J-POPの音域を調べる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

Nissy(西島隆弘)

『恋音と雨空』(AAA)の音域

こんにちは。今回はAAAの『恋音と雨空』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回も自選曲になります。当ブログでAAAを取り上げるのは今回が初めてです(西島隆弘さんについては過去に2曲トリコまだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRLを取り上げております。)。


『恋音と雨空』(AAA)、Koioto to Amazora 


【地声最低音】mid1E(E3)  

m1E[キ]ミと離れてからm2E[数]日 (Aメロ)
m1E{こ]んな日はかm1E[な]らず傘を取りに行った


【地声最高音】mid2G#(G#4)  サビとCメロで登場

★好きm2G#[だ]m2F[よ]と伝えればいいF[のに](サビ)
★好きだよがm2G#[つ]m2F[の]っては溶けていF[く]
m2F[ね]がいかけるこm2G#[い]おとF[と]雨空

m2F#[このまま気]m2G#[持]F[ち]F[かめ]F#[たく]て(Cメロ)




【補足】mid2Emid2G辺りの注意箇所

★かじm2E[かんだ手をあた]  ためることが(Bメロ)
★始まりの時まで戻m2E[り]m2F[た]m2G[ぁい]

★好きという事実通りすぎm2F[て今ではもうあ]m2F#[い]F[し]てる(Cメロ)
☆失って数日間m2F[でやっと知ったほんと]m2F#[うは]


『恋音と雨空』(AAA)









 まず、AAAについて少し説明します。AAA(トリプルエー)は2005年に結成された男女混成のダンスボーカルグループです。ジャンルとしては、ポップ、ダンス、ユーロビート、テクノ、エレクトロニカなどに属します。これまで、ミュージシャンとしてのみならず俳優やモデルなど幅広く活動を続けております。最近はソロでの音楽活動なども増えており、当ブログでは西島隆弘(Nissy)さんのトリコまだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRLを取り上げています。今回の『恋音と雨空』を含め、『さよならの前に』などがYoutube公式チャンネルで非常に多くの再生回数を記録しています。

 さて、『恋音と雨空』(こいおととあまぞら)についてです。この楽曲は、2013年にAAAによりリリースされたシングル作品です。作詞作曲は岡村洋佑さんによりなされています。AAAは過去に出場した紅白歌合戦の中で、これまで2回この楽曲が歌唱されております。Youtube公式チャンネルでの再生回数も9000万回を超えており、非常に人気の高い楽曲の一つであると言えます。

 『恋音と雨空』はミドルテンポのポップなラブソングです。歌詞にもあるように、「好きだよ」と伝えることが出来ず、迷っている主人公の姿が共感を誘います。
 一方、歌メロディーはサビがいわゆるヨナ抜き音階で作られており、キーを変えればピアノの黒鍵盤のみで歌メロディーをなぞることが出来ます。意図していたわけではないですが、昨日取り上げたB'zのLOVE PHANTOMも歌メロディーがヨナ抜きです。当ブログにおいても多くのヨナ抜き作品が取り上げられていますが、このメロディーは日本の古来の音階であり、どこか懐かしさを誘います

 『恋音と雨空』の音域的な特徴についてです。歌メロディーについては一般的な男性の音域で作られていますが、やや高めではあります。歌唱するAAAのメンバーはただ歌メロディーをなぞるだけでなく、その中に様々な表現が盛り込まれており、できればそこまで表現したいところです。ある程度余裕をもって歌いこなしている印象ですので、キーが高いと感じられる方は、キーを下げて調整することもお勧めします。



 さて、『恋音と雨空』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】mid2G#(G#4) で歌メロディーが構成されています。おおよそ、一般的な男性の音域であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はサビを中心に登場します。このmid2G#あたりは一つのボーダーラインになり、一般的な男性の音域がギリギリ出るか出ないかくらいの音になります。よって、人によっては難しいこともありますので、ある程度歌い慣れた上で発声がスムーズにいかない場合は、キーを下げてください。一つの目安として、原曲キーから1~2程度下げるとよいと思います。
 一方で、普段歌い慣れていない人も、スムーズは発声が損なわれやすい場面があると思いますのでキーを下げてもよいと思います。

 『恋音と雨空』は音域自体はそこまで広くなく、キーの調整などは行いやすいです。よって、キーを上下させて歌唱したり、練習曲にしたりすることにも向いています。融通が利きやすい曲だと言えます。普段歌い慣れていない人はキーを3つ程度下げてもよいと思います。歌メロディーもミドルテンポで取っつきやすいと思いますので、個人的にはお勧めしたい一曲であります。

 一方、女性が歌唱する場合、少しキーを上げた方が歌いやすいのではないかと思います。AAAには女性のメンバーもおり、サビなども歌唱しております。ただ、歌い慣れた人であれば、もう少し高音域の方が声質が活かされやすいのではないかと私は考えております。
 

『まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL』(Nissy(西島隆弘))の音域

 こんにちは。今回はNissy(西島隆弘)さんの『まだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRL』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。当ブログでは、Nissy(西島隆弘)さんは以前に『トリコ』を取り上げて以来、2回目の登場です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がほぼフル公開されているのですが、アウトロ部分が省略されています。当ブログにおいても、公式チャンネルの動画を添付いたします。その点については、ご了承ください。


『まだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRL』(Nissy(西島隆弘))、Mada Kimi ha Shiranai


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★ソワソワしながm1F#[ら] 現れた君は


【地声最高音】hiA(A4)  楽曲の要所要所で登場

★「m2F#[あ]の子は誰な[の?]hiA[って] F#[oh] no(Aメロ)
m2F#[そ]の笑[顔以外] [欲]しく[なん]hiA[か][ない](サビ)
m2F#[き]hiA地[み]hiB裏[が][お]もうより
m2F#[あ]りの[ままの] [き]みで[いいん]hiA地[だ]F#[よ](Cメロ)


【裏声最高音】hiD(D5) ※ラストサビで2回

m2F#[き]hiA[み]hiB[の]hiD裏[み]hiC#[りょ]hiB[くに]A[~] 





【補足】mid2F#hiB辺りの注意箇所

★まだ君は知m2F#[ら]ない [My] prettiest girl(冒頭・サビ)
★Pretty pretty, prettiest m2F#[girl] 
★みんなが話m2F#[し][た]噂のGirl(Aメロ)
☆何も恥じるものなんてm2F#[ない] hiB[oh] hiA[oh] m2F#[oh] oh

★顔m2F#[上]げて Don't be m2F#[shy](m2F#[シャ][アイ])(サビ)
m2F#[ずっ]hiA裏[と]hiB[す][て]きなのに

★俺のことでm2F#[いっぱい][ろう?] m2G[oh] [oh] oh(Cメロ)
★俺の目を見てよm2F#[ ba-]-by から[かっ]てるつ[も]りなんてない
★受m2F#[け]止めて こ[の]全て
★うまm2F#裏[く]hiA[いえない]hiB[け]A[ど][き]みに むF#[ちゅ]うなだけ

※☆の部分のhiBは歌詞に無い部分ですが、重要なので表記してます。
※アウトロの「Pretty pretty, prettiest girl」の部分にもhiBが登場しますが、重要度は低いと考え記載しておりません。アウトロも音源に忠実に歌唱すれば、地声最高音はhiBになります。
『まだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRL』(Nissy(西島隆弘))









 まず、『まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL』についてです。この楽曲は、2016年に歌手のNissy(西島隆弘)さんによりリリースされたシングル作品です。2017年にリリースされたアルバム『HOCUS POCUS 2』(ホーカス ポーカス ツー)に収録されています。また、ベストアルバムにも収録されました。レコード会社のYoutube公式チャンネルではMVが公開されており、2019年11月現在、3300万回以上の再生回数を記録しています。非常に高い人気を誇っております。

 『まだ君は知らない』の音域的な特徴についてですが、以前『トリコ』でも取り上げたように、mid2F#という音階が非常に多く登場します。この辺りの音階は一般的な男性の音域の範囲内なのですが、そうした音階を確実に歌いこなせるかが試されます。
 
 『まだ君は知らない』の楽曲の特徴としては軽快なテンポのポップソングで、ドゥーワップ (doo-wop)のようなアレンジがなされております。
 ドゥーワップはゴスペルなど黒人音楽にルーツを持つか合唱スタイルです。日本のミュージシャンで言えば、ラッツ&スターや山下達郎さんなどがそうしたものを取り入れているイメージが強いです。『まだ君は知らない』では、西島さんの声質を活かした爽やかな形でドゥーワップが取り入れられています。カラオケなどでも歌いやすいのではないかと思います。



 さて、『まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiA(A4) 、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。また、楽曲のニュアンスに重要なフェイクなどを加えると地声最高音はhiBになります。一般的な男性の音域よりも高いです。 以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAについてですが、楽曲全体の要所要所で登場します。場合によっては裏声でも良い場面もありますので、高音が苦手な人は上手く調整してください。例えば、【m2F#[き]hiA地[み]hiB裏[が][お]もうより】というサビのフレーズは無理して地声hiAで歌わなくても良いと思います。その他の場面については、出来れば地声で歌唱した方が原曲のニュアンスが残りやすいと思います。

 原曲キーで歌唱すると、高音域が出にくい男性も多いと思いますので、キーを下げて歌唱するのも選択肢の一つです。原曲キーから1つか2つ程度下げると、mid2G(#)辺りが最高音に設定されるため、歌いやすくなります。

 『まだ君は知らない』は先にも述べましたように、mid2F#という音階が非常に多く登場します。この辺りの音階は一般的な男性の音域の範囲内ですが、普段歌い慣れていない男性はスムーズな発声が損なわれやすいです。歌に慣れていない人は、キーを下げて練習しても良いと思います。

 
 ちなみに、少し前に取り上げた『トリコ』(【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiD(D5))もそうですが、『君は知らない』は音域的には女性が歌唱することも可能だと思います。声質に個人差があり、一概には言えないのですが、原曲キー、もしくは少しキーを上げると歌いやすいのではないかと思います。



『トリコ』(Nissy(西島隆弘))の音域

 こんにちは。今回はNissy(西島隆弘)さんの『トリコ』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『トリコ』(Nissy(西島隆弘))、Toriko


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★だから怒らないで 一緒にm1F#[帰]ろう Baby


【地声最高音】hiA(A4)  ※要所要所で登場します

hiB[そん]hiA裏[な]hiA地[き]m2F#[みが好]き(サビ)
m2F#[わ][っ][る]hiA地[で]しょ?(2番Aメロ)
★ずっと目をhiB裏[見]hiA[つ]hiA地[て] hiB[yeah] A[yeah](ラストサビ直前)

※地声hiBの部分は歌詞表記がありませんので、参考程度に表記してあります。

【裏声最高音】hiD(D5) ※曲全体で一回

★気持m2G[ち]hiA地[に] hiA地[振り向いてみ]hiB裏[ま]A[せ]B[ん]hiD[か?]




【補足】mid2F#(一部のみ)hiB辺りの注意箇所

★負けちゃいそm2F#[うなと]hiA#裏[き]F#[は](Bメロ)
★君の気を引っhiA裏[掛]hiB[け]A[る]m2F#地[罠]さぁ
m2G[な]m2F#[に]G[し]F#[て]G[も]F#[ダ]G[メな]僕だけど 
★君だけはhiB裏[は]hiA[な]m2F#[さ]ない!

★抱m2F#[きし] hiA裏[め]hiB[てみ]せるよ(サビ)
★「夢m2F#[は叶]うhiB裏[かな]hiA[ぁ]?」

★君だけはhiB裏[は]hiA[な]m2F#[さ]A[ない!](2番Bメロ)

★ずm2F#[っとそば]hiA[に居]hiB裏[てく]れたから (ラストサビ)

mid2F#が楽曲全体で頻出します。全て表記すると膨大な量なので一部のみ表記します。

『トリコ』(Nissy(西島隆弘))









 まず、Nissy(西島隆弘)さんについて少し説明します。Nissy(ニッシー)は男女6人組の音楽グループAAAのメインボーカルとして活躍している西島隆弘さんのソロ名義であります。2014年よりソロとしても音楽活動を開始しております。

 さて、『トリコ』についてです。この楽曲は、2018年にNissyによりリリースされたシングル作品です。『トリコ/Relax&Chill』と両A面シングルとしてリリースされました。アルバムでは、2019年にリリースされたベストアルバムに収録されています。『トリコ』は同名の漫画を原作とした映画『あのコの、トリコ。』の主題歌に起用されました。作詞作曲には共同名義で西島さん自身も関わっております。

 『トリコ』はミディアムテンポのポップなナンバーです。カラオケなどでも非常に歌いやすいのではないかと私自身は感じました。音域的にはmid2F#という音階がAメロからサビを通じて非常に多く登場し、この辺りを地声で歌唱できることが重要になると感じました(詳細は後述します)。



 さて、『トリコ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAについてです。各サビで1回登場し、その他にも要所要所で登場します。この中で、出来れば地声で歌った方が良い場面は【★ずっと目をhiB裏[見]hiA[つ]hiA地[て] hiB[yeah] A[yeah]】、【気持m2G[ち]hiA地[に] hiA地[振り向いてみ]hiB裏[ま]A[せ]B[ん]hiD[か?]】の2箇所だと思います。どちらも重要な局面です。もしhiA辺りがギリギリ出る人ならば、楽曲終盤のこの2か所に集中させてください。サビで登場するhiA箇所などは裏声で歌っても違和感は無いと思います。

 この『トリコ』ですが、サビ等重要な局面を除けば、mid2F#が非常に多く登場します。上の表記に記載されていない場面で高い音階があるとすれば、このmid2F#です。このmid2F#は一般的な男性の音域の範囲内であります。その点で、この楽曲では、歌い慣れているかどうかをチェックする場面が多く登場します。

 一般的な音域の男性はキーを少し下げた方が歌いやすいかもしれません。楽曲内ではmid2F#が重要な場面で多く登場しますので、キーを2つ程度下げると良いと思います。Nissyさん自身は非常に爽やかに歌唱していますので、少し余裕を持って歌唱した方が楽曲のニュアンスを表現しやすいと思います。