J-POPの音域を調べる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

UVERworld

『AWAYOKUBA-斬る』(UVERworld)の音域

 こんにちは。今回はの『AWAYOKUBA-斬る』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『AWAYOKUBA-斬る』(UVERworld)、AWAYOKUBA-Kiru


【地声最低音】mid1G#(G3)  

m1G#[そのす]べては答えを出せm2F#[ず]m2F[に]
m2F[今あ]るすべてm1G#[を up] to you

★君m2F[の心を]m1G#[照ら]m2G#[そう]F[として]
m1G#[触]m2G#[れら]hiA#[れる]m2F[くら]

※上述している以外にも多く登場します

【地声最高音】hiC#(C#5)  

★ hiC#[そんな]m2F[恋をあげる]m2F#[よ](サビ)
★ここm2F#[ろご]hiA#[と] F#[あわよ]m2G#[くば 全]hiC#[てを]

※サビを中心に登場します



【補足】mid2F(一部のみ)hiA#辺りの注意箇所

★究極のm2F#[愛]m2F[の]姿ってどんなんだろう(Aメロ)

hiA#[Ah] m2G#[Ah] A#[ 君がこの世から去]れば (サビ)
★僕はA#[君を]G#[追いかけ]この世G#[か]G#[発]
★ひとm2G#[りきりの寂しさは もうない]
m2G#[奪いさっ]m2F#[てく]G#[れ]F#[ぇ]

※mid2F辺りを全て表記すると膨大な量になりますので省略します。
※☆の「Ah」は公式では歌詞表記されてません

『AWAYOKUBA-斬る』(UVERworld)









 まず、『AWAYOKUBA-斬る』(あわよくば-きる)についてです。この楽曲は、2012年にUVERworldリリースされたシングル『7th Trigger』に収録されています。いわゆるカップリング曲なのですが、MVが制作されており、アルバム『THE ONE』、やベストアルバムにも収録されました。
 MVはリリースから1年半後にUVERworldのYouTube公式チャンネルでも公開され、2020年4月現在、400万回もの再生回数を記録しています。

 『AWAYOKUBA-斬る』はUVERworldらしいアップテンポのロックナンバーです。ただ、アップテンポのロックナンバーでありながら、ピアノの存在感が強く、ストリングスなども多用されております。その点で、UVERworldらしさを持ちながら、UVERworldでは少し珍しいようなアレンジもなされているように、私には感じました。

 ボーカルの音域の特徴についてですが、女性のような音域で歌メロが作られております。音域自体はそこまで広くないですので、キー調整は行いやすいといえます。原曲キーで歌唱するとなると、当然難しいです。音域が狭い分、「低音部分で休む」といったことも難しく、持久力も要求されます。 



 さて、『AWAYOKUBA-斬る』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#はサビで複数回登場します。また、hiA#、mid2G#等の音階も多く登場します。この楽曲は、サビだけでなく、Aメロ辺りもmid2F~hiA#といった高めの音が登場します。
 一般的な男性の音域よりも高いですので、キーを下げるのが一般的だと思います。目安としては、原曲キーから4~5つ下げて、hiA(♭)辺りにすると良いのではないかと思います。人によってはもう少し下げも良いです。

 『AWAYOKUBA-斬る』は音域自体は広くありませんので、キーの調整は行いやすいです。普段歌い慣れていない人が歌いやすいくらいのキーに調整することも可能なのではないかと思います
 ただ、この楽曲はテンポが速く、サビメロなどはリズムを取り辛いかもしれません。その点は注意してください。
 

『AS ONE』(UVERworld)の音域 / 映画『仮面病棟』主題歌

(2020/03/12) 初投稿
(2020/03/30)MVが公開されました

 こんにちは。今回はUVERworldの『AS ONE』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回の楽曲は複数リクエストを頂きました。


『AS ONE』(UVERworld)


【地声最低音】mid1C(C3)  

★気づけばもう m1C[ま]ちから街
★悲しみと喜びの区別もm1C[つ]かぬほど麻痺してく


※楽曲の終盤に以下の場面があるのですが、今回は除外しております。大手カラオケチェーンなどでも対象から外されているようです。

☆lowG#[心死んだままで]もう

【地声最高音】hiC#(C#5)  ※ラストのサビで登場

★此処かhiC[ら]hiA#[さ]hiC#[き]C[は] 
★そこにhiC[馴染]hiC#[む]C[か]

※『AS ONE』ではBメロサビなどでhiCが頻出します




【補足】mid2GhiCの注意箇所

m2G#[り]hiC[そ]hiA#[う]G#[と 闘争]心の(冒頭サビ)
★たずhiA#[な]m2G#[を]締め引き寄せA#[て]hiC[く]
★正しhiC[さ]hiA#[があ]m2G#[るから] m2G[ダメになる]もの[も]
hiA#[このひか]m2G#[り]hiC[も] (中略)  m2G[AS O-]-NE

★さm2G#[よ]m2G[な]らも言えず(Bメロ) 
★消えてくおhiC[もい]hiA#[と じゅみょ]m2G#[うとTime]
hiC[たや]hiA#~m2G#[[すこる々]C[に]

m2G#[それを]生けhiC[捕]hiA#[り]C[ぃ](2番サビ)

hiC[3,2,1] m2G#[想像し創造] [考察して投]hiA#[下](Cメロ)
hiA#{目に見えぬもの その表裏]
★とつぜm2G#[ん]m2G[ブラック]アウトもさ

hiA#[それを]m2G#[ぉ] [変え]A#[ぇ]m2G[ていくか]ぁ?

『AS ONE』(UVERworld)









 まず、『AS ONE』についてです。この楽曲は、2020年に6人組ロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。最新シングルですので、現在アルバムなどには収録されておりません。この楽曲は、知念実希人さんのミステリー小説を原作とした映画『仮面病棟』のために書き下ろされました。映画の公開に先立ち、CDがリリースされ、UVERworldもテレビ番組で演奏するなどし、話題になっております。

 『AS ONE』はUVERworldらしい激しいロックナンバーになっております。タイトルの『AS ONE』は英語で「全員一致で、一斉に」といった意味があります。私なりに感じたことですが、今回の楽曲ではメンバーの一体感が意識されたような作りになっています。私としてはUVERworldの作品は非常にテクニカルでどちらかといえば縦横無尽なイメージがあるのですが、今回は一体感がより重視されているように感じます。いわゆる「シャッフル」のリズムが用いられております。ライブなどで演奏されると非常に心地よいのではないかと思います。

 『AS ONE』の音域についてですが、UVERworldの作品らしく、高音域が非常に高いです。図を見ると非常にキーが広いですが、低音部分のmid1Cあたりについてはあまりこだわらなくても良いと思います。キーを下げることもある程度可能なのではないかと思います。


 

 さて、『AS ONE』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiC#(C#5) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音はmid1Cです。ここはあまりこだわらなくてもよいです。場合によっては別の高い音に置き換えることも可能です。余裕のある人だけが意識してください。

 ちなみに、歌詞のある部分を考えると、楽曲の後半にある「lowG#[心死んだままで]もう」あたりが厳密な最低音になります。ただ、ここはサンプリングであり、TAKUYA∞さん自身もサビのメロディーの方を歌唱されていましたので、今回は除外しております。カラオケなどでも参考程度に表記されているようです(採点の対象にはなっていないようです)。

 地声最高音hiC#についてはラストサビで登場します。場面としては1回です。ここも大変ですが、楽曲全体としてはhiCが非常に多く登場します。まずは、その点を中心に考えた方がよいのではないかと思います。

 地声最高音については一般的な男性の音域よりも高いですので、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいと思います。原曲キーから4~5程度下げるのを目安としてください。

 『AS ONE』は図に表記されているよりも低音部分に余裕がありますので、キーの調整はある程度可能です。ただ、いつも申し上げておりますが、TAKUYA∞さんのしゃくりなどを考えると、キーを下げたからといってうまく表現できるわけではないですので、しっかり歌い慣れておく必要があります。

 また、Cメロのハードコアもしくはメタルっぽいボーカルの部分【m2G#[想像し創造] [考察して投]hiA#[下]】は、歌い慣れた人であっても一人で表現するのは非常に難しいのではないかと思います。「音程が合うこと」よりも「迫力や一体感」のようなものが求められます。バンドメンバーや友人など複数の人と一緒に歌うなど工夫した方がよいと思います。ライブなどであれば、観客側が歌唱しても面白いかもしれません。

 『AS ONE』はカラオケやライブなどで盛り上がりやすい楽曲だと思います。難易度は非常に高いですが、歌いこなせると楽しいと思います。

『激動』(UVERworld)の音域 / テレビアニメ『D.Gray-man』オープニングテーマ

 こんにちは。今回はUVERworldの『激動』(2008)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。なお、今回は最低音部について少し自信が無いですので、後々修正が入るかもしれません。また、歌詞の【G9 一桁で魅せる 激動の脳内・革命 base ability mind】の部分は、省略して調査しております。


『激動』(UVERworld)、Gekidou


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

※1回目と3回目のラップパートで登場

【地声最高音】hiC#(C#5)  ※各サビで登場します

★思い出のhiB[う]hiC#[み]B[の]




【補足】mid2G#hiBの注意箇所

★誰かのコm2G#[ピー]じゃ満たされないんだよ
★またm2G#[と]らの威を借りて 吹い[て]くんだろ oh hiA#[oh] G#[oh]

★見えていhiB[た]物まで みうしm2G#[なっ]hiA[てぼ][く]らは(サビ)
★どうしm2G#[て?] 誓い合ったことまで 無G#[かったことにし]

★思い出も少しm2G#[置]hiA[い]hiB[て]行こう 
★Rebel one 永久の声 a-m2G#[-gain] 心にいつとG#[どく]
★Rebel one とm2G#[わの]G#[again] 聞かせて

★上手く置いていm2G#[け]たら 溺[れ]hiA[ない]G#[で]
★捨てないで m2G#[ま]hiA[た]G#[逢]えるから

『激動』(UVERworld)









 まず、『激動』についてです。この楽曲は、2008年にロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。『Just break the limit!』との両AA面シングルとしてリリースされ、よく年リリースされたアルバム『AwakEVE』(アウェイクイブ)に収録されました。『激動』は、週刊少年ジャンプにて星野桂さんにより連載されていた漫画を原作としたテレビアニメ『D.Gray-man』(ディーグレイマン)のオープニングテーマに起用され、話題になりました。

 『激動』は電子音楽なども用いられたミクスチャーロック(ラップ・ロック)ナンバーです。カラオケなどで歌唱しても盛り上がるのではないかと思います。個人的にはギターのフレーズ(特にイントロのリフ)が非常にお気に入りです。
 
 『激動』は歌メロが多様です。よって、メロディーや歌詞を覚えておくことが非常に重要です。音域自体は原曲に忠実に歌唱しようとすると、広い音域になります。ただ、ラップパートなどを除くと、低音部に余裕がありますので、キーの調整はある程度可能であります。




 さて、『激動』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。
  
 まず、地声最低音mid1C#は1回目と3回目のラップパートで登場します。ラップパートは上手く歌唱することが出来れば、原曲の音程と違っていても違和感は少ないです。リズム感や勢いなどの方が一層重要ですので、あまりこだわらなくてもよいと思います。

 地声最高音hiC#はサビで登場します。また、hiB等の音階も多く登場し、男性の音域としては高めです。一般的な男性の場合、キーを下げることも考えても良いと思います。ただ、この『激動』については上述のように、hiC,hiBの周辺はあまり高い音がありません。よって、UVERworld作品の中では手が付けやすい部類に入るかもしれません

 『激動』は音域が広めの作品ですが、ラップパートなどでこだわならければ、キーの調整は行いやすいです。高音域が苦手な人はキーを下げても良いと思います。
 一方で、ラップパートやボーカルの抑揚など歌い慣れていない人には難しい場面も多いですので、キー調整しやすくても、ある程度歌い慣れた人向けの楽曲であります。

『THE OVER』(UVERworld)の音域

こんにちは。今回はUVERworldの『THE OVER』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『THE OVER』(UVERworld)


【地声最低音】lowG(G2)  

★m1C[いつか]らか僕はもう lowG[逃]げようとしてた

※大手カラオケチェーンではlowGがmid1Cと判定されているようですが、私はlowGだと判断しました。

【地声最高音】hiC(C5)  サビとCメロ、ラスト

hiC[僕]はいつかうしhiA[なっ]てしまう (サビ) 
★ 君をhiA[ま]hiA#[ん]hiC[ぞく]させれるだろう  
★そしてしあhiC[わせ]にもするだろう

★未hiA[来]G[を想]像すA[れば]G[ぁ] だいたい幸せhiC[だっ]A[た]
★さあ すhiA[べ]m2G[て]hiC[を]超える G[OVE]R(ラスト)

【裏声最高音】hiC(C5) ※サビで登場

hiC裏[つ]hiA[たえ]m2G[よう]として




【補足】mid2GhiA#の注意箇所

★大切な君hiA[だけ]m2G[は] 失いたくないから
★隠hiA#[し]hiA[て] m2G[ま]hiA[た]G[つく]ろって行A[く]
★分かってるかhiA[らもどかしいよ]G[ぉ]

★テレm2G[ビ]hiA[の]hiA#[な]A[か]G[の俳]優や (サビ)
★大富A#[豪]A[や]G[ビッグスター]なら
★そm2G[ら]をなG[が]め立G[ち]hiA[止]hiA#[ま]A[る]
★かhiA[さ]m2G[を]A[す]G[か]A[うか]G[ぁ]
★おhiA[も]m2G[い]A[り]G[の]A[さ]G[は] 僕のようG[だった]

★つG[た]G[たい]気持G[ち]はあG[ふ]れてG[くる]hiA[のに] 

★未hiA[来]m2G[へ]向かうA{ボー]G[トに乗っ]
★僕にhiA[は]A[す]m2G[むさ]G[は]G[え]ない
★でも hiA[き]m2G[みが]向A[かい]G[にすわっ]
★見hiA[ててくれ]hiA#[る]A[だろ]m2G[う]
★どm2G[こ]hiA[に]hiA#[た]A[ど]G[り着い]たって
hiA[ああ] m2G[好き]だよ
★ひhiA[とりに]m2G[なん]てさせやしないよ G[O-]A[-VER]
 
『THE OVER』(UVERworld)









 まず、『THE OVER』についてです。この楽曲は、2012年にロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。タイアップとして、TBS系金曜ドラマ『黒の女教師』の主題歌として起用されました。アルバムの『THE ONE』に収録されています。また、2018年にリリースされたベストアルバム『ALL TIME BEST』ではファン投票で1位に輝いた人気の高い作品でもあります。UVERworldのYoutube公式チャンネルで公開されたMVは1200万回、ライブ映像は500万回近くの再生回数を記録しています。

 『THE OVER』は序盤はゆったりとしたテンポの楽曲ですが、サビに向かうに従い、UVERworldらしい疾走感のある力強いロック色が強くなっていきます。また、Cメロもしっとりとした場面から少しずつ、ボーカル・演奏が激しさを増していきます。そうした意味でメリハリのある楽曲だと思います。また、ラストのサビの後に、別のメロディーが付加されており、楽曲がドラマティックにフィナーレを迎えていきます。

 『THE OVER』の音域的な特徴についてです。上図を見るように音域が極めて広いです。ただ、lowGの部分はmid1Cに置き換えても違和感は少ないです。ちなみに、カラオケチェーンの採点ではlowGの部分がmid1Cで判定されているようです。音域が広すぎると感じられた方は、mid1Cに置き換えてもよいと思います。ただ、それを考慮しても、かなり難易度が高いです。

 

 さて、『THE OVER』の音域についてですが、【地声最低音】lowG(G2)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音はlowGで、Aメロで登場します。ここはカラオケチェーンの採点ではmid1Cで判定されていました。ただ、私自身が楽曲を視聴したところ、lowGの方が近いと感じました。よって、lowGと判定しているのですが、mid1Cに置き換えても違和感は少ないと思います。低音が辛い方はmid1Cに置き換えてもよいです。

 一方、地声最高音hiCはサビなどで登場します。また、上述のようにmid2G~hiA#といった高めの音域が楽曲全体を通して乱舞します。キーの高さと体力が必要とされる楽曲です。
 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱するのがオーソドックスな方法なのではないかと思います。例えば、キーを4つ程度下げてmid2G#あたりに設定すると、かなり歌いやすくなると思います。この場合、最低音lowGの部分はmid1C(キーを変えた後はlowG#)で歌唱することになると思います。このあたりの音階であれば、例えば、Mr.Children、back numberなどを歌唱できる人はチャレンジしやすいのではないかと思います。ただ、ミスチルやバックナンバーも歌いやすいミュージシャンではないですので、キーを下げても難易度は高いです。

 『THE OVER』は先にも述べましたように、音域が広いため、キーの調整にはあまり向きません。歌い慣れていない人にはあまり向かないといえます。この曲にチャレンジしたいときは、別の曲で歌い慣れる必要があると思います。

 『THE OVER』はこのように、難易度が高い楽曲ですが、曲の展開がドラマチックです。歌いこなせると非常に盛り上がるのではないかと私は考えております。カラオケが得意な方などはチャレンジしてみてください。






【あけおめです】『world LOST world』(UVERworld)の音域


 明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。また、閲覧されている皆様にとって、良い年でありますよう、心からお祈り申し上げます(-人-)

 今回はUVERworldの『world LOST world』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『world LOST world』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、動画の添付はいたしません。ご了承ください。


『world LOST world』(UVERworld)


『world LOST world』(UVERworld)










【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★それも分からないから m1C#[夜も]日も明けない


【地声最高音】hiC#(C#5)  

★来るのhiC#[は]hiB[決まっ]hiA[てんだ]B[か]A[ら] 
I don’t wan-m2G#[na] hiA[lose my] hiC#[spa-][-rk]hiB G#[Get] hiA[up!]
hiC#[I] hiB[don’t] hiA[wanna give it awa-][-y]G#


【補足】mid2G#hiAの注意箇所

★「これがhiA[さ]m2G#[い]ごのA[こ]G#[と]ばになるだろう…」(冒頭サビ)
★そう思えばもっと言葉をたいせm2G#[つにで]きた
★こんな日がいつm2G#[か]訪れたのに

m2G#[揺り]hiA[か]G#[ご]から墓場までだって 
★大した時間はhiA[無い]m2G#[から]

★身も世hiA[も]無い哀しみが(サビ) 
★今m2G#[つ]hiA[たえ]なきゃ wow hiA[wow] G#[wow]
★全てを持ち 受け入れる君m2G#[は] 素敵だよ

hiA[Beat] out I came back with pain came back




 まず、『world LOST world』(ワールドロストワールド)についてです。この楽曲は、2010年にロックバンドUVERworldによりリリースされたアルバム『LAST』に収録されているナンバーです。本アルバムは『GO-ON』、『哀しみはきっと』、『GOLD』といったシングル作品が収録されております。『world LOST world』はシングル曲では無いですが、アルバムのリード曲にあたります。私個人としてもUVERworldの楽曲で好きな作品の一つであります。

 『world LOST world』はアルバムのリード曲ということもあり、疾走感のあるロックナンバーです。電子音楽的なインダストリアルな要素も散りばめられており、UVERworldらしい楽曲とも言えます。一方で、ラップパートなどの要素は、この曲には少なめであります。歌詞内容については、アルバムの『LAST』というタイトルともリンクしております。

 『world LOST world』の音域的な特徴についてです。個人的な印象ですが、サビメロがシングル曲などと比較して若干低音寄りになっているのではないかと感じました。そうしたこともあり、音域も少し広めです。とはいえ、上述のようにhiA、hiC#といった高音域部分は多く登場しますので、難易度が低いわけではありません。サビメロのhiC#はシャウト気味に歌唱されており、原曲のニュアンスを上手く表現するのは難しいところであると思います。

_____


 さて、『world LOST world』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域より高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#は各サビで1回ずつ、また英語の歌詞のパートで3回登場します。一般的な男性の音域よりも高い音階ですので、キーを下げて対処するのがオーソドックスな方法であると思います。例えば、原曲キーから4つ程度下げて、地声最高音をhiAに設定するとかなり歌いやすくなります。

 ちなみに、サビメロではhiC#の部分がシャウト気味に歌唱されています。上手く決まるとかっこいいですが、難しい場合は無理に歌唱しなくてもよいと思います。少しずつ慣れていってください。

 一方で、先にも述べましたように、この『world LOST world』は音域が若干広めの楽曲です。キーを下げ過ぎると低音部が辛くなる可能性もあります。そうした点で、キーを下げるにしても、ある程度歌い慣れた人向けの楽曲と言えます。
 よって、普段歌い慣れていない人は別の楽曲で歌い慣れた上で、チャレンジするのがよいと私は考えております。