J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

美波

『アメヲマツ、』(美波)の音域

 こんにちは。今回は美波さんの『アメヲマツ、』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『アメヲマツ、』(美波)、Ame wo Matsu,(Minami)
『アメヲマツ、』(美波)










【地声最低音】mid1F(F3)  

★過去hiA#[形]フィルムに縋った僕らはm1F[ぁ] (Aメロ)
m1F[か]じ取り粘土に飲まれて
★言葉税が m1F[足り]なくなっていってさ m1F[書きな]ぐり

★とm1F[う]めい人間あてにした(Bメロ)
★ふへm1F[ん]かには見向きもしないようだ(サビ)
★オヤm1F[ス]ミナサイしhiD#[よう]hiD[よ](ラストサビ)


【地声最高音】hiF(F5)  ※ラストで1回だけ

hiF地[メイ]hiD[ムで\いいhiD[な]hiD#[ぁ]D[ぁ]


【裏声最高音】hiF(F5) ※サビで登場

★何度塗hiA#[り]hiF裏[替え]hiC[ても] A#[に]F[ごっ]C[てしまって] (サビ)
hiD[す]hiC[こ][ゼ]ロがさD裏[みしく]hiF[なっ]た(2番サビ)
hiF裏[つたな]hiD#[い]hiD[こ]hiC[と]ば税で(ラストサビ)


【補足】hiChiD#の注意箇所

★ファインhiD地[ダー]hiC[越]hiA#[し]のかわD[き]C[きっ]A#[てた](サビ)
hiA#-hiC[か]C[た][り][け][が][ま][足]]hiD#[ない]hiD[と]
★無駄にはしhiA#[ない]A#[欲]しくて(2番)
★安価推理自称名探偵いなくhiA#[な]


★ブhiF[レ]hiC[な]hiD地[い]C[よ]うに(ラストサビ)
★(青くて)しhiC[か][な]hiD#[かっ]hiD[たん]C[だ]
★オヤm1F[ス]ミナサイしhiD#[よう]hiD[よ]


 まず、『アメヲマツ、』についてです。この楽曲は、2020年に女性シンガーソングライターの美波さんによりリリースされました。2020年8月現在、フィジカルのリリースは無く、配信限定です。MVはアニメーションで作成されており、再生回数も600万回(2020年8月現在)を超えております。

 『アメヲマツ、』はアップテンポのバンドナンバーです。作詞作曲は美波さんによりなされております。ストリングスなども交えております。歌メロについては、全体としてサビが長めであります。
 タイトルについてですが、「雨を待つ」から由来しているのだと思います。アニメ主題歌として人気を博した『カワキヲアメク』(過去記事)のように、カタカナ表記されております。




 『アメヲマツ、』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiF(F5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。。図にも示すように、音域が広く、キーが高いです。歌い慣れた、声の高い人向けの作品です。

 まず、地声最低音mid1Fについてですが、上述のように登場回数が多いです。『アメヲマツ、』は高音域がしんどい作品でもありますが、一方で、低音部も多く登場します。アップダウンが激しい作品とも言えます。

 一方、地声最高音hiFについてですが、ラストのサビで1回だけ登場します。このhiFは女性としてもかなり高めの音階になります。
 ※私なりの見方なのですが、この【hiF地[メイ]hiD[ムで\いいhiD[な]hiD#[ぁ]D[ぁ]】のhiFの地声を裏声で歌唱すれば、それ以外は地声の最高音がhiD#になります。一つの目安として、hiD#,hiD辺りを安定的に歌いこなせることが必要なのではないかと思います。
 
 『アメヲマツ、』は先にも述べましたように、音域が広めの作品であり、キー調整の余地は少ないです。キーを下げるとしたら、1~2つ程度になるのではないかと思います。そうしたことから考えても歌い慣れた声の高い人向けの作品といえます。難易度は非常に高いですが、カラオケなどで歌いこなせると盛り上がるのではないかと思います。





『カワキヲアメク』 (美波)の音域と感想

 こんにちは。今回は美波さんの『カワキヲアメク』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『カワキヲアメク』 (美波),Kawaki wo Ameku(Minami)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★もう自己顕示飽m1F#[きた](Aメロ)etc.


【地声最高音】hiE(E5)   ※Cメロで1回

★此処hiC#[い]hiE[た]hiD[い]C#[よ](Cメロ)


【裏声最高音】hiE(E5)  ※サビで登場

hiC#[引]hiB[用]だらけのフレーズhiE裏[も](サビ)
★あhiB[め]hiC#裏[降]hiE裏[ら]hiC#[な]hiB[い]でよ


【補足】hiB以上を注意点

★されど 美hiC#[し]くあれ(Aメロ)
★ちゅhiB[う][は][ぱ][け][い]hiC#[や](Bメロ)

hiC#[ああ]hiB[して]こうして言ってたって(サビ)
hiC#[お]hiB[も]いもしない軽(おも)い言葉 何度使い古すのhiC#[か?]
hiC#[か]hiB[か]と持ち上がB[る]B[と]
★タhiD裏[ブー]hiC#地[にし]hiB[て]
★そhiB[れ]B[も いいか]B[さ](Cメロ)

『カワキヲアメク』 (美波)









 まず、『カワキヲアメク』についてです。この楽曲は、2019年にシンガーソングライターの美波さんによりリリースされたシングル作品です。タイアップとして、週刊少年マガジンで連載されている漫画を原作としてアニメ『ドメスティックな彼女』の主題歌に起用されました。
 『カワキヲアメク』は美波さんのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年9月現在、約3800万回の再生回数を記録しています。アニメのタイアップということもあるかもしれませんが、美波さんの楽曲でトップの再生回数であります。また、動画のコメント欄に英語による投稿が目立つように思います。




 『カワキヲアメク』のサウンド等についてです。この楽曲の編曲はMitsuo Yamamotoさんによりなされています美波さんのTwitterより)。ロック色が強いアレンジになっております。美波さん自身はアコースティックギターを担当しているのではないかと思います。個人的には特にAメロ、Bメロを中心としたドラムのフレーズが耳に残りました。2番のAメロのエレキギター、Bメロのベースギターも好きです。

 歌メロディーについてはAメロBメロサビといった馴染みやすい構成であると思います。個人的にBメロ終盤からサビ以降の美波さんのボーカルの力強さが非常に耳に残ります。先にYoutubeで「英語のコメントが多い」ということを述べましたが、個人的には海外の聴き手を惹きつける点はこのボーカルにあると思います。タイトルにある『カワキヲアメク』の「アメク」とは漢字では「叫く」と表現します。文字通り「叫ぶ」、「わめく」等の意味があります。そのタイトル通り、「叫び」の部分が『カワキヲアメク』では強く表現されています。

 『カワキヲアメク』の歌詞についてです。タイトルの意味は『渇き(乾き)を叫く』という意味なのだと思います。「乾き」と「渇き」のダブルミーニングになっているのではないかと私は解釈しています。
 まず、「乾き」については、好きな相手との乾ききった軽いコミュニケーション、中身の無いやり取りに葛藤してゆく主人公の姿が描かれています。歌詞の「思いもしない軽(おも)い言葉 何度使い古すの[か?」、「コピー、ペースト、デリート その繰り返し 吸って、吐いた」といったフレーズに特にそうしたものを感じました。
 一方で、『渇き』の側面としては、そうした「乾いた」やり取りを繰り返してでも相手の側にいたい、相手に愛されたいといった「渇望」が描かれていると思います。それらの恋愛感情が報われていないという点も含めて、非常に共感を誘います。分かりやすい言葉だけではなく、やや婉曲的な表現も交え、上手く描かれているのではないかと思います。



 最後に、『カワキヲアメク』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiE(E5) 、【裏声最高音】hiE(E5)でメロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高めです。

 まず、この楽曲の中心となるのはhiB、hiC#といった音階です。『カワキヲアメク』ではこの辺りの音階を上手く使いこなすことが求められます。一方で、hiC#辺りになると発声が難しくなる人も多いかもしれません。その点は留意しておいてください。

 地声最高音のhiEはCメロで1回登場します。ただ原曲のニュアンスを意識するならば、先にも述べましたように、hiC#を力強く歌いこなす方に重きを置いた方が良い気がします。一般的な女性の場合、原曲キーよりも少しキーを下げた方が歌いやすいと思いますが、高音域が得意な女性であっても、キーを少し下げて声の太さを意識してみても良いかもしれません。もちろん、自分の歌いやすいスタイルで歌うのもあり得る表現だと思います。

 『カワキヲアメク』は音域自体はやや広めでありますので、キーを下げての練習は行いづらい可能性があります。よって、普段歌い慣れていない女性は別の曲で歌い慣れた上で、この楽曲にチャレンジするのが良いのではないかと思います。


【今回の記事とは無関係の話です】
※以前のコメントで、カザフスタンの歌手であるDimash Kudaibergenさんの『SOS』の音域について知りたいという要望を頂きました。私の力不足もあり、記事として取り上げることは出来ないのですが、音域については簡単に調査し、画像も作成しましたので、この場をお借りしてアップロードしたいと思います。高音域の裏声が魅力的な歌手です。

Dimash Kudaibergenさんの『SOS』











『ライラック』(美波)の音域と感想

こんにちは。今回は美波さんの『ライラック』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『ライラック』(美波),Lilac(Minami)


【地声最低音】mid1G(G3)  

★いつかの声がm1G[い]ま僕の心を窮[屈]にしていく(Aメロ)
★幸せはピンぼけする不良品アイシャッタ[ー](Bメロ)

【最高音】hiG(G5)  ※転調後サビ

★人hiC[生]hiG[聡][に]変わhiD[り]hiD#[たい][の][は]山々だが(転調後サビ)


【補足】hiB以上の注意点


★苦しいことは繊細に映るこhiB裏[う]hiC[が][しつ]レンズで(Bメロ)
★性に合わないことして生きhiC[れる]hiB[ほど]余裕ない
★決められたつまらhiC[ない]hiB[固]定概念なんてhiC[捨]てろ
★もう実hiE[際]どうにでもな[れ] 
★押し殺したhiE[こ]えでやりhiC[た]hiB[く]ないことに
★憂憂憂憂憂hiC[憂]hiD[憂][~~~~]hiE    [Ah~][Ah~]
hiD[現]hiD#[状][世]hiC[くらい]がお似[合]いだ(転調後サビ)
★実際そうhiC[ゲー][み]D#[たい]hiD[に]単純明快生きたくって


『ライラック』(美波)









 まず、『ライラック』についてです。この楽曲は2018年に美波さんのYouTube公式チャンネルで公開された楽曲です。フィジカルリリースとしては2019年にリリースされたメジャーデビューシングル『カワキヲアメク』の2曲目に収録されています。表題の『カワキヲアメク』はテレビアニメ『ドメスティックな彼女』のオープニングテーマになっています。今回紹介する『ライラック』の方にはタイアップは付いていませんが、美波さんの代表的な楽曲の一つとなっています。
 『ライラック』は美波さんのYouTube公式チャンネルでMvが公開されており、2019年7月現在、およそ2000万回再生されています。メジャーデビュー間もないミュージシャンがこれだけの再生数を記録するのは異例だと思います。

 『ライラック』のサウンドについてです。非常にロック色の強いアレンジになっています。歪んだリードギターが非常に印象的です。また、ドラムも非常に耳に残ります。ボーカルについては、シンガーソングライターYUIさんの優しさや憂い、阿部真央さんのパワフルさを合わせたような特徴を感じます。特にサビへと盛り上がるにつれて力強さを増していく声色が非常に耳に残ります。

 メロディーの構成についてです。1番はAメロもBメロもかなり尺を取って歌われ、サビに繋がっていきます。一方で、2番になるとあっさりAメロ⇒Bメロ⇒サビへと展開されます。こうした展開は非常に特徴的です。2番があっさりと過ぎていく分、メインディッシュのCメロ⇒転調サビへと導かれます。J-POPらしい展開を基調としていますが、2番を短くする工夫により、冗長にならずに楽曲全体がタイトにまとまっていると思います。
 
 歌詞についてです。『ライラック』とは落葉樹で4月から5月ごろに花を咲かせます。タイトルの意味は正直解釈が分かれることです。『ライラック』の花言葉として「思い出」、「友情」、「謙虚」とあります。個人的には、歌詞の中では花言葉として登場する「思い出」や「友情」などがネガティブな意味合いで表現されているように感じます。『ライラック』は「自分を縛っている人間関係、周りの声から解放されたい」という歌詞内容であります。
 歌詞の中で「ゲームみたいに単純明快に」とありますが、「思い出」、「友情(周りの声)」、「謙虚さ(周りから求められる姿勢)」は「自分の思いに従う単純明快さ」から遠いものです。タイトルの『ライラック』はそうした意味合いが込められているのかもしれません。





 さて、最後に『ライラック』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【最高音】hiG(G5)でメロディーが構成されております。地声裏声などの区別は今回は行っておりませんが、それでも一般的な女性の音域よりは高いです。

 まず、hiGという音階が気になります。hiGは転調が行われたラストのサビ(通常のサビ+3)で登場します。『ライラック』についてはこのhiG(通常サビではhiE)については裏声で発声しても原曲のニュアンスが大きく崩れることは無いと思います。

 ただ、このhiGを除いたとしても、通常サビではhiC,転調後のサビではhiD#くらいは地声で歌いこなせる必要があると思います。また、Cメロで登場する「憂憂憂憂」の部分ではhiEのロングトーンが登場しますので、『ライラック』を原曲キーで歌う場合は、大体hiE程度まで地声で歌いなせることが目安になると私は考えております。そう考えると、一般的な女性の音域よりは高めであると言えます。

 歌い慣れた声が高い女性の場合、『ライラック』を原曲キーで楽しむことが出来ると思います。一方で、一般的な女性の場合は、原曲キーより3つ程度下げると、歌いやすいのではないかと思います。hiGの箇所はhiE(裏声気味に歌ってよい)、その他の転調後のサビの重要なキーhiD#がhiC程度に設定されます。この「3つ下げる」というのは目安ですので、個人で各々調整してください。

 また、AメロやBメロの途中までは優しく憂いを帯びるように、サビは力強く歌うことを心がけた方が良いと思います。美波さんは力強いボーカルが特徴的ですが、一方で声色のメリハリも凄く効いています。原曲キーで歌うにしてもキー調整するにしても、音の強弱を意識するように気を付けてください。
 


管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー