J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Superfly

『フレア』(Superfly)の音域/NHK連続テレビ小説『スカーレット』主題歌

 こんにちは。今回はSuperflyの『フレア』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲なのですが、期間中にリクエスト頂いた楽曲でもあります。


『フレア』(Superfly)、Flare


【地声最低音】mid2A(A3)  ※Bメロおよびサビ冒頭

hiA{わ]たしを創る hiA[出]会いもサヨナラm2A[も]
m2A[日]々 恋をして(サビ)


【地声最高音】hiD(D5)  

hiA[む]hiB[ね]hiC#[を]hiD[こ]B[が]A[し]A[い](サビ)
hiA[あ]hiB[か]hiC#[い]hiD[太]B[陽の]C#[よう]D{に]
hiA[いつの]hiD[日]も雨に負けるもんか
hiD[今日]hiA[の]A[も]ぉぉぉ 涙に負けるもんか(ラストサビ)

【裏声最高音】hiD(D4) ※2番サビで登場

hiA[ほの]hiD[お]は再び舞い上がる

※この場面だけははっきりと裏声でしたので、記述しておきます




【補足】mid2G(一部略)hiC#の注意箇所

★なm2G[み]だが降れhiA[ば] hiB[きっ]m2G[と消え]てしまう(Aメロ)
hiB[どう]m2G[かこ]こにG[い]

★空hiA[に]hiB[も]A[悔]やんm2G#[で]B[いら]hiC#[れ]B[な]A[い](サビ)

hiA[ほ]のおの声よhiA[聞]かせてくれhiB裏[る?](2番Bメロ)


『フレア』(Superfly)










 まず、『フレア』についてです。この楽曲は、2019年に女性シンガーソングライターのSuperflyによりリリースされたシングル作品です。フィジカルではなく、ダウンロードシングルとしてリリースされました。2019年度下期のNHK連続テレビ小説『スカーレット』の主題歌として書き下ろされた作品です。作詞作曲はSuperflyの越智志帆さん、編曲は島田昌典さんによりなされております。

 『フレア』はゆったりとしたメロディーのポップソングです。反面、テンポは非常にリズミカルであり、この対比が個人的に非常に耳に残りました。パーカッションやドラムなどの打楽器パートがとりわけ心地よいと感じます。
 Superfly越智さんはハードロックなどをベースとしたパワフルな歌声が魅力的な歌手ですが、今回の『フレア』については優しさを帯びた暖かいボーカルが印象的です。カラオケなどで歌唱する際は、そうした部分も上手く表現できたらよいのではないかと思います。

 『フレア』の音域的な特徴についてです。当ブログで以前取り上げたタマシイレボリューション[最高音hiE]、愛をこめて花束を[最高音hiF]と比較すると、高音域が抑え気味になっています。2曲はハードロックやソウルなどの基調としていますので、ボーカルは力強くなります。一方、『フレア』はキーが低い分、ボーカルの柔らかさを併せ持っています。私なりのイメージですが、『フレア』は女性らしさのある高い声色でも合いやすいのではないかと思います。より多くの人にマッチしやすいイメージです。



 さて、最後に『フレア』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD(D4)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な女性の音域の範囲内(もしくはやや高い)であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDはサビ中心に登場します。hiDは声が高い人であればであれば届きうる音階ですが、人によっては出にくいことも多いです。場合によってはキーを下げることも考えてください。例えば、キーを2つ下げて、最高音をhiC辺りにするとハードルがかなり下がります。一般的な女性は目標として、hiB,hiC辺りを上手く発声できるようにするとよいと私は考えております。
 
 また、サビの【☆hiA[いつの]hiD[日]も雨に負けるもんか】の部分ですが、ここのhiDは裏声でもあまり違和感はありません。越智さんは、同じメロディーの別のフレーズ【★hiA[ほの]hiD[お]は再び舞い上がる】では裏声を使っております。
 
 『フレア』は音域全体でみると、キーを下げ過ぎると、逆に低音部がきつくなりやすいです。キーを下げる余地はいくらかはあるのですが、普段歌い慣れていない人が歌いやすいキーに設定できるほどの融通は利きません。その点は留意しておいてください。
 普段歌い慣れていない人は別の楽曲で歌い慣れた上でチャレンジするのも選択肢です。もしキーを大きく下げて歌唱する場合は、低音部が曖昧になってもあまり気にしないでください。

 『フレア』はゆったりとしたメロディーなのですが、リズムは軽やかですのでカラオケなどでも歌いやすい作品です(難易度が低いわけではない)。興味を持たれた方は練習してみても良いと思います。

『タマシイレボリューション』(Superfly)の音域と感想

 こんにちは。今回はSuperflyの『タマシイレボリューション』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『タマシイレボリューション』(Superfly),Tamashii Revolution


【地声最低音】mid2A(A3)  

※Aメロ箇所

【地声最高音】hiE(E5)  

★ go-hiC#[-ing] hiB[on], mo-hiE[-ving] [o-][-n] [た][か][い][の]歌(通常サビ)
★全て心意気 hiE[起]hiC#[こ]hiB[せ][new wave](Bメロ)
★スhiE[タンド]hiC#[アップ]hiB[!ファイ][ター] [とん]がっ[て](ラストサビ)



【補足】hiBhiC#の注意箇所

★頂hiB[上]hiC#[へ][ち][なき][ち][を 切][ひ]hiC[ら][く]時(通常サビ)
★ride on, hiB[ride] on 回りだすメリーhiC#[ゴー]ランド(Aメロ)
★イhiB[メー]ジしhiB[た]らばhiC#[アク]hiB[ション] そう(Bメロ)

『タマシイレボリューション』(Superfly)









 まず、『タマシイレボリューション』についてです。この楽曲は2010年にSuperflyにより配信リリースされた作品です。翌年にリリースされたアルバム『Mind Travel』に収録されました。
 『タマシイレボリューション』は2010年のNHKサッカーテーマソングとしてタイアップされました。W杯南アフリカ大会での日本代表の活躍により、この楽曲も大いに注目されました。シングル曲では無いものの、Superflyの代表的な楽曲の一つだと思います。YouTube公式チャンネルでもMVが公開され、2019年6月現在、2800万回以上の再生回数を記録しています。

 『タマシイレボリューション』のサウンドについてです。編曲は蔦谷好位置さんにより行われています。蔦谷さんは多くのミュージシャンのアレンジを担当していますが、Superflyでもおなじみのプロデューサーです。『タマシイレボリューション』は元々、「志帆ロック」というタイトルでボーカルの越智志帆さんがサビのみ作成されていたらしいです。仮タイトルの段階からロック色の強いアレンジを想定されていたのだと思います。
 エレキギターのイントロが非常にカッコイイですが、全体としてエスニック(民俗音楽)寄りのアレンジになっております。MVにも登場しますが、パーカッションが非常に重要な役割を果たしています。
 
 歌詞についてです。サッカー中継の主題歌ということもあり、非常に前向きで元気が出る歌詞内容になっております。また、『タマシイレボリューション』というタイトルは、多くの人の耳に響く重要な役割を果たしたのではないかと私自身は考えております。以前、B'zの『ウルトラソウル』の回でも言及しましたが、リスナーの耳に突き刺さる呪文のようなワンフレーズがあると、楽曲が一気に締まります。





 さて、『タマシイレボリューション』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3) ~【地声最高音】hiE(E5) でメロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高めです。

 地声最高音がhiEであるため、高音域が得意な女性であれば原曲キーで楽しめると思います。しかし、普通の音域の女性の場合、原曲キーで歌うのはあまり一般的ではないです。原曲キーより3~4程度下げると、かなり歌いやすくなると思います。これにより、地声最高音がhiC#(hiC)に設定されます。ただ、声の低い女性は、これでもきついかもしれません。その点は留意しておいてください。

 『タマシイレボリューション』はサウンドやメロディーラインはロック色が強い作品です。よって、力強い声色、低めの声色が合うと思います。ロックやソウルミュージックなどで使われるような歌唱法がこなせるのであれば、かっこよく歌いこなせます。キーを下げてもよいので、そうしたニュアンスを意識すると、原曲に近づけると思います。

 難易度が高い作品ですが、カラオケやライブなどで歌うと非常に楽曲だと思います。





 

『愛をこめて花束を』(Superfly)の音域と感想

 こんにちは。今回はSuperflyの『愛をこめて花束を』(2008)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『愛をこめて花束を』(Superfly)、Ai wo Komete Hanataba wo


【地声最低音】mid1G(G3)  

★二人で写真を撮ろう 懐かしいこのけしmid1G[き]と(Aメロ)
★ あの日と同じポーズでおどけてみせて欲[しい]
[や][そ]くしたとおりあなたと(Bメロ)

【地声最高音】hiF(F5)  ※ラストのサビ1か所のみ

★笑わないでhiC#[受]hiF[け][と]hiB[め]

※ラストのサビは転調し、キーが2つ上がります



【補足】

★ ここに来られて本当に良かったhiB[わ](Bメロ)
★この込みhiB[上]がる気持hiB[ちが]愛じゃないなら
★何が愛かhiB[分][ら][い][ど]
★flame, yellow, purple, hiD[sk][y]hiC blue(Cメロ)
hiC[あな][にお][る][ろ]hiD[は]

★愛をこめてhiC#[は]hiE[な][た]hiB[ば]を(転調後ラストサビ)
★理由hiC#[なん]hiD[訊][か][な]hiE[い][で][ー][ね]
hiE[本]hiD[の]hiC#[わ]hiB[た]しを

※Cメロ後のフェイクでhiF、アウトロのフェイクでhiF#の箇所が見られます。
『愛をこめて花束を』(Superfly)










 まず、『愛をこめて花束を』についてです。この楽曲は2008年にSuperflyによりリリースされたシングル作品です。Superflyの元メンバーで現在は作曲編曲家として活躍する多保孝一さんが16歳の頃に作詞作曲した作品が原曲になっております。その後、少しずつ手が加わり現在の形になりました。編曲は蔦谷好位置さんがなさってます。
 『愛をこめて花束を』はSuperflyの代表曲としてしばしば列挙されます。YouTube公式チャンネルで公開されているMVは2019年6月現在、9800万回以上再生されており、1億回に迫ろうとしております。2008年にリリースされ、2011年に動画が公開されていることを考えると、長く愛され続けている楽曲と言えると思います。

 『愛をこめて花束を』のサウンドについてですが、バンドサウンドが基調となっていますが、ストリングスやピアノなども用いられ、越智志帆さんの力強いボーカルを支えております。ちなみに、この楽曲はコード進行などでMr.Childrenの『CROSS ROAD』の影響を受けているのではないかと言われています。私自身もそう感じます。ただ、『愛をこめて花束を』はAメロ、Bメロが「静」の土台として作り上げられ、結果、サビが大きく盛り上がるようになっています。また、ラストのサビが転調するなど、サビを中心に越智さんの力強いボーカルが堪能できるような工夫がなされていると思います。ラストのサビの部分は、通常のサビよりもキーが2つ上がります。
 また、Superflyはハードロック寄りのサウンドが見どころでもあるのですが、そうした側面はCメロで非常に強調されていると思います。それ以外は非常にポップなメロディーやアレンジになっています。





 さて、『愛をこめて花束を』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiF(F5)でメロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりはかなり高いです。

 先にも述べましたが、この楽曲はラストのサビでキーが2つ上がります。つまり、通常のサビの中心がhiDなのですが、ラストのサビは同じメロディーラインがhiEです(最高音はhiF)。高音域が得意な人ならば歌いこなせる可能性はありますが、あまり一般的ではありません。
 原曲のニュアンスは力強い声質であり、ソウルミュージックなどの影響もあります。洋楽を中心にソウルやハードロックなどの歌唱をこなせる人であれば、キーを下げてもカッコよく歌えるのではないかと思います。

 一方で、原曲のニュアンスを捨てて、自分の声質に合った歌い方をする選択肢もあり得ると思います。『愛をこめて花束を』のメロディーライン自体はポップですので、キーを下げた上でポップ寄りの歌い方で歌唱しても形になるのではないでしょうか。ただ、キーを下げ過ぎると、今度は低音域が辛くなります。その点は留意しておいてください。

 逆に、この楽曲は男性が歌った方が越智さんの表現に近い形になるかもしれません。当然原曲キーで歌うのは困難ですので、キーを下げることになります。女性の場合と同様に、ソウルやロックのような力強い歌唱が出来る方であれば、非常に原曲のニュアンスに迫る表現が出来るのではないかと思います。