J-POPの音域を調べる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

YOASOBI

『ハルジオン』(YOASOBI)の音域

 こんにちは。今回はYOASOBIの『ハルジオン』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲ですが、私自身もリストアップしていた曲です。


『ハルジオン』(YOASOBI)、Harujion

『ハルジオン』(YOASOBI)










【地声最低音】mid1G(G3)  

★過ぎてゆく時間の中 あなたを思m1G[い]出す(Aメロ)
★ただ過ぎる日々にm1G[呑]み込まれた[の](Bメロ)


【地声最高音】hiE(E5)  ※転調サビ(+1)

★あhiE地[の]hiD#[日]hiB[の][な]hiC#[たの] (転調サビ)
★うhiB[つ]hiC#[く]hiE[し]hiD#[い]B[と][きと]
hiB[失]くしたはhiC#[ず]hiC[の]C#[み]D#[ら]hiE地[を]D#[つ]B[ない]C#[でいく][ぅ]

※ラストのサビで転調。通常サビは最高音がhiD#


【裏声最高音】hiE(E5) ※転調サビで登場

★これからhiC#[も]hiC[あ]C#[な]hiD#[た][い]hiE裏[な]D#[く]hiB[て]


【補足】hiA#hiC#辺りの注意箇所

★物憂げに眺めhiA#[る]画面に[う]つったA#[ふ]たり(Aメロ) 
★「現実は」って見hiA#[ない]フリをしていた(2番Aメロ)

★二人でhiC#[過]hiB[ご]したあの景色が(転調サビ)
hiB[あ]の日の二人に手をB[振]れば 確かに動き出しhiB[た] 未来へ


 まず、『ハルジオン』についてです。この楽曲は、2020年に2人組音楽ユニットYOASOBIによりリリースされました。YOASOBIは小説を原作に曲を作り上げる独特のスタイルでありますが、本作は橋爪駿輝さんの短編小説『それでも、ハッピーエンド』を元に楽曲を書き上げております。

 『ハルジオン』はエレクトロなニュアンスを持ったダンサブルなバンドナンバーです。『夜に駆ける』ではエレキギターのストロークが登場しましたが、『ハルジオン』はアコースティックギターのストロークになっております。ボーカルのikuraさんはアコギの弾き語り配信など行っておりますので、実際にライブなどでどのように演奏されるかが気になるところです。ちなみに、タイトルの『ハルジオン』は「追想の愛」といった花言葉があり、この辺りは歌詞とリンクしているように私には感じます。

 『ハルジオン』の歌メロについてです。同曲はAメロBメロサビといった馴染みやすい展開がなされますが、AメロBメロ辺りはそこまでキーが高くありません。サビに入ると一気に高音域が登場するるタイプの楽曲です。
 同曲は、ラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。この時、最高音がhiE(転調前はhiD#)となり、一般的な女性の声域より高くなります。低音部分に少し余裕があり、キーの調整は可能です。ただ、音域自体が広めであり、歌い慣れた向けの作品といえます。ただ、音域的には、人気曲『夜に駆ける』(最高音hiF)よりも手を付けやすいかもしれません。




 最後に、『ハルジオン』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEはラストのサビで登場します。先にも述べましたが、同曲はラストのサビで転調が行われますので、通常のサビでは最高音がhiD#になります。この辺りは一般的な女性の音域よりも高いですので、キーを下げることも選択肢に入れておいて良いと思います。また、裏声が器用に扱える人は、hiE,hiD#などの部分で裏声を駆使しても良いかもしれません。

 『ハルジオン』は音域自体が広めの作品であります。キーの調整は可能ですが、歌い慣れていない人向けにキーの調整を行うのは難しいです。別の楽曲などと並行しながら練習するのが良いと思います。例えば、当ブログでも多く取り上げいるヨルシカ辺りの作品は練習曲としては扱いやすいです。

『あの夢をなぞって』(YOASOBI)の音域

こんにちは。今回はYOASOBIの『あの夢をなぞって』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。YOASOBIについては、以前『夜に駆ける』を取り上げて以来、2回目となります。


『あの夢をなぞって』(YOASOBI)、Ano Yume wo Nazotte

『あの夢をなぞって』(YOASOBI)










【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※曲全体で1回だけ

★思わず目を逸らしてしまっm1D#[た]のは

※落としても違和感はほぼ無いです。ここ以外ではmid1Fが最低音


【地声最高音】hiE(E5)  ※転調(+1)サビで登場

★たhiC#[ど]hiB[り]C#[着]hiD[い]hiE[た]C#[み]B[ら]いで
★あの日見たhiB[ゆ]hiC#[め]B[の]C#[さ]hiD[き]hiE[へ]

※3回登場します

【補足】mid2G#(一部略)hiD辺りの

m2G#[どう]やったって わhiA#[す]れられないき[み]hiA[の](Bメロ)
★ことG#[ば] 今も]ずっ[と][い]G#[る]hiC[か]hiA#[ら]

★夏の空に未来m2G#[と]hiC[い]hiA#[ま](Cメロ) 
hiA#[繋]hiC[が]A#[る]G#[様]に開くはA#[な]hiA[び]
★あG#[の]A#[ゆ]hiC[め]G#[な]C[ぞ]A#[る]

hiC#[Ah] hiA[よ]hiD[る]C#[の]hiB[な]C#[かで] (転調サビ)
★大hiC#[丈夫]hiD[お]C#[もい]hiB[は]hiA[きっ]と 大hiB[丈夫]A[わる]
hiB[ほら]hiA[さ]B[い]C#[ご]B{の]A[は]なびが
★いA[ま] hiD[ふ]hiC#[た]hiA[りをつ]B[つ]A[む]




 まず、『あの夢をなぞって』についてです。この楽曲は、2020年に音楽ユニットYOASOBIによりリリースされたシングル作品です。配信限定作品です。この楽曲は、いしき蒼太さんの小説『夢の雫と星の花』をモチーフに書かれた楽曲です。

 『あの夢をなぞって』はピアノを基調とした疾走感のあるポップナンバーです。以前レビューした『夜に駆ける』と比べて、エバーグリーンかつ爽やかな作品です。10代の恋愛を思わせるような歌詞内容も非常に甘酸っぱくて良いです。私自身は、少し前にレビューしたsupercellの『君の知らない物語』などが想起させられました。アニメの主題歌などに起用されても違和感が無いように感じます。

 『あの夢をなぞって』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、音域が広めであり、キーの調整などは行いにくいです。また、サビのキーも高めであります。ラストのサビでは転調し、キーが1つ上がります。ある程度歌が得意な人向けの作品なのではないかと思います。




 さて、『あの夢をなぞって』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域と比べて高く、そして広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#についてです。この辺りは女性ボーカルの曲としてはかなり低いです。ただ、曲全体で1回だけで、mid1Fなどに置き換わっても違和感は少ないです(カラオケの機種によってもmid1Fで判定しているものもあるようです)。あまり気にしなくてよいと思います

 一方、地声最高音hiEについては、ラストのサビで3回登場します。同曲はラストのサビで転調するので、通常のサビではhiD#が最高音になります。この辺りの音階は一般的な女性の音域よりも高いです。キーを下げることも選択肢として考えてください。ただ、同曲は音域が広めですので、キーを下げる余地は少ないです。

 『あの夢をなぞって』は音域が広めであり、低音にも高音にも余地が少ないです。よって、キーの調整などは行いにくい作品といえます。歌い慣れた人が、少し調整するといった形でのキー調整が自然なのではないかと思います。
 よって、普段歌い慣れていない人にはあまり向かない作品といえます。練習曲などにも使いづらいと私は考えております。難易度としては滅茶苦茶に高いわけではないですので、別の曲で歌い慣れた上で、この楽曲にチャレンジした方が良いと思います。

 『あの夢をなぞって』は難しめの作品ですが、爽やかで疾走感もあり、若い人を中心にカラオケなどでも歌いやすいのではないかと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。多くの人に届きうる普遍性のある作品だと思います。

『夜に駆ける』(YOASOBI)の音域

(2020/03/27)初投稿
(2020/03/28)一部加筆しました

 こんにちは。今回はYOASOBIの『夜に駆ける』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 ※余談ですが、ロックバンドのスピッツの作品に『夜駆ける』というものがございます。こちらは2002年のアルバム曲ですが、アニメの挿入歌でも使用されたこともある人気曲です。最近は少なくなりましたが、以前はスピッツの楽曲が検索にかかることも多かったようです。検索の際などは、お気をつけください。

『夜に駆ける』(YOASOBI)、Yoru ni Kakeru


『夜に駆ける』(YOASOBI)










【地声最低音】mid1G(G3)  

★「さよなら」だm1G[け]だった  その一言で全てhiA#[が]m2G#[分かっ]た
m1G[Ah] ほらまたチックタックと 鳴る世界で何度だってさ

※☆の部分は歌詞には無いですが参考までに記載しております


【地声最高音】hiF(F5)  ※転調サビ(+2)で2回登場

hiF[変]hiE[わ]hiC[らない]hiD[日]々に泣い[て]C[い]D[た]僕を


【裏声最高音】hiF(F5) ※転調ラストサビで1回

hiE[そ]hiD[ら]hiC[をお]D[よ]E[ぐ]hiF裏[よう]に今


【補足】hiA#(一部略)hiD#の注意箇所

★日hiC[が]hiA#[し]ずみ出した空と君の姿(Aメロ)
★僕のこhiA#[こ]ろのすA#[べ]hiC[て]A#[を]奪った

★分hiA#[か]hiC[り]A#[合]えるさ信じてるよ(Cメロ)
★がむhiC[しゃ]hiA#[ら]A#[差]し伸べた
★僕hiD#[の]hiD[手]hiA#[を]振[り]hiC[は]A#[ら]う君
  
★「終hiC[わ]hiA#[り]にしたい」だなんてさ
★釣hiC[られ]hiA#[て]C[ことば]A#[に]した時 君は初めて笑C[っ]hiB[た]

★きhiC[み]hiA#[は]優しく終わA#[り]へとさhiD[そ]C[う] (転調サビ+2)
★しhiC[ず]hiD[む]hiA#[よ]うに溶けてゆくように 
★染み付いた霧が晴hiD[れ]hiC#[る]
★繋いだhiC[手]hiA#[を]離さないでよ  
★ふhiC[た]hiD[り][い]ま、夜に駆D[け]C[出]していく



 まず、YOASOBI(ヨアソビ)について少し説明しです。YOASOBIは作詞作曲編曲を手掛けるAyaseさん、歌を担当するikuraさんによる音楽ユニットです。小説など物語を楽曲化するために結成されました。AyaseさんはボカロPとして活動しており、『ラストリゾート』、『幽霊東京』などの作品で知られております。ikuraさんは現在19歳のシンガーソングライターです。
 YOASOBIとしては、今回取り上げる『夜に駆ける』が処女作になりますが、現在2作目の『あの夢をなぞって』もリリースされ、人気を博しています。

____

 さて、『夜に駆ける』についてです。この楽曲は、2019年に音楽ユニットYOASOBIによりリリースされたシングル作品です。配信でのリリースになります。この楽曲は、物語「タナトスの誘惑」(星野舞夜 著)を原作として制作されました。
 『夜に駆ける』はシングルのリリースに先立ち、MVが公開され、2020年3月現在、約600万回もの再生回数を記録しています。デビュー間もないユニットの作品としては異例の人気を集めています。 

 『夜に駆ける』はアップテンポのポップナンバーです。四つ打ちのリズムが取られたリズミカルかつポップな作品ですが、歌メロについては、切なさや行き場の無さなどを感じさせます。
 この楽曲は、ラストのサビでは、J-POPではあまり見られないような形で転調が行われます。まず、ラストのサビの冒頭①では、通常のサビよりも1つ低いキーで歌メロが歌われます。その後、ラストのサビ②では通常のサビよりも2つ高いキーで(ラストサビの冒頭①よりは3つ高いキー)歌メロが歌われます。こうした展開はあまり多くありません。最後のサビ②のインパクトが非常に強くなります。ただ、図にも示すように、ラストサビでのキーがかなり高いので、カラオケなどでは気を付けたいところです。

※(冒頭サビ)[キー±0]⇒(1番サビ)⇒(ラストサビ前半①)[キー-1]⇒(ラストサビ後半②)[キー+2]



 さて、『夜に駆ける』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiF(F5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiFについてですが、ラストサビで2回登場します。『夜に駆ける』はラストサビの転調でキーが2つ上がりますので、通常のサビではhiD#(ラストサビ冒頭ではhiD)が最高音になります。一般的な女性の音域より高めですので、キーを下げて歌唱しても良いと思います。例えば、原曲キーから3つ程度下げると、地声最高音hiDに設定されます。

 『夜に駆ける』は音域自体も広めの作品です。キーの調整は可能ではありますが、キーを大きく下げることは難しいといえます。よって、普段歌い慣れていない人などが練習するにはあまり向いていません。キーを調整したとしても、ある程度歌い慣れた高音がそこそこ得意な人向けの作品といえます。
 歌い慣れていない人は別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いと私は考えております。もしくはラストのサビについてはあまり考えずに、その手前までをしっかり歌いこなせるように練習するのもアリかもしれません。
 
 『夜に駆ける』は、最近リリースされた新人の作品の中では非常に注目を集めている楽曲の1つだと思います。私自身も非常に耳に残る曲でした。興味を持たれた方はチャレンジ染みても良いと思います。

管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索