J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

UNISON SQUARE GARDEN

『春が来てぼくら』(UNISON SQUARE GARDEN)の音域 /アニメ『3月のライオン』OP曲

 こんにちは。今回はUNISON SQUARE GARDENの『春が来てぼくら』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 
 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても、添付動画はショートバージョンになります。ご了承ください。


『春が来てぼくら』(UNISON SQUARE GARDEN)、Haru ga Kite Bokura

『春が来てぼくら』(UNISON SQUARE GARDEN)











【地声最低音】mid1E(E3)  

★思わず傘をm1F#[差]m1E[し]F#[す](Aメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  

★あ[た]hiA#[ら]hiB[し]A#[い] hiA#[ペー]m2G#[ジ]に絵の具を落A#[と]す(サビ)
★おG#[い]hiA#[しいも]hiB[の]A#[を]G#[食]べた
★何度目かのhiB[木]hiA#[漏]m2G#[れ]日の[な]かで
★そm2G#[の]hiA#[か]hiB[た]A#[み]B[ち]A#[きっ]G#[ぷ]

★まばたきの数だけhiB[写]hiA[真]m2G#[に][れ](2番サビ直前)
★ゆm2G#[め][か]hiB[な]hiA[う] (Cメロ)
hiB[そ]hiA[ん]m2G#[な]運命がA[う]G#[そ]だとしても

hiA#[ちゃん]hiB[と][こ]G#[の]G[足]G#[が]選んだこA#[た][え]だから(ラストサビ)

【補足】mid2G(一部のみ)hiA#辺りの注意箇所

★悲しい想いはさせm2G#[な]hiA[い]G#[方]へと(Aメロ)
★進めたなら ひhiA[か]m2G#[り]にm2F#[な]れ(Bメロ)
hiA[季節]m2G#[のは]りは音[立]hiA#[てる]G#[ろう]

★たまにちょっとケンカhiA#[を]m2G#[た](サビ)
★まちm2G#[が]hiA#[っ]G#[て な]いはず[の]未来へ向[か]

★m2F#[またゼロに戻った]m2G[気]hiA[がし]G[て] F#[迷]路です(2番Aメロ)
m2G[一]hiA[瞬][で]G[こ]ろぶ
★きっとm2G#[で]hiA[き]G#[そう]G#[ね]

★また違ういhiA[ろ]m2G[混][て](Cメロ) 
★またG[違う]hiA#[未]m2G#[来]を作ろう
★神様がhiA[ほ]m2G[ら]G[呆]れるG[こ]
★ きっとあm2G[た]hiA[た]hiA#[か]A[な]G[が]A[吹]


 まず、『春が来てぼくら』についてです。この楽曲は、2018年に3人組ロックバンドUNISON SQUARE GARDENによりリリースされたシングル作品です。現在のところ、シングル作品のみでアルバムなどには収録されていません(配信などは行われています)。同曲は、羽海野チカさんの漫画を原作とするテレビアニメ『3月のライオン』のために書き下ろされました。

 『春が来てぼくら』はストリングスなども用いたアップテンポのバンド作品です。私自身ユニゾンの作品を幅広く認識しているわけではないですが、彼らのシングル作品の中では非常に爽やかでポップアレンジ、歌メロディーなのではないかと考えております。歌メロディーのテンポも、ややゆったりしているイメージです。

 『春が来てぼくら』の音域的な特徴についてです。図にも示すように、音域自体はそこまで広くありません。ただ、mid2F#~hiB辺りの中高音域が非常に多く登場し、高いキーでの歌唱力と持続力が要求されます(私自身、音階を書き記すのも非常にしんどかったです)。この辺りはユニゾンの歌メロの特徴的な点でもあります。低音域に余裕がありますので、キーの調整は行いやすいです。



 さて、『春が来てぼくら』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域より高めであります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBについてですが、サビを中心に多く登場します。全体として高めの音階が連続しますので、一般的な男性にとってはキーを下げて歌唱した方が歌いやすいと思います。原曲キーから3つから4つ程度下げると、mid2G辺りに設定されます。

 『春が来てぼくら』は音域的にはそこまで広くなく、キーの調整がしやすいと言えます。歌い慣れた人であれば、キーの調整をすれば、しっくり来るところが見つかると思います。
 歌い慣れていない人でもキーを調整すれば歌唱可能だとは思いますが、練習曲としては他にも向いている曲があると思います。歌いにくいと感じた場合は、別の曲で練習を重ねるのも良いです。

 『春が来てぼくら』は、ユニゾンの昨今のシングル曲の中では歌メロのテンポがゆったりめであります。その点でも、歌いやすいのではないかと思います。



『Catch up, latency』(UNISON SQUARE GARDEN)の音域

 こんにちは。今回はUNISON SQUARE GARDENの『Catch up, latency』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『Catch up, latency』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても、ショートバージョンの動画を添付いたします。ご了承ください。


『Catch up, latency』(UNISON SQUARE GARDEN)


【地声最低音】mid1B(B2)  ※ラスサビ前の1か所

★忠実にひm1B[く]きに流れhiB[け]hiA#{り]


【地声最高音】hiB(B4)  ※サビを中心に頻出

m2G#[満][持][絶]hiA#[好]hiB[の]A#[ウント]B[ダ]G#[ウン](サビ前)
★ジグザグすぎhiA#[て]hiB[レイ]hiA#[テン]m2G#[シー]が鳴ってる(サビ)
★それがhiA#[意]hiB[外]A#[な]ハーモニー[に]B[なっ]A#[て]
hiA#[あ]まりにもふhiB[めい]A#[りょ]うで不B[確]A#[実] 
★何hiA#[か]hiB[が]A#{頬]を通過したのは
hiA#[拝]啓、わhiB[かっ]A#[て]るよ
★純粋さは隠hiB[す]hiA#[だ]け損だろう?

★後悔は減点対象に数えm2G#[ちゃい]hiB地[ない]hiA#[か]G#[ら]
★それhiA#[な]hiB[ら]A#[そ]の合図で反撃してB[や]A#[ろう] じゃない(2番サビ)
★決定権はこっhiA#{ち]hiB[に][ある]から(ラスサビ前)
★敬具、むhiB[すん]hiA#[で]m2G#[く]m2G[れ](ラスト)


【補足】mid2G#(一部のみ)hiA#の注意箇所

★朝に灯ったm2G#[温]度が 夜更け頃にm2G#[は]hiA[逆]G#[も]どりして
★枷にm2G#{なっ]hiA[た]G#[み]たいだな
★SOSはランダムに都合よく七変m2A#[化](Bメロ)

★でもたまんhiA#[ない](サビ)
★君の心に 追いついたせいhiA#[かな]

※一部を除くと、mid2A#あたりが低音部として頻出します
『Catch up, latency』(UNISON SQUARE GARDEN)










 まず、『Catch up, latency』についてです。この楽曲は、2018年に3人組バンドUNISON SQUARE GARDENによりリリースされたシングル作品です。この楽曲は、三浦しをんさんの小説を原作にしたテレビアニメ『風が強く吹いている』のオープニングテーマとして書き下ろされました。比較的新しいシングル作品ですので、2019年現在はシングルや配信としてのみのリリースになり、アルバムには未収録です。

 『Catch up, latency』は箱根駅伝を舞台としたアニメの主題歌ということもあり、疾走感のあるバンドサウンドでありながら、爽やかさも感じさせられます。カラオケなどで歌唱しても盛り上がりやすいのではないかと思います。

 『Catch up, latency』は音域的に見ると、高音部はmid2G#~hiBといった音階が非常に多く登場します。hiBなどは男性の音階としてはやや高めですが、それが頻出するということで高音域が得意なだけでなく、持続力も求められます。非常にしんどいです。また、一部の低音部を除くと、mid2A#あたりが低音域として頻出します。ラストサビ直前の低音部を上手く工夫すれば、キーの調整はしやすいと思います。



 さて、『Catch up, latency』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりも高めです。 以下、見ていきます。

 まず、上述するように、同曲はhiB,hiA#といった音階が雨あられのように登場します。地声で確実に発声したいですが、これだけ頻出すると一般的にはかなりしんどい音階になります。一般的な男性の場合、キーを下げて調整するのが定石なのではないかと思います。原曲キーから3つ程度さげて、地声最高音をmid2G#あたりで試してみてください(高音域が非常に得意な方は原曲キーなどでもよいと思います)。

 『Catch up, latency』はラストサビ直前にBメロの1オクターブ下を歌唱する場面がございます。そこが同曲の中で一番低音域がきつい場面になります。例えば女性が歌唱する場合などは、そこは原曲よりも1オクターブ上を歌唱するのもアリだと思います。その分、声の大小などでうまく抑揚をつけてください。

 ラストサビ直前の低音部を除けば、『Catch up, latency』はmid2A#あたりが最低音となります。ラストサビ直前の低音部を1オクターブ上を歌唱するのであれば、大体mid2A#~hiBの楽曲になるので、キーの調整は行いやすくなります。キーを下げて歌唱する場合、ラストサビの直前が苦しくなると思いますが、1オクターブ上を歌唱することで乗り越えるのも良いと言えます。



『Phantom Joke』(UNISON SQUARE GARDEN)の音域

こんにちは。今回はUNISON SQUARE GARDENの『Phantom Joke』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『Phantom Joke』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても、はショートバージョンの動画を添付いたします。ご了承ください。


『Phantom Joke』(UNISON SQUARE GARDEN)


【地声最低音】mid2A(A3)  

★ずれるピントに迷った 合わせる辻褄をm2A[さ]がせ(Aメロ)
★退屈の理由m2G[は] 思考m2A[て]いしの evidence(Bメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  ※サビ中心に頻出

★善々hiA#[悪]hiA[々]m2G[も][審]A#[議不]hiC[能]]に]hiA[な]A#[る](サビ)
hiA#[言]hiA[え]そうA[で良]A#[かっ]hiC[た]
m2G[ものが]たりがゴミhiC[に]hiA#[な]hiA[る](2番Bメロ)
★「hiA#[ま]hiC[だ][ずっ]hiA[と]愛しA[てい]A#[たい」](2番サビ)
hiA#[I'll] hiA[ne-]-ver hiA#[catch] hiC[bad] fake(ラスト)


【裏声最高音】hiD(D5) ※各サビで1回

★だからこのhiA#[そ]hiC地[ら][の]C裏[先]A#[を見]hiD裏[たい]



【補足】mid2G(一部のみ)hiA#の注意箇所

★そしてチューニングm2G[合]って hiA[あ]とはなんm2G[だっ] け(Aメロ)
★秒速で不条理がhiA#[は]hiA[じ]m2G[ま]A[る]
★とりm2G[あえず]hiA#[え]hiA[らん]G[だせい]だから 
★方をつけhiA[な]m2G[きゃ]いけないな

★守るものも守れないならでしゃばるm2G[な]hiA[よ](Bメロ)
m2G[きょ]hiA[う]hiA#[かんもえい]A[こ]G[う]A[も]
hiA#[賞]hiA[さ]m2G[んも]hiA[欲]しがるのは野m2G#[暮っ]G[て]G[と]
★引き金を引m2G[い]hiA[てしまう]G[から]

hiA#[冗]hiA[だ]んじゃm2G[ねえよ Phanto-]-m’s be-[-gun!]G(サビ)
m2G[嘘にまみ]hiA[れ]hiA#[きっ]A[て蜃]G[気]
m2G[全部嫌になっ]た G[それ]hiA[さえ]hiA#[も] 
hiA#[しあ]hiA[わ]A[な]A[つ]A#[まつ]A[だ]
★邪魔すぎるhiA#[運]hiA[命]のターゲッhiA[ト睨みな]A#[ら]
★「hiA#[ま]hiA[だ]愛A[てい]A#[たい」]

★おい誰だ 無下に弄ぶhiA[な](2番)
★うらはhiA#[ら]hiA[は]暴かなきゃ結末のhiA[理]路は不整前

hiA#[悲し]hiA[く]A#[ちゃ]hiA#[終わ]A[れ]ない 覚悟の幕が上A[が]A#[る](2番サビ)
★じょうしhiA[き][か][み]だ[し]て[も][ら][う][をや]hiA#[めない]

『Phantom Joke』(UNISON SQUARE GARDEN)









 まず、『Phantom Joke』についてです。この楽曲は、2019年に3人組バンドUNISON SQUARE GARDENによりリリースされたシングル作品です。テレビアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』オープニングテーマ曲として書き下ろされました

 『Phantom Joke』はアニメの主題歌ということもあり、疾走感のあるバンドサウンドです。カラオケなどで歌唱すると盛り上がる楽曲だと思います(ただ後述しますが、難易度は非常に高いです)。

 同曲の音域的な特徴ですが、上述するように、hiA以上だけでも楽曲全体に渡ります。テンポが速いので、見た目以上に音域の高さは感じませんが、それでも高音域を安定的に使いこなす持続力が求められます。ちなみに私事ですが、『Phantom Joke』の音域調査は記述することが多く、非常にしんどかったです(ユニゾンは記述が膨大になりやすいです)。音域とは少し逸れますが、歌唱する際は歌詞をしっかり覚えておくことも、この楽曲には求められます。
 



さて、『Phantom Joke』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3) ~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCについては、サビに登場します。そのほかにも2番Bメロなど要所要所に登場します。また、hiA#などについては上述のように楽曲全体を通してマシンガンのように頻出します。『Phantom Joke』をそこそこ形にするためにはhiCも重要ですが、とりわけhiA#を1曲通して安定的に歌唱できる持続力が必要になります。その点でかなり難易度が高いといえます。

 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱するのがもっとも堅実な選択肢なのではないかと思います。たとえば、原曲キーから3つ程度下げて、hiC部分をhiAに、hiA#部分をmid2Gあたりにしてもよいと思います。ただ『Phantom Joke』は楽曲全体を通して、高音域が頻出しますので、場合によってはもっとキーを下げてもよいかもしれません。

 『Phantom Joke』は音域に関していえば決して広いわけではありません。よって、キーの調整はしやすい楽曲といえます。原曲キーから5つ下げて、mid1E~mid2G,裏声hiAあたりにしてもよいと思います。

 先にも述べましたが、『Phantom Joke』は歌メロのテンポが非常に速いです。よって、歌詞をしっかり覚えた上で、歌唱しましょう。歌詞がおぼろげなままでいると、歌う方に集中が向かいづらいです。歌詞をしっかり覚えた上で取り組みたいです。

 ちなみに、『Phantom Joke』は女性が歌唱してもよいと思います。原曲キーでもよいですが、各々の状況により微調整してください。



『黄昏インザスパイ』(UNISON SQUARE GARDEN)の音域

こんにちは。今回はUNISON SQUARE GARDENの『黄昏インザスパイ』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。

 なお、今回の楽曲はアーティストおよびレコード会社の公式チャンネル等で音源やMVが公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『黄昏インザスパイ』(UNISON SQUARE GARDEN)、Tasogare in the spy



【地声最低音】mid1C(C3)  ※楽曲全体で1回(詳細は後述します)

m1C[い]hiA[き]hiA[吸って]


【地声最高音】hiC(C5)  ※サビ、Cメロ

★三択でも答えらhiC地[れ]hiA[な]
hiA[の]hiB[がせるわけ]A[がな]hiB[いんだ]hiC[よっ]B[て]
hiB[照]hiC[ら]すだhiC[ろう] だかhiC[ら]


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビ

hiC地[あ]hiB[せっ]hiA[て]る君に歌hiD裏[う]hiC[よ]



【補足】hiAhiBの注意箇所

★明日hiA[も辛いま]hiB[ま]だなんて思うな
★たそがhiA[れ健忘症 置き]hiB[忘]れた 
★速すぎるきせhiA#[つ]hiA[の]中心で

★ここでhiA[もう終わ]るのか
★僕も知らないから 君が決めなhiA[よ]
★これはhiA[絶好の]A[間で]hiB{あっ]A[て]
hiB[君]hiA[の]B[こ]A[え]B[が]A[く]hiB[らいはずのこの世界](☆)

☆このフレーズはテンポが速く自信が無いので、参考程度にしてください
※mid2G辺りは記載すると膨大になるので省略。
『黄昏インザスパイ』(UNISON SQUARE GARDEN)









 まず、『黄昏インザスパイ』についてです。この楽曲は、2014年に3人組バンドUNISON SQUARE GARDENによりリリースされたアルバム『Catcher In The Spy』に収録されているナンバーです。アルバムの最後の曲であり、終盤を彩ります。
 『黄昏インザスパイ』は1番ではアコギのストロークが中心であり、2番以降はエレキギターを中心としたバンドサウンドに移行します。ユニゾンらしい速いメロディーの節回しの場面あるのですが、全体として非常にメロディアスです。多くの人に届きうるような普遍性のある作品であり、カラオケなどでも歌いやすい楽曲だと思います。ただ、歌唱難易度が低いという意味ではありません。その辺りも後述していきます。



 さて、『黄昏インザスパイ』の音域についてですが、【地声最低音】midC(C3) ~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD(D5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、低音部分についてです。最低音はラストサビ直前のCメロでmid1Cという音階が登場します。ただ、ここはカラオケなどでミスをしたくない等の特別な目的が無い場合、mid2Cなど別の音を当てても違和感はないと思います。
 ちなみに、私の記憶が間違っていなければ、mid1C1とmid2Cのようにオクターブ違う音を歌唱しても減点にはならないような気がしております。

 地声最高音についてですが、hiCという音階がサビやCメロで登場します。ただ、それ以上に、上の記述にあるように、hiBやhiAの音が連続で登場する場面の方が個人的には大変なのではないかと思います。Cメロなどはメロディーのテンポも速く、全体として非常に難易度が高いです。
 一般的な男性の場合は、キーを下げた方が間違いなく歌いやすいと思います。原曲キーから4~5程度下げるのを一つの目安にしてみてください。hiB辺りがmid2G,mid2F#辺りに設定されます。

 ちなみに、この『黄昏インザスパイ』は女性の方が歌いやすいのではないないかと私は考えております。『黄昏インザスパイ』はmid1C等の低音が登場しますが、全体的に女性の音域の範囲内でメロディーが展開されます。また、女性の音域の範囲外にあるような音についても別の音で置き換えたり、あるいは少し声が擦れたりしても楽曲全体にあまり違和感はありません。YouTubeなどの動画を確認してみましたが、やはり女性が歌唱されている動画ばかりでした。

 また、男性でも女性でも注意すべき点は、歌詞やメロディーをしっかり覚えておくことだと思います。『黄昏インザスパイ』は全体としてメロディアスなのですが、独特のリズム感であったり、早回しのメロディーであったり、初見では歌いづらいメロディーラインやテンポも多く見られます。歌詞やメロディーをしっかり覚えた上で、実際に歌唱する際は、音程を取ったり、上手く抑揚を付ける方に注意を向けていきたいです。


 

『シュガーソングとビターステップ』(UNISON SQUARE GARDEN)の音域と感想

 こんにちは。今回はUNISON SQUARE GARDENのシュガーソングとビターステップ』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『シュガーソングとビターステップ』(UNISON SQUARE GARDEN)、Sugar Song to Bitter Step

【地声最低音】mid1F#(F#3)  ※Aメロ

★見失えないも1F#[の]は何だ?
★人形とさして変わ[ら]ない[し]


【地声最高音】hiB(B4)  ※要所要所に登場します

★うhiA#[れ]hiB[し][そ][う][だっ]mid2G#[た]り (Bメロ)
[あ][ま][く][て]苦く[て] (サビ)
hiA[I][ feel] 上々 連鎖になってリフ[レク]ト (サビ)
[some]day 狂騒[が][き]をひ[そ][め][て]も (Cメロ)
[Wo][w]  [wo][w] [wo]w (アウトロ箇所)



(補足)その他の高音部hiA#(A#4)など

★Rambling coas[ter]mid2G# 揺さぶら[れ]hiA#[な][が]ら (Aメロ)
[ピー]ナッツ[アン]ドビ[ター][ステップ] (サビ)
[目][が][わ][そ][で]


『シュガーソングとビターステップ』(UNISON SQUARE GARDEN)










 まず、『シュガーソングとビターステップ』についてです。この楽曲は2015年に3人組バンドのUNISON SQUARE GARDENによってシングル曲としてリリースされました。アニメ『血界戦線』のエンディングテーマとして書き下ろされた作品です。音楽に合わせて、アニメのキャラクターがダンスをするエンディングが話題を呼びました。作詞作曲はベースを担当する田淵智也さんが行っております。

 『シュガーソングとビターステップ』はYouTube公式チャンネルではMVがフル尺で公開されておりませんが、2019年4月現在で4500万回近く再生されております。ライブ版に関してはフル尺で公開され、2000万回以上の再生回数を記録しております。非常に人気のある楽曲であると思います。UNISON SQUARE GARDENの代表的な作品の一つと言ってよいのではないでしょうか。

 サウンドについては、軽快なギターポップです。特筆すべきことは、メロディーだと思います。節回しのテンポが速く、初見で歌うのはほとんど不可能だと思います。音域についても後々述べますが、非常にキーが高いです。UNISON SQUARE GARDENは3ピースバンドでギター&ボーカル、ベースギター(主に作詞作曲を担当)、ドラムのパートで構成されております。3人組ゆえにそれぞれが高い密度で動いております。

 歌詞については、私自身、原作をまだ途中までしか拝見しておりません。ただ、物語のドタバタ感のようなものが非常によく出ていると思います。冒頭の「超天変地異みたいな狂騒にも慣れて こんな日を平和と見間違う」など特にそう感じます。
 
 歌詞全体として印象に残る箇所は多いのですが、一つ上げるとすれば、「平等性原理主義の概念に飲まれて 心までがまるでエトセトラ」の箇所です。本来、「自分の心」というものは特に重要にされなけれるべきものです。しかし、他の様々なものや出来事に飲み込まれて、「心の有り様」「アイデンティティ」等が何となく置き去りになってしまうことは現実でもよくある話です。非常に軽快なリズムの中で、言いたいことが伝えられていると感じました。「etc.(エトセトラ)」の部分に「心」が閉じ込められてしまっている様が、上手く表現されていると思います。





 さて、『シュガーソングとビターステップ』の音域についてですが、地声最低音mid1F#(F#3) ~地声最高音hiB(B4)でメロディーが構成されております。男性というよりも女性の音域に一致します。

 上述しましたが、全体としてhiA~hiBといった非常に高い音階がマシンガンのように頻出します。原曲キーで歌うのは非常に難しい楽曲の一つだと思います。音域自体は滅茶苦茶広いというわけではないですので、「声が高い+歌い慣れている」男性の方以外は、キーを下げるというのがベストです。一般的な音域の男性だと、「歌い慣れている」という条件付きで原曲よりも3~4つ程度下げる(♭3~4辺り)を意識すると良いと思います。
  
 私なりのイメージなのですが、声のボリュームを抑え気味に歌い、重要な箇所で強調するように心がけると高音部分に届きやすいです。

 
 『シュガーソングとビターステップ』は、音域的には女性の方が歌いやすいかもしれません。女性の場合は、原曲キーでも歌えると思いますが、声の高い低いなどで各々キーを調整すると良いと思います。全体として、男性よりも大きくキー変更することは無いと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー