こんにちは。今回はTAK MATSUMOTO featuring ZARDの『異邦人』(2003)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。

 同曲は、1979年にシンガーソングライター久保田早紀(現:久米小百合)さんにより歌唱された原曲のカバーになります。キーについては原曲と同じになります。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、tabatie1119さんのギターカバー動画を添付いたします。ご了承ください。



『異邦人』(TAK MATSUMOTO featuring ZARD)、Ihoujin


『異邦人』(TAK MATSUMOTO featuring ZARD)










【地声最低音】mid2A#(A#3)  

★そm2G[ら]と大地m2A#[が] [ふ]hiA[れ][う]彼方(Bメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  ※楽曲全体で多く登場します

★鳥や雲やゆhiC[め]hiA#[まで]m2G#[も](Aメロ) 
★なm2G[に]も知ら[な]G#[い]hiA#[わた]hiC[し]
hiC[あ]hiA#[な]m2G#[た]A#[に こ]hiC[の]G#[ゆ]m2G[び]G#[が]
hiA[過]m2G#[去][か]hiC[ら]hiA#[の]たびびC[と]A#[を](Bメロ) 


【裏声最高音】hiC(C5) ※Aメロ

m2G#[つ]m2G[か][う][ぅ][と] G#[し]hiA#[て][い]hiC裏[る]


【補足】mid2GhiA#の注意箇所

★こm2G[ど]m2G#[も][た]ちが空に向い (Aメロ)
★両m2G[手]m2G#[を]hiA#[ひ]ろげ
m2G#[と]hiA#[ど]m2G[く][し]G#[ん]A#[じ]G[て]いた

hiA[呼]m2G[ん]でる道(Bメロ)


 まず、TAK MATSUMOTO featuring ZARDについて少し説明します。TAK MATSUMOTOは2人組音楽ユニットB'zでギタリストとして活躍する松本孝弘さんのことです。一方、ZARD(ザード)は坂井泉水さんを中心に結成された音楽ユニットです(ZARDについての詳しい説明は、また別の機会に行います)。『異邦人』をカバーするにあたって、B'zの松本孝弘さんとZARDがコラボレーションすることになりました。

_____

 さて、『異邦人』についてです。この楽曲は、1979年に女性シンガーソングライターの久保田早紀(現:久米小百合)さんによりリリースされたシングル作品です。原曲のタイトルは、『異邦人 -シルクロードのテーマ-』となっています。久保田早紀さんの代表的な作品であり、今もなお多くの人にカバーされるなどしております。まさに、時代を超えた名曲の1つなのではないかと思います。

 『異邦人』は2003年にB'zのギタリスト松本孝弘さんと、音楽ユニットZARDのコラボでカバーされました。原曲ではストリングスなどが担当していた印象的なイントロは、松本孝弘さんのギターにより再現されております。TAK MATSUMOTO名義の作品ということもあり、ロック色が非常に強くなっております。ボーカルは坂井泉水さんのエバーグリーンな歌声が印象的です。

 『異邦人』の歌メロについてです。同曲は、歌メロがAメロとBメロ(もしくはサビ)で構成されており、シンプルです。最近の作品では、こういう作品は非常に少なくなりましたが、90年代前半くらいまでのヒット曲には時折見られたイメージです。よって、曲を覚えるのも比較的容易です。
 音域についてはそこまで広くなく、キーの調整なども行いやすいです。練習曲としてもかなり使いやすいのではないかと思います。先にも述べましたように、構成もメロディーテンポも難しくないので、曲も覚えやすいです。



 さて、『異邦人』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3) ~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC楽曲全体を通して登場します。この辺りは一般的な女性の音域の範囲内といえます。ただ、高音域が苦手な女性などもおられると思います。場合によっては、キーを少し下げてもよいです。また、歌い慣れていない女性などもキーを少し下げても良いかもしれません。比較的努力が報われやすい作品なのではないかと思います。

 『異邦人』は音域自体は、そこまで広くなく、キーの調整も行いやすいです。歌い慣れていない女性が歌いやすいキーを見つけることも可能だと思います。非常に融通が利きやすい楽曲です。hiCなどが多く登場するため、高音が苦手な方はキーを下げてもよいと思います。個人的には、練習曲として非常に向いている作品の一つではないかと考えております。




 『異邦人』は多くのミュージシャンによりカバーされております。例えば、男性ではロックバンドJanne Da Arcとしても活躍していたAcid Black Cherryがカバーしております。ABCのyasuさんは原曲キーから3つ下げたキーで歌唱されており、音域はmid1G~hiAになります。この音域だと、一般的な男性には少し高いですので、少しキーを下げた方がよいと思います。