)
★そう思えばもっと言葉をたいせm2G#[つにで]きた
★こんな日がいつm2G#[か]訪れたのに

m2G#[揺り]hiA[か]G#[ご]から墓場までだって 
★大した時間はhiA[無い]m2G#[から]

★身も世hiA[も]無い哀しみが(サビ) 
★今m2G#[つ]hiA[たえ]なきゃ wow hiA[wow] G#[wow]
★全てを持ち 受け入れる君m2G#[は] 素敵だよ

hiA[Beat] out I came back with pain came back




 まず、『world LOST world』(ワールドロストワールド)についてです。この楽曲は、2010年にロックバンドUVERworldによりリリースされたアルバム『LAST』に収録されているナンバーです。本アルバムは『GO-ON』、『哀しみはきっと』、『GOLD』といったシングル作品が収録されております。『world LOST world』はシングル曲では無いですが、アルバムのリード曲にあたります。私個人としてもUVERworldの楽曲で好きな作品の一つであります。

 『world LOST world』はアルバムのリード曲ということもあり、疾走感のあるロックナンバーです。電子音楽的なインダストリアルな要素も散りばめられており、UVERworldらしい楽曲とも言えます。一方で、ラップパートなどの要素は、この曲には少なめであります。歌詞内容については、アルバムの『LAST』というタイトルともリンクしております。

 『world LOST world』の音域的な特徴についてです。個人的な印象ですが、サビメロがシングル曲などと比較して若干低音寄りになっているのではないかと感じました。そうしたこともあり、音域も少し広めです。とはいえ、上述のようにhiA、hiC#といった高音域部分は多く登場しますので、難易度が低いわけではありません。サビメロのhiC#はシャウト気味に歌唱されており、原曲のニュアンスを上手く表現するのは難しいところであると思います。

_____


 さて、『world LOST world』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域より高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#は各サビで1回ずつ、また英語の歌詞のパートで3回登場します。一般的な男性の音域よりも高い音階ですので、キーを下げて対処するのがオーソドックスな方法であると思います。例えば、原曲キーから4つ程度下げて、地声最高音をhiAに設定するとかなり歌いやすくなります。

 ちなみに、サビメロではhiC#の部分がシャウト気味に歌唱されています。上手く決まるとかっこいいですが、難しい場合は無理に歌唱しなくてもよいと思います。少しずつ慣れていってください。

 一方で、先にも述べましたように、この『world LOST world』は音域が若干広めの楽曲です。キーを下げ過ぎると低音部が辛くなる可能性もあります。そうした点で、キーを下げるにしても、ある程度歌い慣れた人向けの楽曲と言えます。
 よって、普段歌い慣れていない人は別の楽曲で歌い慣れた上で、チャレンジするのがよいと私は考えております。


『PRAYING RUN』(UVERworld)の音域

 こんにちは。今回はUVERworldの『PRAYING RUN』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。なお、今回はラップパートが多く、低音部分が少し自信がありません。後々修正が入るかもしれません。ご了承ください。


『PRAYING RUN』(UVERworld)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★m1G#[俺が]お前に勝つとかm1F#[負]けるとか

※ラップパートは高音域部分でhiA以上になりますので、基本的にはあまり原曲の音程にこだわらなくてもよいと思います。

【地声最高音】hiD(D5)  ※転調後(+1)サビで2回登場

★たhiA[と]hiB[えぼ]A[くは]A[な]A[な]いひhiD[とだ]B[と]A[しても]




【補足】mid2G#hiC#の注意箇所

m2G#[Keep on pray-]-ing G#[Trai-]hiA#[-blazer]
★Keep hiA#[on] m2G#[run-]-ning
m2F#[Praying run Don't give up and stay on your] way(転調後は#1)
★Check it out m2G#[Trust yourse-]-lf

hiA[全]hiA[やって確かめりゃいいだろう]

★走り続けようとするぼm2G#[くに]誰かhiA#[が]m2G#[言った]
★あなたhiB[は]hiA#[つ]よいm2G#[人]ぉ 怖いものはもう[な]B[い]A#[で]しょ
★そんhiA[な]m2G#[ぁ]わけA[な][い]hiB[が]hiC#[う]A#[よ]G#[ぉ]

★ Be strongまだ終わm2G#[らせやしな]
★迷いのなhiA#[い]強い人だA#[ねって] hiA#[が]m2G#[う]
m2G#[La] hiA[la] G#[la] …(転調後は#1)

★ひたすら前hiA#[に]あてA#[も]hiC#[な]A#[く]G#[ぅ]

★努力hiA[を]hiB[せ][ず][ゆ][が]A[なっ]B[たひ]とと(転調後サビ)
★努力hiA[を]hiB[して][も 叶][な]かっA[た]hiB[と]

★本気を止hiA[まらせやしな]
『PRAYING RUN』(UVERworld)









 まず、『PRAYING RUN』(プレイング・ラン)についてです。この楽曲は、2015年にロックバンドUVERworldによりリリースされたナンバーです。シングル『I LOVE THE WORLD』のカップリング曲としてリリースされました。カップリング曲ながらMVが制作され、ベストアルバムにも収録されるなど人気の高い楽曲と言えます。UVERworldのYoutube公式チャンネルでもMVが公開され、2019年12月現在、440万回もの再生回数を記録しています。

 『PRAYING RUN』はアップテンポのミクスチャー・ロックナンバーです(ちなみに、ミクスチャー・ロックとは和製英語であり、世界的にはラップロック、ラップメタルなどと呼ばれます)。「全部やって確かめりゃいいだろう」というフレーズが非常に印象的です。

 『PRAYING RUN』の音域的な特徴についてです。これまで当ブログで取り上げたUVERworldの楽曲はラップ部分がそこまで高音域になることは多くなかったのですが、この『PRAYING RUN』はラップ部分もhiA以上になる部分があります。その他、サビ場面では、UVERworldの楽曲で多く見られるhiC#などが高音階が登場します。また、ラストのサビでは転調が見られます。原曲キーでは非常に難易度は高いです。



 『PRAYING RUN』 の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDは転調後のサビで登場します。通常のサビではhiC#が最高音になります。このあたりの音階は普通の男性ではかなりしんどい音階になります。
 よって、キーを下げて歌唱するのが一般的な方法になると思います(歌える人は原キーで歌唱してください)。歌い慣れている一般的な男性の場合、原曲キーから5つ下げると、良いのではないかと思います。このキーだと、ラストのサビでhiAが登場するのですが、少し苦しいくらいの方が原曲のニュアンスが表現しやすいと思います。場合によっては、もう少し下げてもよいと思います。

 『PRAYING RUN』は高音域寄りでメロディーが作られているため、低音部分には余裕があります。よって、キーを下げて歌唱することには向いています。ただ、「全部やって確かめりゃいいだろう」などのフレーズに代表されるように、太め声色をコントロールするには高い力量が要求されます。
 つまり、『PRAYING RUN』はキー下げをしやすい楽曲ではあるものの、キーを下げただけですぐに上手く歌唱できるような易しい楽曲ではありません。キーを下げるにしても、ある程度歌い慣れておく必要があります。
 
 一般的にですが、ギターを持ったり、ダンスをしたりせずに、ボーカルだけに専念しているミュージシャンやバンドの方が、難しいテクニックだったり、高音域を駆使した歌唱になることが多いです。歌が上手い人だとその辺はあまり気にならないかもしれません。しかし、あまり歌い慣れていない人の場合、音程は取れても原曲のような表現が出来ないことも多くあります。UVERworldなどはそうした難しい歌唱が求められるミュージシャンの一組であると言えます。長い目で練習に励んでください。


『クオリア』(UVERworld)の音域

 こんにちは。今回はUVERworldの『クオリア』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『クオリア』(UVERworld)、Qualia 


【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※冒頭およびサビ

m1D#[It’s] time now hiA#[See] m2G#[me now] G#[ah] ah ah ah
m1D#[億]千の巡り逢いのhiA#[な]m2G#[かで] 


【地声最高音】hiC#(C#5)  

hiC[そん]hiC#[な]C[も]m2G#[のに意]味は無い



【裏声最高音】hiC(C5) ※1番サビのみ(他は地声)

★二人の間hiC裏[なら] 


【補足】mid2G#(一部略)~hiCの注意箇所

★きm2F[み]の明日がすm2G#[べ]m2G[て]に変わった

hiC[最後ま]G#[でこの出]逢いを(サビ)
★僕m2G#[は欲しが]m2G[る]G#[だ]hiA#[ろ]G[う]
★きhiA#[れ]m2G#[いに]着飾るたhiA#[め]hiC[の]A#[言]G#[葉]
★ 必m2G#[要ない] G#[てろよ]
★何処にも見当たらないココm2G#[ロ]
★たhiB[し]hiA#[か]m2G#[に]hiB[ん]A#[じ]られA#[るぅ]G#[ぅ]

★特別な時間(とき)に変わって行m2G#[くよ]ぉ(2番Aメロ)
★つm2G#[た]G#[た]い心情G#[が] hiC[ねぇ](2番サビ直前)
★全m2G#[てを]包み込んでhiB[行]hiA#[く]G#[ぅ](ラスト)

『クオリア』(UVERworld)









 まず、『クオリア』についてです。この楽曲は、2010年にロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。アルバム『LIFE 6 SENSE』に収録されました。この楽曲は劇場版アニメ『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』のエンディングテーマとして書き下ろされた楽曲です。同曲は2014年にUVERworldのYoutube公式チャンネルでMVが公開され、2019年12月現在、約660万回もの再生回数を記録しています。

 『クオリア』はバラード調のバンドサウンドになっております。AメロBメロなどはUVERworldの曲としてはややキーが低めであり、サビで一気に高くなります(冒頭はやや高いですが)。また、UVERworldの楽曲では多く見られるラップパートなどは、今回の『クオリア』では見られません。

 音域的な特徴についてです。UVERworldの作品は当ブログでは楽曲全体を通してhiA#~hiCといった音階が頻出する楽曲を多く取り上げてきました。ただ、今回の『クオリア』はAメロBメロはやや抑え気味で、サビに一気に高音域が登場する楽曲になっております。その分、音域は広めになっております。キーの調整はある程度は可能です(詳細は後述します)。



 さて、『クオリア』の音域についててすが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、みていきます。

 まず、地声最高音hiC#はサビで登場します。また、サビではhiC,.hiBといった音階が多く登場します。これらは一般的には高い音域ですので、キーを下げることも選択肢として考えてください。原曲キーから4~5つ程度下げてると、最高音がhiA、mid2G#辺りに設定されます。高音域をエモーショナルに表現するために、「発声できるけど楽ではないキー」くらいの辺りに最高音を上手く設定したいところです。各々調整してみてください。

 『クオリア』は音域がやや広めでありますが、低音部に少し余裕があり、キーの調整もある程度は可能です。「ある程度歌い慣れているけど、高音域は少し苦手」といった人ならばキーの調整が出来ると思います。
 逆に普段歌い慣れていない人がキーを大きく下げて練習する程には融通は利きません。その点は留意しておいてください。普段歌い慣れていない人は別の曲で歌い慣れた上でチャレンジするのが得策だと思います。


 

『Roots』(UVERworld)の音域

 こんにちは。今回はUVERworldの『Roots』(2008)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『Roots』(UVERworld)


【地声最低音】mid1F(F3)  

★WO m1F[ぼ]くに残された数十年


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※曲全体で1回(ラスト)

m2G#[繋]hiA#[げ][合わ]hiC[て]hiC#[く][こ][こ]A#[ろ]G#[ぉ]





【補足】mid2G(一部のみ)hiCの注意箇所

hiC[いつ]hiA#[だっ]m2G#[て 愛で]救われたじ[じ]つを
★ひhiC[と]hiA#[は]m2G#[わ][すれ][ら][な]A#[いんだ][~]G#

m2G#[絶]m2G[望の時]代で 分G#[かって]G[るんだ]
★愛だm2G#[けじゃ] m2G[せか]いはすhiA#[くえないこ]G#[と]hiC[も]
★かm2G#[か]m2G[え]G#[込]んだ景色は
m2G#[あり]もし[ない] 希望のG#[メロ]ディーhiC[さ]hiA#[がす]

m2G#[jus-]-t [keep] the [ligh-]-t[ ligh-]-t 生G#[き]G#light]
hiC[ね]hiA#[ぇ?]

★あhiC[りっ]hiA#[た]m2G#[け][のこ]G#[え][込]A#[め]G#[るよ]
★もうhiC[一]m2G#[の][つ]hiA#[ら]G#[く]の 
★太陽hiC[を]m2G#[く]hiA#[し][た明]A#[日]G#[さえ]
★愛の形m2G#[に] [気づ]A#[け]G#[な]A#[く]hiC[ても]G#[ぉ]

『Roots』(UVERworld)









 まず、『Roots』についてです。この楽曲は、2008年にロックバンドUVERworldによりリリースされたアルバム『PROGLUTION』(プログリューション)に収録されているナンバーです。アルバムの1曲目に収録されており、リード曲となっています。
 
 『Roots』はアルバムの1曲目、リード曲ということもあり、シングル作品のような多くの人に届きうる楽曲になっています。疾走感のあるロックナンバーです。カラオケなどで歌唱しても盛り上がるのではないかと思います。

 『Roots』の音域的な特徴についてです。地声最高音はhiC#ですが、上述のように楽曲全体を通してhiCが多く登場します。hiA#やmid2G#といった音階も当たり前のように頻出することもあり、歌唱難易度は非常に高いといえます。音域自体はそこまで広いわけではないので、キー調整は行いやすいといえます。




 さて、『Roots』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音はhiC#で、楽曲の終盤に1回登場します。この辺りも非常に高いのですが、『Roots』では楽曲全体を通して、hiCという音階が多く登場します。上述するように、冒頭からhiCです。そうしたこともあり、難易度が高く、一方で体力も必要になる楽曲と言えます(リクエストでは最後まで体力が持たないとの話でした)。
 私なりのアプローチですが、原曲に少し届かない場合は、キーを1つ下げて歌唱し、原曲キーとの違いを比較してみます。自分の歌唱をスマホのレコーダーなどで録音して比較してみるとより客観的に見れるのではないかと思います。

 一般的な男性の場合はキーを下げてチャレンジするのがベストな選択肢だと思います。原曲キーから4~5下げて、hiCをmid2G(#)辺りに設定すると、かなり歌いやすくなるのではないかと思います。

 『Roots』は音域自体は広いわけではないので、キー調整には向いています。ただ、いつも申し上げるようにUVERworldはラップパートなどもあり、その点で少し難易度は上がるといえます。普段歌い慣れていない人が、キーを下げたらすぐに歌いこなせるという類の作品では無いです。よって、キーを下げるにしても、しっかり練習に取り組みたいところです。