J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

fripSide

『only my railgun』(fripSide)の音域 / アニメ『とある科学の超電磁砲』オープニングテーマ

 こんにちは。今回はfripSideの『only my railgun』(2009)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『only my railgun』(fripSide)

『only my railgun』(fripSide)










【地声最低音】mid2D(D4)  

★切ないきおm2D[く](ラストサビ[転調-1の場面])


【地声最高音】hiD#(D#5)  

hiC[振]hiC#[り]C[か]hiA#[え]C[る]A#[こ]とhiD#地[し]C[か](Aメロ)
★すhiA[べ]hiA#[て]hiC[ほ]hiD[こ]hiD#[れ]D[る!](ラストサビ)


【裏声最高音】hiE(E5) ※サビで登場

★みらhiA#[い]hiB[さ]hiC#[え]A#[置]hiE裏[去]hiC#[りにし]hiD#裏[て]


【補足】hiAhiD#の注意箇所

hiB[は]hiA#[な]て!心に刻んだ夢を(サビ)
★その先にhiB[は]hiA#[る]かな想いを

★歩いてhiA#[き]たこのみA#[ち]hiC[を] (Aメロ)
hiC[暗闇に堕]hiA#[ち]る街hiD#裏[並み](Bメロ)
hiD#裏[人は]hiC#[ど]hiC[こ]hiA#[ま]C#[で]C[立]A#[ち]向かえるの?
★加速するそhiA#[の]hiB[い]A#[た]みから

★ 胸hiA[を]hiA#[張]hiC[っ]A[て] (サビ[転調-1])


 まず、『only my railgun』(オンリー・マイ・レールガン)についてです。この楽曲は、2009年に2人組音楽ユニットfripSide(フリップサイド)によりリリースされたシングル作品です。アルバムでは『infinite synthesis』などに収録されております。同曲は、テレビアニメ『とある科学の超電磁砲(レールガン)』のために書き下ろされた楽曲です。fripSideの代表的な作品の1つであり、カラオケなどでも多く歌われている作品でもあります。

 『only my railgun』は疾走感のあるシンセポップ、トランスナンバーです。冒頭からサビが登場し、聴き手の耳を惹きます。歌メロについては、頭サビ⇒AメロBメロサビといった形で作られております。また、Cメロの部分ではサビメロ転調し、キーが1つ下がる形になります(ラストのサビは通常のサビと同じキー)。

 『only my railgun』の音域的な特徴についてです。歌メロについては、比較的狭い音域で歌メロが作られております。ただ、最高音は一般的な女性の音域よりやや高いです。こうした①音域が狭い、②キーは高めといった特徴を備えた楽曲は、持久力が要求されます

 


 最後に、『only my railgun』の音域についてですが、【地声最低音】mid2D(D4)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#Aメロ、Cメロで登場します。登場回数としては少なめです。原曲では地声で歌唱されていますが、場合によっては裏声などでも良いかもしれません。ただ、Cメロ(ラストサビ直前)辺りは地声で発声できるように頑張ってみてもよいと思います。目安として、hiC#辺りがハッキリしっかり歌い切れると安定してくると思います。

 『only my railgun』は音域自体が狭いですので、キーの調整の融通は利きやすいです。普段歌い慣れていない人が歌いやすいキーに合わせて練習することにも向いているのではないかと思います。個人的にはお奨めだと思い、今回取り上げることにしました。
 一方で、原曲キーで歌唱する場合は、持久力が要求されます。ある程度高いキーが得意な方でも意外としんどいかもしれません。その点は留意しておいてください。

 『only my railgun』は10年以上前の作品ですが、未だにカラオケなどでもよく歌われる人気曲です。キーの調整なども行い易いですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。




『final phase』(fripSide)の音域 / アニメ『とある科学の超電磁砲T』オープニングテーマ曲

 こんにちは。今回はfripSideの『final phase』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、かじ / Kajiさんによるドラムのカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカル南條愛乃さんの表現がフル尺で確認できます。


『final phase』(fripSide)


【地声最低音】mid2A(A3)  

★儚m2A[く]眩しくhiA[や]さしい 


【地声最高音】hiE(E5)  ※ラストの転調サビ(+1)で登場

hiC#[も]hiD[と]hiE地[め]D[合]C#[っ]

※ラストサビで2回登場します

【裏声最高音】hiF#(F#5) ※転調サビで登場

★この世界にひかhiB[り]hiC#[か]hiE[がやい]hiF#[て]



【補足】hiB辺り~hiD#辺りの注意箇所

★そのひとhiA#{み]hiA[が]くれた気hiC[持]A{ち](Aメロ)
★hiA[き]hiA#[み]hiC[と]A#[わ]A[ら]A#[い]合っA[た]時間

★言葉にできないほど hiA#[き]hiA{み]を想い続けA[た](Bメロ)
★走り続hiA#[け]hiC#[て]hiD#裏[い]hiC[る]

★There’s hiD裏[no] hiC#[way] hiB[to] C#[re-]-trace!(ラストサビ)
★言葉hiB[は]hiD[ん]hiC#[な]B[に]要B[ら]C#[ない]
★かけがえないこhiD地[の]jhiC#[しゅ]hiB[ん]C#[か]ん
★信hiA[じ]るあしhiB[た]A[を]引き寄A[せ]る


『final phase』(fripSide)









 まず、『final phase』(ファイナル・フェイズ)についてです。この楽曲は、2020年に2人組トランスユニットfripSideによりリリースされたシングル作品です。テレビアニメ『とある科学の超電磁砲T』のオープニングテーマ曲として書き下ろされました。最新シングル作品ですので、アルバムなどには収録されていません(2020年3月現在)。

 さて、『final phase』はアップテンポのデジタルポップです。アニメの主題歌ということもあり、サビを中心に非常に盛り上がります。Cメロはありませんが、ラストのサビが長く、後半では転調が行われ、キーが1つ上がります。カラオケなどでは注意したいところです。また、個人的には、Bメロの部分が少しメロディーが取り辛いように感じました。その点も気を付けたいところです。
 音域的には、図にも示すように高音域が広く伸びております。低音部分に余裕がありますので、キーを下げて歌唱するというのもアリだと思います。


 
 さて、『final phase』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域より高いです。以下、見てきます。

 まず、『final phase』はラストサビで転調し、キーが1つ上がります。この場面で地声最高音のhiE,裏声最高音hiF#が登場します。通常のサビではhiD#、hiFが最高音になります。これら音階は一般的な女性の音域よりも高めです。キーを下げて歌唱することも選択肢に入れてください。たとえば、目安として、原曲キーから3つ程度下げると地声最高音がhiC#に設定されます。
 また、裏声が器用に扱える人であれば、高音部分を裏声で対応するというのも選択肢だと思います。ただ、裏声を多用し過ぎるとメリハリが無くなりますので、上手く地声も交えてください。

 『final phase』は高音部分に音域が広いですが、低音部分は余裕があります。よって、キーを下げることも可能です。ただ、普段歌い慣れていない人向けにキー調整するのは難しいかもしれません。キーを下げ過ぎると低音部分が少し辛くなると思います。その点は留意しておいてください。



『BLACKFOX』(fripSide)の音域 / アニメ映画『BLACKFOX』主題歌

 こんにちは。今回はfripSideの『BLACKFOX』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『BLACKFOX』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても動画の添付はありません。ご了承ください。


『BLACKFOX』(fripSide)


【地声最低音】mid1F(F3)  

★優しい風 そっと運m1G[ん]だ m1F[き]っといつか届くはずと

【地声最高音】hiF(F5)  ※転調後(+2)サビで1回登場

hiF[く]E[ろ]hiD[き]hiC[や]hiE[ば]D[に]

※地声か裏声の判別が難しいのですが、今のところ地声と判定しておきます


【補足】hiA(一部略)hiEあたりの注意箇所

★手を伸ばした あの日のm2G[夢]
★m2G[きっ]とm2G[だ]m2G#[れ]G[も]が 
★心のどこかに 痛む傷を負っているm2G[から]

hiC[見]hiB[上]C[げ]hiA[る ほ]B[し]C[ぞ]B[ら]A[か]ら(Cメロ)
★降り注ぐひかm2G#[り]hiA[を]hiB[纏]A[っ]hiC[て]
★この目そm2G#[ら]hiA[さ]hiB[ず]hiE[に]

★りょhiC[う]hiA#[て]hiA[ひ]A#[ろ]C[げ]hiD[て] (転調後サビ) 
hiC[この]hiA#[せ]hiA[か]い すべて感じA#[よ]A[う]
hiA[う]しなうことも恐れずに しんhiA#[じ][つ]を受け止hiC[め]A[る]
hiC[な]hiD[み]hiE地[だ]C[を]hiA[わ]hiA#[す]C[れ]A#[ず]
★解き放hiA[つ あ]ついおA[も]hiD[い]hiE[を]

『BLACKFOX』(fripSide)











 まず、『BLACKFOX』(ブラック・フォックス)についてです。この楽曲は、2019年に2人組音楽ユニットfripSideによりリリースされたナンバーです。この楽曲は、SF忍者アクションのアニメ映画『BLACKFOX』のために書き下ろされたものであり、タイトルも映画と同じものになっております。
 『BLACKFOX』は特殊なリリース形態をとっており、劇場映画の前売り券に付属したCDという形でリリースされました。そのため、現在配信などのリリースは確認できません。また、カラオケなどの配信も行われていないようです。今後、アルバムのリリースなどにより楽曲が収録されるなどするかもしれません。

 『BLACKFOX』はアニメ映画の主題歌ということもあり、疾走感のあるデジタルポップナンバーになっております。上述のように、AメロBメロはボーカルの声域が抑え気味であり、サビで大きな盛り上がりを見せます。また、ラストのサビでは、転調により通常のサビよりもキーが2つ上がります。転調が要所要所で行われるのは、fripSideの楽曲の一つの特徴とも言えます。この辺りはカラオケなどでも大変な場面であると思います。

 『BLACKFOX』は図にも示すように、とりわけ高音域が高めの作品です。一般的な女性にとっては高めですので、キーを下げるか裏声を交えるといった対応を取る必要があると思います。

_______

 さて、『BLACKFOX』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されています。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、AメロBメロはサビに向けた準備段階ということもあり、中低音域のメロディーが続きます。低音部が少し低めの部分もありますが、しっかり発声したいところです。

 一方、地声最高音hiFはラストのサビで登場します。『BLACKFOX』はラストのサビでキーが2つ上がります。転調前のサビではhiD#が最高音になります。こうしたこともあり、原曲キーで歌唱するには、高音域が得意である必要があります。
 一般的な女性の場合は、キーを下げて歌唱するのが良いのではないかと思います。ただ、この『BLACKFOX』は低音部分もやや広めであります。よって、キーを下げ過ぎると、逆に低音部分が辛くなる可能性もあります。その点で、高音域が得意であり、ある程度歌い慣れた人向けの楽曲と言えると思います。

 当ブログでは、『Hesitation Snow』『Two souls -toward the truth-』という楽曲を以前に取り上げたのですが、『BLACKFOX』はこの2曲よりは難易度がやや低いのではないかと、私は考えております。fripSideは代表的なが曲として、『only my railgun』という楽曲があります。当ブログでは、まだ取り上げていないのですが、『only my railgun』の方が3曲よりも歌いやすく、キーの調整もしやすいです。アニメ『とある科学の超電磁砲』の主題歌ですが、タイアップの枠を超えて、広く知られた楽曲でもあります。今後、ブログで取り上げてもよいかもしれません。



『Hesitation Snow』(fripSide)の音域

 こんにちは。今回はfripSideの『Hesitation Snow』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『Hesitation Snow』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても動画は添付致しません。ご了承ください。


『Hesitation Snow』(fripSide)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  

m1G#[季]節は既に暗く冷たく 温もり求めた心(Bメロ)


【地声最高音】hiE(E5)  ※転調後のサビで1回

★調和のhiB[い]hiC[と] hiD[手]hiE地[繰]D[り]C[寄]B[せ]


※地声か裏声か判別し辛い声質なのですが、ライブ映像などを拝見する限りここは地声でした

【裏声最高音】hiF#(F#5) ※転調サビ直前

★世界じゅうhiB[が い]hiC#[ろ]B[を]C#[無]hiF#裏[く]hiE[し]hiD#[てい]B地[く]



【補足】hiA(一部のみ)hiE辺りの注意箇所

★はかhiA[な]い欠片 舞い散る その光 す[べ]て照らし(冒頭)
★想い示hiA[せない]hiB[ま]ま 冷たい無情が絡まhiB[る](サビ前)
hiC#[も]hiB[う 気]hiD#[づ]hiE[い]D#[てい]C#[た](ラストサビ直前)

★狂ってhiB[い]hiC[る て]B[い]C[ぎ]B[が]今 (転調後サビ)
hiC[じゅん]hiD[す]C[い]D[な]E[眼は]
hiE[ぼ]hiD[く]hiC[を 見透]D[か]C[て あや]D[つ]ってた

hiC[は]hiD[か]hiE[な]い欠片 舞いC[散]る(ラスト)
☆そのひかhiC[り] hiD[す]hiE[べ]て照らし みちC[び]D[き]合う


※☆の部分は冒頭のフレーズが転調しています。
『Hesitation Snow』(fripSide)









 まず、『Hesitation Snow』(ヘジテイション・スノー)についてです。この楽曲は、2012年にリリースされたPCゲームのオープニングテーマとして発表され、サウンドトラックなどにも収録されました。fripSideの作品としては、2015年に『fripSide PC game compilation vol.2』というコンピレーションアルバムに収録されています

 『Hesitation Snow』はエレクトロニカ、シンセポップの要素を持ったポップな楽曲です。Wikipediaでも記述されていますが、小室哲哉さんや浅倉大介さんらを筆頭に築き上げてきたデジタル色の強いポップスです。私自身fripSideの作品を多く知っているわけでは無いですが、この『Hesitation Snow』はシングル作品としてリリースしても良かったのではないかと思えるほどの広がりを持った楽曲だと考えました。

 さて、『Hesitation Snow』のボーカル音域の特徴についてです。この楽曲は要所要所で転調が行われている作品ですが、カラオケなどで意識すべき点は、ラストのサビで転調が行われている点です。ここでキーが1つ上がります。
 『Hesitation Snow』は女性の音域としてはやや高めであり、その点で少しハードルが高いとも言えます。



 最後に、『Hesitation Snow』の音域についてですが、地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、裏声の最高音hiF#についてですが、これはラストのサビでは無く、転調前のサビフレーズで登場します。この辺は、気付きにくい点ですので注意が必要です。

 一方、地声最高音のhiEはラストのサビで登場します。原曲キーで歌唱する場合、このhiE場面は裏声気味でもよいかもしれませんが、その周りで登場するhiDなどは確実に地声で発声したいところです。一方、通常のサビではhiD#を地声で発声していますので、最低でもhiD,hiD#といった音階を地声で歌唱できると安定してくると思います。

 このように、『Hesitation Snow』は一般的には高音域がやや高めです。一般的な女性が歌唱する場合、原曲キーから2~3程度下げると地声最高音がhiD,hiC#辺りに設定されて、歌いやすくなると思います。ただ、普段地声が低い方などは、もっとキーを下げるなどした方が良いかもしれません。普段歌い慣れていない人には、やはりハードルが高いので、練習を重ねる必要があります。

 『Hesitation Snow』は音域的には低音部に少し余裕がありますので、キーを下げる余地が少しあります。ただ、大きくキーを下げると逆に低音部が辛くなりますので、その点は留意しておいてください。



『Two souls -toward the truth-』(fripSide)の音域

こんにちは。今回はfripSideの『Two souls -toward the truth-』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Two souls -toward the truth-』(fripSide)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★交m1G#[差]した それぞれm1G#[の や]さしさ


【地声最高音】hiF(F5)  ※Cメロ、転調後のサビ(+1)

hiC[終]hiD[わ]hiD#[り][の]無い[い]D[た]D#[み]hiF[か]
hiD#[ひ]hiD[ろ]hiF[あ][つ][め]hiC[な]D[が]D#[ら](転調後サビ)
hiC[き]C[だけ]hiD#[に 捧]hiF[げ]D#[る]
hiD#[き]hiD[み]hiF地[の][き][お]D#[く]D[だ]C[け]
hiC[つ]hiD[め]hiD#[た]hiF[い][せ][か]D#[い]D[きょ]うも

※音源からは地声裏声の判別が難しいのですが、ライブでの歌唱なども参考にしながらhiF辺りまでが地声であるとしました

【裏声最高音】hiG(G5) ※Cメロ、転調後サビ

★それぞれのせhiG[い]hiF[ぎ]hiD#[を]hiF[つ][む]D[ぐ](Cメロ)
hiC[た]hiD[た]hiD#[か]hiF[い]D[抜]hiG{そ]hiF[の]D#[さ]F[き]G[に]
★あhiC[た]hiD[た]hiD#[か]hiF[な]hiG[ゆ][う]きでD[照ら]C[した](ラストサビ)


【補足】hiA(一部のみ)hiD#の注意箇所

★光と闇にhiA[か]くされた この未知を進むだけ(Bメロ)
hiD#[ひ]hiD[か]りの hiD#[か]hiD[け]らを(転調後サビ)
hiC[きず][い]hiD#[た] このかA#[ら]D#[だ]

『Two souls -toward the truth-』(fripSide)









 まず、fripSide(フリップサイド)について少し説明します。fripSideは男女2人組の音楽ユニットです。メンバーチェンジなどを経て、ボーカルに声優としても活躍される南條愛乃さんを加えた現体制になった2009年に、2度目のメジャーデビューを果たします。ジャンルとしては、トランス、シンセポップなどに分類されます。作曲編曲についてはメンバーの八木沼悟志さんが担当しております。アニメなどの主題歌も多く担当しており、よく知っている人も多いかもしれません。『only my railgun』、『LEVEL5-judgelight-』などは非常に知名度が高いといえるかもしれません。
 
 さて、『Two souls -toward the truth-』についてです。この楽曲は、2015年にfripSideによりリリースされたシングル作品です。タイアップとして、テレビアニメ『終わりのセラフ 名古屋決戦編』のオープニングテーマ曲に起用されました。

 『Two souls -toward the truth-』はテレビアニメの主題歌ということもあり、疾走感のあるナンバーになっております。カラオケなどで歌唱しても非常に盛り上がるのではないかと思います。
 この楽曲の音域的な特徴についてです。まず、図にも示しますように、高音部分のキーが非常に高いです。地声最高音はhiFになっております。また、ラストのサビで転調が行われます。他にもCメロなどでも転調していますが、カラオケなどで歌唱する場合はラストのサビが転調することを頭に入れておくと良いと思います。地声や裏声の最高音はこのCメロとラストのサビで登場します。


 
 さて、『Two souls -toward the truth-』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiF(F5)、【裏声最高音】hiG(G5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiFについては、先にも述べましたように、Cメロやラストサビで登場します。転調前の通常のサビではhiEが最高音になります。CDなどの音源を聴くと、サビではボーカルが重ねられており、地声か裏声か判別し辛い箇所もあります。場合によっては、hiFの場面も裏声気味に歌唱しても良いと思います。ただ、それらを考慮してもhiD#辺りまでは安定的に歌いこなせる必要があると私は考えております。

 ちなみに、ライブの映像を拝見しましたが、ボーカルの南條愛乃さんは、CDよりもかなりクリアに発声されており、明瞭にhiE,hiFといった音階を歌いこなしております。高音域が得意な方は、チャレンジしてみても良いのではないでしょうか。
 
 一般的な女性の音域の場合、キー下げた方が歌いやすいのではないかと思います。目安としては5つキーを下げると地声最高音がhiC辺りに設定されます。ただ、あまり下げ過ぎると低音部が少しきつくなるかもしれません。また、サビ(とりわけ転調後のサビ)では声を抑え気味に歌唱してらっしゃるので、キーをhiCよりも少し高めに設定しても良いかもしれません。

 一方で、『Two souls -toward the truth-』は普段歌い慣れていない人は、キーを下げたとしても少し歌いにくいのではないかと思います。また、キーを下げる余地なども少ないですので、別の曲で歌い慣れた上で、この楽曲にチャレンジするのがよいと私は考えております。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー