J-POPの音域を調べる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

テイラー・スウィフト[TAYLOR_SWIFT]

『End Game (featuring Ed Sheeran and Future)』(テイラー・スウィフト)の音域

 こんにちは。今回はテイラー・スウィフト(TAYLOR SWIFT)さんの『End Game (featuring Ed Sheeran and Future)』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『End Game (featuring Ed Sheeran and Future)』(テイラー・スウィフト)


【地声最低音】mid1D(D3)  

★But I ain't tryna play yeah yeah yeah m1D[yeah](1:26辺り)

※1)歌詞のある部分ですが、表記が難しいですのでyeahで代用しています。カタカナ表記すると、「プレイエェエェエェエ[ェ]m1D」といった感じになります。

※2)フューチャーさんのラップやコーラスの部分でmid1C#が登場します。テイラーさん以外のパートも含めると、mid1C#が最低音になります。

★I got a bad boy persona, that's m1C#[what] they like(0:56辺り)
★I don’t wanna miss you (I don't wanna m1C#[miss] you) (1:12辺り)

【地声最高音】hiE(E5)  ※楽曲終盤

★I wanna be your end game (hiC[Oh, I] hiD[d-]hiE[-o])(3:54)

※男性パートではmid2G(エド・シーランパート)が最高音になります【後述】

【裏声最高音】hiE(E5) ※楽曲終盤

★I wanna be your first string (hiE[First] hiC[stri-]hiD[-ng])(3:57)




【補足】mid2FhiE辺りの箇所

★I m2F[wa-]-nna be your end game I wanna be your first string(0:03)
m2F[I] don't wanna touch you, I don't wanna m2G[be] (1:03)

★I wanna be your end game (hiC[End] hiD[game])(1:29)
★Drinking on a beach with you all over m2GhiA[me](2:33)
★I wanna be your first string (m2G[Wanna be] your m2F[fi-]-rst string)(2:45)
hiC[Hey], big reputation, m2G[big repu-]hiA[-ta-]G[-tion ye-][-ah]A(3:04)
★So here's the truth from my red lips(hiA[oh] hiB[oh] hiC[oh] hiD[oh] hiE[oh] )(3:37)

☆I wanna be your first string (m2F[Me] and you, first string)(3:44)
☆I wanna be your A-Team (m2G[Be your A]-Team now, A-Team)(3:47)

※☆の部分がフューチャーさんおよびエドさんの最高音部分になります。

『End Game (featuring Ed Sheeran and Future)』









 まず、『End Game(featuring Ed Sheeran and Future)』についてです。この楽曲は、2017年に米国人歌手のテイラー・スウィフトさんによりリリースされたアルバム『Reputation』に収録されているナンバーであり、シングルリリースもされております。
 アルバムのタイトル『Reputation』とありますが、この『End Game』にも【Big reputation, big reputation】というフレーズが登場します。アルバムでも重要な位置づけの曲であると言えます。

 『End Game』はタイトルにあるように、米国人ラッパーのフューチャー(Future)さんと英国人シンガーソングライターのエド・シーラン(Ed Sheeran)さんとのコラボレーションで制作された楽曲です。ジャンルとしてはR&Bであります。最近の米国の音楽の特徴でもありますが、ラップの要素が非常に強いナンバーでもあります。
 歌詞については、【I wanna be your end game, end game】とあるように、「私はあなたの最後の人でありたい」というニュアンスの楽曲であります。作家のオスカーワイルドの言葉ですが、「男は女の最初の恋人になりたがるが、女は男の最後の恋人になりたがる」とあります。まさに、そうしたニュアンスの作品といえるかもしれません(sumikaの『Lovers』でも同様のフレーズが登場しました)。

 



 さて、『End Game』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高く、広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEは楽曲の終盤で登場します。歌詞ではコーラス表記されているのですが、カラオケなどではしっかり歌った方がカッコよく聞こえると思います。地声最高音hiEですが、裏声で歌唱しても良いと思います。
 目安としてですが、【I wanna be your end game (hiC[End] hiD[game])】あたりがしっかり地声で歌唱できると形になりやすいのではないかと思います。『End Game』は一部を除くと、J-POPの楽曲と比べて低めの音域です。この【hiC[End] hiD[game]】の部分も頑張れば届きうるのではないかと思います。

 『End Game』は上述されているように、高めの音階というものは少ないです。バックのコーラスを除けば、大体hiAくらいまでで歌メロディーが作られています。高音域が苦手な方はバックのコーラスを除いて歌唱してみるのも良いと思います【※バックのコーラスは()部分で示されているところです】。

 『End Game』はご承知の通り、英語の楽曲です。しかもR&B、ラップの作品であるため、歌詞を覚えることも重要です。また、音程自体の上下よりも、音の強弱が非常に重要になります。同じ高さの音でも強弱が異なっていたりするので、歌手のイントネーションなどにもしっかり注意を払ってください。この強弱の部分がしっかりできていれば、コーラスの高音部分を歌唱しなくてもかなりカッコよく表現できると思います。

『Cruel Summer』(テイラー・スウィフト)の音域

こんにちは。今回はテイラー・スウィフトの『Cruel Summer』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Cruel Summer』(テイラー・スウィフト)、(Taylor Swift)


『Cruel Summer』(テイラー・スウィフト)











【地声最低音】mid1A(A3)  ※Bメロで登場

★'m always waiting for you to be waiting be-m1A[-low](Pre-Chorus)


【地声最高音】hiE(E5)  ※Cメロ(Bridge)で登場

①I hiE,hiD[ love you, ain't that the worst thing you ever heard?"]
②I hiE,hiD[ love you, ain't that the worst thing you ever heard?"]

※上の2つは全く同じフレーズでhiEとhiDが交互に登場します。①の方法で記載すると、分かりやすさは少ないですが、私自身の手間はほとんどかかりません。一方、②の方で記述すると分かりやすいですが、私自身は非常に手間がかかります(説明が詳しい分、ミスも起こりやすいです)。私のブログが今後どのように表記するか試行錯誤中なのですが、今回は2通りの方法で記述しておきます。

【裏声最高音】hiE(E5) ※Chorus(サビ)で登場

hiA[It's a] hiE[cru-]hiC#[-e-]hiB地[-l su-]-mm[-er]hiA


【補足】hiAhiC#辺りの注意箇所

★Devils roll the hiA[dice], angels roll their [eyes]hiA(Bメロ)

hiA[And it's] hiC#[ne-]hiB[-w], hiB[the shape of your bo-]hiA[-dy](サビ)
hiA[It's] hiC#裏[cool], hiB[that's what I tell]A[ 'em No] rules in breakable heaven

★And if I bleed, you'll be the last to kno-[-w]m2F#(2番)

hiC#[I] hiB[don't] C#[wan-]B[-na]C#[ keep se-]B[crets]C#[ just] B[to] C#[ke-]B[-e]hiA[p you And I] 
hiC#,hiBが交互に登場[He looks up, grinning like a devil](Cメロ)

☆の部分は2つともメロディー自体は似ており、hiC#とhiBが交互に登場します。しかし、上のように記載すると、英語のつづりが小間切れになってしまい、大変見にくいです。下は手間はかかりませんが、少し分かりにくいです。今後どのように表記するべきか、現在試行錯誤中です。





 まず、『Cruel Summer』についてです。この楽曲は、2019年にテイラー・スウィフトさんによりリリースされたアルバム『Lover』に収録されているナンバーです。シングルやリード曲などではありませんが、私個人としては非常に耳馴染みしやすい楽曲であると感じました。

 『Cruel Summer』はミディアムテンポのシンセポップです。米国ではストリーミングなどを意識し、楽曲の演奏時間が短い作品が増えております。そうしたこともあってか、この『Cruel Summer』も3分弱の密度の濃い作品に仕上がっております。以前取り上げた、『The Man』も含め、アルバム『Lover』は収録曲18曲中16曲が演奏時間が4分以内であり、5分以上演奏されている楽曲は1曲もありません。
 一方、『Cruel Summer』はサビ(Chorus)やCメロが日本人にも馴染みやすい形で作られています。その点は以前取り上げた『The Man』よりも分かりやすいと思います。個人的には宇多田ヒカルさんなどが好きな人はハマりやすいのではないかと思います。

 『Cruel Summer』の音域的な特徴についてです。上図のように、非常に音域が広いです。女性がmid1Aなどを歌唱するのはかなりしんどいと思います。ただ、テイラー・スウィフトさんも部分的に1オクターブ上のメロディーを重ねていますので、場合によってはBメロ(Pre-Chorus)の一部は1オクターブ上の部分を歌唱してもよいと思います。



 さて、『Cruel Summer』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A3)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されています。 一般的な女性の音域よりも高く、また音域が広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1AがBメロで登場します。ここは女性にとってはかなり低い箇所です。ただ、先にも述べましたように、1オクターブ上のコーラスが充てられていますので、そちらを歌唱してもよいです。その部分を除けば、最低音はmid1Eになります。

 地声最高音hiEはCメロで登場します。計2回登場します。この辺りは一般的な女性にとっては高い音階になります。場合によってはキーを下げることも視野に入れてもよいと思います(ただ、この楽曲は低音もかなりきついです)。一方で、メロディー自体はhiEとhiD辺りが交互に登場する比較的直点的な旋律ですので、やや荒っぽくなってもよいので、原キー頑張ってみるというのも一つの手だと思います(歌い慣れていることが前提です)。

 『Cruel Summer』は低音が低めなので、キーを下げる余地も多くはありません。その点でやや融通が利きにくい楽曲とも言えます。普段歌い慣れていない人の場合、歌いこなすのが非常に難しい作品です。そうした人の場合、別の曲で歌い慣れた上でチャンレジするのが吉だと思います。
 逆に普段から歌い慣れているカラオケなどが得意な方は、低音も高音も骨があり、楽しめる楽曲と言えます。
 

『The Man』(テイラー・スウィフト)の音域

 こんにちは。今回はテイラー・スウィフトさんの『The Man』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『The Man』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVではなく、音源が公開されております。よって、当ブログにおいても、アーティストの公式チャンネルの音源を添付いたします。


『The Man』(テイラー・スウィフト)、The Man(Taylor Swift)


【地声最低音】mid1F(F3)  ※サビ(Chorus)部分

★I'd be m1F[the man] I'd be the man


【地声最高音】hiA(A4)もしくは hiD(D5) 

★What's it like to brag about m2G[drinking and do-]hiA[-llars](Cメロ[Bridge])
☆Then I'd be the man (Then hiC[I'd be the] hiD[ma-]hiA[-n])(ラストサビのChorus部分)


☆のhiD部分は主旋律ではない部分です。余裕のある人はこちらを歌唱してもよいと思います。




【補足】mid2G(G4)hiC(C5)の注意箇所

★I’d be a fearless m2G[lea-]-der(Bメロ[Pre-verse])

m2G[I’m] so sick of running as fast as I can(サビ[Chorus])
★And it's all good m2G[if you're bad](Cメロ[Bridge])
☆Wondering if I'd get there quicker if I was a man (m2G[You] hiA[know] m2G[that])
☆And I'm so sick of them coming at me again (m2G[Coming] hiA[at] hiC[me again])

☆の部分は主旋律ではないパートです。

※下図のピンクの部分コーラスを含めた音域、鍵盤の着色が主旋律のみの音域
『The Man』(テイラー・スウィフト)











 まず、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)さんについて少し説明します。テイラー・スウィフトさんは2004年より活動されている米国人の女性シンガーソングライターです。ジャンルとしては、カントリー、シンセポップなどに分類されます。これまでに何度もグラミー賞を受賞しており、最優秀アルバム賞を史上最年少(20歳と49日)で受賞する等、若くから活躍されております。2019年現在、21世紀を代表する世界の女性シンガーソングライターの一人といってよいのではないかと思います。

 さて、『The Man』についてです。この楽曲は、2019年にテイラー・スウィフトさんによりリリースされたアルバム『Lover』に収録されているナンバーです。シングル曲としてリリースされた作品ではないのですが、人気の高い作品です。

 『The Man』はノリの良さと落ち着いた部分を持ったシンセポップです。日本のポップスと比較するとドラマティックなサビ等が見られませんが、全体としてポップです。また、近年の米国のポップシーンに象徴されるように、イントロが非常に短く(『The Man』は冒頭から歌メロ)、演奏時間も3分程度と短いです。
 歌詞については【Then I'd be the man(私が男性だったなら)】とあるように、性差別、男性社会などを皮肉ったものになっております。日本のポップスではこうした部分がフィーチャリングされることはあまり無いように思えます。米国のミュージックアワードでも、この『The Man』を歌唱しながら性差別撤廃を訴えるパフォーマンスが見られました。非常に面白いです。

 『The Man』の音域的な特徴についてです。この楽曲はコーラスの部分を除くと、主旋律の音域はやや狭く、低音寄りで歌メロディーが構成されています。図のピンクの部分がコーラスの音域、鍵盤の着色が主旋律の音域になります。高音域が苦手な方は主旋律のみを歌唱すると良いと思います(歌詞が英語ということもあり、その面での難しさはあります)。一方、高音域がある程度得意な方はラストサビではコーラス部分を歌唱してもよいのではないでしょうか。



 さて、『The Man』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)、【地声最高音】hiA(A4)もしくは hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。主旋律は一般的な女性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。
 
 まず、地声最高音がhiDhiAと2つの表記があります。地声最高音hiDについてはラストのサビのコーラスの部分で登場します。ある程度歌い慣れている人はこちらを歌唱してもよいと思います。hiD、hiCのフレーズは上述のように2回程度しか登場しません。一般的なJ-POPの女性ボーカルの曲よりはキーが低めだと言えます。

 一方、主旋律のみを歌唱する場合は、hiAが地声最高音になります。こちらはCメロで登場します。こちらも登場頻度は多くありません。普段歌い慣れていない人は、こちらを歌唱してもよいと思います。

 この『The Man』についてですが、キーの高さよりも英語の歌詞を覚え、リズムに合わせて歌唱することの方が日本人にとっては難易度が高いような気がします。まず、確実に歌詞を覚えておきたいところです。

 また、英語特有のイントネーションなどをしっかり理解したうえで原曲に忠実に発声した方が楽曲のニュアンスに近づけると思います。これは『The Man』のみならず、洋楽の多くの曲に言えると思います。興味がある方は、英語の発音記号などをチェックして、しっかり練習するのもよいと思います。