J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

[ALEXANDROS]

『Run Away』([ALEXANDROS])の音域

 こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『Run Away』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 この楽曲はリクエスト10曲から漏れた作品なのですが、調べるのが比較的容易だったので、合間に調査しました。いつか、「調査が楽な曲と、難しい(手間がかかる)曲」について記事にしても面白いかもしれません。簡単な曲だと、難しい作品1曲分の間に5曲ぐらい調査できます。


『Run Away』([ALEXANDROS])


【地声最低音】mid2A(A3)  ※楽曲全体で所々登場

m2A[眠れ]m2F#[ない] 眠れない(Aメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※Cメロ

m2F#[結]hiA[局最]hiB[後]A[は] m2F#[み]んな消m2A[えて]くんだ

※通常サビではhiAが最高音になります


【裏声最高音】hiF#(F#5) ※サビで複数回登場

★ちゅhiD[うとはん]hiC#[ぱ]D[な]hiF#[満]hiE[足]D[で]
★こhiD[れから先もな]hiF#[まい]hiE[き]hiD[で](ラストサビ)




【補足】mid2F#hiD辺りの注意箇所

★mid2E[Run] Away Run Away(Aメロ)
★もうm2F#[一]手っm2A[て] 前へ前m2F#[へっ]て(Bメロ)
★自覚のないままに酸素が染m2F#[み]渡って

★タhiD[ラリララ]hiC#[リ]hiB[ぼ]hiA[く]ら」は(サビ) 
★事足りるhiA[様]m2G[に]m2F#[なっ]ていった 過去を悔やむ
★1番になったって 2番になっm2G[たっ]m2F#[て](Cメロ)

『Run Away』([ALEXANDROS])









 まず、『Run Away』についてです。この楽曲は、2013年に4人組ロックバンド[ALEXANDROS]([Champagne]名義)にリリースされたシングル作品です。アルバム『ALXD』に収録されています。タイアップなどはありませんが、MVは、ナイキのリストバンド型活動量計とのコラボレーションのようです。このシングルでドロスは初のチャートトップ10を記録します。MVは2020年2月現在、2000万回以上の再生回数を記録しています。

 『Run Away』は打ち込みが使われたバンド曲です。報道資料などにはエレクトロ曲との紹介がされていますが、個人的にはエレクトロ感はあまり感じず、バンド曲としての印象が強いです。アルバムでは終盤に収録されており、アルバム後半の盛り上がりを支えております。
 歌メロについては、【霧雨タタタタ淡々】、【タラリララリ】、【 僕はタラララと】等、擬音語多く用いられております。リズム感が心地よいバンド曲でもあります。反面、サビメロは裏声などが多用されており、壮大さや美しさも感じさせられます。

 『Run Away』の音域的な特徴についてです。図にも示すように、女性のような高めの音域で歌メロディーが作られております。また、サビでは裏声もかなりの部分を占めております。地声部分の音域はあまり広くありませんので、キーの調整は行いやすいのではないかと思います。




 さて、『Run Away』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。地声部分は一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見てきます。

 まず、地声最低音についてですが、mid2Aと男性ボーカルとしては少し高めです。AメロBメロはmid2A~mid2F#で歌メロディーが構成されていることになります。

 さて、地声最高音hiBはCメロで登場します。一方、通常のサビではhiAが最高音になります。hiBが上手く発声できることが理想ですが、hiAくらいが安定的に出せれば、ある程度形になるのではないかと思います。その場合、原曲のニュアンスとは少し変わりますが、CメロのhiBは裏声でも良いのではないかと思います。

 『Run Away』のサビでは裏声が多用されております。上手く地声と裏声を使い分けたいところです。この辺りは、少し前に取り上げた『SNOW SOUND』と似ている部分でもあります。

 『Run Away』は地声の音域自体はmid2A~hiBとあまり広くありません。よって、キーの調整などは行いやすいといえます。よって、歌い慣れていない人がキーを大きく下げて練習することも可能です。ただ、『Run Away』は裏声部分が多く登場するため、歌い慣れていない人にとっては難しい部分も多いです。その点は留意しておいてください。

『SNOW SOUND』([ALEXANDROS])の音域

 こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『SNOW SOUND』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『SNOW SOUND』([ALEXANDROS])


【地声最低音】mid1D(D3)  

★泣きあかm1D[し]た 季節が去ってm1D[ぇ] (Aメロ)
m1D[つ]めたいか1D[ぜ]


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビで複数回登場

m2F#[僕]hiA地[等]F#[出]F#[う]
m2F#[ゆ]きがF#[や]m2G[わ]hiA[ら]G[か]F#[く]G[つ]F#[つ]んでいく


【裏声最高音】hiE(E5) ※サビで登場

★雪をm2F#[な]hiA[が]hiE[め]hiD[ていた](サビ)




【補足】mid2F#hiDの注意箇所

★Oh, maybe I'm preteding 無関心なふm2G[りし]m2F#[て](Bメロ)
★生きてきた僕を あm2F#[な]たは溶m2G[かし]F#[た]

★しhiD裏[ろい]hiC#[街]hiB[の]hiA[か]B[た]A[す]みで(サビ)
m2G[ま]m2F#[だ]F#[だ]F#[ど]m2G[な]m2F#[い]


『SNOW SOUND』([ALEXANDROS])









 まず、『SNOW SOUND』についてです。この楽曲は、2017年にロックバンド[ALEXANDROS]によりリリースされたシングル作品です。アルバム『Sleepless in Brooklyn』に収録されています。
 『SNOW SOUND』はJR東日本『JR SKISKI』のCMソングとして、書き下ろされたものです。JR東日本の『JR SKISKI』キャンペーンはこれまで、多くのヒット曲を生み出しているCMでもあります。最近では、SEKAI NO OWARIの『スノーマジックファンタジー』、back numberのヒロインなどが有名です。

 『SNOW SOUND』は[ALEXANDROS]の激しいサウンドとは少し異なり、バンド以外の音色も目立つひんやりとした冬っぽいナンバーになっております。これまでバンドがあまり取り入れてこなかったシンセサイザーが「冬っぽさや雪」の演出に一役買っております。[ALEXANDROS]らしさとは少し離れたサウンドかもしれませんが、これまでドロスに縁が無かった人にも届きうる美しい楽曲だと思います。

 『SNOW SOUND』の音域的な特徴についてです。上図の赤い丸で囲まれた部分が地声で、それ以外に色が付いた鍵盤部分が裏声になります。そこにあるように、サビを中心に裏声が多く登場する楽曲です。裏声と地声の使い分けが要求される楽曲であり、それらの練習にも使いやすいと思います。ただ、裏声部分が広く、音域も広めであるため、ある程度歌い慣れた人向けの楽曲だと言えます。



 さて、『SNOW SOUND』についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。地声部分は、一般的な男性の音域よりも少し高いです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiAはサビで登場します。キーの調整をする際、この地声最高音を基準にすると良いと思います。このhiAは一般的な男性の音域よりも少し高めです。ある程度歌い慣れた人であっても、場合によってはキーを少し下げても良いのではないかと思います。原曲キーから2つ程度下げると、mid2Gに設定され、歌いやすくなります。

 『SNOW SOUND』は裏声が多用されている楽曲です。裏声と地声を上手く切り替えて歌唱することが求められます。ただ、サビ冒頭の「しhiD裏[ろい]hiC#[街]hiB[の]hiA[か]B[た]A[す]みでm2F#[僕]hiA地[等]F#[出]F#[う]」は声の切り替えが難しいのではないかと思います。慣れないうちは、裏声だけで歌唱するのも良いかもしれません。
 一方、同じ1番サビの「あふれた言葉が 胸に届く」というフレーズは呼吸を入れるタイミングがあるため、地声と裏声の切り替えをしやすいです。こちらのフレーズで声の切り替えの練習をしてみても良いと思います。

 『SNOW SOUND』は音域が広めであります。地声部分だけで見ても、低音部分が意外ときついので、大きなキーの調整はしにくいと思います。ある程度歌い慣れた人であれば苦労は少ないでしょうが、歌い慣れていない人は少し辛いのではないかと私は考えております。

 『SNOW SOUND』は広くは知られていませんが、メロディーが美しい良い曲です。興味を持たれた方は練習してみても良いと思います。

『O2』[ALEXANDROS]の音域

 こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『O2』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。リクエストの順番的には別の曲なのですが、今回はまずこちらを取り上げます。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、動画の添付はありません。ご了承ください。


『O2』[ALEXANDROS]



『O2』[ALEXANDROS]











【地声最低音】mid2A(A3)  

☆以下参照

【地声最高音】mid2F#(F#4)  ※楽曲後半

★When ur on m2F#[a] m2E[plane] 
m2A[I] hope u can m2F#[sleep] m2E[so]F#[so]  tight


【裏声最高音】hiE(E5) 

★U hiC#[are] hiB[ah]… hiE[U] C#[are] B[ah] A[ah…] 


【補足】hiAhiC#の注意箇所

★U need hiA[to] get back to hiC#裏[ur] hiB[li-]hiA[fe] B[ye-]-ah(冒頭)





 まず、『O2』(オーツー)についてです。この楽曲は、2016年に4人組バンド[ALEXANDROS]によりリリースされたアルバム『EXIST!』に収録されています。リード曲ではなく、またタイアップなどはありません。
 『O2』の歌詞は全て英語詞で書かれています。こうしたものは[ALEXANDROS]では多く見られます。アルバム『EXIST!』では『Feel like』、『Kaiju』といった楽曲が英語で歌詞が書かれております。私自身は『Kaiju』が非常に好きな楽曲です。

 ちなみに、この『EXIST!』で[ALEXANDROS]は自身初のチャート1位を記録します。シングル曲以外では『ムーンソング』、『Kaiju』などでMVが作られています。『ムーンソング』はこのアルバムのリード曲です。

 さて、『O2』についてですが、ピアノやストリングスが基調となったゆったりとした楽曲です。歌メロ自体も大半の部分が裏声が使われたボーカルで構成されており、非常にひんやりとした世界を感じます。こうしたこともあり、カラオケなどではやや歌いづらいかもしれません。ただ、裏声が多用されているということもあり、そうした練習にはよい作品ではないかと私は考えております。

___


 最後に『O2』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】mid2F#(F#4)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。地声については一般的な男性の音域の範囲内と言えます。以下、見ていきます。

 まず、『O2』についてですが、上図にあるように、楽曲の半分以上が裏声で歌唱されています。以前に当ブログで取り上げたKing GnuのDon't Stop the Clocksという楽曲がありました。この作品も楽曲の多くが裏声で歌われております。どちらもアルバム収録曲ですが、こうした楽曲を集めて聴いてみるのも面白いかもしれません。

 『O2』の裏声最高音はhiEとなります。裏声としても高い音階です。裏声で歌い慣れていない人は少し時間がかかるかもしれませんが、地声で発声するよりは難易度は低いと思います。初めはhiA,hiBあたりの部分から練習してみても良いと思います。キーを下げてもよいです

 『O2』の地声最高音はmid2F#になります。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内ですが、普段歌い慣れていない人はスムーズな発声が損なわれやすいです。少しずつ練習してください。ただ、この楽曲は、裏声が多く使われている作品であり、地声の練習にはあまり向かないのではないかと私は考えております。
 
 『O2』についてですが、裏声が多用されているため、普段歌い慣れていない人にとってはハードルが少し高いかもしれません。楽曲全体が英語詞で構成されているという点も、不慣れな人にとっては障害になります。ある程度歌い慣れている人向けの楽曲であると私は考えております。高音域を美しく発声できると非常に気持ちの良い楽曲です。

 

『city』([ALEXANDROS])の音域

 こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『city』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『city』([ALEXANDROS])


【地声最低音】mid1D(D3) 

★Light  m1D[光る][ま]ちにこうギラギラとした
★君のなm1D[みだを疑って] 言葉の中確かめた


【地声最高音】hiD(D5)  

m2G[こ]とば[が]hiD[お]hiB[ぼ]hiA[れ]G[て](サビ)
m2G[こ]ころ[が]hiD[そ]hiB[れ]hiA[を た]hiB[すけられ]G[ずに]
★would m2G[like to] hiA[a-]hiB[-ccom-]hiC[-plish] hiD[before] G[going to hell!]

※この英語の部分は厳密に分解すると英単語がバラバラに分解され、煩雑になります。各々楽曲を聴いて微調整してください。音程は恐らく合っています。




【補足】mid2GhiC辺りの注意箇所

hiB[僕はな]にを言いたくて (サビ)
★この場所をえm2G[らん]hiA[だ][の]A[だ]G[ろう?]
★また 振m2G[り出]hiA[し]hiB[に][も]どっG[た]

★嘘hiB[ばっ]m2G[か] [ばっ][か] [たっ][て](Cメロ)
★I m2G[know it's hard and stiff,severe] the [wall] in [front]hiA[of] G[you] 

★この街にいすhiC[わっ]hiB[て]m2G[ん]hiA[だ]G[ろう](ラストサビ)
★こm2G[こ][ど][です]hiB[か]m2G[たし][誰]hiA[です][か] 

『city』([ALEXANDROS])









 まず、『city』についてです。この楽曲は、2010年に4人組バンド[ALEXANDROS]によりリリースされたシングル作品です。ドロスの記念すべきメジャー1枚目のシングル曲です。ちなみに、[ALEXANDROS]は2014年3月まで[Champagne](シャンペイン)として活動していました。フランス・シャンパーニュ地方特産のスパークリングワインであるシャンパンとのブランドの関係もあり、現バンド名の[ALEXANDROS]に改名いたしました。シングル曲の『city』は[Champagne]の頃の作品になります。

 『city』の音域的な特徴について大まかに述べると、AメロBメロは中音から低音部中心のメロディーラインになります。そして、サビに入り、急激にキーが上がります。

 補足と一つ申し上げます。上述の【地声最高音】でも言及しておりますが、Cメロの英語の歌詞の部分は、より正確に細かく記述すると、英単語のつづりがバラバラに分解されて、表記が非常に混沌としたものになります。「accomplish」についてはどうしても必要なので分解してありますが、それ以外の部分は少し正確性を欠いております。ただ、音程自体は間違っておりませんので、各々楽曲を聴いて微調整してください。

 

 さて、『city』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、先述しましたが、AメロBメロは低音部分が中心のメロディーラインになります。その後、サビになり急激にキーが上がります。

 地声最高音hiDはサビを中心に登場します。この辺りの音域は男性には非常に高く、中々手を出し辛いです。一般的にはキーを下げるのが定石なのですが、今回は少し別の話をしてみたいと思います。

 ハードロックやメタルなどの楽曲では声を強く張ることで高い音階の発声をすることが当たり前のように見られます。私自身知識が拙いため、このブログで細かく技術的な指導は出来ないのですが、一般的なポップス、キーがメチャクチャ高くないロックなどと比べて、もう少し強く声を張るイメージです。上手く声がコントロールできれば、意外と高いキーまで声が出ると思います。
 日本では住宅事情などもあり、家で練習するのは難しいかもしれせんが、ある程度歌い慣れた人はチャレンジしてみると良いと思います。私自身はandroidのスマホを使っておりますので、ボーカル音程モニターというアプリを入れています。iOSでも似たようなアプリがあると思います。こうしたアプリを併用しつつ、カラオケ店などでチェックしたり、練習してみるのもいいかもしれません。


 ちなみに、キーを下げて歌唱する場合は、原曲キーから5つ下げると地声最高音がhiAに設定されます。この辺りを目安にして、微調整してみてください。ただ、キーを下げ過ぎると低音部分が逆に辛くなる可能性があります。

『starrrrrrr 』([ALEXANDROS])の音域と感想

こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『starrrrrrr』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 なお、添付される動画は『starrrrrr』のシングルバージョン『starrrrrrr feat.GEROCK』となります。その点についてはご了承ください。

『starrrrrrr 』([ALEXANDROS])


【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※楽曲全体を通して頻出

★I see a light in dark-[-ness]
★ところが外に出1D#[そうとした]時に 「あっ」と気付く


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビで登場

★とmid2G#[ほ]hiA#[う]hiC[に]hiC#[暮][れ][た][って](サビ)



【補足】その他の象徴的な個所

★ひm2F[か]る夜の下 足が止まっmid1D#[た](Aメロ)
★立ち上がって mid2G#[yeah] hiA#[yeah](Bメロ)
★さmid2G#[ま]hiA#[よ][[って](サビ)
★また明日には 新しいほmid2G#[うが]hiA#[くへ]
hiC[light] hiA#[up] mid2G#[all the] mid2G[star] [yeah](ラストサビ)

『starrrrrrr 』([ALEXANDROS])









 まず、『starrrrrrr』(スター)についてです。この楽曲は2013年に[ALEXANDROS](旧バンド名[champagne])によりリリースされた作品です。ドイツ発祥の炭酸水ブランドのゲロルシュタイナーとのコラボレーションで製作された楽曲で、シングルでは『starrrrrrr feat.GEROCK』名義になっております。「GEROCK」とはゲロル(Gerol)とロックを合わせた造語だと思います。MVが公式のYoutubeチャンネルで公開され、1200万回もの再生回数を記録しています。ドロスの作品の中でも人気の高い楽曲の一つだと思います。

 『starrrrrrr』のサウンドについてです。ドロスらしい疾走感のあるギターサウンドです。シングルバージョンでは先にも述べましたように、炭酸水とのコラボということで、炭酸の発泡音をにエフェクトをかけたものが楽曲に使用されています。そうした点が一つ特徴の一つであると思います。アルバムバージョンではこのエフェクトは無くなっています。また、アウトロについてもシングルバージョンはフェードアウトしていきますが、アルバムではサビの終わりに流れる象徴的なフレーズ【タラッタッタッタッタラッタッタッ…】で締めくくられます。個人的にはドラムのフレーズ(特に2番Bメロ以降)が非常に心地よいです。
 歌メロディーについてはAメロBメロサビの構成です。AメロBメロが「静」として楽曲を下支えし、「動」のサビへと繋がっていきます。人気の高い理由の一つは幅広いリスナーに馴染みやすいメロディー構成もあると思います。




 さて、最後に『starrrrrrr』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【地声最高音】hiC#(C#5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、サビにおいてhiC#という音階が登場します。一般的な男性の音域ではかなり高いです。ボーカルの川上洋平さんは地声で歌唱していますが、場合によってはこのhiCは裏声でも良いと思います。残念ながら、ここで裏声で歌うとニュアンスは原曲と少し変わってしまいます(上手く歌いこなせる方であれば原曲の力強さが損なわないかもしれません)。とはいえ、もしhiA#辺りを地声で確実に歌いこなせるのであれば、hiCをファルセットで対応するのもあり得るかもしれません。ただ、hiA#を確実に歌いこなし、かつ器用な裏声が要求される点で、難易度は高いです。

 一番無難なのは、やはりキーを下げるということです。個人差はありますが、hiA#,hiA辺りまで歌いこなせるのであれば、原曲より3~4つ下げると良いです。「4つ下げる」というのは抵抗があるかもしれませんが、hiAを安定的に歌いこなすというだけでも一般的な男性の中でも上手い方だと思います。


 ちなみに、前回取り上げた『ワタリドリ』と比較すると、この『starrrrrrr』の方が難易度は低いと思います(当然一般的なポップソングよりは難易度は高いです)。『ワタリドリ』の音域は【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】hiD(D5) 、【裏声最高音】hiE(E5)でした。必ずしも「音域の高さ=難易度」ではないですが、この2者について言えば、やはりキーのエグい『ワタリドリ』の方が難しいです。

【補足】Bメロについてですが、原曲に忠実に歌唱すると息が続かない人も多いと思います。どこかでブレス(息継ぎ)を入れてください。例えば、「だからもう一度」の箇所などが良いかもしれません。具体的には「だからもういちど」と歌唱する部分を「だからもいちど」と歌います。「う」を省いた分、ブレスを入れる余裕が出来ます。