J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

さユり

『フラレガイガール』(さユり)の音域

 こんにちは。今回はさユりさんの『フラレガイガール』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。さユりさんは、以前にMY FIRST STORYとのコラボ曲『レイメイ』(過去記事)『月と花束』(過去記事)の2曲を取り上げております。


『フラレガイガール』(さユり)、Furaregai Girl(Sayuri)

『フラレガイガール』(さユり)










【地声最低音】mid2B(B3)  

m2B[そ]れだm2G#[け]で もう生きていける(Aメロ) 
m2B[とお]hiA[もっ]m2G#[た]のです

※楽曲全体で多く登場します。【補足】も参考にどうぞ。


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※曲全体で7回登場

hiC#[ど]hiB[こへいっ]B[の?] ねぇhiC#[ど]こにいったの(Bメロ)

hiB[だ][ら最]後に伝えB[させて] hiC#[2][分]でいいから(Cメロ)
★あなたが好hiC#[き]hiB[だった]B[と] (とびっきりの「バカヤロウ」)


【補足】hiAhiBの注意点

hiB[愛]をひろいあげた手のぬくもりが(Aメロ冒頭) 
★いhiA[ま]もまだ残るのです

★まhiB[ずい]hiB[ずい]hiB[ずい] 強烈にまずm2B[い あなたが買った歯]磨き粉も(Bメロ)(Bメロ)

★わたしをフッhiB[てん]m2G#[じゃな]いよバカ(サビ)
★たまに倦hiB[怠]m2G#[期予]防のサプライズも忘[れ]hiA[ない]G#[で]
★もうhiB[い]いから そm2B[ろそろ た]ね明かしB[しにき]てよ
★次の hiA[な]m2G#[み]だも m2B[溜]まった G#[こ]ろよ


 まず、『フラレガイガール』についてです。この楽曲は、2016年に女性シンガーソングライターのさユりさんによりリリースされたシングル作品です(アルバム『ミカヅキの航海』収録)。カップリング曲の『アノニマス』にはタイアップが付きましたが、この『フラレガイガール』はノンタイアップです。同曲はYouTubeで公開されている動画がショートバージョンのみでしたが、2019年末にMVがフル公開されました。

 『フラレガイガール』は作詞作曲編曲をRADWIMPSの野田洋次郎さんが担当しております。ゆったりとしたテンポの失恋ソングで、演奏時間が6分を超えております。野田さんが担当しているということもあり、歌詞が非常によいです。また、さユりさんの「少女の泣き声」を彷彿とさせる歌声が楽曲に非常にマッチしております。




 さて、『フラレガイガール』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(B3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、同曲は楽曲全体を通して、hiBが非常に多く登場します。hiB辺りは女性ならば比較的到達しやすい音階です。登場回数は多いですが、このhiB辺りを安定的に歌唱できることを1つの目標としても良いと思います。
 一方、地声最高音hiC#はBメロとCメロで登場します。この辺りも女性の音域の範囲内ですが、人によっては発声しにくいこともあります。場合によってはキーを下げることを検討してください。
 『フラレガイガール』は最高音自体は高くないですが、hiBが非常に多く登場し、音域自体も狭めなので、持久力が要求される楽曲なのではないかと私は分析しております。

 『フラレガイガール』は音域自体はそこまで広くありません。よって、キーの調整はしやすいです。歌い慣れていない人向けのキー調整も可能だと思います。音域的な側面で考えると、練習曲としても使いやすいです。

 この『フラレガイガール』はさユりさんの作品では人気の高い楽曲なのですが、私個人としては、今後もっと広く評価される作品なのではないかと思います。楽曲の質もそうですが、ボーカルの表現、声質が非常によいです。一昔前に隆盛したタイプの恋愛アニメ、ラブコメなどに非常に合いそうです。




『月と花束』(さユり)の音域/『Fate/EXTRA Last Encore』EDテーマ

こんにちは。今回はさユりさんの『月と花束』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『月と花束』は、アーティストおよびレコード会社などの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。代わりの動画として、Drum Pat.さんのドラムカバー動画を添付いたします。


『月と花束』(さユり)、Tsuki to Hanataba(Sayuri)


【地声最低音】mid2B(B3)  

★深いm2G#{も]りの中m2B[で](Bメロ)
★信じm2G#[な]ければ傷付かなm2B[い]か? (Cメロ)


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※2番サビで1回

hiC#[も]hiB[う い]C#[ら]hiD#地[な]B[いよ]


【裏声最高音】hiE(E5) ※Bメロで登場

★私m2G#[たち] hiB[たっ]G#[た]一人hiE裏[き]hiD#[り]B[で]



【補足】mid2G(一部略)hiC#の注意箇所

G#[う]たを焼べG#[て] 誰よりけm2G#[わ]しく美G#[し]く(Aメロ)
m2G#[もらった]hiB[あ]hiA#[い]G#[も] 全て焼べG#[て]
★生m2G#[ま]G#[た]いせつなものにG#[出]会う為歩G#[き]出ぁG#[ぁす]

hiB[止]hiA#[め]A#[こ]B[と]hiC#[も](サビ)
★潜り続けるのhiA#[は]hiB[君]hiC#[が]B[い]C#[る]B[か]A#[ら]
★君が笑ってくhiA#[れ]hiB[るの]A#[な]B[ら]
hiB[答]えに[な]hiC#[る][か]hiA#[ら]B[ぁ]
hiC#[きょ]hiB[うも 生]C#[きる]A#[よ]B[ぉ]

★進まm2G#[な]ければ失くさhiB[な]いか?
★知りたい 進みたい もう背hiB[けない]
★未知を割hiB[い]m2G#[ぇ]
hiC#[きょ]hiB[うも 生]C#[き][て]A#[ゆ]B[くよ] (ラスト)

『月と花束』(さユり)


tsuki to hanataba



























 ※最初に、2つ目に添付されている画像について説明します。『月と花束』はリクエストを頂いた際に、「mid2G辺りから記載してほしい」との要望も頂戴しました。しかし、mid2G#辺りからすべて記載すると、表記が複雑になってしまう懸念がありました。よって、mid2G#は、添付された画像に記載しておきます。気になる方は参考にされてください。
_____

 まず、『月と花束』についてです。この楽曲は、2018年にシンガーソングライターのさユりさんによりリリースされたシングル作品です。テレビアニメ『Fate/EXTRA Last encore』のエンディング・テーマ曲として書き下ろされました。元々、アニメのタイアップが多いさユりさんですが、本作もそれに則ったものになっています。

 『月と花束』はアップテンポのロックナンバーです。編曲は江口亮さんによりなされています。江口亮さんはいきものがかり、LiSAさんなどの編曲でも知られています。当ブログで多くアクセス頂いているLiSAさんの『紅蓮華』も江口さんのサウンドワークです。今日取り上げているさユりさんの作品にも多く携わっております。私自身も、歌メロディーのみならず、バックの演奏も非常に耳に残りました。

 『月と花束』の音域的な特徴についてですが、全体として低音、高音含めて音域が高めになっております。高音域が苦手な方はキーを下げてもよいと思います。音域が高音寄りになっていますので、低音部分はキーを下げて調整する余地があります。



 さて、最後に『月と花束』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(B3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されています。一般的な女性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。


 まず、地声最高音hiD#については、2番のサビで1回だけ登場します。それ以外の部分で一番高い音階はhiC#になります。hiC#はサビで頻出します。高音域を含め、歌うことがある程度得意な方は楽しめる作品なのではないかと思います。
 一方で、hiCあたりから声が出にくいという方もおられると思います。そうした方はキーを下げるとよいと思います。『月と花束』は低音部分に余裕がありますので、キーを下げることがある程度可能です。原曲キーから4つ程度下げると、地声最高音がhiBに設定されます。このあたりであれば、比較的現実的で、多くの人に届きやすい音域になります。ただ、キーを下げたとしても、「歌い慣れているか否か」というのは明確に歌唱力の差になります。しっかり練習を重ねてください。

 ちなみに、さユりさんのボーカルはやや幼さを帯びた声質をしていますが、その反面、低音部分に凄みを感じます。そうした特徴もあるため、キーを下げて歌唱ことは「低音部分の迫力」を表現する手助けになるかもしれません。




『レイメイ』(さユり×MY FIRST STORY)の音域

こんにちは。今回はさユり×MY FIRST STORYの『レイメイ』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『レイメイ』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルなどでMVがフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はショートバージョンになります。ご了承ください。


『レイメイ』(さユり×MY FIRST STORY)


【地声最低音】mid2A(A3)  

★希望のふm2A[ち]に飲まれて沈んでしまった


【地声最高音】hiD(D5)  ※Cメロ(Hiro(男)パート)

【裏声最高音】hiD#(C#5)
 
※Cメロ(Hiroパート)

★深いm2G[旅]hiD#裏[を]hiD地[し]hiA#[よう] 


【補足】hiA#hiC#の注意箇所

★哀しいよhiA#[くぼ]うに手を伸ばし続けて(Aメロ)
★本当のこたえを 探し続けhiA#[な]がら(Bメロ)

hiA#[何]百回でhiA#[も さえ]hiB[ぎ]A#[る]モノに(サビ1)
★必ず君につhiA#[た]える日hiA#[まで]
★すすみ続けhiB[て]hiA#[ゆ]くの
★何度でもさまよいながらhiA#[目]hiB[指]A#[し]

★痛むhiA#[泥濘のな]かで祈りをえhiC#[が]hiB[く]hiA#[よ](サビ2)
★心配hiA#[な]いと言い聞かせhiC#[な]hiB[が]hiA#[ら][い]
★歩き出すhiA#[の]
★青いほしをめhiA#[ぐ]って(Cメロ)

『レイメイ』(さユり×MY FIRST STORY)









 まず、シンガーソングライターのさユりさんについて少し説明します(MY FIRST STORYについては後日別の曲で取り上げます)。さユりさんは2015年にメジャーデビューしたシンガーソングライターです。ジャンルとしてはロックサウンドの要素が強いです。さユりさん自身は弾き語りユニットを組んでいたこともあり、アコースティックギターを演奏する場面が多く見られます。さユりさんのやや幼さを帯びた力強い声色が印象的です。
 
 さユりさんがこれまでリリースしてきたシングル作品の多くはアニメやゲームなどのタイアップがなされており、それらでよく知っている方も多いと思います。チャート成績も少しずつ上昇しており、これからの知名度爆発が期待されます。


 さて、『レイメイ』についてです。この楽曲は、2018年にさユりさんと5人組バンドMY FIRST STORYのコラボレーションによるシングル作品です。テレビアニメ『ゴールデンカムイ』のオープニングテーマ曲にも起用されました。『コールデンカムイ』は週刊ヤングジャンプで野田サトル氏により連載されている人気作品です。

 『レイメイ』はさユりさん自身がマイファスのメンバーと作詞作曲を行い、編曲はマイファスが行っております。エモーショナル・ハードコア、スクリーモ等の要素が強いロックナンバーです。楽曲構成としてはサビが全体的に長く、その分楽曲に勢いを感じます。また、CメロではマイファスのボーカルHiroさんの歌唱とさユりさんの語りが入ります。こうした点は非常に特徴的です。


 『レイメイ』は音域的に面白いと思った点があります。それは「男性のパートが女性と同じようなキーを歌唱している点」です。これまでの男女のコラボは多くの場合は、男性が低音パートを担当し、女性が高音パート(メイン)を担当するような形で行われておりました。しかし、この『レイメイ』では男性パートのHiroさん自身がハイトーンであるため、男女のキーがほぼ変わらない形でメロディーラインが取られています(詳細な音域については後述します)。当ブログにおいても、女性のキーに近い形で歌唱する男性ボーカルが多く紹介されてきましたが、そうした特徴が『レイメイ』では「キーがほぼ変わらない男女のツインボーカル」という形で生かされています。

 こうしたスタイルの良さは、「メロディーのアレンジをシンプルに出来る」ことにあります。男女のキーの違いがあるため、男女によるデュオはアレンジの際に転調やハモリなどの工夫が要求されます(そうした点が楽曲の広がりを持たせるメリットもあります)。
 一方、男女のキーが同じくらいであれば、『レイメイ』のように主旋律が決まれば、後はシンプルにパート分けするだけで済みます。声域が重なってる部分も多いため、同性デュオしか行えないようなアレンジも可能です。最近は高音域で歌唱する男性が非常に増えております。こうした「男女のキーが変わらないデュオのコラボ」は今後増えていくのではないかと私自身は推測しています。




 さて、『レイメイ』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD#(C#5)で歌メロディーが構成されております。以下、詳細に見ていきます。

 女性のさユりさんパートは【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiC#(C#5)です。大よそ一般的な女性の音域の範囲内で構成されています。一方、MY FIRST STORYボーカルHiroさんのパートは【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD#(C#5)です。男性のパートの方がややキーが広く、高いです。

 先に述べましたが、Hiroさんの女性パートのような高音域が活かされている楽曲でもありますので、男性ボーカルの負担が非常に大きいです。『レイメイ』は音域自体はそこまで広くないですのでキー調整自体はしやすいのですが、男女のデュオという形を残す場合は、男性への負担がかなり大きくなります。

 『レイメイ』を一般的な音域の男性や女性が歌唱する場合は、原曲の意味合いが変わってしまいますが、「男女のデュオ」という枠組みを捨てることが必要になると思います。男女の枠が無くなれば、キー調整が行いやすい楽曲ですので、男性は原曲から5つ程度キーを下げれば地声最高音がhiA(Cメロのみ登場)ですのでかなり歌いやすくなります。
 
 仮に同性デュオとして歌唱する場合は、声質が異なる2人にした方が楽曲の色合いが広がると思います(声が低い人と高い人のコンビ、声がしゃがれている人とクリアな人のデュオ等)。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー