J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

[ALEXANDROS]

『Mosquito Bite』([ALEXANDROS])の音域 / 映画『BLEACH 死神代行篇』主題歌

こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『Mosquito Bite』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Mosquito Bite』([ALEXANDROS])
『Mosquito Bite』([ALEXANDROS])









【地声最低音】mid2B(G3)  

★I was just a little boy Smelled a little like so[y]m2B (Aメロ)
★Couldn’t find a place that’d hiA[let] m2G#[me] i[n]m2B
m2B[That’s] the way B[the] things B[have] been


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※各サビ1回ずつ

★I hiB[wanna be] hiC#[up] there when m2F#-m2G#[I’]m] F#[down] (サビ)


【補足】mid2F#hiB辺りの注意点

m2G#[All] they m2F#[wa-]nna F#[do] is (Bメロ)
hiA[push and keep me] G#[down]

★I hiB[wanna believe] hiA[in] m2G#[some-]thing else (サビ)
★Trying to m2F#[make] m2G#[up] F#[through] the G#[day]
★It’s hiA-m2G#[dri][-ving] m2F#[me] insane


 Mosquito Bite(モスキート・バイト)は2018年にロックバンド[ALEXANDROS](アレキサンドロス)によりリリースされたシングル作品です。同曲は、映画『BLEACH 死神代行篇』の主題歌として書き下ろされました。

 Mosquito Biteは[ALEXANDROS]らしいロックナンバーです。AメロBメロサビといった形で歌メロが作られております。ただ、日本のポップスで当たり前にあるラストのサビが無く、2番が終了するとともに長めのアウトロが設けられております。こうした点はカラオケ向きとは言い難い部分ではありますが、私自身は非常に印象的でした。



 
 最後に、『Mosquito Bite』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(G3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域より高いです。以下、見ていきます。

 まず、高音部分についてです。同曲はサビでの最高音がhiC#が登場します。また、楽曲全体を通して、hiAが多く登場します。
 これらは一般的な男性の音域としては高めです。キーを下げた方が歌いやすいのではないかと思います。
 一方で、同曲はハードロックなどの発声の勉強になりやすいのではないかとも思います。AメロBメロなどのパートでロック的な発声を練習してみてもよいと思います。

 『Mosquito Bite』は図にも示すように、音域自体は広くありません。よって、キー調整しやすいです。ただ、歌いやすいキーに下げたからと言って、すぐに原曲のような表現が出来るわけではありません。少しずつ練習を重ねてください。私なりのイメージですが、自分が出せる高音域のギリギリくらいに最高音を設定すると原曲に近づきやすいのではないかと思います。

 同曲は、歌詞のほとんどの部分が英語で書かれており、そこでハードルになる人もいるかもしれません。その点は留意しておいてください。



『月色ホライズン』([ALEXANDROS])の音域

 こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『月色ホライズン』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『月色ホライズン』([ALEXANDROS])、Tsukiiro Horizon

『月色ホライズン』([ALEXANDROS])










【地声最低音】mid1C(C3)  

m1C[ま]よいながら C[居]場所はどこ?(Bメロ)

※mid1D#辺りに置き換えても違和感は少ないです


【地声最高音】hiC#(C#5)  

hiC#地[い]hiC[る]hiA#[の]C[い]A#[る]G#[の](サビ)


【裏声最高音】hiF(F5) ※サビで1回ずつ登場

m2G#[Well maybe it’s] hiD#[not] hiF[so] [bad] (サビ)


【補足】mid2G#hiC辺りの注意箇所

★ぼm2G#[く]hiA#[ら]G#[は](サビ)
m2G#[ひか]りと闇がhiD#裏[待っ]hiC地[て]
★今をm2G#[た]hiA#[だ]hiC[生き]A#[て][いく]

m2G#[The mean-]ing G#[of our lives](Cメロ)
m2G#[I guess I don’t even] hiD#裏[care] hiC#[at] hiC-hiA#-m2G#[all]



 まず、『月色ホライズン』についてです。この楽曲は、2019年に4人組ロックバンド[ALEXANDROS](アレキサンドロス)によりリリースされたシングル作品です。『月色ホライズン』は清涼飲料水アクエリアスのCMソングとして書き下ろされたものです。バンドによる編曲のオリジナルver.とともに、蔦谷好位置さんが編曲に携わったchill out ver.の2つのアレンジが存在します。

 『月色ホライズン』はミディアムテンポのバンドナンバーです。スポーツドリンクのCMソングということもあり、歌メロが美しいです。個人的にはCメロの後に入る間奏も非常にカッコイイと思いました。
 蔦谷好位置さんが携わったchill out ver.はエレクトロな要素が組み込まれており、どこかダンサブルです。こちらも非常に非常に良いです。chill outは「落ち着く、冷静になる」といった意味がありますが、私はとりわけイントロなどにひんやりとした印象を感じます。

 『月色ホライズン』の歌メロの音域はかなり広めであり、地声だけ見ても広く、最高音は高いです。低音部分に余裕があり、キーの調整は可能ですが、歌い慣れた人向けの作品といえると思います。





 さて、『月色ホライズン』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#についてです。こちらはサビで1回ずつ登場します。ここも高いですが、サビではhiCも多めに登場します。最高音のhiC#辺りは裏声でも良いかもしれません。ただ、hiCくらいまで地声で発声できた方が原曲のニュアンスが表現しやすいのではないかと思います(原曲キーで歌唱する場合)。
 この辺りの音階は一般的にはかなり高めのでありますので、キーを下げた方が歌いやすいと思います。原曲キーから4つ程度下げるのを目安にしてみてください。

 『月色ホライズン』は低音部分に余裕があり、キーの調整は可能です。最低音mid1Cはmid1D#辺りに置き換えても違和感は少ないですので、上図で示す以上に多く下げても良いのではないかと思います。
 ただ、同曲は音域自体かなり広めですので、歌い慣れていない人にとってはキーを調整しても難しい部分が登場するのではないかと思います。そうした方は別の歌いやすい作品と並行して、練習するのが良いのではないかと思います。



『Kick&Spin』([ALEXANDROS])の音域

こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『Kick&Spin』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Kick&Spin』([ALEXANDROS])


【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロ

★and them down I go down until I almost get m1E[drown]


【地声最高音】hiD(D5)  ※各サビで登場

★Every hiD[time] hiC#[I] hiB[see] hiA[the rain](サビ)
★夜にhiD[は]hiC#[い]hiB[な]hiA[い]m2G#[だ]A[ろう](ラストサビ)



【補足】mid2F#(一部略)hiB辺りの注意箇所

★m2E[I got up to the top of the world and them] m2F#[stop]

★E-m2G#[-very] hiA[time] G[I] feel the pain (サビ)
m2F#[僕]m2G#[は]hiA[い]G#[つ]F#[も]土壇A[場]で逃げ隠れm1F#[た]

★so we got to stay alight m2F#[stay] alive m2G#[stay] hiA[alight]
hiB[I] hiA[know] [I] [know] hiA[I’m not] B[too] A[late]

『Kick&Spin』([ALEXANDROS])









 まず、『Kick&Spin』(キック&スピン)についてです。この楽曲は、2013年に4人組ロックバンド[ALEXANDROS]によりリリースされたアルバム『Me No Do Karate.』(ミー・ノー・ドゥー・カラテ)に収録されています。旧バンド名[Champagne](シャンペイン)時代にリリースされたものです(バンド名変更の経緯についてはこちらを参考にしてください)。
 『Kick&Spin』はアルバムの発売と同時にMVが公開され、2020年3月現在、850万回もの再生回数を記録しています。

 さて、『Kick&Spin』はアップテンポのバンド曲です。間奏などはメタルサウンドでもあり、私自身は非常に耳に残りました。歌詞は多くの部分が英語で書かれております。この辺りもドロスっぽさの1つであると思いますが、英語詞ということでカラオケなどではハードルになりやすいかもしれません。

 『Kick&Spin』の音域的な特徴についてですが、高音部分の地声最高音がhiDと非常に高いです。ただ、低音部分に余裕がありますので、キーを下げて歌唱することも可能であります。多くの男性の場合、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいのではないかと思います。



 さて、『Kick&Spin』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも非常に高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDはサビで2回ずつ登場します。この辺りは一般的な男性の音域よりもかなり高いです。多くの男性はキーを下げて歌唱した方が歌いやすいのではないかと思います。私なりのイメージとしては声を少し張って、絞るように発声すると高い声が出やすいのですが、hiDという音階に到達するのは非常に難易度が高いと思います。

 『Kick&Spin』は音域は広いのですが、低音部分に余裕があります。よって、キーを下げる余地はあります。ただ、サビでもmid1F#と比較的低めの音階が登場しますので、キーを下げ過ぎると歌いにくくなるのではないかと思います。
 例えば、キーを4つ下げて、最高音をhiA#辺りに設定すると歌いやすくなるのではないかと思います。hiA#は一般的な男性の音域よりも高めです。ただ、自分の取って高めの音階を絞りだすように発声した方が原曲のニュアンスに近づきやすいのではないかと考え、今回はこの辺りを目安としてみました。

 『Kick&Spin』はキーを下げたとしてもある程度高音域が歌唱できる歌い慣れた人向けの作品と言えると思います。歌詞のほとんどが英語詞ということもありハードルも高いですが、歌いこなせると非常にカッコイイのではないかと思います。



『Run Away』([ALEXANDROS])の音域

 こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『Run Away』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 この楽曲はリクエスト10曲から漏れた作品なのですが、調べるのが比較的容易だったので、合間に調査しました。いつか、「調査が楽な曲と、難しい(手間がかかる)曲」について記事にしても面白いかもしれません。簡単な曲だと、難しい作品1曲分の間に5曲ぐらい調査できます。


『Run Away』([ALEXANDROS])


【地声最低音】mid2A(A3)  ※楽曲全体で所々登場

m2A[眠れ]m2F#[ない] 眠れない(Aメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※Cメロ

m2F#[結]hiA[局最]hiB[後]A[は] m2F#[み]んな消m2A[えて]くんだ

※通常サビではhiAが最高音になります


【裏声最高音】hiF#(F#5) ※サビで複数回登場

★ちゅhiD[うとはん]hiC#[ぱ]D[な]hiF#[満]hiE[足]D[で]
★こhiD[れから先もな]hiF#[まい]hiE[き]hiD[で](ラストサビ)


【補足】mid2F#hiD辺りの注意箇所

★mid2E[Run] Away Run Away(Aメロ)
★もうm2F#[一]手っm2A[て] 前へ前m2F#[へっ]て(Bメロ)
★自覚のないままに酸素が染m2F#[み]渡って

★タhiD[ラリララ]hiC#[リ]hiB[ぼ]hiA[く]ら」は(サビ) 
★事足りるhiA[様]m2G[に]m2F#[なっ]ていった 過去を悔やむ
★1番になったって 2番になっm2G[たっ]m2F#[て](Cメロ)

『Run Away』([ALEXANDROS])









 まず、『Run Away』についてです。この楽曲は、2013年に4人組ロックバンド[ALEXANDROS]([Champagne]名義)にリリースされたシングル作品です。アルバム『ALXD』に収録されています。タイアップなどはありませんが、MVは、ナイキのリストバンド型活動量計とのコラボレーションのようです。このシングルでドロスは初のチャートトップ10を記録します。MVは2020年2月現在、2000万回以上の再生回数を記録しています。

 『Run Away』は打ち込みが使われたバンド曲です。報道資料などにはエレクトロ曲との紹介がされていますが、個人的にはエレクトロ感はあまり感じず、バンド曲としての印象が強いです。アルバムでは終盤に収録されており、アルバム後半の盛り上がりを支えております。
 歌メロについては、【霧雨タタタタ淡々】、【タラリララリ】、【 僕はタラララと】等、擬音語多く用いられております。リズム感が心地よいバンド曲でもあります。反面、サビメロは裏声などが多用されており、壮大さや美しさも感じさせられます。

 『Run Away』の音域的な特徴についてです。図にも示すように、女性のような高めの音域で歌メロディーが作られております。また、サビでは裏声もかなりの部分を占めております。地声部分の音域はあまり広くありませんので、キーの調整は行いやすいのではないかと思います。




 さて、『Run Away』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。地声部分は一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見てきます。

 まず、地声最低音についてですが、mid2Aと男性ボーカルとしては少し高めです。AメロBメロはmid2A~mid2F#で歌メロディーが構成されていることになります。

 さて、地声最高音hiBはCメロで登場します。一方、通常のサビではhiAが最高音になります。hiBが上手く発声できることが理想ですが、hiAくらいが安定的に出せれば、ある程度形になるのではないかと思います。その場合、原曲のニュアンスとは少し変わりますが、CメロのhiBは裏声でも良いのではないかと思います。

 『Run Away』のサビでは裏声が多用されております。上手く地声と裏声を使い分けたいところです。この辺りは、少し前に取り上げた『SNOW SOUND』と似ている部分でもあります。

 『Run Away』は地声の音域自体はmid2A~hiBとあまり広くありません。よって、キーの調整などは行いやすいといえます。よって、歌い慣れていない人がキーを大きく下げて練習することも可能です。ただ、『Run Away』は裏声部分が多く登場するため、歌い慣れていない人にとっては難しい部分も多いです。その点は留意しておいてください。


『SNOW SOUND』([ALEXANDROS])の音域

 こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『SNOW SOUND』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『SNOW SOUND』([ALEXANDROS])


【地声最低音】mid1D(D3)  

★泣きあかm1D[し]た 季節が去ってm1D[ぇ] (Aメロ)
m1D[つ]めたいか1D[ぜ]


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビで複数回登場

m2F#[僕]hiA地[等]F#[出]F#[う]
m2F#[ゆ]きがF#[や]m2G[わ]hiA[ら]G[か]F#[く]G[つ]F#[つ]んでいく


【裏声最高音】hiE(E5) ※サビで登場

★雪をm2F#[な]hiA[が]hiE[め]hiD[ていた](サビ)



【補足】mid2F#hiDの注意箇所

★Oh, maybe I'm preteding 無関心なふm2G[りし]m2F#[て](Bメロ)
★生きてきた僕を あm2F#[な]たは溶m2G[かし]F#[た]

★しhiD裏[ろい]hiC#[街]hiB[の]hiA[か]B[た]A[す]みで(サビ)
m2G[ま]m2F#[だ]F#[だ]F#[ど]m2G[な]m2F#[い]


『SNOW SOUND』([ALEXANDROS])









 まず、『SNOW SOUND』についてです。この楽曲は、2017年にロックバンド[ALEXANDROS]によりリリースされたシングル作品です。アルバム『Sleepless in Brooklyn』に収録されています。
 『SNOW SOUND』はJR東日本『JR SKISKI』のCMソングとして、書き下ろされたものです。JR東日本の『JR SKISKI』キャンペーンはこれまで、多くのヒット曲を生み出しているCMでもあります。最近では、SEKAI NO OWARIの『スノーマジックファンタジー』、back numberのヒロインなどが有名です。

 『SNOW SOUND』は[ALEXANDROS]の激しいサウンドとは少し異なり、バンド以外の音色も目立つひんやりとした冬っぽいナンバーになっております。これまでバンドがあまり取り入れてこなかったシンセサイザーが「冬っぽさや雪」の演出に一役買っております。[ALEXANDROS]らしさとは少し離れたサウンドかもしれませんが、これまでドロスに縁が無かった人にも届きうる美しい楽曲だと思います。

 『SNOW SOUND』の音域的な特徴についてです。上図の赤い丸で囲まれた部分が地声で、それ以外に色が付いた鍵盤部分が裏声になります。そこにあるように、サビを中心に裏声が多く登場する楽曲です。裏声と地声の使い分けが要求される楽曲であり、それらの練習にも使いやすいと思います。ただ、裏声部分が広く、音域も広めであるため、ある程度歌い慣れた人向けの楽曲だと言えます。



 さて、『SNOW SOUND』についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。地声部分は、一般的な男性の音域よりも少し高いです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiAはサビで登場します。キーの調整をする際、この地声最高音を基準にすると良いと思います。このhiAは一般的な男性の音域よりも少し高めです。ある程度歌い慣れた人であっても、場合によってはキーを少し下げても良いのではないかと思います。原曲キーから2つ程度下げると、mid2Gに設定され、歌いやすくなります。

 『SNOW SOUND』は裏声が多用されている楽曲です。裏声と地声を上手く切り替えて歌唱することが求められます。ただ、サビ冒頭の「しhiD裏[ろい]hiC#[街]hiB[の]hiA[か]B[た]A[す]みでm2F#[僕]hiA地[等]F#[出]F#[う]」は声の切り替えが難しいのではないかと思います。慣れないうちは、裏声だけで歌唱するのも良いかもしれません。
 一方、同じ1番サビの「あふれた言葉が 胸に届く」というフレーズは呼吸を入れるタイミングがあるため、地声と裏声の切り替えをしやすいです。こちらのフレーズで声の切り替えの練習をしてみても良いと思います。

 『SNOW SOUND』は音域が広めであります。地声部分だけで見ても、低音部分が意外ときついので、大きなキーの調整はしにくいと思います。ある程度歌い慣れた人であれば苦労は少ないでしょうが、歌い慣れていない人は少し辛いのではないかと私は考えております。

 『SNOW SOUND』は広くは知られていませんが、メロディーが美しい良い曲です。興味を持たれた方は練習してみても良いと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー