J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Eve

『心予報』(Eve)の音域/ ガーナチョコレート "ピンクバレンタイン" テーマソング

 こんにちは。今回はEveさんの『心予報』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『心予報』(Eve)、Kokoroyohou


【地声最低音】lowG(G2)  

★故に感m1A#[情線]lowG[は]渋滞


【地声最高音】hiB(B4)  ※転調後(+1)サビで登場

★君にhiB地[染まっ]m2G#[てし]m2F#[まえ]ば
★もhiC#裏[もい]hiB[ろの]m2G#[ここ]hiA[ろ]hiB[よ]G#[ほ]F#[お]ぉ
☆視線が愛 相m2G#[まって]m2F#[ぇ]ぇ hiB[Oh] G#[Oh] F#[Oh] Oh

※☆のhiB部分は歌詞表記されていません

【裏声最高音】hiE(E5) ※転調後サビで登場

hiE裏[つ]hiD#[たえ]hiB[て]m2G#[しま]m2F#[えば]
★グッhiC#[バイ]hiB[ステップ] hiD#[か]hiE裏[み]m2G#[さ]m2F#[ま]ぁ




【補足】mid2GhiC辺りの注意箇所

★m1A#[ほろ]苦い期待 張り裂けてしまいそう (Bメロ)
★想いならば 聞かせて そhiA#[の]m2G#[こ]m2G[え]m2F[を]

★神さまどうm2G[か]m2F[今日]G[は]味方しhiA#[て](通常サビ)
★君だけhiC裏[お]hiA#[もっ]m2G[てい]m2F[たい]な C[Ah] A#[Ah](Cメロ)

★心遊ばm2G#[せ] 余所見してないG#[で] (転調後サビ)
★どうm2G#[か]m2F#[今日]G#[は]味方して

『心予報』(Eve)









 まず、『心予報』(こころよほう)についてです。この楽曲は、2020年にシンガーソングライターのEveさんによりリリースされたアルバム『Smile』に収録されているナンバーです。『心予報』はロッテのガーナミルクチョコレートのキャンペーン"ピンクバレンタイン"のテーマソングとして書き下ろされた作品です。バレンタインをテーマにしたアニメ作品によるMVも制作されております。

 余談ですが、「楽曲の書き下ろし」はドラマや映画、アニメなどでは多く見られてますが、最近はCMでも大きく取り上げられるようになった、と私なりに考えております。ロッテは昨年もBUMP OF CHICKENの『新世界』で創業キャンペーンを行っており、アニメ動画が制作されました。

 さて、『心予報』についてです。爽やかなギターポップナンバーで、編曲はNumaさんによりなされています。バレンタインのキャンペーンソングということもあり、サウンド、ボーカルの抑揚などについて、明るさや優しさが強調されているように感じました。

 『心予報』の音域的な特徴についてです。当ブログではこれまで、Eveさんの楽曲をいくつか取り上げてまいりました。Eveさんの楽曲は音域が非常に広く、この『心予報』においても低音域から高音域までガッツリ歌唱されています。曲の展開としては、低音域のAメロ~Bメロ前半、高音域のBメロ後半からサビといった形になっております。この辺りは、これまで取り上げたEveさんの楽曲と共通しています。キーの調整などは非常に行いにくく、歌い慣れた人向けの楽曲と言えます。



 さて、『心予報』の音域についてですが、【地声最低音】lowG(G2)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めで、音域自体も広めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowGが1番で登場し、その他にも低音域が多く登場します。この辺りはEveさんの楽曲の特徴の一つでもあります。

 一方、地声最高音hiBはラストのサビで登場します。『心予報』はラストのサビで転調し、キーが1つ上がります。よって、通常のサビではhiA#が地声最高音、hiD#が裏声最高音になります。
 地声最高音hiB,hiA#といった音階は一般的な男性にとっては高めであり、歌いにくいと思います。もし、可能であれば、キーを少し下げても良いです。ただ、『心予報』は音域自体が非常に広く、低音域もキーを下げる余地が少ないです。その点は留意しておいてください。

 『心予報』は音域が非常に広く、キーの調整には不向きです。歌い慣れた男性ならば少しキーを下げることが可能(女性なら少しキーを上げる)といった程度です。普段歌い慣れていない人が練習曲として利用することもあまりお勧めしません。別の優しい楽曲で歌い慣れた上でチャレンジするのが吉だと言えます。
 一方で、高音域が得意で、歌い慣れた人であれば楽しめる楽曲でもあります。「難易度がべら棒に高い楽曲では無いですが、歌い慣れていない人や高音域が苦手な人にとっては非常にハードルが高い」といったところだと私は解釈しています。
 

『お気に召すまま』(Eve)の音域

 こんにちは。今回はEveさんの『お気に召すまま』(Eve)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。


『お気に召すまま』(Eve)、Oki ni Mesu Mama

『お気に召すまま』(Eve)










【地声最低音】
lowG#(G#2) 
 ※2番で1回登場

★この先ずっとよろしくね、よろmid1A[し]lowG#[く]ね。

※Aメロなどでmid1Bが多く登場します

【地声最高音】hiA(A4)  ※サビで複数回登場

★回りm2G#[は]hiA[じ]G#[め]m2E[る]


【補足】mid2Emid2G#辺りの注意箇所

★ぼm2G#[く]m2F#[らい]m2E[ま] m2E[さあさあ輪になっ]て(サビ)
★中に寄って でもはm2E[なれ]m2F#[て]E[く]
★僕のここm2E[ろ]m2F#[を]E[ぉ]E[シェイク]F#[シェイク] E[いえい]




 まず、『お気に召すまま』についてです。この楽曲は、2017年にシンガーソングライターのEveさんによりリリースされたアルバム『文化』に収録されているナンバーです。いわゆるアルバムのリード曲にあたると思います。
 アルバムのリリースに先立ち、EveさんのYouTube公式チャンネルでMVが公開されました。MVは2020年1月現在、3900万回もの再生回数を記録しています。非常に人気の高い楽曲の一つと言えます。

 『お気に召すまま』はギターの音色などが心地よい軽快なバンドナンバーです。音域的には、過去に当ブログで取り上げた『レーゾンデートルドラマツルギーと比較してサビのキーが抑えられております。私自身はダンサブルな印象を感じました。サビに関していえば、Eveさんの人気曲の中では手を付けやすいのではないかと思います。

 一方で、『お気に召すまま』はEveさんの楽曲らしく音域が広めであり、この辺りが多くの人にとってネックになりそうです。楽曲全てを把握しているわけでは無いですが、Eveさんの楽曲はAメロBメロは低めで、サビが高いという傾向があるように感じられます。




 さて、『お気に召すまま』の音域についてですが、【地声最低音】lowG#(G#2)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めで、また音域が広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音についてですが、2番でlowG#という音階が登場します。この辺りは非常に低い音であります。楽曲全体で考えると、mid1Bという音階が低音部で多く登場します。

 一方、地声最高音hiAはサビで登場します。各サビで大体4回ずつ登場しますので、高音域が得意な方でもじわじわと体力を削られていく印象です。ただ、私自身は『レーゾンデートルドラマツルギーと比較すると、歌いやすいのではないかと考えました。また、メロディーなども覚えやすいと思います。その点で手を出しやすいです。

 一般的な男性の場合、キーを少し下げると良いと思います。ただ、先に述べましたように、『お気に召すまま』も音域が広めの楽曲ですので、下げる余地は少ないです。下げるとしても1つか2つ程度なのではないかと思います。この辺りだと、最高音がmid2Gに設定されます。
 音域が広いという特徴もあり、普段歌い慣れていない人にとっては、非常に歌いにくく、練習曲としても使いにくい楽曲なのではないかと思います。歌い慣れていない人は別の曲で練習した上で、この楽曲にチャレンジするのが良いと私は考えております。

 先にも述べましたが、これまで当ブログで取り上げたEveさんの楽曲の中では手を出しやすい作品だと思います。ある程度歌い慣れた人はチャレンジしてみても良いと思います。

『ドラマツルギー』(Eve)の音域

 こんにちは。今回はEveさんの『ドラマツルギー』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。Eveさんは以前、レーゾンデートルを記事にして以来、2回目の登場となります。


『ドラマツルギー』(Eve)、Dramaturgy


【地声最低音】lowG#(G#2)  ※2番AメロとCメロ

★その全てを肯定しないと前に進m1G#[め]lowG#[ない]m1A#[かい]
★諦めかけた人lowG#[の]前にアンタは


【地声最高音】hiB(B4)  ※各サビで1回、曲全体で3回

★撃hiA#[ち]m2G#[抜]A#[い]hiB[て] A#[さあ]


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※各サビで1回、曲全体で3回

★くろまm2F#[く]のおhiC#裏[出]hiB[ま]hiA#[し]B[さ]A#[ぁ]




【補足】mid2F#hiA#の注意箇所

★ワタシ"なんm2F#[て]ないの どこにだっm2F#[て]居ないよ (Bメロ) 
★ずっと僕は 何者にもなれm2F#[な]m2F[い]で

★ぼhiA#[く]m2G#[ら]m2F#[い]G#[ま](サビ)  
hiA#[さあ]さあ 喰m2G#[ら]hiA#[い]G#[あっ]m2F#[て]
★メーデー あm2F#[わ]m2G#[い]F#[愛]想  垂れ流し
★ドラhiA#[マ]m2G#[チック]m2F#[な]m2G#[展]hiA#[開]
★どっかきm2F#[た]いしhiA#[てん]m2G#[だ]F#[ろ]G#[ぉ]A#[ぉ]

『ドラマツルギー』(Eve)










 まず、『ドラマツルギー』についてです。『ドラマツルギー』は、2017年にシンガーソングライターのEveさんによりリリースされたアルバム『文化』に収録されている楽曲です。アルバムの発売に先立ち、この『ドラマツルギー』と、『お気に召すまま』のMVが公開されました。
 『ドラマツルギー』は、2019年にAbemaTVのドラマ『フォローされたら終わり』の主題歌に起用されており、こうした点は楽曲の質やアーティスト活動が評価されている一つの証左と言えるかもせん。MVは2019年12月現在、約4900万回もの再生回数を記録しています。Eveさんの作品でも非常に人気の高い楽曲の一つです。

 『ドラマツルギー』は疾走感のあるギターロックです。編曲はNumaさんによりなされています。最近のロックバンドの一つの特徴とも言えますが、歌メロのテンポが非常に速く、歌詞を覚えて歌唱するのが非常に苦労しそうです。ちなみに、『ドラマツルギー』とは、演劇の技法や方法論のことであり、そうしたものが歌詞にも反映されています。

 『ドラマツルギー』の音域的な特徴についてです。以前取り上げた『レーゾンデートル』でもそうなのですが、本曲においても音域が広めです。とりわけ低音部が非常に低くlowG#等が登場します。全て表記してはいないのですが、低音部はmid1A#という音階が非常に多く登場します。この音階がポップスで頻出することは、一般的にはあまりありません。低音部と高音部の落差に注意して歌唱したいところです。



 さて、『ドラマツルギー』の音域についてですが、【地声最低音】lowG#(G#2)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも音域が広く、高音部は高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはサビで1回ずつ登場します。また、サビではhiA#が頻出しますので、できればhiA#辺りまでは安定的に歌唱したいところです。この辺りは一般的な男性の音域よりもやや高めになりますので、キーを下げるというのがオーソドックスな方法になると思います。

 ただ、この『ドラマツルギー』は先にも述べましたように、低音部はlowG#などかなり低めです。よって、キーを下げて歌唱するとしてもあまり余地はありません。キー調整がしにくい楽曲であり、とりわけ普段歌い慣れていない人には非常に歌いにくい楽曲であるといえます。普段歌い慣れていない男性は、別の楽曲で歌い慣れた上で、チャレンジするのも一つの選択肢だと思います。
 「歌い慣れているけど、高音域が苦手」という人の場合は、低音部分は多少曖昧になっても良いと思います。キーを下げた分、しっかりサビの部分を頑張ってください。

 ちなみに、原曲キーで歌唱する場合、当ブログでよく取り上げるミュージシャンとしてはback number、Mr.Childrenなどを上手く歌いこなせる方は、この楽曲も視野に入ってくると思います。一つの目安にしてみてください。

『レーゾンデートル』(Eve)の音域

 こんにちは。今回はEveさんの『レーゾンデートル』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。


『レーゾンデートル』(Eve),Raison d'être


【地声最低音】lowG(G2)  

★強がりに嫌気がさしていlowG[る]


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビで登場

★ 期m2F[待なん]てもうして[ら]hiA#[れ]hiA[ない]m2G[か][ら] G[ah] F[ah] A#[ah] A[ah]
★生hiA#[ま]hiA[れ 変]m2G[わ][る][ま]で 終わらないゆm2G[めを]


※[ah]の部分は歌詞に表記されていませんが、重要と考え記述しました。


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビで登場

hiC裏[こんな気]hiD裏[持ち]hiA地[さえ]G[も捨て]きれないのなら




【補足】mid2GhiCの注意箇所

m2F[だ]けど 夢に目覚めた君は何をみるの(サビ直前)

hiA地[最低な日]hiC裏[を]m2G[超]m2F[えて](サビ) 
m2G[最善]m2F[の][成]hiA地[る]G[方]F[へ]
★その時をじっとm2G[待]hiA[っ][て]hiC裏[い]A[る]G[ぅ]

★もう僕の心は壊れてしまm2F[う]から(Cメロ)
★その先のきhiA[みを](ラストサビ)

mid2Fについては、表記が煩雑になるため一部省略しています。
『レーゾンデートル』(Eve)









 まず、Eveさんについて少し説明します。Eveさんは2009年に、歌い手として音楽活動を開始いたしました。その後、2015年ごろから自らも作詞作曲活動を行うようになります。2016年にはボカロPとしても活動しています。代表的な楽曲としては『ドラマツルギー』(4500万回)、『ナンセンス文学』(2600万回)、『お気に召すまま』(3500万回)あたりが多くの再生回数を記録しております(2019年11月現在)。Eveさんの音楽についてですが、ロックのテイストが強く、日本のバンドで言えば、RADWIMPS、米津玄師さんなどに近いものを感じます。

 さて、『レーゾンデートル』についてです。この楽曲は2019年にシンガーソングライターのEveさんによりリリースされたシングル作品(配信限定)です。2020年にリリース予定のアルバム『smile』に収録される予定です。CMソングとしてのタイアップが付きました。作詞作曲はEveさん自身が行い、編曲はNuma(沼能友樹)さんによりなされています。NumaさんはEveさんの代表的な楽曲を含め、多くの作品の編曲に携わっております。

 『レーゾンデートル』はイントロのギターが非常に心地よいギターロックです。アレンジを行うNumaさんはギタリストということもあり、やはりギターの音色が非常に耳に残ります。
 音域的には、AメロBメロは低音部分が非常に目立ちます。その後サビに入って高音部分中心のメロディーになっていきます。カラオケなどではこの低音と高温の落差に非常に苦しめられるのではないかと私自身は感じました。
 ちなみに、『レーゾンデートル』とはフランス語で「存在理由」、「生き甲斐」などを意味します。哲学の分野で多く使われる用語です。



 さて、『レーゾンデートル』の音域についてですが、【地声最低音】lowG(G2) ~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されています。 地声については一般的な男性の音域よりも少し高く、音域も広めです。以下、見ていきます。

 まず、低音部分ですが、lowGという音域が登場します。1か所ですのであまり目立たないと思いますが、この辺りは他にmid1Aという音階が連続で登場するのできついと思います。高音域に自信がある方はキーを上げても良いかもしれません。

 一方、地声最高音hiA#はサビを中心に登場します。これも一般的な男性の音域よりも高めです。楽曲のテンポが速いですので、少しかすれたりしても目立たないと思います。ただ、hiAあたりの音階は安定的に歌唱したいところです。当ブログでよく取り上げるミュージシャンとしてはback number、Mr.Children、サカナクション、スピッツあたりが歌える人であれば、この『レーゾンデートル』のhiA#も歌いこなせうるとおもいます。

 裏声のhiD、hiCなどについてですが、地声の高音と一緒に登場し、器用な発声が求められます。ただ、どちらかといえば、やはり地声の発声を優先させてください。地声が上手く発声出来ていれば、全体として締まりやすいと思います。
 
  一般的な男性の場合、キーを1~2程度下げても良いかもしれません。『レーゾンデートル』は音域が広く、キーを上げても下げても大変な楽曲です。ただ、どちらを優先するべきかといえば、迷わずサビの部分です。ただ、キーを下げる余地も多くはないですので、キー下げで歌唱する場合でもmid2G(#)あたりは歌いこなしたいところです(そうした意味で初心者向きではないです)。

 これまで見てきたように、『レーゾンデートル』は音域が広く、高音部分も高めであるため、キー調整がしにくく、普段歌い慣れていない人には特にハードルが高い楽曲です。よって、そうした方は別の曲で歌い慣れたうえで、この『レーゾンデートル』にチャレンジしたほうが良いと思います。