J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

aiko

『恋をしたのは』(aiko)の音域 / アニメ映画『映画 聲の形』主題歌

 こんにちは。今回はaikoさんの『恋をしたのは』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『恋をしたのは』(aiko)
『恋をしたのは』(aiko)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★だかm1F#[ら]すぐに逢えるm1F#[ね](Aメロ)


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※Cメロで2回登場

 hiA#[よ]るが明けるhiB[わ]hiC#[ぁ]B[ぁ]A#[ぁ](Cメロ)
★困るな... hiC#[Dar][ling]hiA# 


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※Bメロとサビ

hiA#[一]枚い[ち]hiC#裏[増]A#[え]hiB[る][い]ぃろの(Bメロ)
★伝えたhiA#[かっ]hiC#裏[こ]とは今も(サビ) 


【補足】mid2G#(一部)hiBの注意点

★そしてほhiB[し]hiA#[が]m2G#[降]る[か]ら お願G#[い](Aメロ)
hiA#[昔も]ずっとA#[同じま]まだm2G#[よ]ぉ(サビ)

hiA#[Ah Ah Ah] Ah hiA#[こ]m2G#[い][し]G#[た]のは(Cメロ)
★泣hiA#[い]m2G#[た]のはG#[な]ん度目A#[か]

※☆の部分と同じフレーズが冒頭で登場します。[Ah Ah]の部分は歌詞表記されていません


 まず、『恋をしたのは』についてです。この楽曲は、2016年に女性シンガーソングライターのaikoさんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『湿った夏の始まり』、およびシングルコレクションに収録されております。
 『恋をしたのは』は大今良時さんの同名漫画を原作としたアニメ映画『映画 聲の形』のために書き下ろされました。aikoさん自身は漫画をよく読むそうで、タイアップ以前より原作漫画のファンだったそうです。  
 私自身、以前より同曲を記事にしようと考えていたのですが、なかなかタイミングが取れずにいました。ちょうど、本日(2020/07/31)、テレビで同映画が放送されるとあり、今回取り上げることにしました。

 さて、『恋をしたのは』はストリングスなどが用いられたゆったりめのポップナンバーです。冒頭からCメロのフレーズが登場します。歌メロの音域は、一般的な女性の音域をいっぱいに使って歌唱されております。歌い慣れた女性であれば、手を付けやすいのではないかと思います。



 さて、『恋をしたのは』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な女性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#についてですが、2番終了直後のCメロで登場します。登場回数は少ないですが、楽曲の非常に盛り上がりの部分でもあります。この辺りは、一般的な女性の音域の範囲内ですが、歌い慣れていない人や声が低めの人などはキーを少し下げてもよいと思います。

 『恋をしたのは』は女性の声域をいっぱいに使って歌唱されております。よって、キーを下げる余地は少ないです。キーを下げるにしても1~2つ程度が良いのではないかと思います。キーを調整しても歌いにくい場合は、別の曲と並行して練習するとよいと思います。

 『恋をしたのは』は難易度が滅茶苦茶に高いわけではないですので、比較的手を付けやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『恋のスーパーボール』(aiko)の音域

 こんにちは。今回はaikoさんの『恋のスーパーボール』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『恋のスーパーボール』(aiko)、Koi no Super Ball
『恋のスーパーボール』(aiko)










【地声最低音】mid1E(E3)  

★眠る 眠る 眠る 眠って忘m1E[た]いの 昨日のこと(Aメロ)


【地声最高音】hiD(D5)  ※曲全体で1か所

★ふたhiA[りで]迷いたいのhiC#[今]hiB[夜を]hiC#[あ]hiD地[げ]C#[る]B[ぅ]

※ラストサビ前。

【裏声最高音】hiE(E5) ※各サビで1回ずつ

★はhiA[なれな]A[て]hiD[ま]hiE裏[っ]hiB[た]hiC#[ぁ]


【補足】hiAhiD辺りの注意点

hiA[日]焼け止めをきれA[い]hiB[に]A[あ]hiC#[ら]hiD[い]A[れ]ずに(Bメロ)
★夜中にうhiA[で]hiB[が]A[ぁ]hiC#[な]B[つの]C#[に]B[おい]

hiA[す]こし篭ったA[ね]つが更に あたしの気持ち(サビ)
★まぶhiA[たも]A[めも]A[み]A[し]hiB[た]A[も]



 まず、『恋のスーパーボール』についてです。この楽曲は、2011年に女性シンガーソングライターのaikoさんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『時のシルエット』やベストアルバムにも収録されております。同曲は、清涼飲料水のカルピスウォーターのCMソングとしてタイアップが付きました。

 『恋のスーパーボール』はミディアムテンポのダンサブルなポップナンバーです。イントロやBメロサビで登場するストリングスが非常に印象的です。歌メロはAメロBメロサビといった形で作られておりますが、サビよりもBメロの方が地声キーが高いのではないかと思います。
 同曲は、歌詞の中に「スーパーボール」は登場しません。ただ歌詞内容を考えると、夜の交わりの比喩なのではないかと私は解釈しています。そうした歌詞が、aikoさんの表現やポップなアレンジで巧みに融合されております。

 『恋のスーパーボール』の音域的な特徴についてです。音域は広めであり、キーの調整は行いにくいです。その点で、歌い慣れていない人にはハードルになる部分もあります。
 ただ、同曲は図で示すほど高音部分が高くありません。難しい部分もありますが、歌い慣れた人であれば、とっつきやすいのではないかと思います。



 さて、『恋のスーパーボール』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりやや高いです。以下、見ていいきます。

 まず、地声最高音hiDはラストのサビ直前で1回だけ登場します。この場面は、やや裏声気味にも聞こえます。場合によっては裏声で表現しても良いと思います。私なりのイメージですが、hiC#辺りも裏声でも良いのではないかと考えております。キーが高いと感じられた方は少し下げても良いと思います。 
 同曲は、図では最高音hiDになっています。サビは地声hiA,hiBが中心であり、見た目ほど高くないです。その点で、取っつきやすい部分があるのではないかと考えております。


 『恋のスーパーボール』は音域が広めであり、キー調整の融通は利きにくいです。歌い慣れた人などが少し調整することは可能だと思います。逆に歌い慣れていない人はスムーズにいかない部分が出てくるかもしれません。キーを調整しても難しいと感じられる場合は、別の曲と並行して練習すると良いと思います。
 私なりのイメージですが、ある程度高音域が安定して出て、歌が得意な方ならば手を付けやすいのではないかと思います
 

『桜の時』(aiko)の音域

 こんにちは。今回はaikoさんの『桜の時』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は桜の季節ということもあり、自選曲です。


『桜の時』(aiko)、Sakura no Toki


【地声最低音】mid1G(G3)  

m1G[す]べて報われた気がm2G#[す]hiA[る]hiB[よ][ぉ](Aメロ)


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビで多く登場します

★降っm2G#[て]hiC#[く]hiB[る]G#[あ]めがめいG#[わ]くで

★優しm2G#[くつないで まっす]hiC#[ぐ]hiB[ま]G#[え]を見て(サビ)
m2G#[どんな困難だ]hiB[ぁ]hiC#[ぁっ]
★たいした事ナイって 言hiC#[え]hiB[る]m2G#[よう]


【裏声最高音】hiE(E5) ※各サビで登場

★しm2G#[あ][せ][キ][を す]hiB[る]hiC#[の]hiE裏[が]



【補足】mid2G#hiB辺りの注意箇所

★ 間違いじゃないとは言いm2G[切]れない(Aメロ)
★ あm2G#[り]hiA[がと]G#[う]
★はm2G#[る][来][とこ][川]hiA[辺]G#[は]桜が(Bメロ)
★あなたは言う あたしはうm2G#[な]hiA[ず]hiB[く]

m2G#[み][て][つ][い][ぇ](サビ)

『桜の時』(aiko)









 まず、『桜の時』についてです。この楽曲は、2000年にシンガーソングライターのaikoさんによりリリースされたシングル作品です。ちょうど20年前の楽曲です。アルバム『桜の木の下』や、ベストアルバムにも収録されております。カルピスウォーターのCM曲としてのタイアップが付きました。

 さて、『桜の時』はミディアムテンポのポップなナンバーです。「桜」をテーマにしていますが、「別れ・旅立ち」といったテーマではなく、「あなたと巡っていく季節」として桜が描かれています。桜についてはこういう描かれ方も多いような気がします。
 歌メロについては、AメロBメロサビという形に近いのですが、Aメロ(タイプ2)のようなものが挿入されており、少し趣向を凝らしているように感じます。私自身知識がつたないため、上手く言語化できないのですが、ポップな楽曲でありながら、全体として音程を取り辛いのではないかとも感じました。




 さて、『桜の時』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。大よそ一般的な女性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#ですが、サビを中心に登場します。この辺りの音階は女性の音域の範囲内ですが、登場回数が多いため、歌い慣れた人でもしんどいのではないかと思います。場合によっては、キーを下げることも考えてみてください。

 上述していますが、『桜の時』ではmid2G#という音階が多く登場します。mid2G#は女性の音域で言えば決して高いキーではありませんが、この辺りをしっかりに歌いこなせると、歌唱が安定してきます。このmid2G#辺りに注目して歌いこなせているかどうかを確認してみても良いと思います。

 『桜の時』は音域的にはやや広めで、キーを下げる余地は少ないです。地声最高音はそこまで高くないですので、歌い慣れていない人向けにもある程度のキー調整は可能であります。

 『桜の時』はポップな楽曲であり、カラオケなどでも歌いやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『青空』(aiko)の音域

 こんにちは。今回はaikoさんの『青空』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。今回は高音部分の地声裏声の区別が微妙です(最高音については大丈夫です)。その辺りについて後々修正が入るかもしれません。その点はご了承ください。


『青空』(aiko)、Aozora


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★あぁ知ってm1G[し]m1F#[まっ]たんだ(冒頭)

【地声最高音】hiC(C5)  ※サビおよびCメロ

★いm2G[ま思い]hiA#[か]hiC[え][すと]ぉ(サビ)
★ゆm2G[がんだ]hiA#[あ]hiC[お][い]

m2G[か]hiA#[みの]hiC[毛]A#[と][か][ごい] [気]にしていA#[た]G[に] 


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※サビおよびラストサビ

m2G[馬鹿み]hiD#裏[た]hiD[い][な](サビ) 
m2G{馬鹿み]hiD#裏[た]hiD[い]hiC[だな]A#[ぁ](ラストサビ)
★ほhiD#裏[ん]hiD[と]hiC[う]hiA#[は]涙で

※地声にも聞こえるのですが、今のところ裏声としておきます


【補足】mid2G(一部のみ)~hiBの注意箇所

★触れてはいけない手を かhiA[さねてはいけ]ない唇を(冒頭)
★脱いでしhiA#[まい]m2G[たいほ]どくG[るしくてか]A#[しい](Aメロ)
★自分に戻m2G#[れ]hiA#[る]わけが
m2G[だ]hiA#[け]hiB[ど]G[無]G[に] G[出来]ないよ(Bメロ)
★ずっとm2G#[そ]hiA#[む]けてた

★ちょっとくm2G[ちびるに]力入れて(サビ)
★にでm2G[も] G[うな]m2G#[ず]hiA#[い]G[てっ]
m2G[な]hiA#[ん]G[だよ]あんなに好A#[き]だったのに(Cメロ)

『青空』(aiko)









 まず、『青空』についてです。この楽曲は、2020年にシンガーソングライターのaikoさんによりリリースされたシングル作品です。タイアップなどは確認されませんが、現在aikoさんの一番新しいシングル作品です。
 余談ですが、aikoさんは最近、Spotifyなどサブスクリプションでの音源が解禁され、またYouTubeでもこれまで制作されたMVがフル効されました。今後、多く取り上げていけたらと考えております。

 さて、『青空』はaikoさんらしいポップな作品です。サウンドとしては、シティポップ風のアレンジになっています。私はどことなくチャイナチックなものも感じました。作詞作曲はaikoさんによりなされていますが、編曲はTomi Yo(トオミヨウ)さんによりなされています。Tomi Yoさんはこれまで多くのアーティストの編曲に携わっており、菅田将暉さんの『まちがいさがし』編曲でも知られています。
 
 『青空』の音域的な特徴についてです。大よそ女性の音域の範囲内でありますが、サビでやや高めの音階が連続する部分があり、苦しいと感じられる場面もあるかもしれません。地声最低音はmid1F#ですが、冒頭で1回のみの登場であり、その他の場面ではmid2A#辺りが最低音になります。




 さて、『青空』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内であるといえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1F#についてです。これは冒頭で1回登場します。冒頭のメロディーは最初だけの登場になります。この場面を除くと、mid2A#辺りが最低音になります。

 地声最高音hiCについてですが、サビやCメロで登場します。この辺りは一般的な女性の音域の範囲内であります。原曲キーで歌える人も多くいるのではないでしょうか。一方で、hiC辺りが苦しい人もいるかもしれません。そうした人の場合は、キーを少し下げても良いと思います。また、普段歌い慣れていない人は、このhiCやhiB辺りが1つのボーダーラインになりやすいです。

 裏声最高音のhiD#についてですが、ここは地声のようにも聞こえて判別に苦労しました。後々修正が入るかもしれませんが、カラオケなどで歌唱する場合は、裏声気味に歌っても大丈夫です。ただ、原曲のニュアンスを考えると、息漏れの多い裏声よりも、息漏れが少ない地声に近い裏声の方が良いと思います。

 『青空』は音域的には一般的な女性の声域を一杯一杯使うような形の歌メロになっています。ただ、先にも述べましたが、mid1F#は冒頭の1回のみですので、キーを下げる余地は少しはあるのではないかと思います。



『カブトムシ』(aiko)の音域と感想【MVフル公開】

(2019/06/09)初投稿
(2020/02/29)MVがフル公開されましたので添付しました。aikoさんは取り上げたい楽曲が多くありますので今後、投稿が増やしていきたいです。

 こんにちは。今回はaikoさんの『カブトムシ』(1999)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 aikoさんについては、当ブログでは以前に『飛行機』をとりあげました。興味を持たれた方はそちらもどうぞ。


『カブトムシ』(aiko)、Kabutomushi


【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★そう言[わ]れてもあたしは弱い(Aメロ)
★さ[そ]われたあたしはhiC[か]hiA#[ぶと]むし(サビ)


【地声最高音】hiC(C5)  

★ 指先は凍hiC[え]hiA#[る]程冷たい(Aメロ)
★さ[そ]われたあたしはhiC[か][ぶと]むし(サビ)
hiC[あ]まいに[お]いに


【裏声最高音】hiF(F5) 

hiC[しょ]hiA[う][が]hiF裏[い]hiA#[わ][れ]hiD#裏[る][こと]はないでしょう(サビ)


【補足】

★少し背の高hiA#[い あな]hiB[たの耳]に寄せたおでこ


『カブトムシ』(aiko)










 まず、『カブトムシ』についてです。この楽曲は1999年にシンガーソングライターのaikoさんによりリリースしたシングル作品です。長いキャリアの中で数多くの名曲を生んできたaikoさんですが、『カブトムシ』は代表的な楽曲の一つとして列挙されることが多いと思います。編曲はaikoさんの作品を多く担当されている島田昌典さんにより行われています。
 2017年に、午後の紅茶のCM曲として、女優の上白石萌歌さんがこの楽曲をカバーし、話題にもなりました。

 aikoさんの作曲は半音を多く使用した(半音の上下をともなう)メロディーラインが特徴の一つだと言われています。この『カブトムシ』でもそうした特徴が非常に表れています。サビの箇所でいえば、「少し背の高hiA#[い あな]hiB[たの耳]に」のhiA#,hiBの箇所です。具体的には表記していませんが、「少し背の高」の部分もmid2G,mid2G#です。また、aikoさんは音楽理論的にはあまり見られないような型にはまらないメロディーやコード進行を行っていると言われます。その点についても言及したいのですが、私自身の知識が著しく不足しておりますので割愛します。そうしたことを私自身も具体的に言葉に出来るようになりたいものです。

 歌詞についてですが、ラブソングです。「相手に惹かれてゆく自分自身」をカブトムシであると喩えています。こういう場合は「蝶々」などが定番な比喩ですが、ここで「カブトムシ」を持ってくる辺りがaikoさんの独特さなのだと思います。また、カブトムシの「硬い殻を持った外骨格」という特徴から、「弱い自分を隠しながら強く振る舞う自分自身」という意図もあるようです。こうした比喩も非常に特徴的で、面白いです。





 さて、『カブトムシ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3) ~【地声最高音】hiC(C5) 、【裏声最高音】hiF(F5)でメロディーが構成されております。地声の関しては大よそ一般的な女性の音域の範囲内であると言えます。

 とはいえ、地声の最高音hiCについては、Aメロでも登場し、またサビでは頻出します。hiCは一般的な女性の音域の範囲内ですが、声があまり高くない女性or普段歌い慣れていない女性の場合は、少し辛い部分があるのではないかと思います。キーを原曲から1~2下げるということも選択肢として考えてよいと思います。
 一方、高音域が得意で、ある程度歌い慣れた方であれば非常に楽しめる楽曲なのではないかと思います。

 先にも述べましたが、aikoさんの楽曲は半音の上下が頻出します。人によってはある程度聴き慣れていないとメロディーが歌いづらいかもしれません。しっかりメロディーを聴いて、覚えておくということも重要だと思います。
 盛り上がる類の曲調ではないですが、非常に人気の高い楽曲ですので、カラオケなどでも歌いやすいと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー