J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

MY FIRST STORY

『無告』(MY FIRST STORY)の音域

 こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『無告』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『無告』(MY FIRST STORY)、Mukoku


【地声最低音】mid1G(G3)  

★この広い地球m1G[の]上で [おと]なになった僕等は(Aメロ)
★理想郷は離れて崩れ落ちm1G[てきた](Bメロ)


【地声最高音】hiD(D5)  ※サビで頻出

★今も何処かhiA[に]hiD[あ]る叶hiD[わ]ぬ(サビ)
★本hiD[当]のこA[と]hiB[ばで]


【裏声最高音】hiD(D5) Bメロとラストサビ

★“サヨナhiA[ラ”]夢にhiD裏[や]hiB[ぶ]hiA[れ]たおA[さ]なき人 
★すhiA[べ]て闇hiD裏[に]hiB[ほ][う]むりhiA[去]るたA[めに]ぃ(2番Bメロ)
★どんな過去もhiA[い]hiD裏[ま]もみらhiD[い]





【補足】mid2G(一部のみ)hiCまでの中位箇所

★もう何回も 何m2G[回]も 知らん顔G[し]hiA[て]G[た](Aメロ)
★憧れたヒーローにはなれやしなhiB[いん]hiA[だ](Bメロ)

hiA[ねえ?] hiA[答]hiB[え]てよ(Bメロ~サビ)
★「ゆhiB[め]hiA[を]hiC[たい]hiB[の]A[な]B[ら]
★「心」を隠hiA[す]hiB[こ]hiC[と]A{も]A[く] 

★美しすぎる羽根など見せつけhiC[な]hiB[いで](2番Bメロ)
★ 最期の火を付け 燃やしてhiC[く]hiB[れ]

『無告』(MY FIRST STORY)









 まず、『無告』について説明します。この楽曲は、2019年にロックバンドMY FIRST STORYによりリリースされたシングル作品です。タイアップなどはないようです。最新シングルであるためアルバムなどには現在のところ収録されておりません。

 『無告』は疾走感のあるエモーショナルハードコアのナンバーです。音域的な特徴ですが、ボーカルのHiroさんの高音域が強く活かされています。当ブログでは、これまでにコラボ曲を含めて3曲マイファス関連の作品を調査していますが、HiroさんはおおよそhiDくらいまでは安定的に地声で発声しております。一方で、音域自体はそこまで広いわけではないので、キーの調整などは行いやすいと思います。



 さて、『無告』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDについてはサビで多く登場します。また、その他にhiCなどの音階も登場し、全体的に高音部がしんどいです一般的な男性の場合は、キーを下げた方がよいと思います。原曲から5つ程度下げると、最高音がhiA辺りに設定されます。音域には個人差がありますので、各々の状況に従って微調整してください。

 ちなみに、『無告』は音域自体は広いわけではありません。よって、カラオケなどでもキーの調整を行いやすいです。地声最高音をmid2G,mid2F#辺りに設定して、歌唱することも可能です。その点では柔軟性が高いですが、ボーカルのニュアンスを表現するのはやはり一層の努力が必要になります。その点は留意しておいてください。

 以前、シンガーソングライターのさユりさんとのコラボ曲『レイメイ』の回でも申し上げましたが、ボーカルのHiroさんは本作でも女性のようなキーで歌唱されています。今回取り上げた『無告』も女性が歌唱が可能な音域であります。興味を持たれた方はチャレンジしてみても良いかもしれません。人によってはキーが高かったり、低かったりすると思いますので、その点は調整してください。男性ほど大きなキー調整は必要無いと思います。
 

『Missing You』(MY FIRST STORY)の音域

こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『Missing You』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『Missing You』(MY FIRST STORY)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★Whenever you are feeling lone[ly]m1G#(Aメロ)
m1G#[大]切な[モ]ノは[ココ]にある[のに](ラストサビ直前)
★君と僕だけが[今]、ま[だ][だ][だ][だ]遠く[て]


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※サビで頻出(曲全体で18回)

★We can’t hiD#[find] hiC[you] hiA#[a-]-ny-[-thing] C[now!!]




【補足】hiA#hiC#の注意箇所

★暗hiA#[闇の]中 切りhiC[裂][かれ]A#[た](Bメロ)
★きおhiC[く]hiC#[を][よ]C#[み]C[が]hiA#[ぁ][ら]せ[て]
★たった一つのhiA#[ぉ]hiC[も][いで]も丸めて投げ捨て[て]

★I will hiA#[ne]ver [ne]ver [ne]ver [ne]ver A#[ne-]hiC[-ver]A#[say] it

★You’ll decide, it hiA#[may] be hard to achieve and(Cメロ)
★if you could leave it hiA#[some-]hiC[-where] [in] your heart
★Today, it will now hiC[be with you]

『Missing You』(MY FIRST STORY









 まず、MY FIRST STORYについて少し説明します。MY FIRST STORYは、2011年より活動する5人組のロックバンドです。現在、メンバーの一人が無期限活動休止中であり、2015年以降は、主に4人で活動しております。音楽のジャンルとしては、エモーショナルハードコア、スクリーモ、オルタナティブメタルなどに当たります。当ブログでは、少し前にシンガーソングライターさユりさんとのコラボ作品『レイメイ』を取り上げました。
 歌声を聴いた方にはピンとくるかもしれませんが、MY FIRST STORYのボーカルHiroさんは、ONE OK ROCKのボーカルとして活躍されるTakaさんの弟に当たります。声質的には、Hiroさんの方が若干声色が高く、クリアです。音域的には、『レイメイ』でも取り上げましたが、男性ボーカルとしては非常に高いです。

 
 さて、『Missing You』についてです。この楽曲は、2016年にマイファスによりリリースされたアルバム『ANTITHESE』に収録されています。シングル作品などではありませんが、アルバムの発売に先立ち、レーベルのチャンネルでMVが公開されました。
 『Missing You』の再生回数は2019年10月現在、2000万回近くに上っております。非常に人気の高い作品のひとつです。また、外国の方々によるコメントも目立つ点も特徴的です。





 さて、『Missing You』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3) ~【地声最高音】hiD#(D#5) で歌メロディーが構成されています。女性のような音域で歌メロディーが構成されています。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音のmid1G#ですが、Aメロで登場します。また、ラストのサビの直前では、サビのフレーズよりも1オクターブ下のメロディーが登場します。その場面で、mid1G#が多く登場します。これは言い換えれば、通常のサビの部分ではmid2G#が頻出することも意味します。ちなみに、今回、mid2G#を表記すると、図がごちゃごちゃになりますので、上図では割愛しています。

 さて、地声最高音hiD#についてですが、各サビで6回ずつ、楽曲全体で合計18回登場します。かなり高いキーです。『Missing You』は疾走感あふれるバンドサウンドであり、ボーカルも力強く歌唱されています。よって、裏声で対処することも難しいです。

 一般的な男性の場合、キーを下げた方が歌いやすいと思います。原曲から7つキーを下げると、hiD#からmid2G#に設定されます。もしくは、原曲キーから5つ上げて1オクターブ下を歌唱するのも良いかもしれません(この場合でも最高音はmid2G#)。男性が原曲キーで歌うには非常に高い音域です。

 『Missing You』は音域的には決して広い方ではありません。よって、キー調整を行って練習することにもある程度向いています。普段歌い慣れていない人は、キーを3つ上げて、1オクターブ下を歌うのが良いかもしれません。その場合、音域はmid1B~mid2F#に設定されます。キーを下げ過ぎると、低音部分が歌いにくくなりがちです。このキーで難しい場合は別の曲で歌い慣れた方が良いかもしれません。

 ※余談ですが、『Missing You』は女性のような音域です。一般的に、「女性ボーカルの楽曲を男性が歌唱する場合は、キーを3つ程度上げて1オクターブ下を歌唱すると合いやすい」と言われます。これは、女性ボーカルの最高音がhiC~hiEあたりに当たることが多いから、3~4つ上げると男性の最高音(のちょうど1オクターブ上)になるからだと思います。女性ボーカルの楽曲を男性が歌唱する場合、覚えておいてもいい法則かもしれません。
 ただ、女性ボーカルの楽曲も音域が非常に高い曲や、逆にキーが低い曲など様々ありますので、あくまで目安と考えてください。

 

『レイメイ』(さユり×MY FIRST STORY)の音域

こんにちは。今回はさユり×MY FIRST STORYの『レイメイ』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『レイメイ』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルなどでMVがフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はショートバージョンになります。ご了承ください。


『レイメイ』(さユり×MY FIRST STORY)


【地声最低音】mid2A(A3)  

★希望のふm2A[ち]に飲まれて沈んでしまった


【地声最高音】hiD(D5)  ※Cメロ(Hiro(男)パート)

【裏声最高音】hiD#(C#5)
 
※Cメロ(Hiroパート)

★深いm2G[旅]hiD#裏[を]hiD地[し]hiA#[よう] 




【補足】hiA#hiC#の注意箇所

★哀しいよhiA#[くぼ]うに手を伸ばし続けて(Aメロ)
★本当のこたえを 探し続けhiA#[な]がら(Bメロ)

hiA#[何]百回でhiA#[も さえ]hiB[ぎ]A#[る]モノに(サビ1)
★必ず君につhiA#[た]える日hiA#[まで]
★すすみ続けhiB[て]hiA#[ゆ]くの
★何度でもさまよいながらhiA#[目]hiB[指]A#[し]

★痛むhiA#[泥濘のな]かで祈りをえhiC#[が]hiB[く]hiA#[よ](サビ2)
★心配hiA#[な]いと言い聞かせhiC#[な]hiB[が]hiA#[ら][い]
★歩き出すhiA#[の]
★青いほしをめhiA#[ぐ]って(Cメロ)

『レイメイ』(さユり×MY FIRST STORY)









 まず、シンガーソングライターのさユりさんについて少し説明します(MY FIRST STORYについては後日別の曲で取り上げます)。さユりさんは2015年にメジャーデビューしたシンガーソングライターです。ジャンルとしてはロックサウンドの要素が強いです。さユりさん自身は弾き語りユニットを組んでいたこともあり、アコースティックギターを演奏する場面が多く見られます。さユりさんのやや幼さを帯びた力強い声色が印象的です。
 
 さユりさんがこれまでリリースしてきたシングル作品の多くはアニメやゲームなどのタイアップがなされており、それらでよく知っている方も多いと思います。チャート成績も少しずつ上昇しており、これからの知名度爆発が期待されます。


 さて、『レイメイ』についてです。この楽曲は、2018年にさユりさんと5人組バンドMY FIRST STORYのコラボレーションによるシングル作品です。テレビアニメ『ゴールデンカムイ』のオープニングテーマ曲にも起用されました。『コールデンカムイ』は週刊ヤングジャンプで野田サトル氏により連載されている人気作品です。

 『レイメイ』はさユりさん自身がマイファスのメンバーと作詞作曲を行い、編曲はマイファスが行っております。エモーショナル・ハードコア、スクリーモ等の要素が強いロックナンバーです。楽曲構成としてはサビが全体的に長く、その分楽曲に勢いを感じます。また、CメロではマイファスのボーカルHiroさんの歌唱とさユりさんの語りが入ります。こうした点は非常に特徴的です。


 『レイメイ』は音域的に面白いと思った点があります。それは「男性のパートが女性と同じようなキーを歌唱している点」です。これまでの男女のコラボは多くの場合は、男性が低音パートを担当し、女性が高音パート(メイン)を担当するような形で行われておりました。しかし、この『レイメイ』では男性パートのHiroさん自身がハイトーンであるため、男女のキーがほぼ変わらない形でメロディーラインが取られています(詳細な音域については後述します)。当ブログにおいても、女性のキーに近い形で歌唱する男性ボーカルが多く紹介されてきましたが、そうした特徴が『レイメイ』では「キーがほぼ変わらない男女のツインボーカル」という形で生かされています。

 こうしたスタイルの良さは、「メロディーのアレンジをシンプルに出来る」ことにあります。男女のキーの違いがあるため、男女によるデュオはアレンジの際に転調やハモリなどの工夫が要求されます(そうした点が楽曲の広がりを持たせるメリットもあります)。
 一方、男女のキーが同じくらいであれば、『レイメイ』のように主旋律が決まれば、後はシンプルにパート分けするだけで済みます。声域が重なってる部分も多いため、同性デュオしか行えないようなアレンジも可能です。最近は高音域で歌唱する男性が非常に増えております。こうした「男女のキーが変わらないデュオのコラボ」は今後増えていくのではないかと私自身は推測しています。



 さて、『レイメイ』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD#(C#5)で歌メロディーが構成されております。以下、詳細に見ていきます。

 女性のさユりさんパートは【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiC#(C#5)です。大よそ一般的な女性の音域の範囲内で構成されています。一方、MY FIRST STORYボーカルHiroさんのパートは【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD#(C#5)です。男性のパートの方がややキーが広く、高いです。

 先に述べましたが、Hiroさんの女性パートのような高音域が活かされている楽曲でもありますので、男性ボーカルの負担が非常に大きいです。『レイメイ』は音域自体はそこまで広くないですのでキー調整自体はしやすいのですが、男女のデュオという形を残す場合は、男性への負担がかなり大きくなります。

 『レイメイ』を一般的な音域の男性や女性が歌唱する場合は、原曲の意味合いが変わってしまいますが、「男女のデュオ」という枠組みを捨てることが必要になると思います。男女の枠が無くなれば、キー調整が行いやすい楽曲ですので、男性は原曲から5つ程度キーを下げれば地声最高音がhiA(Cメロのみ登場)ですのでかなり歌いやすくなります。
 
 仮に同性デュオとして歌唱する場合は、声質が異なる2人にした方が楽曲の色合いが広がると思います(声が低い人と高い人のコンビ、声がしゃがれている人とクリアな人のデュオ等)。