J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』(アンジェラ・アキ)の音域

 こんにちは。今回はアンジェラ・アキの『手紙 ~背景 十五の君へ~』(2008)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』(アンジェラ・アキ)、Tegami ~Haikei 15 no Kimi he ~(Angela Aki)
『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』(アンジェラ・アキ)









【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★拝m1G#[啓 この]手紙読んでいるあなたは(Aメロ)
★どこで何をしているのm1G#[だろう]
★いm1G#[まを]G#[きて]G#[る](1番サビ)


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※曲全体で3回

hiC#[Keep] hiC[on] be[lie][vi][n]g(Cメロ)
★(ああ、負けないで) hiC[泣]hiC#[か][な]hiA#[い]で(ラストサビ)


【補足】hiAhiCの注意点

★きっm2G#{とす]hiA#[な]G#[お]に(Bメロ)
★打ち明けられるmG#[だろ]hiA#[う]

★いhiA#[ま]hiC[負]A#[けそ]うでC[泣]A#[きそ]うで(サビ)
★ 苦しい中でhiC[い]まをhiA#[生]きてA#[い]

hiA#[la la la] Keep on believing hiA#[Keep] hiA[on] be-[-lie][-ving](Cメロ) 


 まず、アンジェラ・アキさんについて少し説明します。アンジェラ・アキさんは、2000年より音楽活動を開始し、2005年にメジャーデビューした女性シンガーソングライターです。デビューまでに長い下積み時代が続きましたが、デビューシングルの『HOME』がヒットを記録し、翌年の紅白歌合戦にも出場します。その後、人気ゲーム『ファイナルファンタジーXII』の主題歌『 Kiss Me Good-Bye』を担当する等、実績を積み重ねていきました。ピアノを弾きながら、歌い上げる姿が印象的です。
 アンジェラ・アキさんの代表的なシングル曲としては、『HOME』、『This  Love』、『サクラ色』などがカラオケで人気があるようです。今回取り上げる『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』も非常に人気のある作品です。

_____

 さて、『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』についてです。この楽曲は、2008年にのNHK全国学校音楽コンクール(通称Nコン)のために制作されました。こうしたこともあり、歌詞は将来に悩む思春期の人に向けた応援歌になっており、「未来の自分から15歳の自分に宛てた手紙」という形で作られております。
 この楽曲は、大きなヒットを記録し、以後、合唱曲としても定番の作品として定着していきました。また、Nコンでポップスの作家が課題曲を提供するという流れを作った作品ともいえると思います。アンジェラ・アキさんの作品の代表作としても列挙されることの多い作品です。

 さて、『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』についてですが、中学生の合唱曲ということもあり、親しみやすい歌メロで作られております。歌メロの音域については、ポップスでは標準的であります。
 合唱ではアンジェラさんとは異なるキーで歌われております。一つのパートが図に示す音域を担当するわけではありません。



 さて、『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。大よそ一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#はCメロやラストのサビで登場します。曲全体で3回程度です。一方、サビで象徴的なフレーズ【いhiA#[ま]hiC[負]A#[けそ]うでC[泣]A#[きそ]うで】はhiCが高音階となります。この辺りは一般的な女性の音域の範囲内といえますが、高音域が苦手な方などはキーを少し下げて歌唱しても良いと思います。

 『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』は音域自体は滅茶苦茶に広いわけではなく、キーの調整も可能であります。ただ、「易しい曲」というわけではないですので、普段歌い慣れていない人がすぐにしっかり歌いこなせるものではないです。キー調整などをしても、難しいと感じた場合は、別の易しめの曲と並行して練習してください。
 逆に歌い慣れた人であれば、比較的手を付けやすい作品であり、表現を学ぶことにも良い作品なのではないかと思います。

 『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』は合唱曲としても人気の作品であり、思い入れのある人も多いと思います。興味を持たれた方はカラオケ等でもチャレンジしてみてください。



【あいみょん提供曲】『体の芯からまだ燃えているんだ』(シン(阿部サダヲ)&ふうか(吉岡里帆))の音域

 こんにちは。今回はシン&ふうかの『体の芯からまだ燃えているんだ』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、今回は主旋律のみを分析しております。その点はご了承ください。


『体の芯からまだ燃えているんだ』(シン(阿部サダヲ)&ふうか(吉岡里帆))、Karada no Shin kara Mada Moeteirunda (Shin[Sadawo Abe]&Fuuka[Riho Yoshioka])
『体の芯からまだ燃えているんだ』(シン&ふうか(吉岡里帆))









【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★血の味混じm1G#[ぃ]りで[う]たをうG#[たう](Aメロ)
m1G#{あ]の日聴[いた最強の]ロックをG#[歌]


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※イントロで2回

hiD#[じん]hiC[せ]いがぁ(イントロ[女]) 

※男性パートの最高音はhiC#になります


【裏声最高音】hiF(F5) ※主にサビやCメロで登場

★(あの日から)変わhiF裏[ら]hiD#[ない](サビ)
hiF裏[と]hiD#[どいて]hiC地[い]hiA#[ますか]ぁ(2番Aメロ[男])

ロッhiF裏[クン]hiD#[ロー]ルに終hiA#[わ]hiC[り]A#[は]ない(Cメロ)
hiF裏[た]hiD#[ら]しいうhiC地[た]hiC#[ご]C[え]で(ラストサビ)


【補足】hiA#(一部のみ)hiC#の注意点

★燃え尽きるまhiC[で]hiC#[ぇ]C[ぇ]ぇ(イントロ)
★きっとこうしてさhIC[け]hiC#[ぶ]C[のさ]ぁぁ

★ボリュームを上げてやるわ いぇhiA#[え]hiC[え]A#[え]え(Aメロ)
★さhiA#[か][ち][こ]hiC[ろ]んで(Bメロ)
★(届け) とhiC[ど]け とhiC[ど]hiC#[ぉ]C[ぉ]

★こhiC[わ]れたギターで奏でよhiA#[う]C[か] (サビ)
★あhiC#[た]hiC[ら]しい C#[メ]C[ロ]ディー
★(焦がした心が)ふhiC[る]hiC#[え]C[る]hiA#[のは]ぁ 
★かhiC#[ら]hiC[だ]の芯からまC#[だ]C[燃]えているhiA#[んだ]

★あm2G#[の]日うまれたロックをG#[ぉ]hiA#[ぉ](2番Aメロ)
hiC[聴][え]て[い]hiC#[ます]C[か] 
☆あhiC#[の]hiC[と]hiA#[き]の(あの夜の)
☆私のままじゃhiC[な]hiC#[い]C[のよ]

小さく揺れていた 魂のかhiA#[げ]ろm2G#[う](2番Bメロ)

hiC[こ]と[ば][死][ない] [う][い][づ]hiC#[け][る]さ(Cメロ)
★ただhiC[人]生が燃え尽C[き]hiC#[る]C[ま]

※☆の部分は男性パートのソロで地声最高音hiC#です。


 まず、『体の芯からまだ燃えているんだ』についてです。この楽曲は、映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』のために制作されたもので、女性シンガーソングライターのあいみょんさんが楽曲提供しております。ボーカルは主演のシン(阿部サダヲ)とふうか(吉岡里帆)さんが担当しております。
 ちなみに、阿部サダヲさんはハードコアパンクバンドの『グループ魂』のボーカルとしても活動されており、2005年には紅白歌合戦にも出場しております。

 さて、『体の芯からまだ燃えているんだ』はアップテンポのロックナンバーです。編曲・演奏はロックバンドのTHIS IS JAPANが担当しております。
 歌メロについては、ロックナンバーということもあり、AメロBメロサビと非常にテンションが高いです。女性ボーカルの視点で見るとhiC#が頻出し、少し高めの印象です。一方、男性から見ると、最高音hiC#が複数回登場しますので、かなり高めです。男性パートは女性が担当しても良いかもしれません。 




 さて、『体の芯からまだ燃えているんだ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。男声パートはhiC#が地声最高音、裏声最高音はhiFになります。女性パートは高めであり、男性パートはかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#は冒頭で登場します。イントロのみの登場なので、回数としては少なめです。ただ、上述のように、同曲はhiC#が乱舞します。このhiC#辺りは女性曲の音域の範囲内ですが、登場回数が尋常ではないのです。よって、女性はキーを少し下げて歌唱しても良いと思います。

 一方、男性パートの地声最高音はhiC#になります。2番のAメロでの登場になります。登場回数は少ないですが、まるでWANIMAのKENTAさんのようなボーカルが展開されます。この辺りは普通の男性よりもかなり高いです。キーを下げた方が歌いやすいと思います。

 『体の芯からまだ燃えているんだ』は音域自体がやや広めであります。もしデュエットする場合は、男女のキーの差もあるため、キー調整の余地は少ないです。その場合は、高音域が得意な男性を据えるか、女性が男性パートを歌唱しても良いと思います。
 男性が一人で歌唱する場合は、原曲キーは現実的ではありません。目安としては、キーを4つ上げて、1オクターブ下を歌唱するのが良いと思います(最高音がmid2Gに設定されます)。男女ともに歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います。ただ、余裕は少ないかもしれません。もしキー調整しても難しいと感じた場合は、別の曲と並行して練習してください。

 難易度としては、難曲というわけではないが、ある程度歌い慣れておく必要があると思います。ロック色が強いので、特に女性はそうした発声をしっかり練習しておいた方がよいです。



『LA・LA・LA LOVE SONG』(久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL)の音域

 こんにちは。今回は久保田利伸さんの『LA・LA・LA LOVE SONG』(1996)を取り上げたいと思います。リリース名義としては、久保田利伸 with NAOMI CAMPBELLとなります。よろしくお願いします。


『LA・LA・LA LOVE SONG』(久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL)
『LA・LA・LA LOVE SONG』(久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※Aメロで登場

★街にm1F#[飛び]m1D#[出]F#[そ]う(Aメロ)


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※サビやCメロで頻出

★まわれm2G#[まわ]m2F#[れ]メリーゴーラウンド(サビ) 
★LA・LA・LA・m2G#[LA]・LA G#[LO]VE G#[SONG]

m2G#[ためい]きのm2F#[ま]G#[え]に(Cメロ) 
★ここにおいm2F#[で]m2G#[よ]


補足】mid2Emid2Gの注意点

★もうけm2E[して止ま]らないように(サビ)

★ドm2E[シャ]m2F#[降り]E[の]午後を待っm2F#[て](Aメロ) 
★傘をm2E[く]m2F#[れ]た君と

★めm2E[ぐ]m2F#[り会]m2G[え]F#[た]E[奇]跡が(Bメロ)


 まず、久保田利伸(くぼたとしのぶ)さんについて少し説明します。久保田利伸さんは1986年にメジャーデビューした男性シンガーソングライターです。ジャンルとしては、R&B、ソウル、ファンクなどにあたります。日本では90年代後半頃から、R&Bが大きく隆盛しますが、それ以前の80年代に大ヒットを生み出した久保田さんはブラックミュージックをパイオニア的な存在でもあります。
 久保田利伸さんの代表的な作品としては、『流星のサドル』、『Missing』、『LOVE RAIN 〜恋の雨〜』などが知られております。『Missing』はダウンロードランキングでもトリプル・プラチナに認定されており、2010年代以降も人気が継続しております。また、今回取り上げる『LA・LA・LA LOVE SONG』もとりわけ知名度が高い1曲でもあります。

____

 さて、『LA・LA・LA LOVE SONG』についてです。この楽曲は、1996年に久保田利伸さんによりリリースされたシングル作品です。同曲は、テレビドラマ『ロングバケーション』の主題歌となりました。同ドラマが爆発的な視聴率を記録したこともあり、久保田利伸さん自身としても初のシングルチャートの首位を記録、年間シングルランキングの3位に輝きました。久保田さんの代表的な楽曲の1つとして知られております。
 
 『LA・LA・LA LOVE SONG』はミディアム~アップテンポのR&B曲です。クレジットにもあるように、イギリスのファッションモデルであるナオミ・キャンベルさんが、デュエットとして参加しております(音域については、久保田さんのみを分析しております)。







 さて、『LA・LA・LA LOVE SONG』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。 一般的な男性の音域より少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#についてですが、サビやCメロで多く登場します。歌い慣れた男性であっても、このmid2G#辺りからスムーズに発声できなくなる人が増えていきます。同曲では、それが多く登場するので、場合によってはキーを下げて歌唱するのも選択肢です。

 また、『LA・LA・LA LOVE SONG』は、【街にm1F#[飛び]m1D#[出]F#[そ]う】など最低音を含む3フレーズを除いた全ての場面で、mid2E以上の音階が登場します。そうしたこともあり、中高音域を1曲分歌いこなす持久力も要求されます。

 『LA・LA・LA LOVE SONG』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整もしやすいです。歌い慣れていない人向けの調整もある程度は可能なのではないかと思います。
 一方で、久保田利伸さんは歌唱力が評価されている歌手でもあります。よって、同曲もある程度歌い慣れた人がチャレンジした方が原曲の表現に近づきやすいです。メロディーを歌いこなすだけでなく、リズム感やテクニカルな部分においても、学びの多い楽曲なのではないかと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー