J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

クリープハイプ

『ラブホテル』(クリープハイプ)の音域

こんにちは。今回はクリープハイプの『ラブホテル』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、動画はmaehiさんのギターカバー動画を添付いたします。ご了承ください。


『ラブホテル』(クリープハイプ)、Love Hotel(CREEP HYP)
『ラブホテル』(クリープハイプ)










【地声最低音】mid1G(G3)  

★何m1G[も]しないから少しやm2G[す]もうか(Bメロ)


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※曲全体で2回

hiA#[君]hiC[の]hiD[せい]hiD#[にし]D[て]C[もい]A#[い](サビ)


【補足】hiAhiD辺りの注意点

★わhiA#[たしは君]hiA[と]m2G[は][が]うからね (Aメロ)
★吹いたm2G[ら]飛んで行きそ[う]な軽いhiA#[お]hiA[と]こに(Bメロ)

★なhiC[つ]hiA[の]hiA#[せい]×3 にしたらhiA#[いい](サビ)
★いhiC[ま]hiD[で]C[も]hiA#[ぉ] A#[わ]hiA[す]れられないよ(ラストサビ)

 
 まず、『ラブホテル』についてです。この楽曲は、2013年にロックバンドのクリープハイプによりリリースされたアルバム『吹き零れる程のI、哀、愛』(ふきこぼれるほどのアイ、あい、あい)に収録されております。アルバムの1曲目です。また、アルバム曲でありながら、ベストアルバムにも収録されております。

 『ラブホテル』はミディアムテンポのバンド曲です。夏の恋をテーマにしたラブソングです。クリープの楽曲は尾崎さんの声質もあり、非常に高いです。今回の『ラブホテル』も冒頭サビからhiCが連発で登場します。

 歌詞についてですが、個人的には『出会ったあの日は103です それからの毎日は307です 別れたあの日は403です』という2番のフレーズが非常に耳に残りました。この歌詞について、私は【103はホテルの部屋番号、307はアパート(マンション)の部屋番号、403はForbidden(閲覧禁止)ということで「逢うことさえ叶わなかった」】と解釈しています。
 


 『ラブホテル』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#は1番と2番のサビで登場します。回数としては少ないです。ただ、最高音以外の場面でもhiA~hiD辺りが多く登場します。男性ボーカルとしては極めて高いです。一般的な男性の場合は、キーを5~6つ程度下げると歌いやすくなります。

 『ラブホテル』は音域自体はそこまで広くないので、キーの調整はしやすいと思います。ただ、ボーカル尾崎世界観さんの声が非常に高いですので、大きくキーを調整する必要があります。その点で、扱いづらいと感じられる人もいるかもしれません。逆に、大きなキー調整も気にならない人であれば、お奨めしやすいです。

 『ラブホテル』は男性が原曲キーで歌唱するのは非常に大変ですが、女性」が歌う方が意外と取っつきやすいかもしれません。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。個人的には、クリープハイプは歌詞が非常に好きなものが多いです。




『栞』(クリープハイプ)の音域

 こんにちは。今回はクリープハイプの『栞』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『栞』(クリープハイプ)、Shiori(Creephyp)


【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★空気を読むことに忙しくて m1D#[い][ま][わ]すれてたよ(Aメロ)
★後ろ前逆の優しさは、すこしだけm1D#[ほ]んとうだった(Bメロ)
★簡単なあらすじm1D#[なん]かにまとまってたまるか

★手軽に持m1D#[ち]運べる文庫になって


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※各サビで1回ずつ

hiA#[う]m2G#[つ]むいてG#[る]くらいhiC#[が]A#[ちょ][う]hiD#[ど]C#[い]




【補足】mid2F#(一部のみ)hiC#の注意箇所

★途中でやめた本の中にm2F#[挾んだ]ままだった(Aメロ)
m1D#[意]味不明な2人m2F#[の]F#[な]m2G#[し](Bメロ)

m2G#[ひ][ひ][舞][文][が]hiA#[綺]G#[麗](サビ)
hiC#[か]hiA#[ぜ]G#[に]舞う
hiA#[う]m2G#[そ]A#[よ ご]G#[め]んね
★新しい街にいってm2G#[も]hiA#[元]G#[気]G#[ね]
★地面にhiA[咲]m2G#[い]F#[てる]

★それまでは待って地面にみhiA[ず]m2G#[を]G#[る]


『栞』(クリープハイプ)









 まず、『栞』(しおり)についてです。この楽曲は、2018年に4人組バンドのクリープハイプによりリリースされたアルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』に収録されているナンバーです。『FM802 × TSUTAYA ACCESS』の2018年度キャンペーンソングとして書き下ろされた楽曲です。ラジオのキャンペーンとして、    尾崎世界観さん(クリープハイプ)、あいみょんさん、片岡健太さん(sumika)、 GENさん(04 Limited Sazabys)斎藤宏介さん(UNISON SQUARE GARDEN)、スガシカオさんという豪華なメンバーで歌唱されました。その後、クリープハイプ自身がアルバムでセルフカバーする運びになります。

 『栞』は春のキャンペーンソングということもあり、爽やかなバンドナンバーとなっています。カラオケなどで歌唱しても合いやすいのではないかと思います。『栞』というタイトルにあるように、要所要所で本を想起させるフレーズが登場します。サビで「桜散る桜散る」というややネガティブなフレーズを敢えて持ってくるところが非常に印象に残ります。個人的には「句読点がない君の嘘はとても可愛かった」という部分が特に好きです。

 『栞』の音域的な特徴についてです。クリープハイプらしい高音域が登場します。ただ、当ブログで過去に取り上げた『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』『憂、燦々』などと比較すると、高音域は抑え気味なのであると言えます。それでも一般的にはかなり高いキーです。



 さて、『栞』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されています。 一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#は各サビで1回ずつ登場します。また、サビではhiC#も登場します。尾崎世界観さんは表記の通り地声で歌唱されているのですが、場合によってはこのhiC#,hiD#あたりは裏声でもよいかもしれません。ニュアンスとしては少し変化しますが、この場面を裏声で歌唱すると、地声最高音がhiA#あたりになるので、より多くの人に手に届きやすくなります。

 ただ、高音域を裏声で対処するとしても一般的にはかなり高いキーになります。よって、キーを下げて歌唱するというのがオーソドックスな流れになるのではないかと思います。例えば、原曲キーから5つ下げると、mid1A#~hiA#という音域になり、かなり歌いやすくなります。場合によってはもう少しキーを下げてもよいです。ただ、音域は広めですので、ある程度歌い慣れた人が対象になると思います。

 『栞』は音域自体が広めですので、普段歌い慣れていない人がキーを大きく下げて歌唱するといった事にはあまり向きません。別の曲で歌い慣れた上でチャレンジするのが良いと思います。




『憂、燦々』(クリープハイプ)の音域

 こんにちは。今回はクリープハイプの『憂、燦々』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『憂、燦々』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても、ショートバージョンの動画を添付することにします。ご了承ください。


『憂、燦々』(クリープハイプ)、Yuu、Sansan(CreepHyp)


【地声最低音】mid1E(E3)  

★大きなあくm1E[び]でごまかしていたな


【地声最高音】hiE(E5)  ※サビ(計6回)およびCメロ

hiD[憂憂憂憂憂]hiE[燦]D[々](サビ)
hiB[どこ]hiD[に]hiE[で]B[も]



【補足】hiAhiDの注意箇所

m2G[ち]いさな約束も守れないから 
★愛しいだhiA[け]hiB[じゃ]足B[り]A[な]A[し](Bメロ)
hiD[嬉しいだ]hiC[け]hiB[じゃ]hiA[ふ]C[あ]B[ん]A[だ]B[し]
★優しいだhiB[け]hiA[じゃ]hiC[味]B[な]A[し]

hiD[連れて行っ]hiB[てあ]hiA[げ]るかB[ら](サビ)
★なhiA[ん][も][な]hiB[え]hiD[て]B[あ]A[げ]るかB[ら]A[ぁ]

hiB[どこ]hiA[にい]A[も](Cメロ)
★離さないでいてくれるなhiB[ら]hiA[ぁ]

『憂、燦々』(クリープハイプ)









 まず、『憂、燦々』(ゆう、さんさん)についてです。この楽曲は、2013年にロックバンドのクリープハイプによりリリースされたシングル作品です。アルバム『吹き零れる程のI、哀、愛』に収録されています。バンド初のタイアップ曲であり、資生堂のスキンケアブランド「ANESSA」のCMソングとして書き下ろされました。
 個人的に面白いと思ったのは、広告主の資生堂の側から、①歌詞の「ゆうゆうゆうゆう」という部分と、②「You Sun Sun (ゆうさんさん)」というフレーズが指定されていたことです。こうした部分は、インパクトが求められるCMタイアップらしさなのだと思います。ボーカルの尾崎世界観さんはそれを踏まえて、「憂憂憂憂憂、燦々」というフレーズに仕上げます。

 さて、『憂、燦々』の音域的な特徴についてです。この辺りはクリープハイプらしいハイトーンボーカルが光ります。hiE,hiDといった音階が雨あられのように登場します。また、音域も広く、カラオケなどでは非常に苦戦することが予想されます。
 余談ですが、『憂、燦々』というタイトルですが、おそらく1986年リリースの美空ひばりさんのシングル曲『愛燦燦』(詞曲・小椋佳)さんから着想を得たものだと思います。『愛燦燦』(あいさんさん)は美空ひばりさんの代表曲の一つでもあります。




 さて、『憂、燦々』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音がhiEであり、BメロサビではhiDも頻出します。尾崎世界観さんの独特な声質もあり、一般的な男性が原曲のニュアンスを崩さずに歌唱するのは非常に困難なのではないかと私は考えております。男性がこのキーを出す場合、ハードロックなどのような発声になりやすいのではないかと思います。

 一般的な男性の場合、キーを下げて対応するのがオーソドックスです。各々得意な音域があり、どのキーまで下げるかは様々ですが、例えば、原曲キーから7つ下げて最高音をhiAに設定する場合、mid1A~hiAという音階になります。これならば、ハードルがかなり下がります。
 一方で、普段歌い慣れていない人にとっては、キーを下げたとしても手を出しづらい楽曲です。別の楽曲で歌い慣れた上で、チャレンジしたいところです。

 
 ちなみに、この『憂、燦々』は以前レビューした『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』同様に、女性の方がカバーしやすいかもしれません。ただ、『さよなら歌姫』に比べ、『憂、燦々』は音域が広いのでその分ハードルが高いです。歌詞は性差を問わない内容ですので、女性でも合いやすいと思います。


>

『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』(クリープハイプ)の音域

 こんにちは。今回はクリープハイプの『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』については、アーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても、添付される動画はショートバージョンになります。ご了承ください。


『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』(クリープハイプ)、Oyasumi Nakigoe,Sayonara Utahime(CreepHyp)


【地声最低音】mid2A(A3)  

★君の歌が本当に好[ぅき]m2Aだぁ(Aメロ)
hiA#[ぼ]hiA[く]は気づけなm2A[かっ]た(サビ)


【地声最高音】hiF(D#5)  ※Cメロ

hiC[最後]C[4]hiD[小]節きC[み]D[の]C[が]D[う]hiF[ご]D[く]
hiF[さ]hiD[よ]hiC[な]D[ら]



【補足】hiA(一部のみ)hiD#の注意箇所

★さよなら歌姫 最後のhiA#[きょ]hiA[く]だね(Aメロ)
★僕はぜhiA#[んぜん飲め]hiC[ない]A#[けど]

★うhiA#[た]hiD[ご]hiC[え] hiA[た]hiC[ご]hiA#[え] (サビ)
★でも君hiD[は]hiC[泣い]D[てい]hiD#[たん]D[だ]


hiA#[き]hiC[み]hiD[が]hiA[た]hiA#[う](Cメロ)
hiC[最後]C[4]hiD[小]C[節]hiC[み]C[気]C{ち]C[う]hiD[ご]C[く] 

『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』(クリープハイプ)









 まず、クリープハイプについて少し説明します。4人組バンドクリープハイプは2001年に結成され、2012年にメジャーデビューしました。ジャンルとしては、インディーロック、パワーポップといったところだと思います。フロントマンの尾崎世界観さんは、インディーズ時代に「世界観がよい」とファンに言われたことから、この名前をつけたそうです。確かに歌詞の世界観が独特だと私自身も感じました。また、尾崎さんの女性キーのようなハイトーンボーカルも魅力の一つだと思います。非常に特徴的な声質であり、一聴すると忘れないような独特な声です。


 さて、『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』についてです。この楽曲は、2012年にクリープハイプによりリリースされたシングル作品です。記念すべきメジャー1枚目のシングル作品です。2013年にリリースされた2ndアルバム『吹き零れる程のI、哀、愛』(ふきこぼれるほどのアイ、あい、あい)に収録されています。

 『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』は疾走感のあるギターロックです。 音域的には最高音がhiFで、hiDが頻出するような非常に高いキーです。この辺りのキーだとハードロックなどのようなジャンルの楽曲になりそうなのですが、そうならないところが尾崎さんのボーカルの独特な点だと思います。ちなみに、ライブでは尾崎さんはギターを弾きつつ、この楽曲を歌唱しています。




 さて、『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3) ~【地声最高音】hiF(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiFはCメロで登場します。また、サビではhiD#,hiDといった音階が登場します。メロディアスな楽曲でありながら、キーが非常に高いです。
 一般的な男性の場合ですが、原曲キーで歌唱するのは非常に困難が伴います。1オクターブ下を歌唱するというのもありかもしれません。この場合、音域がmid1A~mid2Fに設定されます。
 個々の声質などもありますが、原曲キーを4つ程度上げて1オクターブ下を歌唱する(音域はmid1C#~hiA)ような方が、高音域が少し高めで原曲のニュアンスが表現しやすいと私は考えております。場合によってはもう少し上げてもよいです。例えば、高音域に自信がある方は、原曲キーもしくは原曲キーから3つ下げる(最高音がhiD)くらいで歌唱してもよいと思います。

 男性にとってはキーの調整が難しいですが、非常に良い曲ですので、試行錯誤してほしいと個人的には思います。

  
 この『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』は女性が歌唱した方が意外と良いかもしれません。キーの調整自体は女性の方がしやすいです。YouTubeで『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』を検索すると、女性が歌唱しているが動画が非常に目立ちます。hiFは地声で歌唱してもよいですし、裏声で歌唱してもよいと思います。


管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー