J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

AAA

『愛してるのに、愛せない』(AAA)の音域

 こんにちは。今回はAAAの『愛してるのに、愛せない』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 当ブログでは、AAAは以前に『恋音と雨空』を取り上げて以来、2回目の登場です(AAAの西島隆弘さんについては過去に2曲トリコまだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRLを取り上げております。)。


『愛してるのに、愛せない』(AAA)、Aishiteru no ni Aisenai


【地声最低音】mid1F(F3)  

★どうして大切m1F[な]ものってはか[な]F[う]つろう(Aメロ)
★尖る言葉m1F[な]らべて (Bメロ)
★投げm1F[つ][た][ん]の 激し[さで]

★涙色に染まる頬も照らせm1F[な][ま][濡][る]m2F[こ]ろ(ラップパート)

【地声最高音】hiC(C5)  ※ラストサビで1回のみ

m2G[苛]m2F[立][が]G[つ]hiC[の]hiA[る]


【補足】mid2F(一部略)hiA#の注意箇所

★優しさやほほえm2F[み]さえ色m1F[を]変えていく(Aメロ)
★僕の胸を切りつm2F[ける]ぅ(Bメロ)

m2F[あ]いしてhiA[る]m2G[の]F[に]、愛A[せ]G[な]F[い](サビ)
m2G~m2F[澄だひな]hiA[お]G[さ]F[ら]
★眩hiA[し]m2G[す]m2F[ぎ]G[て] G[苛]F[立][が]G[つ]A[のる]
★こぼhiA[れ]m2G[落]m2F[ち]G[て]A[く] ( 略 )愛G[し]F[てる]

m2G[鳴呼叶う]hiA[な]hiA#[ら]A[どう]F[か] (Cメロ)
m2F[なま][も知][ない][まの][た]hiA#[り]hiA[か]m2G[ら]
m2G[もう一度]hiA#[出]hiA[会っ]m2F[て] 

★まちm2F[が]いとまちm2F[が]いが交わりm2F[こ]m2G[じ]F[れ]て(ラップ)

『愛してるのに、愛せない』(AAA)









 まず、『愛してるのに、愛せない』についてです。この楽曲は、2015年に男女混合のパフォーマンスグループAAAによりリリースされたシングル作品です。4枚目のベストアルバム『AAA 10th ANNIVERSARY BEST』、オールタイムベストの『AAA 15th Anniversary All Time Best -thanx AAA lot-』に収録されました。
 『愛してるのに、愛せない』は2015年の第57回日本レコード大賞で「優秀作品賞」を獲得しています。また、シングルの発売に先立ち、公開されたMVは2020年3月現在、4300万回以上の再生回数を記録しています。AAAの作品の中でも人気の高い楽曲の1つといえます。

 『愛してるのに、愛せない』はゆったりめの切ないラブソングです。以前取り上げた『恋音と雨空』と比べると、やや暗めなアレンジでボーカルのキーは高めです。

 歌メロについては、サビがいわゆるヨナ抜き音階で作られており、構造的には『恋音と雨空』と似ています。ただ、先にも述べましたように、ボーカルのキーが高めです。上述しておりますが、サビではmid2F~hiAなど中高音の音階が頻出します。原曲キーで歌唱する場合は、『恋音と雨空』よりも難易度は高めであります。一方で、低音部分に余裕がありますので、キーの調整は行いやすいです。



 さて、『愛してるのに、愛せない』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。 以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCはラストのサビで1回だけ登場します。hiCは一般的な男性にはかなり高めの音階です。逆に、1回のみの登場ですので、高音域がある程度得意な男性であれば届きうるのではないかと思います。

 『愛してるのに、愛せない』はこのhiC部分も難しいのですが、通常のサビ、Cメロ部分についても難易度が高めです。例えば、サビの【m2G~m2F[澄だひな]hiA[お]G[さ]F[ら]に】や、Cメロの【m2G[鳴呼叶う]hiA[な]hiA#[ら]A[どう]F[か] 】など中高音域が連続的に登場します。サビやCメロではこうした高めのフレーズが続きます。特に、Cメロは女性ボーカルが中心となって歌唱されております。それだけ男性にとっては難易度が高くなります。
 ちなみに、ラップパートもmid2G,mid2Fが所々で登場するので、歌い慣れない人にとっては難所です。

 『愛してるのに、愛せない』は上述のように、hiCの登場は1回だけであっても、hiA,mid2Gなどの高めの音階が連続して登場する場面が多いので、ある程度高音域が得意な方向けの楽曲といえます。一般的なんだ生の場合は、キーを下げて歌唱した方が安定するのではないかと思います。

 『愛しているのに、愛せない』は音域ががやや広めの楽曲ですが、低音部分にある程度余裕があります。よって、キーの調整は可能です。ある程度歌い慣れた人の場合、例えば、原曲キーから3~4つ程度下げると歌いやすくなるのではないかと思います。
 図ではわかりにくいですが、この楽曲はキーを大きく下げすぎると低音部分が歌いにくくなるのではないかと私は考えております。図で示すほど、低音部分に余裕があるわけではありません。歌い慣れていない人がキーを大きく下げて練習するほどの余地はないと思います。歌い慣れていない人は、『恋音と雨空』などからチャレンジした方がよいのではないかと思います。



『恋音と雨空』(AAA)の音域

こんにちは。今回はAAAの『恋音と雨空』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回も自選曲になります。当ブログでAAAを取り上げるのは今回が初めてです(西島隆弘さんについては過去に2曲トリコまだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRLを取り上げております。)。


『恋音と雨空』(AAA)、Koioto to Amazora 


【地声最低音】mid1E(E3)  

m1E[キ]ミと離れてからm2E[数]日 (Aメロ)
m1E{こ]んな日はかm1E[な]らず傘を取りに行った


【地声最高音】mid2G#(G#4)  サビとCメロで登場

★好きm2G#[だ]m2F[よ]と伝えればいいF[のに](サビ)
★好きだよがm2G#[つ]m2F[の]っては溶けていF[く]
m2F[ね]がいかけるこm2G#[い]おとF[と]雨空

m2F#[このまま気]m2G#[持]F[ち]F[かめ]F#[たく]て(Cメロ)


【補足】mid2Emid2G辺りの注意箇所

★かじm2E[かんだ手をあた]  ためることが(Bメロ)
★始まりの時まで戻m2E[り]m2F[た]m2G[ぁい]

★好きという事実通りすぎm2F[て今ではもうあ]m2F#[い]F[し]てる(Cメロ)
☆失って数日間m2F[でやっと知ったほんと]m2F#[うは]


『恋音と雨空』(AAA)









 まず、AAAについて少し説明します。AAA(トリプルエー)は2005年に結成された男女混成のダンスボーカルグループです。ジャンルとしては、ポップ、ダンス、ユーロビート、テクノ、エレクトロニカなどに属します。これまで、ミュージシャンとしてのみならず俳優やモデルなど幅広く活動を続けております。最近はソロでの音楽活動なども増えており、当ブログでは西島隆弘(Nissy)さんのトリコまだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRLを取り上げています。今回の『恋音と雨空』を含め、『さよならの前に』などがYoutube公式チャンネルで非常に多くの再生回数を記録しています。

 さて、『恋音と雨空』(こいおととあまぞら)についてです。この楽曲は、2013年にAAAによりリリースされたシングル作品です。作詞作曲は岡村洋佑さんによりなされています。AAAは過去に出場した紅白歌合戦の中で、これまで2回この楽曲が歌唱されております。Youtube公式チャンネルでの再生回数も9000万回を超えており、非常に人気の高い楽曲の一つであると言えます。

 『恋音と雨空』はミドルテンポのポップなラブソングです。歌詞にもあるように、「好きだよ」と伝えることが出来ず、迷っている主人公の姿が共感を誘います。
 一方、歌メロディーはサビがいわゆるヨナ抜き音階で作られており、キーを変えればピアノの黒鍵盤のみで歌メロディーをなぞることが出来ます。意図していたわけではないですが、昨日取り上げたB'zのLOVE PHANTOMも歌メロディーがヨナ抜きです。当ブログにおいても多くのヨナ抜き作品が取り上げられていますが、このメロディーは日本の古来の音階であり、どこか懐かしさを誘います

 『恋音と雨空』の音域的な特徴についてです。歌メロディーについては一般的な男性の音域で作られていますが、やや高めではあります。歌唱するAAAのメンバーはただ歌メロディーをなぞるだけでなく、その中に様々な表現が盛り込まれており、できればそこまで表現したいところです。ある程度余裕をもって歌いこなしている印象ですので、キーが高いと感じられる方は、キーを下げて調整することもお勧めします。



 さて、『恋音と雨空』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】mid2G#(G#4) で歌メロディーが構成されています。おおよそ、一般的な男性の音域であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はサビを中心に登場します。このmid2G#あたりは一つのボーダーラインになり、一般的な男性の音域がギリギリ出るか出ないかくらいの音になります。よって、人によっては難しいこともありますので、ある程度歌い慣れた上で発声がスムーズにいかない場合は、キーを下げてください。一つの目安として、原曲キーから1~2程度下げるとよいと思います。
 一方で、普段歌い慣れていない人も、スムーズは発声が損なわれやすい場面があると思いますのでキーを下げてもよいと思います。

 『恋音と雨空』は音域自体はそこまで広くなく、キーの調整などは行いやすいです。よって、キーを上下させて歌唱したり、練習曲にしたりすることにも向いています。融通が利きやすい曲だと言えます。普段歌い慣れていない人はキーを3つ程度下げてもよいと思います。歌メロディーもミドルテンポで取っつきやすいと思いますので、個人的にはお勧めしたい一曲であります。

 一方、女性が歌唱する場合、少しキーを上げた方が歌いやすいのではないかと思います。AAAには女性のメンバーもおり、サビなども歌唱しております。ただ、歌い慣れた人であれば、もう少し高音域の方が声質が活かされやすいのではないかと私は考えております。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー