J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

B'z

『Real Thing Shakes』(B'z)の音域

こんにちは。今回はB'zの『Real Thing Shakes』(1996)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『Real Thing Shakes』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVがフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はショートバージョンになります。ご了承ください。


『Real Thing Shakes』(B'z)

『Real Thing Shakes』(B'z)










【地声最低音】mid1G(G3) 
 ※2番サビラスト

★I got something, m2A[I] need to say


【地声最高音】hihiA(A5)  ※2番AメロとCメロ

☆I just hiD[want you] hiE[to] D[get] hiF#[closer to] hihiA[me]
★I can tell you, hihiA[I've been] hiG[ach-][-ing]hiF
★Who's cryin', hihiA[who's] hiG[cry-]hiF[-ing] hiG[no-]F[-w?]

※☆の部分は裏声のようにも聞こえるのですが、今回は地声としました。


【補足】hiB(一部のみ)~hiF#

hiB[Can't] hiD[fall] hiB[a-][-sle-]hiE[-ep], hiB[I don't know] why(Aメロ)
★I know it's hiD[not] cause of the world situa-[-tion]D
hiD[Watching T]hiF#[V] bad news D[all a-]hiE[-rou-]D[-nd]
★But that's hiD[not the] hiE[re-]D[-ason] hiF#[I'm so] hiE[scare]D[d] E[no-]D[-w]

★You and me, we can find hiA[a way to] hiB[fly](サビ)
★Don't wanna lose you, don't wannahiD[ turn] a[way](Cメロ)
★You and me, we can find a way hiD裏[ to fly](ラストサビ)


※hiBを全て記載すると表記がカオスになりますので、ごく一部のみ記載します。




 まず、『Real Thing Shakes』について説明します。この楽曲は、1996年に2人組ロックユニットB'zによりリリースされたシングル作品です。オリジナルアルバムには収録されず、ベスト盤に収録されています。タイアップとして、ドラマ『俺たちに気をつけろ。』の主題歌として起用されました。

 『Real Thing Shakes』はオーストラリアのハードロックバンドAC/DC(エーシー・ディーシー)を想起させるようなハードなナンバーとなっております。B'zのシングル作品は、大体この頃からハードロック寄りになっていった印象があります。
 それまで、B'zはポップ寄りの作品も多くリリースしてましたもし、カラオケなどでB'zを練習したい場合は、『Real Thing Shakes』以前の作品の方が歌いやすいのではないかと思います。
  
 『Real Thing Shakes』の音域的な特徴などについてです。『Real Thing Shakes』は歌唱難易度が高い楽曲の一つとしても知られています。特徴としては、サビの方がキーが低く、逆にAメロはすべてhiA以上のキーで歌唱されています。また、Cメロなども非常に高い音域になります。




 さて、『Real Thing Shakes』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hihiA(A5) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、以前より申し上げている個人的な印象ですが、ハードロック、メタル、ハードコアなどでは一般的なポップミュージックなどとは少し異なる発声がされています。ポップ色の強い楽曲でもそうした発声がされることもよくありますが、とりわけハードロックなどはそうした色合いが強いです。
 個人的なイメージとしては、声をやや強めに張ることで、高いキーが出やすくなります。がむしゃらに声を張るのではなく、上手くコントロールしてください。家で練習するのは近所迷惑にもなりかねないですので、カラオケ等で練習してみても良いと思います。『Real Thing Shakes』を歌唱する場合、間違いなくこうした発声が必要になるといえます。


 それらを踏まえてみていきます。地声最高音のhihiAについてです。hihiAのキーは日本でもたまに見かけますが、多くはありません。『Real Thing Shakes』では3箇所、hihiAが登場します。私の印象ですが、難しいのは2番Aメロの部分です。上述の☆で示されている箇所です。こちらは無理に地声で歌唱しなくてもよいのではないかと思います。起用に裏声が出せる方であれば、それもありだと思います。ハイトーンのシャウトなどに自身のある方はCメロの方からチャレンジしてみてください。

 Real Thing Shakes』は一般的な男性の音域よりもかなり高いです。よって、キーを下げて挑戦してみるのも個人的にはよい選択肢だと思います。こういう高音域の楽曲は、どうしても原曲キーにこだわってしまいがちです。しかし、たとえキーを下げたとしても原曲に近いニュアンスが再現できるのであれば、それはすごい完成度の歌唱であると私は強く信じています。

 たとえば、B'zの作品にしても『Real Thing Shakes』のような高音域ばかりの楽曲はそこまで多くは見られません。ある程度自分が歌いやすいキーから少しずつ幅を広げていけばよいのではないかと思います。


 

『ゴールデンルーキー』(B'z)の音域

 こんにちは。今回はB'zの『ゴールデンルーキー』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『ゴールデンルーキー』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルなどでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『ゴールデンルーキー』(B'z)、Golden Rookie


【地声最低音】mid1F(F3)  

★愛情のm1F[きっ]かけは隠れてる

【地声最高音】hiB(B5)  ※各サビ2回

m2G#[生]hiA[き]hiB[て]G#[る こ]と自体がHOPE





【補足】mid2GhiA辺りの注意箇所

★ゴールデンルーキー 日m2G[が]な一日遊び呆けるのは(Aメロ)
★若さゆえの使m2G[命]イノセントm2G[デイズ] 
m2G[10]年後 [oh] hiA[な]m2G[に]が見える
m2G[わ]すれhiA[ない]G[で]G#[て]
★ヒラメキをm2G[いっ]hiA[ぱい]

※楽曲最後のフェイクはhiEです。
『ゴールデンルーキー』(B'z)









 まず、『ゴールデンルーキー』についてです。この楽曲は、2019年に2人組音楽ユニットB'zによりリリースされたアルバム『NEW LOVE』に収録されている楽曲です。13曲中11曲目、アルバムの終盤に収められています。タイアップなどは現在のところ無いようです。

 『ゴールデンルーキー』はミディアムテンポのロックナンバーです。イントロのギターが印象的ですが、このイントロから楽曲を制作していったようです。ただ、イントロも素晴らしいのですが、2番終了後、間奏前半に流れるギターも非常に好きです。歌詞については『ゴールデンルーキー』とあるように、B'zから若い世代に向けたメッセージソングになっております。こうした歌詞に勇気づけられる人も多いかもしれません。



 さて、『ゴールデンルーキー』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiB(B5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、Aメロについてですが、大体mid2G、mid2F#といった音階がよく登場します(mid2F#については今回は記載しておりません)。この辺りの音階であれば、一般的な男性の音域の範囲内であります。ある程度歌い慣れた人であれば、歌いこなせる可能性は高いです(稲葉さんのような歌唱が出来ることを意味するわけではありません)。

 一方で、Bメロ終盤、サビにかけてはhiAや、地声最高音のhiBが登場します。この辺りの音階になると男性の音域としてはやや高めになります。場合によっては、キーを下げることも考えても良いと思います。原曲キーから3程度下げると地声最高音がmid2G#辺りに設定されるので、歌いやすくなると思います。

 『ゴールデンルーキー』はアルバムの曲ということもあり、B'zの作品の中では少しキーが低めであります(一般的には高い方です)。よって、「B'zの楽曲を歌いたいけど、あと少し届かない」といった方はこの楽曲を視野に入れてみても良いかもしれません




『兵、走る』(B'z)の音域

 こんにちは。今回はB'zの『兵、走る』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。B'zについては、当ブログでは以前に『ultra soul』を取り上げて以来の久々の登場となります。

 なお、この楽曲は、アーティストおよびレーベルの公式チャンネルなどでMVがフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画は、ショートバージョンになります。ご了承ください。


『兵、走る』(B'z)、Tsuwamono,Hashiru


『兵、走る』(B'z)










【地声最低音】mid2C(C3)  ※Aメロ、サビで登場

m2G[その姿に]hiA#[希]m2G[望][た]m2C[く][し] 


【地声最高音】hiC(C5)  ※サビで登場

m2G#[追]m2G[い]つきたいhiA#[な]G[い][ま]hiC[はTRY]
hiA#[明]m2G[日をむ]A#[えるた]hiC[め](ラストサビ)


【補足】mid2GhiA#辺りの箇所

m2G[ぼ]hiA#[く]m2G#[ら]G{はお]もわず叫んG[でい]G#[た](Aメロ)
m2G[そし]て気がG[つ]m2G[皆]限界ま[で挑]む権利[がある](B)

m2C[ゴー]m2G[ル]hiA#[は]ここじゃm2G[ない](サビ)
m2G#[止]m2G[む]ことのhiA#[ない]G[声]





 まず、『兵、走る』について説明します。この楽曲は、2019年に、2人組ロックユニットB'zによりリリースされたアルバム『NEW LOVE』に収録されているナンバーです。アルバムの2曲目に収録されております。同曲は、栄養ドリンクである大正製薬「リポビタンD」のラグビー日本代表応援ソングとして書き下ろされた作品です。W杯でのラグビー日本代表の活躍が目覚ましいですが、テレビのCMなどでも頻繁に耳にします。個人的には、B'zは『ultra soul』に代表されるように、スポーツのタイアップや応援ソングと非常に相性が良いと思います。

 『兵、走る』の特徴ですが、B'zらしく高音域が連発される疾走感のあるハードナンバーとなっております。余談ですが、サビメロディーはいわゆるヨナ抜きの音階になっております。ヨナ抜きの音階は懐かしさや和のテイストを感じさせますが、テンポが速いハードな曲でも意外と多く使われています。


 

 さて、『兵、走る』の音域についてですが、【地声最低音】mid2C(C3) ~【地声最高音】hiC(C5) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、『兵、走る』の地声最高音はhiCであり、一般男性の音域よりもかなり高いです。また、hiCであってもサビの最後で力強く発声されていますので、裏声で対処するといった方法も取りづらいです。裏声だとニュアンスが大きく変化してしまします。

 一般的な男性の場合は、キーを下げるといった方法が一番ありうる選択肢だと私は考えております。例えば、原曲キーから2~3程度下げると、「m2G[い]hiA#[ま]hiC[はTRY]」のhiCの部分がhiA(#)に設定されます。hiA#は一般的には高めのキーですが、歌い慣れた人が声を張ると意外と出うるキーです。この辺りのキーで練習してみるのも良いかもしれません。
 B'zは高音域の曲が多く、どうしても原曲キーにこだわってしまいがちですが、その人に合った音域を使いこなすことも非常に重要です。私自身は自分に合ったキーを探して、歌唱してみることの方が重要ではないかと思います。


 ちなみに、『兵、走る』は表記されているように、音域自体は狭いです。1オクターブで歌メロディーが構成されております。よって、普段歌い慣れていない人が「キーを大きく下げて練習する」といったことも可能です。ただ、B'zの楽曲はロック色が強く、ボーカル稲葉浩志さんの発声もテクニカルです。よって、キーを下げて歌唱する場合でも、ある程度歌い慣れていないと、楽曲の雰囲気は再現できないと思います。音域は狭いですが、キーを下げまくっても初心者が上手く表現できる曲にはなりにくいです。

 私自身は「音域が狭い曲は、歌い慣れていない人の練習曲としてお奨めである」と述べることが多いですが、

①歌メロのテンポが速すぎる(クセがある)
②ボーカルに技量が必要である

といった楽曲は音域が狭くても、あまり推奨は出来ません。B'zであれば、初期のポップ色の強い作品の方が練習曲になりやすいと思います。





『ultra soul』(B'z)の音域と感想

 こんにちは。今回はB'zの『ultra soul』(2002)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

 なお、B'zの楽曲は公式チャンネルなどでフル公開されていませんので、当ブログにおいても一部公開の動画を添付します。ご了承ください。


『ultra soul』(B'z)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★どれだけ[がん]ばりゃいい誰かのためなの?★
[け]つまつばmid2F#[か]りに[気]を取られ

【地声最高音】hiC#(C#5)  

★そしmid2G#[て][く]ウルト[ラ]hiC#[ソウル](サビ)



【補足】mid2G#hiB辺りの注意箇所

m2G#[ゆ]めじゃないあれもこれ[も](サビ)
そ]hiA[の]hiB[手][で][ド]アを開けましょう
[しゅ]くふくが欲しいのhiB[な][ら]
★いつでもあなたをhiA[見]m2G#[てるI] [can] [tell](Bメロ)


『ultra soul』(B'z)

 まず、『ultra soul』についてです。この楽曲は2002年に2人組ロックグループのB'zによりリリースされたシングル作品です。その後、アルバム『GREEN』にもバージョン違いが収録されました。
 『ultra soul』は世界水泳のテーマソングとしてのタイアップが付きました。その後、水泳などを中心にさまざまな場面で楽曲が使用され、時間をかけてB'zの代表曲の一つになっていった印象があります。

 『ultra soul』のサウンドについてですが、打ち込みを使用したB'zの作品群でもポップよりのアレンジであります。いわゆる四つ打ち」のビートが刻まれております。メロディー自体はややゆったり気味なのですが、そうしたややダンスミュージックの要素が楽曲のノリの良さに繋がっております。ちなみに初期のB'zはディスコ調やダンスミュージックのアレンジがされた楽曲も多いです。

 歌詞についてです。水泳のタイアップが付いたということもあり、孤独の戦い、絶え間ない努力、勝負への恐怖などに打ち勝つメッセージが歌われています。水泳のみならず、他のスポーツなどでも当てはまるような前向きな曲なのではないでしょうか。
 歌詞の肝としては、やはり「ウルトラソウル」というフレーズだと思います。意味としては極限の魂といったところですが、そうした和訳が野暮だと思えるほどに、ニュアンスとして伝わると思います。まさに「リズムは意味を超える」といった格言を体現したようなフレーズです。




 さて、『ultra soul』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiC#(C#5)でメロディーが構成されています。 一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、地声最高音のhiC#は「ウルト[ラ]hiC#[ソウル]」の決めフレーズの場面で登場します。この場面で裏声を使うと力強さがなくなり、原曲のニュアンスが壊れてしまいます。原曲キーで地声の発声が難しい場合はキーを下げる方が良いと思います。どれくらいキーを下げるかですが、この「ウルトラソウル!」を力強く発声できるか否かを基準に上下させると良いと思います。一つの基準として、原曲キーより4つ低いhiA辺りを目安にしてみると良いかもしれません。B'zの楽曲の中では難しい部類の曲ではないと思いますが、それでも原曲キー歌うのは大変です。
 
 B'zのボーカルの稲葉浩志さんはパワフルな声が印象的です。歌う際やキーを調整する際は、そうしたボーカルの力強さを意識してください。また、B'zの楽曲は普段歌いなれていない人が歌いこなすのはきわめて難しいです。その点は留意しておいて下さい。

 一方で、B'zの初期の作品の中には、ポップで音域もそこまで高くない楽曲もあります。「B'zを歌いたい」と考えている人は、1990年代半ば頃までの初期のヒット曲から手を付けてみるのが良いと思います。たとえば、「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」あたりが一つの代表例です。

 当然、そうした初期の楽曲を歌うにしても、ある程度歌いなれていることが必須です。目安としては、hiA程度の音階が歌いこなせればメドが付くと思います(それでも一般的な男性の音域よりは高いです)。目安としてback numberやMr.Childrenといったミュージシャンの楽曲が歌える人は選択肢に入ってくると思います。