J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『カイト』(嵐)の音域 / 米津玄師作詞作曲

 こんにちは。今回は嵐の『カイト』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 なお、同曲は、YouTubeのチャンネルでのみの公開となっており、ブログから視聴することは出来ないようです。リンクを貼っておりますので、興味を持たれた方は視聴してください。

『カイト』(嵐)、Kite(Arashi)
『カイト』(嵐)









【地声最低音】mid1C#(C#3)  

m1C#[に]ぎりしめていた糸(Aメロ)
★あなたm1D#[は]m1C#[言]D#[っ]た「愛してる」と(2番Bメロ)

【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※サビで登場

★(君の夢よ) かm2G#[な]m2F#[え]m2F[と]F[がう](サビ)


【補足】mid2Emid2F#辺りの注意点

★高く飛んでいくm2D#[カ]m2E[イト](Aメロ)
m2E[は]m2D#[な]さないよう
★その度にm2D#[や]まない夢と 空の青さを知っていD#[く](Bメロ)

m2F[か]m2F#[ぜ]F[が]吹けば うF[た]が流れる(サビ)
★溢m2F[れ]m2F#[出す] F[ラ]ル ラリ ラ

★嵐m2D#[の]中をかき[分]m2F#[け]F[て]D#[い]く(Cメロ)
★そm2D#[し]m2F[て]帰ろう 
★その糸m2F#[の]m2F[つ]F[がっ]た先まで


 まず、『カイト』についてです。この楽曲は、2020年に男性アイドルグループ嵐によりリリースされたシングル作品です。2019年より紅白歌合戦で歌唱映像が放送され、NHK『みんなのうた』などでも披露されていました。また、新型コロナの影響で延期されましたが、NHKのオリンピックテーマソングとして、大型のタイアップが予定されています。
 
 『カイト』はゆったり目のテンポのポップソングです。作詞作曲を男性シンガーソングライターの米津玄師さん、編曲を米津さんと坂東佑大さんが行っており、サビのストリングスが非常に目立ちます。坂東さんは『海の幽霊』(過去記事)『馬と鹿』(過去記事)『感電』(過去記事)といった米津さんの最近のシングル曲などでもアレンジを担当しています。そうしたこともあり、私自身は嵐の歌声とともに、米津さんのボーカルが重なって聞こえました。



 さて、『カイト』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な男性の音域の範囲内であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はサビで1回ずつ登場します。登場回数としては多くないですが、歌い慣れた男性であってもこのmid2G#辺りからスムーズな発声がしづらくなります。場合によっては、キーを少し下げて歌唱しても良いと思います。
 同曲は、おおよそ一般的な男性の音域の範囲内といえますが、Aメロ辺りからmid2E等比較的高めの音階が登場します。サビの歌メロのリズムも少し取り辛く、図に示すより歌いにくい作品なのではないかと思います。音域的な意味では難曲というわけではないですが、しっかり歌いこなすには力量が必要だと私は分析しています。
 私自身上手く言語化できずにいるのですが、とりわけサビのアレンジが非常に壮大であるため、それに負けない歌唱力が必要なのではないかと感じております。

 『カイト』は低音部分に少し余裕があり、キー調整が可能であります。ただ、図に示す程の余地は少なく、少しの調整程度に抑えておいた方が良いと思います。
 歌い慣れていない人も歌唱することが可能だと思いますが、練習曲としては必ずしも使いやすいとは言い難いように感じました。




『Monster』(嵐)の音域 / ドラマ『怪物くん』主題歌

 こんにちは。今回は嵐の『Monster』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『Monster』(嵐)、Monster(Arashi)


『Monster』(嵐)










【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★12時を少し過ぎる頃(Oh No!) m1D#[ざ]D#[こ]くなMonster(Aメロ)

★(Just One)君m1D#[の手]を(Two)愛D#[の手]を(Bメロ)
★ (Three,Four&Five)抱いD#[てね]むりD#[たい]
★あなたがいたm1D#[か]ら生まれてきたんD#[だ] 

※AメロBメロで多く登場します


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

★こよm2F[い]の闇m2G[へ] 君F[を]いざなm2G#[う] G[Mo-]-nster

mid2G#は各サビで1~2回、楽曲全体で7回登場します


【補足】mid2D#mid2G辺りの注意箇所

★きm2D#[み]m2F[の]D#[さ][び]で(サビ) 
★夜が明m2D#[け]るま[でち]m2F#[か]m2F[く]D#[に]F#[い]F[よう]
m2G[Mo-]-nster m2F#[Mo-]-nster...(ラスト)




 まず、『Monster』(モンスター)についてです。この楽曲は、2010年に5人組アイドルグループ嵐によりリリースされたシングル作品です。アルバム『僕の見ている風景 』はじめ、ベストアルバムにも収録されている人気曲です。私自身は、嵐の代表的な作品の1つなのではないかと考えております。2019年10月にYouTube公式チャンネルに公開されたMVは、2020年5月現在、1700万回の再生回数を記録しております。

 『Monster』は日本テレビ系のドラマ『怪物くん』の主題歌としてタイアップが付きました。同ドラマには、嵐のリーダーの大野智さんが主演を務めております。楽曲では、サビの部分を中心の大野さんのソロパートなども盛り込まれており、歌唱力が光る作品であります。
 この楽曲は、作曲をCHI-MEY(ちーみー)さん、アレンジを佐々木博史さん、吉岡たくさんが担当しております。楽曲全体を通して、制作陣の仕事ぶりも光る作品だと感じました

 『Monster』の音域的な特徴についてです。図を見ると、低音部分に余裕があるように感じます。ただ、AメロBメロでは最低音mid1D#が多く登場しますので、意外と低音部分の余裕はないと私は考えております。難曲というわけではないですが、見た目以上に歌いこなすのが難しいと思います。



 さて、『Monster』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内、もしくは少し高いといったところです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#はAメロBメロで多く登場します。この辺りの音階は滅茶苦茶に低いキーではないですが、多く登場すると使いこなすのが難しいです。その点に留意して、練習を重ねてください。この楽曲は、低音部分も見どころが多いです。

 一方、地声最高音mid2G#は楽曲全体で7回ほど登場します。mid2G#辺りは一般的な男性の音域のボーダーラインにあたるキーです。登場回数も多めですので、高めのキーが苦手な人は、キーを下げても良いです。

 『Monster』は音域自体はそこまで広い楽曲では無いです。ただ、先にの述べましたように、最低音mid1D#、最高音mid2G#は楽曲全体で多く登場します。よって、見た目以上にキーの調整が難しいです。歌い慣れた人の場合は良いかもしれませんが、慣れない人の場合はキーを調整しても歌いにくい場合がございます。その点は留意しておいてください。場合によっては、別の曲で歌い慣れた上でチャレンジすることも考えても良いと思います。

 『Monster』は嵐の人気曲であり、個人的にはアレンジ、メロディーなどを含め好きな曲です。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。



『Love so sweet』(嵐)の音域

 こんにちは。今回は嵐の『Love so sweet』(2007)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。ちなみに、当ブログで嵐の楽曲を取り上げるのは今回が初めてです。


『Love so sweet』(嵐),Love so sweet(Arashi)


【地声最低音】mid1D#(D#3)  

m1D#[かが]m1E[や]いたのは鏡でもたm2E[い]ようでも
★傷ついた夢は きm1D#[の]うの彼方へ 


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビ

★ふm2G[た]G[が]hiA[は]m2E[な]E[ていっ]ても(サビ)
hiA[きっ]m2E[と]そっE[と]想い届く

★m2G[きっ]m2E[と]hiA[そっ]E[と]想い届く(ラストサビ)
m2F[し]m2E[ん]じるこm2G[と]hiA[がす]E[べ]



【補足】mid2Emid2Gの注意箇所

★うm2E[え]にはほほE[え]む月 Love Story またひとつ
m2E[そ]らに響け 愛のm2E[う]

m2E[お]もい出ずっm2G[と] (サビ)
★ずっG[と わ]m2F[す]E[れ]F[な]E[い]
★こんな好きなひm2E[と]に [出逢]m2F[う][季]節二[度]F[と]E[ない]
m2F[し]m2E[ん]じるこm2G[と]m2F[がす]E[べ]

m2E[伝えきれぬ]m2F[い]E[と]しさは(Cメロ) 
★花になって まm2G[ち]m2F[に]m2E[降っ]
★君を“ここ"にm2G[か]m2F[ん]m2E[じ]F[て]E[る]
『Love so sweet』(嵐)









 まず、について少し説明します。嵐はジャニーズ事務所に所属する5人組のアイドルグループです。1999年にシングル『A・RA・SHI』デビューしました。私なりのイメージですが、嵐が今のような国民的な人気になるには少し時間がかかりました。時期としては、今回取り上げる『Love so sweet』辺りから非常に人気が高まり始めた印象です。多くのヒット曲があるグループですが、YouTube公式チャンネルでは『Monster』、『Love so sweet』、『A・RA・SHI』、『truith』あたりが人気を集めているようです。

 
 さて、『Love so sweet』についてです。この楽曲は、2007年に5人組アイドルグループ嵐によりリリースされたシングル作品です。メンバーも松本潤さんも出演するテレビドラマ『花より男子2(リターンズ)』の主題歌に起用され、話題を呼びました。『花より男子』は神尾葉子さんの漫画が原作となっており、台湾、韓国、中国でも実写化されております。楽曲は、ドラマ主題歌という枠を超えて、嵐の代表的な作品として知られている印象です。

 『Love so sweet』はピアノから始まるミディアムテンポのポップなナンバーです。嵐の作品はラップパートなどが組み込まれることも多いですが、本作は楽曲全体を通して、歌メロディーが中心となります。歌メロについてですが、サビで転調しております。人によっては音程が取り辛いといったことがあるかもしれません。

 『Love so sweet』の音域的な特徴についてです。当初、私自身は「比較的手を付けやすい楽曲」として、この作品を取り上げようと考えていました。しかし、実際調べてみると、サビの音階がhiAに達するなど意外とキーが高いです。低音部分に余裕がありますので、キーの調整は行いやすいです。
 



 さて、『Love so sweet』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAは通常サビでは2回ずつ、ラストのサビで少し多めに登場します。hiAは基本的にmid2Eを伴って登場しますので、難易度がメチャクチャ高いわけではないですが、それでも少し歌いにくいと思います。嵐の代表曲ですが、原曲キーでは見た目以上に難易度は高いです。
 一般的な男性の場合、少しキーを下げるのも選択肢です。原曲キーから1~2程度下げると、地声最高音がmid2G(#)に設定されます。

 『Love so sweet』は音域自体はそこまで広いわけではありません。よって、ある程度のキー調整は可能です。ただ、下げ過ぎると低音部分が少し辛くなりますので、歌い慣れていない人などは注意してください。歌メロ自体は難しい部分は少ないと思いますので、練習曲としてもある程度は使いやすいのではないかと思います。

 ちなみに、『Love so sweet』を女性が歌う場合、一般的には少しキーを上げた方が歌いやすいと思います。比較的性差が問われない歌詞だと思いますので、男女問わず歌いやすい作品だと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー