J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

ポルノグラフィティ

『アゲハ蝶』(ポルノグラフィティ)の音域

 こんにちは。今回はポルノグラフィティの『アゲハ蝶』(2001)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 なお、同曲は公式チャンネルではライブ版が公開されております。よって、ライブ版の動画を添付いたします。


『アゲハ蝶』(ポルノグラフィティ),Agehachou(Porno Graffitti)

『アゲハ蝶』(ポルノグラフィティ)










【地声最低音】mid1G(G3)  

★いつになれば終えるm1G[の]m2F[かと]m2E[ぉ](Aメロ)
★終わらせることはできm1G[る]G[ど]


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※ラストサビで登場

★ちm2G#[かづ]m2F[ことは]m2F#[で]F[き]ないF[オ]アシス
★できたら愛してくm2G#[だ]さい
★ぼm2G#[くの]m2F[では]m2F#[ね]F[を][め]ておくれ

※同曲はラストサビで転調します。通常サビではmid2Gが最高音


【補足】mid2Emid2F#辺りの注意箇所

★旅人m2E[に尋ね]m2F[て][み]た どこまで行くE[の]かと(Aメロ)
m2E{そう]…じゃあ お気をつけm2F[て]E[と ](Bメロ)
m2E[見]m2F[送ったの]E[は]ずっと[ま]F[え]E[で]
★かm2F[れが僕自]身だと気付いたのは 今更になってだっm2E[た]

m2F[こう]やに[咲]いた[アゲハ]m2F#[ちょ]F[う](転調サビ)



 まず、『アゲハ蝶』についてです。この楽曲は、2001年にポルノグラフィティによりリリースされたシングル作品です。アルバム『雲をも摑む民』を始め、ベストアルバムなどにも収録されております。同曲は、資生堂のCMソングとしてタイアップが付き、メンバーも出演しているそうです。

 『アゲハ蝶』はラテン調のバンドナンバーです。作詞をギターのハルイチさん、作編曲を本間昭光さん(ak.homma)が行っております。同曲は、ラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。カラオケなどでは注意したいところです。

 同曲の音域的な特徴についてです。上図では全ては記述していませんが、楽曲全体を通してmid2E~mid2G#辺りが登場し続けます。よって原曲キーの場合は、中高音域を1曲丸々歌い切る持久力が必要になります。音域自体は広くないので、キーの調整は行いやすいです。一般的な男性の音域の範囲内ですが、多くの男性はキーを下げた方が歌唱しやすいのではないかと思います。



 最後に、『アゲハ蝶』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】mid2G#(G#4) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内か、少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はラストのサビで登場します。同曲はラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。よって、通常サビではmid2Gが最高音になります。先にも述べましたが、この楽曲は楽曲全体で中高音域が断続的に登場するため、最高音がmid2Gであってもかなりしんどいです。一般的な男性の場合は、キーを少し下げて歌唱した方が歌いやすいのではないかと思います。

 『アゲハ蝶』は音域自体は広くないため、キーの調整は行いやすいです。普段歌い慣れていない人が、自分の歌いやすいキーに合わせて練習することにも、ある程度向いているのではないかと考えております。個人的にはお奨めしたいです。
 一方で、楽曲のテンポや歌メロディーが少し独特であり、テンポも速めですので、メロディーや歌詞をしっかり覚えておく必要があります。その点は留意しておいてください。

 同曲は、以前にKing Gnuのボーカル井口理さんがラジオで歌唱しておりました。また、キー調整がしやすいということもあり、今回取り上げました。カラオケなどでも歌いやすいと思いますので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『ヒトリノ夜』(ポルノグラフィティ)の音域

 こんにちは。今回はポルノグラフィティの『ヒトリノ夜』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 ポルノグラフィティは当ブログでは、以前に『ミュージックアワー』を取り上げて以来、2回目の登場になります。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。代わりの動画として、マカロニックさんのギターカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカルの表現がフル尺で確認できます。


『ヒトリノ夜』(ポルノグラフィティ)、Hitori no Yoru(Porno Graffitti)

『ヒトリノ夜』(ポルノグラフィティ)










【地声最低音】mid2A(A3)  ※Aメロ冒頭

★100万人のたm2E[めに][わ]m2F#[れ]E[たラ]ブソングなんm2A[か]


【地声最高音】hiA(A4)  

hiA[街に置き]m2G#[去]F#[り]G#[ね]

※サビの直前で1回ずつ


【補足】mid2Emid2G#の注意箇所

★想m2E[い]m2F#[を][か]さねたE[り]F#[はし]m2G[な][い](Aメロ)
m2E[「恋セヨ」と責める] m2G[この街の基本こうぞ]m2F#[う]E[は]
★イージーm2E[ラブ]! イージー[カム]! イージー[ゴー!]

★空m2E[を]m2F#[走]E[る予]定もE[な]F#[さそ]m2G#[う]E[さ]
m2E[そし]m2F#[て]今日[も ちかて]E[に]m2F#[乗]m2G#[り]
m2G#[む]m2F#[く]m2E[ち]F#[な]他人[と]

m2G#[だから ロンリ]m2F#[ロン]m2E[リー せ][な]F#[く][て](サビ) 
★オリジナm2E[ル]m2F#[ラブ][をつ]らぬいE[て]
あの人m2E[だ]m2F#[けこ]m2G#[ころ]F#[の]E[せい][ん]F#[た]E[い]
m2E[Love] me [Love] me [ツヨ][ヨワ][ここ]m2F#[ろ]



 まず、『ヒトリノ夜』についてです。この楽曲は、2000年にポルノグラフィティによりリリースされたシングル作品です。アルバム『ロマンチスト・エゴイスト』はじめ、ベストアルバムなどにも収録されている人気曲です。
 この楽曲は、フジテレビ系のアニメ『GTO』のオープニングテーマ曲として起用され、大きくヒットしました。同アニメには、 L'Arc〜en〜Cielの『Driver's High』もオープニング曲として起用されております。現代とは異なり、ゴールデンタイム(午後7時~午後10時頃を指す)に放送されていたアニメということもあり、当時はかなり多くの人の耳に届いたのではないかと想像できます。
 ちなみに、『GTO』は5000万部の発行部数を記録した学園漫画であり、ドラマ化などもされ、そちらも大ヒットしております。

 『ヒトリノ夜』は軽快なギターロックです。添付動画にもありますが、ギターのリフなどが非常に心地よいです。
 『ヒトリノ夜』の音域的な特徴についてです。上述している部分を見て気付いた人もいると思いますが、Aメロ~サビの最後までの楽曲の全てのフレーズにmid2E~mid2G#辺りの音が登場します。最高音はhiAですのでデタラメに高いキーでは無いですが、非常に持久力が要求される作品になっております。



 さて、『ヒトリノ夜』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiA(A4) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはサビの直前に登場します。また、この楽曲では、全体を通してmid2E~mid2G#辺りの中高音域が連続的に登場します。よって、高めのキーを安定的に歌う力と、それを1曲通して歌続ける持久力が要求されます。図で示した見た目以上にキーの高い作品です。
 よって、ある程度高いキーが歌いこなせる男性でもキーを下げた方が歌いやすいです。一つの目安として、キーを2つ下げて、最高音をmid2G辺りに設定してみると良いのではないかと思います。
 
 『ヒトリノ夜』は音域自体は広くなく、キーの調整は行いやすいです。よって、歌い慣れていない人が自分が歌いやすいキーに調整して歌唱したり練習したりすることも可能です。
 一方で、歌メロが速めですので、歌詞やメロディーをしっかり覚えていないと難しい面もあります。その点は留意しておいてください。

 『ヒトリノ夜』は原曲キーで歌唱する場合は、やはり難易度は高くなります。一方で、「中高音域を安定的に歌いこなせるか」という目安としても非常に良い曲です。mid2GやhiA辺りが上手く発声できるようになってきたら、この曲に原曲キーでチャレンジしてみてみるのも良いと思います。。



『ミュージックアワー』(ポルノグラフィティ)の音域

 こんにちは。今回はポルノグラフィティの『ミュージックアワー』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 
 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVが公開されておりません。ただ、ライブバージョンの動画が公式でアップされていますので、そちらを添付いたします。


『ミュージックアワー』(ポルノグラフィティ)、Music Hour(Porno Graffitti)


【地声最低音】mid1G(G3)  ※Aメロ

★素敵な恋のエm2E[ピ]m2G[ソー]E[ド]とE[い]っしょm1G[に]


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※各サビで1回ずつ登場

★さm2F#[そ]m2G[う]ナンG[バー]hiA[を]hiA#[と]A[ど]G[けてあ]げる


【裏声最高音】hiD(D5) ※ラストのサビで1回

hiD裏[決して離さな]hiA#地[け]hiA[れ]m2G[ば]

※地声最高音も一緒に登場します

【補足】mid2FhiAの注意箇所

★蹴飛ばしているm2E[か]m2G[ら]E[で](Bメロ)

m2G[キ]m2E[ミ]がG[む]E[ね]を焦がすE[か]ら(サビ) 
★なm2F#[つ]m2G[が]F#[ね]つを帯びてく
m2G[このな]m2F#[つ]m2E[は]例年より
☆ m2E[騒]々E[し]いE[日]が続くE[は]m2F#[ず]m2G[さ]

★強いm2F[ひ]とに はなれm2F#[そ]m2G[う]F#[に]もない(Cメロ)
★揺m2F#[れ]m2G#[て]hiA[る]G#[き]F#[み]F#[い]G[よ]
m2G[あ]m2E[わ]いG[こ]E[い]のG[端っこを](ラストサビ)

※☆の部分はBメロのラストの変形です
『ミュージックアワー』(ポルノグラフィティ)









 まず、ポルノグラフィティについて少し説明します。ポルノグラフィティは2人組のロックユニットです。ジャンルとしては、パワーポップ、ポップロック、ラテン、ファンクなどの要素を持ち合わせております。1999年にメジャーデビューしますが、当時は3人組、結成当初はバンドとして活動しておりました。デビュー曲の『アポロ』が大きなヒットを飛ばし、以後も継続的にヒット曲を世に送り出していきます。代表的な作品としては、『アポロ』、『ミュージックアワー』、『アゲハ蝶』、『メリッサ』など多くの作品が列挙できると思います。

_____

 さて、『ミュージックアワー』についてです。この楽曲は、2000年にポルノグラフィティによりリリースされたシングル作品です。ポカリスエットのCM曲として書き下ろされ、話題になりました。メンバーの実体験を元に歌詞が書かれております。

 『ミュージックアワー』は軽快なポップナンバーです。歌詞は「リスナーの恋の相談にラジオDJが応える」という形で描写されています。
 作詞はメンバーのギタリストであるハルイチさんにより書かれています。ハルイチさんの歌詞は非常に個性的であり、この『ミュージックアワー』でもそれが発揮されています。また、作曲編曲は音楽プロデューサーの本間昭光さんによりなされています。ポルノグラフィティの多くのヒット曲は本間さんが携わっており、重要な役割を担っております。
 一方で、この楽曲は、「サビメロで行われている振り付けがダサい」という点も話題であります。ライブの映像などでそのあたりを確認してみても面白いと思います。King Gnuのボーカル井口理さんは愛を込めて「謎の振り付け」、「変な踊り」と仰っていたようです。




 最後に『ミュージックアワー』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#についてはサビで1回ずつ登場します。このhiA#は一般的には高いキーになりますので、キーを下げることを選択肢に入れても良いと思います。
 一方で、この楽曲ではmid2Gが多く登場します。原曲キーで歌唱する場合、どうしても最高音hiA#に目が行きがちですが、このmid2G辺りがしっかり歌唱できているかどうかという点も重要です。「mid2Gがちゃんと発声できているか」という視点で、原曲キーで練習してみても良いと思います。

 『ミュージックアワー』は地声部分については、音域自体は広くありませんので、キーの調整なども行いやすいといえます。歌慣れていない人がキーを下げて練習することにも向いています。この楽曲が気に入った方は練習曲としてみても良いと思います。
 一方で、歌メロのリズムが少し取りづらい部分もありますので、その点は少し注意してください。

 『ミュージックアワー』は音域的には女性が歌っても良いと思います。一般的な場合、原曲キーより少し上げた方が歌いやすいです。季節的には夏の楽曲ですので、今年の夏に歌ってみても良いかもしれません。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー