J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

sumika

『センス・オブ・ワンダー』(sumika)の音域 / 「進研ゼミ 2020」CMソング

こんにちは。今回はsumikaの『センス・オブ・ワンダー』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『センス・オブ・ワンダー』(sumika)、Sense of Wonder


【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★ m1D#[忘]れていませんか? m1D#[地]続きの過去は尋ねる(Aメロ)
m1D#[ノー]トを読み返しD#[た]らいい
m1D#[す]すめ 想像以上の自分へ(サビ)

※サビ冒頭で最低音が登場します


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※サビで登場

m2F[か]m2G[じ]m2G#[を取りお][と]G#[な]G[に]F[る](サビ)
★立ち止まるよりもさm2F[ら]に向m2G[こう]m2G#[へ]
★すm2F[す]m2G#[め]

★じm2F[ぶん]m2G#[の][き]な自[分]F[な]G#[る](ラストサビ)


【裏声最高音】hiB(B4) ※サビで登場

★そm2F[れ]m2G#地[が]hiB裏[す]hiA#[べ]m2G#[てさ]


【補足】mid2Fmid2F#の注意箇所

★“やりたい”のさm2F[き]m2F#[で]“F[な]りたい”自分

m2F#[I ]Know m2F[Yo-]-u Know  
★そのm2F[さ]m2F#[き]の答えだけを見つm2F[め]F#[いい]
★感情(もの)だけが嘘じゃなくほんもm2F[の]

★こm2F[た]えはF[ある]ぜ 声なき声がF[み]ちびF[く]

『センス・オブ・ワンダー』(sumika)









 まず、『センス・オブ・ワンダー』についてです。この楽曲は、2020年に4人組ロックバンドsumikaによりリリースされたEP『Harmonize e.p』に収録されています。新しい作品ですので、アルバムでのリリースはまだありません。
 『センス・オブ・ワンダー』は学生向けの添削通信教育「進研ゼミ」の2020年のCMソングとして書き下ろされたものです。進研ゼミのCMソングは、これまで多くのミュージシャンが担当してきており、YUIさんの『GLORIA』(2010年)などヒット曲も生まれております。

 さて、『センス・オブ・ワンダー』は軽快なポップナンバーです。sumikaにはキーボードを担当するメンバーが居り、アノの音色が目立ちますが、私自身は、アメリカ南部の音楽を想起させるようなエレキギターのフレーズが心地よく感じました。 

 歌メロについては、AメロBメロサビという形で馴染みやすいと思います。音域については、低音部分に余裕があり、キーの調整は可能です。一方で、サビについては広く音域が使用されており、上下が激しいように感じました(サビではmid1D#~hiBまで登場します)。



 さて、『センス・オブ・ワンダー』についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。地声についてはおおよそ、一般的な男性の範囲内か少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#についてです。mid1D#はAメロのみならず、サビの冒頭でも登場します。最低音部分は落としても目立ちにくいですが、しっかり歌いこなしたい人は気を付けてください。『センス・オブ・ワンダー』は低音部分が比較的多く登場します。高音域が得意な人は、場合によってはキーを少し上げても良いかもしれません。

 地声最高音mid2G#についてはサビで多く登場します。一般的な男性の場合、ある程度歌いこなせている人でも、このmid2G#辺りが一つのボーダーラインになります。高音域が辛いということも普通にあり得ますので、その場合はキーを少し下げても良いと思います。

 カラオケなどが歌が得意な人はmid2G#はそこまで難易度が高い音階ではないかもしれません。ただ、この『センス・オブ・ワンダー』については、【m2F[か]m2G[じ]m2G#[を取りお][と]G#[な]G[に]F[る]】のように、mid2F,mid2Gといった音階を伴って登場します。中高音域が連続的に登場すると、最高音がそこまで高くなくても難易度は上がります。

 sumikaは以前取り上げた『願い』『Lovers』などは地声の最高音自体はそこまで高くありません。ただ、mid2G#,mid2Gなど高めの音階が連続的に登場するため、その分難易度は高くなります。
 「この辺りのキーならばは本来は歌いこなせるのに、あまり上手くいかない。途中で息切れ手してしまう」という場合は、最高音だけでなく周辺に高めの音が連続して登場しているケースが多いです。その辺も含めて、練習に取り組んでください。



『Lovers』(sumika)の音域

 こんにちは。今回はsumikaの『Lovers』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。


『Lovers』(sumika)


【地声最低音】mid1D(D3)  ※2番のみで登場

★気まぐれ意地悪されても わm1D[が]ままに振り回されても

※イレギュラー的に登場します。ここを除けば、mid1F#が頻出

【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※Bメロ、転調後サビ

★寄り添m2G#[い]m2F#[遂]G#[ら]F#[れ]る気F#{がし]G#[てい]F#[る]から
m2G[ずっ]G[ずっ]G[は]m2G#[な]G[さ]ぬようF[に](転調サビ)
★僕の事を見m2G#[てい]m2G[てほ]m2F[しい]のです


【裏声最高音】hiC(C5) ※転調サビで登場

m2G[ねえ病]hiC裏[め]hiA#[る]G[日]
★抱き寄せhiC裏[て] C[お]hiA#[ね]m2G[が]m2F[い]いそばにG[い]
★あなた朽ちhiC[果]hiA#[てる]m2G[ま]m2F[で]

【補足】mid2Fmid2Gの注意箇所

m2F#[つ]らささかm2G[な]しさ 感情いろm2F#[い]ろ(Aメロ)
★そんで何百万のm2G[せ]んたくしから選んで欲しい(Bメロ)

m2G[ねえう]m2F[れ]G[しい]F[日]も(転調サビ)

『Lovers』(sumika)









 まず、『Lovers』についてです。この楽曲は、2016年に4人組バンドのsumikaによりリリースされたシングル作品です。その後、ミニアルバム『アンサーパレード』、2017年のフルアルバム『Familia』にも収録されました。アニメやドラマなどのタイアップに合いそうなポップな楽曲なのですが、インディーズ時代の作品ということもあり、大きなタイアップはないようです。

 『Lovers』は爽やかなピアノが印象的なアップテンポのナンバーです。先にも述べましたように、ドラマやアニメの主題歌に合いそうな楽曲です。sumikaのYoutube公式チャンネルではMVが公開され、4000万回を超える再生回数を記録しております。非常に人気の高い作品です。

 『Lovers』の音域帝な特徴についてです。上図だけを見ると、音域が広めで難易度が高い印象ですが、最低音のmid1Dはイレギュラーとして1度登場するだけで、無視してもほぼ気付きません。実質mid1F#辺りが最低音になります。地声部分については大よそ一般的な男性の音域の範囲内で作られておりますので、チャレンジしやすい楽曲なのではないかと思います。キーの調整もしやすいです。そうしたこともあり、今回自選曲として取り上げることにしました。




 さて、『Lovers』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。地声部分については大よそ一般的な男性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はBメロと転調サビで登場します。『Lovers』はラストのサビが転調し、キーが1つ上がりますので、通常のサビはmid2Gが最高音になります。この辺りの音階は男性ボーカルのボーダーラインになります。歌い慣れていても、人によってはmid2G#辺りは出にくいかもしれません。場合によっては、キーを下げることも考えてください。ただ、大きなキー調整は必要無いと思います。

 『Lovers』は低音部分に余裕がありますので、キーの調整もしやすいです。普段歌い慣れていない人はキーを3つ程度下げてもよいかもしれません。一方で、歌メロのテンポは少し速めですので、歌詞をある程度しっかり覚えておく必要があります。その点は留意しておいてください。

 また、『Lovers』は女性が歌っても合いやすい楽曲なのではないかと思います。個人差はありますが、原曲キーから2~3程度上げてみてください。声の高い人はもう少し上でもよいかもしれません。



『願い』(sumika)の音域/ドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』主題歌

こんにちは。今回はsumikaの『願い』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。sumikaは以前に、『ふっかつのじゅもん』を取り上げて以来、2回目の登場になります。


『願い』(sumika),Negai


【地声最低音】mid1A(A2)  

★寒い冬をm1A[あ]m1B[た]ためられる人


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビで登場

★わm2F#[たしはしあ]m2G[わ]hiA[せっ]


【裏声最高音】hiA(A4) ※サビ直前

★こhiA裏[のむ]ねの中で眠れ いつか目覚める日まm2E[で]



【補足】mid2E(一部略)mid2G辺りの注意箇所

★あm2F#[なたの瞳]m2E[に]E[つ]って (サビ)
★笑っm2F#[てい]m2E[る] 未来F#[をさ]E[が]していた

★少しだけ早く気m2E[付]いてしまっただけ

★ひとつふたつねm2F#[がっ]m2E[て]も あ[の][じゃ]F#[ない]E[ぃ](Bメロ)
★わたm2E[しには][わ]m2G[り]m2F#[は]E[と]められず

★絵空m2G[に]m2F#[見]ていた儚いゆ[めだ](サビ)
★そばにいm2G[て]m2F#[よ]

★雪はずっとふっと 空から来m2E[て]m2F#[は]E[ぁ] (Cメロ)
★止m2F#[めどなく]m2G[降]F#[り]E[し]きる
★ 私m2E[は]ずっ[と]m2F#{もっ]E[と あな][を]F#[ぉ]

★ずっと“m2F#[ま]m2E[だ”なん]E[ね](ラストサビ)
m2F#[はる]m2E[の]m2G[な]F#[か]
『願い』(sumika)









 まず、『願い』についてです。この楽曲は、2019年に4人組ロックバンドsumikaによりリリースされたシングル作品です。『願い / ハイヤーグラウンド』の両A面シングルとしてリリースされました。『願い』はテレビ朝日系ドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』の主題歌として書き下ろされた楽曲です。

 『願い』はゆったりめのラブソングです。両A面の『ハイヤーグラウンド』は劇場アニメ『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』の主題歌ということもあり、アップテンポのナンバーになっております。その対比ということもあり、『願い』はメロディーの美しさが際立ちます。AメロBメロサビと楽曲が少しずつ盛り上がっていきます。
 ボーカルの片岡健太さんは声質がややハスキーであり、個性的であります。その点で、楽曲のニュアンスも独特なものになっているように感じます。

 『願い』の音域的な特徴についてです。全体として広めの音域で歌メロディーが構成されています。よって、キーの調整などにはあまり向かない作品といえます。場面ごとの最高音は、Aメロがmid2E、Bメロがmid2G(裏声hiA)、サビがhiAとなっております。Aメロ→Bメロ→サビと楽曲が少しずつ盛り上がっていく様子が歌メロディーからも読み取れます。



 さて、『願い』の音域についてですが、 【地声最低音】mid1A(A2)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域より少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはサビで登場します。『願い』は歌い出しがサビの楽曲でありますので、冒頭からいきなり登場する形になります。ただ、楽曲がゆったりとしたラブソングですので、無理せず裏声でhiAを対応しても雰囲気が出るのではないかと私は考えております。高音域が苦手な方は裏声での歌唱も考えてみてください。

 上述しておりますが、『願い』ではmid2E,mid2F#,mid2Gあたりの音階が高音域帯として多く登場します。このあたりの音階を確実かつ丁寧に歌唱できるかがカギになります。このあたりの音階は一般的な男性の音域の範囲内にあたりますが、楽曲全体で多く登場すると持久力も必要になります。よって、見た目に異常にしんどいと思いますが、比較的努力が報われる可能性が高いです。少しずつ練習を重ねてください。
 高い音域が苦手な方はキーを下げても良いと思います。
 
 『願い』は先にも述べましたように、音域自体は広めの作品になります。よって、キーの調整などは行いにくい楽曲です。普段歌い慣れていない人は、別の楽曲で練習することも選択肢として考えてみてください。一方で、ある程度歌い慣れた人であれば手を付けやすい音域であります(サビ、Cメロなどはキツイ場面があります)。




『ふっかつのじゅもん』(sumika)の音域と感想

 こんにちは。今回はsumikaの『ふっかつのじゅもん』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『ふっかつのじゅもん』(sumika),Fukkatsu no Jumon

【地声最低音】   mid1F(F3)  ※2番

★ダウン 綺麗な花に見とれ 無惨に綺麗[に]騙された


【地声最高音】  mid2G#(G#4)  ※サビ

mid2G#[ヘイヘイ]mid2F#[お][よ][モ]ンスター
[アイヤイヤイヤイ] hiC[さ][るに][なっ]
★錆びた[つ][るぎ][振][回し][て]いくんだ
[錆び][つ][る][ぎ]が光り出した



【裏声最高音】   hiC(C5) 

hiC[さ]2G#[るに]2F#[なっ]て


hiCは地声にも聞こえるのですが、今回は裏声で判断します

『ふっかつのじゅもん』(sumika)










 まず、『ふっかつのじゅもん』についてです。この楽曲は2014年に4人組ロックバンドsumikaによってリリースされたミニアルバム『I co Y』(イコイ)に収録された楽曲です。
 sumikaは2018年にメジャーデビューしました。『フィクション』や『ファンファーレ』といった楽曲はアニメのタイアップも付き、最近は多くの人に知られるようになってきています。

 『ふっかつのじゅもん』はsumikaのYouTube公式チャンネルでも公開され、2019年4月現在、1200万回もの再生回数を記録しております。sumikaの作品の中ではかなり人気の高い作品だと思います。

 
 sumikaの作品は、バンド以外にも様々な楽器パートなどがゲストとして登場するポップサウンドが特徴的です。例えば、『フィクション』ではバイオリン、ヴィオラ、チェロ、パーカッションなどが登場します。クラシックなどで使われる手法を用いた音楽のジャンルに「バロック・ポップ」というものがありますが、sumikaは恐らくバロック・ポップという要素は少ないと思います。
 反面、『ふっかつのじゅもん』ではかなりバンドサウンドが強調された疾走感あふれたナンバーになっております。

 歌詞については、『ふっかつのじゅもん』というタイトルにあるようにRPG(特にドラゴンクエスト)を想起させる内容になっております。『ふっかつのじゅもん』とはドラクエ初期に導入されていたゲームデータをロードするためのパスワードのことです。ただ、歌詞の内容としては、ゲームのロードだけでなく、『ザオリク』などの回復呪文を思わせるような使われ方をしているようにも感じます。

 歌詞はゲームをイメージしたものになっておりますが、どこか自分の人生などと重なります。仲間が見つからずに、また苦難に直面しながらも、自分の道をまい進していくといった力強いメッセージを読み取れます。私自身もRPGゲームは経験してきたのですが、非常に共感できる歌詞が多いです。





 さて、『ふっかつのじゅもん』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】mid2G#(G#4) 、【裏声最高音】hiC(C5)でメロディーが構成されております。一か所だけhiCという音階が登場しますが、それ以外は一般的な男性の音域よりやや高いというところです。

 hiCの箇所「ルになって」はかすれ声になっても良いと思います。まず、mid2F,mid2Gといった音階を確実に歌いこなせるようにしてください。一般的な男性の音域ですが、歌い慣れていないとぎこちない発声になってします。

 ある程度歌い慣れた人でもmid2G#辺りから、地声で歌うのが苦しくなることがあります。声が低い人などはキーを下げることを考えておいてもいいかもしれません。普段歌い慣れていない男性は、キーを下げることをお勧めします。


 ちなみに、この『ふっかつのじゅもん』は音域的には女性が歌うことが可能な楽曲だと思います。原曲キーでも良いと思いますが、高音部が得意な女性の場合は、少しキーを上げた方がいいと思います。歌詞内容的には、ゲームに馴染みのある女性ならば非常に共感できると思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー