J-POPの音域を調べる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

andymori

『誰にも見つけられない星になれたら』(andymori)の音域

こんにちは。今回はandymoriの『誰にも見つけられない星になれたら』(2009)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、のだなのださんのベースカバーの動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカルの表現がフル尺で確認できます。


『誰にも見つけられない星になれたら』(andymori)、Dare nimo Mitsukerarenai Hoshi ni Naretara

『誰にも見つけられない星になれたら』(andymori)










【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※Aメロ

m1D#[だ]れにもわからm2D#[な]いようなsweet s-[po]t

※ここを除くと、mid1Fが多く登場します


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

★だm2G#[れにも]m2G[つけら]G#[れ]m2F[ない]
★ほm2F[しにな]m2G#[れ]F[た]

※サビ部分でこのフレーズが繰り返されます


【補足】mid2D#mid2F辺りの注意箇所

m2F[こ]m2D#{の]夜に in the night




 まず、『誰にも見つけられない星になれたら』についてです。この楽曲は、2009年に3人組ロックバンドandymoriによりリリースされたアルバム『andymori』に収録されております。
 andymoriの代表的な作品として、この曲が挙げられることは少ないです。ただ、疾走感あふれるナンバーが多いアルバムの中で、ゆったり目の曲として私自身は非常に耳に残りました。andymoriのアップテンポのナンバーは歌メロも非常に早回しで歌いづらいですが、この作品はテンポ的にもメロディー的にも歌いやすいと感じたので、取り上げることにしました。
 
 『誰にも見つけられない星になれたら』はミディアムのバンドナンバーです。演奏時間が3分程度と、非常に短いです。歌メロについては、難しい構造やテンポも少なく、覚えやすいのではないかと思います。一応AメロBメロサビといった形はありますが、どちらかといえば、洋楽などのverse-chorusのような形に近いと思います。

 同曲の音域的な特徴についてです。図にも示すように一般的な男性の音域といえますが、サビでmid2F~mid2G#あたりの中高音が連続的に登場しますので、原曲キーだとその点が意外としんどいと思います。キーの調整は比較的行いやすいです。 



 『誰にも見つけられない星になれたら』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な男性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はサビで登場します。この楽曲ではサビで【だm2G#[れにも]m2G[つけら]G#[れ]m2F[ない]m2F[しにな]m2G#[れ]F[た]ら】というフレーズが繰り返され、mid2F~mid2G#辺りの高めの音階が連続的に登場します。
 mid2G#は一般的な男性の音域のボーダーに当たるような音階です。場合によってはキーを少し下げても良いです。目安として、原曲キーから1~2程度下げてみると、より歌いやすくなると思います。

 『誰にも見つけられない星になれたら』は音域自体は、そこまで広いものではありません。よって、キーの調整も比較的行いやすいです。キーを下げ過ぎると低音部分が少し歌いにくくなるかもしれませんが、歌い慣れた人であれば、そこまで苦労は無いと思います。「キーの調整は可能だが、歌い慣れていない人は少し歌いにくいかもしれない」といったところです。

 『誰にも見つけられない星になれたら』は知名度は決し高い作品では無いですが、ポップで口ずさみやすく、どこか儚さも感じさせます。個人的には非常に好きな作品ですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

『16』(andymori)の音域と感想【加筆】

(2019/02/11)初投稿
(2019/11/27)mid2E,mid2F#などの音域を詳細に記載しました。解説部分も加筆しております。


『16』andymori 16(andymori)



【地声最低音】mid1E(E3)  

★16(m2C#[じゅう]m2D[ろ]C#[く])のリズムで空を行[く] 


【地声最高音】 hiA(A4) ※計3か所登場します。

★ 歌いm2E[続]m2F#[け]hiA[て]F#[か]E[ら]幾年が過ぎ




【補足】その他の注意箇所(サビ冒頭)

★なm2E[んでも]m2F#[な]い日を繰り返し
『16』andymori










 こんにちは。今回はandymori(アンディ モリ)の楽曲『16』(2010)を取り上げます。よろしくお願いします。これまでブログで取り上げてきた楽曲の中では最も古い作品になると思います(カバー曲を除く)。

 まず、andymoriとは2007~2014年まで活動していた3人組の日本のインディー・ロックバンドです。現在、メンバー3人はAL(アル)というバンドで活動しています。
 andymoriは一般的に知名度の高いバンドではありませんが、2000年代末から2010年代前半において、非常に大きな影響を与えたバンドの一つと言えると思います。著名なファンとしてはあいみょんさんや菅田将暉さんなどが挙げられます。

 音楽的な特徴は様々あると思いますが、個人的には、ボーカルの早口な言い回し、荒々しいドラムとベースが印象的でした。また、ボーカルで作詞作曲を行う小山田壮平さんの独特な歌詞も魅力的です。一方で、楽曲全体の構成は非常にシンプルであり、尺の短い楽曲が多いように感じます。

 ここでは2009年のファーストアルバム『andymori』に収録されている『FOLLOW ME』という楽曲を紹介しておきます。




 さて、今回紹介する『16』はアルバム『ファンファーレと熱狂』(2010)に収録された楽曲でありますが、非常に人気の高い作品です。MVは無く、youtubeの公式サイトではライブでの演奏のみが配信されています。楽曲的な特徴としてはボーカルの奏でるアコースティックギターを中心とした郷愁溢れるフォークなサウンドになっています。歌メロディーもAメロとBメロのみという非常にシンプルな構成で、尺の短い曲です。


 


 シンプルなアレンジであるが故に、この楽曲の大きな特徴はメロディーや歌詞に集約されると思います。歌詞の内容は「空虚な思春期(16歳)」といった感じでしょう。美しいとされる思春期ですが、誰しもキラキラに輝く10代を送れるわけではありません。夢も見つけられず(あるいは失ってしまい)、「どこにも行けない」虚ろな日々を過ごしている若者の姿が描写されます。

 『16』の歌詞の好きなところは多いのです。一部のフレーズだけを取り出すならば

★約束ばかりが増えていく 空っぽの空の向こうに
★変われない明日を許しながら なんとなく嘘をつくのさ
★昔の誰かに電話して 貰った花をまた枯らしながら

といった箇所が非常に頷(うなず)かされます。
 「美しくなれない若人の姿」をボーカルの小山田さんは優しく包み込んでくれています。そうした点が今でも多くの共感を呼ぶのではないでしょうか。
 ちなみに、「どこにも行けない」というフレーズを聞くと米津玄師さんが有名ですが、このandymoriも「どこにも行けない」というフレーズがたびたび出てきます。米津さんとandymoriに共通する、そうした若者の切り取り方は非常に面白いと思います。

__________

 さて、『16』の音域ですが、地声最低音 mid1E(E3) ~地声最高音hiA(A4)で、歌メロディーが構成されております。比較的狭い音域でありますが、メロディーの上下が激しいですので、思った以上にしんどいです。また、最高音hiAはAメロの序盤でいきなり登場します。全体として丁寧に歌いこなす必要があると思います。

 hiAは一般的にはやや高い音階です。カラオケなどで歌う際、高音域が苦手、もしくは歌い慣れていない男性の場合1つか2つキーを下げる(♭1~♭2)とよいでしょう。楽曲がアコースティックギター中心のアレンジで、メロディーも落ち着いていますので、キーを下げても上手くメロディーが歌いこなせていれば雰囲気よく表現できると思います。

 ちなみに女性シンガーソングライターのあいみょんさんはインスタライブで、この『16』を原曲キーから2つ下げて、弾き語りをしています。あいみょんさんらしく渋いアレンジになっています。
 『16』のキーを2つ下げて(♭2)で弾き語ることの利点は、実は他にもあります。それはコード進行がかなりシンプルになるということです。初心者が弾き語りの練習をするのに、キーを2つ下げた『16』(-2)はもってこいだと思います。

 ちなみにカラオケで女性が歌う場合は原キーか、1~2つキーを上げると良いと思います。低音域が得意な方はあいみょんさんのキー(原曲から2つ下げる)で弾き語りをしてもよいと思います。


『1984』(andymori)の音域と感想

 こんにちは。今回はandymoriの『1984』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『1984』(andymori)

『1984』(andymori)










【地声最低音】mid1E(E3)  

★椅子取りゲームへm1E[の 手]続きはまるで 永遠のようなんだ


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※転調後サビのみ

mid2G#[ファンファー]mid2F#[レ][熱]G#[狂](転調後サビ)
★赤いm2G#{太][陽] [5][時][サイ]レン


【裏声最高音】hiB(B4) ※通常のサビですべて裏声

hiB裏[ファンファー]hiA裏[レ]mid2G[と][熱][狂](通常のサビ)
★赤いhiB[太]A[陽] [5][時]G[の][サイ]G[レン]


【補足】mid2Gの箇所

mid2G[1984](ナインティーエイティーフォー) 花に囲まれて生まれた(2番Aメロのみ)

Aメロでは基本的にmid2Eが中心となります




 まず、『1984』(いちきゅうはちよん)についてです。この楽曲は、2010年にandymoriによりリリースされたアルバム『ファンファーレと熱狂』の収録曲です。ちなみにアルバムタイトルの『ファンファーレと熱狂』というフレーズは、楽曲『1984』の中に登場します。よって、この『1984』はアルバムのリード曲、表題曲といっても良いかもしれません。つまり、アルバムの中で重要な位置づけにあり、ファンにも人気の高い楽曲の一つだと思います。
 ちなみに『1984』を収録したアルバム『ファンファーレと熱狂』は2011年に発表された第3回CDショップ大賞において最高賞を受賞するなど、非常に評価の高いアルバムになっております。

 『1984』のサウンドについてです。andymoriはギターボーカル、ベースギター、ドラムで構成される3人組バンドです。楽曲においてはそうした3人組ならではのサウンド作りの印象が強いです。編曲も『1984』含めandymori自身が行っております。
 一方で、この『1984』はイントロの象徴的なフレーズをバンド以外のトランペットが担当しております。サビの歌メロと同じフレーズです。このトランペットが楽曲の持つ黄昏感を非常に上手く表現しています。その他、アコースティックギター、エレキギターなども夕焼け感を上手く表現していますが、ここでトランペットを導入できた意味は非常に大きいと思います。
 メロディーについては、郷愁を誘うような切なさを感じます。メロディーの構成としてはAメロ、サビの繰り返しという単純なものです。しかし、最後のサビの直前で転調が行われ、キーが4つ下がります。最後の部分でキーが下がる楽曲というのは珍しいですが、歌メロに関しては裏声から地声に変わります。こうした工夫で聴き手にインパクトを与えています。

 歌詞については、具体的で直接的なメッセージが語られているわけではないため、様々な解釈が出来ると思います。私自身がandymoriと年齢が近いこともあるため、一層共感できるのかもしれませんが、
この『1984』は「あらゆる意味での『黄昏感』」が表現されていると思います。
 『黄昏』には「盛りを過ぎ、勢いが衰えるころ」といった比喩があります。「(まだ遊びたいのに)家に帰らなければいけない夕焼けを見たときの切なさ」といった歌詞解釈もできますが、「自分の人生」に対する諦観なども挙げられると思います。
 また、歌詞に「親達が追いかけたロックスター か弱い僕らもそのあとに続いた」と言った要旨のフレーズがあります。これは、「ロック」という音楽が勢いを失っていく様を描いているのではないかとも思います。
 私自身は「親世代が営んできたライフスタイル、これまで営まれてきた既存のスタイルが自分達の世代では難しくなっている」という意味もあると解釈しています。サビで繰り返される「5時のサイレン 6時の一番星」というのは『黄昏』を強く表現していると思います。そうした意味で、非常によく出来た歌詞だと思います。
 ちなみにアルバムタイトルでもある『ファンファーレと熱狂』は私自身は、「黄昏時」との対比としての「昼間」、「勢いがあったころ」、「(勢いがあった頃の)ロックミュージックの熱狂感」、「上の世代が行ってきたライフスタイル」といった意味で解釈しています。大雑把に要約するならば、『今(黄昏時)となっては手に届かなくなったもの』とも言えるかもしれません。



 
 さて、『1984』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】mid2G#(G#4) 、【裏声最高音】hiB(B4)でメロディーが構成されております。地声については、大よそ一般的な男性の音域の範囲内であると思います。

 まず、地声最高音のmid2G#についてですが、最後のサビでのみ登場します。mid2G#ある程度歌い慣れた人であれば届きやすい音階です。普段歌い慣れていない人は、練習を重ねることで克服してください。
 ただ、『1984』自体は、ラストのサビでしかmid2G#は登場しません。また、mid2G、mid2Fといった音階も楽曲全体でごく一部に登場するのみです。よって、『1984』はmid2G,mid2Fといった音階を練習したい人にとっては、あまり向かない曲といえるかもしれません。その点は留意しておいてください。
  ただ、この『1984』はAメロでは基本的にはmid2Eまでの音階が頻出します。そうしたmid2E以下の音域を練習したい場合は、『1984』のAメロが使えると思います。
 
 また、この楽曲は通常のサビで裏声が多く使われます。よって、裏声の練習には向いている楽曲といえると思います。

 やや暗めの曲でありますので、カラオケ等では向いてないかもしれませんが、非常に良い楽曲です。
管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索